ここから本文です

投稿コメント一覧 (2108コメント)

  •  雨となりましてゆっくりとしています。無人ヘリの総会資料をこれから準備したいと思います。ほとんど出来てましてわずかな修正を加えるだけで後は印刷にかかります。

     我が家も地震後、電気配線をすべて更新しましてシーリングライトを2つ付けました。芸の細かいリモコンがついてますね。シャープとアイリス大山製ですが後者は最近急速にブランドイメージを上げてきましたね。家電メーカーもほんと何が起こるか分からない状況のようです。

     バイクの点火方式もポイント式から変わりました時にCDI搭載なんて宣伝があっていましたね。2サイクルエンジンの分離給油方式が出た時はCCIとか、ホンダの初期排ガス規制対応にCVCCとか久しぶりに懐かしい言葉を思い出しました。

     軽自動車の品質については我が家に最初に来た軽トラックのくろがねベビーとかスズキの初代FF車であるフロンテの経験がありますがほんとお粗末でしたが小学生の自分が親の目を盗んで乗ってしまうほど構造簡単でしたがノンシンクロ、ダブルクラッチを普通にやってました。アハハ

     ちょっとした急坂を登れなかったり、雨が降ると片肺エンジン、長距離でオーバーヒートとか面白い話がいっぱいありますね。シフト抜けが頻発して助手席の自分の仕事がチェンジレバーを握って固定していました。アハハ

     最近の軽は剛性がしっかりしてドアの開閉音が普通車並みになりました。普通車でもセンターピラーの無い初期のハードトップ車は剛性が無くて危ない?代物でした。

     さて農作業での死亡事故が一昨年で312件と一日1人と言われた状況から若干良くなっていますが10万人当たりで計算すると全産業で最多は変わりませんでした。その8割が65歳以上の高齢者だったということで比較の前提が違い過ぎる感ありですがどう評価できるのかいつも疑問を覚えるところですね。

     この面での規制ですが安全運転管理者設置とか機械関係の点検整備義務化などを強化するのかどうなのか恐らくギリギリの議論があってるんだろうなと推測をするのですがそれよりもグローバルGAPなどでどう記載されてるのか気になるところです。

  • 今日は快晴の日和で久しぶりに刈払機を使っておりました。この時期、汗もかかず自分にとってはありがたいです。綺麗になった土手?を見ると気持ちが良くなりさらに頑張ろうという気になりますね。

     我が家ではガソリンエンジンの自動車のプラグを自分で交換したことはありませんでほんと古い車を長く乗っているのにありがたいことです。

     もりさんとこはかなりの風雪模様のようで大変ですね。今年は雪でハウスを潰された被害が新聞に載っていますがこの手の被害が広域なのかが分かりません。こちらでもたまたまの大雪でハウスを潰してからハウス栽培を止めた人がありましたね。

     最近は集落営農組織を法人化しましたという新聞記事がほんと多いなと感じます。いよいよ高齢化も切羽詰まった感がありまして担い手がいないところの駆け込み寺になっていますね。集落営農が立ち行かなくなり広域合併で乗り切ろうとする動きも目立ってきました。こうなってくると最終的には人と金のある株式会社に経営が移っていく可能性が出てきます。法人化すればM&Aがありますし一人一票の農事組合法人だと対応出来ずに解散ということが懸念されます。

     法人化のメリットと怖さもきちんと把握しての法人化ならいいのですが県が進める、補助があるでやっていますので大丈夫かなと思いますね。

  •  気温も10度近くなり外でも過ごしやすくなってきまして庭木の手入れをしておりました。なかなか時間が取れなくて手抜きになりやすい部分?で少しはマシな程度ではないかと思うくらいです。

     もりさん 昨日は北海道の浦臼町から来訪いただきました。酪農から普通作に転換された方でジョンディアが10台近くあり、6台は30年以上前のものだそうで写真を見れば手入れも良く、使いやすさでも古いジョンディアはいいよとのことでした。今度帯広に行った時訪問してもいいですか?とお願いしておきました。

