ここから本文です

投稿コメント一覧 (1166コメント)

  • >>No. 25917

    アリス家は昨年、母親を看取りましてその時にはケイタイが手放せませんでした。
    ケイタイがなるとビクとした時期がありました。
    愚痴になるのですが、兄いえいえ兄嫁が看護放棄の状態で入院中も危篤の電話を入れても無視されました。
    そのくせ葬儀では参列者を泣かせるようなことを言う有様でした。


    アッシはほぼ毎日ジムに車で通っています。
    行きは国道1号線を西進していますが、帰りは抜け道を通ってきます。
    その抜け道は東海道本線と新幹線が共に平面を走っている所の横道です。
    横道は市域を東西に通る道路の高架橋、私鉄と東名高速が共に高架橋で3箇所クロスしています。
    その橋脚をくぐるのですが、その部分は狭いのと出口が見えないところもあります。

    そんな時に車が鉢合わせしますとすれ違えなくなるので、たいていの車は減速して早めに停車するようにしていますが、1ヶ月位前に腹が立ったことがありました。
    狭い所の出口で反対方向に行く車と鉢合わせしてしまいました。

    アッシのほうが早く入っていまして、相手の車がほんの少しバックすればお互い通行できるのに、ガンとしてバックしようとしない。
    そのうちにアッシの車の後ろに車が来てしまいアッシもバックできない。
    暫くして後ろの車が事態を察してくれて大きくバックしてくれて、アッシもバックしました。

    すれ違う時に相手のでっかい黒塗りの車に乗っている大将を見ますと、ごめんねでもないニコリともしたいで、どっかに行ってしまいました。
    腹立ちました。


      アリスのパパ

  • >>No. 25912

    今週は週半ばにスキーに行っていて書き込みをさぼりました。

    日曜日ですが海猿さんと同じく孫の面倒をみました。
    女房の所に息子から、来客があるので朝9時から夕方5時まで頼むと電話があり、さあ困った、その日は女房殿は旅行に行く日だからです。
    そうなりゃジイジの出番です。

    今回は嬉しかったですね。
    下の孫が乳のアレルギーが収まって普通に食べる飲むことが出来るようになったからです。
    ピンク色のソフトクリームにパラパラとチョコレートでトッピングして天辺にイチゴを置いたイチゴソフトを、2人がニコニコして食べるのをジイジもニコニコして眺めることができるようになりました。


      アリスのパパ

  • >>No. 5501

    いや~女の子はいいですよね。
    お断りしておきますが女の子にナニしようだなんて不届きな気持ちはこれっぽしもありません。
    でもね、自宅すぐ横に公園がありまして、男の子・女の子と元気に遊んでいますが目は女の子に向かいます。ホント

    さてさて冬季のオリンピックが始まりましたね。
    さきほど女子のアイスホッケー、今は女子3000mスケートを観ています。
    いやあ~女は強いですね。


    我が家でも女房殿が言うことがエライ・タダシイでアッシは頭を下げるばかりです。
    その女房は本日は旅行で伊豆です。

    どこに行っているのか知りません。
    アッシが旅行に行くと、その行程を置いていけと煩いのに、いま女房殿がどこにいるのか知りません。
    まあどうってことないですね。

    さてさて来週もスキーです。
    高原のスキー場なので、車の運転が少し気になります。


      アリスのパパ

  • >>No. 25893

    ケイさん、アッシもマグドナルドですよ、もっともそこで食べたのは10年位前が最後です。
    ハンバーガーは好きで、コンビニで買うことがありますがマグドナルドに入ることはありません。
    理由もありません。

    海猿さんがおっしゃるとおり、各地で言葉の語尾が違っています。
    当県では、中部や東部では「~ずら。」、西部地方では「~にイ。」だなんて使われていますが、これも若い人ではどうなんでしょうか。


    朝日新聞の夕刊15面に各駅停車という記事がありまして、昨日のこの記事は大井川線井川線「奥泉駅」です。
    ここは山の奥のそのまた奥の、どうしようもない山奥で、この鉄道沿線は限界集落どころか終滅集落ばかりです。

    何でそんなところに人が住んだかと申しますと、もともとそこで生活していた人もいますが、隠れて住んでいた人がいます。
    いわゆる落人ですね。

    ネットで調べますと、この奥泉には、桶狭間の戦いで破れた今川の一族が隠れ住んだようです。
    氏を変え、ひっそりと明治の時代まで営営と血筋を守ったようです。
    アッシの女房がこれの末裔の一人です。

