ここから本文です

投稿コメント一覧 (673コメント)

  • 小泉進次郎、国会にも苦言 ベテラン議員からの舌打ち
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171206-00533629-shincho-pol

    「聖域なき構造改革」をぶち上げた父親のごとく、部会長として農協改革に取り組めば、一方でこども保険を提唱する。安倍官邸への批判も躊躇しない小泉進次郎自民党筆頭副幹事長(36)は向かうところ敵ナシといったところだが、そんな彼が新たな「改革」に手をつけようとしている。

    政治部デスクによれば、
    「9月に衆議院を解散した時に、小泉さんは議場で万歳をしませんでした。その理由を記者に問われて“合理的な理由がない”と答えた。要は彼の眼には国会にムダなことが多いと映っているようです。実は特別国会が始まってから、党内の会議で国会対策について積極的に発言をしています」

    実例を挙げてもらうと、
    「特別国会で選ぶ議長と副議長の投票に関し、“事前に決まっている人事なのだから、時間短縮できないか” と苦言を呈したり、“総理と大臣が国会に張り付く時間が長すぎる”とも話しています。各委員会については、“複数が同時刻に立つと、2つの委員会に所属する議員は出られない”といった問題点を指摘。さらに、“AI(人工知能)の時代にこんなことをしていたら、世界に取り残される”と快気炎を上げているそうです」
    **************************

    民間の企業なら、新しい改革や提案は、歓迎されます。

    公務員社会では、御身大切に、前例に従って居るのがベストです。
    なにか改革しようとしたら、根回しや、並々ならぬ努力が必要です。

    貴乃花も、なにか相撲界を改革しようとしているのかなぁ~

  • おめでとう!畑岡奈紗プロ 2週連続優勝!そしてV2達成!第50回日本女子オープンゴルフ選手権
    https://youtu.be/esa7lrQzRew

    畑岡トップ通過 横峯45位、宮里美香は68位で涙
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00068963-nksports-golf

    米女子ゴルフ:最終予選会>

     ◇最終日◇3日◇フロリダ州デイトナビーチ、LPGAインターナショナル(6566ヤード、パー72)
     畑岡奈紗(18=森ビル)が71で回ってスコアを1つ伸ばし、通算12アンダーの348で2位と1打差の首位となり、14位だった昨年に続く予選会突破を決めた。

     横峯さくら(31=エプソン)は通算2オーバーの45位。宮里美香(28=NTTぷらら)は通算7オーバーの68位。
     20位までが来季米女子ツアーのほぼ全試合に出場できるフル参戦の資格を獲得し、21位から45位が限定的な出場資格を得る。畑岡はフル参戦、横峯は限定的な出場権を獲得。宮里は08年の予選会突破から9年間主戦場としてきた米ツアーの出場資格を失った。
    **************************::

    頑張って欲しいです。
    勝みなみ、同年代ですね。

  • 丘みどり~河内おとこ節~
    https://youtu.be/yZAc5T0Ng6Y

    丘みどり 紅白に出場です。

    河内おとこ節 中村美律子
    https://youtu.be/To4N5VIUbHM

    葵わかな、音楽番組初司会 『わが心の大阪メロディー』藤井隆とタッグ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000350-oric-ent

    NHK大阪局制作の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロイン・北村てんを演じている女優の葵わかなが、12日に大阪・NHK大阪ホールから生放送される『第17回わが心の大阪メロディー』(後7:30~20:43)で、音楽番組の司会に初挑戦する。

    葵とともに司会を務めるのは、『わろてんか』に芸人・万丈目吉蔵役で出演中の藤井隆(昨年に引き続き2回目)。さらに、『NHKのど自慢』を担当する小田切千アナウンサーが2人を支えていく。

     出演は、上沼恵美子、川中美幸、天童よしみ、中村美律子、平和勝次とダーク・ホース、細川たかし、BORO、前川清&クール・ファイブ、MayJ.、山内惠介(50音順)。「笑いと人情の街大阪」をテーマに、笑いあり涙ありの、浪花らしい人情味たっぷりのステージを届ける。
    ***************************

