ここから本文です

投稿コメント一覧 (1414コメント)

  • >>No. 10728

    しまちゃんのアイコンに、これも加えてください
    これはしまちゃん1歳2か月
    預かりさんの所に行って3週目の
    快適な生活の喜びの表情がとても嬉しかった
    忘れられない写真なんです

  • >>No. 10723

    投稿できましたよ
    見てください

    テキストリーム、廃止になるんですね
    全然知りませんでした

  • >>No. 10721

    表示できました♪
    これから、ゆっくり読みます

    ありがとうございます

  • >>No. 10720

    http://mr-voize.bbs.fc2.com/

    検索しても出てこないです
    色んな出会い系の掲示板がずらりと並んで表示されます

    Yahoo! JAPANではないのかな…?

    どこからはじめたらいいのか…
    よくわかりません

  • >>No. 10716

    おはようございます

    ボイズさん
    見ていてくれていますね
    また、投稿できるようになった時に助言をお願いします

    今の私の心配事は
    (ホント眠れなくて困ってます…)

    しまちゃんが飼い主様と触れ合っていないため
    愛情の積み重ねが薄れていくのではないか…
    そして、やっぱり、ボイズさんが懸念している
    病気発見の遅れに伴う
    しまちゃん本にゃんと、飼い主様に大きな負担がのしかかることへの不安

    成猫は、どうしても最初から触れることは難しいといいます
    かといって、この方の立場では
    子猫は、それこそ譲渡されないと思います

    しまちゃんは
    本当に慣れるのが早くて、すぐに飼い主様のそばでくつろいでいましたから
    少しの努力でナデナデくらいはできるようになるだろうし
    是非実践してほしいのです

    しまちゃんにしてみれば
    今は
    大きなきれいなおウチで住み心地がいいし
    ご飯もお水もおいしいし、言うことがないと思います

    だから、私も今の健康なウチはなんの心配もないのです

    問題は
    病気の発見がおくれて
    気が付いたときに、飼い主様が慌てたとて
    仕事に出る前なんかであれば
    すぐに病院には行けないと思います

    そんな時、お母様に連絡すれば
    すぐに駆けつけてくれて
    とりあえず、近くの病院に連れていってくれればいいですね

    「幸福で長く生きてほしい」

    里親様のお言葉ですが…

    私がたびたび訪問して、爪切りブラッシングができるようになれば
    少しはお役にたてるのでは…

    それによって
    しまちゃんがきれいになるし
    触るのもイヤではなくなるかもしれません

    そう思うのですが
    逆に迷惑なら、どうしようもないです

  • >>No. 10714

    みるちゃんを迎え入れたいきさつも
    知りたいし

    ボイズさん
    どうか、諦めないでくださいね

    お願いします

  • >>No. 10712

    誰が教えたわけでもないのに
    しまちゃんの三つ指ご挨拶は、本当に可愛いです
    ネコジルシ日記の最後には、追加挿入したしまちゃんの写真が載ってるので見てください

    今月はなんとしても
    ワクチン投与&健診をしますから
    その結果が安心できるものであれば、当面は心配ないかもしれません

    今、里親様は、そっとしておいてほしいのかもしれませんね

    ワクチンだけは譲れないけれど
    しばらくはそっとしておくことにして
    やっぱり、しばらくしてからでもいいので
    私が触れ合いの練習にお誘いしたいと思っています

    良い環境の中で過ごしたこの約9か月の期間は
    充分に警戒心をといて
    安心した生活をしていますから
    心の充電としては、決して無駄に過ごした期間ではないと思います

    これから、触れ合いを始めても
    遅くはないと思います

    しまちゃんは
    絶対に幸福で健康に長く生きます

    とりあえず今の生活環境が申し分ないので
    このままでいいと思います

    もう、触らない…なんて
    ご自身の体調が良く無い時だったので
    つい、そう思ってしまったのでしょう
    猫飼いに関する経験と知識不足が関係しているかもしれません
    決して愛情が薄れたわけではないと言うことを信じて
    私も働きかけて行きたいと思っています

    夕べも夜中に目が覚めて…最近は私も辛いです

    保護はしたけれど
    自分では飼えないという現実はこういうことなんです
    私は、しまちゃんに申し訳ないです

    でも、今、私が無理に里親様から引き取って
    ウチに連れてきても
    しまちゃんを今より、幸福にすることはできません

    今となっては
    預かりさんも、手助けはしてくれるかもしれませんが
    預かってはくれないと思います
    あまりの保護ネコの多さから考えると
    しまちゃんの後継はすでにいると思います

