ここから本文です

投稿コメント一覧 (97コメント)

  • あの大日本帝国全土を震撼させた!!





           オウム真理教の原点はここにあった!!





    白白教(はくはくきょう)とは、日本統治時代の朝鮮に存在したカルト教団である。信者を600人余り殺害し、朝鮮のみならず内地を含む大日本帝国全土を震撼させた。


    1902年(光武6年)、東学の信徒だった全庭云が金剛山で修行を行い、悟りを開いたと称し「白道教」の名で布教活動したのが起源である。

    全庭云は「一定の呪文を口誦し礼拝すれば、無病息災、不老長寿、神仙となり得べし」と説き、一時は一万人の信者を獲得した。全庭云はこれらの信者から金銭を寄附させて自らの生活資金に充てる一方、若い女性信者(約60人)を篭絡して妾にし、酒池肉林の贅沢三昧の生活を送った。

    しかし、このような教祖(白道教では「天父任」と称した)の姿勢に疑問を感じる信者や、全庭云の下から逃げ出そうとする妾が出始めた。全庭云は官憲への発覚を恐れて、これらの殺害を命じ、1916年(大正5年)に妾4人と信者2人を相次いで殺した。

    全庭云は1919年(大正8年)に脳梅毒で死亡した。しかし、これらの殺人事件は1930年(昭和5年)と1932年(昭和7年)に相次いで発覚し、実行犯には懲役10~15年の実刑判決が下り、西大門刑務所等に収監された。これにより白道教は壊滅したかに思われた。

    しかし全庭云の次男で二代目教祖(「第二世大元任」と称した)の全龍海は事件発覚前に逃走し、捜査の目を逃れることに成功した。この全龍海によって教団は「白白教」として復活することになった。


    全龍海は、父親の全庭云同様の酒池肉林生活を送り、大胆にも京城府桜井町(現ソウル特別市中区乙支路4街)に居を構えた。そして自分に異議を唱える信者や性的興味を失った妾を山中に連れ出して殺害、死体を埋めていった。

    白白教事件で教団が日本政府によって壊滅されるまでの間に信者を600人余り殺害するにいたる。


    1937年(昭和12年)2月16日夜、朝鮮京畿道京城府下往十里町(現大韓民国ソウル特別市城東区下往十里洞)で、宗教絡みの乱闘騒ぎが起き、所轄の京畿道警察部東大門警察署が関係者を取り調べたところ、以前に殺人事件を起こして自滅したカルト教団「白道教」が、新たに「白白教」として復活し、京城に根を下ろしている事が発覚した。2月26日、日本政府によって白白教幹部約150人が検挙された。

    東大門警察署は、翌2月17日に京城のアジトを急襲し、信者ら約80人を検挙したが、肝心の「第二世大元任」こと教祖の全龍海を取り逃がしてしまった。その後も、信者の検挙が相次いだが、全龍海は依然行方をくらませていた。



    3月6日、信者のR兄弟が観念し、教団が起こした殺人事件について語り始めた。

    R兄弟の供述によると、「一斉検挙後の2月21日、京畿道楊平郡の自宅に全龍海が現れ、酒食の供応が命じられた。その際、全龍海は自分たち兄弟に預けられていた全龍海の妾3人を別室に呼び出して全員殺害した。その後、穴を掘らされて3人の遺体を埋めた。」という。

    そしてR兄弟の供述通りに3人の遺体が発見され検死が行われた。その結果、「殺しの手際の良さ」などから、追い詰められた挙句の刹那的犯行ではなく、常日頃から常習的に殺人を繰り返していた疑いが強くなった。他の信者を追及したところ、次々と教祖の殺人を供述し始め、捜査官を慄然とさせた。


    全龍海は火田民化した信者の家をアジトにし、各地を転々としたが、関係者が続々検挙されるに及び次第に追い詰められていった。そして3月下旬頃に京畿道楊平郡の山中で自殺し、4月7日に死体が発見された。これにより白白教は事実上壊滅した。

    信者獲得と活動

    教団は「朝鮮は近い将来、大元任(全龍海)の統率の下で独立する。独立の暁には、各々の信者の貢献度に応じて知事や警察署長などの高官に任命する。金のある者は献金し、年頃の娘を持つ者は大元任に差し出せ。」と巧みな言説で布教活動を行った。

    入信した信者は、土地家屋などの全財産を教団に寄進し、若くて美貌の娘は全龍海の妾にされた。そしてしばらくすると、「まだ独立の時機ではないので、暫くは地方で身を隠して待機してほしい」と称して、山間部に追いやって火田民とし、焼畑農業で得た収入をも献金させるなど徹底的な搾取を行った。

    そして「背教者は死をもって罰せられる」と喧伝し、実際に教団の意に背いた信者は、老若男女を問わず殺害していった。

    今の韓国のきチがイじみた親日派狩り、反日狂騒も原点はここにあるかと。

  • 大きな水晶玉を、ソウルのど真ん中に置け!!



                  霊感商法も、韓国起源??



            安倍晴明もびっくり!!



               三・一独立運動の要因は、風水説だった!!!



    日帝風水謀略説とは、日本が韓国併合時代に朝鮮半島で行った政策の中で、風水によって朝鮮民族の民族精気を奪おうとしていたとされる説。断脈説、朝鮮断脈説とも。韓国では「日帝断脈説」「民族精気抹殺政策」や「風水侵略論」といわれる。いわゆる国家的な陰謀論のひとつである。

    韓国(朝鮮半島)は歴史的に風水説や風水地理説が根強い土地である。風水は、中国で理論としてまとまった後に新羅時代の朝鮮半島に伝わり、少なくとも高麗時代には風水に基づいた為政がなされている。朝鮮の風水は主に有力者達の間で用いられたが、18世紀までには庶民の間にも広まったと考えられている。現在の韓国においても風水は広く信じられており、今でも家や墓の立地が風水に基づいて決められることはよくある。

    特に風水と並んで祖先崇拝も強い朝鮮半島では墓の立地は極めて重要であり、李朝末期に朝鮮を訪れたアーソン・グレブスト(sv:Willy Grebst)は『悲劇の朝鮮』の中で、庶民がソウルに住みたがる理由の1つとして墓の多さを挙げている。また、朝鮮総督府が三・一独立運動の原因を探るためにまとめた資料においても「朝鮮における風水」として大きく扱われている。

    黄文雄は、朝鮮総督府が頭を悩めた問題の1つとして風水を挙げている。特に鉄道建設用地の買収は困難を極めたといい、当時のソウル都市建設計画の施行責任者であった本間徳雄の苦悩を挙げている。朝鮮総督だった斎藤実が止めてしまえというほど、鉄道や道路の敷設は風水を断ち切るという理由で猛反発を受けた。

    これら都市計画は最終的に李垠(李王垠)の同意によって進められたが、風水を絶つために都市計画を行ったという現在の風水侵略論へと繋がっている。


    第14代韓国大統領の金泳三は、「光復50周年」を記念した、いわゆる「歴史立て直し事業」の中で、かつて日本が朝鮮半島で行った政策により、韓国内に残存している文物が「日帝残滓」であり、排除されるべきだと訴えた。その中には当時の日本が韓国(朝鮮半島)の地脈や民族の精気を絶つために「風水侵略」を行ったという非難があった。その例として有名なものに、日本が山頂などの風水上の要所に鉄杭を打ったという「日帝の鉄杭」がある。

    わが国民大多数は、日帝がわが民族精気を抹殺するために全国の名山のあちこちに鉄杭を打ち込んで地脈を絶ったことをよく知っている。(--中略--) 1995年2月から全国で実態調査を行い、180本の鉄杭を確認し除去作業を行った。

    黒田勝弘は、このような説を「日帝風水謀略説」「風水的マッカーシズム」と呼び、批判している。過剰な風水論とナショナリズムが結びついたものだと断じ、韓国マスコミの情緒的な反日主義が原因であり韓国人の被害者意識が背景にあるとする。

