ここから本文です

投稿コメント一覧 (1297コメント)

  • >>No. 26648

    海猿のお宅ではお祝い事が続くようですし、ケイさん宅では七五三と、これまたおめでとうございます。

    拙宅では、先週の日曜日は二番目の孫の祝いを餅つきをして祝いました。
    まてよまてよ、17日は敬老の日じゃなかったでしょう。
    うちではジイジバアバはナ~ンも祝ってもらえなかったです。
    どうも60歳台じゃ「オジイチャンオバアチャン敬老の日おめでとう」とは言ってくれないようです。


    当市に2件目の「お値段以上の二十リ」が開店しました。
    どんな様子か、何かくれるんじゃないかと覗いてみました。
    ナ~ンもタダで貰えるものはなかったし、商品は1号店と同じでした。
    ことろで夫婦で来ていた人が多く、
    「ねえパパ、パパ」と旦那を呼んでいるのは若い奥さん。
    「ちょっとアナタ、アナタ」もしくは「アンタ、アンタ」と呼んでいるのは人生経験の多い奥方。

    相方を呼ぶのに何て呼びますか。
    我が家じゃ「オイオイ」じゃお恐れ多いので「〇〇(本名)か〇〇さん」です。
    長男の所では長男を呼ぶのに「YO×君」と呼んでいまして、旦那を君呼びにするのはアッシらの世代じゃ抵抗がありますが、今の若い衆じゃ普通だそうです。


      アリスのパパ

  • >>No. 26640

    アッシも足のストレッチを続けています。
    右膝の痛みがなくなてからですから、2か月位になるでしょう。
    腰や膝の痛いときは、ストレッチどころじゃない、体を少しでも曲げるとイテテイテテでした。
    ストレッチとスクワットを、時にはさぼる日もありますが、2か月続けてきました、目指せ1000日です。


    昨晩は、妻は友人とダレダかのライブを聞きに一泊で東京に出かけました。
    アッシはですね、ランニングの仲間と一杯会でした。

    「〇島さんが中国にいる間に旅行に行きたいね」と言っていたのが5年前。
    そのランニング仲間の〇島さんの声掛けで来年5月に中国・シルクロードの旅行が計画されました。

    中国語が堪能な〇島さんが同行するし、中国人の△さんがプライベートで案内してくれるという、なんとも贅沢な旅行が現実味を帯びてきました。


    今日はゴミ出しの日、うっかりして忘れてしまい収集車が来てしまいました。
    近所じゃなくて、どっかのごみ集積所に持っていきます。


       アリスのパパ

  • >>No. 5554

    やいやい、でも「それだけ使えばどんなミシンもがたが来る」と言われたんだから諦めるしかしょうがないでしょう。
    それよりかも、そこまで使ったんだから立派なもんでしょう。

    母親は得意な編み物以外にもミシンは動かしていました。
    女房殿は忘れた頃に引っ張り出してきますが、真っすぐ縫うくらいしかできないようです。
    長男の嫁さんは、まあダメですね、水泳帽に名札を縫い付けてあったのを見ますと、アッシのほうがましです。
    今どきの若いお母さんはこんなもんでしょう。


    本日は、女房殿は東京の何とかのライブで泊りがけで出かけました。
    アッシはですね、来年の中国旅行の打ち合わせと称して飲み会です。
    猫どもに餌を忘れずに出かけます。


      アリスのパパ

  • >>No. 26633

    今日はやけに子供たちが公園で遊んでいて、考えてみますと敬老の日なんですね。
    当市では何歳から今日のお祝いの対象になるのかな、70歳か75歳かな。
    以前は敬老の日に対象となるお年寄りには市から祝い金がでましたが、今は節目の年だけだそうです。

    あさぎりさんは75歳でコロリですか、アッシは欲張って80歳までピンピンしてコロリと逝きたいです。

    老いては子に従え、とは昔の話でして、今じゃ「老いては女房に従え」ですよ。
    ねえ海猿さんもそう思うじゃないですか。


      アリスのパパ

  • >>No. 26624

    「蚊に刺される」も「蚊にくわれる」もどちらも使っています。
    しいていえば「蚊に刺される」は普通の場合に使いますが、「蚊にくわれる」は身近な人との会話でしょうか。
    「蚊にくわれちゃったやあ」は家族や友人との間で使っていると思います。

