ここから本文です

投稿コメント一覧 (2932コメント)

  • 日経新聞

    ビットコインキャッシュ一時「3倍」、「インサイダー調査」が示す市場の未成熟

    2017年12月21日 9:45 

    インターネット上の仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が前日20日に急伸した。既に日本時間の同日午前には、過去最高値の1BCH=3000ドル台を付けていたが、夜間にかけてさらに上昇。コインベースが運営する米大手電子取引所では、その約3倍の9500ドルという異常値を付けたようで、その後、取引がすぐに停止した。BCHは本家ビットコインに比べて認知度が低く、取引の自由度を示す流動性は本家に遠く及ばない。このためまとまった規模の買い注文による振れ幅はかなり大きい。背後には法定通貨をも揺さぶる巨額の機械取引「アルゴリズム」の影も見え隠れする。

    20日のBCH急伸の要因は3つ考えられる。まずはビットコインの情報サイト「Bitcoin.com」の幹部がツイッターで「ビットコインは使いものにならない。全額売却しBCHに乗り換えた」とつぶやいたことだ。Bitcoin.comは本家の送金遅延問題などに批判的な論調で知られるが、「全額乗り換え」に投資家は強く反応した。2つ目にビットコインのマイニング(採掘)コスト上昇に音を上げた中小マイナー(採掘者)の流入。最後に「コインベースが当初来年1月に予定していたBCHの取り扱いを年内に早める」との観測だ。

    コインベースの動きについては、正式発表がない段階でうわさが流れていた。ツイッターのコメントにも登場し、市場参加者のBCH買い意欲を高めた。そんな不穏な空気が漂う中でコインベースが運営する電子取引所GDAXが実際にBCH取引を始めたために「9500ドル」が実現したわけだ。GDAXはすぐに売買停止に踏み切った。

    BCHの大幅高をもたらしたとされる材料は中小マイナーの悲鳴も含め、ツイッターが深くかかわっている。ツイッターは個人にとって大切な情報源となるだけでなく、ヘッジファンドなどの主要投機筋がアルゴリズムを組むときの重要なツールだ。市場では「何らかの形でアルゴが相場を揺さぶった可能性は高い」(外国証券の顧客担当者)との声が聞こえてくる。

    20日のBCH狂騒曲は、大口注文に弱い仮想通貨市場の未成熟さを浮き彫りにした。欧米メディアによるとコインベースはその後、社員に対するインサイダー取引の疑惑について調べる考えを示したという。巨大な法定通貨の市場ではインサイダーの問題はまず耳にしない。実際の通貨には遠く及ばない仮想通貨の市場規模の小ささを改めて認識した投資家が少なくないはずだ。

    〔日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 今 晶〕

  • 日経新聞

    米でビットコインETFの上場申請相次ぐICEなど

    2017年12月21日 4:19 

     

    【NQNニューヨーク=森田理恵】米市場で仮想通貨ビットコインに連動する上場投資信託(ETF)の上場申請が相次いでいる。大手取引所に先物が上場し、市場規模の拡大でETF組成への期待が高まっている。ただ、米証券取引委員会(SEC)は3月にビットコインETFの上場を却下しており、認められるかは不透明だ。

    ニューヨーク証券取引所などを運営する米インターコンチネンタル取引所(ICE)は19日、SECに「プロシェアーズ・ビットコインETF」と「プロシェアーズ・ショート・ビットコインETF」の2本の上場を申請した。傘下の電子取引所Arca(アーカ)で取引する計画。米報道によるとシカゴ・オプション取引所の運営会社も19日、ビットコインETFの上場をSECに申請した。

    運用会社の間でも認可取得の動きが出ている。15日には運用会社の米ディレクション・インベストメンツが独自のETFを申請した。

    ビットコインETFは2013年にフェイスブックの事業アイデアを巡りザッカーバーグ氏と争ったウィンクルボス兄弟が上場を申請。ブルームバーグ通信によると同年以降、15以上の関連ETFが計画された。だがSECが今年3月、投資家保護が不十分だとして上場を却下した。

  • さてさて??
    少しは効果でるのかいな(@_@)?