    民間レベルの鉄杭除去運動は歴史の立て直し事業以前からあったといい、現在でも民間人による私的な除去作業が盛んである。1メートルを超えるものからごく短いものまで様々な「鉄杭」がいまも引き抜かれているが、そのほとんどは測量用の杭だという証言も多い。

    鉄杭以外では、朝鮮総督府庁舎やソウルの在韓大使館の建物がソウルの気の流れを遮断していると指摘され、朝鮮総督府庁舎は歴史の建て直し事業の中で解体されている。

    1995年に解体された旧朝鮮総督府庁舎

    • 日本が建設した朝鮮総督府庁舎、ソウル市庁舎、北岳の上空からの外観を組み合わせると「大日本」と読めるとされていた。この主張をもとにして、1995年に朝鮮総督府庁は「日帝残滓」として解体された。解体作業ではパレードが行なわれるなど、祝賀行事としての性格があった。また、朝鮮総督府庁舎がその前方の王宮に対して正対せず、「斜め」に建てられていることも風水学の観点から問題視された。

    • 1995年、ソウルの日本大使館の位置が風水侵略の一環だとして批判された。元ソウル大学教授である風水学者は、「首都の主山である北岳の精気を奪っている」「外明堂に供給される精気を遮断しており、日帝による風水侵略の象徴である」としている。

    • 2009年、日本が建設した釜山矯導所、慶南道庁、釜山府庁の上空からの外観を組み合わせると「大日本」と読めると報道された。

    杭を抜いて喜ぶバカ。ほとんどが測量用の杭。 ↓

  • 京セラ稲盛名誉会長の奥さんの






           お父さんなのです!!






    禹長春の父親、禹範善は一八九五年、
    乙未事変(閔妃暗掌件)の折、訓練隊第二隊長として
    指揮下の将兵たちを率いて、日本軍守備隊と合同で
    宮殿に侵入、閲妃の刺殺を幇助した。

    そのために
    逮捕令が下り一時身を隠す。翌年政局が一変すると
    身辺の危険を感じ、日本人の保護を受けながら
    日本へ亡命した。東京に居住し日本の女性、
    酒井ナカと結婚。再起を夢見るも、一九〇三年十二月、
    本国より送り込まれた閔泳翊の家僕、高永根によって
    呉市で暗殺された。

    禹長春は東京帝国大学の付属校を抜群の
    成績で卒業し、白菜の改良や種なし西瓜の開発で
    すばらしい業績を上げた人である。須永元はこの
    禹長春の生涯に多大な影響を与えた。

    禹博士は、一九二四年二十六歳のとき、渡辺小春
    (二十二歳)と結婚するが、小春の両親や兄たちが
    こぞって反対した。

    両家の保護者であった須永元に
    小春との婚約を報告すると、彼は非常に喜び
    「生まれてくる子供の将来のために、この際君たちは
    須永家の夫婦養子となり、将来にわたって家族全員が
    須永姓を名乗ってはどうか」と提案した。

    両博士は
    この提案を受け入れた。こうして彼の正式な日本名は
    「須永長春」となつた。須永元は禹範善を尊敬し、
    終生変わらず禹家の保護者となるほどの篤志家であった。

    長女朝子は後に京セラ会長稲盛和夫氏と結婚する。
    稲盛氏は自叙伝の中で次のように述べている。
    「一九五八年十二月、松風工業を退社した。その翌日、
    同じ特磁課にいた須永朝子と結婚した。朝子の父親・
    須永長春(本名禹長春)は東京大学農業実科を出た
    植物育種が専門の農学博士で、京都のタキイ種苗の
    農場長などもしていた。

    戦後、実父の故国、韓国へ
    渡って疲弊していた農業を立て直し、“韓国近代
    農業の父”と呼ばれた。私は一度しか会っていない。
    研究者同士、大いに話が弾んでいたことを覚えている。」

    禹博士は一九三六年五月四日、東大より農学博士の
    学位を授与された。しかし彼は日本社会の差別に遭い、
    博士になつても高等官技師になれなかった。

    この時、長男禹長春はわずか五歳で、翌年弟が
    生まれ、生活はますます苦しくなつた。それでも
    禹博士は依然として、「禹」という実父の姓を
    名乗って就職した。父の日本名北野一平から取った
    「北野」や母の「酒井」でもなく終生「禹」姓を通した。

    禹博士は農学者として比較的に誉れた
    環境にありながら、五十二歳のとき、突如永住の
    決意をもって言葉もわからない父の国へ渡った。

    政情不安時代に、日本に妻と六人の子供を残して
    渡韓するのであるから、凡人にできることではない。
    禹博士の学者としての実直さと人間本来の正義感が
    そうさせたのであろう。

    渡韓後の禹博士は多くの困難を乗り越え、晩年には
    輝かしい業績を残して、「韓国近代農業の父」とまで
    呼ばれるに至った。

    一九五九年八月七日、韓国政府は、
    病床の雲呑に大韓民国文化褒賞を授与した。この褒賞は
    国家が感謝を込めて愛国者に送るもので、国民にとつて
    最高の名誉であった。

    一九五八年八月十日、博士は妻の
    小春に看誉れながら本国で息を引き取る。
    享年六十二才であった。

    父禹範善は韓国の近代史の中で、まだ相応の評価を
    受けていない。しかし、長男・禹長春は歴史教科書に
    残るほどの農学者として国民に広く知れわたつている。

    この人が秀才中の秀才、朝鮮農業の父といわれる禹長春氏 ↓

  • あなた、ハングル語を勉強したことありますか???





    以前、NHKの語学講座でハングル語講座というのがありましたよね。
    へんてこな名前の講座ですね。

    韓流ブームの勃興に伴い、また一般の人たちからの要望も相まって、NHKは朝鮮語講座の開設を決断しました。言語学会では、朝鮮半島の言語を朝鮮語と呼ぶのが一般的です。

    ところが、これを察知したNHKの民団系職員がすぐに民団本部にご注進に行きました。民団本部は総力を挙げてNHKに圧力をかけ、韓国語講座という名前にするように迫りました。

    ところがところが、これをまた察知した総連系のNHK職員が総連本部にこのことを注進しました。総連側も総力を挙げてNHKに圧力をかけ、当初の予定通り朝鮮語講座という名前にするように、執拗に強要しました。

    一説によると、NHK内部の在日系職員同士で乱闘騒ぎがあったやに伝えられています。

    困りに困り果てたNHKは一計を案じ、奇抜な新造語を生み出しました。はい、これがハングル語という名前なのです。

    世に日本語とい言語は存在しても、ひらがな語とかカタカナ語という言語は存在しません。同様に、世に、ハングル文字というものは存在しますが、ハングル語という言語は世界に存在しません。


    そこのあなた!
    “私ハングル語を勉強しました。”なんていうと、笑われちゃいますよ!

    はい、これ本当です!!

    もしかしてそのうち、朝鮮半島はハングル半島、朝鮮戦争はハングル戦争、在日韓国・朝鮮の人たちは在日ハングル人ってなことになりかねないかも・・・

  • 『多文化共生の社会づくり~在日韓国人から学ぶ~』

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    在日韓国・朝鮮人と日本社会の歴史を知ることは、
    現在の多文化共生社会づくりを考える上で欠かせません。
    神戸や川崎で活動に関わってきた講師からお話をうかがいます。

    日時 12月8日(土)14:00-16:00
    会場 浜松市多文化共生センター
    講師 金 宣吉(NPO神戸定住外国人支援センター 理事長)

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    多文化共生ではなく、多文化強制でしょ!!!

    在日朝鮮人・韓国人は強制連行されたニダ
    従軍慰安婦ニダ
    強制的に併合、植民地にされたニダ
    創氏改名は強制ニダ
    秀吉にすべて破壊されたニダ

    全部ウソ捏造ですね

    これで
    在日韓国人から何を学ぶのでしょう?

