ここから本文です

投稿コメント一覧 (7998コメント)

  • ママちゃん Happy♪ヾ|。・∀・。|ノ" Birthday♪だす

  • 大寒だったわりにそれほど寒くなかっただすw
    来週はまた寒波くるみてーだすが><
    じゃ今日のお話だす
    ●1月21日は料理番組の日
    なぜ1月21日が「料理番組の日」なのかというと、1937年1月21日にイギリスのBBCテレビで、料理番組の元祖と言われる番組「夕べの料理」の放送が開始されたことが由来となっています。
    記念すべき第一回放送の内容は「オムレツの作り方」で、この日の担当のマルセル・ブールスタンは、世界で初めてテレビに出演した料理人となりました。
    日本で現在でも放送が続けられている「3分クッキング」についても26年後である1963年の同日に放送が開始されたそうです。

    ●なぜ3分で作れないのに3分クッキング?
    日本の代表的な料理番組といえば「キューピー3分クッキング」ですよね。
    その名前から3分で料理を作って紹介してくれる番組を連想するかもしれませんが、実際には3分以上調理をしていますし、放送枠自体も10分ありますよね。
    「3分クッキング」の放送が始まったころには放送枠が5分しか無かったそうで、CMをはさんでしまうと調理をしている時間が3分間しか放送されていなかったんですね。
    しかし、これも3分間で料理が出来るのではなく、あらかじめ食材の下処理であったり、焼いたり煮込んだりする工程もカットされていて、3分間を使って最低限の調理の様子を見せてレシピを紹介するという番組だったのです。

    ●1月21日はライバルが手を結ぶ日
    なぜ1月21日が「ライバルが手を結ぶ日」なのかというと、1866(慶応2)年1月21日に長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本龍馬らの仲介で京都で会見し、倒幕の為に薩長同盟(薩長連合)を結んだことが由来となっています。

    ●毎月21日は漬物の日
    なぜ毎月21日が「漬物の日」なのかというと、毎年8月21日に名古屋市にある萱津(かやつ)神社で「香の物祭」として祝っていることが由来となっています。

  • 2018/01/21 07:31

    静かな日曜だすw

  • 北朝鮮が二転三転してるだす~><

  • 農薬は中国がスゲーみたいだすね><
    川が赤や緑に変わるそーだす><

    小室さんはわかるよーな気もするだす^^:
    正しいとは言わんだすけどね

    じゃ今日のお話だす
    ●1月20日は大寒
    「大寒」とは「だいかん」と読み、二十四節気の一つとなります。
    「大寒」はそこまで有名な二十四節気ではありませんが、祝日になっている「春分」や「秋分」、日照時間が最も長くなったり短くなったりする「夏至」「冬至」は実は二十四節気の一つなんです。
    それでは「大寒」がどのような季節なのかといういと「寒さが最も厳しくなるころ」となっており、「暦便覧」によると「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」とされています。

    ●1月20日は玉の輿の日
    なぜ1月20日が「玉の輿の日」なのかというと、1905(明治38)年1月20日にアメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、ジョージ・モルガンが祇園の芸妓・お雪を見初め、結婚したことが由来となっています。

    ●1月20日は二十日正月
    「二十日正月」については正月の最後の日とされていて、正月納めの行事を行う日となっています。
    正月に食べた魚の骨や頭までも食べ尽くすことから、「骨正月」「頭正月」と呼ぶ地方もあるそうです。
    昔は正月を祝い納めとして仕事を休む物忌みの日でもあったそうです。
    この風習についても地域によって様々な呼び方があり、石川県では「古事記正月」とされていて、群馬県では「棚探し」、岐阜県では「フセ正月」などと呼ばれています。
    どれも呼び方が違うだけで、正月納めとして正月のご馳走や餅などをこの日に食べつくすという風習になっています。
    また、西日本では二十日正月に麦飯にとろろをかけて食べることが多く「麦正月」とも呼ばれています。

    ●毎月20日はワインの日
    なぜ毎月20日が「ワインの日」なのかというと、フランス語で「ワイン」と「20」がどちらも「ヴァン」と言うことが由来となっています。