     彼も又電気に強く、20年以上も前に育苗箱の箱積機を自作して今も使っているとのことで写真でも見せてもらいました。いやはや何でも出来る百姓を地でいっている人ではありました。

     はてさてトラクター関係の2017年度統計データが発表されましてそれによると国内で販売されたトラクターは3.6万台。これに対して輸出された中古トラクターが5.6万台。スクラップ分と輸入トラクターを考えても2万台ものトラクターが国内から減っていると思われます。ちなみに国内で稼働中のトラクターは60万台程度です。

     中古トラクターを一番買っているのはベトナムで2.5万台。2位がポーランドの3000台、3位はリトアニアとウクライナへ2600台、2300台のブルガリアと何とヨーロッパに行っていました。

     以前大量に買ってくれていたタイは1100台、韓国は91台 中国は15台とすでに国産で十分な体制になっていますね。

  •  今日の天気もはっきりしない天気で時折雨模様になるようです。午前中認定農家継続の為の計画書を娘と提出してきました。係の職員さんから数字まできっちり揃えていただき簡単に済みましたと褒められましたが中には白紙の計画書を持ち込む強者??がいるそうで笑ってしまいました。

     申告も提出の準備が済みましていつでも持っていける体制になりました。今日はもりさんもご存じのKさんが12月号の現代農業誌に掲載された北海道の中川氏を連れてくるとのことでお迎えすることにしています。

     先日は九州農政局の県支局長が来られて意見交換をしておりましたがほんと色んな方々とご縁が頂けるのも友人の皆さんのお陰ですね。ありがたいことです。

     タクさん こんどは楽天が参入するとのことでどんな商いをしますかね。自前の無線局を建てていくのかなと思いますがあれこそ、共同で建てたら基本料金が安くなり競争はサービスでやるという正常?な競争環境が出来ると思いますけどね。

     はてさて米の検査システムが変わるようですね。2022年度までに等級を廃止するとのこと。これは現在ほとんど意味の無い等級感格差もあり当然ですがより自前での検査徹底が要求されるということでしょうか。

     米や麦大豆と検査対象品がより一般商品と変わりない世界が出てくるのかと期待したいですが同時に農水省が経済産業省の一部分になることにも通じるかなと、つまりは農林水産業が一般企業と同じ位置づけになることを意味してくるのかなと思いました。

  • 今日は隣町の通称足手荒神さんという神社にお参りしてきました。どういう訳かここに参るようになって妻が足の調子がいいのと私も娘も人並み以上の健脚を保っていますので恒例の儀式になりました。

     いつもは往復10キロ程度を歩いていくのですが今日は雨。車で行きました。

     もりさん 最近の通信回線のメーカー間争奪戦は凄まじいですね。安くなりますと変更すれば元のがさらに安くなんて悲劇?に遭遇しますのでもう絶対に変えないようにしています。

     さてさて先般のニュースで外国人実習制度の受け入れ先でJAが52あるそうでその中で優良と評価された所が3JAしか無かったそうでした。その優良とされた一つは我がJAでして嬉しかったです。実はこの制度を熊本で最初に実施したのですがその時私も常勤役員で推進役を果たしたものでした。

     その時の1期生に中国語を習う教室を作って私も受講した懐かしい思い出にもなり、数年後大連まで出向いて交流したことでしたね。

  • 日中、かなりのポカポカ陽気になってきましたが室内はまだ寒いですね。今日はこれから農政局の職員さんが訪問されますので色々話が出来ることだと思っています。

     タクさん 了解しました。子育ても大変な時期ですので仕方がありませんね。もりさんはありがとうございます。こちらの無人ヘリオペレーター達の参加がどうなるかこれからですので様子を見て交通手段を考えていきたいと思います。2泊ではちょっと物足りないスケジュールになりますのであと1泊を考えています。

     午前中は時期認定農家の計画について娘と打ち合わせをしながら計画をしておりました。計画書も最近は微に入り細に入りでほんと結構大変ですね。

     規制では道路に泥を落としてはいけないということで機械と道路の掃除の徹底が厳しく問われる状況が出てきそうですでに市街化してるところは徹底されてきましたね。田舎ではまだ黙認状況ですがこれからどうなりますかね。

