ここから本文です

投稿コメント一覧 (957コメント)

  • 久しぶりの投稿です。
    今年、新戦力の獲得もありすごく期待していましたが
    結局、何も変わらないですね。
    顔ぶれはすごくても4番打者がいない。
    いるのは4番目を打つ人だけ。
    4番目の打者として打席に向かう新井良太の
    顔に一瞬よぎる怯えのような影。
    打ち損じて帰るときの嫌な納得顔。
    悪いのですが、新井良太は4番打者ではありません。
    西岡とか福留とか、コンラッドとか
    新顔はいますが4番がいません。

  • >>No. 2497

    ご無沙汰していました。
    これまで、送信しようとしても
    URLだかなんだかが違うとか
    私のようなアナログ人間にはわかりません。

    で、関本。心配しています。
    選手会長としてより1選手として。
    昨日のあの場面。何とかしてほしかった。
    1死満塁ですよ。
    粘って粘って四球とか。
    持ち味を発揮してよという感じ。

    その替わり、新井良太が久しぶりに打ちました。
    が、まだまだ。
    コンラッドもダメですね。
    7試合が終わりました。
    140試合の1割も消化していないのだから
    選手起用に云々は早いでしょうか?

  • 新井良太が怪我で欠場ってことは
    誰が4番を打つのだろうか?
    福留、マートン?
    まさか新井兄貴?
    福留しかいないようにも思ったりしますが
    あすが楽しみです。

  • >>No. 2507

    3連敗。現実味が有り過ぎますね。
    選手の名前だけでは新井をはじめ西岡、福留と阪神も凄いですが
    すでに枯れた選手ばかり。(西岡はまだ糊代がありますか)
    巨人がすごいのは、育成から上がってくること。
    確かに長野や菅野のように「うさぎ以外は嫌」という
    超我儘な選手もいますが、
    坂本とか育成から這い上がってくる選手の活躍がすごい。
    その点、阪神は1、2軍を行ったり来たりの選手ばかりで、
    育成方法に疑問符を持ってしまいます。
    その最たる例がバルちゃんだった。

  • まだ、最初の数試合を消化(あえて消化といわせていただきます)
    しただけではないですか。
    これからですよ。
    昨年は、この段階で我が選手会長がさよならHRを打ってくれ
    期待の1年が始まったのです。
    ところが、という結果はみなさんご存知の通り。
    vs巨人30スコアをゼロ封じしたからと
    今の段階で糠喜びしてもしょうががない。
    シーズンが終わってから喜びましょう。
    今はまだ早い。
    投げる、打つ、守るの三拍子が
    心地よい音色を響かせてくれることを
    期待しています。

  • 本当に阪神を勝てるチームに改革したいのなら
    二つのことを実践してほしい。
    一つは、実績があがらない外人助っ人には2軍で休憩を。
    二つは、若手の元気がいい選手を使うこと。
    コンラッド、もうダメでしょう。
    去年までなら1軍帯同もゆるせたかもしれないけど
    今年はダメですよ。
    そういう年なんです、今年は。
    私の大好きな関本だって
    働けなければヨウナシです。

  • 福留の替わりに伊藤隼人
    新井兄の替わりに森田
    コンラッドの替わりは新井弟かな?
    藤井よりも日高がいいかも・・

  • >>No. 2570

    福留はメジャーで手を挙げる球団がなかったから
    日本に復帰したはずだった。
    打てないから、メジャーで見放されたわけです。
    それを獲ったのですが、
    ここまで打てなければメジャーの判断が正しかったわけで
    シーズン通して期待できません。
    逆に、高い金で獲った球団の責任は追求されなければなりません。
    コンラッドも同じです。
    打席で球筋を見極めようという探究心がない。
    ブラゼルのような、当たればという期待感も持てない。
    シーズンを投げるにはまだ早いので無茶なことは言えないですが
    2軍で調子のいい選手を抜擢してほしいのです。
    もし、このまま、いつもと同じように
    新井兄だの福留だのダメ外人助っ人だのがスタメンに出続けるなら
    経営陣は阪神ファンの逆襲を覚悟するべきでしょう、ね。

  • どうなるかと思ったドーム戦でしたが
    榎田で食い止めました。
    それにしても、貧打線が回復したしたわけではありません。
    今日の叩きでの一つの光明は、
    楽な立場でなら新井兄だって打てるということです。
    福留もそうかもしれません。
    でも、そうなると厳しい試合展開の中で役立てるのでしょうか?
    そんなの、必要ですか?