    ゆすり?たかり?捏造?
    生活保護のもらい方?
    ただで年金をもらう方法?
    脱税の方法?

    日本人が在日韓国人から学ぶべきことは
    一切何もありません!

    本当に日本が大好きな善良な在日韓国人がいるのであれば、
    まず同じ在日韓国人自身への教育から始めなければならないのではないですか?

    結局、多文化共生って誰のために行うのか分かりやすいですね
    在日韓国・朝鮮人と日本社会の歴史を知ることは、現在の多文化共生社会づくりを考える上で欠かせないそうですよ!
    日本人のみなさん


    多文化と言いつつ朝鮮との共生(強制)をしたいんですね。

    そして歴史を捏造し、賠償と謝罪と生活保護と年金を求めるということです。
    拒否したら差別

    おかしいと思ったら抗議をお願いいたします。
    黙っていたら認めたことになります。

  • 間違いを絶対に認めない






          自分の知識以外のものは全て






                『歪曲だ!』『捏造だ!』






    ★韓国国民全員が「政府が政府のために作った教科書」を使う

    韓国政府は、自分達で作った一種類の歴史教科書だけしか認めていない。
    これで全国民を政府の都合が良い方向に簡単に洗脳することが可能になる。

    韓国人にはたった1つの国定歴史教科書を検証する術が無いだけでなく、検証しようと考える者がいない。子供たちをとりまく環境、親や親戚や教師、テレビや新聞などのメディアからも“思想”や“理念”として『韓国の常識』を叩き込まれるからだ。

    教科書は、元より「認識の基準」となっているのである。
    それゆえ、内容が正しいか間違っているかという基本的な疑問が生じない
    。韓国人はその教科書に、内容を裏付ける資料がないという致命的欠陥すら
    気にかけようとしない。盲目的に「教科書は全て正しい」と信じているのである。

    しかも韓国は重度の学歴偏重社会ゆえ、受験期には懸命に教科書の知識を詰め込む。 その結果、韓国社会において権力や権威に近い者や強い発言権を持つ成功者ほど 教科書の内容が強く刷り込まれ、固く信じているのである。

    ちなみに歴史教科書の他にも、韓国では国語と道徳も国定教科書制である。
    ここで気付くのは「全教科が国定教科書というわけではない」ということ。
    つまり「歴史の教科書には国が関与しなければならない理由(=国家のウソ)
    がある」ということを裏付けている。

    さらに歴史に加え、国語と道徳をも国定教科書にすることで 人格の形成にまで政府が踏み込んでいるのである。

    また、韓国は憲法で思想の自由が保証されていない。
    彼らが表向き標榜している「民主主義」という言葉の意味を考えれば韓国政府の政策の矛盾は明らかだ。

    韓国の教科書は『著者名が非公開になってる』という点でも世界的に珍しい。
    他の独裁国家や経済的理由のある発展途上国などで国が教科書を 作ることがあったとしても、著者名(歴史学者の名前。内容の責任者)くらいは 公開するのが普通だ。

    たしかに歴史教科書は歴史学者が書かなければならないという法律もないし、
    “政治家が教科書を用意する”ということが違法というわけでもないが……。

    「唯一」の「国定教科書」で著者名を伏せなければならない事情とは何だろう。
    誰が書いたかわからないものなど日本だったら誰も信じないだろう。
    韓国では「教育とは、国内政治の道具」でしかないようだ。

    韓国では、教科書が選択できず、誰もが同じ教科書を使っていることから
    どこに行っても誰に聞いても同じ知識と同じ認識であることが特徴的だ。
    それ以外の歴史解釈は、受験によって除去され、 “政府の期待する思想”に染まらなかった人間は低学歴者として 社会的に抑圧されて表に出る道を閉ざされる。

    それどころか「低学歴者に低学歴用の作業服を着せる」という徹底した
    学歴差別をいまだに行っている文化後進国である。
    もし仮に「韓国の教科書に染まらなかった者」が現れて『真実』に気付いても、
    それは“低学歴者のたわごと”と笑われ、見下されて相手にされない。

    国民が自らの認識に全く疑問を抱かないのも無理からぬことかもしれない。
    そして自分の知識以外のものは全て『歪曲だ!』『捏造だ!』と否定する。
    間違いを絶対に認めないのが韓流の教養であり、その異常な教育を 当たり前のものとして受け入れているのが朝鮮民族なのである。

  • 「地震起きて死ね」



    「対馬まで韓国領土」



    「慰安婦に謝罪せよ」…



    対馬の神社で奉納絵馬に韓国人が反日落書き
    J-CASTニュース 5月23日(金)18時37分配信
     長崎県対馬にある神社の絵馬に落書きをする韓国人が増えている。「お前ら日本人は海に沈め」「地震起きて死ね」「対馬は私たちの領土」といったハングル文字による反日的な書き込みが目立つという。

     絵馬は自分の願い事を書いて奉納したものであり、神社側はいたずら書きされたからといって撤去するのは難しいと嘆いている。

    ■何が目的で来るのかわからない韓国人が増えた

     ネットで写真付きで報告されているのは、例えば「大学に合格できますように」と願いが書かれたその上に、マジックペンなどで「地震起きて死ね」「竹島は韓国領 対馬まで韓国領土わかったか」「津波がまた来ますように」「慰安婦に謝罪と賠償を」「過去を反省しろ、中韓を見習え」「日本征伐」などと書かれている。

     対馬観光物産協会に話を聞いてみると、2000年に対馬から釜山への定期航路ができるまで、韓国の観光客は殆どいなかった。急激に増えたのは11年10月にフェリー会社3社が対馬・釜山路線に参入し、運賃の価格競争が始まってから。現在では5000円で往復できるという。それまでは観光ツアー客、釣りや山歩き、対馬の研究など目的がはっきりしていたが、この時から何が目的で来るのかわからない韓国人が増えているのだそうだ。

     対馬市の人口約3万5000人。現在は1日換算で500人、年間約18万人もの韓国人が訪れる。ツアー客ならばガイドが神社参拝での作法を教えているが、個人で来た場合は日本の文化がわからず、絵馬に落書きをしたり、土足禁止の場所に靴を脱がずに踏み込んだりと、様々なトラブルが起こっているという。


    願いを叶えるために奉納された絵馬は撤去できない
     対馬の和多都美神社(わたづみじんじゃ)といえば山幸彦・海幸彦神話で知られる彦火火出見尊と豊玉姫命を御祭神にする有名な古代神社だが、ここの絵馬には反日的な落書きがされている。神社に話を聞くと、こうした落書きが始まったのは十数年前から。近くにはハングル文字で、

      「個人の願いが書いてある絵馬です。触ったり落書きをしたりしないでください」

    と注意書きをしているのだが一向に減らない。監視をしてはいるが、いつの間にか書かれてしまうのだそうだ。なぜこんな落書きをするのか聞いてみたところ、

      「韓国人だからだと思います」

    ということだった。かなり酷い内容の落書きもあり、その部分を削る方法もあるが、絵馬ごと撤去するのは難しいという。

      「もともとはみなさまがお金を出して買われて、祈願が叶うようにと奉納された絵馬ですので、それをどうにかするというのはなかなか…」
    と困惑している。

  • もう、まじかに迫っています!





                    あなたは、どうされますか??





           日本人の子供が、誰も学校に行けなくなる!!






    慰安婦像設置の真の目的は、日本国民が道徳的に





            世界で最低最悪の国民であることを世界に証明すること





    日本人に英語を教えるな。日本人は英語を学ぶに値しない国民だ!





    在米韓国人による日本人攻撃が強まる!罪のない日本人の子供たちを守るために立ち上がってください!