    年末年始は、歌謡番組が多いですね。

  • 将棋 棋譜並べ ▲羽生善治棋聖 vs △渡辺明竜王 第30期竜王戦七番勝負 第5局 「技巧2」の棋譜解析 No.1097
    https://youtu.be/wqIFFR9TDv0

    渡辺明竜王 VS 羽生善治棋聖 第30期竜王戦第5局ハイライト 永世七冠王誕生の一局(修正版)
    https://youtu.be/r3M3jZy-URU

    将棋・羽生善治棋聖が歴史的快挙 史上初の「永世七冠」達成! 4勝1敗で竜王奪取 タイトル通算99期
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00010018-abema-soci

    第30期竜王戦七番勝負の第5局が12月4、5日の2日間、鹿児島県指宿市の指宿白水館で行われ、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に勝利、対戦成績を4勝1敗とし、竜王のタイトルを獲得した。羽生棋聖が竜王位に就くのは、2002年以来15年ぶり。羽生棋聖は竜王通算7期で「永世竜王」の資格を獲得し、永世資格のない叡王を除く7つのタイトルすべてで永世資格を持つ、史上初の「永世七冠」を達成した。

    永世(名誉)称号は、タイトルごとに「通算5期」「連続5期」など規定があり、羽生棋聖は2008年に6つ目の永世称号となる「永世名人」の資格を獲得。唯一残っていた竜王には2008年、2010年に渡辺竜王に挑戦していたが、いずれも敗れていた。羽生棋聖が竜王戦七番勝負で渡辺竜王に勝利したのは、今回が初。

    羽生善治(はぶ・よしはる)1970年9月27日、埼玉県所沢市出身。1982年に奨励会入りし、1985年に四段に昇段。加藤一二三、谷川浩司に次ぐ史上3人目の中学生プロ棋士に。1986年に初タイトルを獲得し、1996年に史上初の「七冠」達成。師匠は二上達也九段。
    **************

    将棋って奥が深いんですね。
    将棋盤は縦横9マスずつ、計81マス 
    駒の数、歩兵19.桂馬4.香車4.角行2.金将4.銀将4.王将2.飛車2

    これだけで,続いて居るんですね。

  • 【鈴木愛】初の賞金王‼︎インタビュー可愛い‼︎
    https://youtu.be/g3Jft3VB5hI

    鈴木愛、初の賞金女王で初の戴冠…報知プロスポーツ大賞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000205-sph-golf

    報知新聞社制定「2017報知プロスポーツ大賞」の受賞者が5日、決定し、女子ゴルフ・鈴木愛(23)=セールスフォース=らが栄冠に輝いた。

     今季の国内女子ゴルフの主役を演じたのは鈴木愛だ。2勝を挙げて日本人では2013年の森田理香子以来4年ぶり、自身初の賞金女王に輝いた。最終戦のメジャー、LPGAツアー選手権リコーカップで7位に入り、韓国勢を振り切った。「このような賞を頂き、とてもうれしく思います。ありがとうございます」。シーズンを戦い抜いた後に朗報が舞い込んだ。

    圧倒的な練習量が強さを支え、平均パット数で全体2位の1・7582を記録。前半戦は両膝痛を抱え万全な状態ではなかったが、6月のアース・モンダミンカップでは最終日の18番に約8メートルのバーディーパットを沈め劇的Vを決めた。練習量を増やした後半戦はトップ5に5回入り安定した結果を残した。「18年は開幕から重圧を感じると思うけど、それに立ち向かい成績を残したい」と、さらなる飛躍を誓った。

