ここから本文です

投稿コメント一覧 (5429コメント)

  •  『ノーベル賞 お先に失礼 我が日本』

     ノーベル賞2018の日本人候補者は素晴らしい成果の人が多くいるねー。

     オイラ的には物理・科学・医学/生理部門から出て欲しいなーと思っているね。

     毎年候補に上がる化学賞分野の「カーボンナノチューブ」飯島澄男氏、物理学賞分野の「鉄系超電導体」発見の細野秀雄氏、生理・医学賞分野「MRI装置の基本原理」発見の小川誠二氏、など等他にも素晴らしい発見発明の科学者いるねー。

     そんな中、お笑いノーベル賞こと「イグ・ノーベル賞」で今年も日本人が12年連続で受賞したねー。

     「ig」は否定とか無知とかの意味らしいが、受賞内容は独創的でアイデアもあって素晴らしいよなー、「見たり聞いたり試したり」の苦労の上で見事実現したものばかりだねー。
     以下ニュース。

     自らのお尻で試した“笑いのノーベル賞”、「座ったままで大腸検査」の原点。
     ニュースイッチ 9/18(火) 16:21配信

     堀内氏にイグ・ノーベル賞、日本が直視すべき地域医療に光。

     2018年のイグ・ノーベル賞に昭和伊南総合病院(長野県駒ヶ根市)の堀内朗内科診療部長・消化器病センター長が選ばれた。自身のお尻で座位大腸内視鏡検査法を研究した成果を評価され医学教育賞を受賞した。イグ・ノーベル賞は人を笑わせ、そして考えさせる研究を表彰する。日本人の受賞は12年連続。科学や研究に携わる人の裾野の広さや、発想の豊かさが表れる。

     大腸検査は患者の負担軽減と内視鏡操作の確実性などが模索されてきた。座った姿勢での検査はトイレの姿勢に近く、挿入時の抵抗が少ない可能性が期待された。

     オリンパス製の直径10・3ミリメートルの結腸観察用の小型内視鏡を使い、自らの身体も利用して患者負荷の少ない検査法を試行錯誤した。堀内消化器病センター長は表彰式で「まず日本の内視鏡検査と内視鏡メーカーの技術がある。自分で座位検査する姿はおかしいかもしれない。だがこの研究でたくさんの教訓が得られた」と紹介した。

     最高峰の研究を表彰するノーベル賞に対してイグ・ノーベル賞は人を笑わせ、考えさせる研究に光を当てる。笑いを通して多くの人を振り向かせ、その科学的な奥深さに引き込む。学術界と社会をつなぐ働きがある。

  •  『伸びないよ 石破さんへの 投票は』

     自民党総裁選9/19日で地方の党員投票は終わり、明日国会議員の投票と開票で次の3年間の自民党総裁(日本の総理大臣)が決まるねー。

     あっという間の選挙戦だったが、日本国・国民の為・日本の将来などにボディティブな総理現職の安倍さん、理想論と観念論的で安倍政権に批判的でアホ野党の党首みたいだったネガティブな石破さん、では石破さんの勝ち目無しだねー。

     併せて石破さんは、来年の参院選で自民党が負けて安倍総裁(総理)が責任を取って辞任した席を狙っているとも政治評論家共が言っているが、これが真実なら一寸オカシイと思うねー。

     自民党の総裁(日本の総理)を狙う人が、所属する党派の国政選挙敗退を願望し狙っているって、とても信頼に値する人物では無いと自ら言っている人を日本のリーダーには絶対したくないねー。
     以下ニュース。

     安倍首相20日午後に連続3選へ。
    産経 2018-9-19

     自民党総裁選は20日、所属国会議員(405票)の投票が行われ、党員・党友票(405票)と合わせて開票される。安倍晋三首相(党総裁)が9割に迫る国会議員票を固め、党員票でも石破茂元幹事長を上回る勢いをみせており、連続3選が確実な情勢だ。石破氏はどこまで党員票で迫れるかが焦点。首相は選出後、党役員会などで人事に関し一任を取り付け、10月初旬に内閣改造・党役員人事に踏み切る方針だ。

