ここから本文です

投稿コメント一覧 (893コメント)

  • >>No. 9775

    昨日は、というか今朝の1時半に写メが届きました

    夜勤の仕事帰りにテレビを見ていたら
    しまちゃんがリビングに現れて一緒にテレビを見たそうです

    少し多めに入れておいたご飯もきれいに平らげていて
    お水もたっぷりと飲んでいた模様

    立派で健康なウンチをどっさりとおろしていたそうです

    下痢も嘔吐もなく転居3日目にして、だいぶ落ち着いた様子で
    しまちゃんとの二人暮らし、うまくやっていけそうです

    という文章でした

    その前の晩はご飯を食べないで押し入れでしくしく泣いていたので
    心配だったそうですが
    それでも
    朝起きると、しっかりとご飯は平らげていたそうです

    しまちゃん、大丈夫そうです

    心が、しまちゃんだらけで、一杯いっぱいだった私ですが
    少しずつ、しまちゃん模様が薄らいでいく感触があります

    私も安心できてきたようです

    この1年5か月は短いんですけれど
    とっても長く感じました
    そしてたくさんのことを学びました

    仕事から帰ったら新居のしまちゃんの様子をUPしますので見てくださいね

    みるちゃんのぺったんは効果ありますね
    みるちゃん、ありがとう!!!

  • >>No. 9772

    >里親さんは焦らず、にゃんこも人間も両方がマイペースで居れば楽しく暮らせる日が訪れますにゃ、ご安心を

    大丈夫なんですね
    両方がマイペースでくらしていれば
    時間が解決してくれる…と

    チュールは1日1本と認識していますからその点は大丈夫です

    今日は三日目で里親さんはお仕事に出ています
    一日しまは何をしていたのでしょう
    探検…?  預かり奥さんや仲良しにゃんこを探すこと…?

    そして、里親さんしかいないことを知れば
    それはそれで、安心するかな…

    里親さんも忍耐の見せどころですね

    今、里親さんにメールしました

    ネコさんは安全な住まいと暖かいお部屋とご飯とおトイレがあれば天国なんですから
    構えないときはお構いなく…と
    ご自分のペースを崩さないで生活してください…と

    ネコさんもマイペース、里親さんもマイペース
    これが成功の秘訣なんですね

    しまちゃんは図太い子だから細かいことは気にせず扱ってください

    と預かりさんが言ったそうです

    私は、その通り、しまちゃんは図太いのであまり神経質にならないでください
    といいました

    でも、私の心はそうではありません

    実は、しまちゃんは繊細でデリケートな子なんです

    でも、そんなことを言ったら里親さんは緊張しちゃいますもんね
    預かりさんも同じ気持ちかもしれませんね

  • >>No. 9770

    しまは
    お外の友達はいませんから
    大きな声で呼んではいないそうです

    まず
    家中をチェックして、その後
    自分の部屋の押し入れにこもり
    小さな声で、しくしく(にゃんにゃん?)と泣き出すのだそうです

    今夜は三日目ですが
    同じかもしれませんね

    里親さんは心配で
    「どうしたの、心配ないからね」
    と話かけてるそうですが、それが何時間も続いて
    やがて、泣きつかれて眠ってしまうそうです

    たぶん
    大好きな預かり奥さんも、仲良しにゃんこも、探してもいないことを
    確認して、悲しくなるのかもしれません

    1年3か月と長い事預かりさんの所にいたしまです

    自分が預かりとか飼い猫とか
    そんな区別ができる訳もなく
    飼い猫の認識で暮らしていたのに…
    突然、捨てられたような気持ちになったのかもしれない