     ◆鈴木 愛(すずき・あい)1994年5月9日、徳島・三好郡生まれ。23歳。10歳でゴルフを始め、鳥取・倉吉北高2年時に中国女子アマ制覇。2013年にプロ転向。14年の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯を大会最年少で制しツアー初V。通算5勝。得意クラブはパター。今季は2勝を挙げ獲得賞金1億4012万231円で初の賞金女王に。家族は両親と姉、妹、弟。155センチ、55キロ。
    ************************

    これから楽しみですね。

  • >>No. 727

    将棋 棋譜並べ ▲藤井聡太四段 vs △大橋貴洸四段 第89期棋聖戦一次予選 「技巧2」の棋譜解析 No.1073
    https://youtu.be/eRg6MvkFPSY

    公式戦通算 51勝8敗

    必見の15手詰 藤井聡太四段 VS 大橋貴洸四段 第89期棋聖戦一次予選決勝 棋譜ハイライト
    https://youtu.be/OpHIRfxYLiA

  • 改憲案、中高生が論戦 自衛隊明記や知る権利提案
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000003-asahi-soci

    中学生や高校生が憲法改正をテーマに話し合う社会討論が12日、大阪市の市立咲くやこの花中学校であった。関西の中高13校から約100人が参加。参加校が独自に考えてきた改正案をたたき台に意見を交わし、憲法への理解を深めた。

    神戸大付属中等教育学校(神戸市)は、北朝鮮の脅威などを背景に、9条に「国民を守るために」と自衛隊の存在を明記した案を提案。個別的自衛権のみを容認することで、自衛隊の活動範囲を明文化し乱用を防げるとした。参加者からの「個別的自衛権のみでいいのか」との意見には、「米国が後ろにいることで各国を緊張させているとも考えられる。日本は専守防衛とはっきりさせた方がいい」と答えた。

     咲くやこの花中学校は、「知る権利」の加憲を提案した。特定秘密保護法が施行されたことで、情報の発信を制限されるのではと危惧したという。裁判所の中に「知る権利委員会」を設置し、任期制の委員が、政府に情報公開の請求をするというもの。参加者からは「わざわざ加える必要があるのか」などの質問もあがったが、同校の村崎唯貴さん(3年)は「太平洋戦争ではマスコミも誤った情報を流していた。私たちが直接知ることこそが大事だと思う」と訴えた。
    ***************
    ___________
    第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
    2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない
    ____________

    現在、陸海空軍を保持しているんだから、憲法を改正するのは当然でしょう。
    日米安保があるからと、海外への派兵は、明らかに憲法違反です。
    日米安保を改正し、自主独立の国家にして、平和を保持するための軍隊は憲法に規定すべきです。 海外派兵は禁止です。

    憲法改正と、反戦とは別の課題です。

  • 事情聴取を真っ向拒否 貴乃花親方は相撲協会「脱退」必至
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000011-nkgendai-spo

     貴乃花親方に自分なりの理想があるというならば、相撲協会にこだわる必要はない。新しく相撲団体をつくり、協会を見返すくらい良い組織をつくればいいだけの話だ。
    *******************

    なるほどねぇ~
    新しい相撲団体って可能なんだろうか。

  • 父の業績を否定した河野外相…「河野談話は別の河野さんが出した」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000002-cnippou-kr

    河野太郎外相が韓日慰安婦合意に関し、「韓国政府としても反故(ほご)にはできない」と述べた。河野外相は24日、産経新聞のインタビューで「『ゴールポスト』はもう固定されている。韓国政府がきちんと合意を履行することを期待する」とし、このように主張した。

    河野外相は過去の問題に対して父の河野洋平元衆議院議長と自分の考えが異なることを明確にした。自身の父、河野洋平元官房長官が慰安婦募集の強制性を認めた1993年の「河野談話」について「別の河野さんが出したものだ」とし、「河野談話への評価は本人に聞くべき」と返答を避けた。続いて「安倍晋三首相が出した戦後70年談話と日韓合意に尽きる。それ以上でもそれ以下のこともない」と述べた。
    ***************