    日経新聞

    日本取引所、超高速売買把握へ18年4月から

    2017年12月21日 2:00 [有料会員限定]



    日本取引所グループ(JPX)は1秒間に何千回もの売買を繰り返す超高速取引業者(HFT)について、来年4月から売買動向の把握に乗り出す。売買を発注する証券会社の事前申請のほか、注文ごとに取引戦略の明示を義務付ける。日本で取引を行う60~70社のHFTが規制の対象になる。取引の透明性が高まり、価格の急変動や不公正取引の抑止につながりそうだ。

    HFTはコンピュータープログラムによる高速自動売買を繰り返す投資家だ。取引所の売買システム近くにサーバーを置いて発注する「コロケーション」と呼ばれるサービスを使う。JPX傘下の東京証券取引所では注文全体の約7割がコロケーション経由となっており、プログラム誤作動による価格急変動や、相場操縦など不公正取引への懸念が出ていた。

    HFTはどの証券会社を通じて売買注文を出すのか、事前にJPX傘下の東証や大阪取引所に申請する。HFTは複数の証券会社から専用回線を借り、注文を分散させているため、JPXは売買の全体像をつかみにくかった。新制度導入後は効率よく監視できる。

    注文ごとに取引戦略の明示も求める。売りと買いの気配値を提示してさやを抜く「マーケットメーク」などHFTの取引戦略を4つに分類。一つ一つの注文に各戦略を示すフラグ(旗)を立て、取引所が把握できるようにする。万が一、価格の急変動などの問題が起きた場合に原因の究明がしやすくなる。

    JPXによる売買把握制度導入は、金融庁のHFT規制に合わせた措置だ。来年4月以降、高速取引を行う投資家は金融庁への届け出が必要になる。JPXは金融庁の方針を受けて、証券会社など市場参加者と制度の検討を進めてきた。



  •  2017.12.20


    韓国ブロックチェーンオープンフォーラムとBCCCが協定を締結


    ブロックチェーン技術の普及に向けた施策・啓発活動などで相互に協力

    一般社団法人ブロックチェーン推進協会(代表理事:平野洋一郎、インフォテリア(株) 代表取締役社長、以下 BCCC)は、「韓国ブロックチェーンオープンフォーラム」(議長:呉世賢、SK Telecom 専務、以下 KBOF)と両国のブロックチェーン技術の普及・啓発に向けた連携協定を締結したことを発表します。

    あらゆる業界でのブロックチェーン技術の普及を目指して設立されたBCCCは、2016年4月の発足以降、幅広い領域の企業・団体から賛同を集め、日本国内を中心に現在までに約200社が加盟する業界団体です。BCCCでは、エンジニア育成や各業界におけるブロックチェーン技術の実装に向けた部会活動を展開。また、海外のブロックチェーン団体とも積極的にコンタクトするなど、様々な国・地域とのブロックチェーン業界関係者との意見交換も行ってきました。

    KBOFは2017年3月に官民が協力して設立した韓国におけるブロックチェーン普及推進を行うコンソーシアムで、韓国におけるブロックチェーン産業の活性化と対外競争力の強化を目指しています。ブロックチェーン専門企業、ICT企業、政府系組織、大学、地方政府などから、157組織が加盟する業界団体です。

    BCCCとKBOFは、2017年11月に日本で意見交換を実施し、業界団体としての理念や活動の方向性が近いことから連携に向けた調整を進め、2017年12月19日に韓国ソウルで開催された「ブロックチェーンTechBizコンファレンス」の中で、協定を締結する運びとなりました。

    日本は仮想通貨の普及や法規制、さらにはBCCCが実施しているデジタルトークン「Zen※」の流通社会実験などの実証実験は進んでいる一方で、ブロックチェーン技術の実ビジネスでの活用は韓国の方が先行している状況です。今後は、双方のイベントや部会活動の中での連携を深め、それぞれの団体で蓄積された知見を相互に共有していく方針です。

