ここから本文です

投稿コメント一覧 (382コメント)

  • 2軍の試合情報を見ていると溝脇が良さそうですね、もう1軍に上げて京田と競い合わせた方がいいのでは。
    京田はバッティングステイルを変えないとこのままでは阪神の高山と同じで新人王タイトルだけで活躍せず
    に終わってしまう。
    それから小笠原監督はルーキーの伊藤康を積極的に起用していますが、来季ぐらいには1軍で起用され活躍
    する選手に育ててほしいです。
    因みに明日・明後日は2軍の試合対広島戦DAZNで中継あるので楽しみに。

  • ドラの若手が育ってこないのは外国人野手が多すぎるからでしょう、他のチームの外国人野手は1人で
    戦っている 西武はメヒアが不調なのでオール和製でこの強力打線になっている。
    10年ほど前交流戦でおかわりくんを観たときドラもこんな若手が出て来らいいのになあと思ってたら
    その後西武は次々と新しい選手が出て来ている。
    ドラの現実として藤井、工藤を外して若手を上げたとしても出番が少ないのでそれだったら2軍で試合
    経験させた方がとなってしまう。
    そんな事がここ数年続いているので2軍選手ももう中堅になってきてしまっている。
    来季新政権では外国人野手は1人にして2つのポジションくらいは若手に競わせる戦いをしてほしい、
    それを続ければシーズン中に序々に力が上がってくると思う。
    ここ数年の戦い方はその時の調子のいい選手やベテラン頼りなのでシーズン後半に力尽きてしまい来季
    への灯りが見えてこない。

  • >>No. 9334

    立浪新政権になっても松坂はそのままドラのエースとは別の顧問投手として続けてほしいですね。

  • 藤嶋はプレッシャーとか悲壮感が全く無い、打たれても後に引きづらないから観ている方も不安より
    楽しんで観れた。
    後はスタミナとスプリットの抜けを良くして行けば勝ちを増やせそう、次の登板は打席も楽しみだ。

    昨年新人の時のキャンプ練習を観た昌さんが藤嶋のストレートを140K前半でも回転のいい球を投げている、
    早く頭角してくるかもと言っていたのを思い出します。
    博志の150Kを今日も完璧にスタンドへ持って行かれた、福谷の150Kも簡単に打たれる。
    ドラフト候補選手をMAX何Kで選手の実力を評価する考えになっているが、昌さんの言うような投げるボール
    の質やピッチングフォームを観察評価出来るスカウトが必要でしょうね。

  • >>No. 9315

    森自身は腹をくくっているんでしょうねえ、近々俺も辞めるからだから平気な顔をしてるんでしょう。
    森脇代行となれば、将来に向けたチーム造りを優先した選手起用をしてほしいんだが本人が将来のドラ
    の為に努力するのか疑問です。
    とりあえずベテラン(岩瀬、荒木、藤井。工藤)は2軍へ落として戦ってほしい。

  • 梨田監督に先越された、次は森だけど誰が代行するんかなあ、外様コーチ陣もついでに辞めちまえ。

  • 森の戦い方は今季はこの体制・姿勢で戦って行くんだと言うものが無くその日の調子の良い選手をとっかえ
    引っ変え使って周平を左相手だと引っ込めたりベテラン頼りの起用で戦っているから若手が台頭して来ず
    シーズン序盤はそこそこ戦っているが序々に弱体化して行き最後は大きく負越してしまう。
    今日の先発外人4人フルメンバーがその表れでモヤに替わる日本人選手が育ってきていないのか使わないのか
    これから益々どん底に向かって行くでしょう。
    球団はもうそろそろ新政権の準備にかかるべきだ。

  • 今日の2・3打席目のタイミング取り方が非常に良かった、鋭いスィングでこんなバッティング
    見たらいくら能無し森でも明日は左相手でも絶対に先発させる気になるだろう。

  • 笠原はプロ入り最高の内容、肩関節が柔らかいから右足踏み出した時まだ腕が出てこないから140Kの
    ストレートでも振り遅れてしまう、雄大はその逆だから150Kでも打たれてしまう。
    しかしそんな笠原の120球の熱投に皆んなが今日は何が何でも勝利をと思ってた矢先に岩瀬投入とはお
    粗末すぎる采配だ。
    博志が出てきた時誰もが打てれてしまうと思ったでしょう、落ちる球を覚えないともう通用しない。

  • また出ました森無能采配。
    神龍さんの仰る通り、左対左は投手有利の固定概念で岩瀬投入して毎回左バッターにやられている、
    シーズンオフに左の中継ぎを補強していないからこんな結果になる。
    それにビシエドDHなら三塁周平だろ 直倫より格下扱いするな 今季の主役は周平だ、 だから左相手
    でも先発固定しろ。
    まあこれからもこんな戦い方でジリジリ借金が増えて行くでしょう、でもこれで政権交代の話が早く
    なるでしょう。。