    親子でも、考え方が違うことはありますね。

  • 元旭鷲山氏に“日本の父”が「出すぎ」 日馬富士&貴ノ岩の合同会見導くよう諭す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000016-sph-spo

    大相撲の横綱・日馬富士(伊勢ケ浜)の暴行問題の真相を解き明かそうと緊急来日中の元小結・旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)に対し、同氏の日本での父親的存在となっているモンゴル国立ラジオ・テレビ大学客員教授の宮田修氏(71)が24日、「待った」をかけた。

    旭鷲山氏は日馬富士の暴行問題が表面化した14日以降、貴ノ岩が「ビール瓶で殴られた」と語ったことなどを明かしていた。23日には、自身のフェイスブックで貴ノ岩本人と電話で話した内容を書き込んだ。母国・モンゴルでも大きく報じられている今回の暴行問題。旭鷲山氏は母国に事実を伝えたいとの思いで来日し、さまざまなアクションを起こしているのだが、宮田氏はこの日、旭鷲山氏に電話をして、こう諭したという。

     「ちょっとブレーキを踏んだ方がいいんじゃないか。しゃべり続けて問題を引っかき回すのが、あなたのするべきことではない。この問題を解決するには、加害者と被害者がそろって記者会見して、握手をして、相撲ファンに頭を下げておわびするしかないんだ。そこに持って行くのが、モンゴル力士たちの仲立ちとして慕われているあなたの役割じゃないか。これでは溝が深まるばかりだ」

     考え込む感じで聞いていた旭鷲山氏は「あ、そうですよね」と返答したという。
    *****************************

    なかなか、良いアドバイスですね。

  • >>No. 726

    将棋 棋譜並べ ▲藤井聡太四段 vs △北浜健介八段 第59期王位戦予選 「技巧2」の棋譜解析 No.1057
    https://youtu.be/sZNWiIh6YpY

    開始日時:2017/11/24 10:00
    終了日時:2017/11/24 17:49
    棋戦:第59期王位戦予選
    持ち時間:4時間
    場所:関西将棋会館
    手合割:平手
    残り時間:先手:58分,後手:30分  
    先手:藤井聡太四段
    後手:北浜健介八段
    戦型:ゴキゲン中飛車

    藤井四段!!王位戦の予選67手で勝ち 現在四冠 五冠も間近!
    https://youtu.be/ZpDYheufsjE

    ***************
     
    公式戦通算51勝7敗。

  • >>No. 721

    将棋 棋譜並べ ▲藤井聡太四段 vs △上村 亘四段 第26期 銀河戦 本戦トーナメント Hブロック 「技巧2」の棋譜解析 No.1056
    https://youtu.be/Wf5hoimufWY

    対局日:2017年9月22日
    棋戦:第26期 銀河戦 本戦トーナメント Hブロック
    手合割:平手  
    先手:藤井聡太四段
    後手:上村 亘四段
    戦型:横歩取り△3三角型

    第26期 銀河戦 本戦Hブロック2回戦 ▲藤井聡太四段VS△上村亘四段 投了図以下の指し手は激指pro+によるもの
    https://youtu.be/mpnywwRg8K4
    ***************
    9月22日に対局して公表が遅かったんですね。
    公式戦通算50勝7敗。

  • 平尾昌晃さん後継、紅白『蛍の光』4代目指揮者につんく♂確定か 芸能関係者「話題性十分」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000011-ykf-ent

    今年の大みそかのNHK紅白歌合戦の出場歌手をめぐり、さまざまな情報が飛び交っている。さらに、今年はラストを飾る「蛍の光」で指揮棒を振るという大役の人選も注目されているが、なんとミュージシャンのつんく♂でほぼ決まりだというのだ。

    「平尾さんが就任するときもクリスマスのときに発表されましたが、NHKとしては紅白への機運を高めるため、大みそかが近づくにつれ、さまざまなゲスト情報を小出しにしていきます。おそらく指揮者の発表もギリギリになるでしょう」と続ける。
     確実に大みそかは迫ってくる。

