ここから本文です

投稿コメント一覧 (971コメント)

  • >>No. 1123

    1122も含めコメントありがとうございました。
    コメントを拝見して改めて思ったのは、私の対象分野が機械・電気・ITの中のまた限られたものに偏っているので手詰まりになるということです。
    ただ、こればかりは土地勘の蓄積の問題なので、、、、
    とりあえず、ミネベア、ホトニクスあたりをやりながら、安川の反転、少し冒険して三社電機の機会を狙い、
    一方で、ハーモニックの上げ下げ、オプティム・セック・ブレインパドなどの下げ過程での機関との超短期ゲームでやっていくかという気になりました。

  • どうも私は「手が出ない症候群」にかかってスランプです。症状は以下です。
    現在は長期の日清紡HDの含み益を抱えながらキャッシュポジションが異常に高くなっています。
    1.有望と思いながらいまさらという買い遅れ意識が強く手控えている
        ソニー、塩野義、ゼンリン、リクルート
    2.優良株で安値圏にきたなと思いながら、まだ下があるかもと手控えている
      安川、ミネベア、FUJI、ホトニクス、島津製作所
    3.どこかで噴く可能性があるから打診買いの時期かなと思いながら二の足を踏んでいる
      三社電機、長野計器、CKD、シグマ光機、ViSCOTEC(現に噴いたが)
    4.関心あるがよくつかめなくて見送り
      レーザーテック、芝浦電子、アドバンテスト、LINK&M、フェローテック、トリケミカル、インタアクション、データSEC
    5.結局、地合いに関係ない機関とのゲームの方がやりやすい感じになっているが
       セックは挟み継続のままで、他のオプティム(挟み解消後)とブレインパッドは日計り、
       ハーモニックはやってみたがすぐに様子見
    日経の動きもさりながら、何か直観的な不安感がありますが、
    「相場は悲観のなかで生まれ、懐疑の中で育つ」の時期かなという感覚もあります。
    ここ数年は後者の感覚で動けたのですが、、、、
    何かコメントをいただければ幸いです。

  • >>No. 1116

    ハーモニック、月曜火曜と機関がいったん上げるとの読みがはずれたようなので金曜の買い建ては微益売却。
    株主幽体様同様、19日受注動向発表以後に買いのチャンスをうかがいます。
    ハーモニックの借株売りはcredit suisseがずっとやっていると思っていましたが、10月からモルガンスタンレーMUFJがINしていたのですね

  • >>No. 1117

    ご返信ありがとうございました、
    特定株主放出については、これは創業時社長と取締役および一族と同姓商店ですが、6月、7月とアセットマネージメントoneが肩代わりを進めています、いずれEXITすると思いますが、株式構成は一応近代化しつつあります。
    他のコメントはいずれも思い当たる点があり、ご指摘でさらに確信できました。
    今、挟んでいますが、機会をみて買いを利食って売り建てだけにしようかという気がしています。
    ご見解をいただき決断にプラスにできそうです。

  • >>No. 1114

    ハーモニックの見方は同様です。
    来週18日木に受注動向の発表があります、その前の月、火あたりで機関が持ち上げて19日以降にどんと落とすとみています。従って私は火曜あたりに売り建てる予定で、今日の買い建てはその時用のヘッジのつもりです。
    今度は買い建てで挟まずに19日に損切りでも売るつもりです。

  • ところで株主幽体様はセックをどうみておられますか?
    確か、昨秋の元社長の立会外分売以降撤退されたように記憶しておりますが、、、
    オプティムの挟み解消についでセックも解消しようかと考えていますので参考にさせてください

  • 前場でハーモニックを3450で買い建てました。
    機関が一度騙しの戻し上げをすると見て、その時の売り建てのヘッジのつもりです。

  • >>No. 1110

    今日はいい機会かと思い、オプティムの2300幅の挟みをそのまま解消しました。
    意外に下がらず、売り建て、買い建ての両方でとるのは難しそうなのと他にやってもよさそうな銘柄が出始めたためです。

  • >>No. 1107

    >明日が見ものですね。底確認で買いたいですね。
    同感ですが、単純に下方修正、受注停滞に反応した売りと買い残の投げ狙いの売りが一段落するのを待とうかな、と思います。

  • >>No. 1104

    安川は微減益下方修正、直近受注が微減、まあ、それ以上に売られると思いますが、それでだらだら下げ完了かな。
    問題はこの連想の波及、波及が大きいということはマインドが後ろ向きということなので、、、
    しかし、それら波及銘柄も含め、明日ではないにしても買い時には近づいたかもしれないですね

  • >>No. 1103

    追記
    今日10日引け後の安川の決算如何(特に受注)で今後しばらくの方向がでそうですね

  • >>No. 1102

    >ドル円はあまり悪くはないし、ダウが高値更新しても、下がり続けてますね。どう考えていますでしょうか?
    9月26日の日経電子版記事「楽観いぶかる国内勢 買い遅れ、いつか来た道? 」があたっている気がします。
    もしかすると「相場は懐疑の中で育つ」かもしれませんね

  • 日清紡HD
    10月5日金曜にSMBC日興から東証に出された空売り報告の訂正(複数)によると、9月3日にSMBC日興の空売り残高は0になっていたようです。
    いずれ市場外相対取引で解消するはずなのに遅れているなとみていましたが、 こんな手もあるとはです。
    なお9月3日は新日本無線100%化(株式交換による)完了の週明けでした。
    相前後したSociete Generale、シティグループの借株売りだけでなく、6月の富国生命の3百万株市場外相対取引による保有減まで絡んでいる気がします。
    多分、次回のM&Aから株式交換による100%化に必要な自己株の取得も絡んでいるように思います。