    「しんにゅう」と呼んでいます。
    しかし「辶」につきましては、「二点しんにょう」と呼んでいます。
    世代間に違いがあるなんて初めて知りました。


    稲刈りでは、小学生の時から稲刈りを手伝いました。
    もっとも稲を刈るのは父母で、これをハンデ(脚立みたいなものに渡した竹や木)に掛けていったり、それが乾燥して採り込むことを手伝いました。
    もみ殻が首に当たるとチクチクしたことを覚えています。


    日本全国雨模様のようです。
    ここしばらく続いている雨で冬野菜が準備できません。
    種や球根を購入してあるのに播種できません。
    雨が降っているのですが、午後には白菜の間引きをします、そうしませんと太陽が当たらず徒長した苗になってしまいます。
    面倒くさいけれど楽しいですよ。


      アリスのパパ

  • >>No. 26616

    もうヒガンバナの季節になりましたか。
    猛暑の今年の夏ですから、ヒガンバナも夏バテするかと思いきや、季節どおりに咲くんですね。

    エンディングノート、そろそろ取り掛かんなきゃなんない年齢です。

    アッシの父親は極めて几帳面な人で、細かい遺言書がありまして、これどおりに土地は分配しました。
    ところがですよ、一つ忘れていた所がありました。
    親父と一緒に住んでいたアッシの家です。
    中古住宅を買った時も二世帯住宅を建てた時も、父親から三分の一の資金援助を受けまして登記も共有名義にしてありました。
    当然、自分の住んでいる家ですからアッシに名義替えするものだと思っていたところ。ワカランチンの兄貴が
    「父親の財産の四分の一を相続する権利があるから、お前の住んでいる家の三分の一×四分の一=12分の1は俺のものだ」
    要するに「名義変更するならば、金をだせ」ですよ。
    結末は母親の土地を相続放棄をして、やっとでアッシの名義にしました。

    こんなことを考えたのは、兄貴じゃなくて、兄貴よりもっとワカランチンのその女房でしょう。
    なにせ義母が入院していても一度も見舞いせず、葬儀にも出席しない女だからね。


       アリスのパパ

  • >>No. 26613

    海猿さんが入れているガソリンが138円ですか、うらやましいです。
    車も余裕をもって給油するのが良いのは分かっていても、面倒くさがり屋のアッシはランプがついてしまうまで乗ってしまうことがしばしばあります。


    これからのことはたわ言だと思って読み流してください。
    アッシはですね、銀行のキャッシュカードを並べて裏表、クレジットカードも同じでコピーしてあります。
    細かい字の所は手書きにしまして、自分用、女房用と長男に渡してあります。
    それとわずかばかりですがネット証券会社に有価証券がありますので、ID/パスワードと取引パスワードを長男に紙で渡してあります。
    銀行の暗証番号は別途記入して別場所に保管してあります。

    いつなんどき自動車事故にあうかもしれない、泥棒にキャッシュカードを盗まれるかもしれない、脳の血管が切れてしまうかもしれない、心臓が止まってしまうかもしれない、やくざの銃撃戦で流れ弾に当たってしまうかもしれない等などどんなことが起きるかわかんない。
    そんな時に後の残された家族が困らないようにしてあります。
    もちろん本人死亡でもお金はおりますけれど、手続きがものすご~く面倒になります。

    アッシが死んじまうかヨイヨイになったら、さっさとカードで全額をおろせるようにしてあります。

    それとですね、カードが行方不明になった時にコピーがあると便利ですよ。


      アリスのパパ

  • >>No. 26605

    アッシもスマホにしたことは前にカキコしたのですが、大して使ってはいません。
    それでも家族のラインと、外に出た時の天気予報・時刻表くらいでしょうか便利なのは。
    それといくつかのサイトは外でのぞいていまして、昨日、図書館に本を返しに行ったときにこのサイトも見ました。
    早速、天童荒太の『ペインレス』を探しましたが見つかりませんで同じ著者の「悼む人」を借りてきました。

    台風・地震のニュースが流れ被害にあった場合のことを考える人も多いでしょう。
    これはアッシのことだから薦めはしませんがご参考になれば。

    10円玉と100円玉と千円札2枚の計5,000円を袋に入れて車のスペアタイヤの横に、郵貯のキャッシュカードを車検証の中に入れてあります。

    これは災害対策ちゅうよりかも、うっかり財布を持たないで外出した時の保存食みたいなもので、これで助かったのが過去に3回ありました。

    いつなんどき地震が起きるかわかんない、台風だって急に進路を変えるかもしれない、火事も心配だ、暴動が起きるかもしれない、隕石が降ってくるかもしれない、火星人が攻めてくるかもしれない、こんな時にまずはお金、現金があれば一助かりでしょう。