    ※「Yen」の一歩先を行く仮想通貨として名付けられた「Zen」(シンボル:JPYZ)は、他の仮想通貨のようにインターネット上で取引を行うことができ、かつ、日本円と高い為替連動性を保持する仮想通貨となることを企図したデジタルトークンです。第1フェーズにおいて、「Zen」はプライベートブロックチェーン上のトークンとして、本社会実験に参加する特定のBCCC会員企業向けに実装されました。

  • 仮想通貨ネムが最高値中国アプリで採用、約1年で360倍に

    2017年12月20日 12:15


    インターネット上の仮想通貨「NEM(ネム)」が上昇している。テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」によると、19日に一時127円台まで上昇し、節目の100円を超えて最高値を付けた。1年ほど前は0.35円程度で推移しており、約360倍になった。中国の騰訊控股(テンセント)が提供するスマホ向け無料対話アプリ「微信(ウィーチャット)」にネムで決済する電子財布(ウォレット)が21日から提供開始となることを受けて、流動性拡大を期待した買いが入った。

    ネムはブロックチェーン「NEM(ネム)」を基に生まれた仮想通貨で通貨の単位は「XEM(ゼム)」。関与している日本の技術者が多いことでも知られる。最近では人気お笑いコンビ「かまいたち」がお笑いコンテストの賞金の使い道を巡り、ネムに言及したことで話題となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

  • 2017/12/21(木)

    日韓ブロックチェーン団体、連携へ協定締結

    仮想通貨取引所やIT(情報技術)企業などで構成する日本の業界団体、ブロックチェーン推進協会(BCCC)は20日、韓国の同業団体の韓国ブロックチェーンオープンフォーラムと、技術の普及や啓発で連携する協定を締結したと発表した。 日本は仮想通貨の普及や法規制が進んでい…

  • yobit XEMの価格が1ドルオーバー!
    マジか(゚o゚;?

  • 米国商品先物取引委員会

    RELEASE:pr7654-17

    2017年12月1日

    CME、CFE、Cantor ExchangeによるBitcoin製品の自己証明に関するCFTC声明

    ワシントンDC - シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ・インク(CME)とCBOE先物取引所(CFE)は、ビットコイン先物商品の新規契約を締結し、Cantor Exchange(Cantor)はビットコイン・バイナリ・オプション。

    CFTC会長のJ.クリストファー・ジャンカルロ氏は、「Bitcoinは、仮想通貨であり、委員会がこれまでに扱ってきたものとは異なり、商品である。その結果、提案された契約に関する取引所との広範な議論が行われました.CME、CFE、およびCantorは、顧客を保護し、秩序ある市場を維持するために大幅な強化に合意しました。委員会と協力してCME、CFE、Cantorは、ビットコインの現金市場を監督するCFTCの限られた法的​​能力を考慮して、これらのビットコイン契約に対する監督のための適切な基準を設定しています。

    市場参加者は、相対的に初期の現金市場とビットコインの交換が、CFTCが法的権限を制限している大部分規制されていない市場であることに留意すべきである。これらの市場における参加者の価格変動と取引慣行について懸念があります。情報共有協定を通じて先物取引所が、先物契約の価格発見プロセスに潜在的な影響を及ぼす可能性がある現金プラットフォームの取引活動を監視することを期待しています(フラッシュ・ラリーやクラッシュや取引による市場操作や市場転落の可能性を含む停止。それにもかかわらず、投資家は、これらの契約を取引する際の潜在的に高い水準のボラティリティとリスクに注意する必要があります。

    委員会のスタッフは、CMEと6週間にわたって厳密な議論を行い、CFEは4ヶ月間にわたり厳密な議論を行い、Cantorとの多数の電話を受けました。CME、CFE、Cantorは、委員会スタッフの要請に応じて、CME、CFE、Cantor、CFTCを支援するために、基本的なキャッシュビット交換との情報共有を強化するとともに、契約設計と決済、監視。欧州委員会、CME、CFE、およびカンターは、CFTCに追加の監視情報を提供することを含む、あらゆる監視活動において可能な限り調整する。