     首相は19日夕、東京・秋葉原で最後の街頭演説を行った。憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正について「もう私たちはずっと議論をしてきた。今こそ憲法に日本の平和と独立を守ることと自衛隊をしっかり明記して、私たちの責任を果たしていこう」と訴えた。
     (以下略)

  •  『鵺のよう 空論だけの 石破さん』

     【鵺】ぬえ --- つかみどころがなくて、正体のはっきりしない人物。(goo辞書)

     テレビ各社で自民総裁選、安倍×石破両氏の討論が放映されているねー。

     内容は何処のテレビ局も五十歩百歩だよ、1回見たらまあイイかって感じだねー。

     ハッキリ言えることは安倍総理は実績と成果など現実的で具体的だよ、石破さん理想論、観念論、こうなったらイイなーの書生論みたいで、程度の低いマスメディアの評論家的発言が多いねー。

     石破さんの話は耳に聞こえがイイが、つかみどころが無いし、何をしたいのか正体不明な人物だねー。

     放送局のアナウンサーの質問には、言葉をハグラカシ話題を別の方向にして答えているねー。

     石破さんは、経済も、外交も、北の国の拉致被害者救出も、沖縄の米軍基地問題も、安保防衛も、憲法改定も、など等具体的な手立てや政策など明確に答えていないねー。

     ハッキリ言って石破さんタイプは結構社会にいて、オイラ的に80歳の社会経験から見たら信頼できないタイプの1人だと思ったねー。

     具体的に言うと、自己中、個利個略あっへフラフラこっちへフラフラ、口が上手いが言ってることが曖昧、等皆んなから嫌われるタイプいるよなー、それが石破さんだねー。

  •  『2時間を 切るのはそこだ マラソン界』

     凄いねー、2時間1分39秒で世界記録を樹立だって。

     マラソン競技のその時の環境にもよると思うが、この分で行くと東京五輪では2時間を切るかもねー。

     世界のスポーツ界は新しい記録が出て凄いねー、日本国も2020東京五輪に向けて技を磨いて欲しいねー。
     以下ニュース。

     キプチョゲが人類初の2時間1分台の世界記録樹立。
     日刊スポーツ 9/16(日) 18:18配信

     ベルリンマラソンが16日、行われ、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)金メダルのエリウド・キプチョゲ(33=ケニア)が2時間1分39秒で世界記録を樹立した。

     従来の世界記録は2時間2分57秒を1分以上短縮し、人類初の2時間1分台に突入する快挙だった。

     キプチョゲは5000メートルで04年アテネ五輪は銅、08年北京五輪では銀メダルを獲得。16年リオデジャネイロ五輪ではマラソン金メダルに輝いた。これでマラソンは11戦10勝と驚異的な勝率となった。

     日本人トップは2時間8分16秒を記録した中村匠吾(26=富士通)の4位だった。

     【写真】力走する優勝したキプチョゲ。

  •  『20号 松井に続き おめでとう!』

     エンゼルスの大谷選手本塁打20号おめでとう。

     MLB新人で20号だから凄いし素晴らしいねー。

     若者の活躍はどの分野でも、世の中をを明るくし嬉しいねー。

     二刀流は打つ方は満点で、この分でいくと25号、いや30号も夢ではないねー。

     肘が治るまで打つ方だけだから、本塁打30号まで打って投手の分を補って欲しいねー。
     以下ニュース。

     大谷が20号本塁打 本拠地でのマリナーズ戦。
     産経 2018-9-16

     米大リーグは15日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのマリナーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場し、2-0の一回に日本選手では松井秀喜(元ヤンキースなど)以来2人目の20号本塁打となるソロを放った。