  • 先ほど北海道から電話がありまして国際農機展示会の宿の確保が出来たということですがこちらの希望日時とは違いまして7月15日と16日の2泊分が10名程度予約が取れるとのことでした。帯広駅のそばみたいでそれでお願いしますと言っておきました。ただこの時期、価格が高く2泊で2.6万程度ですが1名個室だそうでした。

     そんな訳ですのでこちらから行ける人を募集??いたしたいと思います。よろしくお願いいたします。

  • 今朝は雪が無く、これからは寒さも緩むようです。15日は隣町の足手荒神さんのお祭りで我が家では歩いてお参りするのが恒例になってまして、この歳になって健康に歩けるのに感謝することにしています。さすがに熊本城マラソンに出る元気はありませんが健康長生きの要である足腰のチェックをする時間となっています。

     thatchaさん 電話連絡が入るのですね。そうなるとメーカー側のサポートも24時間体制で監視している様子があってましたがAI利用のロボット監視体制にしないといけないでしょうね。

     私もこうして機械の動きがクラウドにデータとして集積されるシステムが出来上がるとこれからは政府が個人の動きを監視出来るようになります。スマホなど携帯の契約にマイナンバーを要求されるようになった時はどんな気持ちになるのでしょうかね。

     中国では顏認証を使って政府が国民を監視出来るシステムが出来ていると聞きますがIOT時代がどんな世界になるのかいい方向にお願いしたいですね。

     もりさん 領収書の方がもう一般的ではないでしょうかね。5万未満は印紙がいらないのですが以前は3万だったので印紙が無いとクレームを受けることがあります。現金の受け渡しの証明でもありますががこれからは現金の使用は少なくなるばかりになりますので領収書というのもマイナーな存在になることでしょうね。

     トラクター運行に作業機を付けてはいけないとなるとほんと仕事になりませんね。北海道ではあの大きな普通型コンバインが国道を走っている光景に遭遇しますけど規制を厳しくされたらもう笑うしかないでしょう。

     農道は基盤整備されて共同減歩、つまりは土地代ただで出した道路に規制を厳しくするなら何のための農道ですかとやりかえしましょう。

  • 今朝は少しばかりの雪景色になりましたがこれまたあっという間に消えたようです。しかし高速道路の通行止めはあったようでやはりこちらは雪に弱いですね。

     今日は午前中、県庁で里もんプロジェクトに取り組んでいるグループの交流会がありまして参加してきました。以前あのねのねをやっていた清水国昭氏の講演があり、これは良かったですね。わずか30分でしたのでちょっと短すぎでした。

     彼が話は自然の不便を知ることの重要さと直角死の勧め。 直角死とは精一杯生きてコロっと逝ってしまうことで面白い?言葉でピンピンコロリとほぼ同じでしょうか。何でもこれからの自然災害への備えが大事で普段からトレーラーハウスを備えておいていざという時に持ち寄れば仮設はいらないし迅速な入居が出来るという考え方は素晴らしいことでした。そのトレーラーハウスは普段から訓練に使うというイメージでした。

     そう言えば熊本地震の時、益城町にはトレーラーハウスが結構沢山集まっておりましたが彼が声をかけての取り組みだったそうです。

     その後はワークショップになりましたがその中に以前わが県経済連の会長をした知人がいましてエゴマの特産化に励んでいるとのことでした。

     もりさん 代かき直後の落水はやってはいけませんね。こうならないように作業を組み立てないといけないです。私としては自然相手の農産物生産に工業製品と同じ基準を盛り込んで当然という風潮が怖いなということですね。

     タクさん 規制が厳しくなるということはそのコスト負担は最終消費者に来ます。ところがそのコストを価格に反映するのが難しい農産物のようにこうした業種から衰退が始まるということですね。

