ここから本文です

投稿コメント一覧 (1794コメント)

  • 折句 紫外線禍

        顔のシミ眺めて思う若き日の   
            紫外線の祟りが今に 

    「紫外線禍」で・・・

        シミ怖いガングロ娘も今後悔
            洗顔したとて禍根は消えず

     若い頃海岸の近くに住んでいた関係で、毎日海水浴をやってましたが、紫外線対策など思いも行かず、強い陽に浴びてた結果、歳をとるに従い、顔にシミがでてきました。つまり紫外線の祟りのようです。若い女性たちも海水浴に行くときは、日焼け止めクリームだけでは防げないようなので、覆面でもしたらよいようです。シミだらけの婆さんにはなりたくないでしょうから。

  • 折句 殺人授業

        酷暑中校外授業を何でやる
            繰り返す悲劇文科省は禁止せよ

    「殺人授業」で・・・

        曝された強い熱射に人類は
            十分耐えぬ行者もしておや

     小学生が熱射病で死亡したが、校長が謝るだけで済む問題ではない。今までも猛暑中校庭で子供を走らせ、死亡者を出している例がある。このくそ暑い中、炎天下の授業は殺人行為である。文科省は通達を出して、炎天下の教室外授業を禁止すべきである。馬鹿な教師がいないとも限らない。

  • 折句 ペテン師躍如

        核廃棄言いつつ核を製造す
            北のペテンにトランプ如何する

    「ペテン師躍如」で・・・

        ペット唾天性ペテン師しらを切る
            約束守らぬ徐々に本性

     6か国会議であれだけ騙されたのに、お調子トランプはジョンウンを言い奴だと評した。それが口では核廃棄を言いながら、生産を始めたことが、米国関係ルートで発見され、国務長官が北に物言いをしたとのこと。関係各国は過去北朝鮮に騙されたことを口にしながら、トランプにブレーキを掛けられなかった。気分屋トランプはこの事実を如何理解し対処するつもりなのであろうか?

  • 折句 狂った気温

        狂ったか体温超える気温とは
            日本は最早熱帯となり

    「狂った気温」で・・・

        来る熱波終に超えたか体温を
            気象は異常温度計見ぬ

     赤道直下の東南アジアの方が涼しいようだ。私の子供の頃は32度が最高気温であったが、38度や40度はもう温帯地方ではなく熱帯砂漠地方である。大雨の次が高気温とは完全な異常気象である。水害復興に従事している方々、本当にご苦労様。くれぐれも熱中症に注意していただきたい。

  • 折句 貿易戦

        米中の貿易戦争勃発す
            世界を巻き込み誰が勝者に

    「貿易戦」で・・・

        朋友にも恨まれる課税益もなし
            協力者なくば戦争に勝てぬ

     米国は中国の鉄鋼製品等に対し高関税を課すことを決めたが、新たに、知的財産権侵害に対し、6千数百品目に10%の追加関税を課すと発表、中国はこれに反発し報復することを決めたと発表、貿易戦争は本格化した。
     問題は米国の保護貿易政策の一環として、EUや日本のような同盟国にも関税を付加したことである。敵が中国一国ならまだしも、自由陣営も敵にしたのは失敗である。これでは孤立して米中戦争は戦えぬだろう。国内からも反発の声が挙がり、何れ政策を代えざるを得なくなるだろう。問題の本質である対中制裁は尻切れにならぬことを期待するばかりである。

  • 折句 知的財産

        執拗に知的財産要求する
            中国に鉄槌トランプの英断

    「知的財産」で・・・

        智を使わず適宜パクって技術盗る
            罪の意識なく賛歌す国民性

     中国の知的財産権の侵害は酷いものである。この点米国はやっと気づき対抗措置に出た。はったりトランプの善政である。ものを製品化するには膨大な時間と開発費がかかる。そのため知的財産権の保護は世界共通である。例外が中国で、製品を売るとその製造ノウハウを出せとせまられる。私の経験では製品の製作図面を要求された。何とかその前の段階で逃げたが、正直腹が立ったものである。新幹線のパクリは最たるものである。中国に弱い日本は泣く泣く要求に付き合ってきた。米国の主張は全く正しい。この点でトランプを褒めたい。

