ここから本文です

投稿コメント一覧 (904コメント)

  • >>No. 987

    私も、昨日の3250売り建てに3250以上成行買いの逆指値をつけていましたが、寄り前の板を見て窓開けで損の買い戻しをさせられる危険を感じ逆指値を外し、一時100円の含み損になりましたが、結局後場に3040で買い戻しました。
    この株はしばらく3200以上売り建てでやっていきますが、上げる時に値を飛ばされる点を警戒しながらのつもりです。また、日計りに徹し持ち越しはしないつもりです。
    FUJIは挟んだまま様子見です。

  • FUJIの信用買い残 直近最大11/17 676千株、5/11 400千株 5/18 267
                    9/11 1891円から上昇開始時点の買い残 247千株
         EPS 18/03 195円 19/03 会社固目予想 184円
     買い残が軽くなったため利食い/やれやれ売りが減り、寄付き安値2263まで押されるも反発力強く2430高値へ、10時過ぎ市場全体が崩れる中でも終値2400キープ。
    2400は19/03 会社固目予想184に対してまだPER13、直近高値2495でもPER13.6
    まだ、上昇余地ありとみれる数字だが、問題は「貯め込むだけマインド」の経営が株主に2800~3000の夢を与えられていないこと。
    本日は、寄付き安値2263からの戻りの勢いをみて、昨日の2390つなぎ売り建てを2390で買い戻し、同数を2428でつなぎ売り直し、5分の2残している買い建てと挟み込んだ。
    また、ブレインパッドを3250で売り建て、W逆指値(2800買い、3250以上になったら成行買い、注文期間今週中)
    また、セックを少し早いかと思いながら2770で買い仕込み、しばらく静かなので突然噴かれても、、、というカンで根拠なし。

  • >>No. 984

    >FUJIはだいぶ上がりましたね!そろそろですかね
    本日高値2395はまだPER12.3、PER13で2535、2400台にはなっておかしくないと思っていますが、、、、この会社経営陣の保守防衛にすぎるマインドは株主にも明らかになっているので、上へ行く夢がなく失速する可能性もある。というわけで、一応残り5分の2買い建ては維持したまま、同数を2390でつなぎ売り建てしました。
    >長野計器、、、ここまで買われる理由がわかりません
    ここは1190台買い建てを先日1320で利食いましたが、その時ほぼ同値で少し買い建てていました。いずれ売り建てる時のヘッジ用のつもりでした。EPS145なので1500でもまだPER10.3です。
    今のところ機関の空売り報告はありませんが、持ち上げながら報告未満で借株売りを仕込み始めているかもしれません。その辺の様子を見て、どこかで売り建てを仕込むつもりですが、下値は1200後半だと思うので、売りもあまりおいしくないかもしれません。

  • ドル円が110円台になってもいまいち勢いがない状態について、いろいろあると思いますが、私が気になっているのは次の点です。
    「規制による権力維持を欲する官僚機構と密着した既得権益勢力が復権しつつあって、変わるかと思われた日本的ムラ社会が岩盤として残りそうだ」と、海外投資家が昨年までの日本企業への成長期待に疑念を持ったのではないか、です。
    既得権益の岩盤を突き崩すには、その方向へのトップのリーダーシップと同志的シンパシーをもって身を賭して闘う「突破者」がいないとできない。
    岩盤勢力はそれに対し公平・公正といった旗印でマスコミを通じポピュリズムを刺激し抵抗する。
    公正・公平は聞こえはいいが、その実態は既得権益にとっての公正・公平である。
    しかし「突破者」側にも落ち度・やりすぎも出るため、ポピュリズムを背景にした岩盤勢力につぶされていく。
    「三本目の矢はまだか」と騒いでいたマスコミも掌を返して時計の針の逆戻しを後押ししている。
    この状況は、また、次の突破者が現れるまでの長い経済社会の停滞を招く、株式市場の現況はそれを映し出しているのではないか。

  • >>No. 979

    >fuji、確かに上がりましたが、PER11台にいるわけですから、もっと勢いがあってもいいように思います。迷いましたが、5分の2を2340で利確し、残り5分の2になりました。