    里親様にはなんとしても
    頑張ってもらわなければいけません

    プレッシャーをかけてもよくないので
    頑張ってください…とはいいませんけれど

  • >>No. 10710

    アホージャパンです…

    10月に入って、もう、里親様の体調も良くなってるにちがいない

    そう思うと、よく眠れるようになりました

    ホント、この3か月は寝ても2時間ごとに目が開いてしまい
    寝た気がしませんでした

    今月は絶対に病院に連れて行きます

    それも応答なしなら
    預かりさんに相談します

    里親様は死んでしまいました
    しまちゃんを救出しなくてはいけません

    って言います

  • >>No. 47

    しばらくは無事だったのに…

    ボイズさんの投稿が見たいです

  • >>No. 10707

    しまちゃんは
    初めてのワクチン摂取が
    私の手元に病院の記録書がありますが
    2016年9月7日です

    2017年9月に2度めのワクチンを受けていますが
    月初めに違いありません

    今日は2018年10月2日

    すでにひと月過ぎています

    今月中には、なんとしてもワクチン接種を受けてもらいます

    そうでなかったら
    また、ずるずると、来年になっても、またずるずるとなりそうです

    里親様、そうとう、具合が悪いのかもしれません

    キャリーinはもとより、キャリーを持ちあげることも
    躊躇されるのかもしれません

    ひとえに要領を得ないだけなのかもしれませんが…
    ”やる気”の問題のような気もしています
    なす術がないと考えて、戸惑っているのかにゃん

    いったい、どうして、一言、言ってくれないのでしょうか

    どんな訳があるのか…

    もう、ウチの子だから、自分の思うようにしたいので
    口出ししないでほしい…とか?

    もし、そう考えて
    ワクチンすらも省略するなら、とんでもないことですよ

    大切に保護されていた、ネコさんなのです

    約束事はしっかりと守ってくれないと困ります

  • >>No. 10705

    みるちゃんのいきさつを詳しく教えてくれてるようなので
    是非、頑張って書き込みを続けてください

    最後はまた、私がまとめます

    それにしても
    投稿制限は腹が立ちます

  • >>No. 10700

    今回の台風は、伊勢湾台風に匹敵するとか…
    先回の爪跡も残されたままなのに…

    ボイズさんとこも強風だったのですね
    カーポートが…

    そちら方面の信号機の修理は済んだのでしょうか
    また新たな台風が起きているとか…

    しまちゃんの
    ストーカーになっちゃってはいけないのですね

    もう3か月も無応答なんですよ
    辛抱強く連絡を試みるしかない…
    そうですか

    本当に、いったいどういうことなんでしょうか…

    それでも、一度は訪問してみようと思います

    それで
    居留守されたら、預かりさんに相談してみます

  • >>No. 10698

    今日から10月

    もう、こうなったら
    音信不通のまま過ごすのでしょう
    ならば、私はアポ無しで訪問しちゃいます

    ワクチンは省略すべきでないので
    居留守をされてもへいっちゃら
    何度でも出直してなんとしても10月中には
    ワクチンと健診を強行します

    腹が座ったら
    昨日は3か月ぶりで一度も目覚めずに
    朝までぐっすりと眠ることができました

    こちらは台風一過、青空で冴えています

    テレビを見ると
    そちら方面は昨晩大変そうでした…
    大阪空港も欠航が相次いでいた模様…
    みるちゃん、大丈夫でしたか?

    それにしても…
    里親様…生きているのかにゃん?

  • >>No. 10697

    しまちゃんは、
    今が、これまでのニャン生最高の幸せな時です
    今の里親様と一緒にいる限り、この先ずっと幸せのままです
    預かりさんのところにいた時も幸福でしたが
    しまちゃんの目の表情を見ると、里親様のカメラの前の方が
    ダントツで可愛くなってます

    心から警戒心がとれて安心して暮らしていることがよくわかります
    私、とっても嬉しいです

    これに、爪切りやブラッシングなどを定期的に
    里親様にしてもらえれば
    この可愛さは倍増し、
    しまちゃんと里親様の愛も深まると思います
    そして、健康的な魅力も増すと思うのです

