ここから本文です

投稿コメント一覧 (160コメント)

  • 2017/01/24 08:13

    上図のとおり、USD/JPY4時間足0.1円枠ポイント&フィギュアで追加の下落シグナルが発生しました。
    ターゲット最小値   円にほぼ到達済みであることから一旦は反発しそうですが、下落トレンドはまだ続くことが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12591271.html

  • 2017/01/23 05:32

    上図のとおり、USD/JPY4時間足0.05円&0.1円枠ポイント&フィギュアで下落シグナルが発生しています。

    目先は0.05円枠ターゲット 円 ~ 円付近に下落したら一旦は下げ止まって反発しそうです。
    執筆時点のSaxot traderでは本日3:39に114.069円の安値を付けています。
    7時の取引開始時点ではすぐに反発スタートになる可能性もあります。

    その後に   円付近の壁を超えられなければ、0.1円枠ターゲット 円 ~ 円向かって下落を開始する展開が予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12500578.html

  • 上図のとおり、現状GBP/JPYは上下のターゲットに到達し次の動き待ちの状態です。
      円付近を超えてくると上昇シグナルが発生し、   円付近を下回ると下落シグナルが発生する状況です。

    円付近を超えてくると  から   くらいが上値メド、
    円付近を下回ると   から   が目先の下落メド
    と予想されます。

    どちらかと言うと下に行く可能性の方が高そうですが、その場合    から   で一旦下げ止まった後にそこから更に下落することが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12374425.html

  • 2017/01/20 07:20

    AUD/JPYは 1月14日の豪ドル円AUDJPY上昇シグナル の予想「目標値は 86.5068円~87.3618円」の目標値圏内に到達しました。

    上図のとおり、2時間足0.1円枠ポイント&フィギュアではいくつか未達の上昇ターゲットが残っています。

    一方、上図騙しの少ないパラメーター12/26/9のMACDでは上昇シグナルが発生しているもののダイバージェンスも発生しつつあります(MACDの利用方法) 。

    もう一伸びする可能性はありそうですが、ここからの上値追いは注意した方がよさそうです。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12306195.html

  • 2017/01/19 07:56

    上図のとおり、USD/JPY1時間足0.1円枠ポイント&フィギュアで上昇シグナルが発生しましたが今朝時点で最大ターゲット114.719円に到達したため小反落しています。

    目先は   円付近を下回ってくると   円付近が反落メドと予想されます。

       円付近に壁があり、そこを超えてくると    ~    くらいが上値メドと予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12248216.html

  • 2017/01/18 08:11

    USD/JPYは 1月12日の米ドル円USDJPY日足下落シグナル の予想「P&Fチャートの下落ターゲット 112.94円~113.54円辺り か更に下落」通りとなり今朝時点で112.559円まで下落しています。

    上図のとおり、1時間足0.05円枠ポイント&フィギュアのターゲット最小値112.581円に到達したため反発しています。
    また、上図1時間足0.1円枠P&Fチャートではいくつか未達の下落ターゲットが残っており最小値は    円と計算されています。

    ここから更に下落する可能性はあまり高くなさそうですが、目先は   円  ~   円までの下落を想定しておけばよさそうです。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12193056.html

  • 2017/01/17 08:14

    GBP/USDは 16年12月25日のポンド米ドルGBPUSDの現状と予想 「第5波目標値は 1.2044 ~ 1.1819」の予想とおり、昨日目標値圏内に下落してきました。

    上図スローストキャスティクスでは上昇ダイバージェンスが発生しています(ストキャスティクスの一般的な利用方法)。

    近いうちに大きめの上昇局面が始まることが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12136056.html

  • 2017/01/16 08:01

    GBP/JPYは 1月13日のポンド円GBPJPY下落予想圏内に。今後の予想 の「140.4円付近の壁は超えられずに直近安値を下回って138.681円~138.381円付近か更に下落することが予想されます」通りの値動きとなっております。

    また、 1月10日のポンド円GBPJPY予想通り、今後の予想 の記載「第5波目標値139.3238円~137.4458円」 の目標値下限に今朝時点で到達しています。

    更に、上図スローストキャスティクスではダイバージェンスが発生しています(ストキャスティクスの一般的な利用方法)。

    下落トレンドはまだ続くかもしれませんが、近いうちに大きめの上昇局面が始まることが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12079617.html

