ここから本文です

投稿コメント一覧 (10コメント)

  • >>No. 479

    ファーストリッチ投資顧問会社から。

  • そろそろ仕掛けて来るのかな。

  • 2016/09/26 09:27

    ストップで売りました。

  • FBIがiPhoneのロック解除にあたり、1億円以上を支払い。

  • 2016/04/14 09:43

    今期、最終黒字浮上へ

  • プーチンの来日が決まったら動くでしょう。

  • 2015/10/05 14:47

    プーチンの来日がきまったら動くかな。

  • フーマイスターエレクトロニクス (3165)

    現在値 1,115 -10 (-0.89%)

    <特集>続・9月の配当取り、この銘柄で(4)=フーマイエレ―PER・PBRも割り負け <3165.T>
    2014/09/19 18:38

     フーマイスターエレクトロニクス<3165.T>は要マーク。9月期決算銘柄で、期末配当は一括で35円を予定し、配当利回りは3%を超える。同じ東証2部銘柄の単純平均予想1.67%(18日現在)を優に上回る水準であり、配当取り妙味が膨らむところだ。しかも、PER9倍台、PBR0.4倍台と投資尺度面での割り負け感は十分に備えている。

     14年9月期の単体業績予想は、売上高が820億円(前期比26.8%増)、営業利益は5億5000万円(同3.75倍)に急増する。経常ベースでは、6億円(同29.0%減)に後退するが、これは前期に営業外収益で7億5000万円強の為替差益を計上した反動によるもので、本業のもうけは順調な回復を示している。

     ちなみに、第3四半期累計(13年10月-14年6月)の営業利益は4億9800万円(前年同期比6.07倍)に達し、通期予想に対する進ちょく率は90.5%に上る。同四半期は、ハイエンド・スマートフォンの好調な売れ行きに伴い、LCDモジュール事業が急拡大。パネル事業も国内法人向けパソコンの買い替え需要を取り込んだほか、海外向けモニター用の販売が底堅かったことで、大幅な増収となった。

     株価は8月13日に年初来高値1150円を形成したあと、調整を挟んで下値切り上げ型の波動にシフト。日足一目均衡表の抵抗帯「雲」上限をキープしつつ、高値奪回をうかがう動きにある。最低投資単位は100株で手掛けやすい点も見逃せない。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2014-09-19 18:28)

  • フーマイスターエレクトロニクス (3165)

    現在値 1,115 -10 (-0.89%)

    <特集>続・9月の配当取り、この銘柄で(4)=フーマイエレ―PER・PBRも割り負け <3165.T>
    2014/09/19 18:38

     フーマイスターエレクトロニクス<3165.T>は要マーク。9月期決算銘柄で、期末配当は一括で35円を予定し、配当利回りは3%を超える。同じ東証2部銘柄の単純平均予想1.67%(18日現在)を優に上回る水準であり、配当取り妙味が膨らむところだ。しかも、PER9倍台、PBR0.4倍台と投資尺度面での割り負け感は十分に備えている。

     14年9月期の単体業績予想は、売上高が820億円(前期比26.8%増)、営業利益は5億5000万円(同3.75倍)に急増する。経常ベースでは、6億円(同29.0%減)に後退するが、これは前期に営業外収益で7億5000万円強の為替差益を計上した反動によるもので、本業のもうけは順調な回復を示している。

     ちなみに、第3四半期累計(13年10月-14年6月)の営業利益は4億9800万円(前年同期比6.07倍)に達し、通期予想に対する進ちょく率は90.5%に上る。同四半期は、ハイエンド・スマートフォンの好調な売れ行きに伴い、LCDモジュール事業が急拡大。パネル事業も国内法人向けパソコンの買い替え需要を取り込んだほか、海外向けモニター用の販売が底堅かったことで、大幅な増収となった。

     株価は8月13日に年初来高値1150円を形成したあと、調整を挟んで下値切り上げ型の波動にシフト。日足一目均衡表の抵抗帯「雲」上限をキープしつつ、高値奪回をうかがう動きにある。最低投資単位は100株で手掛けやすい点も見逃せない。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2014-09-19 18:28)

本文はここまでです このページの先頭へ