ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • >>No. 444

    政府はバンダイが行ったケース等を検討して、こうした違法行為が
    出ないように法整備をしてもらいたい。

    > 有期雇用から無期雇用に転換する直前に雇い止めされたのは無効だとして、神奈川県在住の40代男性が、玩具メーカー大手・バンダイ(東京都台東区)を相手取り、従業員としての地位確認などを求めている裁判の第1回口頭弁論が8月20日、東京地裁で開かれた。バンダイ側は請求棄却を求めた。原告の男性は約12年間、有期雇用の契約社員として働いたが、労働契約法によって無期雇用となる寸前に雇い止めされたと主張、今年6月に提訴していた。
    >
    > 男性と代理人弁護士は口頭弁論後に、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。男性は「正直な気持ちとしては、くやしい。非正規というのは、法律すらまともに適用してもらえないのか。(会社が)涼しい顔して雇い止めするのは許せない」と怒りをにじませた。
    >
    > ●男性側「雇い止めは権利行使を奪うもの」
    >
    > バンダイは子供に夢を与える会社でなく、大人いじめ、私利私欲の塊の会社であることが
    > 明らかになった。
    >
    > この会社、何も反省しないのだろう。

  • No.946

    強く売りたい

    朝日新聞 9/11(火) 21…

    2018/09/11 23:33

    朝日新聞 9/11(火) 21:28配信
    パナソニックは11日、大阪国税局の税務調査で約421億円の申告漏れを指摘されたと発表した。

    同社が保有する北米子会社の株式をオランダの子会社に売却した価格が、不当に安かったと認定されたという。重加算税を含めて約60億円を追徴課税される可能性がある。

    大阪国税局は、ほかにも帳簿に資産の記入漏れがあるなど、約9億円分の申告漏れを指摘したという。

  • 有期雇用から無期雇用に転換する直前に雇い止めされたのは無効だとして、神奈川県在住の40代男性が、玩具メーカー大手・バンダイ(東京都台東区)を相手取り、従業員としての地位確認などを求めている裁判の第1回口頭弁論が8月20日、東京地裁で開かれた。バンダイ側は請求棄却を求めた。原告の男性は約12年間、有期雇用の契約社員として働いたが、労働契約法によって無期雇用となる寸前に雇い止めされたと主張、今年6月に提訴していた。

    男性と代理人弁護士は口頭弁論後に、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。男性は「正直な気持ちとしては、くやしい。非正規というのは、法律すらまともに適用してもらえないのか。(会社が)涼しい顔して雇い止めするのは許せない」と怒りをにじませた。

    ●男性側「雇い止めは権利行使を奪うもの」

    バンダイは子供に夢を与える会社でなく、大人いじめ、私利私欲の塊の会社であることが
    明らかになった。

    この会社、何も反省しないのだろう。

  • 銀行騙して多額の融資を受けるのは犯罪
    警察や国税庁の立ち入り、資料没収は免れない

本文はここまでです このページの先頭へ