ここから本文です

投稿コメント一覧 (268コメント)

  • 内容からみると形式的なもんじゃん。
    アルゴしすぎだわ。。ホリエモンとかの場合とまったく違うし、
    いいかげんだな。

  • この水準なら、楽に配当もらって、さらにキャピタルゲインも得られそう。
    今期が前期と同じ水準なら、3,500円前後の実力はあるでしょう。
    板硝子とかの回復をみると、期待もふくらむが、V字回復は厳しいので
    4,000円台は、来年までお預けでしょうね。

  • 大阪の地震が影響してそうですね。。
    余震が続くようだとしばらく軟調かもしれないです。
    今日ココまで売られるのは過剰反応だと思うけれど、仕掛けはひどいですね。

  • 公募増資後でもその数年後、価値向上によって株価が上昇する企業がある中で、
    このような低空飛行状態が続いているのは、明らかに重なる増資によって、
    長期投資に適さないと市場が判断しているのかもしれません。
    しかし、割安感があるのも事実で、指標面からは時価総額1,000億円程度は
    あってしかるべきだと思います。その基準で判断すると、現在の株価は2,830円と
    なります。ここより下落分が、度重なる増資による将来懸念なのかもしれません。

    経営陣を交代させるか、現在の取締役の体制では(2~4年か?)増資を
    行わないと約束させる必要があると思います。
    それだけで株価はS高するかもしれません(おそらく空売り機関の買戻しでしょうけれども)

  • こちらの株主の方、株主優待はたとえば1,000株保有の場合、
    グルメギフトのみなのでしょうか?それとも、ギフトカードや
    QUOカードもいただけるのでしょうか?ご存知の方おしえてもらえませんか?

  • 借金しても、けして既存株主の毀損にならないよう社債発行などを
    利用し、そのお金を投資して企業価値向上を目指す孫正義率いるソフトバンク。
    お金が必要なので公募増資します、と2年連続、既存株主軽視の、サルでもできる
    資金調達法を利用するユニゾHD経営陣。

    それにしても株価はいくらなんでも叩き売られすぎですが…。旧村上ファンドのレノさんとか
    メス入れてくれないかな。すぐに3,500円~4,000円に上昇すると思うのですが。
    もちろん自分も、ここの株主として、現取締役の再任はすべて否、です。

  • この開示って、以前からわかってたことだよね?
    結構出尽くし系になると思うんだけど…。仮想通貨がらみ3,600円から上昇していただけに
    飛びつきは危険だと思う。

  • なんだかんだいっても、海外戦略で日本食は流行ると思うし、
    2020年度には5,000円台突破していると思う。

  • 17年から18年へ純利益ベースでは業績が急落していますが、
    19年が18年と変わらないか、多少の下方修正があっても、4,000円前後の
    評価はあってしかるべきだと思う。19年の会社予測が出てくるまでは、
    大型株なだけに先物に左右される展開が続くのかな。
    板硝子もしっかり業績を上げてきているだけに、株価が割安な分、
    こちらの修正幅は大きいと思いますけどね。

  • 経営陣の交代か、社長が既存株主に株価下落を招いたことを謝罪し、
    今後は公募増資に頼らず、ファイナンスは社債等に方向転換することを明言すれば、
    すぐS高するよ。特に空売り勢が多いので、踏み上げ相場になると思う。
    ファンダメンタルズだけみれば、4,000円前後が妥当でしょう。
    さらに、民泊業を定款に加えれば、株価上昇の寄与間違いなし。検討を願いたい。

  • 出遅れ銘柄の極致ですね。
    株主還元重視、業績好調のこのような企業こそ、長期投資に適した銘柄でしょう。
    いずれ上場来高値更新していくと思っています。
    長い調整を経て、東京五輪までに2,000円あたりをメドにみています。

  • 割当増資で上昇するパターンに当てはまったような感じでしたね。
    時価総額が低いので材料があれば何にでも反応するかのような…。
    14日の決算が近づいてますが、何らサプライズは無いと思うので、
    1,350円前後の定位置に戻るように思いますが…。
    いずれにせよ、個人的には、人材派遣に舵取りを切る方向ではなく、
    ゲーム開発技術者の集団として、大手ゲーム会社との連携や買収といった方向で
    投資対象にしていたので、S高で全処分しました。
    人材派遣系として優れた企業に変貌できれば、派遣他社との連携などで
    期待できるかもしれないですけれど、まだまだ時間はかかりそうですね。

  • 決算はおおむね予想どおりの内容でしたが、
    前期の減配はいたしかたないとしても、今期黒字浮上を見込みながらの
    さらに20円減配では、長期投資対象にならないので、全処分しました。
    10円配当では、単純計算で、500円を割らないと個人的には保有に魅力を感じないので、
    しばらく買うことはないですね。いたし方ありません

  • スズケンが買われて、こっちが下に反応するとか無いですよね~。
    2,000円を下回っている株価ならどこだって割安感しかないと思う。

  • また資金調達ですか。。。
    株主構成みたけれど、やはり経営陣に大株主がいないみたいですね。
    時価総額 に対してこれだけ何度も資金調達され、その方法が毎回公募増資では、
    「企業価値・株主価値のさらなる向上に繋がるものと確信しております」という
    文末の言葉が滑稽にみえますね。利回り水準では3%ほどと割高感はないように思えても、
    高い物件をあさりまくって、そのお金を既存株主から、では、長期投資なんで
    根付かないでしょ。

  • 任天堂のポケモンGOが社会現象になって数年たち、
    去年任天堂がDeNA以外との協業を検討していくと発表し、
    私は、元祖位置ゲーのコロプラが有力候補なのかなと考えていました。
    その後、任天堂とコロプラとの訴訟問題がおき、その可能性は消え、
    いまはココではないのかなぁ、と予想しています。直近の決算では
    そうとう売られましたが、毎回ココは決算後に暴騰したり急落したりして、
    1,500円前後(分割前3,000円)に収斂しています。ポケモンGOに続く位置ゲームが
    モバファクの開発チームとタッグを組んで盛り上がるといいなぁ。

  • 単なる屈伸運動だと思っています。
    好業績IPOなんだから、長期目線でいきましょう。
    アルバックが大株主ですからね。

  • テクニカル的に厳しいチャート形状になってきましたね。
    4月に入って高値圏である銘柄が好業績で10%以上売り込まれたり、
    年初来安値更新と、ふるわない企業が増えてきました。
    今日は10時30分からマザーズ指数が切り返したのに反応せず、
    ここは後場に再度安値をタッチするなど、さえません。
    日経平均やマザーズ指数などがこのまま低空飛行だとすると、
    よほどのサプライズがない限り、5月決算で4,000円台前半も
    視野に入れないといけないかもしれませんね。指標面では割高感もないものの、
    同様な割安銘柄でも売り込まれてる銘柄は多いですからね。へたに信用買いをして
    値を重くするのではなく、来期業績がみえるまでは我慢の時期かもしれないです。

  • テクニカル面で14700円割ると、一気に13,000円台つけそう…。
    13時過ぎでこの急落は危険な動きだと思う。。これが14時30分とかなら、
    リバ取りもありえるが、怖い動き。。様子見

  • 日経平均が3月26日に安値をつけてしまった為、
    大幅調整を余儀なくされてしまったものの、出遅れ修正余地は
    高そうなので、この陽線は転換マドと信じたいところですね。
    700円前後からは、値が重たくなりそうですが、そのあたりで値固めして
    決算を確認したいところです。

本文はここまでです このページの先頭へ