ここから本文です

投稿コメント一覧 (120コメント)

  • レア・セドゥにエヴァ・グリーン...
    こうなるとハリウッドの陰でスペクターが暗躍してそうな感じですね。
    前Mのジュディ・デンチはさすがにセクハラは受けなかったのかな?(^o^)

    なんでこんな女がたくさん映画に出てるの?と疑問がわく時はやっぱり裏で力が動いてるわけですね。

  • ヤフーの表紙に出てましたが、今日10月5日に記念すべき第1作「ドクターノウ」が英国で公開されたそうですね。アメリカや日本では半年以上遅れての公開です。まさかここまでシリーズ化するとは当時のスタッフも想像してなかったでしょうね。主演俳優に数十億払ってでも元が取れるヒット確実な映画になろうとは...いったいいつまで続くのやら。
    逆に、コケないように次回作の監督というのはかなりプレッシャーがかかりますけどね。

  • 動画を投稿してくれた生徒に、ある意味感謝せねばいかんね。これがなければ我々はこの事件を知ることが出来なかったわけだから。このガキの名前は梅野ショウとかいう読めないキラキラネーム付けられたクソ野郎とのこと。すでに県警によって逮捕されたそうな。こういう奴は死刑にせんといかんやろ。少年院出てもどうせロクに仕事もできんのやから。刑務所に終身刑で押し込んでマイク・タイソンとボブ・サップみたいな奴らと同じ牢獄に入れてボコボコにされないとダメやな。
    この学校、この事件を警察に被害届を出さずにもみ消そうとしたようだ。怒りを感じるね。「うちはこんな学校の生徒は雇わん」という企業経営者が増えたらいわゆる連帯責任というやつだよね。己の身勝手なふるまいが真面目に勉強しに来ている他の生徒の人生を崩壊させたのである。
    この学校はもう、そういう意味で近年中につぶれるのではないだろうか。来年からは受験する中学生はいなくなるよ。こんな学校、行っても就職はできない。
    似たような名前の名門校、偏差値70の福岡高校とは雲泥の差だ。福岡高校の学生さんは間違えられて結構迷惑しているのでは?

  • >>No. 1775

    ボンドがコネリーならスケベなのでほんとにそういう条件を付けてきそうですね。洋物AVでコネリーのそっくりさん主演「ヤッチャッタブル」とかありそうな感じです。(^o^)
    でも4代目ダルトンはほんとにブロッコリの娘バーバラと大人の関係になってしまって、ブロッコリの逆鱗に触れて降板させられたという噂もありますね。まさに「消された次回作」、ですね。

  • ソニーピクチャーズの配給権が切れたので、今度はどんな企業がタイアップしてくるのか興味ありますね。007は昔からソニーがスポンサーとして商品提供してましたよね。「私を~」の海洋研究所の大モニターもソニー製でした。この前、街の家電店に入ってテレビのコーナーをブラブラしてたのですが、その中でひときわすさまじい解像度の大画面テレビがありました。ソニーの65インチ、話題の「4K」テレビでした。どんなカメラで撮影したらあんな解像度になるのか怖いくらいです。こりゃ、女優さんのメイクも大変ですね。映画館のスクリーンだとさほど分からなくてもブルーレイで大画面テレビで見ると汚い部分まで見えるようになるのでしょうか。007はそこまで解像度にこだわる必要はない映画だと思いますけどね。

    ダニエルも今度が最後とあって、何だか少し調子に乗って、監督を指名したり色々好き勝手な注文を付けて「俺流ボンド映画」にしようとしてますね。私なら「毎晩ホテルの俺の部屋に最高のコールガールをよこせ」と注文したいです。(^o^)

  • >>No. 1771

    こんにちは。
    ボンドが使用していた特殊装備で庶民でも買えそうな物となると、例えば「リビングデイライツ」の口笛を吹くと音が鳴るキーホルダー、とかですかね。母親がボケて家の鍵をすぐどこかに置き忘れるのでこれがあると便利なんですけどね。
    ムーア卿のボンド時代はセイコーのデジタル時計だったので庶民でも買えそうな感じでしたね。左手にセイコーの腕時計、右手首にダーツガン、胸ポケットには注射器の付いた万年筆を携帯したいものです。名付けて「ムーンレイカーセット」!(あの万年筆はCIAからこっそりくすねたものですが)

    私は、カーネルというとケンタッキーフライドチキンのおじさんを連想しますよ。

  • >>No. 1769

    007も一時は忘れ去られてシリーズ終了かと思われましたが、ここにきて超ドル箱映画になりましたね。皮肉にも嫌われ俳優ダニエルの「カジノ~」での意外な活躍に株価が跳ね上がった感じですね。ボンド俳優探しも大変です。

    配給会社も争奪戦ですね。日本の孫正義さんとか名乗りを上げないのでしょうか。彼なら自分の資産だけで借金することなく楽に大作映画が作れるはずです。

  • 「ワンダーウーマン」観てきました。
    すごいですね。戦車とか持ち上げてましたよ。15メートルぐらいジャンプしてビルに体当たりして破壊したり、とんでもない怪力女になってます。70年代にテレビで見たやつはそんなに怪力ではなかったけどなあ。でもすっごい美人なんで許せます。何でもやってください、って感じで放置です。(^o^)
    ダイアナ役のガル・ガドットのファンになってしまいました。この人、「ゴールデンアイ」のオナトップ姉さんことF・ヤンセンにちょっと似てますね。私はどうもこの系列の女性に弱いです。(背が高くてクールな感じ)