  • 西武今井、初登板初勝利 150K超えと変化球、エースになって行きそうですね、ドラスカウトは
    柳より今井を推していたが落合のゴリ押しで柳になってしまった。
    よそのチームは素材のいい投手を取ってすぐ使っているがドラはすぐ使わないのかまだ使えないのか
    まだまだ暗黒時代が続きそう。

  • 立浪解説の試合の時はいつも結果悪いですね、でも今日の解説聞いているとつくづく立浪指導を早くやって
    ほしいと思います。
    立浪氏も今のバッティングスタイルにはかなり不満のようで 「もっとゆったり大きく構えてタイミングを早
    く取るスタイルで長打を狙うバッティングをして欲しい」とかなりイライラ感があり「早く俺に指導させろ」
    と言っているみたいですね。
    でもこのスタイルでやらせているのは器の小さい首脳陣で、周平自身は数字を残さないと使ってもらえない
    と言う気持ちから今のヒット狙いのスタイルになってしまっているのでしょう。
    先日 田尾氏が監督は「お前はずっと固定で使い続けるから数字は気にしないで思いっきったバッティングを
    しろ」と本人に伝えて使わないと成長して行かないと言っていましたが全くその通りだと思います。
    あ~待ち遠しい !

  • 大野とガネシアのストレートはMAX150k位のスピードで同じ位すが、ビデオで確認すると
    大野は右足と左手がほぼ同時に出てくるがガルシアは左手がやや遅れて出てくる感じがします。
    だから大野のストレートは打ち易いんですね、対策考えないとこのまま使っていてもまた打たれる
    でしょう。

  • >>No. 746

    そうですね、雄星も結構荒れ球なんで引っ張りは厳しいけど頑張ってもらいましょう。
    2割7分まで来たので5試合連続4-2安打で3割へGO !

  • >>No. 741

    > 来週は週末のライオンズ戦に雄星と榎田の左が先発なので2試合は先発外されそうです。

    榎田は抹消になっていましたので、左投手は雄星だけになりそうです、まあ雄星ならなかなか
    打てないから今回外してもらってもいいかなあと言うところですね。

  • 大野は2軍に落としても進歩しない、藤嶋を先発にして大野は敗戦処理で楽なところで投げさせて
    てきっかけを掴かめさせれば。

  • 9回藤嶋使うんだったら代打に腑抜けの藤井じゃなく藤嶋を代打で出せ、演出・采配の下手くそな
    監督だ、他のチームの監督は経験の無い若手を大事な場面で思いきって使っているが森は判で押した
    ように経験のある選手を使っている、これではチームは強くなって行かない。

    京田は強制的にバットを短く持たせてしつこいバッターに育てないとこのままでは並以下の選手で
    終わってしまう、ロッテ荻野の"いやらしさ"を観ているとつくづく痛感した。

  • ドラ吉さん、今日は地元TV松中解説、右投げ左打ちの人は元来右利きなので左足の踏ん張りが弱いと
    言っていました、だから重心が投手寄りに流れるという事でなるほどでした。
    柳田選手も同じで左足の蹴りを鍛錬しているのでこれを見習って習得してほしいと周平に期待を寄せた
    解説をしてくれました。
    他チームのOBも周平の素質に惚れ込んで何とか開花してほしいと思っているようですね。

    来週は週末のライオンズ戦に雄星と榎田の左が先発なので2試合は先発外されそうです。

  • >>No. 735

    ドラ吉さんすみません、私がせっかくの活躍に水を差してしまいまして 只 周平は我が子のように
    期待と不安でいつも心配になります。
    この先何年後かの現役辞めてからの事も考えてしっかり成長してほしいです。
    しかし8回裏2アウトで福田打席の時 相手左なので次 荒木がバット振っていたのにはムカッと来ました
    あの場合周平に打席廻ってきてもそのまま打たせて9回はビシエド下げて三塁周平、二塁荒木でその日
    のヒーローはグランド内でハイタッチさせるのが指揮官の役目なのに演出の下手くそな監督だ。

  • 松坂の得点圏被打率がNO,1 と知ってからランナー出しても観ている方も不安にならなく
    なり何とか切り抜けるだろうと思うようになりましたね。
    四球を怖がりストライクゾーンで勝負して打たれるより際どいところで勝負して四球出して
    しまった方が最小失点で済むと書いてあったけどが他の投手には真似出来ない。

本文はここまでです このページの先頭へ