    これらのDCMの取引が進展するにつれて、欧州委員会は引き続き、契約の設計および決済プロセスに更なる変更が必要かどうかを評価し、DCMを使用して変更を実施します。

    契約が開始されると、委員会スタッフはさまざまなリスク監視活動に従事する。これらの活動には、市場の規模と発展、時間の経過によるポジションとポジションの変化、オープン・インタレスト、初期証拠金要件、変動証拠金支払い、ストレス・テスト・ポジションの監視と分析が含まれます。委員会の職員は、指定取引市場、デリバティブ清算機関(DCO)、清算会社、およびビットコイン先物の取引および清算に関わる個々のトレーダーの審査を行う予定です。

    CFTCはまた、ナショナル・フューチャー・アソシエーション(NFA)と緊密に連携します。NFAは、先物手数料の売り手やバーチャル通貨先物取引の取引に関わるブローカーの紹介など、メンバーにこのトピックに関する投資家の勧告を出し、この商品を取引しているメンバー企業を注意深く監視する。委員会が、DCOがビットコイン先物ポジションに対して保有するマージンが不十分であると判断した場合、マージン要件を生成するために、より長いマージン期間を使用することを含む、DCOで保有されるマージンを増加させる措置を講じることができる。

    欧州委員会が規定する取引所を通じて提供され、欧州委員会が規定する決済機関を通じて清算されたすべての契約と同様に、上記のプロセスの完了は委員会の承認ではない。これは、仮想通貨商品またはデリバティブの使用または価値の委員会の承認を構成するものではありません。市場参加者は、時には極端なボラティリティとユニークなリスクを呈した、これらの製品の特定の妥当性を判断するための適切なデュー・ディリジェンスを行うことが重要です。

    欧州委員会は、法的使命に基づき、オープンで透明性が高く、競争力があり、経済的に健全な市場を引き続き育成する。CFTCは市場を監視し、取引所と緊密に連携してシステムリスクを回避し、商品取引法の対象となる製品に関連する詐欺、操作および濫用行為から市場ユーザーおよびその資金、消費者および一般を守る。

    最終更新日:2017年12月1日

  • No3

    しかし、待って、もっと多くのことがあります。

    BitcoinとEthereumの安全な代替手段としてそのプラットフォームを計画するNEMの最新のイニシアチブでは、NEM(XEM)価格予測が2018年になる見込みです。

    創設者たちは、成長するユーザーベースがXEMコインを安全に交換できるように、独自のNEM交換を作成する作業も行っています。これは、ハッキングに対するあなたのお金を失う確率をさらに減らすことができ、その大部分は集中暗号化交換で行われます。NEMの投資家は、専用交換機でXEMコインを購入して売るために、これらの通常の暗号化交換を超えます。

    これらのポジティブなポジションがすべて揃うと、NEMの価格はすぐに1.00ドルを超えて急騰しています。

  • No2

    NEM対エテリアム

    NEMはEthereumのスマート契約システムを採用し、ブロックチェーンベースの「スマート資産」システムを導入して同様のシステムを導入しましたが、より高いセキュリティとスケーラビリティを備えています。

    侵入者がシステムに侵入する確率は、Ethereumの場合よりもはるかに低くなります。さらに、NEMはスパマーをシステムから遮断します。 

    同様に、NEMもスケーラビリティに基づいてEthereumよりも優れています。Ethereumは1秒間に15トランザクションしか処理できませんが、NEMは数百を処理できます。

