ここから本文です

投稿コメント一覧 (1992コメント)

  •  台風一過の爽やかな風が吹くいい天気になりました。稲刈りが再開されて圃場に賑わいが戻ってきました。我が家は明日、森のくまさんを終わる予定です。あとは飼料稲ばかりですので自己都合で刈っていくことにしています。

     もりさん どうもありがとうございます。古い6610にはそんな高度な4WDシステムはありませんで入り、切りだけのスィッチです。外部油圧が2連ついているのがありがたいのですがこの制御レバーは作動させっぱなしになるタイプなんですね。なるほどと思いました。

     それから変速機が前進12段後進8段なんですがそれぞれにほんの少し速度を変える足踏み式のペダル変速機構がついていました。これで変速段数は培になることになりますね。

     今の電子制御とは無縁の基本機能だけの多分長く使える簡潔さはこちらが望むところ、いいのが手に入ったなと思いますね。この型のあとから電子制御がどんどん入ってきました。

     はてさて台風がかなりの被害を出しているようで心配しています。thatchaさんとこが酷かったのではと思うのですが稲刈りは終わっているので大丈夫だとは思っています。

     はてさて総選挙結果が出ましてこれまでの安陪体制が信任されました。このまま、日本ではまれな長期政権になる可能性が出てきましたね。国民が選択したのですから今更文句を言えないのですがいい方向に向かうのを祈るばかりですね。一番怖いのはおごりと強権となります。

  • 台風21号影響の雨模様になっていましていい休養を決め込んでいます。運んで来たフォードの確認をしたのですが古い機械の割には進んだキャビンが付いているなと思いました。それは広々キャビンで広すぎると感じるくらい余裕があります。その為か運転感覚が大きく感じて慣れが必要でぶつけるのを注意と思いました。

     4WDの入り切りがボタンの電磁式でしょうか、教えて貰ってないのですがそんな感じです。副変速でバックの為、クリープでのバックがありませんでした。始めてトラックに乗せる時クリープで乗せたのですがバックはそれが出来ず苦労したのもここが一原因でした。

     キャビンのお陰かいいシートが付いて運転は楽のようです。フロアは真っ平らでペダル配置も良かったですね。そして一番気に入ったのは乗り降りのしやすさ。2段ステップも外を向いて楽々降りることが出来ます。

     昨日気になった油圧の方は別段異常無く、あれは何だったんでしょうか?の感でした。後部ガラスの開閉用のガスダンパーがヘタっていて交換のようです。灯火類も正常、何とハザードやホーンも無事?稼働していました。

     それから4トントラックのリース料は6日間で9万円で一日1.5万で+保険料といった感じでした。専門のリース屋さんと比べると安く借りられましたね。

     台風の影響からか風が強くなってきました。かなり勢力の大きな台風のようです。皆さんも用心あれです。

  • 午後4時頃に無事帰宅いたしました。運転も車もトラブル無くありがたいことでした。距離は2400キロの走行で400リットルほど消費しました。

     トラクターを下すのに手間取ったのですが油圧の具合がどうも不具合なのか、仕様なのかうまく動作してくれず不安になってしまいました。マニュアルが欲しいと思いましたね。

     すぐにトラックを会社に返しに行きやっと一息をついたところです。

     もりさん 秋耕ですがスタブルカルチは駄目なんでしょうか。乾土効果狙いにはこちらがいいのではと思いますが。他にもスプリングカルチとかいろいろな部分耕起作業機が北海道では普及していますね。

     はてさて帰ってみれば圃場は出発した時のまま、ずっと雨模様だったそうで北海道にも友人から電話で稲刈りがこんなに遅れているのは初めてとの話がありました。大豆の収穫をして麦の播種を適期でやれるのか厳しいことになりそうです。

  • 小樽のフェリーターミナルに車を置いて市内観光をして今はゆっくりしています。今回は北海道を800キロほど走行しましたが道路の痛み、老朽化が進んでいるのを感じました。轍や凸凹、橋んばどの継ぎ目の段差などトラクターを積んでのトラック運送には気を使いました'