     法人化はなるのもやめるのもコストが掛かります。私としてはもし止める時はプロには頼まず自分でやる積りです。せめて勉強して終わるべきでしょう。

     今日は市内から帰る時、大きなGSが閉店しておりました。開店してからの期間も短いことでおそらく経営難からでしょう。この世界も規制が厳しくまた、ガソリンの消費減の中で縮小が続いているということでしょう。

  • 校区コミセン(コミュニティセンター)のカラオケ大会を無事終了してきました。私もお隣の自治会長さんとギター伴奏をして歌ってきました。グループで歌う人がいないのでこちらも楽しいよという提案も込めました。

     タクさん 車載車の購入を目指しますか。我が家は機械が大きいですので普段使いには期待できませんので必要性が今はありません。まぁ、いざという時にリースが出来る環境にありますのでこれが大きいですね。

     ジャンク品はリスクが大きく、普通の人は手を出さないのとやはり現品確認が大事のようですね。私も草刈機に芝刈り機を買ってみましたが全く使い物になりませんで処分いたしました。機械的には稼働しても欲する機能が無いことだってあることを痛感させられました。

     もりさん 法人化すると役所からの規制が厳しくなりますし、今は役所にとっては伝家の宝刀、「みなし法人」といって個人事業主への規制も年々厳しくなっているように思いますがそれでもまだ自由さがまだありますのでそれを利用させてもらいましょう。

     規制と言えば昨今グローバルGAPやHACCPなどこれを強制されていく方向になりそうですが規制を厳しくするだけの政策だと将来、人間は規制する側に移動したがることになるでしょう。規制される側がドンドン衰退していけば「角を矯めて牛を殺す」ことで元も子もなくなる。昨今の排気ガス規制の厳しさ、現場では排気ガスの方が大気よりも綺麗だと言っているように本当に必要なのかと思うことがあります。

  •  本降りの雨となりましたが農地水事業の点検活動をしておりました。来年度の活動計画書を提出する準備でもありますね。

     もりさん こちらでもゴルフ場が中国系資本に買収されているのを聞くことがあります。まぁ、買収して収益も自国民を呼び込んででしたら日本の為には貢献してくれるのでしょうね。しかし100%の経営権を取り従業員からすべてとなるとちょっと怖いなと思うところですね。

     帯広にも行かれますか。例の社長さんに頼みましょうかね。メール連絡してみます。

     さてさて農業後継者不足に対応する為の集落やグループによる法人化が目立つようになりました。どうも法人化がかなりのポイント稼ぎになることで補助を受けるためと思いたくないのですが安易な法人化のリスクを心配することもありますね。しっかり勉強して法人化あとのイメージをきちんとしておくことが大事ですが大丈夫・・かな?

  •  今日は午前中二日酔い模様で大人しくしておりました。倉庫の蛍光灯が老朽化してましたのでプロに頼んで更新してもらいました。

     thatchaさん 泥棒天国になってますか。困ったものですね。最近のWIFI接続農機、泥棒でしたらまずここを壊すと思いますがメーカーは何をもって泥棒と判断できるのか聞いてみたいですね。それから持ち主が長距離移動させたとき泥棒判断されることはありませんかね。

     日本の世界から取り残され現象、私はいつも指摘しておりますけど日本の経営者がリスクを取る熱意を失い、ひたすら貯金に励んでいますね。マスコミはまだ日本の先進性大丈夫のように思いたいようですが三菱重工が客船建造事業で見事?な失敗による撤退、MRJの経験不足による開発遅延、東芝の没落はリスクを取っての失敗でしたが原発への認識の甘さでしたね。NECも大規模リストラに追い込まれました。

     さすがにもう次の手を打っている筈ですがそれが効果を出せるかは未知数です。もう車がコケたらもう日本には世界に伍していくことが出来ずひたすら経済縮小社会の道になりますね。

     はてさて今年は帯広での国際農機展示会が開催されます。私としては今回も参加しようと思っています。無人ヘリのメンバーに声を掛けてみる積りですが皆さんはどうされますか?