  • 折句 無情なり

        無情なり突然訪ずる黄泉の旅
            一家の柱の朽ちるを嘆ず

    「無情なり」で・・・

        無碍なるか序破急人生うら悲し
            何ゆえ急ぐ輪廻の業を

     若い親族の早世に接し、形容し難い無常観を覚えました。
    私事での投稿失礼いたしました。

  • 折句 大水害

        水害の報に接するそのだびに
            悲しさこみあげ何故か憤る

    「大水害」で・・・

        誰なれど未だ予想をすることなき
            異常な水害壊滅村巷

     未曽有の豪雨と報道されていたが、その猛威は聞きしに勝るものである。死者、行方不明者が150人を超えてしまった。全く悲しいことである。しかし洪水は不可抗力なのか、何か疑問を感じる。多雨国の日本は豪雨を想定して治水対策をするべきなのだろう。想定外という逃げ口上は通用しない。犠牲者の方々には心から哀悼の意を表したい。また被災者のご苦労に同情し、復興をお祈りする次第である。

  • 折句 見世物か

        刑法に死刑が存在する以上
            処刑はあれど秘密裡執行

    「見世物か」で・・・

        皆んなして石塊投げるものじゃない
            法り刑法陰で執行

     オウム真理教の死刑囚7人の刑が執行されたが、マスコミの大騒ぎは異常である。まるで見世物扱いである。どんな犯罪を犯したにせよ、死刑は厳粛なものである。見世物ではない。関係マスコミには猛省を促したい。

  • 折句 種切れか

        サッカーの試合終われど話題作り
            マスコミ報道種が切れかけ

    「種切れか」で・・・

        戦いの熱気の余韻ギラギラも
            冷静に変化課題は四年後

     残念ながら8強にはなれず、選手団は引き揚げ、何かと話題報道があったが、選手団も解散した今、次期監督の人選の話はあるが、報道は種切れのようだ。4年後を見つめて建設的な話題を提供してもらいたいものだ。次のスポーツ話題は錦織と夏場所か。

  • 折句 当たり年

        梅雨明けが早き今年は台風の
            当たり年かな8号発生

    「当たり年」で・・・

        雨なくば田畑は涸れて里巷疲弊
            土砂降りでなき静かな雨を

     台風7号が大雨を降らせ、各地に被害をもたらしたが、追って8号が発生した。今年は梅雨明けが早かったので、よもや台風が多いのではないかと危惧していたが、案の定である。年間降雨量は変わらないのかもしれない。覚悟して台風に備えましょう。

  • 折句 デスマッチ

        引き分けのないデスマッチ運なきは
            残念なれど神の采配

    「デスマッチ」で・・・

        出来過ぎた素早い得点負けなしと
            続かぬ得点力及ばず

     先行2点を守り切れなかったのは残念だったが、勝負運に見放されたのは悔やんでも仕方がない。日本はよくやったと世界は評価している。チームにはご苦労様と健闘をねぎらいたい。

  • 折句 梅雨明けた

        何故かしら今年の梅雨明け早すぎて
            熱中症の増加を懸念

    「梅雨明けた」で・・・

        月代わり湯殿のような暑さには
            軽装薄着で耐える熱中症

     例年でしたら7月中旬か下旬に梅雨明けするものですが、今年は7月初めとは、困ったものです。各地で猛暑となり、これでは相当熱中症の患者が増えるでしょう。台風も多そうでこれも困ります。自然には逆らえられないので、耐えるしかありませんね。いやな夏です。

  • 折句 イメージダウン

        後味の悪い試合で決勝へ
            されど日本はイメージダウン

    「イメージダウン」で・・・

        いいとこなし名々非力でじれったし
            駄目な選手に運見離され
     
     他力本願で、ファールの数で決勝進出とは喜んでいいのか?後半パス回しで時間を稼いだ日本に世界から非難が殺到している。武士道精神が笑いものになった。韓国の奇績を思い起こしたい。戦力温存と言っても、最終戦はベストメンバーで行くのが筋であろう。監督は采配が上手いと褒めている声が多いが、FIFA初めてのケースであるだけに、世界に悪名はずっと続くであろう。私は武士道に外れた試合は好きじゃない

