ここから本文です

投稿コメント一覧 (123コメント)

  • なんてこったい。楢葉木戸前のオープン日だというのに。
    こうなってしまった以上は、常時赤字の不動産を整理するとか、根本的な対策をしたほうがいいんじゃないか。

  • 今回の四季報には期待させるようなことは特になし。昨年の札幌店舗の解約が痛手だったことを再確認。
    18日オープンの楢原木戸駅前は、現状で残室が少なくとも20以上ある。需要が見込める立地なので決めた開業と思うが、大丈夫だろうか。
    大阪塚本は相変わらず好調。客室単価を1~2割程度上げているようだ。
    山形エアポートは来週の予約は埋まってきているので、安心した。土曜日の宿泊が弱いが、周りに楽しめるところが無さそうな立地なので仕方がないか。

  • 今週は山形エアポートの予約状況が持ち直してる。
    大阪塚本は既に残室わずかの状況。
    今週オープンの楢葉木戸駅前は、現時点で85%程度の予約状況。立地的に福島原発の廃炉事業で長期的な高稼働が見込めるので、ここは安心できそう。

  • シンジケートローンによる資金調達のIRが出ています。最大6億円で、ホテル新規店舗開業に伴う支出のためとのことです。

  • 大阪塚本は、単価が上がってきていて、先々の予約まで埋まってる。非常に良い。
    楢葉木戸駅前は、既に長期滞在の契約があるのか、既に先々の予約がとられている。
    山形エアポートは、他のホテルと比べれば稼働率は低そうだけど、そこまでひどい状態でもなさそう。場所的な不利はありそうだけど、工夫して頑張って欲しい。

  • 山形エアポートが弱ってきている。稼働率・単価ともに下げてる。このホテルだけは単体で赤字になってそう。残念だ。

  • >>No. 394

    すみません。楽天トラベルは見やすくて良いサイトです。

  • 楽天トラブルで、直営店舗の単価・残室数を毎日見ていますが、基本的に状況は良いと思います。
    沖縄は、シーズンオフなので夏よりは単価が低いですが、稼働率は高いです。
    また、新店舗の大阪塚本は、相当調子が良いです。

    2017年3Q単体では、ホテル事業だけで、売上13億を超えそうな気がします。
    3店舗減となった、2016年3Q以降は売上高10億が続いていましたが、2017年2Qでは12.7億に回復しました。

    お客様レビューを見ても、基本的に良い評価をされているので、このまま日々改善を進めて貰いたいです。

    不動産事業については、常に大きな赤字を出し続けている部門なので、株主として、詳しい状況の説明がほしいです。

  • ベストウェスタンには、通常の3つ星のベストウェスタンと、グレードが4つ星のPlus、5つ星のPremierがあるようです。
    千歳は日本初のPlusのようで、客単価があがるといいですね。

  • 10月の訪日外客数が出ました。
    https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

    中国がツアー制限をしたので、中国からの外客数が下がるか懸念していましたが、昨年よりも高い伸び率になっていて幸いでした。

  • というのと、不動産事業が定常的に5000万円程度損失が出てるのを整理できないものか。

  • 間接部門の費用をまとめました。
    1Qあたり通常6千万円台かかっていますが、今回は9千万円近くかかっています。
    通常より2000~3000万円程度上回ってますが、これが採用に関わる費用かと思われます。
    これと、1Qのホテル売上が悪かったことが後を引いて第二四半期の営業利益がマイナスを引きずったものと思います。

    ▼間接部門
    2017 2Q:営業利益 -88百万円
    2017 1Q:営業利益 -69百万円

    2016 4Q:営業利益 -56百万円
    2016 3Q:営業利益 -60百万円
    2016 2Q:営業利益 -59百万円
    2016 1Q:営業利益 -68百万円

    2015 4Q:営業利益 -57百万円
    2015 3Q:営業利益 -56百万円
    2015 2Q:営業利益 -64百万円
    2015 1Q:営業利益 -67百万円

