ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • ソフトバンクは元々パソコンユーザー向けの出版社だったんだよぉ。それが通信事業者になり、株屋になり、投資銀行的な活動をする様になった。事業を拡大するために次々借金してはM&A繰り返したねぇ。利益を上げる事業もあるけど、そうでない事業も沢山あるんだよぉ。でもこの企業の一番の使い道は”日経平均に深く関与してる”事だねぇ。分かりやすく言うと”株価を操作するのに都合がいい”んだ。それぐらいカエルが説明しなくてもみんな知ってるかぁ。それでソフトバンクグループが通信事業を分割して再上場ってさぁ、本人の博打好きもあるけど”国の方針”だよね。要は日経を維持する最後の切り札な訳で、カエルはNTT上場の頃を連想するんだなぁ。後は自分で考えてねぇ。

  • > 昨日のこのニュース、今日の下落に関係してるの?
    >
    > テクノスジャパン、FRONTEOなどAI関連に物色の矛先、ブレインパッド連日の急騰で投機資金うごめく
    >  テクノスジャパン<3666>が続伸で一時4ケタ大台を回復したほか、サイオス<3744>、FRONTEO<2158>なども上値指向となるなど、人工知能(AI)関連株に物色の矛先が向いている。「直近、AI関連の象徴株であるブレインパッド<3655>が業績増額を背景に大きく値を飛ばし、きょうも次第高で値幅制限上限近くまで買われるなど物色人気に乗っている。その流れが横に波及しているようだ」(国内準大手証券)という。ソフトバンクグループ<9984>が通信子会社ソフトバンク<9434>の上場で調達した資金をAIなど次世代有望企業への投資を加速させるとの思惑も味方している。また、ソニー<6758>がタクシー向けにAIを使った需要予測システム提供に取り組んでいることや、オリンパス<7733>や富士フイルムホールディングス<4901>などもAIベンチャー企業に出資し、医療用AI開発に布石を打つなど、大手企業のAI分野への経営資源投入も改めて注目を浴びている。株式市場では海外の経済や株式市場の動向に左右されない、内需の成長テーマとしてAIに照準を合わせた個別株物色の動きが顕在化しつつある。

    毎度おなじみ”金融マスゴミ”の与太話だよぉ。東証の日報もそうだけど”よく分からないくせに何で分かったフリするか不思議”だねぇ。それで個人が損害を被っても一切謝罪はないし、”文章で飯食ってるチ○カス共”はそれが嘘でも自己主張しないと気が済まないんだなぁ。それからカエルの戯言に付き合ってくれた人には感謝するよぉ。メリークリスマスの謹賀新年だねぇ。また逢う日までさようなら~。

  • > 200台は行くでしょうねww

    皆さんそれを期待してるフシがあるから
    そうは問屋が卸さないかもね
    皆さんごきげんよう

  • ある人物が「カエルの発言が気に入らないから謝罪しろ」とお怒りの様子。彼は株板に仕事で投稿する人物だから、分かりやすく言えば”素人を騙して高値掴みさせる黒子”なんだな。極端な言い方をするならペテン師や泥棒と大差ないのだが、本人は正義の味方か真っ当な仕事だと思ってるからタチが悪い。カエルが泥棒に泥棒と言うと泥棒は”俺は泥棒じゃないからお前の泥棒と言う発言は気に入らない謝罪しろ”だってさ。泥棒に泥棒と言うと名誉棄損になるなら、それは言った本人じゃなく”世の中の仕組み”が間違ってるんだ。この板も今年限りで消えるから、みなさん良いお年を。

本文はここまでです このページの先頭へ