     ■歴代紅白指揮者 
     初代 藤山一郎氏 1958~92年 
     2代目 宮川泰氏 1993~2005年
     3代目 平尾昌晃氏 2006~16年
    ****************************

    中島みゆき、女性初でやって欲しい。

  • “自分の意志で死なせてほしい”という思い 橋田壽賀子さん「医者が罪問われない法制度を」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000007-ykf-ent

    --死について考えることが普通の文化になればいい、と

     「あの“安楽死宣言”は予想をしていなかった反対や懸念もありましたが、この年になって死に方を考えたとき、弁護士さんやお医者様、第三者の専門家といった審判グループが必要になってくるような気がします。看取りのグループが『もう死なせてあげた方がいいわ』と判断してあげる。もちろん本人が元気なうちに意思表示をして、遺言があってのことですけれどね。何月何日の何時に薬を飲みなさい、ということではなくて、本人にわからないように安らかに眠らせてもらえたら一番いいなと思うんです。本人が生きていたくない、自分が幸せではないと思うようになったら死なせてください、ということです。私は弱虫だから自分からは死ねませんから」

    --本には考えさせられる問題も含まれている

     「日本にはまだ安楽死の法制度がないので、お医者様が安楽死をさせても罪にならないようにしないと。本人は安楽死をと言っているけれど本音なのか再治療でどうにかなるものなのか。安楽死は患者の尊厳を守るもの、人助けなのだとする考えが普通になればね。私のお願い、願望です。そういう世の中になったら安心して生きていけます。死ぬことを心配しながら生きるのは嫌だから…」
    --安楽死法制化への旗振り役にという声も

     「私は自分の意志で死なせてほしいという思いがあるということだけです。法律にするには弊害が多すぎて。遺産や介護問題など、法制度を悪用するよこしまな人が出てくることがネックになると思いますし。でも他人に押しつけるものでもありません。これまで精いっぱい生きて、最期は安楽死で逝きたい、という個人的な欲望なのです」
    ****************************

    >安楽死法制化への旗振り役にという声も

    そうですね、国会で議論して欲しいです。

  • 石原慎太郎氏、貴乃花親方を絶賛「勇気は素晴らしい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000050-dal-ent

    元東京都知事で作家の石原慎太郎氏が22日、ツイッターを更新し、日馬富士の暴行問題について「貴乃花親方の勇気は素晴らしい」と絶賛した

    石原氏は11月9日以来、13日ぶりにツイッターを更新。大相撲の暴行問題について「これだけモンゴル人の力士が増えると相撲協会も彼等に気兼ねせざるを得まい。横綱の目下の者への暴力は相撲道の恥だ」と、いかなる理由があるにせよ、横綱が後輩力士に暴力を振るうことは「恥」と断言。

     そして「それを正式に告発した貴乃花親方の勇気は素晴らしい」と絶賛した。

     石原氏は続くツイッターでも、相撲の話題をつぶやいた。白鵬の物言い問題について触れ「横綱白鵬常套手段の張り差しは横綱の品位を損なう物だ。彼が憧れているという双葉山は張り手などしたことは絶対になかった。横綱は何してでも勝てばいいと言うものでは絶対にない。最高者の品位の問題だ」と、強く非難していた。
    ***************

    同感です。

    白鵬は指摘されると、ムキになって続けて居る感じがします。
    勝敗が決して、相手が土俵を割って居るのに、だめ押しして突き飛ばしたり。
    張り手も、当たり前に、立ち会いの度に、使用している。

    対戦相手も、同じように、白鵬に全員で、同じように張り手で向かって行った方が、分からせるには、良いと思う。

    【大相撲】 荒れる九州場所。白鵬の見苦しい抗議。だから貴乃花に煙たがれる。
    https://youtu.be/eaVjoBqR1nE

    翌日に、理事に呼び出され、注意され、詫びたそうです。
    少し、ぼけてきているのかなぁ~

    北の湖、千代の富士、のような横綱が誕生して欲しです。

  • 2018ミス・インターナショル日本代表に杉本雛乃=着物・水着・ドレス審査
    https://youtu.be/1UKlCeKV7LY

    現役東大生ミスインタ「相手への気遣いが内面の美しさに」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000078-dal-ent

