ここから本文です

投稿コメント一覧 (1812コメント)

  • ACCESSの「USBビーコン」
    コンセントに挿すだけで簡単に動作し、電池交換が不要

    これ、なかなかいいね。
    「ACCESSの」がついている。
    (Braveridge社製とは思うが)

    USB型で小さい、他社製(海外)も調べたが
    負けてはいないようである。

  • >>No. 742

    タワー投資顧問

    投資額 56億
    株数 932万株
    (平均単価just600円)

    タワー投資顧問は何を
    考えているのか??

  • 年初、社長のお言葉

    当社の経営の中核は以下の3分野です。
    ・「IoT (Internet of Things)」: ブラウザ、Beacon(ビーコン)
    ・「電子出版」:電子書籍ビューア、配信プラットフォーム
    ・「ネットワーク」:ソフトウェア化/仮想化製品

    残念ながら、「売上増(=成長戦略)」という点では、「Beacon」以外は大きな事業成長を実現出来ませんでした。反省材料と認識しています。

    平成30年1月期は、売上75億円、営業利益8億円をコミットメントといたします。特に売上は、ここ何年も漸減傾向にありますが、不退転の決意で売上を増加させ、コミットメントを達成する所存です。

    コミットメントですね、 社長!!!
    確認事項

    まあ、今のところ順調そうだ。

    (削除予定)

  • 監査役(専門家、公認会計士)

    監査役が承認している会計を外部で、
    しかも素人が何を言っても意味がない。

    例えば、前第三四半期
    売上げ12.2億で営業利益、-0.4億
         今期第三四半期
    売上げ17.5億で営業利益、-0.5億

    おかしいだろうと思っても、様々な要因でそうなっている。
    為替換算調整勘定はここ3年ほとんど同額の-23億前後。
    為替変動だけで考えるのも?
    利益の方はいくらでも処理できるが売上げだけは、処理すると
    えらいことになることは確か。


    今期は順調に売上げを伸ばしていること、これを評価する。

    (削除予定)

  • 第三四半期決算

    売上げの流れは前期と同じ。
    但し、今期の各四半期売り上げは
    それぞれ4億ほど上積みされている。
    この調子でいけば、第4四半期は30億弱
    で営業利益は10億は行くんでないかな?

    最近の売上げの損益分岐点17.5億、それを超えると
    その額だけ営業利益になる模様。

    https://jp.access-company.com/files/2017/08/s170828.pdf
    (page 18,19)

  • 今回の1000円株価

    通常なら信用買いも手伝っての上昇が常であった。
    しかし、今回は逆に信用買残は減り続けている。
    先週もかなり減っている。決算の結果にもよるが、
    大口さんの空売りもやりにくいだろうと思う。

    (削除予定)

  • 第三四半期の予想

    はしないけど、それなりの数字は出すんでないかな?
    IP社は期待、本社はIOT関連の仕事をこつこつやって
    いれば、当面はOK。(株式会社ACCESSテックとは?)

    前総会で任天堂からのライセンス料がいただけると
    明言してる。但し、時期は恒例の様に期末でないかな。
    (今回は開発段階から関与していると思える)

    心持として、期待しないが期待する。
    そんなところか。

  • VCPEとは
    vCPEソリューションは、ユーザ宅内にある通信設備(CPE)の内、各種IP機能を通信事業者のネットワーク側に移し仮想化することで、TCO削減・ネットワークの高度化に柔軟に対応します。

    INTELとの関連
    ウェビナーについて
    vCPEとSD-WANはネットワーキングの新技術であり、今後数年間で爆発的な成長を遂げると予測されています。これらの技術がもたらす機会と課題を理解するため、インテルはvCPEとSD-WANを詳細に調査するための一連のウェビナーを開催しています。

    「vCPE and vPE」に関するウェビナー
    (IP社のNewsletters NOVEMBER 16, 2017)