     写真は、マリナーズ戦の1回、中越えに20号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

  •  『日本は 安定国家だ 安倍政権』

     自民総裁選の安倍×石破の討論を見ていて思うことは、安倍政権の諸政策実績と将来の展望と課題が具体的で明確だよなー。

     兎に角、今の日本が世界で一番安定(経済・外交・防衛安保・社会保障・教育などなど)していて素晴らしいねー。

     オイラは80年生きて来て物心がついて75年位だけど、今の安倍政権時代が一番安定しているねー。

     特に平成の30年間は自然災害が凄かったよ、二次安倍政権になってからも大きな自然災害が発生したが、対応や救援や支援が早いし、直近の広島・岡山・愛媛の豪雨被害、大阪の地震、北海道の地震などインフラの復興が物凄く早くなったと思うねー。

     テレビ等メディアは遅いみたいな報道で批判的だけど、オイラは熊本地震を経験しているので、インフラが早く使える様になるのは見事だねー。

     安倍政権の的確で現実的な対応を見ていて、ヤッパリ安倍政権で良かったと思うねー。

  •  『名を成して 世の中ナメテ 没落し』

     結構有名人(名を成した)の飲酒不祥事が多いねー。

     吉澤ひとみの信号無視、ひき逃げ、救出義務違反、などなど後ろに停まってた車のドライブレコーダーにバッチリ動画が写っていて弁解の余地は全くないねー。

     色々な苦労もあって名を成し成功したのに、調子に乗ったのか、自己管理が甘いのか、世の中を甘く見ていたのか、飲酒運転ひき逃げの事故で一生台無しにするのは勿体ないし情けないねー。

     飲酒のアル中だけでなしに麻薬・覚醒剤などの中毒で没落していく有名人も多いよなー。
     以下ニュース。

     今度は吉澤ひとみが… 懲りない芸能人による飲酒トラブル。
     zakzak 2018.9.15 

     「自覚がなさすぎたとしかいいようがありませんね」

     こう呆れるのはスポーツ紙記者。元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ容疑者(33)による酒気帯びひき逃げ事件には芸能界からも厳しい声があがっている。

     「吉澤容疑者は以前から酒癖の悪さを指摘されていました。以前、関西ローカルのラジオ番組で、明石家さんまさんから、酔うとしつこくからむとバラされていましたからね」。
     (以下略)

  •  『名前から 意志(石)は破れて 茂みなし』

     【意志】いし --- あることを行いたい、または行いたくないという考え。(goo辞書)

     LOOP COIL さん投句のパクリですが、昨日の安倍VS石破の討論を聞いていての感想です。

     安倍さんは実績を踏まえた、国や国民の現在と将来を考えた具体的な「現実論」たったねー。

     一方石破さんは、聞こえがイイが「願望論・理想論」で最も大事な「具体論」が欠落していたねー。

     今朝新聞の討論を読み直してオイラ的には、石破さんは彼の意思ではなしに単なる願望と理想的な空論で、茂ことも実ることもないと思ったねー。

  •  『東京都 2年遅れの 豊洲かな』

     テレビニュースで築地市場のマグロのセリが今日で終了、次は10/11日の新しい豊洲市場でセリが始まるとか。

     それにしても小池都知事の自己中の政局で豊洲市場移転は混乱し、安全上全く問題の無かった豊洲を2年遅らせたよなー。

     まあ、小池を都知事に選んだ都民の責任でもあるが、2年遅れの経済的損出は混乱のエネルギーを含めて1兆円くらいになると思うねー。

     小池都知事のイカサマだけが目立った豊洲市場開場(10月中旬)だったねー。

  •  『ドサクサに 紛れて国売る TBS』

     朝日とかTBSとかの報道機関は、やってることがエゲツナイねー。

     菅官房長官がアントニオ猪木の訪朝を自粛してと言ってるのに、この猪木は頓着なしに北朝鮮に行ったてるねー。

     北の国に行って拉致被害者を連れて帰るなら分かるが、そかな気配は全く無いねー。

     この胡散臭いアントニオ猪木に同行して、我が物顔で同席しているTBSの金平茂紀はなにが目的なのかねー。

     何れにしろ胡散臭いTBS、なお胡散臭い報道特集の金平茂紀、猪木も含めて迷惑な存在だねー。
     以下ニュース。

     猪木氏「訪朝」映像で映った…TBS番組キャスター金平氏、立ち位置はまるで“随行者”!? 労働党副委員長・李氏と会話する様子も…。
     zakzak 2018.9.14 