    今夜は北海道最後の夜ということでジンギスカンを腹いっぱい食べてきました。カロリー消費の為にかなりの距離でしたがウォーキングしました。

  • おはようございます。九州よりも早めの日の出。曇りですが昨日よりはいいことを願っています。

     数年前に美瑛の傾斜地で麦刈りをしていた圃場を見学したのですが今は草地になっていました。麦を作るには厳しい傾斜でもありましたが確かケースのコンバインだったと思いますね。

     九州で傾斜地畑作をやると土壌侵食がひどくて大変なんですがここではどんな対処をしているんでしょうかね。

     ペンションは我々だけで何とも贅沢?なことです。フェリーもガラガラで今はオフシーズンなんでしょうかね。

  • 富良野市のスキー場のそばにあるペンションホテルに入ってくつろいでいます。北富良野の土の館を見学。以前に比べてやはりスガノのプラウ関係の展示が充実しておりました。オールドトラクターも数が増えていまして今、日本ではこことさいたま市の革新工学センターの展示場が2大施設になっているようですね。

     ここを見ていて展示品の次期モデルが我が家には沢山あるなぁ!でした。アハハ
    特に国産モデルがこれから沢山必要になるのとこれからもこの古い機械の展示はもうナショナル博物館のようなものが必要になると思いましたね。

     遠別から士別に抜ける峠では雪が積もってましてちょっとスリルがありましたが特に規制はなかったので簡単に通過出来ました。

     今日ゆっくり休養して明日はまた、走りの帰宅に備えたいと思います。

  • 遠別は遅い稲刈りがつい先日済んだとのことで大豆とビートが残っていました。今年みたいに早く冷え込むと収穫不能になるのがあるかもとのこと。北の厳しさを感じました。

    フォードは一通り説明を受けてから自分で積み込みました。初体験がトラックの荷下ろしだと思わぬ間違いをしてしまいますので慣れるためですね。

    我が家のフォードを一回り大きくなってましたが後輪タイヤが小さく、我が家のがキングタイヤでも履いている感じでした。操作系は全く違ってましてなるほど説明は受けるべきだと思いました。

    後ろに若干の余裕がありましたのでついでにブロードキャスター(今使っているのと同じ物)がありましたのでついで
    買いしてきました。アハハ

    これから富良野方面に行き早めにホテルに入ることにします。休養が一番です。では又夜にでも。

  • 午前6時過ぎに遠別に到着。早出の職員さんと談笑して時間をつぶし8時過ぎから積み込み開始。今は士別です。
    食事が来ましたので又あとで。

  • あと少しで小樽到着となりました。これから夜間走行で留萌近くの道の駅で仮眠の予定ですがどうなりますか。、
    午前11時ころ男鹿半島沖を通過いたしました。もりさんは稲刈り終了とのこと、よかったですね。

    北海道沖に差し掛かって低気圧に入り波が高くなり2万トンのフェリーも少しゆれました。小樽は現在雨とのことです。

  •  新日本海フェリーが今しがた舞鶴港を出航いたしました。早速ひと風呂浴びてビールを少々。

     フェリーではまず荷物を積んだトレーラーの荷台を先に乗せ、次に大型トラックから順番で詰めていきます。多分改向する場所を確保するためだということで最後に我々の小さいトラックを乗せるという段取りでした。

     普通車とはフロアが違いましたがトラックが優先で最後に積んでいました。多分降りるときは先になるのかなですね。

     私の番になったときは少し緊張。一発でビシッと格納したかったのですが一度きり直しいたしました。アハハ 客室はガラガラで隣に気兼ねなくゆっくりできています。

     ではでは今日はゆっくりと休ませてもらいます。

  •  新日本海フェリーが今しがた舞鶴港を出航いたしました。早速ひと風呂浴びて

  • 中型で一番大きなトラックですがSAの大型トラックに囲まれると小さく見えます。アハハ

    いつも使っているリース屋さんから借りていますが安く貸してもらっています。もう信用をいただいていますので料金も後払いです。

    我が家の農機仕入れは遊びを兼ねていますのでいろいろ工夫して面白くなるようにしています。一番は直接会うということですね。商売も人の出会いだと思えば楽しくすることでいろいろ発展がありますね。

