ここから本文です

投稿コメント一覧 (403コメント)

  • 昔の女優さん  外国でも日本でもみんな今よりずっと大人っぽいように思う。
    たとえば、、Romy Schneider  素敵だな

    ただ綺麗なだけじゃなくて・・ちょっとしたしぐさ~髪をかき上げるときの少し指を閃かすのとか、
    頬づえのとき顎にそえた手首とか、眉間にしわ寄せて見上げる時とか、、、
    ああいった風情・・
    大人の女性にしかないニュアンスが素敵~憧れる  Bella

    https://youtu.be/vFL9yKcKhv0

    いろんな表情、タバコ持つ手の動きとかも、、、ミディアムレングスの髪、、

    https://youtu.be/F1sX4U2N9kw

  • WOWOWドラマ、高品質なのが多い。この『予兆』とか

    http://www.wowow.co.jp/drama/sanpo/

    10月からの『片想い』も東野圭吾ミステリー原作で面白そう。

    と言ってもうちは契約してないからいつも観てるわけじゃないけど。
    たまに観る機会あるとそう思っちゃうんだよな。

    地上波でもこのクオリティのがもっとあれば昨今言われてるドラマ離れTV離れとやらも
    止められるかも知れないなと思う反面・・・制約多いし、なんだかんだ各方面にソンタクしなきゃ、ってなると
    結局ぐだぐだになってロクなモノ造れんから~ムリだわな。
    たまには良品でるときもあるからソレで我慢てとこかな。

    ま、ツレはTVなんて要らない人だったのが、わたしと一緒になってからTVある生活しはじめたから。
    ドラマなんてものは上の空だけど(^o^;


  • もう1曲

    「映画」「青春」「文の日」で

    『返信』
    https://youtu.be/-hbLwOnsWOA

    この映画~主演の人がちょっと苦手で~観てないです。
    上野樹里が出てたPV、消されてる。。。きれいな絵だったのに。
    靖国神社は行ったことないです・・

  • こんにちは

    >兵庫署 不倫警官カップル署内で
    どっかでデジャヴな記事~と思たら~あったわ~『日本でいちばん悪い奴ら』
    もう映画になってますやん(´∀`;)

    >「ひがし丸うどんスープ」
    なんでかはナゾ?だけど、どれも美味しそう麺類大好きっ子だから^^
    寒くなったら葛あんかけにするとあったまるよ♪ かちんと湯葉入りも好き♪

    ヒース・レジャの青春モノ『恋のからさわぎ』
    ロン毛でお茶目に歌って踊ってるけどヒース、高校生には見えないんよ(^。^)

    https://youtu.be/OQ8R__kBJPI

    公開時『マトリックス』に次ぐヒット作なのに日本未公開~でもDVDで観たのでした。
    wikiのトリビアで「阪急電車」エピは知らないんだった~(°▽°;)


  • 「バスの日」乗ってみたいのは猫バスだけど~大人は乗れないみたいですね ( ´ ▽ ` )

    同じバスなら~行きたい「ニューヨークニューヨーク」♪

    ライザ・ミネリとロバート・デ・ニーロが共演。

    https://youtu.be/UhaS4_gn3cc

  • わーん! これ観たい!!

    【NHKドラマ「眩~北斎の娘~」の最後に登場した、葛飾応為(お栄)の代表作「吉原格子先之図」は、
    原宿の太田記念美術館にて、9/30~10/29、特別公開】


    原宿なら近い~いや東京だから近くはないが、近くはないがボストンやロンドンほどじゃない、
    近いぞ。待ってろ、10月行くぞ。

    その前にまず夜ごはんの用意せねば~


  • >何でこれを歌おうと

    ん・・・ちょっとゆらゆらしてるでしょ

    これとかは? 「東京ローズ」
    https://youtu.be/PVJhCXwG79I

  • こんばんは。

    豊田真由子さん、テープの声と中身が国会での質問時ソレとあまりに違ってて(@Д@;)
    秘書さんの前で出てくる人はWhat's your name?   もう見たくないわ。

    カエルさんの「マリ子さん」~歌本体も動きも唖然のアレだけど、
    それよりこのスタイリストさんは誰ですか~あまりと言えばあんまりじゃないですか。・(つд`。)・
    もちょっと何とかしてあげて~