      アリスのパパ

  • >>No. 26597

    あやかしい、とはバカバカしいちゅう意味でしょうか。
    私自身、人生七味唐辛子をガバガバかけられまして、うらみ・つらみは少ないのですがいやみ・ひがみのたっぷり入った唐辛子でした。
    あやかしいだなんて思いませんよ。

    大地震が東北、九州、北海道と続きましたから次は四国か東海、いえいえ主都直下型でしょうか、困った困った。

    それにしましても首相の「・・・・・を通すようにしました。」との発言は多くの人が不快感を感じたんじゃないですか。
    企業・自治体、そこに働く人々の不眠不休の働きがあったから回復したんでしょう。
    ありゃ失言でしたね。


      アリスのパパ

  • >>No. 5551

    とうとう9月も9日になりました。
    台風と地震で始まった9月です。

    台風はまたかという感じですが、地震がねえ、東北についで九州、今度は北海道ですから次はと思わず考えずにはいられません。
    次は四国か東海か、それとも主都直下型でしょうか。
    地震予知なんてできやしないようです。
    運しだいでしょうか。

    今度の北海道の地震もなんとか断層帯に掛かっているようでして、当県もあちこちに活断層があるそうです。
    ハザードマップを見ますと、アッシのいるところには活断層が無いようですが、これは調査をしていないだけのようです。
    テレビを見ていますと、道路や田畑にぱっくりと割れ目ができている所があります。
    いくら耐震構造の家屋だって、家の真ん中に割れ目ができたらひとたまりもないでしょう。


    8月中にニンジンの種を蒔きまして、ちょうどいい具合に雨がふってよく発芽しました。
    9月になって大根と白菜も蒔きましたが、どうでしょうか、虫さんのデザートにならなきゃいいのですが。


       アリスのパパ

  • >>No. 26593

    あさぎりさんのお友達がいる北見市ですが、アッシの長男も15年ほどいました。
    冬は寒いようです。
    10月に行ったときに暖房してありました。

    なにせ今度の地震では全道で停電しました。
    ケイさんの言われるとおり電気は回復しているようですが、住宅が破損したり暖房設備が損傷した所は、冬どうやって過ごすんでしょうか、もうすぐ10月ですよ、心配になります。


    皆さんはどう思われるか分かりませんが、日本人て大した国民だと思います。
    空港閉鎖で警備員は丸腰でも暴動も略奪も起きないし、しっかりと行列を作っている。
    国も自治体も企業も、こんな一大事の時にはこれぞとばかりに協力している。
    ボランティアだってすごいと思いますよ。

    日本人の真面目さと律義さは大したもんだと思います。


       アリスのパパ

  • >>No. 26583

    当地は、昨日の夕方に暴風雨になり、台風本体と遠く離れていましても影響を受けましたが、本日は晴天を迎えました。


    アッシは野外でやる行事や行事や遊びをたっぷりと経験してきました。
    もちろん悪天にも会いましたよ。
    それを行うことの判断として、警報が出たら中止する。
    台風が予想される時なんて論外です。

    あさぎりさん、主催者はどのような判断をして研修旅行を催行したのかは分かりませんが、部外者ですがこの旅行の判断は間違っていたんじゃないでしょうか。


      アリスのパパ

  • >>No. 26571

    ケイさん、当地でも草刈りと言っています。
    雑草を刈るには鎌が必要で、古の時代には鎌は貴重品でしたから手で引っこ抜いていたでしょう。
    それで歌では草を引くと言ったのです。←アリス親父の勝手な妄想。

    雑草で厄介なヘクソカズラですが、アッシらはこれをヤイトグサと言っていました。
    花を取ってペロリと舐め、腕や足にくっつけて遊びました。
    ヤイト=お灸ですから、お灸をする真似の遊びですが、今じゃこんなことして遊ぶガキはいないでしょう。