  • >>No. 977

    >私も今日FUJIを信用期限の近いものから5分の1を2320で指して売りました。
    EPS195に対しまだPER11.9なのでもう少し(PER12.3、2400)行くと思いますが、信用買い残の整理次第ですね。まり勢いがないようだったらいったん利確するつもりです。

  • >>No. 975

    >将来的な展望としては、安川電機の方が魅力的ですね。
    同感です、ハーモニックは「株式分割後に株式数供給過剰で思いきり売られ人気離散する中、ようやくメカトロニクス総合企業への気配が見える」ようになった頃(2020後半?)に2分割後なら1800くらいになったら仕込んでもいいかもしれませんね。
    私もそろそろ安川の仕込みの機会をうかがっていきます。
    FUJIは来週以降の上昇をとりこぼさず利食いししばらく離れ、日清紡HD、ミネベアに傾注、安川も仕込み、場合によって三社電気再仕込み、パナソニックがテスラでまた下げたら仕込みと思っています。
    また、ゼンリン、シグマ光機がともに2100~2200になったら手を出すつもりです。

  • 久しぶりにハーモニックの近況をチェックしてみました。
    18/03期 純利益80、EPS87(コンセンサス以下)、1903期会社予想EPS120
    中期計画(18~20年度)発表、20年度売上1000憶、純利益170憶
      記述が従来より簡単、淡泊であまり真実味を感じない、私はこの中期計画は作文と受け取る。
      海外展開強調(国内頭打ちの感あり?)減速装置よりもメカトロニクスを第一順位
      方向は依然私がコメントしたとおりだが、その方向への足場ができつつある感じはしない。
    株式分割検討のIR
    現在株価5200円は1903期EPS120に対してもPER43と依然高く、
         中計20年度EPS177に対してでさえPER29
    この株が3000台から5000台後半に上昇したのは、浮動株の稀少性を利用した機関の落としを入れながらの持ち上げであって我々個人はうまくそれに乗った。
    しかし、先般の自己株売りで稀少性は半減(浮動株倍増)し、関わる機関も複数のくんずほぐれつになった。
    この状態で株式分割すれば、浮動株(流通株)はまた倍増(あるいは3倍増)する。
    株式分割を待望する向きは、短期期間に分割後株価が分割前を凌駕し前回分割後のようなうま味を期待するのだろうが、稀少性が大幅に失われた株式分布状態ではそうはいかないと思う。
    中期計画が20年度の目標を達成したとしても株価はせいぜい6000~7000ではないかと思う。
    この株が1万円いくには、株式分割などではなく部品としての波動減速装置提供を脱し、波動減速装置を組み込んだメカトロニクス総合企業として第一人者になる場合と思う。

  • >>No. 969

    smile様、お久しぶりです。株主幽体様、ありがとうございます。
    FUJIの1803期EPSは195で、本日高値2199はまだPER11.2です。
    今日の空前の出来高でこれまでの買い残は一掃され新規買いの買い残に入れ替わったはずです。
    これがもう1回転して2400、PER12.3あたりまではいくとみています。
    で、3月下旬の日経記事「藤岡工場30%能力増投資」を会社が追認し、少し夢のあるコメントを出せば2500越えかと思います。ただ、この会社を1年近く見ていて思ったのは、投資家に2800~3000を期待させる経営スタンスに欠けているということです。それが払拭されないと2400後半から「じり安ー人気離散」でしょう。
    私は、2000以下でだいぶ拾ったので、信用期限の近いもの(2100近辺)から、まずは5分の一くらいを利は薄くても処分し、5分の2を2300台で処分、最後の5分の2は高値を見てから下がり始める過程で売るつもりです。もちろん、勢いがなければ早め処分に切り替えますが。

