ここから本文です

投稿コメント一覧 (134コメント)

  • お2人揃って投稿が出ると何だか安心しますね。

    ボンド映画は女優さんはだいたい一発屋で終わってしまう傾向がありますが、悪役男優はその後結構活躍して出世する方もいますね。トロさんなんか何かの主演男優賞まで獲得した演技派になりましたし、M・ミケルセンも順調に日本の遠藤憲一みたいな名脇役になりました。トロさんは「消された~」の撮影時にほんとにダルトンの手をナイフで(誤って)切ってしまったという文字通りのキレ者です。(^o^)
    「過去の007作品に悪役で出演した俳優がSWにも出る」という原則に基づいていくと、例えば、最終話SWエピソード9にはH・バルデムあるいはS・ビーン、なんかが出てきたりする可能性もありますね。この頃になると007もダニエルボンド最終作が同時期に公開されるので映画を観に行く回数が増えるなあ。

  • 007とは関係ないですが、SW上映解禁ですね。
    (『消された~』のB・D・トロが出ているという点では少し関係あるかな)
    大都市圏では深夜にコスプレした連中が騒いでいたことでしょうが、こちら九州の田舎では上映は普通に今日の朝からです。
    集団で群れるのが嫌いな独身男の私はああいうガキどもに混じって鑑賞したくないので平日のレイトショーで安く静かに観たいと思います。最近は昼間に映画館に入るとあのポップコーンの匂いが充満しており、「お前ら映画観にきたのか、ポップコーン食いにきたのか、どっちなんだ!?」と言いたくなります。家でやってることをそのまま公の場所でもやってるアホ達です。
    それまでは見ざる聞かざるで耐えなければ...

  • どうも、写真付きで恐れ入ります。
    こりゃうまそうだ。「孤独のグルメ」井の頭五郎さんが釧路に行ったら絶対食べるでしょうな。
    ボンド映画の後はスパカツとはこだわりがありますね。
    「スペクター」でなく「スパカツ」か。

  • 「スターウォーズ」新作はあさって公開に迫りましたね。
    007ファンの私もある意味では007以上にワクワクしてます。
    007の場合は、だいたいいつも他国より公開期日が大幅に遅れていて日本で公開されるまでにあらゆるメディアで映像や内容がリークされており、良い意味でのワンパターン傾向があるので、何というか「一生安泰の公務員」のような映画として鑑賞に臨めるわけですが、「スターウォーズ」の場合は全世界同日公開で何がどうなるのかスタッフやキャストの一切の口外を禁止されている特別な映画なので、映画ファンはヤキモキするんでしょうね。同日公開ということは日付変更線の関係で日本が世界最速公開になるのかな?世界中から東京の映画館にファンが押し寄せたりしませんかね?(^_^;)

    まあ、いずれにしても、私は平日休みなので観に行くのは来週になります。

  • >>No. 1803

    スパカツとはどうやら地元で人気のメニューのようですね。
    その名の通りスパゲッティにカツが乗ってる食べ物ですかね?

    こちら九州でも寒い季節が到来してきました。
    雪を見ると除雪車に巻き込まれる「赤い雪」がトラウマです。

  • >>No. 1797

    魔女っ子メグちゃんなんて懐かし~。

    007とは関係ないですが、いよいよ「スターウォーズ」公開まで1週間ですね。
    12月は誰もが多忙になりますが、私も映画館に2回も行かないといけないし、この時期に車検もあるし、歯科医にも通ってるのでほんとに休日は息つく暇もない忙しさになりそうです。

    ガンバレルの音楽なら私はもう完全に作品名を当てられます。
    (白の〇〇が画面の右端に移動する間に分かります)
    「慰め~」の音楽は早いのでダニエルは急いで歩かないといけませんね。(^o^)

  • >>No. 1795

    おや、久しぶりのキタさん登場ですね。
    競馬でもキタサンブラックが好調ですが...関係ないか。(^o^)

    キタさんのおっしゃる通り、私も007は古いほうが音楽とシーンが一致しますね。
    いかにジョン・バリーが偉大な「007作曲家」だったかを認めざるをえません。
    それでも「スカイフォール」からの音楽を担当しているT・ニューマンも結構いい曲を付けてると思います。