     東大工学部に在籍中で2018ミス・インターナショナル日本代表に選出された杉本雛乃さん(20)が20日、都内で行われた「MARUNOUCHI FASHION WEEK 2017」のオープニングイベントに登場し、2017ミス・ジャパンの筒井菜月さん(24)、2010ミス・インターナションル日本代表で女優の金ヶ江悦子(31)とトークショーを行った。

     杉本さんは10月30日に日本代表選考大会で優勝したが「選ばれた時はただただうれしかった。ハッピーで幸福でフワフワして浮ついていた」と振り返り、早くも来年の世界大会へ向けて「外見じゃなくて内面も磨かなくてはと、身を引き締めています」と明かした。
    **********************

    頭も良い、容姿も良い、居るんですねぇ~

  • >>No. 709

    将棋 棋譜並べ ▲平藤真吾七段 vs △藤井聡太四段 第66期王座戦一次予選 「技巧2」の棋譜解析 No.1047
    https://youtu.be/Q7I4D8ahpbc

    藤井聡太四段 VS 平藤眞吾七段 第66期王座戦1次予選 ハイライト 棋譜並べ
    https://youtu.be/j5fn_kdTyzI

    藤井四段 最速、最年少で通算50勝「1局1局積み上げて節目の数字に」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000140-spnannex-ent

    将棋の史上最年少プロ棋士・藤井聡太四段(15)は21日、関西将棋会館(大阪市福島区)で行われた「第66期王座戦一次予選」で平藤眞吾七段(54)を126手で下し、通算50勝(6敗、未放映のテレビ対局を除く)に到達した。

    「50勝は知ってました。1局1局積み上げてきたのが節目(せつもく)の数字になりました」と藤井四段は区切りの勝ちにも12時間を超える戦いに疲れ切った様子だ。50勝到達は、昨年12月24日に加藤一二三元九段(77)とデビュー戦で戦って以来10カ月29日のスピード記録。中原誠十六世名人(70)の60戦目(50勝10敗)より4戦早い56戦目での到達だが、史上最速での達成かは不明。また、中学生棋士5人のうちでも羽生善治棋聖(47)の66戦目、加藤元九段の67戦目、谷川浩司九段(55)の76戦目、渡辺明竜王(33)の80戦目を抑えて最速で、しかも15歳4カ月の最年少での50勝到達となった(いずれも日本将棋連盟調べ)。

     対局は藤井四段が後手番。序盤からお互いにしっかり守りを固め、両者とも積極的な攻めがない。藤井四段は何度も記録係の棋譜を確認し、記録係の後ろに回ってタブレットに映る先手番から見た画面を凝視する。“ひふみんアイ”で読みを進める。90手目を過ぎても一進一退。106手目の6三金で「好転したかなと思いました」と勝利が見えたようだ。

     次戦は24日、「王位戦予選」で北浜健介八段(41)と対戦する。
    ***************
    公式戦通算50勝6敗

  • 城田優“黒染め強要”問題に怒りのツイート「本当に酷いね」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171028-00010003-jisin-ent

    頭髪が生まれつき茶色いのに学校から黒く染めるよう執拗に強要されたという大阪府立高校3年の女子生徒が、府に損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。このニュースに、twitter上では著名人からも憤りの声が多数寄せられている。

    脳科学者の茂木健一郎氏(55)は《女子生徒が全面的に正しい。学校や、大阪府は、根本的な勘違いをしている》と怒りのツイート。

    学校側は生徒に対し、入学直後から1~2週間ごとに黒染めを指導。染色を繰り返したため生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろに。生徒は教諭から「母子家庭だから茶髪にしているのか」などと中傷されたほか、茶髪を理由に文化祭や修学旅行の参加も認められなかったそうだ。