    「アメリカにおける韓国の日本侮辱攻撃」と微力ながら戦っているのは、何の罪もない日本人の子供たちが、韓国人や中国人に「お前の先祖は強姦魔。殺人者の子孫」などという、「いわれのない中傷」を浴び、反論もできずに、目に涙をいっぱいためて耐えている子供たちの姿が想像されるからなんです。 今日、またあらたに、アメリカからの実態が届きました。どうか一人でも多くの日本人の方に、「今、アメリカで何が起こっているか」を伝えてください。


     韓国、中国系による日系の子供に対するいじめや、日系企業の米進出妨害の懸念などは伝えられているが、 ロス地域の成人学校に通う在留邦人は、次のようなエピソードを披露した。 「ある日、韓国の反日団体から成人学校に手紙が届いた。そこには、何と『日本人にはあなたの学校で英語を教えないように。 日本人は英語を学ぶに値しない国民だ』と書かれていた。 状況は、反日ヘイトスピーチ(憎悪表現)といった段階ではなく、反日ヘイトクライム(憎悪犯罪)に近づきつつある。背筋が寒くなった」

     韓国人の反日活動家の言葉をもってすれば、「慰安婦像設置の真の目的は、日本国民が道徳的に世界で最低最悪の国民であることを世界に証明すること」だという。彼らが、真に人権思想が分かっているならば、とてもこんな反日活動はできない。 ここまで来ると、単なる歴史捏造による反日運動の枠を超えて、もはや、「新しい人種差別(レイシズム)」 「日本人に対する人種的偏見(レイシャル・プレジュディス)を創り出す運動」と言わざるを得ない。

     今、日本人が立ち上がらなければ、先人やわれわれの名誉だけでなく、未来の日本民族の名誉までも奪われる。 対峙すべきは、韓国系団体や韓国世論だけでなく、日本国内の反日メディアや反日分子である。

    すでに、日本の普通の主婦らがインターネットなどを通じて、米国の議会や市議会、メディアなどに慰安婦問題について、抗議・要請文を送り続けている。正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」や、日本女性の会「そよ風」の方々による尊い活動を、心から称賛したい。 日本人は決意を固めて、反撃に転じなければならない。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131007/frn1310071811011-n3.htm
    2013-10-08 20:01:48NEW !

  •  「地震起きて死ね」



    「対馬まで韓国領土」



    「慰安婦に謝罪せよ」…



    対馬の神社で奉納絵馬に韓国人が反日落書き
    J-CASTニュース 5月23日(金)18時37分配信
     長崎県対馬にある神社の絵馬に落書きをする韓国人が増えている。「お前ら日本人は海に沈め」「地震起きて死ね」「対馬は私たちの領土」といったハングル文字による反日的な書き込みが目立つという。

     絵馬は自分の願い事を書いて奉納したものであり、神社側はいたずら書きされたからといって撤去するのは難しいと嘆いている。

    ■何が目的で来るのかわからない韓国人が増えた

     ネットで写真付きで報告されているのは、例えば「大学に合格できますように」と願いが書かれたその上に、マジックペンなどで「地震起きて死ね」「竹島は韓国領 対馬まで韓国領土わかったか」「津波がまた来ますように」「慰安婦に謝罪と賠償を」「過去を反省しろ、中韓を見習え」「日本征伐」などと書かれている。

     対馬観光物産協会に話を聞いてみると、2000年に対馬から釜山への定期航路ができるまで、韓国の観光客は殆どいなかった。急激に増えたのは11年10月にフェリー会社3社が対馬・釜山路線に参入し、運賃の価格競争が始まってから。現在では5000円で往復できるという。それまでは観光ツアー客、釣りや山歩き、対馬の研究など目的がはっきりしていたが、この時から何が目的で来るのかわからない韓国人が増えているのだそうだ。

     対馬市の人口約3万5000人。現在は1日換算で500人、年間約18万人もの韓国人が訪れる。ツアー客ならばガイドが神社参拝での作法を教えているが、個人で来た場合は日本の文化がわからず、絵馬に落書きをしたり、土足禁止の場所に靴を脱がずに踏み込んだりと、様々なトラブルが起こっているという。


    願いを叶えるために奉納された絵馬は撤去できない
     対馬の和多都美神社(わたづみじんじゃ)といえば山幸彦・海幸彦神話で知られる彦火火出見尊と豊玉姫命を御祭神にする有名な古代神社だが、ここの絵馬には反日的な落書きがされている。神社に話を聞くと、こうした落書きが始まったのは十数年前から。近くにはハングル文字で、

      「個人の願いが書いてある絵馬です。触ったり落書きをしたりしないでください」

    と注意書きをしているのだが一向に減らない。監視をしてはいるが、いつの間にか書かれてしまうのだそうだ。なぜこんな落書きをするのか聞いてみたところ、

      「韓国人だからだと思います」

    ということだった。かなり酷い内容の落書きもあり、その部分を削る方法もあるが、絵馬ごと撤去するのは難しいという。

      「もともとはみなさまがお金を出して買われて、祈願が叶うようにと奉納された絵馬ですので、それをどうにかするというのはなかなか…」
    と困惑している。

  • 日本は朝鮮を併合したので合って植民地化していない、併合なので日本内地と同等の近代化政策を進めた。
    李朝朝鮮が日本の併合で近代化したのは事実であり、残っている各資料や写真がそのことを如実に物語っている。

    民間レベルで差別が有ったのは事実だが、ほとんどが朝鮮から日本内地に密入国して日本語も話せない、その状況ではどの国でも差別されるのは当たり前だ。

    正式に渡航した朝鮮人は日本内地で選挙権も有ったし立候補も出来た。朝鮮では選挙権はなかったが朝鮮初め台湾等外地では日本人も選挙権が無かった。だから、植民地では無く併合で有り日本人と同等の人権が有った。

    まして朝鮮の自治に関していえば、当時の朝鮮人の知事が大半であり現在の韓国人の主張は全くの【ウソ】です。【従軍慰安婦 強制連行 創氏改名 ハングルの禁止……】全て【ウソ】です。

    韓国人が言う豊かな朝鮮が…は日本が併合して戦時中も被害が無く無傷で残った朝鮮であり、せっかく無傷に残ったのに民族間抗争で破壊しつくしたのは朝鮮人自身なのです。

    日韓併合100年目にして出た菅談話は、一般国民でも解る歴史認識を無視した自虐的談話です。本当の意味での日韓友好に砂を掛けるだけで、解決どころか日本国内に嫌韓派を増やしただけです。韓国の為にもならないし、日本人には万死に値する談話です。

  • ラジオコリア) http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=144888

     
     私がいつも不思議に思っているのですが、東京では「新大久保」に「韓国人デリヘル(売春)」があることは「公然の秘密」ですよね。 

    上の記事によると「売春が行われているという地域住民の情報提供が相次」げば、アメリカのように日本の警察も動いてくれるのでしょうか? それとも、「韓国人売春利権」というものがあって、「お上(警察)はお目こぼし」をしているのでしょうか? この辺の事情をご存知の方はコメントください。

       
     もう一つ おかしいと思うのは、「日本軍は朝鮮人を性奴隷にした」と日本の中でも騒いでいる在日連中は、現在進行形でおこなわれている「韓国人売春」については、「止めさせたり」、「警察に通報したり」はしないのでしょうか? 

    伝えられるところによると、韓国から日本に送り込まれた韓国人女性は借金まみれになっており、過酷な状況の中で酷使されていると言います。在日韓国人男性はこういう女性を助けてあげたいとは思わないのでしょうか? かわいそう過ぎませんか?


     それとも、韓国人(朝鮮人)にとっては「売春は朝鮮の伝統的な職業」なんでしょうか? もしかして韓国人の間ではこれは「当たり前」のことなんですか? 

    民団の大幹部が「ソープランド」を経営していて逮捕された事件もありましたし、売春斡旋で逮捕されるのは「在日韓国人」ばかりですから、おそらく韓国人売春は「在日利権」なんでしょう。だから、日本を口汚くののしることはやっても、「同胞の同業者」には何も言わないのでしょうね。 

    この問題、いつになったら解決するのでしょう。韓国の売春婦たちは「早く東京でオリンピックやってほしいニダ。しっかり稼ぐニダ」と待ち望んでいるそうです。そういえば最近、東京では「梅毒」が増えているそうです。怖いです! 