    このインテルネットワークビルダーのWebセミナーでは、VirNOS™仮想ネットワーク機能(VNF)の機能の概要および関連するユースケース をプレゼンする。
    ( Shaji Nathan、IP社プロダクトマーケティング担当副社長)

    同時に、OCNOS 1.3.2 releaseも発表

    https://www.ipinfusion.com/wp-content/uploads/2017/11/IPI_NL_111417.pdf

    IP社進展中

  • IP社のプレスリリース
    NOVEMBER 17, 2017

    The London Internet Exchange (LINX) has announced a series of successful Proof of Concepts (POCs) following a decision just over a year ago, to adopt a new and revolutionary, disaggregated approach to their secondary LAN network architecture, LON2.

    ロンドンインターネットエクスチェンジ(LINX)は、わずか1年以上前の決定に続いて、セカンダリLANネットワークアーキテクチャLON2に革新的かつ革新的な新しいアプローチを採用することで、一連の成功した概念証明(POC)を発表しました。

    New partners Edgecore Networks and IP Infusion have now been awarded contracts following the series of successful PoCs and are looking forward to the next stage of the project;

    新しいパートナーEdgecore NetworksとIP Infusionは一連の成功したPoCに続いて契約を獲得しており、プロジェクトの次の段階を楽しみにしています。

    EVPNサービスの構築

    Pインフュージョンの社長兼CEO、緒方のコメント
    「OcNOSを使用することで、LINXは特定のニーズを満たし、新しいサービスをすばやく導入できるように、分断されたネットワークを簡単に設計できます。我々は、新しいプラットフォームの増大する要求に応え、運用コストを低く抑えるため、LINXと提携することを楽しみにしています。

    OCNOSの進展

    https://www.ipinfusion.com/news-events/linx-confirms-successful-testing-of-new-disaggregated-networking-technology/

    VIRNOSもINTELとの関連で進展中と思われる。
    (最近の記事で)

  • Edgecore Networks
    Date: 2017-11-09

    Edgecore Networks’ Whitebox “Cassini” Packet Transponder
    Cassiniパケットトランスポンダ(NEW item)
    --Cassini AS7716-24XC packet transponder,4Q17--

    IPインフュージョンの社長兼CEO、緒方篤氏は、「データセンターのトラフィックが爆発的に増加する中、地理的に分散した場所を相互接続してアプリケーションを拡張し、高い可用性と冗長性の要求に対応する必要があります。「当社のOcNOSネットワークオペレーティングシステムをEdgecoreのCassiniパケットトランスポンダに提供することにより、当社のデータセンターとサービスプロバイダの顧客は、パケット交換と光伝送技術を統合し、オープンネットワークと分散ネットワークをハンドリングできる。

    新分野を開拓中

    h ttps://www.ipinfusion.com/news-events/ip-infusion-supports-edgecore-networks-whitebox-cassini-packet-transponder-contributed-to-the-telecom-infra-project/

    h ttp://www.businesswire.com/news/home/20171108005694/en/Edgecore-Networks-Contributes-Design-Whitebox-%E2%80%9CCassini%E2%80%9D-Packet

    ビジネスワイヤーも報道

  • 知を高める(本日の日経より)
    藝は芸にあらず

    儒教の経典である四書五経に六藝(りくげい)というものがある。
    子が習うべき6つの教養
    礼(式典での作法)、楽(音楽)、射(弓矢)、御(馬術)、書、数

    藝とは木や草の苗を地面に植え、育てることを意味する。
    その後、西洋思想のARTが訳語として使われるようになった
    藝術、工藝

    藝の上、下部分を組むと芸になる。
    しかし、芸(うん)は全く関係ない言葉で「香りの良い草」を意味し
    防虫効果があることから書物を保存するのに使った(この草を引き詰める)。
    芸亭(うんてい、書庫)などの言葉がある。

    このような使い方があるにも拘らず、古くから芸を藝の略字として
    使い続けていた。
    正字としての藝を使う事例に
    文藝家協会、文藝春秋etc...