    それだけでは不十分な場合は、NEMの現実的なアプリケーション(または「ユースケース」と呼ばれる)がEthereumの数を上回っているようです。

    しかし、2018年にXEM価格の3桁の上昇が可能であることを示唆するさらなる理由がある。2018年のNEM(XEM)価格予測を読む。

    NEM(XEM)価格予測2018:2018年にNEM価格を引き上げる要因

    BitcoinとEthereumはそれぞれ1200の暗号化されたcryptocurrenciesの中で最も高い時価総額を持つための第一位と第二位を取っていることは事実です。しかし、NEMもそうではありません。

    18億ドルの時価総額で、NEMは世界のトップ10の最も価値の高い暗号輸送に参加しています。

    NEMコイン(XEM)の価格チャートを見てみると、非常に明白な上昇トレンドを示しています。投資家がこの暗号侵害に関心を示し始めた今年の初めから、NEMの価格は高値と高値を続けています。

    実際、NEMとEthereumの価格を比較すると、今年はXEMが実際にETHを上回っていることがわかります。

    XEMの価格は、今年のETHの年初来の上昇率3,400%と比較して、今年5,600%と急増している。

    それは、パイプラインでNEMの有望なプロジェクトに賭けている暗号バグが、その資金をそれに投げ込んでいるからです。

    これらのトップは "カタパルト"です。

    カタパルト

    CatapultはNEMの次期バージョンで、現在ベータ段階にあります。起動後、NEMのプラットフォームを現在よりもさらに安全かつ迅速にすることが宣伝されています。

    事実、多くの銀行がCatapultに金融ソフトウェア技術をNEMのブロックチェーンプラットフォームに移行することを検討していると言われています。これはNEMにとって大きな進展となる可能性があります。

    NEMコールドウォレット

    NEMがそのプラットフォームに導入しているもう1つの大きな特長は、「NEM Cold Wallet」です。「コールドウォレット」の考え方は新しいものではないかもしれませんが、ほとんどの暗号化通貨はこのソリューションをユーザーに明示的に提供していません。  

    コールドウォレットは、基本的には暗号化されたコインのオフラインストレージなので、決して盗まれることはありません。

    あなたは、投資目的で購入したコインを短期間で使用する可能性が低いコインをセーフティーボックスに入れておくことができます。

    NEMを使用すると、後でインターネットから切断して持ち去らなければならない別のコンピュータで、コールドウォレット(より多くの貯蓄口座)を作成することが容易になります。このようにして、投資はサイバー攻撃から安全なままです。

    一方、コールドストレージにあるXEMコインには、秘密のパスキーがあるので、アクティブなコンピュータからいつでもアクセスできます  。

    取引やその他の取引を行うために毎日必要とするコインは、インターネットに接続されたPC上の通常のNEMウォレットである「ホットウォレット」(当座のアカウントに相当)に保管されます。

    ◎《2018年のNEM(XEM)の価格予測では、XEMコインの取引が来年に1.50ドルから2.00ドルになり、600ドルを上回る3桁の利益が得られます。》
    {現在、XEMの価格はたったの$ 0.20です。}

    アナリスト: 

    有名な「DAO攻撃」 - ブロックチェインベースのシステムで360万のエーテルで暴露された脆弱性を取り除く未知のハッカーになった後、Ethereumの価格は急落しました。恐怖は、クリプトカルトが安全でない投資であったというラウンドを起こした。

    最新のTetherハックは、そのトークンの3億1000万ドルの価値を奪われ、恐怖を高めています。

    しかし、NEMは、Bitcoin、Ethereum、および他の多くのブロックチェーンベースのシステムに対するより安全な代替手段を作成することによって、間違っていることを証明しようとしています。

  • NEM(XEM)価格予測2018:Tether Hackの後にこの暗号を考慮する

    Palwasha Saaim B.Scは公開日:2017年11月24日


    NEM(XEM)価格予測2018:このセキュリティ保護された暗号化に大きな可能性があります

    テザーはハック今週cryptocurrencyの世界で主要な恐怖を投げました。暗号化通信がまったく安全であると多くの人が心配しています。確かに、彼らはそうです。誰もあなたに別のことを伝えさせないでください。