  • 昨日は失礼しました。無人ヘリの安全運行講習会が県内14のヘリチーム合同でありまして参加してきました。昨年は県内6件の事故があったそうでほとんどが電線や電柱との接触とのこと。特に高圧電線の切断では莫大な損害賠償の発生が危惧されるのでくれぐれも用心するようにきちんと基本基準にそった運行が必要です。

     その後、ヘリのオペレータ達と飲み方をしておりましたがもう私の息子達の世代ですが年寄りに合わせてくれまして久しぶりに飲み過ぎてしまいまして帰っても書き込む元気がありませんでした。

     面白かったのは私の農機具買い出し出張旅行、運転をするから連れてってくれという要請??。アハハでしたね。

     thatchaさん バルブ盗難ですか。それもこの時期恒例とは何ともです。こちらでも鉄板やグレーチングなどを盗む人がおりましたが今は沈静化しています。そちらではトラクターの盗難もあるそうで貧困の弊害でしょうかモラルの低下は覚悟ということでしょうね。

     もりさんは今年、スキーの仕事が多いようですね。景気回復もあるような感じがしましたがどうなんでしょう。

     はてさて今日は過ごしやすくなっていますが明日から天気が悪くなりまた低温気味になるとのことですがいよいよ寒さも終わり方になるといいですね。今年は0度でも過ごしやすく感じてしまいます。寒さに順応してきたように思います。

  •  今朝も雪無しということで今年は雪の少ない年のようです。その代わり寒い年ですね。作物の生育が遅れて後の反動が怖いことになりそうです。

     もりさん 以前は1.5万も主食米栽培にでていたのが半分になり今年から無くなるというのが大きかったようですね。転作の進んだこちらではそんなに影響が無いのですが排水対策必須の野菜作りへの挑戦、これから大変だとは思いますがぜひ成功されますように。 こちらでは佐賀平野での玉ねぎ栽培が有名ですが数年前にかなりの病害が発生して有名産地でも油断があるんだなと思ったことがあります。

     申告準備ですが我が家は娘がやっていましていつかは一番申告へとハッパを掛けています。アハハ 私も昔、一度だけですが税務署一番のりを経験したことがありますがあの快感は至福ですよ。今年も電子申告をされると思いますが状況報告よろしくお願いいたします。

     私も簿記申告ソフトからダイレクトに電子申告へデータ移行に失敗してから再挑戦をしていないのと儀式として税務署に提出して祝いを兼ねて遊びに行くのがお楽しみになっています。

     補助事業はいいようですが口を出されて鬱陶しいのですが今は融資でも結構うるさいようですね。そして今は建築確認での制約たるや凄いなと思う事があります。自治会長として境界立ち合いなどの義務化などに接していてよく感じます。

     はてさてトヨタ、ホンダ肝いりのFCV(燃料電池車)の普及が進まないという報道がされました。世界は一気にEVが主流になりました。なぜかと考えるとひとえに燃料供給施設の普及でして一番簡単なのがEVということなんでしょうね。

     爆発しやすい水素を供給する施設となるとコストがかかる、FCVが増えないとさらに厳しい。となると政府がやらないと「鶏か卵か」理論から脱することができません。しかし成功すれば世界基準を取れるかも、失敗すればガラパゴス。これを判断実行出来る力が日本政府にあるでしょうか。

  • 朝方ほんの少しの雪景色がありましたが日の出であっという間に溶けてしまいました。恒例の回覧板の準備をしておりました。回覧板に今月の行事予定や先月やった行事などを写真付きで付けておりますので気合が入らないと進まないことがあります。

     もりさん おみさんから連絡がありましたか。ドローンは今年の3月を目途に自動運転が認められますので一気に普及が始まります。300万での開発目標をしている国産メーカーともう100万程度で販売開始している外国メーカーとの競争がどうなるのか興味ありますね。携帯スマホの二の舞にならないことを願うばかりです。

     今のところ外国製でも6発とか8発のドローンが散布用に使われていますが4発タイプで羽根が大きいのがいいと思われますね。

     はてさて今日の新聞報道でもりさんとこの玉ねぎへの取り組みが紹介されておりました。今年は25haとのことですが将来は100haから目標は全面積の1割900haあたりまで増やしたいとのことでした。

