ここから本文です

投稿コメント一覧 (1481コメント)

  • こんばんは。12月の説明会出席された皆様
    お疲れ様でした。感想、情報を書いてくださり
    感謝します。東京は急用で行けませんでした。
    動画をようやく見ることができました。
    出席しなければ会社の様子はわからないので
    前向きに考えることにしました。
    耳鼻科や皮膚の薬なら治験バイトの人が
    見つかりやすそうだから早く進んで行くのではと
    勝手に思ってます。
    6004の臨床試験は私も先月あたりに問い合わせましたら当初は今年の3月に終了予定が1年くらいの遅れだと聞きました。ぴったりとは行かない
    でしょうが。

    エクラdの情報が少なかったですがやっと明るい情報がありました。
    女性誌のベストコスメ賞2018 下半期発表。
    MAQUIA 1月号 美容液部門2位
    美的 1月号 ブースター2位 など
    アルビオンでは今後アメリカに出店する予定が
    あるようなんで来年以降増産でもあればと
    淡い期待はあります。

  • 今日は水曜日で上がる日ですが、
    明日は友引、金曜は大安ですね。
    何かあればいいのですが。

  • おはようございます。先週末から超短期の人の手仕舞い売りだったようなんでこのまま待ちます。
    来年はわくわくしたいです。
    今年もまだまだあるんでがんばりましょう。

  • おはようございます。昨日の朝、日経バイオテクにナノキャリア、軟部肉腫対象のNC-6300のPIIで抗PDGFRα抗体との併用を計画
    記事が出てました。

    VBLは機関に38万株買われたとか?はっきりしませんがわかりましたらまた書きます。
    来年の卵巣癌のデータ発表を楽しみにしてる個人は少しづつ出ています。3/8あたりの売却組が
    またニョロニョロ出てきています。

  • こんなに極端に下げてるところないから
    待ちます。
    戻ってきたし。

  • おはようございます。昨日の3時に配信
    グローバル展開に必要なものとは。「Developers Go Global with Google Play」での日本人開発者によるパネルディスカッションをレポート

    森田氏の話が出ていました。グローバル配信を
    前提に事業計画を策定しているそうです。
    中国配信するものは、急いでほしいですね。

  • 国内の投資信託が10/31、11/5、11/8提出分で
    少しずつ仕込んでいました。
    一旦売却分を買い戻しているのかもしれません。

  • おはようございます。
    KLab「MACDはボトム圏離脱、下ブレ局面は仕込み場」=MACDで読む

    押したら買いで良いそうです。
    ゴールデンクロスです。

  • 振り落し終了か、今日はとてもお日柄も良いし
    明日は水曜日だから頑張ってください。

  • おはようございます。じわじわチャイナマネー
    が入り込んできたなら素直にうれしいです。

  • それはわかりませんし、いつになるかわかりませんが、
    書類によるとイスラエルの有名医薬品会社Ben ZviとTeva Pharmaceuticals Industries Ltd.の前シニアマネージャーであるShmuel博士(Muli)の任命により取締役会を強化しました。

    とあるのでこんな事も好感してるので
    また少しづつ信用回復してきたのではないですか。

  • おはようございます。VBLの決算報告でCEOが
    進行中のOVAL試験に加えて、我々は、GBMおよび他の腫瘍学的適応症におけるVB-111の治験 責任医師による試験の機会を模索している。私たちはその時を正式に説明します。

    と言ったようで追加試験はやりたいようです。
    本当ならいいけれど。
    ジワジワ反転始めました。
    来年に期待してレーティング$3と出して来ましたんでナノも早く材料だして株主を安心させて
    下さい。

  • 片岡先生の体内病院の記事がネイチャーに
    出てました。

    A nano-hospital in every body
    Nanoscale doctors curing the body from within sounds like science fiction, but for Japanese research centre COINS, it’s a serious goal.

    検索すると読めます。片岡先生の紹介で
    ナノキャリアのこともほんの少し書いて
    ありました。

  • こんばんは。まだ動画は観てませんが
    決算資料の中は曖昧な事が色々あるので
    公表して欲しいです。はっきりしないままだと
    新規の投資家に来てもらえません。
    解決することは早くして決定して下さい。
    VBLの決算発表ありましたんで
    書いときます。
    白金抵抗性卵巣癌でVB-111を評価し、進行中の第3相OVAL試験で患者を治療し続けた。
     
    ○OVALは、卵巣癌の第2相試験で全生存期間(OS)の利点を示したレジメンからの変更なしに、化学療法と組み合わせてVB-111を評価しています。
     
    ○有効性の中間報告は2019年第4四半期に発生すると予想される。
     
    白金抵抗性卵巣癌におけるVB-111の免疫メカニズムに関するデータは、2019年3月に発表される

  • おはようございます。決算発表後のニュースが
    投資家の見るネットニュースに上がって来ないのはどうしてなんでしょうか。最近の中国配信のニュース探してもありません。
    社長媒体の人とも仲良くしてください。
    かぶたんやフィスコなど。

  • VB111の再発性グリア芽細胞腫(rGBM)詳細データ出ましたね。


    最後のコメントを紹介
    我々が行ってきた新しい分析は、VB-111治療レジメンが抗腫瘍効果にどのように影響するかについての洞察を提供し、GLOBE第3相試験で正の第2相データが複製されなかった理由を理解するのに役立ちます」とDror Harats医師、VBLセラピューティクスの最高経営責任者(CEO) "我々は、ベバシズマブのないVB-111によるプライミングは、rGBMにおけるVB-111の免疫および血管破壊/抗血管新生のメカニズムにとって重要であると考えている。白金抵抗性卵巣癌患者におけるVB-111の進行中のOVAL第3相試験では、我々のGBM試験から学んだ教訓を考慮に入れて自信を持っています。 OVAL第3相試験では、化学療法と組み合わせてアバスチンよりもむしろVB-111を評価しています。 VB-111とパクリタキセルとの併用は、以前の治療で腫瘍が進行した患者を含む、卵巣がんの前臨床およびフェーズ2の両方において良好に機能した。 OVALでは、我々はまったく同じ成功した第2相レジメンを繰り返しています。

    これを読むとアバスチンという薬は良くないように聞こえます。10月頃アバスチンがこのレジメンでVB-111の活性を減少させた可能性があると考えている。
    という見解をしているものを読みました。

  • おはようございます。本物の食べる毛蟹も北海道では今年だけ安いと言ってましたので
    klabも蟹相場に連動しそう。
    ブリーチ結果が出てきてワクワクしてまいりました。がんばれ。

  • おはようございます。やはり海さん来ると上がるんだね。まだわかりませんが。
    VBLの研究発表は今日だったような。
    ぼちぼちあちらのホルダーさんも集まって来ました。やっと先日のナノの出したIRに気がつきました。
    ちなみに11/20があちらは決算発表ですが
    何かわかる事があればいいですね。
    卵巣癌は期待している人もいるようです。
    では。

  • これは売りの人は怖いかもしれません。
    ビクビクドキドキしてそうです。

  • pjyさんこんにちは。昨日フィスコのレポート
    出ました。なんだか推してくれてます。
    アキュルナのところにAccuRnaは11月5日〜7日、デンマークのコペンハーゲンにあるBIO-Europe 2018に出席し、潜在的なパートナーを探す。

    何かとありますが静かですね。
    明後日以降かも。

本文はここまでです このページの先頭へ