     反日活動はやっても、韓国人売春婦救出・撲滅活動をやらないの?
    金慶珠東海大学準教授さん!

  • 故・金大中元大統領       この政策はどこへ? 




    1998年3月、金大中大統領が就任しました。新政府は、1998年5月、韓国政府として日本政府に国家補償を要求することはしない、その代わりにアジア女性基金の事業を受けとらないと誓約する元「慰安婦」には生活支援金3150万ウォン(当時日本円で約310万円)と挺対協の集めた資金より418万ウォンを支給すると決定しました。 韓国政府は、142名に生活支援金の支給を実施しました。


     韓国政府が認定した「元慰安婦」は2004年時点で 207名おり、日本の「アジア女性基金」を受け取らないと誓約した142名に韓国政府は生活支援金3150万ウォン(当時日本円で約310万円)の支給を実施しました。

    60名+142名=202名 すでに亡くなられた方もおいでですから、ほぼ全ての元慰安婦は補償金を受け取っています。ちなみに韓国政府が出した生活支援金3150万ウォン×142名分の「原資」は、1965年に日本が「日韓条約」に基づき韓国に支払った8億ドルに含まれています。ですからこれも「日本の支出分」です。


     韓国において、142名が「アジア女性基金」から補償金を受け取らなったのはなぜか?この理由は明白です。これは「アジア女性基金」のホームページに記録されていますが、韓国の「韓国挺身隊問題対策協議会(略称:挺対協)」が「償い金」が200万円という金額であることは誠意ある措置と認めにくい」と主張したからです。 「償い金が200万円という金額であることは誠意ある処置と認めにくい」 これが理由です。

    要するに「金額が少ない」ということです。まるでヤクザですね! この結果、「アジア女性基金」から補償金受け取りを表明した韓国人女性の多くが韓国人からの嫌がらせを受けました。それでも60人(61人)が日本からの補償金を直接受け、142名の韓国人女性は「日韓条約」時の8億ドルから補償金を受け取ったんです。これでも「日本は悪い」でしょうか? これでも「日本は責任を果たしていない」と言われなければならないのでしょうか?

     私はこの「事実」を一人でも多くの日本人と外国人に知ってほしいです。 百歩譲って、村山富市や河野洋平が、「これで慰安問題を解決できる」と考えて「河野談話」や「村山談話」を出したとしても、韓国人には「善意は通用しない」ことに気づくべきでした。河野洋平も村山富市もまだ健在ですが、彼らの目には、今の韓国による「日本バッシング」はどう映っているのでしょうか。


    故・金大中元大統領!!  この政策はどこへ??? ↓

  • 知らぬ間に着々と進行していた!!






    いよいよ韓国での在日兵役が本格化する!



    在日該当者は6万4000名!



    韓国政府は在日をあきらめない!



    2014-06-08 10:00:00


    知らぬ間に着々と進行していた在日韓国人の韓国国民明確化政策!

    韓国政府は在日韓国人が「納税と兵役の義務」を果たすことを求めている


    日本国憲法上、日本で「永住権」があるのは「日本国籍者」だけです。ですから、在日などの「特別永住資格者」は永住権者ではありません。これが日本の大多数の憲法学者の見解です。が、朝鮮日報の記事上では「永住権者」となっていますのであしからず・・・  
      
            
    以下、朝鮮日報の記事から抜粋。

     国外の市民権者や永住権者などが韓国軍入りを志願し入隊する、いわゆる「永住権兵士」が年々増えている。兵務庁によると、志願し入隊した国外の永住権者は2004年には38人にすぎなかった。しかし、2007年に127人、10年に191人と増え続け、13年には328人となった。10年間で10倍近く増えたのだ。兵務庁は今年初めにこれら兵士の軍隊生活での日常を盛り込んだ手記集『大韓人が大韓に、2014』を発刊した。

     入隊を志願する国外永住権者などの2004年からの累積人数は、11年に1000人を突破し、今年2月末現在では1794人となっている。こうした状況が続けば、年内にも2000人を突破するものとみられている。陸軍関係者は「今月19日にも忠南論山陸軍訓練所に30人の国外永住権者らが追加で入所する予定」と明らかにした。

     韓国の兵役法上、国外永住権者は満37歳になる年の12月まで入隊を延期できる。この年齢を超えると、兵役が免除される。故意に体を傷つけたり賄賂を使ったりして兵役を逃れようとする国民もいる中で、国外永住権者らはなぜ自ら入隊を希望するのか。(朝鮮日報) http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/07/2014060700759.html

     
     
    「在日からもすでに100名が韓国での兵役に応召」しました。この数はおそらく今年中には200人を超えると思います。1994年以降生まれ(現在20歳)の在日韓国人男子には、すでに「条件付強制徴集」が始まっています。そのうち、在日韓国人の中でも「兵役に行こう!」がブームになるはずです。

     「2012年総務省統計」によると、日本国内に居住している兵役対象になる在日韓国人男子は

      20~24歳  13692人

     25-29歳  19045人

     30-34歳  20726人

     35-39歳  22595人(*兵役対象年齢は37歳まで)

     ですから、38・39歳を除外すれば、約6万4000人の「兵役該当者」が在日韓国人男子の中にいることがわかります。その中で「兵役参加100人」というのは、やはり「やる気が感じられない」ですね!

     この数字を見て気づくことは、「20~24歳 13692人」がいきなり減っていることです。これは、在日韓国人は基本「韓国国籍者」なんですが、夫婦どちらか(普通は女性側)が日本に帰化している場合、実質上は在日韓国人同士の結婚でも「子供は日本国籍が取れる」からでしょう。


     実際、「反日ゴリゴリなのに子供には日本国籍を取らせたい」という在日韓国人が増えています。もちろん、彼らは「韓国での兵役」をもう何年も前から見越しているんですね。「日本国籍の反日元韓国人」というのは、日本人からすれば不快なことではあります。

    でも、在日韓国人からすれば「日本への帰化は運転免許証みたいなもの」ですし、「子供を日本国籍にする」ことは、韓国からの兵役逃れもできますから、これはこれで「賢い選択」なんでしょうね。(両親ともが韓国籍の場合は子供を日本国籍にはできませんし、2012年から韓国籍男子は韓国での兵役が終わらない限り、日本への帰化はできなくなりました)

    韓国での兵役。訓練中。 ↓

  • 大日本帝国全土を震撼させた!!!





           オウム真理教の原点はここにあった!!!





    白白教(はくはくきょう)とは、日本統治時代の朝鮮に存在したカルト教団である。信者を600人余り殺害し、朝鮮のみならず内地を含む大日本帝国全土を震撼させた。


    1902年(光武6年)、東学の信徒だった全庭云が金剛山で修行を行い、悟りを開いたと称し「白道教」の名で布教活動したのが起源である。

    全庭云は「一定の呪文を口誦し礼拝すれば、無病息災、不老長寿、神仙となり得べし」と説き、一時は一万人の信者を獲得した。全庭云はこれらの信者から金銭を寄附させて自らの生活資金に充てる一方、若い女性信者(約60人)を篭絡して妾にし、酒池肉林の贅沢三昧の生活を送った。

    しかし、このような教祖(白道教では「天父任」と称した)の姿勢に疑問を感じる信者や、全庭云の下から逃げ出そうとする妾が出始めた。全庭云は官憲への発覚を恐れて、これらの殺害を命じ、1916年(大正5年)に妾4人と信者2人を相次いで殺した。

    全庭云は1919年(大正8年)に脳梅毒で死亡した。しかし、これらの殺人事件は1930年(昭和5年)と1932年(昭和7年)に相次いで発覚し、実行犯には懲役10~15年の実刑判決が下り、西大門刑務所等に収監された。これにより白道教は壊滅したかに思われた。