     私とこの集落営農法人も今年、6haほど玉ねぎを作り始めています。マルチの上から機械で苗を植え付けてましてほんと機械化が出来てましたね。収穫は青果用だと大変かもしれませんが加工用でしたら機械化もOKでしょう。

  • 今日は快晴となりました。4キロほど離れたHCに車では無くタイヤ交換した自転車の試運転を兼ねて行ってみました。アクセルのひと踏みで楽に超える坂も自転車だと困難な事が分かりますね。アハハ ウォーキングだと坂は苦にならないのですが自転車はかなりきますね。

     もりさん タンク修理は職人技でしたか。振動にきちんと耐えられることが大事なんでしょうね。はてさてどうしましょうか。ちょっと勉強してみます。

     教育環境に恵まれた子供達はほんと小学生でも気が利いてますね。しかし日本人の独創性の無さとか強すぎる保守性などいい面悪い面ある中ですが「赤信号、みんなで渡れば・・・」では心もとない訳でその教育方針でいいのかは常に自問しながらになるかと思いますね。

     私は小学校で受験勉強させるよりも学者志望ならいざ知らず、学校を出てから受験勉強??する心意気が大事だと思っています。

     タクさん 親父さんと性格が合いませんか。私も若い頃は親父と合いませんでしが段々とお互いに理解しあうようになり最後は感謝でお別れしました。親子とはそんなものだと思いますね。しかしこれには双方努力が必要で破綻する人がいるのも事実です。

  • 寒いですね。これから又日本中かなりの雪になりそうでお手柔らかにお願いしたいところです。こちらで30センチは無いでしょ。アハハ

     もりさん 私も以前は国際交流団体に加入していてかなりやっていたのですが今はやっていません。長続きのする交流は難しいですね。

     大学もほんと難しい時代になりましたね。独立行政法人になって半民間でお金の問題で研究費が減ったりして期限付き職場化したのも日本の衰えに拍車をかけていますね。

     これから少子化の影響が出ますので海外からの留学生を集めることが必要ですが日本の魅力が無いと難しいことになります。全国民で頑張れニッポンです。

     今日はナタネの中耕をクボタのL3001DTでやっていたのですが燃料が思った以上に減っていたので点検したら少し漏れていました。さらに点検したら燃料パイプではなくタンクから。タンクの底に穴が空くなんてことは初めての経験でした。我が家のドラム缶給油の弊害でしょうね。燃料に水が混じりやすくこういうことになるのかなと思いました。まぁ、古いこともありますが。どう修理いたしますか。

     はてさて一段と気温が下がってきました。いよいよ初の雪景色になりますかどうか。

  • 今日は会議やグループの昼食会などを済ませてから自転車のタイヤ交換などをしていたらあっという間に終わった感じです。タイヤ交換やパンク修理はほんと自転車屋さんの仕事でしたがもう町の店はとうに無くなりHCのいち部門になりましたね。

     タイヤとチューブで2000円しないし、パンク修理も簡単になってもうセルフ整備で楽々。と思いましたが後輪に変速機などついていると結構面倒でした。アハハ

     もりさん GYAO見ましたか。ジョンディアの販売額は3.3兆円、クボタは1.5兆円。まぁ、農機の売り上げは半分程度だと思いますが会社規模としては挑戦出来る射程圏内ではありますね。今年のクボタの社内大会では売上2.5兆、国内圧倒的シェアを取るぞだったとか。

     クボタにヤンマーも建機部門を持っていますが交流はほとんど無いのではないかと思いますね。まずは人的交流から始めておくべきでしょう。小松が圧倒的耐久性で来た時慌てることになりますよですね。
     
     さて今日のニュースでは韓国メーカーが主体開発中のリチュウム空気電池のことがありましたね。トヨタが開発している全固体電池、どちらが先か優秀かぜひトヨタには勝ってもらいたいものですね。

  • いい天気になりました。自治会の次期役員体制について打ち合わせをしておりました。活動も最終段階となりまして有終の美を飾りたいですね。まぁ、自己満足だけでも出来たらいいでしょう。アハハ