  • 上図ポイント&フィギュアのとおり、AUD/JPYは 円付近を超えると上昇シグナルが発生し、 円付近を下回ると下落シグナルが発生する状況です。
    円付近を超えると  円 あたりが目先の上値メドになり、 円付近を下回ると 円 から あたりが目先の下値メドと予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12047002.html

  • 2017/01/15 08:11

    上図のとおり、USD/JPY0.02円・0.05円・0.1円枠のポイント&フィギュアで下落シグナルが発生しています。
    0.02円枠のターゲット最小値 円にはほぼ到達済み。
    0.05円枠のターゲット最小値は 円、0.1円枠のターゲット最小値は 円
    と計算されています。

    円付近まで下落する可能性はある程度高そうで、可能性は低そうですが目先 円付近まで下落するケースを想定しておけばよさそうです。
    ただ、月曜日の取引開始時点では上記の調整は既に終了していて、直ちに上昇を始める可能性も予想されます。

    また、上図スローストキャスティクスでは上昇ダイバージェンスが発生しています(ストキャスティクスの一般的な利用方法)。
    下落トレンドはまだ終了していないと思われますが、近いうちに短期的な上昇局面に転換することが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/12025485.html

  • 2017/01/14 08:27

    上図のとおり、AUD/JPY0.1円基準枠ポイント&フィギュアで上昇シグナルが発生しており最大ターゲットは   円と計算されています。

    ここで、12/29 16:00の83.74円を起点とした上昇波動の目標値をエリオット波動計算表から計算してみます(数値は上記GMOクリック証券のプラチナチャートを参照)。

    12/29 16:00の83.74円を第1波始値・12/30の84.595円を第1波高値・12/31の84.129円を第2波底値とすると、第5波目標値は    円 ~ 円 と計算されます。
    この目標値は上図ポイント&フィギュアの目標値範囲とほぼ一致しています。

    一方、上図騙しの少ないパラメーター12/26/9のMACDでも上昇シグナルが発生しているもののダイバージェンスも発生しつつあります(MACDの利用方法) 。

    ターゲット 円 ~ 円に向かって上昇すると予想されますが、上値追いには注意した方がよさそうです。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11972425.html

  • 2017/01/13 07:46

    GBP/JPYは 1月10日のポンド円GBPJPY予想通り、今後の予想 の記載「第4波の大きめの反発を経てから、第5波目標値139.3238円 ~ 円に向かって下落」通りの値動きとなり、昨夜第5波目標値圏内に到達しました。

    上図4時間足0.1円枠ポイント&フィギュアのターゲット最小値138.843円にほぼ到達したことから反発しています。
    一方、上図1時間足0.1円枠P&Fでは未達の下落ターゲットが2つ残っています。

    もう一伸びする可能性はありそうですが、  円付近の壁は超えられずに直近安値を下回って   円 ~ 円付近か更に下落することが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11911446.html

  • 上図のとおり、今朝時点でUSD/JPYは日足0.1円枠ポイント&フィギュアのターゲット最小値114.14円にほぼ到達したため反発しています。
    また、 上図日足0.2円枠ポイント&フィギュアで追加の下落シグナルが発生しています。

    もう少し反発するかもしれませんが、 その後は0.2円枠P&Fチャートの下落ターゲット    円 ~ 円辺り か更に下落することが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11855969.html

  • 2017/01/11 08:14

    USD/JPYは 01月07日の 米ドル円USDJPY予想通り。目先上昇メド の予想「117.304円~117.604円付近が目先の上昇メド」の通り1/9に117.533円まで上昇しましたがその後に急落しています。
    また、この117.533円は01月07日記事に掲載している1時間足0.1円枠P&Fチャートの最大ターゲット117.451円とほぼ一致しています。

    現状上図1時間足0.02円枠ポイント&フィギュアのとおり、  円付近を上抜けると上昇ターゲットが点灯し  円を下回ると下落ターゲットが点灯する状況です。

    上抜けた場合は   円付近が目先上昇メドとなり、下抜けると   円付近が目先下落メドと予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11799335.html