    日本人の女優でこの役をやらせようと思うと...美人でしかも背が180センチ必要ですから...いませんね。最近の芸能界はみんなAKBみたいに「かわいい」だけの女子ばっかりですから。

  • >>No. 1766

    良く調べたら水曜日はどこも「レディスデー」とかで女尊男卑の日になっているのでやめました。来月違う日に見に行こうと思ってます。

  • こんな記事が出てますね。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170831-00010002-esquire-life

    少し映画とは違うことが書かれてますけどね。
    ムーア卿のボンド時代は車で色々面白いことやってましたね~。
    エスプリ、運転してみたいなー。
    ダニエルのボンドカーはAEDと火炎放射だけで終わってしまうのか...

  • セクシーなお姉さんが好きな私は明日の休日に「ワンダーウーマン」を見に行こうかと計画しております。007とは関係ないですけどね。
    しかし、主演の2人も監督も自分よりずっと年下になってしまい、映画の現場も世代交代なんですね。普通は監督ぐらいは60過ぎてるケースが多いのですが、若いなあ。
    私も30代に戻りたい...

  • ダニエルのボンド、とうとう次回作で最後になるそうです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-01876933-nksports-ent

    怪我をして手術を受けたりして、かなり危険で疲れる役柄だったようで、もうかんべんしてくれということでしょうかね。
    まだ公開まで2年はあるなあ。

  • ジムと言えば、「スカイフォール」のボンドは現場復帰の射撃テストで銃弾がまるででたらめな場所にしか当たらなかったわけですが、あの後マカオ沖にある「シルヴァ島」でいっきに4人を瞬殺できたのは一体どんな短期訓練をしたのか不思議です。あんな落第点だった人がなぜいきなり射撃上手になったのかな?前夜にセブリンと特別なトレーニングをしたのか...

  • 次回作までまだ2年以上ありますよ。(T_T)
    http://eiga.com/news/20170725/11/

    その頃にはダニエルも51歳です。
    私も50を迎えようとする今は結構体が重くなってきました。
    30代の友人は軽快に走ってますが、走るのがほんとにきつく感じます。

    ムーア卿がこの世を去って2ヶ月が過ぎましたね。
    あの時ほどのショックはもう薄れてきましたが、二度と動画サイトであの方のジョークを聞けないと思うと寂しいです。

  • >>No. 1754

    私も女医さんとエッチなことしたいなあ。(^o^)

  • >>No. 1752

    コネリーの「ネバーセイ~」みたいに、ベンチプレスの最中にデカい殺し屋のおっさんに襲われないようにしてください。

  • >>No. 1750

    おっ、ptcさん、ジム通いとはプチリッチですなあ。

    >役者って大変ですね
    もっとも、スターの場合、体を鍛えておけば何億というギャラがもらえる映画に出さしてもらえてコスパが高いのでやりがいがあるのですが、我ら庶民は鍛えても多少仕事のスタミナ持続につながる程度で給料は変わりませんからねぇ...

    ブロスナンは元の顔が美形なので、少し贅肉を落とせば日本の草刈正雄みたいにかっこいいオヤジがすぐに取り戻せるのが羨ましいです。

    ジャッキーに似てるということはウッチャンにも似てるんでしょうね。(^o^)
    ジムなんて「ぬるい」ことはやめて、「酔拳」みたいに逆さづりでカメの水を汲んだりクルミを指で割ったりして鍛えないと。

  • >>No. 1748

    そう言えば、この話題に偶然にも関係していますが、「カジノ~」の監督M・キャンベルがブロスナンとあのジャッキー・チェンが共演する映画を作りましたね。日本での公開は未定だそうですが、面白そうです。しかしこの2人も60をとうに過ぎてしまっており、アクションのキレもだいぶ落ちたのではないでしょうか。

  • >>No. 1747

    「カジノロワイヤル」。今でこそ大傑作と言われるこの映画もダニエルの前評判が悪すぎて公開前は冷や汗ものでしたが、見直すとよくできたもので、確かに傑作ですね。S・フォーカンとパルクールでの追いかけっこは歴代ボンドに比べて体の小さめのダニエルだからこそできた躍動感でしたね。よくまあ、あんな所まで飛び越えられるものだと感心しました。今の私では階段を登るのでさえハアハア言ってる状態なのでとてもあんなことはできません。この前の会社での健康診断でとうとう「メタボ予備軍」と判定が下されてしまいました。ボンド引退後のブロスナンの海パン姿のようにお腹はたるみきってます。(^_^;)

  • >>No. 1745

    もっとも、ダニエルも50を前に体力的にきついようで、大金を積まれてほんとに「しぶしぶ」という感じで承諾したようですが。最近のアメリカの大作映画は制作費300億レベルが多いですが、そのほとんどは主役俳優の出演料が占めてるんだなあと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