    ブラッシングを通して、スキンシップをはかり、全身マッサージ効果で
    さらに健康になり
    体調の変化も気づきやすくなります

    病気になれば病院に行けばいい…
    そんな簡単なものでないことは私でもわかります

    病院から帰ってからの投薬や点眼…イヤがるからしない
    ということは通用しません

    慣れていてもイヤなものはイヤで
    逃げるでしょうけれど
    愛情が深く通い合っていれば、他人ができないこともできるものなのです

    しまちゃんと里親様が、そのような信頼関係に
    なってくれることを期待し、
    もう少しでそうなると信じています

    しまちゃんと里親様が触れ合えるように
    きっかけをつくることは大切だと思います
    だから、老体に鞭打ってしまちゃんのために
    爪切り&ブラッシングをしに通いたいのです

    そんなに難しく考えなくてもいいと思っています
    私は全く経験がないけれど
    しまちゃんは、保護猫で、預かりさんから1年以上も
    習慣的に爪切りやブラッシングを受けていましたから
    ペットショップや野良から直接飼い猫になった子より
    抵抗は少ないと思うのです

    来月は絶対にワクチン&健診に連れていくつもりです
    健診と術後の経過観察と口腔チェックは
    しまちゃんにとって必要なことなので放っておくことはできません
    お留守番の多い一人っ子は、定期的に医者に診てもらうことが、ひときわ必要です
    私がキャリーinします、きっとできます
    できなくてはいけないのです
    里親様はきっと、わかって一緒に行ってくれると思います

    台風接近…怖いですね
    窓が風でガタガタ言っても、安全な家の中
    みるちゃん、しまちゃん、野良から卒業できて本当によかったね

  • >>No. 10695

    みるちゃんは
    本当の野良だったのですね

    本当に、本当にボイズさんと出会ってよかってですね

    今回発覚したしまちゃんに関する懸念は
    ワクチン接種の延び延び事件から
    医療に関する里親様の無頓着と思われる性格

    そして、なぜか触らないこと
    本当になぜなんでしょうね
    ボイズさんは早くから指摘していました
    「触らないとだめですよ」って

    私は、ま、2~3か月程度では、これから充分チャンスはあります…
    くらいに思っていたのです

    おそらく、この方ご自身があんまり病院に行かず
    持病を悪化させたものと思われます

    本来なら、保護主としての私の役目は終了して
    しまちゃんから卒業しなくてはいけないのですが
    放っておけないと感じています

    でも…私が躍起になっても
    ボイズさんが指摘するとおり
    飼い主が「その気」にならなければ無駄だと思います

    それでもしばらくは
    ブラッシングや爪切りができるように
    私が挑戦する姿を見せて、触発してみたいと思っています

    それしか、今のところ
    飼い主様を「その気」にさせる方法が思いつかないのです

    あ、誤解しないでくださいね
    私がしまちゃんに対する執着心から
    喜んで通おうとしているわけでないのですよ

  • >>No. 10693

    もし、私が聞いて

    里親様が、「ワクチンはすでに受けましたよ」

    と言ったなら

    私は、どこの病院か聞きます

    そして、その病院へ行って確認します

    ごまかすつもりはなくても
    つい、返答に困って「言い逃れ」を言うかも…


    不安で不安で眠れなかった、私の心の中にあるものの実態が明確になってきたように思います

    問題は
    どのように対処し、解決の糸口を見つけるか…です

    あくまでも、強い口調は、この方には良くないように思います
    この方自身が強い口調では話しませんから

    私には似合わないけれど
    あくまでも、静かに、冷静に話さなくてはいけません

    わかってもらえるように言わなければ
    なにも言わないのと同じですもんね

    みるちゃん、知恵をお貸しくださいにゃん

  • >>No. 10692

    野良猫を、勝手にそのまま自宅で飼育するなら

    ワクチン接種&避妊去勢をしなくても、だれも文句は言わないでしょう
    家中ネコだらけにしたって
    自分がご飯を食べさせ続けていればそれでいい
    そう思うのなら、
    他人に迷惑をかけなければ、それでいいのです

