ここから本文です

投稿コメント一覧 (961コメント)

  • まあ1500円は通過点
    来月2000円超えで考えるよ

  • あの。。週足の窓埋めた

  • >>No. 153

    俺思うんだけどここの上昇は機関の買い上げにかかっている。
    すなわち機関にとって売り抜くタイミングは個人が群がる大材料が
    出た日。逆に言えば大材料が出るまでは機関は買い上げる。

    俺的にはこれまでの平田やローツエなどの動きを参考にしている。
    桜の成長が遅いだけだから。

    ローツェはここの10分の1で動いていた。最後の上昇は3ヶ月あげ続けた。

  • >>No. 143

    言っちゃ悪いが君のような中傷をする者もお金とは無縁。
    斎藤一人に言わせると貧乏波動流す人

  • 以前はここは四千円まで行くと期待していたがことごとく裏切られてきた
    もう5年以上もっていたら飽きるわな。もうその半分でも急騰したならも
    見切り千両

  • 俺は今から8年ぐらい前、10万円以上口座を開くともれなく二万円もらえるという
    FXのキャンペーンですぐやめて2万円もらって口座からお金を引き出した。
    このFXは24時間動いておりレバレッジをかけてやる短期勝負。
    とにかく気になってしょうがなく疲れるのだ。
    丁半博打をやってるようで結局株のように大儲けできずに損切りしたりで
    資産運用ができない。
    実は株もタカタのような値動きの激しいところの群がる人はお金持ちはいない。
    おそらくパチンコやギャンブル好きのお金と生涯縁がない人たちだと思っている。
    まあ自分としてゴルフに例えるなら90を毎回切ってプレイすることだ。
    たいてい悪いショットが続いても上がってみればたいていいつもと
    同じスコアーで上がっている。
    ただ違うのはどのホールでいくつ打ったかの違いである。

    連日株のチャートにへばりついているのはこのホールはバーディとれそうとかトリプルで終わるかで賭けているようなものだ。
    つまりゴルフのトーナメントはなぜ4日間あるか。それはだいたい振るいにかけられて強い者が勝ち、弱いものが負ける必然性が明らかになるため。
    株の場合業績が反映するのに4日間はありえない。ただ材料は数日で織り込む。

    何を言いたいかわかるだろう。 企業が四季報予想よりいいか悪いか。それを占うのが相場なのだ。その相場で日々の動きに一喜一憂してる者がバフェットのような資産家になり
    ようがない。

  • チタニウムの需要だがチャート的に2007年に大相場があった。
    その前年新日鉄など鉄鋼株がリード役だった。
    またその他の金属製品を考えるとチタンは1番最後にサブプライム問題からリーマンショックが来て相場が終わる前に上がった。
    よって残された数少ない分野だと思っている。だいたいボーイングの株価が低迷してる時ここが連れ安だった時はわかる。しかしボーイングの株価は2007年の高値を遥か超えている。

  • 俺がここに失望したのは、北朝鮮のミサイル打ち上げの時、
    石川製作所などが祭り騒ぎだったのにここは軍事産業として
    無視されていたこと。逆に年初から調子良かったのに
    暴落した。
    現在チャートは13週足が雲のなっているが抜けそうだ。
    株価的に大阪の半分以下で売られすぎだとわかる。

    実は、昨年前半非鉄金属が底入れしたと思い三井金属を買った。
    だが8月にマンションを買ったので急に現金が必要でその時
    三井金属を手放してしまった。それでまた買い直そうと思った時には
    値上がってしまったので、大暴落した大阪チタニウムを買った。
    買うとすぐに上がり始め三井金属のリバウンドを予想した。
    そして東邦も買ったがどちらも大きく反落してしまい、
    東邦に至っては三井金属のちょうど一年前のチャート形成にある。

  • >>No. 20

    結局なんだ。日本の株は持ちづけていいことなし。絶対に4年ぐらい上がれば大暴落が待っている。楽天とAmazon比べてみるとわかるが楽天はここ2年高値を更新できてない。しかしAmazonは上がり続けている。
    よって日本で株をやる場合いったん利食いして現金にしておかんと最後にはやられる。もう何度も痛い目にあったがひとつ言える事は米国が上がっているうちは銘柄を乗り換えていけばいい。しかし2000年や2008年の時のように米国が大下げすると全銘柄全業種米国以上に爆下げする。
    中国の場合はもっとすごくて上昇期間が一年ぐらいで10年に1回の大噴火を繰り返している。
    よってウオーレンバフェットのように生涯株を持ち続けて巨万の富を蓄積できない。

  • 最近、ひとつ気づいたことがある。それはこことブイテクノロジーの周期が一致してきたことだ。実はブイテクノロジーの急騰はここの半年前に始まった。
    そしてブイテクの半年前に平田機工とタツモも先行してる。
    来月からの動きは桜前線と同じく早咲きのチャートを見れば予想できる。
    来月高値をとれば俗に云う持ち合い上放れで二段揚げの時と同じような
    値幅で棒揚げすると予告しておく。以上

  • 以前からここは平田と比べて半年出遅れて推移していると書いてきた。
    だが他の半導体製造装置と比べると実に1年近くテークオフが
    遅れている。まあここの花火のフィナーレは少なくとも年内じゃないようだ。

