ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • 10月になった。
    中年大学生の誕生だ。
    特に入学式も無く、始まるなという感じ。
    暫く行けないなぁと、仲間と1泊ツーリングを堪能した。
    いつまでも遊んでいられない。
    いい加減気持ちを切り替えよう。

    先月、学生証と毎月発行の学校通信が届いた。
    色々とスクーリングの様子や、スケジュールについて書いてある。

    学科の特性上、やはり女性が多い印象だ。
    グループミーティング等上手に入っていけるか心配だ。
    勉強してるかの差が見えてしまったら尻込みしそうだからだ。
    20代にイタリア語会話学校に行ってた頃、朝から晩まで仕事、
    週2で昼間に抜けて通っていたが、疲れて単語すら覚えられず、
    予習復習の勉強に圧倒的な差を見せつけられた記憶が蘇る。

    最初の課題は、全科共通の「生活の科学1」「2」に決めた。
    1は、実際の自然観察記録等必要だ。
    記録の為少し時間が掛かる。
    ぱっと思いつくのはこの時期からだと、イチョウしか無い。
    既に銀杏が道に落ち始めてるから丁度いいかもしれない。
    でもこれは、”育つ”様子に値するのだろうか?
    冬越しの生物なんて都心で観察も無理だし難しい。
    目の前に老犬達が寝ているが、
    屋内犬で、書けるほどの変化は無い。
    春先に、今年同様何か野菜を植えるしかないか。

    2は、衣食住についてなので、比較的身近な話題で
    レポートしやすいかもしれない。

    2を先に仕上げて1はダメもとで仕上げてみよう。

  • 先日、最近知り合えた友達と会ってきた。
    帰路の間、色々考えた。

    自分がしたい事、しようと思った動機がはっきりした。

     精神的にとても不安定な人と長く一緒にいた。
    ただひたすら生活を継続させる事、
    ずっと自分の気持ちを抑え続け、何が起こっても本来の自分ではない、
    いつでも強く優しく守ってあげなければいけなかった事、
    誰にも相談できず、全部自分で決定、行動し、
    本当にこれでいいのかと迷い、ずっと出口の見えない孤独感と
    仕事が休めないプレッシャーに耐え続けていた事。
    ”ここが底だ、あとは上を見るだけだ。環境が良くなれば治るはず”
    ただそれだけを希望に暮らしていた。
    結果底が抜けて、自分が逃げた形になった。
    人から見たら、そんなの甘いと思われるかもしれないが、
    自分の器では目一杯だった。
    今でもこれを書いていて、トラウマのように胸が苦しい。

    出会えたお友達が、とても優しく垣根を作らず、
    こんな自分でも向かい入れてくれた様に感じて、
    いつぶりの感覚なのかな、
    久々に何時間でも足りない癒しの時間を過ごせた。
    普段の生活の中で、なかなか自分が自分で居れる事が
    出来ないが、本当に感謝している。

    自分がしたい事。
    資格を取り知識を得たうえで、
    自分が経験してきた孤独感と戦っている人達、
    心の病の診断受けた人やその家族の人などの
    相談、話し相手になって手助けできる仕事がしたい。
    お友達がしてくれたあの感覚に
    自分がしてあげられる人になりたい。
    十人十色の人の心は難しいのは、重々承知だ。

    過去の物、要らないものは捨てて行こう。
    今やらないといけない一つだ。
    でもとても勇気がいる。
    あまり関係のない話になったが、まあいいか。

  • 先週末に、1年次分の教材が届いた。
    科目と教材を照らし合わせて確認した。

    20年ぶりに作ったメガネをかけ、
    いくつかの課題を軽く本読みして、
    答えのイメージ作ろうとしてみたが、
    流石の先生、”そんな簡単にはいきませんよ”と
    聞こえたような気がして、
    届いた箱の前でしばらく唖然としてしまった。

    何から始めていいのか未だに分からぬままだが、
    単位試験日とスクーリングの大学に行く日程を考えながら、
    まずは優先順位を決めていかなければと思う。
    11/20(日)最初の試験日に、一つでも受けられればベストだ。
    最初のレポート作りは、失敗するのかなぁ…×も経験だ。

    今、書きながら思い出した。
    このOSにワードエクセル入ってないんだった…
    プリンターも実家に取りに行かないと。

    雑誌のコラムとは違う、記憶しながらの読書に早く慣れよう。
    意外な周りの期待感に少し戸惑いながらも、応えられる様に。

  •  誕生日にスレ立ててみた
    10月から始まるお勉強を前に
    今の心境を書いてみる

     40代、今の仕事の将来に不安を持ち始めた
    体力も仕事量を増やすにも仕事自体がない。
    振り返れば、何のスキルも持ち合わせていない。

    小さい時から料理の世界に入りたくて、
    高校も調理科に入り飲食業界で朝から晩まで
    お金じゃないと有名店で働きながらも、
    仕方ない状況の変化にあっさり諦め、
    お金を稼ぐため今の仕事で1数年経った。
    すでに過去のキャリアなんぞ無くなったも同じ。

    一人になって数年、やっと前向きになり始めた最近。
    だからといって体を使う仕事もヒザ腰に不安あり
    何をしようかと思ったときに、
    ある人に出会いこれから始まる先の仕事を知った。

    全くの畑違いの職種。
    高卒実務経験無しだと、大学で受験資格を取るのが早い。
    幸い体の異常もなく仕事しながらでも行けると踏んで
    通信教育やってみる気になった。

    来月からスタートするが、不安だらけだ。
    専門授業が多かったため、高1,2レベルらしいが
    普通科目のシラバス読んでも
    思い出すより新たに覚えなくてはならない。

    周りに言いふらし、辞める気を少しでも起こさないように
    してきたが、自信はホントに無い。
    1年次から最短で4年、恐らく1年は余分に必要になるだろう。
    記憶力と気力維持の戦いになりそうだ。

    未来の自分へ
    お膳立てはしておいた。
    達成出来ていなくても今の俺のせいじゃない。

    さぁ出掛けるか
    仕事と学校の両立の旅に

本文はここまでです このページの先頭へ