    私はそんな風に思っているのです…

    ストレスで吐く…

    里親さんにメールで知らせます

    心配しなくてもいいんですね

  • >>No. 9767

    しまが写ってます

    ttps://www.neko-jirushi.com/foster/98637/

    後姿でも
    私にはわかるんです

    あの里親さんは気負いすぎてるようで、返って心配
    放っとけばいいんですよね

    昨晩は里親さんの顔を見ながら、リビングに探検に来たそうですし

    チュールはしっかりとナメナメさせてもらってるし

    しくしく(ニャンニャン?)泣くのも一種の甘えで
    里親さんを試しているのかも…

    しまちゃんはとっても賢いので
    引っ越しは覚悟していたはずです

    当日は1メートル以上は近づけない預かりのご主人から逃げなかったそうです

    この子、わかってるようだ

    そう言ってました

    3日前に私が訪問して
    しまちゃんに、こんこんと話しかけたのです
    この子は人の言葉がわかる子なので…

    しまちゃん
    あなたと暮らしたいと言って迎えに来る人がいるからね
    いい人だから、優しい人だから、信頼していいからね

    当日、一歩遅れて玄関に入った私の声を聞いて
    しまちゃんは、フゥーっと怒ったような、おびえたような表情をしたそうです

    今までは
    私に向かってそんなことはなかったけれど

    きっと、悟っていたに違いありません

    なら
    里親さんが、私の選んだいい人、であることを認めるはずです

  • >>No. 9765

    あ、ご飯は預かりさんに聞いて、これを買ってきたと言って見せてくれました

    シーバの懐石と書かれた箱入りのもので
    引っ越しの夜はカリカリと食べていたそうです

    私もロイヤルカナンとか…
    思ったのですがその点については口出ししない方がいいと思って黙っています

    とにかく預かりさんに聞いて買ったとのことなので
    ご飯は大丈夫だと思います

    しまちゃん、ノラといっても
    お嬢さんタイプでデリケートなんですにゃん

    でも、いくら、預かりさんを恋しくても
    預かりさんが「ウチの子」にしてくれない以上
    これしか道はないし
    環境は預かりさんよりいいと思います

    早く慣れてくれればいいにゃん

    ミルちゃん
    しまちゃんと里親さんを応援たのみますにゃん

  • >>No. 9762

    寂しさから泣くのは仕方ないことです

    全く食べないことも心配しなくていいのですね

    昨晩はたくさんのウンチをしたそうで
    嬉しそうにメールしてきました

    マメに報告してくれるのでうれしいです

    昨日は預かりさんの家に行って
    アドバイスを受けたそうです

    一生懸命やってくれているので
    しまちゃんは幸せです

    ただ…里親さんがまいるのではと心配です

  • >>No. 9761

    それが、昨日は朝置いたご飯を全然食べなかったのだそうです

    それで、取り替えながらご飯を置いてくれてたようです

    お腹がすけば食べるから放っておいてください
    と言ったので置いたのだと思います
    あ、ボイズさんから来てます
    見ます

  • >>No. 9758

    しまちゃんは
    昨夜も2時から泣き始めたそうです
    大きな声ではなく、里親さんがトイレに入ると聞こえない程度で
    外に向かって泣いてるようではないそうです
    里親さんは泣いたら、そばで話しかけてあげてるそうです

    里親さん
    まいってしまわないかと心配です

    私の考えでは
    預かりさんの所に1年3か月暮らしていましたから
    特に奥さんが大好きだったので
    預かりさんに会えない悲しさではないかと思っています

    また捨てられたと感じているのではないでしょうか

    この段階で預かりさんが訪問しない方がいいでしょうね…

  • >>No. 9758

    リンク、ありがとうございます

    これは
    精神安定剤のようなものですか

    タオルか何かに染みこませて近くに置いておくと
    効果があるのでしょうか

    またたびのようなものですか

    里親さん
    かなり真剣に付き合っているようで
    里親の方が
    まいってしまわないか心配です

    今日はしまちゃん
    ご飯食べてないそうです

    あの食いしん坊のしまちゃんがご飯食べないなんて
    相当のストレスなんでしょうね

    それでも
    チュール一本はなめたそうです

    また、夜遅くに
    もそもそと食べ始めると思いますが…

    私は全然気にしてないのですが
    そばにいる里親さんは心配でしょうね

    私は里親さんの方が心配です…

  • >>No. 9756

    あ、わかりました

    削除できます

    いつ里を削除する方法がわかりました

    どうもすみません

  • >>No. 9755

    それが…いつ里…昨日からいじっているのですが…
    削除ができないのです

    昨日は一時、掲載画面が消えたので
    できたものと安心しておりましたが…
    今見ると、また表示されています…

    少し、色々やってみます

    パスワードを入力して、「変更」ができるのですが
    削除のボタンが見つからなくて…
    困ってます

    今朝6時の
    里親さんからのメールによると
    しまちゃんは、夕べ、ちゃんとお食事もしておトイレもできて…
    良い子だったのに…それから
    家中を探検して歩き回り…
    夜中の12時頃、悲しそうな声で泣き出したそうです

