ここから本文です

投稿コメント一覧 (162コメント)

  • ー出口戦略についてー

    『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • ー出口戦略についてー

    『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • ー出口戦略についてー

    『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • ここと 6902 デンソー
    同じ筋が買ってるね

  • 2017/08/17 15:08

    ここと 7741 HOYA
    同じ筋が買ってるね

  • ー出口戦略についてー

    『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • ー出口戦略についてー

    『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

  • 売り方さんは永久に買い戻しはしないつもりかな

  • 売り方さんは永久に買い戻しはしないつもりかな

  • 『大量の資金をもって、株や商品を買い占める(売り崩す)ことを「仕手」と呼びますが、買い(売り)集めた株や商品は、持っているだけでは‘含み益’の状態です。いつか売りに出して(買い戻して)利益を確定しなければなりませんが、こーれが簡単ではないのです。なぜなら、自分が持っている大量の株や商品を売る(買う)には、誰かが買って(売って)くれなければなりません。誰も買う(売る)人がいなければ売る(買う)ことができません。
    しかも大量に保有しているわけですから、もし仕手の本人が売っている(買っている)ことがバレてしまえば、誰も買って(売って)くれませんし、皆が売り(買い)に回って暴落(暴騰)してしまいます。
     そこで徐々に売って(買って)いく必要がありますが、値段を下げず(上げず)に少しずつ売る(買う)のは、保有している量が多い程、当然難しくなります。』

本文はここまでです このページの先頭へ