    狭い集落で生活したため、言葉の独特の語尾がありまして、これまたネットによりますと古い京言葉だそうです。

    アッシの一人の甥は、こんなことをアチコチ調べたようですが、女房殿はまったく関心がありません。


      アリスのパパ

  • >>No. 25884

    調べてみますとありました、メガネの日は10月1日です。
    1001を漢数字で書きますと一○○一になりましてメガネの模様にみえるからだそうです。
    本日はといいますと針供養、つばきの日、〒の日なんかがありまして、毎日何かの記念日があります。

    海猿さんが言われた言葉は、当地では普通に使っています。
    アッシは落っことすとは言っても、落とすだなんて改まってでなければ使いません。

    本日もやってしまいました。
    スポーツジムの駐車場は、入る時に駐車券を受け取りジムの受付でガッチャンと機械に通し、この券を出る時に機械に差し込むとポールが上がり外に出れる仕組みです。
    その券がどっかにいちゃったんですよ。
    ポケットを見、車のシート下、かばんのアチコチを探しても見つからないので、受付で再発行してもらいました。
    そしたら何のことはない、サンバイザーに挟んでありました。

    年取りたくないね。


      アリスのパパ

  • >>No. 25880

    あさぎりさんは、遠近のメガネでしょうか。
    困るんですよね、メガネを掛けないと車の運転が出来ません。

    数日前ですが朝に、そのメガネが無くて困って困って一階二階と探して往復して、ひょっとして顔を見ますとそこにはメガネがあるんじゃないですか。
    誰が探してくれてメガネを掛けてくれたのか分かりませんが、ほっとしました。
    同時に我の情けなさにガクッとしました。


    本日、川沿いに散歩していきますと、見慣れた白サギが川の中にいまして長い足が見えました。
    う~ん、何か変だと見ますと川が凍っているんですよ、氷の上に乗っかっているんです。

    この地に越してきまして30年あまり、こんなに川が凍ったなんて初めてです。


      アリスのパパ

  • >>No. 25873

    坑アレルギーのクスリって服用すると眠くなりますね。
    アッシが時々飲む睡眠導入剤「グッド眠」も、もともとは坑アレルギー薬の類のようです。

    アッシも初めてもんじゃ焼きを食べたのが数年前です。
    お店の人が、しゃもじを持ってこうやって・ああやってとお手本を見せてくれました。
    もんじゃ焼きを食べたのはそれ一回だけです。
    その時は家の鬼と一緒でした。

    本日、鬼はバトミントンの練習に出かけました。
    持っていった靴は、アシックSでして、この会社名はもともと「鬼塚タイガー」じゃなかったと思います。

    アッシのようにダンビロ甲高の日本人特有の足の人は、日本のこの会社にお世話になった人が多いと思います。
    同様にミズ野の「ランバーTO」も良いですね。


    さあ、寝ます。


      アリスのパパ

  • >>No. 5499

    節分が過ぎたと申しましても寒いですね。
    まだまだこの寒さは続くようです。

    我が家は南向きに大きく窓をとってあり、例年ですと外は寒くともガラス越しにぽかぽかと暖かさを感じる今日この頃ですが、今年は寒い、窓に近づくと外の冷気が感じられます。

    長男が家を建ててから5年ほど経ちました。
    外見は今風の総2階で、外断熱だか内断熱といいましていったん部屋を暖めると少ない暖房で一日を過ごすという考えの家です。

    先日、なんかの用事で長男夫婦と孫たちが我が家にやってきました。
    上の孫、開口一番、「家の方がいいな、ジイジのうちは寒いし、ゲームがないから」

    その孫もあと2ヶ月ほどで小学校入学。
    その下の孫も年子ですから来年は小学生。
    幼児から少年になっていくんだな。


      アリスのパパ

  • >>No. 25867

    > イヤイヤ~昨夜は数年ぶりにお隣りのオンチャンが大きな声で
    > 「鬼は外~福は内」一年元気で暮らせるでしょう!