  • >>No. 966

    >日清紡はあそこまで売られる程ではないかと思いますが…
    AIか、AI並み単細胞の向きが決算期変更による9か月決算を留意せず機械的に売ったのでしょう。
             売上  経常利益  純利益
    1812期   4350  75    50   特別利益次第  (9か月)
    仮定1903期 5460 200   135   従来通り1903期とした場合(決算短信に説明)
    1803期   5120 197   263   特別利益大

  • 15:30発表のFUJIの決算
      億    1803実績  2月の上方修正   1903予想
    通期売上   1200      1140      220
    経常利益    235       200      236
    純利益     175       135      168
    EPS     195       165      184
    2月時点上方修正、コンセンサス経常利益216を上回る好決算
    1903通期は明らかに固目にしているが、それでも増収増益含み
      円         株価      EPS    PER
    本日0510終値  1884      195     9.7
    PER12逆算株価 2340      195    12.0
    0118直近高値  2496      165    15.1
    上記の現EPSに対しては        195    12.8

    これで上がらなければ何らかの作為ありだが、いずれは上昇。
    問題は買残392千株/売残99=4.0倍の買い残のヤレヤレ売りをこなして2400台へいけるかどうか   3月下旬に日経に藤岡工場30%生産能力増投資(1903完成)もあった。
    IRに不精なこの会社はいまのところNOコメントだが、6月に次期見通し説明をするとは言っているので、その時言及があるかもしれない。
    いずれにしろ、かなり仕込んでいるので、信用期日の近い順にまずは5分の一ほどは売るつもりです。

  • >>No. 962

    ミネベアは昨日売られて2100を切ったところで追加買い、本日の前場高値2190で信用期限が3か月を切った建玉を損切りしました。結果数量変わらず平均買値を大幅に下げ中期体制で臨みます。
    一方、本日前場の高いところで長野計器、シグマ光機、ゼンリンを利食い、ミネベアの損切りロスをカバーして差引プラス。
    本日11時発表の日清紡hdは4月26日上方修正(eps158)を上回るeps161なのに次期9か月決算をよく読めない売りで1400台に落ちた。昨日1600前後で半分利確していたので、この下げはラッキーとみて後場1400台で昨日利食い数量を買い戻すつもり。
    本日15:00発表のFUJIも好決算で売られるかもしれないが、ミネベア同様に信用残期限が3か月を切ったものを処分し同数量を、出来れば処分価格より安く買い直して中期体制をとるつもり。

    ミネベア 買残2149/売残646=3.3、FUJI 392/99=4.0
    安川 7168/1118=6.4 ハーモニック 1749/412=4.2
    これらはいずれも、
    「もう買いだ」で買われても「やれやれ」で売られ、失望でさらに下げを繰り返してきた。
    日清紡HDも昨年12月9141/2026=4.5が最近236/412=1.3まで整理されて動きが軽くなった。
    安川、ハーモニックも値頃よりも信用買い残の整理が進んだら、私も買い出動するつもりです。

  • >>No. 960

    >ファナックショック
    おっしゃるとおり悪くない決算で少し保守的に出しただけで、いずれ上方修正するでしょう。
    東エレ同様に機関の思惑で機械株売りモードを仕立て買い仕込んだと見ています。
    >小型株などは、バイ・イン・メイで上がると見てますが
    同感です、今年の場合はsell in May は内需株で思います。小型株(機械等ハイテク)は6~8月の上方修正を予測されて上がると思います。むしろ、8月あたりに材料出尽くし・期待未満で売られる可能性があると思います。
    上記の見方に立って、既に腹一杯だったFUJIを今日も安値で追加買いしました。

  • ニューヨークの下げのわりに底堅かった、今日はFUJI、日清紡は腹いっぱいなのでミネベアを2175指値で買い増し。
    ハーモニックが5270まで落ちてきたので打診買いするかと思い一応検討したが、信用買い残が売り残の4.5倍まで、まだあるのでやめにした。
    久しぶりにハーモのスレを見たら、相変わらず「決算発表時に一部鞍替え」と吠えている人が健在の他、機関の売りへの怨嗟の声多数(これだけ見切りの悪い信用買いが多ければ機関が売り込むのは当然なのに)。
    ここは、どうやら底を打つのはまだまだ先のようだと実感した。