    里親さんが「どうしたの、心配しなくていいんだよ」
    と話しかけていたら朝の6時頃に泣き疲れて寝てしまったそうです

    夜勤明けの里親さんは
    結局、一睡もできなかったそうです

    今日はお仕事は有給とってお休みなので
    お昼頃に預かりさんのお宅を訪問して
    色々アドバイスをいただいてきたそうです

    帰りに猫草や、潜り込んで寝られる暖かいベッドなど
    しまちゃんグッズを買いこんで帰り
    二時間くらいのおする番でしたが
    それは、ちゃんとできていたそうです

    窓辺でまったりしているしまちゃんの写真付きのメールでした

    私が思うに…
    しまちゃんは、大好きな預かり奥さんを探してみて、いないことを知り
    さらに、友にゃんや、馴染んだものを探し回り
    匂いもないので、一人になったことを知り
    寂しくなったのかな…
    でも、三日もすれば優しい里親さんに懐いて
    寂しい分、思いっきり懐くような気がします

    なんてったって
    一人っ子で里親さんを独占できるんですから
    それが理解できたら
    もう、幸せ満喫できますにゃん 絶対に!!

    それが理解できるまで、どのくらいの日にちがかかるか…です

    とにかく、ネコさんは勝手に過ごすので
    里親さんには、充分休養とってください、とメールしました

    預かりさんのお宅は清潔でとても環境がよいと感動してましたが
    今の里親さんの環境も勝るとも劣らない立派なものです

    一人っ子で甘えられる分
    こちらの方がいい環境だと私は思っています
    それに、三軒隣が動物病院ですし…
    いざと言う時、駆け込むことも、来てもらうこともできそうです