    誓約書も約束事もないわけですし
    医療に関しても、無頓着で、なるがままにまかせてもいいかもしれません
    ご自分がそれでいいと思うなら…

    でも
    保護猫をボラさんから譲り受けるなら
    そんなわけにはいかないのです

    そうですよね

  • >>No. 10691

    みるちゃんは保護ネコですよね

    きちんとワクチン&去勢され、エサやりさんのお世話を受けて
    里親募集にかけてもらったのです

    私の言う「ノラ」とは本当に、誰の管理も受けずに
    何を食べて暮らしているのかもわからない、本当の野良猫です
    里親様の家の近くにたむろしているそうですよ
    そんな子を家に迎えるのと保護猫を迎えるのとは違いますよね

    勿論、野良のネコちゃんでも保護ネコでも
    ボイズさんのように責任を持って受け入れる方なら、きちんします
    なので、つい先日まで野良だったとは思えないくらいの家ニャンにだってなれる
    あくまでも、きちんとしたお世話ができれば…の話です

    しかし、この里親様では、私の言うところの「野良」を
    そのまま家に入れるのは無理だと思います

    しまちゃんのような家ネコ修行をした子は
    比較的楽な方ではないか…と思っただけです

    しかし…ボイズさんほどにできなくても
    誰でも、やる気があれば、何とかなるもんだと思いますが…

    後遺症が顕れて、後々、自分が精神的、経済的に苦しむことになるとしても
    しまちゃんを受け入れ、愛します…とか

    そこまで考えている方なら
    ワクチン&健診などは先延ばしになどできないと思います


    いえいえ、それでも私はくじけませんよ

    しまちゃんには、何としても幸福になってもらいたいのです

    里親様には、ぜひとも
    やるべきことはやってもらいますし
    私も補助、お手伝い、できることは何でもします

    それにしても
    近くに住んでいるので、本当によかったです

    体調がどの程度なのか…わからない状態で判断するのも失礼ですが

    手術に失敗して意識不明の状態なのでしょうか
    電話もメールもできないくらいに

    音信不通は…逃げです
    今、私はそう感じています

    逃げないで一緒に考えながら、問題を解決していきたいです

    なにも、カッコ良く無くてもいいではないですか

  • >>No. 10686

    ワクチン接種について

    預かりさんのお話では

    いくら室内飼いでも
    感染源はどこにあるかわからないので
    決して省略してはいけません

    と言ってました

    思いがけずに飼い主が菌を運んでいたり
    来客や、また、動物病院に行った時の待合室など…
    それに
    ペット保険にも入れなくなりますし
    (譲渡前のメールのやり取りで、里親様はペット保険に入ります、と言ってました)



    里親様と交わした譲渡誓約書にも明記されています

    「ワクチン接種の証明書の提出を求める場合もあります」
    との一文もあります

    昨年は9月の前半には済ませていますから
    すでに一年は経過しています

    私は10月になったら早々に連絡をいれて

    「まだなら、一緒にワクチン接種にいきましょう」

    とお誘いするつもりです

    それを無視し応答無しにするなら
    私は
    預かりさんに相談します

    預かりさんは、黙ってはいないと思います

    そこらへんの野良猫を勝手に拾って自宅で飼育するのとは
    違うのです

    野良猫を家にいれるなら
    どんな病気を持っているかもわからないし
    体もとても不潔で、まずはお手入れをしなくてはいけないし
    おそらく、トイレのしつけなども自分でしなくてはいけないでしょう


    保護猫は
    きちんとお世話をされている子です

    約束事を交わして譲渡するのですから
    最低限のことは守っていただかなくてはいけません

    もしも、ワクチン投与まで
    ずるずると、先延ばしにするなら
    私は、今後、毎年、ワクチンや健診等
    逐一参加し、ご一緒します

    いまさら、しまちゃんを連れ戻して預かりさんの所に行けないと思うし
    備えられた環境はとてもいいので
    本当に可愛いと思ってくれているのなら
    今の環境に身を置いて
    医療に関しては、私が積極的に参加します

    そして、触れ合いができるように
    練習に励んでもらいます


    触れ合うことができないゆえの問題は
    もう、すでに始まっていますね

    おそらく、キャリーにいれて病院に連れて行くことが困難なのでしょう

    いざとなったらできます

    これは、その場しのぎの言い逃れです

    今、里親様は健康がすぐれずに難しい状況のようなので
    今回は多めに見ますが
    これ以上、連絡を無視し応答なしだと
    こちらも少々強くでなければいけません

    医師の紹介状についての問い合わせもないので
    たぶん、ワクチン&健診は、まだだと判断しています

本文はここまでです このページの先頭へ