    しかし全庭云の次男で二代目教祖(「第二世大元任」と称した)の全龍海は事件発覚前に逃走し、捜査の目を逃れることに成功した。この全龍海によって教団は「白白教」として復活することになった。


    全龍海は、父親の全庭云同様の酒池肉林生活を送り、大胆にも京城府桜井町(現ソウル特別市中区乙支路4街)に居を構えた。そして自分に異議を唱える信者や性的興味を失った妾を山中に連れ出して殺害、死体を埋めていった。

    白白教事件で教団が日本政府によって壊滅されるまでの間に信者を600人余り殺害するにいたる。


    1937年(昭和12年)2月16日夜、朝鮮京畿道京城府下往十里町(現大韓民国ソウル特別市城東区下往十里洞)で、宗教絡みの乱闘騒ぎが起き、所轄の京畿道警察部東大門警察署が関係者を取り調べたところ、以前に殺人事件を起こして自滅したカルト教団「白道教」が、新たに「白白教」として復活し、京城に根を下ろしている事が発覚した。2月26日、日本政府によって白白教幹部約150人が検挙された。

    東大門警察署は、翌2月17日に京城のアジトを急襲し、信者ら約80人を検挙したが、肝心の「第二世大元任」こと教祖の全龍海を取り逃がしてしまった。その後も、信者の検挙が相次いだが、全龍海は依然行方をくらませていた。

    続々と検挙された信者は教祖の居所について、何一つ話そうとせず黙秘を貫いた。教祖の秘書に至っては、検挙時に自殺を図り、京城帝国大学医学部附属病院に担ぎ込まれる始末であった。

    3月6日、信者のR兄弟が観念し、教団が起こした殺人事件について語り始めた。

    R兄弟の供述によると、「一斉検挙後の2月21日、京畿道楊平郡の自宅に全龍海が現れ、酒食の供応が命じられた。その際、全龍海は自分たち兄弟に預けられていた全龍海の妾3人を別室に呼び出して全員殺害した。その後、穴を掘らされて3人の遺体を埋めた。」という。

    そしてR兄弟の供述通りに3人の遺体が発見され検死が行われた。その結果、「殺しの手際の良さ」などから、追い詰められた挙句の刹那的犯行ではなく、常日頃から常習的に殺人を繰り返していた疑いが強くなった。他の信者を追及したところ、次々と教祖の殺人を供述し始め、捜査官を慄然とさせた。


    全龍海は火田民化した信者の家をアジトにし、各地を転々としたが、関係者が続々検挙されるに及び次第に追い詰められていった。そして3月下旬頃に京畿道楊平郡の山中で自殺し、4月7日に死体が発見された。これにより白白教は事実上壊滅した。

    信者獲得と活動

    教団は「朝鮮は近い将来、大元任(全龍海)の統率の下で独立する。独立の暁には、各々の信者の貢献度に応じて知事や警察署長などの高官に任命する。金のある者は献金し、年頃の娘を持つ者は大元任に差し出せ。」と巧みな言説で布教活動を行った。

    入信した信者は、土地家屋などの全財産を教団に寄進し、若くて美貌の娘は全龍海の妾にされた。そしてしばらくすると、「まだ独立の時機ではないので、暫くは地方で身を隠して待機してほしい」と称して、山間部に追いやって火田民とし、焼畑農業で得た収入をも献金させるなど徹底的な搾取を行った。

    そして「背教者は死をもって罰せられる」と喧伝し、実際に教団の意に背いた信者は、老若男女を問わず殺害していった。

    今の韓国のきチがイじみた親日派狩り、反日狂騒も原点はここにあるかと。

  • 運営資金をどこから調達しているのか???





            なぜ毎年多くの日本の若者を・・・???





    辻元清美

    (つじもと きよみ、1960年4月28日 生まれ )


    社会民主党政策審議会会長(第5代)
    国会対策委員長(第8代)
    国土交通副大臣(鳩山由紀夫内閣)
    内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)
    などを歴任した。

    http://www.kiyomi.gr.jp/



    辻元の過去の経歴に「ピースボート」主宰というものがある。
    表向き、若者に世界中(すべて社会主義国)を船で旅させて、見聞を広げさせることを目的としている。
    だがその実は日本の若者達を朝鮮シンパ、願わくばスパイにすることが目的であった。

     
    一介の女子大生にすぎなかった辻元になぜこれほどのことができたのか、公安当局は注目した。

    ①運営資金をどこから調達しているのか?
    ②なぜ毎年多くの日本の若者を北朝鮮にスムーズに入国させることが可能なのか?(北朝鮮に入国するには、朝鮮総聯に出向き、許可がおりる まで1年以上かかる場合もある。)

    公安当局は辻元が元在日朝鮮人で北の工作員であり、「ピースボート」 の実質的主宰者は朝鮮総聯であることを割り出した。

    辻元清美の内縁の夫である北川明は、第三書館という出版社の社長で
    北川は昭和50年、スウェーデンから強制送還され、旅券法違反で逮捕された日本赤軍のヨーロッパ担当兵。

    西ドイツの日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加予定だったのが未遂に終わり、公安調査庁がずっと動向を調査してきた要注意人物。


    また、辻元が主催していた頃の「ピースボート」船上では当局の目が届かないのをいい事に参加者間(漫画家の石坂啓ら)で公然とマリファナが吸引されていた。「ピースボート」は日本赤軍が国際的に作ろうとしている支援組織「ADEF(反戦民主戦線)」の表側の組織 。

    北川は日本赤軍が移動する際、ピースボートに紛れ込んでいた。

    ピースボートが北朝鮮に渡航したクルーズは過去に5回ある。

    読売新聞より抜粋
    「日本赤軍最高幹部の重信房子被告(55)が他人名義の旅券を不正に取得して、出入国 を繰り返していた事件で、警視庁と大阪府警の合同捜査本部は二日、旅券法違反等の 容疑で大阪府門真市の男性市議*宅など五都府県の計十九か所を一斉に捜索した。

    同部によると、捜索先は主に市民団体の関係者宅で、パソコン、フロッピーディスク、機 関紙など百点以上を押収した。同部で、重信被告の所持品の分析を進めた結果、日本赤軍が市民団体(ピースボート)を関連組織と位置付けている事が分かり、今回 の捜索に踏み切った。」


    辻本清美と金正恩の最側近崔竜海総政治局長 ↓

  • ビルマの高杉晋作??




             誰それ??





                  前ビルマ軍事政権の最高指導者、ネ・ウィン議長です!!





    ネ・ウィン議長が日本軍の訓練を受けている時に『高杉晋作』という


    名前をもらって、この上なく誇りに思った、と・・・





    ラングーンの問屋街で親日家として有名な店を訪れたら、
    社長室にオンサンが日本軍の軍服を着て、
    日本刀を大上段に振り上げた写真があった。

    老社長は「日本軍の敢闘によってイギリスの植民地政治が崩壊した。
    我々は何度も戦ったが英軍に粉砕されたので、
    英軍を粉砕してくれた日本軍に感謝している。
    このご恩は永久に忘れない」と熱弁を振るった。
    平成10年8月25日 「アジアの曙光 -10-」より


    ビルマは、(現在のミャンマー)19世紀に3度にわたり、
    イギリスの攻撃を受け、1886年にイギリスの植民地とされました。
    その時、既にイギリス領であったインドの一州に組み込まれてしまいました。
    ビルマの国王夫妻はイギリス領スリランカに流刑され、その地で死亡。
    王子は処刑され、王女はイギリス軍の士官の従卒に与えられてしまいました。


    日本はビルマ青年達を支援し、イギリス勢力を追放する為、
    ビルマ独立を達成しようとします。
    1940年、日本陸軍は鈴木敬司大佐をビルマに派遣、
    オン・サンらを救出し、大佐の故郷である浜松に亡命させました。
    そして、鈴木敬司大佐を機関長としたビルマ独立の為の
    「南機関」が誕生したのです。