     北朝鮮建国70年の祝賀行事参加のために訪朝した、アントニオ猪木参院議員とともに映像や動画に映った、TBS系「報道特集」のキャスター、金平茂紀(かねひら・しげのり)氏(64)の存在が話題となっている。
     その立ち位置が、中立・客観的な取材者というより、北朝鮮に招待された猪木氏の随行者(当事者)のように見えるのだ。
     識者からは、問題視・疑問視する声が上がっている。

     猪木氏と、朝鮮労働党で外交を統括する李洙ヨン(リ・スヨン)副委員長の会談が行われた8日、共同通信が会談の様子を捉えた写真を配信した。

     そこには、猪木氏の右隣に座る金平氏の姿が映っていた。さらに、共同通信社のYouTube公式チャンネルで公開された動画では、金平氏が李氏に向かって話しかける様子も確認できた。

     席の位置や李氏への対応を見ると、客観的な取材者というより、猪木氏の随行者のように見える。

     金平氏は1977年にTBSに入社し、モスクワ支局長やワシントン支局長などを歴任した。2016年3月にTBSの執行役員を退任し、その後は同社と契約して、「報道特集」のキャスターを務めている。
     (以下略)

  •  『電力も 鉄道もヘン 北海道』

     今度の地震で出て来た北海道の「膿」です。

     以前からJR北海道の列車事故、今回の北電のブラックアウト事故、北海道知事の横路とか今の女知事も判断や決断が「道民ファースト」ではないことが分かって来たねー。

     自然の大災害には勝てないが、電力などは北電の泊原発の再稼働を知事がOKしていれば、もっと早くから稼働していて今回のブラックアウトや計画停電などが起きなかったと思うねー。

     電力会社は民営で利潤も大切だよ、当然持っている設備をフル稼働して顧客の安心と満足度を叶えることが企業存続の目的だと思うねー。

     北海道の地方行政や、一部の「反原発」市民グループや、朝日や毎日系などの「反原発」メディアに流されて泊原発を止めたままだねー。

     何れにしろ電力やJR労組に振り回されている北海道を覚醒させる、道民の力を信じたいし期待したいねー。

  •  『手柄なし 信頼もない 石破さん』

     自民党総裁選候補の石破さんです。

     片や安倍総理はロシアのウラジオストックに行って、ロシアの大統領プーチンや中国の主席習近平と東アジアの外交で渉りあっているねー。

     その存在感は月(安倍)とスッポン(石破)で、土台優劣の議論など全く必要ないと思うねー。

     オイラの投稿(投句)で、石破批判や、アホ野党批判や、朝日新聞批判などに「そう思わない」の✔が多く入るが、オイラを拒否か投句・投稿内容が拒否か分からないよ。

     まあ、どうでもイイが自分の考えを具体的にカキコして反論や「そう思わない」の✔を入れて欲しいねー。

  •  『テレビ局 救援邪魔する 取材陣』

     北海道地震で札幌市内の液状化現場をテレビ取材していた朝日系テレビの女アナウンサーが液状化に腰まで嵌まり、助けに行った同局の取材職員とスーツ姿の関係者も嵌まった始末の悪い取材が話題だねー。

     消防の救急隊が6時間も掛って救出したとか、以前の熊本地震や広島豪雨洪水でもテレビ局の取材が救出作業を邪魔して炎上したねー。

     台風などで風の強い所とか波の大きい海岸や港などで、取材アナウンサーが極めて危険な状態でテレビ生中継する画面をニュースで見かけるが、テレビ局が何故こんな危険な事を許可してか不可思議だと思っているよ。

     テレビはスポーツ界の暴力指導やパワハラを嬉々として報道しているが、危険な所で取材指示は完全にパワハラだと思うよ、テレビ取材の犠牲者が出たら止めるのかなー。
     以下ニュース。