    ではでは舞鶴まであと100キロちょっと頑張って走ります。

  • 今朝の9時半の出発となりました。遅くなりましたので100キロ巡行で今兵庫の河西SAで夕食を取っています。ちょうど運ばれてきましたので又後で。

  •  氏子で今は宮総代も兼ねているお宮さんの秋の大祭を済ませてこれまたひと安心したところです。この時期は大きな行事が続きます。地域活動にとって重要な時期とも言えます。みんなで人手とお金を出し合ってやる祭りはその典型であり文化の継承でもありますね。

     福平さん どうもありがとうございます。橇という漢字まで教えていただきまして。今はカタカナ表記ばかりでほんとこんな字があったのかと新鮮でした。

  •  昨夜からの雨が本降りとなり今日も一日降り続くとのことです。昨日、気がかりだった倒伏分を済ませていたのでほんと良かったです。ワンウェイクラッチ(クボタではカムクラッチ)の交換で復調したSR75の確認もしたところです。

     福平さん 遠別町に親戚が10人ですか? 入植初代の人達のようですね。北海道には初代の人が多いということでお寺が無いと聞いたことがありましたが今はかなり見かけるようになりましたね。

     もりさんにはグルメからいろんな情報をいただきありがとうございます。別とか内がアイヌ語から来ているのは知っていましたが意味までよく分かりました。

     もりさんがナナハンに乗っていたのは初めて知りました。ホンダでしょうか? 私が乗っていたのはホンダの初代、K0と言われるタイプでした。強制開閉式のキャブが採用された次期モデルのK1とは違い4個のキャブを直接引っ張っていたのでリターンスプリングが強く長距離ツーリングでは手が疲労して困ったですね。

     いよいよ明日は4トントラックでも一番大きな6m荷台で北海道に向けて出発します。全長が8.2mで舞鶴から小樽までの往復フェリー運賃が乗員1人追加の一番安いので23万を超えていましてなるほど業者向けの運賃はここまで違うのを痛感しました。ただ青森函館フェリーでも結構な運賃でしたし、いつも高いなと思っている太平洋側と考えるとこんなものだと諦めた?ところですね。

  •  綱引き交流会を終えてひと安心して帰ってきたところです。自分は準備その他でほとんど稲刈り出来ませんでしたがお手伝いさんとR1-55の2号機が順調に稼働して残りは70アール程度となりました。後はお任せして北海道に行くことが出来ます。

     午後4時半ころから本降りの雨となりまして綱引きは出来ず、公民館とその周囲を利用しての一大バーべキュー。小さい子供から高齢者まで一同に集まっての交流会。地域デビューの舞台ともなっています。今年も初めて参加しました、よろしくという人がおりましたね。

     自治会長としては大きな行事を無事こなせて後は流れで行けるかなというところまで来ました。

  • 済みません。もりさん 遠軽と書いてしまいました。遠別町の間違いです。稚内の少し南です。今回は遠軽と遠別をよく間違えてしまいます。遠軽のイメージが強すぎるようですね。アハハ

     今のところ雨は降っていませんで少しでも刈り取りをしていきたいと思います。

  • 明日は稲刈り予定日なんですが天気が悪そうで何ともです。そして夕方から綱引き交流会。準備もありますのでそんなに刈る時間を取ることも出来ません。こうなったら腹くくって慌てないようにしたいと思いますね。

     もりさんも稲刈りが遅れているようですね。この遅れが次に響いてきますので心配なところでしょう。農業とはこういうものだと諦めてから出来るだけのことをするということですかね。

     今日新日本海フェリーの予約最終確認をいたしました。4ナンバートラックが普通車扱いされる以前に一度大型トラックの場所に置いたことがありますが今回はどんな積み方をするのかしっかりと確認してみたいと思います。最近はトレーラーだけを搬送するのでトラクターを見事に運転するところも見てみたいですね。