    「名前ソング」は「ジュリアに傷心」
    オリジナルはチェッカーズだけど~~桃井かおりのカバーで♪

    https://youtu.be/GwaHEWHcPp0

  • ふぁ!
    ワードが「おかあさん」にフリー変化してまするわ・・・スルーしてくださいませm(__)m

  • これはどーかな・・

    映画「八日目の蝉」の主題歌「Dear」

    カバーなんだけど、最初は中島美嘉と思ってしまった。微妙にやっぱり違ってるんだけど。
    中島美嘉のはショートバージョンしかなくって。。

    https://youtu.be/Z60Kt4ApxHA

    こっちが映画予告編
    https://youtu.be/r93P7bQDKLw

  • 「眩~北斎の娘~」面白い。

    「へったくそな絵。思いに手がついてってない」

    ぐ、ぐっさり刺さる(;゚Д゚)!(;゚Д゚)!(;゚Д゚)

    こういうドラマ観るとやっぱりNHKさん・・やればできるやん・・

    もっとみせてくれよ。と言いたい。

    演者たちもいいよ。長塚京三と宮﨑あおいはもちろん。

    もっかい観ないと。

    料理と同じだ~いい味は沁み込んで何度でもあじわえる、そのたび新しい発見に出会える。

  • こんばんは。

    「パチンコ」~生まれてからまだ一度もしたことないです。
    映画の中でもよく出てくるのでどんなものか試したい気はあるんですけど。
    お店前通って自動ドアが開いたとたんにどわ~っと響いてくるあの騒音、あれに襲われたら
    あの中に入てく勇気がしゅわしゅわしゅわ~と萎んでゆく(>д<) まだまだいくじなし。。。

    沖縄言葉を知ったのは「かりゆし58」の歌う「アンマー」から。
    アンマー、お母さん、ママ、おかあちゃん、おかん、おふくろ、母様、、、、いろんな言い方があるけど。

    https://youtu.be/4_OKI91h3tw

    野球、赤い鯉さんが優勝しましたね~でもまだ終わりじゃないんですね。 ←よくわかってない
    ファンのみなさん、おめでとございます。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんにちは。

    昨日からの台風で大きな被害のでている地域のみなさま、お見舞いもうしあげます。
    ショーシャンクさんやみなさんのお住まいのところは大丈夫でしょうか・・・

    出掛けるのは諦めて、昨日は先日行ってきた『怖い絵展』の図録を観ていました。
    混雑を避けて開館延長日の夕方にしのですが、それでもたくさんの人でした。
    でも、やはり行って正解で~期待してた以上に良かったです。
    ちょっと見たのではなぜ怖いのか分からない美しい絵も、その裏を知ると確かに怖い(;>-<;)

    ポスターやチケットにも使われている《レディ・ジェーン・グレイの処刑》
    ヘンリー8世の姪の娘として生まれたジェーンが政争の中でわずか9日間の女王として
    16才で処刑された、その時を描いている大作です。
    舞台を観てるような感覚になる構図で、処刑人の斧が振り落とされ、
    ジェーンの首が絵をみてるこちら側へ転がってきそうな、、、
    下に敷かれた藁も、血を吸って真っ赤に染まっていく、、、これは多くの人が感じるようです。。

    《チャールズ一世の幸福だった日々》
    これはチャールズ一世がその家族~王妃と子供たちと共に舟遊びをしている美しい絵ですが、
    清教徒革命でチャールズ一世もまた処刑されていますね。
    この絵が印象的だったのは、
    『武田氏滅亡』の本の中に挙げられていた高野山持明院所蔵の
    《勝頼とその正室北条夫人、嫡男信勝》の肖像画が思い起こされたためです。
    これもまだ武田氏が栄えていた時代に描かれたもので、60年ほどの時代誤差はあるものの
    遠く離れたロンドンと甲斐で描かれた一家の穏やかな絵~

    そして、《ジン横丁》この小さなエッチングと、《不幸な家族》これも小さな油彩画。
    その詳細を知って見ると、誇張でなく文字通り見ていて身の毛がよだつ恐怖、
    これが地獄でなくて何が地獄?と思えてきます。
    他にも、セザンヌの吃驚するような絵もあって、とても興味深い面白い作品があります。

    関西では今日までですが東京は10月7日から始まりますから、
    関東方面の方はよろしかったらどうぞ。
    http://www.kowaie.com/

    いつも取り留めのない投稿になってしまいます。m(__)m

  • こんばんは。

    こっち辺~雨、降ってきました、風は、まだまだ~~これから?
    そんなひどく暴れんとサッサと行ってくだちい (;゜ロ゜)