    さらに、学校側は「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と、生徒の代理人弁護士に伝えたという。

    この発言に《これは本当に酷いね》とツイートしたのは城田優(31)。《これ本気で言ってるのでしょうか? 恐ろしすぎる》と憤りを露わにした。

    日本の高校に通ったフィフィ(41)は、自身も頭髪指導をされた経験があるという。《アフリカ大陸出身の私もパーマか?って聞かれたり…天パにストパーかけろと強要する先生もいて、パーマかけろって本末転倒だよね》とツイートした。

    高校生の頭髪をめぐっては東京都でも、茶髪やパーマが生まれつきかどうか確認する「地毛証明書」の提出を求める都立高校があるが、《黒髪ストレートじゃない人だけに「地毛証明書」を求めるのも人権侵害》という声も。頭髪指導をめぐる議論はまだまだ続きそうだ。
    ************************

    この学校の校則って何なんだろう。
    法令に違反してないんだろうか。
    生まれた容姿や体型などは自然の姿で良いんじゃないのかなぁ~

  • 宮崎美子 MINOLTA なつかしいCM 1980年
    https://youtu.be/YSKNVztOED8

    58歳・宮崎美子が「いまもピカピカに光って」いる理由
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00004769-bunshun-ent

    一世を風靡したミノルタのCM。あれから37年、58歳になった宮崎美子の活躍ぶりが目を引く。
    宮崎は元祖・高学歴タレントといえる存在。

    「国立熊本大学3年時に週刊誌の表紙を飾って注目され、ミノルタのCMに起用された。ポッチャリ顔に豊乳とちょっと出たお腹で、セクシー系というより癒し系。一時、熊本放送でレポーターをしていましたが、TBSが熱心に口説き、昼の帯ドラマに出演。熊本と東京を行き来しながら1年留年の末、大学を卒業した。ちなみにミノルタは、熊大の後輩だった斉藤慶子(56)ものちにCMに起用している」(ベテラン芸能記者)

    クイズの才覚も、早くから発揮していた。

    「女優デビュー翌年の81年、TBSが『クイズダービー』のレギュラー解答者に宮崎を起用。先日亡くなった篠沢秀夫教授(享年84)らと一緒に出演し、高い正解率を誇った。近年はクイズバラエティ『Qさま!!』(テレ朝系)で日本漢字能力検定に挑戦、1級に合格した。スポーツの知識も豊富で、野球、サッカー、相撲に精通している」


     息の長い芸能生活を送る一方で、私生活は謎めいている。
    「30歳でテレビディレクターと結婚しましたが、わずか1年4カ月で離婚。その後は浮いた話もなく今も独身。それがあの無邪気さに繋がっているといわれる。クイズ番組で『いやー、わからない』と言いながら必ず当てるぶりっ子ぶりを嫌う人もいますが、宮崎を昔から知る人に言わせれば、それが、大学時代から変わらない彼女の“天然”なのだと」(テレビ関係者)
    *********************

    ファンですね(笑)

  • 「いざとなったら核を持てるのは相当な抑止力」石破氏
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000084-asahi-pol

    石破茂・元防衛相(発言録)

     日本が核を作り、持つことは決して日本の国益になるとは思っていない。ですが、いざとなったら持てるというのは、それは相当な抑止力になる。

     もうひとつ、核から我が国を守っていこうとすれば、核についての技術を何も知らず、一体どうやって守るのか。核から日本国を守るのはどういうことなのか、その技術についての知見がないと、守る技術ができるはずがない。日本が核から日本を守る力をきちんと持つことは必要だ。(BS日テレの番組で)
    ***************

    石破茂議員は、以前に憲法改正議論の発端を切って発言した記憶があります。
    それと同様に感じました。

    平和を守るために、色々な角度から議論することは大事です。

本文はここまでです このページの先頭へ