     今回行くのは遠軽町というかなり北の方ですので雪に遭遇するかも知れませんね。18日は富良野のペンションを予約しました。娘がもう一度土の館に行きたいと言いますのでそこだけは押さえましたが他は何も決めてませんのでもし雪ならば一目散でフェリーに避難するかもですね。

  • もりさん 200m圃場でしたら1往復くらいですかね。無理をしてしまいましたね。コンバインがこんな使い方は駄目ですよとサービスマンを呼んだようですね。アハハ

     スマートアシストと農家の関係がどうなるのか多分実験段階の模索があっていることだと思いました。農家が感じるメリットを大きく出来ないと普及しないでしょうから。

     今日はJA-SSへまだやってなかった灯油の仕入れをしておきました。価格が69円で軽油との差が33円ですね。免税軽油にして32.1円安くしませんかとポスターが張ってありました。今までこんなアナウンスは無かったのですが農協も変わろうとしているようですね。

     さて政府系ファンドと全農、農林中金などが組んでドローンのナイルワークスへ8億円出資するとのことでした。ここのドローンはタブレットを通した自動運転、それも穂先30センチの超低空飛行で散布幅はわずかに2.5m、これならドリフトの心配は無し、操縦も必要無しとのことでした。

     タブレット、ソフトの使用料を含めて年間100万でリースするとのことでした。まだ無人運転は制度上認められていないのでこれからに期待ということでしょうか。

     とにかく全農も農林中金も農家の為に本気度が増してきたのを感じますね。今までが動きが少なかったのかも知れませんがこれが当たり前ということでもありますが。

  • 今日はコンバイン修理に頑張りました。SR75のワンウェイクラッチが一日で来ましてさすがクボタの納品体制でした。JAの職員さんと2人でやったのですが以前自分でやった時は刈り取り部を外してやったのですが大変な思いをしたのでこうしたのですが何と外すことなくジャッキで高く持ち上げてやりましたので拍子抜けするほど簡単に出来ました。

     メーカーの修理マニュアルではきちんと刈り取り部を外して・・・となっているのですがこの職員さんはこの手法を知っていたそうで良かったですね。

     午後になって今度は圃場で脱線?しているヤンマーの汎用コンバインの修理。娘にテンションを緩めてもらいながらこちらはジャッキアップ。外れている駆動スプロケット側を2人で蹴飛ばしたら簡単に外れましたのでスプロケットのすぐ後の転輪を交換。そして今度はアイドラー側の蹴飛ばして?外しスプロケット側からはめ込み、あとはアイドラー側を出来るだけはめ込みました。あとはテンションを締めてゆっくり歩かせて無事装着完了。

     すぐに残っていたハトムギ刈りを再開。その後は全く不安なく作業が出来て無事すべて終了いたしました。娘にはいやと言うほどスパナやレンチを握らせましていい経験になったことでしょう。でかくて重いクローラーをどう扱ったらいいのかも分かってくれたことですね。

     明日までは天気が持つようですが後は心配な予報です。何とか北海道出発まであと一日でも刈りたいところですが予定では14日、どうなりますかね。

     もりさん 我が家のオーガー操作はクボタがジョイスティック、ヤンマーが有線リモコンのボタン操作です。私としてはヤンマーの方が使いやすく感じますがこれはリモコンだからですね。

     ダンプの増枠が凄いですね。アハハ あれに麦を入れたらヨタヨタになりそうです。私の場合はキャビンの高さと同じにしています。これでも梯子が無いと登れません。

     はてさてマツダがいよいよガソリン圧縮着火エンジンを開発したとのことです。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256954

     これが以前書いたセルモーター無しでエンジン始動が出来るのかはまだ未確認ですがピストンを上死点に持っていき燃料を点火できれば始動は出来る訳でぜひ実現して欲しいですね。セルモーター音がしないでいきなりエンジンが始動したら感動ものかも。

本文はここまでです このページの先頭へ