  • >>No. 953

    浜松ホトニクスは電気半導体でない光半導体でもあるので、今買い安心感のあるハイテク株ですね。
    ただ、4300台はつけても4500に届くかはクエスチョンだと見ています、5000、6000と昇っていく時期はいずれ来るとは思いますが。
    セックは2500台前半があれば打診的に買おうと思っていますが、そこまでつけずにここらあたりで横横だと相場としてはあまり面白くないですね。

  • >>No. 950

    長野計器は私もしばらく前に1190台で少し買っています。ここは東京計器の戦後解体後の再建企業の一つで、いわゆる海軍技術研究所関連(伊藤庸二関連)です。
    決算といえば、日清紡hd、FUJIも決算はいいはずで楽しみにしています。特に日清紡は買い残が完全に整理されている状態です。
    また、FUJIは相変わらず上がろうとすると押さえられる展開ですが、買い残も軽くなりつつあり、しばらく前よりも動いた時に軽さが出始めたと見ています。
    浜松ホトニクスは半導体がらみ不調の中でのハイテク株として買いを集めるかもしれませんね。

  • >>No. 933

    日経・経済教室「官僚の自律性の確保必要」(国際大学教授加藤創太)は久しぶりに読み応えがあった。その要旨。
    日本の官僚は「政治への応答性」に傾斜し過ぎ「プロフェショナルとしての自律性」を忘れ政治中枢への過度の忖度に走っている。
    官邸主導の取り組みは時代遅れの障壁を壊し既得権から解放したが、官僚の忖度により新たな権力である官邸周辺に吸い寄せられたのでは意味がない。
    官邸主導の方向性は捨てるべきでなく、プロフェショナルの自律性を持つ人材の育成が必要である。
    以下私見。
    官邸と官僚に必要なのものとしてマスコミが煽るポピュリズムへの自律性もある。
    先日、BS11の討論で自民党の伊吹文明が上記の問題の本質に迫る話を仕掛けた時に司会のマスコミ記者がモリカケ問題に話題を戻してポピュリズムに媚びようとした。マスコミのポピュリズムへの忖度こそが摘発されるべきと思う。
    ふと、マックス・ウエーバーの「プロテスタントの倫理と資本主義の精神」の末文が浮かんだ。
    「文化発展の最後に現れる末人にとって次の言葉が真理となる。
    精神のなき専門人、心情なき享楽人、この無のものは人間性のかって達したことのない段階にまですでに昇りつめた、と自惚れるだろう」
    私的注 末人=政治家、官僚、ビジネスマン、マスコミそして大衆。

  • >>No. 945

    シグマ光機、2480で利食いました。
    いまのところは、ここから上は上げても無理上げと見ています。
    2030以下になったらまた買います。こうしているうちに売上の中身が研究開発用要素部品から脱して、浜松ホトニクス等との連携で製品部品になるようになったら、目標株価を3000にあげます。

  • >>No. 944

    >予想より早く機械株にやっと資金が回ってきましたね。
    そうあって欲しいですね。
    私は今が今年最大のチャンスと見て、今日もFUJI,ミネベア、日清紡HDを安い所で追加買いしました。
    シグマ光機は私も打診買い程度ですが、2400台までは持とうと思っています。押せば追加買いのつもり。

  • >>No. 941

    シグマ光機ですが、おっしゃるとおり隠れた好業績企業で5月決算も上方修正だと思います。
    ただ、現在のところは1900後半~2000前半買い、2400後半利食いかなと思っています(非貸借)。
    理化学研究所、日本電子、東大等研究室への研究開発用要素部品のカタログ(web)販売が中心なので、売上が大きく飛躍しにくい体制だからです。
    私が注目しているのは創業者3人組からの世代交代期にあり、これを機に研究用部品から脱し市場製品に向かおうという機運があり、この時、浜松ホトニクス(第一株主)との営業面での連携が進展すれば大きく化ける可能性があるという、中長期的観点からです。

本文はここまでです このページの先頭へ