     テレ朝系列局女子アナ、北海道地震取材で泥にはまり「6時間も消防を独占」で批判殺到 。
     webニュース 2018/09/12 17:30

     9月6日の早朝3時すぎに発生した北海道胆振東部地震は、日本中に衝撃を与えた。マグニチュード6.7、最大震度7を記録し、北海道全域で停電する「ブラックアウト」が発生したほか、一部の地域では断水や液状化現象も起きたことが伝えられている。

     現在は電気や交通など生活インフラの大部分が復旧しているが、土砂崩れなど二次災害が起きた地域では、いまだ救助活動が行われている。災害時に被災地の様子や救助の進展を的確に伝えることは、テレビ局や新聞社をはじめとするマスコミの大事な使命といえるだろう。
     HTBはテレビ朝日系列の地方局だが、地震報道にあたっていたスタッフ2名が6日に札幌市清田区で取材中、誤って液状化した泥に足を取られ身動きが取れなくなり、消防に救助される事態になったという。

  •  『出て来るね 不正がドンドン 玉城さん』

     沖縄知事選候補予定の小沢一郎一族の玉城デニーの過去の不正が出て来たねー。

     小沢一郎の門下生で金の鬼の指導も受けていると思うから、もっともっと出て来ると思うねー。

     この玉城デニーが知事立候補に当たって「物心共に支援」を、ルーピーことハトポッポに要請したとか。

     ハトポッポは玉木知事(当選したら)から要請があれば副知事になったてもイイと、また「余命を沖縄の為に捧げたい」みたいな発言したとのニュースもあったよ。
     以下ニュース。

     玉城デニー氏、寄付120万円を不記載,政治資金規正法違反の可能性、選挙区内に花代も。
     zakzak 2018.9.12 

     沖縄県知事選への立候補を表明している自由党の玉城(たまき)デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区=が代表を務めた政党支部が、2014年に受けた寄付金120万円を同年の政治資金収支報告書に記載していないと、産経新聞が12日報じた。政治資金規正法違反(不記載)に問われる可能性がある。

     玉城氏の資金管理団体「城(ぐすく)の会」の収支報告書には、14年11月17日に100万円、同20日に20万円を玉城氏が代表を務めた「生活の党沖縄県第3区総支部」に寄付した記載がある。しかし、党名を変更しただけの同一の政党支部「生活の党と山本太郎となかまたち沖縄県第3区総支部」の14年の収支報告書には記載がなかった。

     政治資金規正法では、報告書に不記載や虚偽記載をすると5年以下の禁錮または100万円以下の罰金が科せられる。

     「城の会」の収支報告書では、13年1月22日に玉城氏の選挙区内にある沖縄市の生花店に「供花代」として3万円を支出した記載もあった。公職選挙法は政治家や後援団体が選挙区内で有権者に寄付することを禁じ、線香や葬儀の供花も該当する。

     玉城氏の事務所は、産経新聞の取材に「当時の担当者(退職)に確認中だ。分かり次第回答する」とコメントしている。

  •  『付け焼刃 口先だけの 石破さん』

     【付け焼刃】つけやきば --- 一見切れそうに見えるが、実際は切れない刀。

     自民党総裁選の中で、安倍総理はロシアのウラジオストックに行ってロシアのプーチンとか、中国の習近平などと互角に外交を展開していた、報道を見るかぎり我が日本のリーダー安倍総理の存在感が際立っているねー。

     これに比べて石破さんは、彼方此方で耳障りのイイことを発言しているが、所詮は口先だけだよ。

     いろいろ渡り歩いて信念の無い石破さんだか、所詮は付け焼刃の刀で切れ味無しだねー。

  •  『力負け 口先だけの 石破さん』

     自民党総裁選候補の石破氏は、焦りなのか彼方此方の報道や対談やインタビューに顔を出しまくっているねー。

     彼方此方での多言はボロ(本音)が出てしまうねー。

     石破さん、「正直・公正」など中学校の生徒会みたいな事を言うから、インタビューや対談など断れなくなっていて、アメリカで逮捕状が出ている自称フリージャーナリストの菅野完とかにも対応して墓穴を掘っているねー。