    「今年亡くなった有名人」にサー・ロジャー・ムーアの写真が加わる季節になりましたね。

  • >>No. 1793

    「最後のジェダイ」は007と同じく必修科目ですね。(^o^)
    もしかしたらこれまでの最高傑作になるのではないかとも噂されてますね。
    007が休憩している数年間は007のスタッフが出稼ぎに来る感じですね。
    007のパインウッドスタジオを共同で使っているみたいですし。
    あと約3週間、予告編もできるだけ見ないようにして待たねば。

    その前にジュディ・デンチ=Mおばちゃんの「オリエント急行~」をつゆ払いとして見に行きます。来月は映画館通いで忙しくなるなあ。

    確かにドリルで穴を開けられて何も障害が起きないというのはおかしなシーンでしたね。砂漠の施設の外に立っていた子分達は「でくの坊」でしたね。

  • 「スカイフォール」でシルヴァが逃走する地下鉄のシーンのことが書かれてます。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171111-00196729-toyo-bus_all&p=4

    でも、あの一連のシーン、どうも嘘くさくて、まさに御都合主義でした。
    まずシルヴァ一人でガラスの牢獄のそばに立っていた屈強な番人を殴り倒せるだろうか。隣の部屋でパソコンをいじっていた職員に争う時の物音は聞こえたはず。

    この前も、「スペクター」でMI6のビルが崩壊したのに市民がほとんど大騒ぎしていなかったことを書きましたが、サム・メンデス監督、ちょっと詰めが甘いんじゃないの、って感じです。

  • 「二度死ぬ」の大里の秘書ヘルガ・ブラント役のカリン・ドールさんが亡くなられたそうです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000017-eiga-movi

    私が生まれた年に公開された50年前の映画ですね。みんな年取るわけだ。

  • 次回作にはブロちゃん役のクリストフさんが出ないとのことです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000012-cine-movi&pos=4

    結構面白い俳優さんでしたけどね。
    ダニエル最後のボンド、どうなるんでしょうか?
    あれこれ想像をめぐらすのも楽しいですけどね。

  • >>No. 1786

    この年齢になってくると、私の場合は、とりあえず腹が出ている以外は健康体なので何とかなりますが、外的要因、要するに交通事故だとか、天変地異による死が課題に感じられます。人間は決して寿命までちゃんと生きられるという保証は全くありませんからね。東北や熊本の大地震で亡くなった人は大勢いますし。アメリカでは野外ライブを楽しんでたらいきなりサイコ野郎にマシンガンで蜂の巣にされて死んだ人もいました。

    篠沢教授が亡くなったのは私にとってはほんとに驚きです。実は私にはごくたま~に、人の死を直感する時があるんです。ある瞬間に何の脈絡もなく有名人の顔が浮かんで、何日かするとその人の死亡記事が出るというものです。前回書いた、はらたいらさんの時がそうだったのです。仕事中にはらさんの顔が脳裏にいきなり浮かんで、その翌日ぐらいに彼が死亡したというニュースが出てびっくりでした。偶然といえば偶然なんでしょうけどね。さすがにムーア卿の死は予感できませんでした。

    人間いつ死ぬか全く分かりませんね。

  • 次の007が来るまでまだ2年も待たねばいけませんなあ。何だか次回作は昔のぶっ飛んでいた頃の007の感じになるとかならないとか。さすがに「ムーンレイカー」ほど飛躍はしないでしょうが、近未来的な内容になるかもしれないと映画の記事に書かれてました。ダニエルの場合はほとんど笑わないボンドなのでハードボイルド路線を貫いた方が良さそうです。制作費は300億ぐらい投じるのでしょうかね。ダニエル最後のボンド作、クイズダービーの「はらたいらに全部」ではないけど、ドカンと盛大に有終の美を飾るのか...

    とりあえず、この冬は「スターウォーズ 最後のジェダイ」を必見とし、前MおばちゃんJ・デンチ出演の「オリエント急行殺人事件」も見に行く予定です。

  • 2017/10/18 08:59

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000005-flix-movi

    「ダニエルボンドの最終作俺流キャスティング」ですね。
    折りしもハリウッドではプロデューサーのセクハラ事件が明るみに出ている最中ですが、007ももしかしてダニエルが「俺と共演したいのなら俺とエッチしろ」とか言ってるのでは、なんて思ってしまいます。「私はダニエル・クレイグにセクハラを受けた」という証言が出てきたら驚きですね。(^_^;)それがジュディ・デンチだったらさらに驚きです。

    ボンドの場合、セクハラだけでなくMの自宅に2回も不法侵入してますしね。でも「カジノロワイヤル」でエレベーターが開くとすぐ部屋の中になっていましたけど、まるで「玄関開けたらすぐご飯」のCMを思い出します。家の中にエレベーターがあったんですかね。ダンナが死んでからはアパートになってましたが。