    1941(昭和16)年、大東亜戦争の開戦とともに、
    タイのバンコクで30人志士を中心に「ビルマ独立義勇軍」が結成されました。
    日本軍による厳しい訓練を受けた青年達は、独立ビルマを象徴する
    孔雀の旗を掲げて、ビルマ独立を誓い合ったのです。

    ビルマ民衆は歓喜して彼ら義勇軍を迎え、
    その協力もあって3ヶ月で首都ラングーンを陥落させ、
    イギリス軍を敗走させました。
    そして日本の軍政を経た後の1943年8月1日、
    ビルマはついに独立を宣言しました。

    その時、外相に就任したウー・ヌーは、
    「歴史は、高い理想主義と、目的の高潔さに動かされたある国が、
    抑圧された民衆の解放と福祉の為にのみ生命と財産を犠牲にした例を
    ひとつくらい見るべきだ。そして日本は人類の歴史上、
    初めてこの歴史的役割を果たすべく運命づけられているかに見える。」
    と語っています。

    ミャンマーの3月27日の国軍記念日には、
    全国のミャンマー国軍が首都ヤンゴンに集まり、
    盛大なパレードを繰り広げますが、
    このパレードでは、日本の「軍艦マーチ」から演奏し始めます。

    ミャンマーでは政府の高官からジャーナリストに至るまで、こう言います。
    「ミャンマーが今日あるのは、日本のおかげです。
    日本のおかげで、英国の圧制を逃れ、独立をする事が出来た。
    我々は深く日本に感謝しているのです。」

    1981年(昭和56年)1月4日、第33回独立記念日。
    自国民であるミャンマー人でも授与されていない
    「アウンサン勲章(ビルマ独立運動闘士)」を7人の日本人に対して
    授与するとミャンマー政府は発表。
    両国の関係者を驚かせましたが、更に受賞者7人全員、
    鈴木敬司大佐の未亡人を含む元「南機関」メンバーであった事も、
    「恩を忘れない」とアジアの人々に感動を与えました。

    <余談>
    アウンサン・スーチー女史のお父さん、ビルマ建国の父と言われるアウンサン将軍の日本名は「面田紋次」といいました。

    下は、1942年、昭和17年日本軍により解放された
    当時のラングーン市内(現ヤンゴン) ↓

  • 日本の芸者と妓生を同一視する韓国人も多いようだが、芸者は職業の一種であり、妓生は世襲される身分の一種である事に大きな違いがある。

    妓籍の子供は庶属(sojyoku)と呼ばれ、男子は中人に移籍する事もあったが、女子は妓籍から抜ける事はできなかった。庶属(sojyoku)の売買は自由である。
    要するに朝鮮は社会制度として世襲制の性奴隷の制度を実施していた。

    狭義では李氏朝鮮統治下、清の皇帝からの使者や高官を歓待するために準備された日本で言う花魁から遊女にいたるまでの女性賤民身分であった。

    初潮前の少女を妓生とすることも多かったが、日韓併合後に、少女を妓生とすることを禁止した。 大韓帝国の時代までこの風習は続いたが、日韓併合後には日本によって日本の公娼制度に組み入れられた。

    妓生の起源は、新羅や高麗にさかのぼる。

    明を支援した李氏朝鮮が清に敗北後に結んだ降伏条約により、清の使者を歓待する妓生は処女以外認められず、違反が発見されれば使者は罰則を言い渡す権利を持っていた。使者は妓生を母国に持ち帰ることもできた。

    李氏朝鮮では厳格な儒教思想が広まっており、処女ではない女性の結婚は非常に困難であった。幸運にも妾として迎え入れられる場合もあったものの、妓生になった場合、他の身分になることは困難であった。帰宅した場合、家族が一族の名誉のために女性を殺害していた。

    徴集とその後の事実上の奴隷化を避けるため、李氏朝鮮では早婚が常民以上の階級では一般化した。未婚の女性の徴集を避けるための賄賂が横行し、白丁の女性を略取し、身分を偽らせて差し出すこともあった。

    併合後も早婚の慣習は続き、他の男性との交友に対して慣習法が優先され、姦通罪が適応されたこともあった。

     李氏朝鮮時代はもちろん日本統治時代にも、平壌などでは朝鮮人が管理していた「妓生養成所」が置かれていた。

    「慰安婦」は新聞などでも朝鮮人によって募集されたが、ほとんどが「妓生」から慰安婦となったのである。つまり、職業として「妓生」から「慰安婦」に移行し、売春を生業としていた。

    あの売国奴の岡崎トミ子が日本大使館に拳をふりあげて応援した日本大使館前で毎週水曜日にデモをやっている、自称元従軍慰安婦たちという婆さんたちは単なる元売春婦たちである。

    従軍慰安婦というのはいない。いたのは慰安婦という売春婦だけである。

    この慰安婦も当時は日本人が多かった。むしろ日本の田舎の方が貧しかったのである。

    人権派というひとたちは、朝鮮人慰安婦の事を問題にするが、どうして日本人慰安婦の人権については声をあげないのだろうか。

    ましてや、大東亜戦争終了後韓国は長い間、国策として売春をしてきた国でもある。

    1886年に奴婢身分世襲が禁止されたが、社会制度及び経済制度としての妓籍制度の根は深く、実質的には日本統治時代も残っており、民間産業に変貌した妓籍(kijyo)が軍需産業としての慰安婦産業に多くが進出したのが、朝鮮系慰安婦の実像である。

  • 「日本に酷い目に遭った東南アジア諸国が日本を支持するとは驚愕…




    韓国・中国が孤立する!




    何とかしないと」…韓国紙




    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80012&type=
    アジアで孤立した韓国と中国=侵略の被害受けた東南アジアまで日本支持に―韓国紙
    Record China 12月4日(水)14時4分配信

    2日、韓国紙・朝鮮日報中国語版は記事「日本はなぜ過去36年間にわたり、一貫して東南アジアに好意を示してきたのか」を掲載した。韓国や中国と同じ、日本の侵略の被害を受けた東南アジア諸国まで日本支持に回ったことを衝撃と評している。

    2013年12月2日、韓国紙・朝鮮日報中国語版は記事「日本はなぜ過去36年間にわたり、一貫して東南アジアに好意を示してきたのか」を掲載した。

    “日本の集団的自衛権解禁問題。韓国は強く反発しているが、多くの国から「背後からの一撃」を食らわされたことは否定できない。中国を牽制するための「不沈空母」として日本を使いたい米国についてはまだ予想できた。米国が韓国ではなく日本を選んだのは残念とはいえ、衝撃というほどのことではない。日本のもう一つの同盟国であるオーストラリアや日本の軍事的影響力が及ばない欧州連合(EU)の賛同も理解できないわけではない。

    しかし韓国や中国と同様に日本に侵略された経験を持ち、いまだに従軍慰安婦問題を抱えているフィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国が日本を支持したことには驚愕(きょうがく)した。アジアにおける中国、韓国の孤立を意味しているからだ。

    韓国政府関係者は、南シナ海問題において日本の力を借りるためだとASEAN諸国の態度を分析する。だがそれだけではない。日本の東南アジアへの接近は36年前から始まっていたのだ。1977年、福田赳夫元首相はフィリピンで「日本は軍事大国にはならない。政治、経済、社会文化の領域でASEAN諸国と心からの友人になりたい」と発言した。

    この福田主義は将来の中国台頭をにらみ、東南アジアとの絆を確保する狙いがあった。ODAや投資、さらにはポップミュージック、漫画、映画、ファッション、寿司、ラーメンなどのソフトパワーまで動員して、東南アジアの人々の心をとりこにしたのだ。

    安倍首相はこの福田主義を見事に完成して見せた。昨年12月の就任から1年足らずの間に、ASEAN10カ国すべてを訪問したのだった。世界3位の経済体・日本の外交に韓国が遅れをとるのは仕方がないのかもしれない。だが、朴槿惠政権誕生から1年という時間を無駄に使ってしまった韓国の政界や指導者たちに、日本のような30~40年先を見据えた戦略的判断力があるのだろうか、心配させられる。”