  • CROS

    再春館
    この業務をするには「加値中心」という資格が必要
    台湾政府は、税収手続きの電子化を図り、電子発票の普及を加速するため、
    2018年1月には、従来の会社システムからの統一発票の発行を停止する
    今後、バタバタと新規顧客を獲得できそうだ。
    再春館は導入事例にふさわしい。

  • Brain4Net(米)
    革新的なSDN / NFVベースのソリューションベンダーのBrain4Net

    Brain4Netとメガヘルツ、IBC 2017でブ放送メディアネットワーク近代化
    のためのSDNソリューションを発表。。。 SDN Fabric for Media

    Brain4Net がB4N Service Platform 2.2リリース
    (Fortinet、IP Infusion、およびArbor Networks製品に追加対応)

    ACCESS Twineの構成
    仮想化がいろんな分野に進展中らしい。
    ACCESS TwineもIP社と共同戦線をハラニャならぬ
    (IP社もACCESS欧州Officeに同居中)

  • 信用買残のことかな?
    数ヶ月前からすると100万以上減った。
    奥様も少しだが、減らし中ではある。

  • Content Innovation Award 2017
    Cannes

    The Multiscreen TV Award
    Winner: ACCESS for ACCESS Twine for Reliance Jio Infocomm’s Jio Lifestyle

    ACCESS Twineが賞を受けた。

  • Open Compute Project Foundation主催
    OCP U.S. Summit 2018
    San Jose, California
    3/20-21/2018

    Sponsorの数19社
    IP社、スポンサーになる。
    仕方がないが、将来のために金を出す?


    OCP
    オープンコンピュートプロジェクトジャパン (OCPJ)
    h ttp://opencomputejapan.org/

  • シャープのAQUOS
    (参考まで)

    2017 年 9 月 13 日 by アイティアクセスのPR
    「NetFront® Browser BE」が
    液晶テレビ AQUOS W5 ライン最新モデル
    「LC-40W5(40V 型)・LC-32W5(32V 型)」に採用

    2017年10月12日 by sharp
    ブルーレイディスクレコーダー『AQUOSブルーレイ』4機種を発売
    (本製品は、株式会社ACCESS のNetFront Browser を搭載しています。)

    h ttp://www.sharp.co.jp/corporate/news/171012-a.html

  • 全世界で人気を集めるSDN、NFV関連
    話題・NEWSサイトー Light Reading'、SDxCentral ー
    が最近、急にIP社のことを取り上げるようになった。

    h ttp://www.lightreading.com/nfv/ip-infusion-introduces-carrier-grade-ocnos-for-open-networking/v/d-id/736941
    (10/4/2017、新たにIP社のVPになったShaji Nathanさんのインタビユー)

    h ttps://www.sdxcentral.com/products/virnos/reports/2017/network-virtualization-sdn-controller/
    (Virnosの解説

  • 再掲

    British TelecomとAT&TーーIP社採用の可能性

    IP社がHPで追加記載
    ●BT Trials Dell EMC Switches and IP Infusion’s OcNOS
    ●IP社のテクノロジー・パートナーにBarefoot Networksを追加

    A week ago, AT&T did something with network technology that's never
    been done before, and companies like Cisco and Juniper Network should be terrified.
    一週間前、AT&Tはかつてないネットワーク技術を使用、CiscoやJuniper Network
    などの企業は恐怖を感じるはずです。

    AT&T executives discussed the company’s open source, white box trials,
    which used Broadcom and Barefoot Networks’ merchant silicon.
    AT&Tの幹部はBroadcomとBarefoot Networksの商用シリコンを使用した
    同社のオープンソースホワイトボックス試験について話し合った。

    可能性が深まったかな?
    これが出来ればIP社の信頼は飛躍的に深まる。
    深まる、深まる。

本文はここまでです このページの先頭へ