     もりさん 小屋の猫たち、野良猫ですか。アハハ それだけお世話してるなんてまるでお坊っちゃん、お嬢ではないですか。人間の腸は単なる排泄処理の管では無くて何でも免疫に関して重要な役割を演じて?いるそうですね。

     花粉症などアレルギー問題が近代になって顕著になってきたのは食べるものが変わってきたことも大きいようですね。昔は虫下しを飲んでいたように回虫とかさなだ虫とかほんと大変だったのですがその効用?からかアレルギーはあまり聞かないというか、言葉自体が存在してなかったように思いますね。

     農家が潜在的に保守なのは農作業が追い詰めていくと人間の行動を縛っていくことが原因ではないかと思いますね。そしてそのレベルに達すると哲学の農業で生き方の源泉になり、その行動を変えることは無くなる・・ように思います。

     私が北海道の農機メーカーの作業機を導入してきたのですが真似をする人はおりません。でも次第に流れは私の方向にはなってはきてますね。どこもトラクターの数が増えてきてますね。アハハ

     はてさてクボタの新製品情報ですが農業新聞の隅に小さく報道されました。どうも収量コンバインがバージョンアップして今までは圃場ごとのデータだったのを圃場をメッシュに区切ってデータを集めるという超精密農法に適合させてきましたね。今年後半からの販売になるようです。それに伴い今100馬力の汎用コンバインが120馬力になるようです。

     刈幅2mクラス汎用コンバインが発売された時は60馬力だったのがちょうど2倍になりました。まさに隔世の感ですね。ついでにクボタはホィール型普通型コンバインを中国で生産していまして今はタイ、中国で販売していると思います。今はトラクターでのグローバル展開ですがいずれはコンバイン、これを成功させればクボタが世界の農機メーカー、ジョンディアやニューホランドと肩を並べることになりますね。

  • 雪ではなくこちらは雨模様になっています。昨日の麦踏みは4haといつもの1/3なのとノブタの3mローラーをヤンマーのキャビンにつけてやりまして3時間かからないで終了できました。寒かったのもキャビンのお陰で楽々でした。

     麦踏みはまだ管理機にローラーを引っ張るスタイルが主流でしてトラクターにつけるのがチラホラになっています。
    雨前に出来たのも良かったですね。

     もりさん 電話債券の名義変更が大変ということでへぇ~と思いました。まさか相続人のハンコまで・・は無いでしょうね。昔は電話を引くのに電柱建てたりと大変だったので加入料として取っていたように思いますが今は家までの配線は電力会社所有なので無いでしょうし、取ったりしたら携帯電話で十分と言われてしまいますね。

     昨日はIndyさんから連絡がありGYAOのドキュメンタリーにいい番組があるよという紹介があり見てみました。内容はジョンディアの牙城であるアメリカに販売攻勢をかけているクボタの話と日本の建機が中古になっても外国に売れていることの紹介でした。

     クボタの「壁がある だから行く」という正月の見開き2面の広告をここでも紹介したようにその実践でもありますが番組のジョンディアに挑むというには駒不足なんですがその意気込みや良しですでに200馬力のエンジンも作っていますのでおそらく250馬力程度までは早期に駒を揃えると私は見ています。

     問題はタイではシェア7割を占めているクボタがここでは年間100時間しか使わない日本仕様とは違う耐久性アップしたトラクターにしていることです。鋳物の厚さをアップしていますだと。

     ヤンマーのHPには外国で販売した自社製品を日本に持ち込んでもメンテいたしませんとやっています。これからの日本の農家も大規模化が進んで年間100時間なんて言われてはふざけるなということになります。

     番組後半では小松などの建機が中古でも世界で好評で中古の部品も盛んに輸出されていることが紹介されました。中国製の新品よりもいいなんて話もあり日本製品への評価の高さが表現されました。すでに小松など建機メーカーには農機部門に参入のオファーが政府からも出されています。

     これから国産農機メーカーには意識改革が迫られます。頑張ってちょうだいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