    本当に便利な住宅環境です

  • >>No. 9752

    どうみてもキャパ越えのあの保護部屋…
    加えてさらにどんどん保護され、増え続ける新入居のネコさんたち…

    お掃除に通うのは少し苦痛なんです…
    見るのが忍びなくて…

    今年の雪解けのころには…多数のTNR…かな

    そして、保護しつづける…

    どこか矛盾をかんじます

    志は正しくても運営能力が問われる所ですね

    昨日は夜勤明けの里親さん、そして今日は休日だそうです

    しまちゃんを見て、考えてから決定する…

    ではなく、あらかじめしまちゃんに決めての訪問なので
    即、誓約書を交わし、その日のうちにお届けとなりました
    それでよかったと思います

    今日は、ゆっくりとしまちゃんと過ごすことができる

    そう、言ってました

    しまちゃんを見ての第一声は

    写真よりかわいい
    思ったより小さくて子猫のようですね

    ケージの中に久しぶりに入れられて…緊張した面持ちのしまちゃんですが
    チュールを出すと、喜んで里親さんからぺろぺろとなめていました

    でも、言ってました…
    独身男性の一人暮らしは…ネコボラさんから敬遠されているようですけれど

    それは、本当にもったいないことです

    ネコさんにとっていい環境を備える独身男性は多くいると思います

    それを、はじいていては
    殺処分ゼロを目標としての活動なのに
    救う命を減らすことになってしまうと思います

    あのボラリーダーのきつい言葉は他の人から聞いていました
    ミィーさんの募集だから応募しました

    あの団体の名前での募集なら敬遠しました…

    やり方次第で
    救いたいけど救えないネコさんもいるということですね

  • >>No. 9750

    今日はボラリーダーが言いました

    「ミィーさんに教えてもらったことがある…
     こんな人見知りのネコさんに里親が決まるなんて…」

    「しまちゃんの譲渡は無理
     抱っこもできない子をどうして譲渡できますか?」

    そんなことを言ったんだっけ…
    多くの経験を積んでいるはずなのに…

    だから保護部屋には売れ残りの大人猫がわんさかいるんですね
    どうするつもりなんだろう…

    ボイズさんは違ってました
    抱っこできなくても譲渡はできる…

    私は、いつもボイズさんを信じて行動しました
    それがよかったんだと思います

    あの里親さんは、
    自分がネコさんのベテランとは言わない謙虚な方ですけれど…

    やってくれると信じることができます

    ネコジは決定ボタンを押したら
    途端にずっと後ろの方に回されて7ページにいます
    最初の投稿日の順になるんですね

    11月29日の投稿から、かれこれ2か月弱
    応募があったのが1月8日、それから譲渡完了までが早かったです

    昨日の夜は
    もしかしたら、応募者さんは、熱が冷めて来たんじゃないかな
    なんて、思っていたら、
    なんとすぐにメールが来て…

    8日に応募したその日から10日、
    日増しにしまちゃんに会いたい気持ちが強くなっています
    明日、しまちゃんに会えるのが本当に楽しみです

    と言ってきたのです
    あのおウチを見ても、
    しまちゃんと赤い糸でつながっていたのかもしれない

    そのように思えて、とても嬉しいのです

    空中に見えない糸やテレパシーの色んな回線が飛び交っていて
    それをうまくキャッチした時に幸せになれるのかにゃん

    そう思えば
    しまちゃんは、なんにもできない私のもとに来たのは
    やっぱり猫だ、もっと賢い人に頼っていけばいいのに…

    そう思っていたのだけれど
    いやいや、しまちゃんは
    なかなか賢く、したたかに行動したと思います

    もう少し様子見ですが、それもまた楽しみです

  • >>No. 9748

    はい、よくわかりました

    他の人が可愛がってるから、私も…
    と思っていたのが大間違いでした

    いざとなったら、こんなにも、皆知らん顔で
    信じられないほどの冷たい皆の表情に戸惑い、
    心の中で人間関係が破壊してしまいました

    でも、結果的に怪我をさせてしまったのは無念だけど
    いい里親さんの家で終生暮らせるならしまちゃんは幸せ者です

    職場の仲間に
    しまちゃんの里親さんが決まりそうなの
    そう言ったら
    怪我をしてよかったねーー、だと…

    こいつら、アホか、怪我をしてよかったことがあるもんか
    怪我をしないで幸せになたら本当によかったのに…

    里親さんから
    今メールがきました
    しまちゃんの勝手にさせる
    無理にキャリーから出てこなくてもいい

    そう言ってましたが
    そろりそろりと…キャリーから出て来たそうです

    そしてキョロキョロしてから
    段ボールハウスの中にはいったそうです

    今は、冷蔵庫の裏に隠れている…

    そんな状況の写メが送られてきました

    里親さんからみれば
    思ったより、早くキャリーから出て来たそうで、
    ヤッターーー
    というタイトルのメールでした

    しまちゃん、大丈夫そうですよ
    新しいおウチでも、顔の表情がとてもやわらかいので
    この里親さんが気にいったのだ、と思います

    なんだかバタバタした一日でした
    ボラリーダーにも、預かりさんにも
    けじめのため、
    「改めてお礼に伺います」
    と言って帰って来たのだけれど…

    いくらかな…

    300万円は出せないニャン…

    都度代金は払っているし…
    寄付もそれなりにしてきたので
    そんな大金でなくてもいいような気もしていますが…

    ボラリーダーに1万円
    預かりさんに半年分のしまちゃんの預かり料と3万円と
    段ボールハウスとクッション…

    こんなもんでどうでしょうか

    今後もお掃除ボラとしての協力はする…ということで…

  • >>No. 9745

    今日は朝から四者面談

    預かりさんのお家に行く前に私一人がその方のお家に行きました
    とってもきれいに整えられたお家で
    家の中には余計なものは何もない…
    ほとんどが白で統一された
    洗練されたステキなお家でした

    これなら、しまちゃんが家中をうろうろしても
    隠れるものも危ないものも何もありません

    はっきりと目を見て話す誠実な印象の方でした

    夜勤明けのその方は快く面談を受けてくださり
    ボラリーダーのずけずけした失礼な質問にも礼儀正しく丁寧に答えてくれました

    しまちゃんはケージの中にいて少々緊張した表情でしたが
    その方が膝間づいて
    「しまちゃん、写真より可愛いね
     僕のおウチで一緒に暮らそう」
    と話しかけたら、しまちゃんは、それほど固くなってる感じではありませんでした