    2014 4Q:営業利益 -67百万円
    2014 3Q:営業利益 -62百万円
    2014 2Q:営業利益 -67百万円
    2014 1Q:営業利益 -58百万円

  • 3店舗減となった2016 3Q以降は10億円程度が続いてましたが、今回は12.7億円でした。
    沖縄のシーズンインの効果もあると思いますが、全体的に調子が上がってきている気がします。
    オープンに関わる設備を資産から費用に変えたとか、採用のコストが予想以上だったとか、今更か、という理由で利益が下がって、見た目が悪い決算なので、たぶん株価は上がらないと思います。
    しかし、新規店舗を増やさないとこのままジリ貧の状態が続くだけなので、今は利益は犠牲にしてでも目標通り2020年までに直営30店舗を実現しなはれ。BestWesternは全店舗の高稼働が実現できている。
    どこかのタイミングで、株価はあがるはず。30店舗で配当を出すことは以前に社長がインタビューで答えてた。

  • 過去の決算資料から1Q単位のセグメント間の取引を消去した売上・営業利益をまとめました。

    ▼ホテル事業
    2017 2Q:売上 1277百万円 営業利益 160百万円
    2017 1Q:売上 1063百万円 営業利益 51百万円

    2016 4Q:売上 1000百万円 営業利益 -30百万円
    2016 3Q:売上 1046百万円 営業利益 1百万円
    2016 2Q:売上 1459百万円 営業利益 195百万円
    2016 1Q:売上 1458百万円 営業利益 222百万円

    2015 4Q:売上 1353百万円 営業利益 82百万円
    2015 3Q:売上 1298百万円 営業利益 117百万円
    2015 2Q:売上 1340百万円 営業利益 160百万円
    2015 1Q:売上 1233百万円 営業利益 74百万円

    2014 4Q:売上 1274百万円 営業利益 76百万円
    2014 3Q:売上 1348百万円 営業利益 166百万円
    2014 2Q:売上 1248百万円 営業利益 121百万円
    2014 1Q:売上 1071百万円 営業利益 -10百万円

    ▼不動産事業
    2017 2Q:売上 35百万円  営業利益 -49百万円
    2017 1Q:売上 36百万円  営業利益 -48百万円

    2016 4Q:売上 42百万円  営業利益 -40百万円
    2016 3Q:売上 60百万円  営業利益 -29百万円
    2016 2Q:売上 73百万円  営業利益 -46百万円
    2016 1Q:売上 118百万円 営業利益 -3百万円

    2015 4Q:売上 116百万円 営業利益 -10百万円
    2015 3Q:売上 115百万円 営業利益 -9百万円
    2015 2Q:売上 175百万円 営業利益 21百万円
    2015 1Q:売上 124百万円 営業利益 -10百万円

    2014 4Q:売上 121百万円 営業利益 -21百万円
    2014 3Q:売上 127百万円 営業利益 -12百万円
    2014 2Q:売上 124百万円 営業利益 -3百万円
    2014 1Q:売上 132百万円 営業利益 -10百万円

  • >>No. 316

    今日はポジティブですね。😃

  • >>No. 302

    有利子負債の減少と自己資本比率の上昇は事実ですが、経営状態の改善は11/10の2Qの結果を見て判断かと。

  • >>No. 301

    いいですね。最上階でその値段は価値ありと思います。

  • >>No. 299

    それは、ちょっと笑えますね。
    わざわざホテルの支配人に感謝される優待券は価値があると思います。

  • 多分ですけど、優待は使われても価値開発に損になるような価格設定にはしていないと思います。
    わざわざ泊まりにきてくれて、ありがたいと思われてるかと。

  • 9月の訪日外客数も順調。2Qの売上は24億を超えると信じたい。
    https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

    ここいらで、福岡・京都の開業IRを出してほしい。
    9月にオープンした大阪塚本も10月には稼働率が高い状態になっているので、オープン後わりとすぐに高稼働にできる実力があることが分かった。

本文はここまでです このページの先頭へ