    私はあなたが1分の間、確立された業界名を見過ごし、欠けている弱点のいくつかを考えてください。たとえば、NEM(XEM)はBitcoinやEthereumよりも安全性が高い暗号暗号として請求されます。あなたがそれを聞いていないのは大丈夫です。それについての詳細は、NEM(XEM)の価格予測2018をご覧ください。

    Tetherのハックは、最初の暗号化であるBitcoinが今日の光を見た2009年以降に発生した数十の暗号化のハックです。

    我々は最大のcryptocurrencyを忘れることができますどのようにハック、富士山を 2014年のGoxハック?または昨年のDAO攻撃?それともそれに続くBitfinex攻撃ですか?

    現実には、cryptocurrenciesへの投資は決済された通貨とまったく同じではありません。銀行強盗やサイバー盗難などは、現金通貨投資で受け入れる必要があるリスクなので、暗号化のハックを受け入れる必要があります。

    しかし、セキュリティのレベルは確かに暗号化通信によって異なります。

    あなたが暗号世界で安全な投資オプションを探している投資家であれば、NEMコイン(XEM)はあなたに大きな関心を引くかもしれません。  

    しかしまず、NEM(XEM)とは何ですか?

    NEMはコインシンボルXEMによって広く知られており、BitchinやEthereumのようなブロックチェーンベースの暗号化方式です。他の2つから離れてそれを設定するものは、その拡張セキュリティ機能です。

    NEMの創設者は、BitcoinとEthereumを作るのと同じ技術を使いましたが、それをより良くしました。

    参考までに、Bitcoinは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して構築された中本哲史の最初の暗号解読で、すべてのビジネストランザクションと金融トランザクションを分散し、集中化された権限(現在の現金ベースの経済の中央銀行のようなもの)システムに匿名性をもたらします。(Bitcoinの基本についてはこちらをご覧ください)。

    Vitalik Buterinは同じブロックチェーンのコンセプトをとり、Ethereumを導入するためにそれを少し微調整しました。

    Ethereumは、第三者の介入や介入なしにカスタム契約を作成することにより、ユーザーが金銭の送受信や金銭の売買など、ビジネスや金融取引を行うことができる「スマート契約」の概念をもたらしました。

    契約はEthereumプラットフォーム上で実行され、トランザクションはEthereumの暗号化トークンetherを使用して実行されました。(Ethereumの価格予測とそれに関連する報道をここに従ってください  。)

    そこから、数百のブロックチェーンベースの反復の波が始まり、数多くの新しい暗号化通貨が市場に出てきました。

    しかし、これらの代替暗号の通貨(または「altcoins」と呼ばれる)がユニークなユーティリティを提供しない限り、それらはすぐに忘れ去られました。

    しかし、1つの名前は、引き続き際立っています。

  • NEM(XEM)の来年度価格予測がでたか(@_@)


    2018年にXEM価格の3桁の上昇が可能であることを示唆するさらなる理由がある。2018年のNEM(XEM)価格予測を読む。

    ◎《2018年のNEM(XEM)の価格予測では、XEMコインの取引が来年に1.50ドルから2.00ドルになり、600ドルを上回る3桁の利益が得られます。》
    {現在、XEMの価格はたったの$ 0.20です。}

  • 金がビットコインを買い出した
    資産価値が逆転し出したか?
    世代交代の波が(@_@)???


    金ファンドがビットコインブームに乗る-強気派1万ドル予想の中で

    Ranjeetha Pakiam

    2017年11月24日 11:12 JST

    Photographer: Nelson Ching/Bloomberg News

    ビットコインは明白にデジタルの金となるよう設計された-運用者

    「規律ある資金保有を現代社会で実現するということだ」

    主に貴金属関連株2億2000万ドル(約245億円)相当を運用するオールド・ミューチュアル・ゴールド・アンド・シルバー・ファンドがビットコイン投資に乗り出している。