  • 来週は寒いみてーだす><

  • オレは年中休みだす~w

  • 食の好みは変わるだすな^^:
    最近は野菜も食べるよーになっただすw
    肉がそれほど食えなくなっただす><
    じゃ今日のお話だす
    ●1月19日は空気清浄機の日
    なぜ1月19日が「空気清浄機の日」なのかというと、1月19日という日付が「い(1)い(1)く(9)うき」という語呂合わせであることが由来となっています。

    ●標高が高いと空気が薄くなる理由
    そもそもなぜ標高が高くなると空気が薄くなるのか知っていましたか?
    地球上にあるものには例外なく重力が掛かっていて、空気も重力があるから地球上に留まっていられますよね。
    例えば標高0メートルの地点と標高3000メートルの地点を比べると、標高0メートルの地点の方が重力がより大きくかかります。
    重力が大きければ大きいほど留めていられる空気の量は多くなりますし、逆に重力が弱くなれば留めていられる空気の量は少なくなります。
    このことから、標高が低ければ低いほど空気の密度が濃くなって酸素も取り込みやすくなり、標高が高ければ高いほど空気の密度が薄くなって酸素が取り込みづらくなるのでした。
    ちなみに、標高によって空気の密度は変わりますが、空気中に含まれる酸素の割合は変わらないそうです。

    ●1月19日はのど自慢の日
    なぜ1月19日が「のど自慢の日」なのかというと、1946(昭和21)年1月19日にNHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始されたことが由来となっています。

    ●毎月19日はシュークリームの日
    なぜ毎月19日が「シュークリームの日」なのかというと、19日という日付が「シューク(19)リーム」という語呂合わせであることが由来となっています。

    キツい語呂合わせだすな><

  • 身に覚えがあるだす><

  • ママちゃん 今年もよろしくお願いしますだす○┓ペコ

    隠れインフルエンザにご注意だす~><

    熱が上がらないのにノドが痛いとかだそーだすよ^^:

  • 柳沢信吾がプチブレイクの兆しだすなw
    オレ的にはあのネタは飽き気味だすがw
    じゃ今日のお話だす
    ●1月18日は118番の日
    なぜ1月18日が「118番の日」なのかというと、1月18日の「1」と「18」の数字の並びが、海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」と同じであることが由来となっています。

    ●海が青色をしている理由
    実は海の色が青色に見えているのには光の波長の長さが関係しているんです。
    海に太陽の光が差し込むと、その光はだんだんと海に吸収されていって、深海には光が差し込まなくなりますよね。
    実は海に光が吸収される際には、波長の長い光から順番に吸収されていき、一番波長の長い赤い光はすぐに吸収されて無くなってしまうのですが、波長の短い青い光はあまり変化がないのです。
    そのため、吸収されずに海に差し込んだ青い光が、海の中にある様々なプランクトンなどの物質に反射することによって、海が青色に見えているのでした。

    ●1月18日は都バス記念日
    なぜ1月18日が「都バス記念日」なのかというと、1924(大正13)年1月18日に東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業を開始したことが由来となっています。

    ●毎月18日はホタテの日
    なぜ毎月18日が「ホタテの日」なのかというと、ホタテの「ホ」を分解すると「十八」になるということが由来となっています。

  • 小室さんが不倫疑惑だす><

  • 秋田県能代市の米代川にアザラシの赤ちゃんだすw

    早くもヨネちゃんと名づけられてるみてーだすw

    朝はこーいうほのぼのニュースがええだすなw

  • 羽生竜王x藤井4段スゲーだすねw
    非公式で1勝1敗だすw
    公式戦も近いそーだす
    じゃ今日のお話だす
    ●1月17日はおむすびの日
    なぜ1月17日が「おむすびの日」なのかというと、1995年1月17日に淡路島北端を震源とする阪神・淡路大震災が発生したことが由来となっています。
    阪神・淡路大震災でボランティアをしてくれた人の善意をいつまでも忘れないようにするため、1月17日が「おむすびの日」として制定されました。
    また、おむすびに関連する記念日は他にも制定されていて、6月18日も「おにぎりの日」となっています。