     同じく誘導質問に応えて「憲法改定は共産党が納得する方向で議論する」などと答えて、とても自民党議員とは思えない状況に石破さんはなっているよ。

     結局は口先だけで具体的なことは皆無、現役の安倍総理の実績の前に完全に「力負け」の状態だねー。

  •  『違うだろう 共産党かよ 石破さん』

     自民党総裁選候補の石破氏がオカシイよ、「天皇制反対」「自衛隊反対」「国旗・国歌反対」「改憲絶対反対」「日本を暴力によって改革」などの共産党みたいになって来たねー。

     こんな石破氏を絶対日本のリーダーにしたらお終いだよなー。
     以下、評論家の小川榮太郎氏が緊急寄稿の抜粋。(zakzakより)

     読売新聞2日朝刊に掲載された、石破氏のインタビューを読んで、私は思わず目をむいた。石破氏は、憲法改正について次のように語っていた。

     「国民が『そうだよね』と思ってもらえるもの、共産党も含めて賛同が得られる項目からやることが大事だ。国民投票をやったはよいが、国論二分、国政大混乱では、何が国益だろう」。

     石破氏は現在、自民党憲法改正推進本部の顧問であり、自衛隊を憲法に書き込もうという安倍首相よりも、原理的でハードルの高い憲法9条2項改正を主張している。
     その人がインタビューで共産党にも賛同できる項目から改正しろと言っているのである。

     一体、石破氏の頭の中はどうなっているのか。

     石破氏は最近、アベノミクスから安倍外交まで、左派野党的、朝日新聞的な批判を繰り返してきた。そのうえ、この「共産党」尊重発言だ。
     (以下略)

  •  『ダメだろう 盗作と同じだよ 池上さん』

     オイラ的に大嫌いの1人に池上彰がいる、NHK出身で「週刊こどもニュース」が印象にあるねー。

     この時の物言いが上から目線で、知ったかぶりで、聞いてて胡散臭いと思っていたが、そのまま今も同じたねー。

     何れにしろオイラ的には信頼できない人物だと思っていたが、案の定人の意見を聞いて、自分の意見として発言していたよ、これって小説などの盗作と同じじゃん。
     以上「ダメ」の4句目でした。
     以下ニュース。

     池上彰氏、疑惑に「あってはならないし、ありえない」 「他人の意見を自分の意見に...」主張へ反論。
     J-CASTニュース9/10(月) 19:27配信

     ジャーナリスト池上彰さん(68)の番組スタッフから取材を受けたが、池上さんの意見として紹介したいと言われた――。
     元通産官僚で徳島文理大学教授の八幡和郎さんがフェイスブックでこう明かしたところ、同様な経験をしたと明かす識者が次々に現れ、波紋が広がっている。

     池上さん自身は、J-CASTニュースの取材に対し、「特定の先生が言ったことを自分の意見として言うことはありえない」と全面的に否定した。

     ■八幡和郎さんのフェイスブック投稿がきっかけ

     きっかけは、池上さんの番組内でのことがツイッターで話題に上り、八幡さんが2018年9月9日、フェイスブックでこのことの感想を書いたことだ。

     それによると、八幡さんは、池上さんの番組の取材で時間をかけて意見を述べたが、「池上の番組の方針で、番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了解いただけるでしょうか」といった内容のことを言われたという。

     これに対し、八幡さんは、「私が言ったことをいっさい使ったりよく似たことを池上に言わせないように」などと番組の申し出を断ったといい、「こんなのがジャーナリストのような顔してるのがおかしい」と疑問を投げかけている。

