ここから本文です

投稿コメント一覧 (23コメント)

  • まず、現金を見極める目はベテラン銀行員あいてにしても、その正確性スピードの速さ間違いなくげんざいのatmは優秀です。銀行にとって、普通預金、当座預金など決済口座への入出金はとても重要な作業ですが、特に大手のぎんこうにとっては、ある種の付随業務でありサービスであることも事実です。昔、窓口が流行っていて一見もうかっているようなぎんこうがありましたが、人件費の不効率さからうまくいかなくなったと、うわさされた銀行がありました。円と呼ばれるものがそんざいするかぎり、現金がなくなるいことは疑うよちのないことです。そして、atmも。今回の、セブン銀行の株価の動きは、atmの将来性云々の問題ではないないとおもいます。また、機械は状況におおじて進歩していきますよ。セブン銀行は、セブンイレブンと共に、決済機能をもつ夢のノンバンク的に進化していくとおもいます。それだけに、株の世界では、利用されてしまうのでしょう。訳の分からない、思惑のために。

  • いつものことながら、全くさきがよめないですね。株のことだから仕方が無いといってしまえば、それまでですが。下になれば買うといいますがチャートをみると、たとえば、280円でも今思えばやすいとはんだんできますが、ここは一体何をもって価格の常識がそんざいするのかわからなくなってしまいますよ。売り遅れてしまったものとしては、長期だから3年間くらい目をつぶってその中で売ればよいというような、妙な楽しみ方をするしかないのでしょうか。

  • 私自身がそうなのですが、ここのオーナーさんチョット周りに目を向ければ、もっと可能性のある投資できるのではないかとおもうのですが、妙にここに執着してしまう。言葉は悪いですが、まるで目的のために乗らなくてもいいような奴隷船に自らのりこみ、みんなで船をこいでいる。そして、それに満足してしまう。ここは、数年前からみているが会社の事業内容は、文句なく良いと思います。が、投資先としてはなにかおかしい。

  • 2015年5月の連休前は、株価648円でりそなが639.8円と、その伸び方に多くの人が感動したものだった。それまでは、ここが上場して以来全てが順調だった。この2年半で一体何がおこったのだろう。2015年5月7日を境にしてここはかわってしまった。

  • まあ、株のことだしいろいろな人たちが色々なこと言っているが、長距的にチャートを見ると今後ももみ合いながらも、大きな決定的な出来事が無ければ意外と早く650円とかに、到達するかもしれませんよ。3年位前の雰囲気に似ていると思うのは、私だけでしょうか。

  • もめてるふりして、みんなで弁当くってるんだろう。

  • 全く、予測不能。これでは、仮に200円きっても安定して上げて行くという気持ちが起こってこないのでは。去年5月の連休明けから、確実に下げている。昔の仕手株とも、違うような何か独特な存在だ。

  • とにかく23日の大不安定要因が、現実に在り正に正念場なのかもしれない。ただ、下を300円とみるならば今くらいのところで買っておいても、大きな損にはならないのでは。最も、最低6か月くらい持つ覚悟があるならばの話ですが。

  • 短期間に地合い、日経関係なく何かの意図をもって下がってきたとおもわれ、先を予測することまず困難。思わぬ、とてつもない動きで上にいくか、順調に下に向かうのか神様ではない人が知っているような気がする、今日この頃です。

  • 土日祝日を含め毎日1円づつ、下げていったらここ1年もたない。

  • 今日は、特に午前中がんばっていたと思う。ただ、今このめいがらに期待していることはこういうときに逆効できるくらいの力があるのかどうかではないでしょうか。いろいろな方が、言っておられますがとりあえずの落ち着きどころは、まだ50円位下方のような印象をうけました。何をもってこの株に灯りをみいだせば、よいのでしょうか。

  • ここ数週間の値動きとは、明らかに変わったようにみえるが。まさか、呪いがとけたのか。

  • とにかく、この人為的な価格操作と思われる状態が始まってからの、期間がながい。それも、売り買いしながらだとおもうけど莫大な資金を投じているとおもう。ただで、振りまいて喜んでいるわけもないだろうから、どこかで大きな変化があらわれてくるだろう。得が待っているような気もするが。さらに深い谷に向かっているようにも見えるし。

  • 今の状態より少し上に、例のバーコード価格帯がある。考えようによっては、この辺はこの株を品質保証してくれているともかんがえられる。

  • ATMになって、銀行は便利になりました。出すだけの昔のCDでもある程度用はたりますけど。使い方あまり変化しないで慣れた操作がうれしいです。こういうひと、結構多いと思います。全国に70年近く一貫して営業している地銀、第二地銀100行以上あります。株を考えるひと上げ下げ含め色々な意味で変化をこのみ、またそれが必要です。ただ普通に銀行使う人あまり変化必要ありません。銀行は安定した推移がだいすきです。多くの銀行は、そんな状態で、生き残ってきたとおもいます。セブン銀行には、資金調達先に絶対的な親会社があります。株主より、株のこと考えなくてもよいのでしょう。あくまで、親会社の顔色が一番なのでしょうから。ようは、株をやっている人たちに飽きられたということではないでしょうか。いまのままでも、その存在価値は、銀行利用者からは支持され続けるととおもいます。

  • ここの株、銀行という名称がついているからだろうが、妙に長期でもてば良い株だという人が多いようにかんじるが、過去のチャート3年間をみてみると、昨年4月を頂点に正に左右対称なかたちを、えがこうとしているようにみえる。あと1年すると綺麗に裾野が完成する。株価200円ぎれが、ゴールだ。長期保有にこだわらず、今回だって下げた分1度や2度はもどしてくるとおもうから、逆にうまく得をうるように利用することだとおもう。私、去年5月と8月に大損させられたので、あまり説得力のある言葉は、はっせられませんが。

  • 提携先カードの信憑性をもし、一人の銀行員にゆだねたとしたらまるで、骨董品でも鑑定するかのごとき大作業となってしまい不効率かつ、不正確なものとなってしまうとおもいます。現金その場限りの原則は、もはや人の手を離れ機械に軍配が上がったといってよいとおもいます。今回の件は、株価操作にただりようされただけのものとおもいます。時間と機械の発達を促進することで、よりたかい信用を築いてゆけるのではないでしょうか。ただ、今の段階で私は、ここの株とのつきあいには、疲れました。もうイヤ。

  • これまでにない厄介な状況のなか、地合いの変化が加わってきていよいよ複雑になってきた。売ってしまっては、反転時ロケットスタートにあやかれない。でも、まだ50円も下がるのなら一回売ってしまったほうがよい。このまま状況みまもってるほうが、怪我は少ないとおもうのだが。

  • 昨年5月の連休明けまでの数か月間、どうしてこんなに株価着実に騰がるのだろうか、長期でここを持っていれば貯金でなく貯株だなどと、うかれて此処の掲示板盛り上がっていましたが、突然梯子はずされました。おそらく、ちかじか下げたぶん急騰するのではないかとおもいます。もう少しの、がまんです。

  • 日経の動きに関係なく、4営業日続けて408円でひけたとしたら、やはり奇妙ななにかがあるのだろうか。

本文はここまでです このページの先頭へ