    ●おにぎりとおむすびの違い
    呼び方の違いは諸説あるとされていますが、地域によって呼び方が変わることが多いそうです。
    関東や東海道の一部ではおにぎりのことをおむすびと呼ぶ地域があるそうで、その他の地域のほとんどではおにぎりが定着しています。
    また、地域以外にも形や握り方によっても呼び方が変わるとされていて、おむすびはもともとは神の力を授かるためにお米を山に見立てて三角形に握られたものであるため、「おむすび=三角形」と考えられています。
    おにぎりについてはお米を握った「握り飯」のことなので、お米を握って作られたものであれば形は関係なくおにぎりと呼ばれるそうです。

    ●1月17日は防災とボランティアの日
    なぜ1月17日が「防災とボランティアの日」なのかというと、1995年1月17日に阪神・淡路大震災が発生したことが由来となっています。

    ●毎月17日はいなりの日
    なぜ毎月17日が「いなりの日」なのかというと、17日という日付が「い(1)な(7)り」という語呂合わせであることが由来となっています。

  • 阪神・淡路大震災から今日で23年なんだすね
    未だに約4000億円の借金だそーだす
    復興もお金かかるだすね^^:

  • 樹氷にラクガキだす~><

    自然物ですぐに消えちゃうから罪に問えないみてーだす^^:

    しちゃアカンだす~!

  • 痛いってほどでもないんだすがムズムズして目が覚めちゃうだす><
    いつでも寝れるからええんだすがw
    じゃ今日のお話だす
    ●1月16日は禁酒の日
    なぜ1月16日が「禁酒の日」なのかというと、1920(大正9)年1月16日にアメリカで禁酒法が実施されたことが由来となっています。

    ●乾杯は毒見をするためにされていた
    宴会などでお酒を飲む場合は当然ですが「乾杯」の音頭を待ってから飲みますよね。
    しかし、現在では宴会の開始を告げるための「乾杯」が昔はお酒に毒が入っていないことを確認するために行っていたものだって知っていましたか?
    乾杯することによってどうやって毒が入っていないかを確かめたのかというと、グラスをぶつけることによって、お互いのグラスの中のお酒を相手のグラスの中へと入れていたのです。
    グラスをぶつけて飛び散った自分のお酒が相手のグラスに入っても相手が平気で飲めているのなら、自分のグラスにも毒がもられていないことがわかりますよね。

    ●1月16日は閻魔参り
    地獄の釜が開く日で
    そのため、1月16日に閻魔堂にお参りすることを「閻魔参り」といって、閻魔参りをすることによって日ごろの悪い行いを許してもらうことが出来ると考えられています。
    1月16日と7月16日が閻魔参りとなっていますが、1月16日の方を「初閻魔」と呼ぶそうです。

    ●毎月16日はエコの日
    なぜ毎月16日が「エコの日」なのかというと、2005年2月16日に京都議定書の効力が発生したことが由来となっています。

  • ニュースってことかかないんだすね><
    まーよく出るってくらいあるだす^^:

  • 目が覚めちゃっただす><

  • 今朝は小豆粥を食べるのが風習の小正月(こしょうがつ)だそーだす
    東北地方が主みたいだすが^^:
    じゃ今日のお話だす
    ●1月15日はいちごの日
    なぜ1月15日が「いちごの日」なのかというと、1月15日という日付が「いち(1)ご(5)」という語呂合わせであることが由来となっています。

    ●いちごの粒の意外な正体
    あのいちごの表面のつぶつぶはいちごの種だと思われがちなんですが、あのつぶつぶこそがいちごの実であって、いちごの種ではないんです。
    それでは今までいちごの果肉だと思って食べていた部分は何なのかというと、実はいちごの茎の部分なんです。
    このような果物は「偽果(ぎか)」と呼ばれていて、茎の部分がまるで果実のように大きくなっていることが特徴となっています。

    ●1月15日はウィキペディアの日
    なぜ1月15日が「ウィキペディアの日」なのかというと、2001年1月15日にインターネットの百科事典サイトである「ウィキペディア」が公開されたことが由来となっています。

    ●毎月15日はお菓子の日
    なぜ毎月15日が「お菓子の日」なのかというと、和歌山県の橘本神社と兵庫県の中嶋神社の例大祭が制定当時4月15日に行われていたことが由来となっています。

本文はここまでです このページの先頭へ