  • 2157円 前回戻り高値 2015年8月。
    これが意識される

  • 2157円 前回戻り高値 2015年8月。
    これが意識される

  • MACDを見ればわかるが現在ダウントレンド。しばたく調整期間が続くだろう。
    先行する平田を見ると今度上がる時は5000円どころじゃ済まなそうだ。

  • せいしをかけた戦い。
    ここはボックス相場。
    2000円越は今月中じゃ

  • 夏に大規模な花火大会や山登りに行くと株式相場を連想している。
    はじめて登る山はどこが頂上かわからない。上りが続いてそろそろ
    頂上かと思ったらしばらく平坦な道が続き、また急斜面の昇りで
    いよいよ頂上かと思ったら突然下り道に。せっかく苦労して登ったのに
    下り道になると歩き損したような気持ちになる。そしてまた昇りはじめ
    先程より高い処までいくのだが景色がよくない。しばらくすると平坦な
    道が続き、前に険しい伸びり坂がある。いよいよ頂上だなと思って
    登っているといつのまにか下り坂に。歩いても歩いても頂上が来ない。
    先ほどの登坂が頂上だったのかと思っていたら見晴台に大勢人がいるのが
    見えた。
    さて山は明るいうちに下山しておかないとまずい。そして下まで降りきったところで夜は花火の会場へと車で移動する。そう昼と夜。両方楽しむわけですね。
    花火会場のテキ屋は腹が立つほど食い物が高い。
    最初わくわくしていても30分ぐらいすると退屈になってくる。すると大車輪といわれる大きいのが打ち上げられると興奮する。株でいうと急騰した日のように。そして2時間ぐらい経ったころだろうか大車輪が連続と打ち上げられ周りを見ると全員が花火に釘付けになっている。
    俺はそろそろクライマックスだと思うと早足で駐車場に車を取りに行く。駐車場についた時先程まで花火の音がうるさかったのに今度は人の声が聞こえてくる。
    終わったのだ。混雑する前に俺は駐車場を出て花火会場を後にした。

    ps 株はピークの時に売り逃げしないとそれから下落トレンドになり儲け損なう。かといって売っといてよかったと思っていたら数週間後株価が2倍に化けたなんてこともある。山登りや花火大会でピークを見極め方として風景や混雑で普通じゃないと感じたらたいていピークだ。
    株のピークはたいてい出来高が大きくて大材料にマーケットが強い時だろう。
    大衆といっしょに行動してたら共倒れする。大衆が集まっている具合を見て
    ピークを見極めたい。
    もう頂上だと思ってもまだまだ山は高い。下がり始めたと思ってもまた上りが始まる。 空売りするにもピーク前だと結局は下がっても踏み揚げを食らう。
    花火でもう終わる頃かと思っていても先に駐車場まで歩いて行ってないと渋滞に巻き込まれる。
    しょせん相場も群集心理です。そして山の高さと花火の本数は見極めが大事。
    夜明け前は一番暗い。ピークはその逆

  • 昨日ビッグニュースの踏み揚げがあったらストップ高で張り付いても精算する
    つもりだと証券マンに伝えた。俺がこの株で大儲けしているのは歓迎のようだが
    俺は米国が大不況に堕ちる前にきれいさっぱり株から身を引こうと
    思っている。 Amazonは高い成長率で株価はあげている。だが日本のユニクロのように頭打ちにならんか。わかっていることは、成長が大きい株は鈍化するまで上がりしつづける

  • 昨日ビッグニュースの踏み揚げがあったらストップ高で張り付いても精算する
    つもりだと証券マンに伝えた。俺がこの株で大儲けしているのは歓迎のようだが
    俺は米国が大不況に落ちる前にきれいさっぱり株から株から身を引こうと
    思っている。 Amazonは高い成長率で株価はあげている。だが日本のユニクロのように頭打ちにならんか。わかっていることは、成長が大きい株は鈍化するまで上がりしつづける

  • 俺はここで5年以上投稿してきた。現在現物17千 。
    信用8千株ほど所有している。 昨年6、7月に2万株ほど利食いした。
    その後信用で買った分はそろそろ期日が近ずいてきた。
    今度は売る時には全部手持ちを利食いする。
    ここの業績はオリンピックまでは増収増益だ。受注残をみれば一目瞭然。
    ただ俺には俺なりの購買タイミングがあり、通常総悲観の時仕込み続け、
    誰でも最強に思えた時には逃げている。
    さてそのタイミングはここの場合なら例の500億の受注報道かな。
    踏みあげた時手仕舞う予定だ。
    ここの2013年の売上は30億である。当然株価も帳尻を合わせに来る。
    ここのように著しい増収増益が伴っての上昇は自然だが。
    ここの投稿で気になるのが信用取り組みの話題の多さ。
    株は信用取り組みでは動かない。もう織り込んでいると思った方がいい。
    俺はチャートで平田などと比較してここの動きを予想してきた。
    とにかく信用取り組みで株取引は論外


  • 掲示板見てると笑える。
    さて大局を見極めたい人に言っておきたいのが
    天井はまだだということ。。
    長期チャートで平田より半年以上遅れてテークオフし、
    この半年間でタツモは4倍に対しここは2倍ということで
    上値余地がある。
    ボラの大きさは過去の推移を比較すれば似たりよったりだ。
    結論としてブイテクは業績推移に対し株価の上昇が緩やかというより
    仕上げ段階にも到達できてない。

    まあ人それぞれチャートを見て出遅れととるかアンダーパフォームととるか
    違うだろうが、ゴールドとシルバー、プラチナとか比較している人も多い

本文はここまでです このページの先頭へ