      オールド・ミューチュアルの運用者ネッド・ネイローレイランド氏によれば、同ファンドは資産の最大5%を仮想通貨に配分し4月に購入を開始した。同氏は16日のインタビューで、ビットコインは金・銀資産への再投資につながるため、ビットコインで利益を上げることを目指すと説明した。

      ネイローレイランド氏は「ビットコインは明白にデジタルの金となるよう設計された」と指摘。「従って、ファンドのうち少ない割合をビットコインに投資するつもりなら、それは金ファンドであるべきだ。なぜなら的を射ているからだ。規律ある資金保有を現代社会で実現するということだ。ビットコインは世界通貨としての金の再導入へ道を開きつつある」と述べた。



      起業家は仮想通貨の価値は政府や大手銀行、クレジットカード会社などの第三者に依存しない新たな支払いシステム構想を証明するものであると説明しており、ビットコインの価格は今年に入って8倍余りに上昇し8000ドルを超えた。それとは対照的に、金価格は米国と北朝鮮との緊張が高まる中で9月に短期的に上昇したものの、2月以降狭いレンジで推移している。

      仮想通貨を巡っては賛否両論がある。仮想通貨に投資する資産規模5億ドルのヘッジファンドの運用を開始するマイク・ノボグラーツ氏はビットコイン価格について、年末時点で1万ドルに達する可能性が高いと予想。スタンドポイント・リサーチのロニ-・モアス氏は20日、2018年の価格目標について今月2度目の上方修正で1万1000ドルから1万4000ドルに引き上げた。ただ、米ゴールドマン・サックス・グループは10月に通貨の主要特性の大部分について評価すると、金が仮想通貨に勝っているとの見方を示した。

  • 説明

    あなたの店で直接XEM支払いを受け入れます。

    このプラグインを使用すると、自動的にXEMで支払いを行い、注文を決済することができます

    顧客のチェックアウト中に自動的にチェックアウト金額をXEMに変換します

    StripeやPayPalのような他の支払いゲートウェイと一緒に使用することができます。あなたの商品はUSDまたはEURで表示し、XEMでお支払いいただけます。あなたは両方の価格を表示することを選択することができます
    *ちょうどUSD / EUR 
    *だけXEM 
    * USD / EURとXEM

    それは毎分必要なときに価格をキャッシュするので、データベースに過度の負荷がかからず、広範な通貨要求もありません。

    支払いプロセスは標準的なWoocommerceプロセスに基づいているため、他の3ptプラグインも機能するはずです。

    nem.todayでデモストアをお試しください。

    現在サポートされている通貨はUSDとEURです。

  • 11月24日

    NEMはPundi Xに支援を貸す

    Pundi XはNEMの財団から大きな支持を受けています。

    シンガポールのFintech FestivalでのNEMブースでのNEM、Loyalcoin、Pundi X

    XPOS上のNEMウォレット(テスト機能)

    11月20日、NEMブロックチェーンがPundi X POSアプリケーション、支払いカード、物理POS小売システムに統合されたテストを発表したことで、XEM金額はPundi X経由で取引を処理する任意の物理的な場所で簡単かつ即座に使用されます。

    XEMは、coinmarketcap.comによると、世界で10番目に大きな暗号侵害であり、時価総額は16億ドルです。
    (《NEMの技術は現在、さまざまな金融機関や業界で採用されています。》

    ん(@_@)?
    さまざまな金融機関や業界で採用れてます???
    表に出てきてないが?どこだ???