  • >>No. 1098

    追記
    実は、どこかで公募増資でも目論むのではないか、という気がしています。

  • >>No. 1097

    >オプティム…ストップ高
    このストップ高はなかなかの曲者ですね、一見ダブルトップ形成を見せているようですが、、、
    ここでさらに売りを誘い踏み上げさせる、一方で高値買いを呼び込んでいる
    食える売りがなくなったところで、今度は高値買いの投げを狙ってドーンと落とす、ということかな。
    今日は従来の売り建てを軽微の損切りする暇がなく、従って上での挟み直しはできませんでした。
    場合によっては、いったん挟み幅を利確解消し、今度は売り建て主軸でヘッジ買い挟みで下げ転換の準備に切り替えるつもりです。

  • >>No. 1095

    私は依然として日清紡はさらなる上昇待ち、セックとオプティムは売り建てを上げながら挟み継続で共に挟み幅が2000越えと2000近くになりました。そろそろ下げ転換したら両側でいただこうと狙っています。
    最近、3905データSECと7725インタアクションをウォッチ銘柄に追加、まだ手は出していません。
    ともに貸借銘柄なので売りから入るか買いから入るか決めていません。
    これからは低PBR・割安銘柄に流れが行くと日経あたりが書いていますが、眉唾だとみています。
    それくらいなら、セック、オプティム、ブレインPなどの売りをやる方がおもしろいかな、と思っています。

  • >>No. 1090

    >日清紡HDですが、、、、
    日清紡HDは長期にやって妙味があると思います。といってもガチホールドではなく、1250以下買い、1300前半・後半買い増し、1400台後半に1250以下利食い、1400前半押しに買い、1500後半1300前半利食い、1500前半押しに買い、、、、といった具合の回転長期です。
    現在、新日本無線100%子会社化(株式交換)が8月末に完了しましたが、単元未満株の買い取り請求/買い増し請求があり、SMBC日興(幹事)の安定操作がやや緩めた形で一応続いています。
    そういう意味でも1220~1240台は買い時と思います。
    今後数年、M&A後株式交換(増資はしないと表明済)による100%子会社化の流れは続くはずです。
    そのための自己株買いが秋口から春先に行われるはずです。そのたびに不思議にも好感されますが、これは株式交換で放出されるものです。
    しかし、結局は100%子会社化による利益上昇によりEPSは上昇していきます。
    なお、SMBC日興は安定操作のため260万株ほど借株売りしましたが、9月3日に150万株解消しています。これは市場外相対取引とみられるのでその相手がどこか興味のあるところです(6月安定操作直前に富国生命が300万株保有減の報告を出しています、これも市場外)
    この会社は、IRが誠実・詳細で2025までの長期計画もHPに出しているので、ここを買うなら是非ご覧ください。

  • >>No. 1088

    >オプティムは凄すぎます…眺めるだけです。
    買いは空売りの買い戻しだけのようですが、一気に踏まされた感じですね。同時に機関も空売りを仕込んでいる気がします。ピークをつけての反転も近いかと、、、
    よって、現在挟み幅での清算の方針を変更し、4600あたりまで見て下げ転換を確認したうえで、2820買い建ては頭をくれてやって4580利確、4120売り建ては4220あたりで買い戻し、買い建て益1760-売り建て損失100で挟み幅以上を狙うことにしましたが、、、、
    うまくいきそうもなければ、挟み幅での清算にします。

  • >>No. 1085

    オプティム
    2820買い建てはそのままで売り建てを4回挟み直して今4120です。挟み幅1300、売り建て損切合計200です。7日金曜に4400台をつけましたが挟み直しそこなったので、そろそろ現在挟み幅で清算しようと思っています。
    挟みの妙味は買い建てを売り建て以上で利食い、売り建てを挟み幅半ばくらいで買い戻して挟み幅の1.5倍程度の利を得ることにありますが、この銘柄はいずれ落ちるにしても契機を掴みにくいからです。
    セックも現在1500幅で挟んでいますが、こちらは落ちる時が近く読みやすいので挟み継続です。
    オプティムを清算したらハーモニックを下降トレンド前提での挟みでやろうと思っています。
    挟みは神経が疲れるので同時には2銘柄かな、と思っています。

  • >>No. 1082

    >ハーモニック  機関が買い上げてるのですかね
    それは間違いないですね、少し水準を上戻してから長い期間の上下動右下がりで稼ごうとしているとは思いますが、
    いろんなことを考え私も様子見です。
    1.戻しの水準を結構高め(上げ下げなしに一気に5500近く)にしている可能性
    2.複数の機関が競っている可能性
    3.kodenが一度高くして(場合によって分割強行)そこで持株売りしたいと機関に持ち掛けている可能性

    6999KOAと6698ViSCOテクノロジー、両方ともおもしろそうなので私もwatchします。
    私の方は、日清紡hdをかなり買い込んでいますが、ようやく昨日smbc日興の安定操作(新日本無線の株式交換による100%化)が終了し、これから動き出すと期待しています。
    また、セック、オプティムをいずれも上を切り上げながら挟み込みを続けており、反落の機を掴んで往復でいただこうとしています。

本文はここまでです このページの先頭へ