    まず、フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国が「いまだに従軍慰安婦問題を抱えている」などということはない。

    韓国以外で、「いまだに従軍慰安婦問題を抱えている」国なんてない。

    そして、「フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国が、日本に侵略された」ということも韓国人の妄想と言って良い。

    韓国では、偉大なるウリナラの歴史は教えるが、世界史は基本的に教育していない。

    したがって、韓国人は、世界史について、全くと言って良いほど無知だ。

    フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアの4カ国のうち、フィリピンだけは日本側とアメリカ側に割れ、中にはアメリカ軍に加担して日本軍と戦った事実がある。

    しかし、タイ、マレーシア、インドネシアは、日本と共に大東亜戦争を戦った。

    東南アジアで唯一日本軍と戦ったフィリピンでさえ、「日本に侵略された」ということには該当しない。


    下は、インドネシアの独立記念日式典。
    必ず、先頭に日本兵がたつ。
    日本人のほとんどがこのことを知らない。  ↓

  • 「人間は ありのままに語ることはできない。


     だが、物語の力、虚構によって、



     より真実を鋭く伝えることも可能だ」





    「いつから日本の大学は韓国の政治的主張の
              発信基地に成り下がってしまったのか」




    広島大学の韓国籍准教授が、



    講義で「日本の蛮行」



    慰安婦映画で学生を洗脳



    ★講義で
     「日本の蛮行」訴える韓国映画上映 
     広島大准教授の一方的
     「性奴隷」主張に 学生から批判
     産経新聞 2014.5.21 08:18 (1/3ページ)
     http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140521/plc14052108180007-n1.htm

     「いつから日本の大学は韓国の政治的主張の
      発信基地に成り下がってしまったのか」

     広島大学で韓国籍の男性准教授の講義を受けた
    男子学生(19)は、ため息交じりに語った。

     一般教養科目の「演劇と映画」と題された講義。
    4月28日、約200人の学生がスクリーンに投影された
    映像を見せられていた。

     「日本刀で焼きごてをあてられた」

     「日本人が『朝鮮女性を強制連行したことはない』
      というから腹が立ってたまらないのよ」

     インタビューを受ける高齢女性は
    何度も「日本の蛮行」を訴える。
    韓国映画「終わらない戦争」。
    元「慰安婦」の証言をもとに構成された60分の
    ドキュメンタリー映画だ。

     「突然、2人の日本軍人が私を小さな部屋に
      押し込んだ。私が声を上げると、
      刀を抜いて鼻を刺した」

     衝撃的な“証言”が次々と登場する。
    学生はじっと映画を観賞するしかなかった。

    映画には、
    慰安婦性奴隷説を唱える中央大教授、吉見義明や、
    慰安婦問題をめぐり米国内で日本非難の先頭に立ってきた
    日系下院議員、マイク・ホンダらも登場する。

     慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の官房長官、
    河野洋平の談話。強制性の根拠とされた韓国人元慰安婦
    16人の証言は、信憑(しんぴょう)性の調査も行われなかった。

     准教授は上映前、
    こうした河野談話の問題点を説明することもなく、学生に
    「人間は
     ありのままに語ることはできない。
     だが、物語の力、虚構によって、
     より真実を鋭く伝えることも可能だ」
    と話し、映画が「真実を伝えている」と強調した。
    上映が終わると、「今日の授業は以上です」と告げ、
    すぐに講義を切り上げた。
    「強制連行」の証言だけを示し、
    学生には議論の余地も与えなかった。

     講義を受けた学生らは
    「日本だけがものすごい悪いように映った」
    「映像内容がその通りだと素直に思ってしまった」
    と漏らしていたという。

     男子学生は国立大学の授業として、
    慰安婦募集の強制性があたかも「真実」として伝えられた
    ことに疑問を呈し、
    「何の説明もなしに、あの映画を流すのは乱暴だ」
    と指摘する。

    広島大学は
    「現在、事実関係を確認している。
     事実がはっきりしない段階ではコメントできない」としている。

     准教授の講義の狙いはどこにあったのか。

     「学生に議論の余地を与えなかったのではなく、
      講義の時間が足りなかった」

     取材に対し、准教授は釈明する一方でこう続けた。

     「従軍慰安婦、性奴隷はあった。事実だ。
      私は優れたドキュメンタリー映画の例として、
      『終わらない戦争』を学生に見てもらった」

     河野談話は韓国で慰安婦の「奴隷狩り」を行ったと
    告白したものの、後に全くの虚偽だと発覚した吉田清治らの
    根拠なき「強制連行説」を下敷きに作成されたが、
    そのなかで大きな役割を果たしたのがメディア、
    なかんずく朝日新聞だった。


    広島大学の、韓国籍の准教授とは
    崔真碩氏の事らしい。 ↓

  • ほんでほんで、これがとどめです!!
    その7

    ★パチンコと警察の癒着の実態(『パチンコ30兆円の闇 溝口敦著 小学館』より引用)

    なぜこうも警察はパチンコ店を庇うのか。東京・池袋の指定暴力団系幹部がいう。
    「パチンコ業界がおいしいからに決まっている。大都市の繁華街を管轄する署の署長ともなれば、異動すると業者からの餞別が凄い。額からいえば退職金の2度もらい、3度もらいと一緒だ。

    盆暮れの付け届けは当然、生活安全課長や係長クラスに対しても、何かと理由をつけちゃあP店(パチンコホール)がカネを運んでくる。下っ端のお巡りもそのことを知っているから、こぞって生活安全課に行きたがる。

    あそこは質屋や古物商、風俗営業、銃砲刀剣なんかが担当で、女の子でもやれる。しかも刑事試験を受けずに行ける。安全課の連中は楽でカネになるから、刑事にならなくてもいいというわけ」

    パチンコ業界に詳しい研究センター主宰のA氏も指摘する。
    「だいたいパチンコホールは警察署単位で組合をつくっている。鎌倉なんか1店だけのくせに、1組合という異常事態です。

    いかに警察がパチンコ店を意のままに操っているか、自明じゃないですか。署長は一回動くたびに400万~500万円入る。場所がよければ、3回異動すれば家が一軒建つとさえ言われている。

    県単位の業者の集まりに出ると、だいたい地元の警察でテーブル2つを占めている。生活安全部長や暴力追放センターの専務理事なんかが筆頭です。しかも彼らのいうことは『おい、組合長、最近、顔見せんじゃないか。どこでゴルフやってんだよ』と暗にゴルフ接待を強要する。かと思えば『どうも俺、クラブが合わなくなってな』とゴルフクラブを贈れと迫る。実に露骨です」

    パチンコと警察の癒着はパチンコ業界を悪くするだけではない。同時に警察も劣化させている。品性の下劣さでは開発途上国の警官と同一レベルだろう。


    元警察官僚の平沢勝栄(日韓議員連盟の幹事、日朝国交正常化推進議員連盟の委員)などは、パチンコ業界に向けて「何も卑屈になる事はありません。国民生活に潤いを与えてきたのだから、自信と誇りを持っていただきたい。」などと狂ったメッセージを送っているから呆れてしまう。


    ▼元警察官僚・平沢勝栄議員のパチンコ業界に向けてのメッセージ
    ――――――――
    パチンコ業界は、もちろん改善すべき点はあるけれど、何も卑屈になる事はありません。
    戦後、娯楽が少なかった時代から、国民生活に潤いを与えてきたのだから、自信と誇りを持っていただきたい。

    いろいろとバッシングされているけど、これまで金融機関をはじめとする他の産業が、どれだけ国民に迷惑を掛けたか考えてみてください。
    パチンコ業界は、国民の税金を一銭だって使ってこなかった。
    警察もマスコミも業界のプラスの面をもっと評価してあげることが必要だと思います。

    こいつがずズブズブの利権男、在日の言いなり男、元警察官僚の平沢勝栄 ↓

本文はここまでです このページの先頭へ