    で、その方が
    「これから、買い物をして準備し、すぐにでもウチに連れて帰ってもいいです」
    と言うので
    即、譲渡契約書にサインとなりました

    結果、無事に譲渡成立となりました

    しまちゃんを、ふわふわの毛布を敷いた新しいキャリーに入れて
    その方のおウチに再び訪問

    大好きなストーブのそばに
    預かりさんから貰ってきたお気に入りのクッションを置いて
    見てみると

    短い時間に
    キャットタワー、給水器(水が循環して流れてくるもの)
    トンネルのような面白い袋
    フード付きのおトイレ
    38℃を保つ暖かいペット用の敷物…
    おいしそうなごちそうもたくさんそろえられていました

    後に自動給餌機と遠赤外線のネコちゃん炬燵を買うといってました

    キャリーケースは大きめのもので
    しばらくはこれをベッドにするそうです

    私は以前預かりさんの家にプレゼントした段ボールハウスの爪とぎを
    新品を再度送るので、これを下さい、と、お願いして
    貰ってきました

    新居についてしばらくその方とお話してから
    キャリーの中のしまちゃんを覗いたら
    まったり、のんびりした表情でした

    大丈夫だ、と、私は確信しました!!!

    私の望み通り
    しまちゃんは、裕福な方の子となり
    良い環境で、一人っ子として
    存分に飼い主さんに甘えながら幸せにくらしていける

    そう思いました

    みるちゃんのぺったんがよかったのだと思います
    ボイズさんの的確な助言をとおして
    しまちゃんの幸せの第一歩が踏み始められました

    ありがとうございました

  • >>No. 9743

    もしかしたら…

    この応募者は…
    子供のころ犬を飼ってた…
    そして、最近まで猫を飼ってた…

    このビビリニャンコを自信を持って
    それでいいと言って引き取ろうとしているところを見ると

    自信があるのでは…?

    それとも、無謀…?

    前のネコさんもツンデレで
    家に来て三か月は近くに寄らなかったそうなのですよ

    それと…
    しまは、意外と早く懐くかもしれない…と少しの期待を持っているんです

    一匹集中で可愛がってもらえるんですから
    ためらうものがなにもないので、しまは安心して近づくのではないかと…
    しまちゃんはとてもラッキーな応募者様にめぐりあえました
    提示された条件は願ってもないものです
    ペット保険にも入るといってるし…

    動物病院などもこちらには往診に出向いてくれるところもあるので
    なんとかなるのかもしれません

    それにしても
    何事にも動じないで、しまを引き取ると言う
    素晴らしい行動力はどこから来ているのでしょうか

    失敗しても
    私は、出戻りができる態勢を確保しているので
    もう、気にしないことにしました

    火事になっても
    ニャンコちゃんは、すばしっこく逃げますよね
    なにも心配することはないですね

    そういえば今日は阪神大震災の日でした
    ボイズさん地方が大変だったのです
    その時のネコさんの態勢が…笑ってしまいました
    そこが犬さんとの違いなんでしょうね

    写真のしまが可愛いけれど
    実際のしまを見たら気おくれしてしまったり…
    ありえると思います

    私は無理強いはしません

    どちらでもいいですにゃん

    気にいったらどうぞ…と言う感じでいいと思ってます

  • >>No. 9741

    明日はボラリーダーも面談に参加するそうです

    慣れないうちに体調崩して病院にも連れていけないような状況になったら
    ボラさんにも協力してもらえるように
    ボラさんとの良い関係は必要と思います

    この方のお家は隣の市と言っても
    道路一本隔てた境目で
    保護部屋とも預かりさんのお家とも、とても近いのです
    車で10分くらいかな

    市内といってもいいくらいの近い距離です

    だから私が活動に協力していれば
    しまちゃんに対する協力もしてくれる思っています

    はてさて
    どうなることやら…

    みるちゃんのぺったんで成功に導かれますように…

  • >>No. 9738

    触れないことの心配ごとなども話してみます
    心配は尽きないですね…

    今度は私…
    しまが一人でお留守番している時に
    火事になったら、…逃げられない…
    どうしよう…とか、心配しだしています…
    キリがないですね

    しまは
    チュールが好きなので、キャリーにチュールを置くといいかも…
    とも思います

    ちょっと試しに預かりさん宅でやってみたらどうかにゃん

    今、昨日の写真をネコジ日記に再び投稿したので見てください

    預かりのおくさんに
    チュールはカロリーが高いので一本にしてください
    と言われてるんです
    で、一本なめたんですけれど

    そのあとで
    「しまちゃん、里親さんのところにお引越しになるかもしれないよ
     優しい人だから、うんと甘えて懐いてね
     私は、もう、あなたに会えなくなるけれど
     それは、しまちゃんの幸せのためだから…」
    と言ったんです