    あと数年しますと我々は70歳代。
    それから10年しますと80歳台ですよね。
    もう要支援だとか要介護とかのお世話になる人が出始める年代でしょう。
    このトピで最初にそうなるのはアリス親父で、次はうわばみのあさぎり女史で一番頑張っているのは規則正しい生活をしている海猿さんでしょう、と勝手に思っています。

    寝たきりになって一番気になることは、だれしも排泄、特に臭いでしょう。
    昨日新聞を読んでいましたら、新製品のプレゼントということで、排せつ物の臭いと生ごみの臭いを一発で消す消臭スプレーが紹介されていました。
    何はともあれ懸賞に応募します。
    ヘクソカズラは名前ほどには臭わないです。
    そのかわり肉食獣のネコは臭いウンチをしまして、猫トイレの近くで本を読んでいますと堪んないです。
    何でもかんでも食べてしまうアリス親父のウンチはネコにも負けないくらい臭いと思います。
    懸賞で当たらなかったならば消臭スプレーを購入してみようと思っています。


      アリスのパパ

  • >>No. 26563

    高知県も静岡の焼津も昔からカツオの水揚げ港で、カツオの塩辛は名物です。
    アッシの祖父が釣りに行った帰りに、塩辛を作っていた所から小分けして購入していましたから、子供の頃から食べていました。
    あまり食べると「子供にゃ毒、毒」と言われた覚えがあります。
    酒盗は二十歳過ぎて初めて食べましたが、少しも違和感はありませんが少し値が高いですね。

    サンマの季節です。
    佐藤春夫の詩で「・・・・さんま、さんま、さんま苦いか塩っぱいか・・・・」てくだりがありまして、あらためて全文読んでみますと男と女のドロドロした詩なんですね。
    そっちの方は置いといて、苦いはてっきりはらわたのことかと思っていましたが、どうもそうじゃないです。
    ですが、さんまの旨さはそのはらわたのほのかな苦さにあると思っています。


    とうとうヘクソカズラが登場しました。
    ヘクソカズラの名前は知っていましたが、サオトメカズラって言うんですか。
    乙女だって屁はこきますよね。


       アリスのパパ

  • >>No. 26556

    大道芸静岡が2か月後に始まります。
    年々観客は増え観るのも大変です。
    観るには前の人は座る、その後ろに椅子の人、その後ろはグルっと立つ人と決まっていまして、そうしないと多くの人が楽しめません。
    しかし前の方で椅子で座わる人がいまして、そうするとその後ろの人は見えやせん。
    アッシは余分なことは言わないようにしているのですが、この時ばかりは座るか後ろの人と変わるようにお願いしています。
    膝が痛い・腰が痛い・椅子の方が楽だ・早くから場所取りしていて何が悪い等々いろんな言い訳があるでしょうが、みんなで楽しく観ましょうや。


    きのうおとといと長男家族、次男とアッシら夫婦で伊豆に行って来ました。
    孫は年々元気になる、ジジババ特にジジはくたびれてしまいました。


    さてさてさんまのシーズンになりましたか。
    さんまはアスリート体形よりふっくらした物の方が美味しいですよね。


      アリスのパパ

  • >>No. 26546

    暑いですね。
    本日は午前中に畑に行き冬野菜種まきをする予定でしたが、だめですねえテレビの番人をしてしまいました。

    自治会、厄介な組織だがないと困る、まあこんな感想がほとんどの住民の思いじゃないでしょうか。
    アッシの所の自治会も同じようなもんだし、金銭的な負担も少ないです。

    数年前に当時の自治会長から公民館建設のアンケートが回ってきました。
    ・公民館が老朽化し耐震構造じゃない。
    ・使い勝手が悪い。
    ・便所が使いにくい。
    ということで
    ・建築にかかるお金は別として、建て替えを望むか否か忌憚のない意見を寄せてくれとのアンケートがありました。

    アッシは3年前には、この公民館の管理責任者のため知っていました。
    ・利用がほとんどない
      年2回の自治会総会と各月の役員会と月一の老人会会議しかなかった。
      子供会の神輿が倉庫にある。

    アッシは建築反対で意見としてこんなことを記入しました。
    ・使用頻度が少ない施設を作り替える必要があるのか?誰のために何のために改築するのか?
    ・使用が不便ならば、便利なように改築したらどうか?
    ・老人会はすぐ近くに市の施設の老人憩いの家があるからそこを利用したらどうか。
    ・自治会の会議は近くの公共施設を利用したらどうか。