  • >>No. 2588

    今日は素直に謝ります。
    悪口言いすぎました。
    今日は福留様様です。
    ただ、せめて
    延長になる前に決めてほしかった。

  • >>No. 2635

    小島くんは小島君でしかないし
    安藤は安藤以外ではないのです。
    福原も福原でしかない。
    新井兄は、チャンスで打てないことは実証済みで
    新井弟がどんなに天を仰いでも打てないものは打てない。
    だから、
    関本に本来の関本になってほしいし
    マートンには安打製造機の仕事をしてほしい。
    和田さんは、監督なんだから
    選手を動かす仕事をしなければならんでしょう。
    それを采配という。
    采配ができなければ、監督は辞任すべきです。

  • >>No. 2640

    横レス、失礼します。
    安藤と福原ですが、確かに現時点で失点ゼロです。
    しかし、今は良くても、いつかは・・・
    という気持ちが拭いきれません。
    いったん悪くなれば、
    いつものごとく、ずるずるといくのでは?
    そうなった時、ファームゆきや降板が
    今の指導陣にできるのでしょうか?
    そこが心配です?
    杞憂におわってくれればいいし、
    このまま絶好調でいてくれれば、それにこしたことはありません!!

  • >>No. 2643

    「良い時ぐらいは褒めておかないと」
    というのはよくわかります。
    でも、少し褒めるととたんに崩れそうで、
    それが怖いのです。
    これまでの経験がそう教えてくれています。

  • 嫌いな選手はつくりたくないのですが
    どうしても、新井兄は好きになれません。
    チャンスになれば凡退
    あのぼやーっとした顔が好きになれない理由でしょうか?
    今も、1死一三塁でピッチャーゴロの併殺打。
    もっと悔しそうにしろよ!!

  • No.2682

    ザラテ

    2013/05/05 21:40

    久保は厳しいですね。
    一昨年でしたか、ザラテという選手をとったと思います。
    スピードはあるが制球力が甘いとか。
    どうしたのでしょう?
    使えないのでしょうか?
    伸びないのかな。

  • >>No. 2687

    情報、ありがとうございます。
    そうですか、投げられないのですね。
    そうすると、安藤、福原、久保の順しかないんでしょうか。
    若手の登場に期待したい。

  • No.2703

    久保

    2013/05/08 21:24

    ストッパーとしてはどうでしょう?
    今日も2点取られて同点延長になってしまった。
    自信を持って投げていないし。
    代わりが安藤、福原では怖いし。
    藤川の替わりって、大変なのですね。

  • >>No. 2720

    糖尿病を抱えながら頑張っているので
    応援したいのですが
    こんな調子では、ちょっとね。
    あの得意のスライダーは有効活用できないのでしょうか?
    私たち地方は今日はテレビ中継が見えません。
    ヤフーでの結果観戦です。

  • >>No. 2729

    セキの存在感が薄くなっているのは事実です。
    やっと安打を何本か打っていますが
    ここぞという時の打撃の記憶がない。
    昨年、シーズン始まりと同時に
    試合を決めるHRを打って
    今年こそは関の年と思ったのですが・・・
    もしかして、檜山ともども
    今年のストーブリーグの主役になるかも
    そんな杞憂を感じています。
    「必死のパッチ」は遠い昔でしょうか。

  • >>No. 2736

    単純に考える私は間違っていますか?
    本塁の前でのブロックプレーは
    捕手にとって当たり前で
    そこに突っ込む三塁走者はまさに格闘技者です。
    相手に怪我をさせようと思って
    あるいは今季のプレーを断念させようと思ってプレーする選手はいないでしょう。
    内角攻めする投手と同じなのでしょうが
    技術がないから本塁に突入するなとは言えないでしょう。
    1点が掛かっているのですから。
    マートンだって、田中に怪我をさせようと思ったはずはありません。
    厳しいブロックをかいくぐったという思いの方が強いのと違いますか?
    だからこその次打席での安打のガッツポーズでしょう。
    次打席での後ろを通る投球も、
    ヤクルト投手がまさかぶつけようと思ったわけはないでしょう。
    悪意にとればいくらでも悪意にとれます。
    でも、それでは野球を観戦していて面白くありません。
    丁々発止はあるでしょうが、
    あれこれ考えないで
    性善説で野球観戦したいと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