    そしたら、カーテンに隠れてしまって
    見ることもできなくなったので
    写真もとれない…もう最後なのに…


    チュールをふりふりして見せたら
    あのように、飛んできたんです

    食べ物で釣るようでかわいそうだけど
    たくさん写真を撮りたかったのでやってみたんです

    あんまり、じらして食べれないようにしたので
    本当に怒って背中を向けてしまったけれど…(*´▽`*)

    仕方なかったんです

    でも、あんまり、話が良すぎるようで…
    かえって少し、不安になります

    でも、これ以上なにも手だてはないですね

    いつまでも預かりさんの所にいても「ウチの子」にしてもらえないし…

    ということは
    しまちゃんの老後は飼い猫としての扱いではないと思うし…

  • >>No. 9736

    ムリムリ、絶対触れないとおもいます (^^;)

    可愛い写真ばかりピックアップして見てもらってたら
    すごく、むさ~い顔でお出迎えでは…がっかりされるでしょうか
    スリルを感じますね

    今、仕事から帰ったらメールが来てて
    お母様が
    「しまちゃんのことを応援します」とメールあったそうです

    お姉さまはもともと賛成で
    お姉さまがお母様を説得してくれたそうです

    とりあえず、よかったです

    でも、正式譲渡が成立しないうちは
    安心できませんね

    それと
    脱走対策はできてるそうです
    前のネコちゃんが一度網戸を破って脱走したことがあったんだそうです

    それ以来、全室クーラーつけて
    窓は閉め切ってるそうです

    換気のときだけ、ネコちゃんをケージに入れて窓を開けるんですって

    この方は保護ネコなる存在を知らず
    猫ボランティア活動の存在も知らなかったそうです
    ペットはペットショップで買うものと思っていたんだそうで

    たまたま、ネットで猫を調べている時に
    しまを偶然見て、しまのためにネコジルシに新規登録したんですね

    で、他の猫を応募してないですし
    一途にしまちゃんだけを指名してくれて…
    ありがたいですにゃん
    こんなにいいことばかりがそろってて、信じられないくらいです
    頬っぺたつねってます

    家族も近くに住んでいて、一人暮らしといっても
    決して変質者とか、おかしな人ではないと思います

    思い切ってしまちゃんを応募のクリックをした翌日
    出勤したら昇進の内示があったので
    しまちゃんのことを幸運の女神様だとメールに書いていました

    お仕事も順調で周りの家族も精神的にも安定した感じで
    しまが幸せになるために
    なにも心配することはないと思っています

    しまちゃんは
    望みどおり一人っ子環境で経済的安定したお家で
    望まれて御嫁入し
    最高ですにゃん
    私が代わりたいですにゃん

  • >>No. 9734

    とりあえず
    預かりさんには向こう半年分の預かり料金を払っておいて
    このまま、明後日の面談で譲渡することに決定したら
    半年間は様子を見ることにします

    私も
    しまちゃんを想うあまり
    過干渉にならないように気を付けなければいけない
    と思います

    ボイズさんがいつか言ってた
    付かず離れずの距離…どこまでなのかよくわからないけれど…

    譲渡後数日後に一度
    あと、一か月後と半年後に一度

    様子を見させていただいて
    あとはすべてお任せ…
    で、いいかな

    誓約書はボラ団体の様式で行い
    それとは別にこの方のお宅で
    ネコジルシの譲渡誓約書をプリントしたので
    取り交わそうと思います

    無事に済めばこの一年半の私のしまちゃん事件が終了となります

    不成立になったとしても
    今の預かりさんの所で家ネコ修行をしつつ
    サイトで募集を続けることにします

    なぁ~んにもわからない私が
    ここまでできているのは
    ひとえにボイズさんの導きの賜物です

    本当にありがとうございます

    近くの親戚より
    はるかかなた、宇宙の大気圏内ウドン層にお住いの
    ボイズさんが一番のよき協力者となってくださいました

    本当にありがとうございます

本文はここまでです このページの先頭へ