    そしたらですね、アンケート結果ということで
    一部反対意見(アッシのこと)を敵意に満ちて考えで反論し、賛成意見はこんなで賛成意見が大多数であった。

    そもそもアンケートは
    現状を客観的に述べ、集めた結果も余分な意見をを交えずに発表するのが道理じゃないですか。
    それを「お金のことは考えず」だなんてアンケートになんかなりゃせんでしょう。

    この元自治会長は町内会にアンケートを取った結果、改築要望が多いので建築を進めると息巻いています。
    いざ計画が発表になって、各戸に幾らの負担があるだなんてなったら、一悶着すんでしょう。
    オラ知らない。


      アリスのパパ

  • >>No. 26540

    当地では、昨晩は雨風とも強く台風の影響を感じましたが、今は雨も止んでいます。
    被害はありません。
    本日の天気予報を見ますと、本日は小雨が降り続き台風一過の晴天にはならないようです。

    明日からも猛暑が戻りそうです。


      アリスのパパ

  • >>No. 26534

    台風20号が熱気をもたらしているようです、皆様の所はいかがでしょうか。

    さて本日のNHKあさイチでは「食卓から見る戦争」ということで戦中戦後の食糧難を放映していまして観た方もいらっしゃることでしょう。
    こんな時、立松和平著「軍曹かく戦わず」を読んでいました。

    読み進むと、アッシの父親が話していた戦時のこととダブりました。
    貨車で運ばれた、揚子江を船で渡った、アメリカの飛行機に機銃掃射を受けた等など。

    特にですね、食料調達の場面は、親父が話していたとおりでした。
    親父曰く「悪りいことしたんだよな、泥棒したんだよな」
    無茶苦茶な戦のようで、食料は現地調達、兵器も通信機器(この小説に出てくる小松啓二軍曹は実名でして、通信兵です)も劣る中で大本営のえらいさんが考えた作戦で多くの日本人が戦死しました。
    それとそれ以上の中国人を殺傷した戦いでした。
    東人鬼と呼ばれてもしょうがない行いをしたようです。

    いま日本の食料自給率は40パーセントだそうです。
    1950年生まれの私たちは、好き嫌い旨いまずいはあっても食糧難で飢えてきたことはないでしょう。
    ですが、輸入が途絶えるようなことが起きたら、再び戦中戦後の食糧難がやってくるでしょう。


      アリスのパパ

  • >>No. 5549

    アッシは、かねがねプッチさんの行動力と知識の多さには感服していたところですが、中国語も堪能のようですね。

    中学から始まって大学卒業まで何年間外国語・英語を勉強したのでしょうか、アッシはゼンゼンだめです。
    フントに悔しくなるのですが、会話ができない、でも何とかなるんですよね旅行だけだったら。


    畑の草を大部分引っこ抜きました。
    やや涼しくなったここ数日、毎日畑に通って草取りです。
    猛暑の来る前に白菜を植える予定の所に鶏糞だけばら撒いておきました。
    ここに石灰をばら撒いて置きましたので、9月になりましたら白菜を直播する予定です。

    この白菜の直播ですが、いつも失敗します。
    虫です、虫。

    今年は粒状殺虫剤をあらかじめ撒くことと、不織布を被せておきますが、どうでしょうか。
    ダメだったならば例年どうり苗を購入します。


      アリスのパパ

  • >>No. 26531

    ミスケイ、ひとまず通院が終了したことおめでとうございます。
    一病息災、いえいえ二病でしょうからこれで一安心じゃなくて二安心じゃないですか。


    海猿さん、すごいですね。
    腰痛の予防にはストレッチと筋トレが大切なことは分かっていても、実行しないか3日坊主に終わってしまうことが多いでしょう。
    それを3年も行っているとは見事です。

    膝が痛いのは、殆どは関節じゃなくて膝につながる筋肉の疲れと筋力が衰えているからだといわれます。
    アッシもですね、膝の痛みが引いてから足の前と後ろの筋肉のストレッチと筋トレを始めました。
    筋トレはスクワットです。
    肩幅に足を開き、ゆっくりとかがみこみ又ゆっくりと5秒くらいかけて立ち上がります。
    このゆっくりがきついんですよ、10回やるのが精いっぱいです。
    10日ほど休まず続けていますから3日坊主は卒業しました。


    あさぎりさん、また台風だ。


       アリスのパパ

本文はここまでです このページの先頭へ