     池上さんの解説は人気があるだけに、この投稿は、大きな反響を呼んだ。
     10日夕現在で、「いいね」が2000件以上も付くほど注目を集めている。

     そして、ほかの識者らからも、自分も同様な経験をしたと共感の声が次々に書き込まれている。

     健康サポート会社社長の宮下研一氏・ジャーナリストの有本香氏・元大蔵官僚で嘉悦大学教授高橋洋一氏など。

  •  『ダメになる 視聴率稼げぬ フジテレビ』

     民放では、フジテレビが調子が悪いみたいだねー。

     テレビは視聴率主義に疑問(聴視料金を取っているHNKも、これに乗っているから)を常々持っているが、民放はスポンサーがナンボの世界だからNHKに無いオモシロイ番組は必須だと思うねー。

     毎週新聞に先週のテレビ視聴率ベスト20が掲載されるが、フジテTVは稀で殆どランク入りしていないねー。

     NHKが一番多く、次が日本TV、続いて朝日TVorTBSで、フジTVと東京TVの番組は先ず入っていないよ。

     あまりテレビを見る方ではないが、ここ10年フジTVの報道番組はツマラナクなっているねー。

     フジTVの報道番組は衛星放送の「BSフジ」の午後8:00からの「プライムニュース」立ち位置がシッカリして、MCの反町氏が辛口の質問や追及など視聴する価値があったが、他には見るに値するものが無かったねー。

     オイラの熊本には東京TV系列が無いから、同局の「なんでも鑑定団」とか「Youはなにしに日本へ」はキー局放送の数週間後にフジTV系列で放送されているねー。

     これってフジYV局の番組がツマラナイから、視聴率が稼げる他局番組を買って流しているってことだねー。

     『27時間テレビ』全平均視聴率7.3%で歴代ワースト 前年比1.2pt減 。
     webのニュースよりコピペ。

     『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』総合司会のビートたけし。
     フジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』(8日18:30~9日21:54)の視聴率が10日、ビデオリサーチから発表され、全平均は歴代ワーストとなる7.3%だった(関東地区、以下同)。

     昨年の全平均視聴率は8.5%で、そこから1.2ポイントダウン。これまでの歴代ワーストだった2016年の7.7%を0.4ポイント下回った。

     瞬間最高は『サザエさん』を放送していた9日18時56分に記録した15.4%。
     放送枠としては、『ホンマでっか!?TV』などを放送した8日(21:00~23:00)が11.6%で最高だった。
     (以下略)

  •  『ダメだろう 李下に冠を 正さずは』

     調査の対象者、塚原夫妻が運営管理する「朝日生命体操クラブ」のスポンサーの朝日生命保険(株)から弁護士2人が第三者委員会メンバーに入っているねー。

     しかも、調査委員会委員長の岩井氏は朝日生命保険(株)の顧問弁護士だって。

     宮川選手がこの第三者委員会メンバー人選にクレームを付けるのは当然だと思うねー。

     競技でレフリーを自チームから出しているみたいで、こんなのフェアーと言えし、物凄く印象ワルイよなー。

     調査結果が双方に公平で公正だったとしても、この第三者委員会メンバーではオイラみたいな庶民は塚原夫妻側に有利な結果だろうと思ってしまうねー。

     キチンと調査し公平で公正な結論を納得して貰うには、本当の第三者を調査委員にすることだと思うねー。

     この連中は「李下に冠を正さず」「瓜田に履を納れず」とかの故事を知らないのかなー。
     以下ニュース。

     宮川紗江選手側が第三者委の一新要求 塚原夫妻からのパワハラ問題。

     体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長からパワハラを受けたと告発した問題で、宮川選手の代理人弁護士が10日、協会に対して設置した第三者委員会の人選に問題があるとしてメンバーの一新を求める文書を提出した。

     パワハラ問題を調べる第三者委は、元日弁連副会長の岩井重一氏が委員長に決まった。塚原夫妻は朝日生命の指導にあたっており、岩井氏は朝日生命保険が株主となっている企業の顧問弁護士を務めていた。第三者委の中立性を保つため、10日付で顧問弁護士を辞任したが、代理人弁護士は「公平性に欠けるという懸念を持っている。リセットしてやり直した方がいい」と述べた。

     岩井氏は7日に「顧問先はあくまでも法律相談をするだけであって、影響を受けることは全くない」と利害関係を否定していた。

本文はここまでです このページの先頭へ