    KW Lee Pundi XチームのNemのチーフエンジニア


    Lon Wong(NEM.io社長)はPundi Xとのコラボレーションについてツイッターを行いました

    《NEMは投資家と現実の金融機関に、他のデジタル通貨資産がないものを提供します。これは、すぐに拡張可能なエスクロー支払い、Paypalのような、そして国際的な支払いシステムを提供するために、NEMブロックチェーンアプリケーションを構築できるからです。》

    《「NEMのブロックチェーンソリューションを使用することで、取引が即時に確認できるため、交換リスクを軽減し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます」とPundi XのCEO、Zac Cheahは述べています。 NEMネットワークへの参加のおかげで新たな市場が生まれました。》

    《「私たちは、ソブリン・ファット・マネーの発行、金融決済、支払い、貿易金融、株式市場、為替、その他のアプリケーションを通じて、NEMプロトコルの大量採用を目指して取り組んでいます。Pundi X事業は、人々が日常生活で使うためによりアクセスしやすくするために、この目標にマッチしています」と、Pundi Xの初期の天使サポーターでもあるNEM.io財団の社長、Lon Wong氏はコメントしています。》


    Pundi Xのデモ(シンガポールFinTechフェスティバル2017)NEMブースでStephen Chia ASEAN地域ヘッド(左端)

    NEMグローバルディレクターJason LeeとPundi X

    NEMブースでLoyalCoinチームとのPundi Xデモ。

    Pundi Xは将来の冒険のためにNEMと提携することを楽しみにしています。

  • ん( ・_・;)?
    最近インフォテリアの空売りチェックしてなかったが、モルガンは相変わらずだが?

    野村證券ってHandbook採用してたはずだが、何故にインフォテリアを売り込んでるんだ?

    鬼畜、野村證券が本領発揮か???




    野村證券、全国展開した8,000台のiPadで「Handbook」を採用

    〜 コンサルティング営業を強化するために 〜

    報道発表資料

    2012年8月9日
    インフォテリア株式会社

  • SegWit2x中止でアルトコインに資金が流れる

    Posted on 2017年11月9日 



    ブロック494,784、11月16日前後に行われようとしていたSegWit2xまたは2xフォークに関して関連企業が中止する声明を出した。

    「残念ながら今回ブロックサイズの引き上げをするために十分なコンセンサスが得られていないことは明らかです。このままではコミュニティーを分裂させビットコイン自体の成長を阻害する要因になる可能性があります。それはSegWit2xの目標ではありません。」

    声明はこちら

    SegWit2x中止でアルトコインに資金が流れる

    SegWit2x中止の声明が出されたことによってアルトコインへ資金が流れているとみられる。時価総額ランキング上位の通貨は対USD、BTC共に上昇している。ビットコインの価格自体は大幅に下落していないがドミナンスは60%を割って59%台まで下がっている。

    ビットコインの高騰が落ち着けば再びアルトコインのターンがやってくる!?


  • Crypto Trading PlatformがCNYの受け入れを開始 - 中国におけるBitcoinの新しい時代?

    2ヶ月前、中国の規制当局が「7つの規制機関」公告を発表し、Bitcoin取引を停止したとき、全世界は中国Bitcoinの門が閉鎖していると考えました。楽観主義者たちは、将来、中国政府が特定の状況下でBitcoinの取引を自由にすると主張していたが、誰もその日がすぐに来ると予想する者はいなかった。

    CNYの取引市場が復活

    11月1日、新しい暗号化取引プラットフォームであるZB.comは、中国本土を含む世界中の売り手とバイヤーにサービスを提供し始めた。ZB.comは数日以内にBTC、LTC、ETH、ETC、および他の主要なタイプのクリプトカルトの取引を提供する主要取引プラットフォームとなっています。

    さらに、11月8日にCNYをデポジットとして受け取るようになりました。換言すれば、規制当局によって閉鎖されたCNY取引市場は現在活性化されている。プラットフォームは、CNYデポジットのクレジットカードとデビットカードのみを受け付けます。WeChat PayとAlipayはまだ受け入れられていません。

    中国のBitcoinの新時代?

    Bitcoin取引が中国政府によって解放されたと述べるにはまだ早すぎるとはいえ、Bitcoinとcryptocurrenciesを禁止するのではなく、政府が市場を規制し取引を監督することにもっと興味がある可能性が高い。そうであってもいなくても、中国のBitcoinの新しい時代が訪れ、法律と秩序がより重要な役割を果たす可能性があります。

本文はここまでです このページの先頭へ