    この人もアイドルでした?よね。。。「キュート」には引っかかってるかな・・歌上手 

    オリジナルはまりあさん「みんなひとり」
    https://youtu.be/42cUwHsyi5Y

  • >>No. 390

    こんにちは。

    返信ありがとうございます。

    オランダ~やはり日本にはまだ直営ショップはないようですね。
    9・5オープンしたばかりのデパートですね。

    マッツ・ミケルセンはデンマーク人です、人種的には違っていますが
    ドイツ俳優と思う人も多いですね。^^;

  • 雨、まだ台風のじゃなくて秋雨前線のとか。。。
    ひどくならないでほしい


    母子手帳
    どこの自治体のも可愛いな。

    10月からの新しい横浜市の表紙、ペネロペ♪
    でも、関東だしな、、、って見てたら
    神戸市のは表紙ファミリア仕様で中がヒヨコ(^o^)

    https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201709/0010552138.shtml

    どうせなら~かわいい母子手帳のがいいな

  • >>No. 388

    こんにちは。

    通りすがりの者です。突然失礼します。

    Marc O'Poloブランドイメージの俳優さんではマッツ・ミケルセンが有名ですね。
    写真の人はブランドのモデルさんと思います。
    もし間違ってたらすみません。


    Marc O'Polo、
    日本に直営ショップはまだないと聞いていたのですが、、、
    よろしかったら、どちらのショップで写されたものか教えてもらえませんでしょうか?

  • こんにちは。

    蒸し暑さがリターン。
    週末からまた台風の影響もろ競う・・(>д<)

    今日のワード「プロのグラマー」はMy守備範囲には見当たらん
    「乃木大将の日」で (・3・)スットボケ

    ん、、と。日露戦争。バルチック艦隊。坂の上の雲。秋山好古。コサック騎兵。
    な~んかロシアがぐ~るぐる・・ときて~アナスタシア♪

    アニメでありましたね(^-^)
    メグ・ライアン(歌はリズ・キャラウェイさん)

    Once Upon A December
    https://youtu.be/LWwKdejZLfE

    ロシアのエヴゲーニヤ・メドヴェージェヴァ選手もこの曲ありました
    https://youtu.be/zSCHQBlnluA

    水曜レディスディで映画行ってきま~す♪

  • 『色』があるのがあたりまえの世界。あたりまえでない人々がいる。

    かけるだけで色調を補正できるEnchroma社のサングラス
    https://youtu.be/ea_xOqNvntA

  • >>No. 7109

    ショーシャンクさん、みなさん
    こんにちは。

    映画「沈黙」
    ロドリゴ神父は棄教したのではありませんね。
    神学で学んだきたことだけでなく、
    信仰とは、自分自身の心と神と、互いの関係のみであることを再発見したのでしょう。
    ローマ教会から背教者とされることは真のキリスト者であることと何ら矛盾しないこと。
    フェレイラの心中にもそれを見たのでしょう。

    日本にはキリスト教は根付かない、というのは分かる気がします。

    ヨーロッパの各地に残る古い大聖堂の中、薄暗い石造りの建物の高い天井を通して
    光がステンドグラスを浮かびあがらせる中に身を置くと、
    自分がまったくの異物と感じることがあります。何か、ゾッとするのです。
    (日本に在る教会では、そんな感覚にはなりません)
    日本の木や和紙で構成された建物では、そのまま融け入るような温かい安心感に包まれるのとは対照的で・・

    日本は南北に長い国土、雨が多く、多くの森があり、山々から清らかな水流が湧き出ている。
    あざやかな四季の美しい光彩に満ちたこの自然に恵まれた日本で、
    厳しい神など必要なかったのでしょう。
    自然にのみ畏敬の心を持っていれば良いのですから。

    シルクロードの終着点といわれる日本。
    大陸から入ってくる文物もそのままではなく、日本風に変化して現代に伝わっていますね。
    仏教も。

    クリスマス、ハロウィン、イースターも教会での結婚式も、ヴァレンタインも~
    すべて現代の日本では商業主義のイベントになっています。
    キリスト教に発していながら宗教とは何も関係ないお祭り騒ぎ。
    みんなが楽しむお祭りに争い事は起こらない。


    >抽象的な思考ができず即物的

    それも悪くはないのでは?と思えます。

本文はここまでです このページの先頭へ