  • 2017/01/10 08:13

    GBP/JPYは 1月04日の ポンド円GBPJPY予想的中、今後の動向は の予想「直近の高値を超えられずに直近安値を下回って下落することが予想されます」通りの値動きとなっております。

    今後の動向ですが、上図のとおり60分0.05枠ポイント&フィギュアのターゲット最小値140.761円に今朝到達しており 一時的な 下がり過ぎ気味 の状態であるため一旦は反発することが予想されます。

    ここで、直近高値1/3 20:30の145.401円を始点とした下落波動の目標値をエリオット波動計算表から計算してみます。
    1/3 20:30の145.401円を第1波始値・1/4 3:00の143.523円を第1波底値・16:00の144.95円を第2波高値とすると (数値は上記GMOクリック証券のプラチナチャートを参照)、第5波目標値は    円 ~   円 と計算されます。

    本日7:00の140.624円は第3波目標値圏内にあり、ここで第3波目標値に到達したと推測されます。
    今後は第4波の大きめの反発を経てから、第5波目標値   円 ~   円に向かって下落を開始することが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11738842.html

  • 2017/01/09 06:08

    上図のとおり、ZAR/JPY日足0.01円基準枠のポイント&フィギュアで下落シグナルが発生しています。

    2時間足0.005円枠P&Fチャートでも下落シグナルが発生しましたが、ターゲット最小値8.462円に到達したことで反発し上昇シグナルが点灯しています。

       円付近を下回らなければもう一伸びして  円付近まで上昇する可能性はありそうですが、その後は日足0.01円枠のターゲット   円 ~   円に下落することが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11657845.html

  • 2017/01/08 07:38

    USD/JPYは 1月06日の米ドル円USDJPY連続下落シグナル、目先下値メドの予想「114.837円~115.137円付近が目先の下値メド」のとおり、115.066円まで下落しましたがその後に反転上昇しています。

    上図のとおり、30分足0.05円枠ポイント&フィギュアで連続して上昇シグナルが発生し最大ターゲット117.164円に到達したことで小反落しています。
    上図1時間足0.1円枠P&Fチャートでも上昇シグナルが発生しており、 円以外のターゲットには既に到達済みです。

    また、30分足0.05円枠P&Fチャートからは 円以上を付ければ追加の上昇シグナルが発生し、 円付近を下回ると下落シグナルが発生することが読み取れます。
    ここで、 円以上となった場合を想定して

    想定レート(価格)によるポイント&フィギュアの予想レート(価格)の算出方法

    の機能を用いて30分足0.05円枠P&Fチャートの想定上昇ターゲットを計算してみると、上図のとおりターゲットは 円 ~ 円と計算されます。

    以上より 円付近を明確に下回らない限り、 円 ~ 円が目先の上昇メドと予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11597902.html

  • 2017/01/07 08:13

    上記のとおり、AUD/JPY1時間足0.02円&0.05円枠のポイント&フィギュアで上昇シグナルが発生しています。

    0.02円枠の最大ターゲット85.194円には既に到達済み。
    0.05円枠の最大ターゲットは 円 と計算されています。

    円付近に向かってもう一伸びする可能性はありそうですが、ここからは相当に上値が重くなってくることが予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11574564.html

  • 2017/01/06 07:10

    USD/JPYは1/4に118.6円の高値を付けてから下落が続いています。

    上図のとおり1時間足0.1円基準枠のポイント&フィギュアで連続して下落シグナルが発生しており、ほとんどのターゲットに到達していますが今朝方新たに追加で下落シグナルが発生しました。
    最小値は   円と計算されています。

      円 ~  円付近が目先の下値メドと予想されます。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11519712.html

  • 2017/01/05 07:58

    上図のとおり、ZAR/JPY0.01円枠のポイントアンドフィギュアにおいて上昇シグナルが発生しており、最大ターゲットは 円と計算されています。

    一方、上図一番反応の早いパラメーター5/10/3のMACDでも上昇シグナルが発生していますがダイバージェンスも発生しつつあります(MACDの利用方法) 。

    最大ターゲット 円近辺に向かってもう一伸びする可能性はありそうですが、上値追いには注意した方がよさそうです。

    http://blog.livedoor.jp/fxcfdmacd/archives/11470874.html

本文はここまでです このページの先頭へ