  • レア・セドゥにエヴァ・グリーン...
    こうなるとハリウッドの陰でスペクターが暗躍してそうな感じですね。
    前Mのジュディ・デンチはさすがにセクハラは受けなかったのかな?(^o^)

    なんでこんな女がたくさん映画に出てるの?と疑問がわく時はやっぱり裏で力が動いてるわけですね。

  • ヤフーの表紙に出てましたが、今日10月5日に記念すべき第1作「ドクターノウ」が英国で公開されたそうですね。アメリカや日本では半年以上遅れての公開です。まさかここまでシリーズ化するとは当時のスタッフも想像してなかったでしょうね。主演俳優に数十億払ってでも元が取れるヒット確実な映画になろうとは...いったいいつまで続くのやら。
    逆に、コケないように次回作の監督というのはかなりプレッシャーがかかりますけどね。

  • 動画を投稿してくれた生徒に、ある意味感謝せねばいかんね。これがなければ我々はこの事件を知ることが出来なかったわけだから。このガキの名前は梅野ショウとかいう読めないキラキラネーム付けられたクソ野郎とのこと。すでに県警によって逮捕されたそうな。こういう奴は死刑にせんといかんやろ。少年院出てもどうせロクに仕事もできんのやから。刑務所に終身刑で押し込んでマイク・タイソンとボブ・サップみたいな奴らと同じ牢獄に入れてボコボコにされないとダメやな。
    この学校、この事件を警察に被害届を出さずにもみ消そうとしたようだ。怒りを感じるね。「うちはこんな学校の生徒は雇わん」という企業経営者が増えたらいわゆる連帯責任というやつだよね。己の身勝手なふるまいが真面目に勉強しに来ている他の生徒の人生を崩壊させたのである。
    この学校はもう、そういう意味で近年中につぶれるのではないだろうか。来年からは受験する中学生はいなくなるよ。こんな学校、行っても就職はできない。
    似たような名前の名門校、偏差値70の福岡高校とは雲泥の差だ。福岡高校の学生さんは間違えられて結構迷惑しているのでは?

  • >>No. 1775

    ボンドがコネリーならスケベなのでほんとにそういう条件を付けてきそうですね。洋物AVでコネリーのそっくりさん主演「ヤッチャッタブル」とかありそうな感じです。(^o^)
    でも4代目ダルトンはほんとにブロッコリの娘バーバラと大人の関係になってしまって、ブロッコリの逆鱗に触れて降板させられたという噂もありますね。まさに「消された次回作」、ですね。

  • ソニーピクチャーズの配給権が切れたので、今度はどんな企業がタイアップしてくるのか興味ありますね。007は昔からソニーがスポンサーとして商品提供してましたよね。「私を~」の海洋研究所の大モニターもソニー製でした。この前、街の家電店に入ってテレビのコーナーをブラブラしてたのですが、その中でひときわすさまじい解像度の大画面テレビがありました。ソニーの65インチ、話題の「4K」テレビでした。どんなカメラで撮影したらあんな解像度になるのか怖いくらいです。こりゃ、女優さんのメイクも大変ですね。映画館のスクリーンだとさほど分からなくてもブルーレイで大画面テレビで見ると汚い部分まで見えるようになるのでしょうか。007はそこまで解像度にこだわる必要はない映画だと思いますけどね。

    ダニエルも今度が最後とあって、何だか少し調子に乗って、監督を指名したり色々好き勝手な注文を付けて「俺流ボンド映画」にしようとしてますね。私なら「毎晩ホテルの俺の部屋に最高のコールガールをよこせ」と注文したいです。(^o^)

  • >>No. 1771

    こんにちは。
    ボンドが使用していた特殊装備で庶民でも買えそうな物となると、例えば「リビングデイライツ」の口笛を吹くと音が鳴るキーホルダー、とかですかね。母親がボケて家の鍵をすぐどこかに置き忘れるのでこれがあると便利なんですけどね。
    ムーア卿のボンド時代はセイコーのデジタル時計だったので庶民でも買えそうな感じでしたね。左手にセイコーの腕時計、右手首にダーツガン、胸ポケットには注射器の付いた万年筆を携帯したいものです。名付けて「ムーンレイカーセット」!(あの万年筆はCIAからこっそりくすねたものですが)

    私は、カーネルというとケンタッキーフライドチキンのおじさんを連想しますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