    我が家では、女房殿が大きな声で 「鬼は外~福は内」、アッシは家の中に居る鬼が出て行ってしまいますと洗濯・掃除が面倒くさくなるので「福は内・・・」と小さな声で、女房殿に続き豆を撒きました。

    それからコンビニの経営者から毎年届けられる恵方巻きを、南南東の方向に向かって5つばかり願い事をしてかぶりつきました。

    夜中に背中の痛みで目が覚め鎮痛剤のお世話になりましたから、あまり沢山願い事しても駄目なようです。


      アリスのパパ

  • >>No. 25863

    昨日ですが朝起きますと遠くの山に雪が降り白くなっていました。
    平地はナ~ンも変わりがありませんでした。
    静岡県が、県庁所在地で46番と沖縄県とタイで最下位になったものに、降雪量があります。
    20年か30年に一度1cmいえいえ0.5センチ位積もるだけです。

    雪を見たことのない子供がイッパイいまして、そのためでしょうか、雪見遠足なるものがよく催されています。
    静岡県でも東部・西部に行きますと雪が降ります。
    富士山麓の遊園地や静岡市北部の人工雪スキー場に行くようです。
    ホームセンターに行きますと雪見ズボンと称して防寒ズボンが売られているのは当地だけでしょう。

    生活するには雪が降らないほうが楽で良いですが、スキーを趣味にしている者には寂しい所です。


      アリスのパパ

  • >>No. 25857

    海猿さんは、察しますところ気は短いようですが、メモを欠かさない所、几帳面な方でしょう。
    アッシはメモを取るのが下手でして、それでも大切なことだけはカレンダーに書き込みしてあります。


    >私も今は、この世にそんなに未練はありません。
    ケイさん、どうでしょうか、アッシはまだこの世に未練はあるのですが、昨年の10月に女房殿が旅行でいない時の夜中に、もの凄い腹痛と吐き気に襲われた時に、これで死んじゃうならしょうがないなと思いました。
    こんなことは言っちゃあいけませんよね。

    今度は、先週アッシがスキーに行っていた時に、女房殿は夜中に体調を崩したようです。
    その時に思ったといいますが、これだけ寒いんだから遺体は当分のあいだ腐らない、と不遜な思いをしたそうです。

    本日、寒いのですが夫婦そろってビールを飲みましたから、あと少しの年月は未練のあるこの世に2人そろって席を置くでしょう。へへへ


      アリスのパパ

  • >>No. 25853

    月が欠け始めました。


    短期じゃなくて短気でした、失礼しました。


      アリスのパパ

  • >>No. 25852

    ハハハ、海猿さんは短気だと思っていたところご本人が認めるのですから相当に短期なんでしょう。
    アッシもガガ~とやる方で頭はガンガンガンとなるようなんですよ。
    これで損した事も一杯ありますが、直りゃしない、あと少し我慢すりゃこの世とグッドバイしますから直そうとは思いません。

    >「農協から来ました。床下点検です」
    いや~、アッシはねこの類の電話が掛かりますと「すみませんもう一度どちら様でしょうか?ご担当者様はどなたでしょうか?御社は何をされる会社でしょうか?その商品ってどこで購入できますか?・・・・」とかなんとか電話口で聞きますと、大抵の相手は嫌がりますね。

    本日、昼に化粧品販売の電話がきました。
    アッシじゃないですよ、女房殿が
    「ああ家では資生どうを使っていまして、その販売店なんですよ、あなたもどうですか資生どうの化粧品を使われましては?」
    それでおしまいになりました。


      アリスのパパ

  • >>No. 25837

    観ましたよ観ました、先週の新婚さんいらっしゃいでしょう。

    アッシはホールダンスが大好きで、今まで見たダンサーはすべて女の子でした。
    こころがですね、男子のポールダンサーっているんですね。

    まあご褒美の景品がタワシちゅうのも残念でした。
    奥さんはみるからにはちきんですな。


       アリスのパパ

  • >>No. 25834

    > 雪の日は滑りますよね。
    > 1969年2月の大学入試の日は、大雪でした。
    > 試験が終わって外に出たら、一面雪の原。
    > 帰りはすってんころりん転びましたが、かろうじて入試は受かりました。

    アッシも同じ頃に大学入試を受けました。
    すってんころりんと転ぶことはありませんでしたが、その年は全ての学校に落ちました。
    本人は受かったと思っていたのですが、どこもあと1点足りなかったでしょう。カナ

    確かに寒いですね。
    うちもケイさん宅と同様に、にんじん・大根・白菜・小松菜なんかがどっさり取れています。
    どうだ女房殿、アッシの有難味が分かっただろう。ホントハ面トムカッテ言イタイデスガコワイカラ小声デ