  • 折句 また起きた

        また起きた殺人事件の報多し
            罪なき人を殺す理不尽

    「また起きた」で・・・

        真昼中弾込め拳銃襲いとり
            急襲学校倒されt逮捕

     元自衛官による殺人は通り魔と変わらず、殺された人は誠に気の毒である。殺人犯は自衛隊の訓練によって、人格が変わり、狂ってしまったのか、退職者にはカウンセリングが必要なのかもしれない。それにしても警官が間に合い拳銃で倒したのは手柄である。米国なら射殺が当然である。

  • 折句 快挙なり

        日本の宇宙技術の快挙なり
            はやぶさ2号のりゅうぐう到着

    「快挙なり」で・・・

        赫赫たる偉業のはやぶさ今日到着
            名を成すJAXA 臨し歓声

     この広い宇宙の中で、直径800mに過ぎない小惑星に宇宙船を到着させるとは、すごい技術である。上空20kmの軌道に留め観察後着陸させるとのこと、この精密度は有人宇宙旅行技術の比ではない。世界に誇れるものである。世界もこの偉業を賞賛するであろう。

  • 折句 暫し安堵

        朝一番テレビをつけて戦果知る
            暫し安堵の胸なでおろす

    「暫し安堵」で・・・

        深夜戦ハチャメチャサポの渋谷街
            暗雲晴れて怒涛の雄たけび

     小生スポーツあまり好きではないが、勝負事は大好き人間なので、サッカーの格闘戦は好きである。年寄りの早寝で観戦は出来なかったが、今朝早速テレビで結果を知った。引き分けは嬉しさ半分だが、次のポーランド戦に期待したい。勝ち点7で予選突破が出来れば文句なし。日本も強くなったものだ。

  • 折句 梅雨半ば 

        夏至過ぎて季は陽になり時は陰に
            候は梅雨中紫陽花の咲く

    「梅雨半ば」で・・・

        蔓伸びてゆっくり青葉がなせる棚
            香る涼風半夏も近し

     今は梅雨半ば、日照時間は長いのに雨雲のお陰で気温も上がらず、紫陽花に適した気候です。暑いのが嫌いな人にもいい気候なのかもしれません。紫陽花が無残に枯れるころ、夏本番に日照時間が短くなることを実感するようです。我が家では半夏生の頃青葉で覆われる遮陽棚が完成しそうです。

  • 折句 バカ、女だ

        恥晒し馬鹿な女サポーター
            外人コンプを地で行き嵌めらる

    「バカ女だ」で・・・

        場慣れせず軽さが禍女バカ
            何がサポーター騙され恥かく

     コロンビア人に私は売春婦と、意味も分からずスペイン語で言わせられたことが、国際問題になっているが、言わせた男も卑劣だが、言った女も大バカ者である。イエローキャブと陰口叩かれるように、日本女は外人(白人)に弱い。意味も分からない外国語を、ペラペラ言う女が大バカ者である。国の面汚しだ。応援になど行くな!!!

  • 折句 明日は我が身

        地震国安全地帯はなかりせば
            明日は我が身と心得るべし

    「明日は我が身」で・・・

        ある国は少しの震度で破壊され
            我が身の不徳を身を持って悟

     大阪地方の大地震での被災者並びに犠牲者に心からお見舞いとお悔やみを申しあげます。それにしてもこのところ内陸震源の地震が多発しています。これは日本全国どこでも地震が起きることを暗示してます。従い明日は我が身と、起こる前提で覚悟を決め。被害の最小化を図るべきと思います。某国は日本の地震を盛んに揶揄していたが、最近は自国でも地震が発生することが明らかになり、明日は我が身を実践することになった。人の不幸を笑うことの愚かさを知ったであろう。

本文はここまでです このページの先頭へ