    アッシの父親は真っ黒毛の髪でしたがアッシは赤毛でした。
    それも学校に上がることは普通になったと思います。
    それで小さいほうの孫ですが、天パーです。
    それもクルクルクルクルと巻いたパーマです。
    まあこれからの時代には、髪が赤かろうが黄色でも、パーマが掛かっていてもナ~ンとも言われなくなるでしょう。


      アリスのパパ

  • >>No. 25813

    海猿さんもケイさんも、若い頃から異性の友達が居て今でも音信があるなんて羨ましい限りです。
    記憶によりますとあさぎりさんも同じじゃなかったでしょうか。

    アッシはと言いますと、高校生の時に女の子と話したことなんかありませんでした。
    大学生になるとあるかと思いましたが、これまた駄目でしたね。


    さてさて本日は太平洋岸は雪のようです。
    静岡県でも東部と西部は雪の予報が出ていますが、アッシの住む静岡市は雨です。

    こんな天気なのに明日から3泊でスキーに行って来ます。

    先週ご近所で撮った蝋梅です。


      アリスのパパ

  • >>No. 5497

    昔のたとえ話で、フグを食べるときに天気予報天気予報(もしかすると気象台気象台)と口の中でもにょもにょ言いますとフグの食中毒にならない、だなんて小話がありました。
    その天気予報が最近当たるんですよね。
    そりゃ空の上から雲を眺めているようなご時世ですから当たって当たりまえかもしれません。

    どうも明日月曜日は全国的に大荒れの天気予報が出ていて、明後日からは寒い冬に逆戻りのようです。
    その寒い日を選ぶかのように、スキーに行く予定です。

    新聞によりますとスキー人口は最盛期の頃の4割位だそうです。
    そう言われてみますと20年前頃はスキー場は人人で一杯でした。

    遊ぶ人が減ってくれば快適に過ごせますからそれはそれでありがたいです。


    今年の白菜漬けの出来栄えはまずまずです。
    白菜そのものの出来栄えがいまいちでしたが、自家消費ですからこんなもんでしょう。
    例年と変わったことはスルメを入れたのですが、良かったかどうかわかりません。

    夏野菜に向けて準備しなくちゃいけないのは分かっているのですが、ナ~ンもしていません。
    記憶力だけでなく体も錆びついちゃいそうです。


      アリスのパパ

  • >>No. 25800

    あさぎりさん、アッシは出来るだけ薬には頼らないようにしていますが、睡眠はこれのお世話になることがあります。
    今夜は駄目だ、駄目になりそうだ、というときには睡眠導入剤を飲みます。
    まあ今夜は大丈夫だと思っても、床に入って羊が一匹二匹が千匹になりますと駄目ですよね。
    その線引きがトイレに行きたくなる、トイレに行く、こうなりますと一階に降りてきて睡眠導入薬のグッドミンのお世話になります。


    本日、映画に行ってきました。
    ノルウエーの映画で、「ヒトラーに屈しなかった国王」です。
    誰がヒトラーの役を演じるか期待したのですが、ヒトラーは声だけでした。


    後れましたが、ケイさん、検査結果がよろしかったようでまずは安心ですよね。


      アリスのパパ

  • >>No. 25797

    ありゃりゃ、マウスを落っことしたら書き込みが消えちゃった。

    投稿をポチンとするところで消えちゃいまして、いつものことで再度カキコする元気がありません。

    記憶を戻しますと、ケイさんと海猿さんの書き込みに謝意と、あとはなんだか今日あったことをカキコしました。


    さあ、9時に近づきましたので寝ます。


      アリスのパパ

  • >>No. 25793

    フントにこの年齢になりますと医者がよいになります。
    皆様方はどうか分かりませんが、アッシはとうとう入れ歯で治療です。
    入れ歯ともうしましても部分入れ歯ですが、入れ歯は入れ歯、とうとうフガフガ言う年になりました。

    海猿さんはブルー系統がお好みですか、アッシもこの色を好んでいたのですが、アッシには似合わないと分かりました。
    もともと顔の造作が派手でして、どうもピンクとかレンガ色のほうが似合うようです。


    富士山は、静岡県と山梨県とでは見る印象が異なります。
    静岡県人は海の向こうに見える富士山が最高だといい、山梨県人は山々を隔てて仰ぎ見る富士山が一番だと言ってますよ。
    昨日ですが山梨県に遊びに行き、その帰りに取った写真です。
    静岡県と山梨県の、ちょうど県境で撮ったものです。
    右半分も左も同じように見えますがどうでしょうか。


      アリスのパパ

本文はここまでです このページの先頭へ