ここから本文です

投稿コメント一覧 (1605コメント)

  • 折句 進む改憲

        衆院選与党勝利は改憲の
            容認世論の結果と判断

    「進む改憲」で・・・

        筋通し進めよ議論矛盾なき
            改正憲法健全なものに

     今回の与党の勝利は憲法改正への国民の意思の表れと理解できる。安部氏は9条への3項追加でいいなどと弱腰だが、禍根を残さぬよう十分に練って欲しい。改憲勢力が四分の三に達しているので、徹底的に議論を尽くしてもらいたいものだ。

  • 折句 抜かりなく

        大型で強い台風襲来す
            最後の洗礼各々抜かりなく

    「抜かりなく」で・・・

        ぬっと湧きかき集めたり領の雲
            成った台風雲助集団

     今年は台風の襲来はないと思っていたのに、時季外れに来るとは因果なものよ。今となっては我慢でやり過ごすしかないな。被害が出ないことを祈るばかりである。

  • 折句 較べ好き

        トランプの泊数較べてひと悶着
            日本は橋頭長くて当然

    「較べ好き」で・・・

        来る人に乱暴な要求蔑視さる
            好かれたいなら気配りすべし

     トランプの東アジア訪問について、我々の所は一泊なのに日本には2泊だ3泊だと報道されているが、不公平である。国の重要度が違うのか、解せないので米国に抗議しようとか、と火病っているが、何で日本と比較したがるのであろうか。己が外交政策を観れば、重要度は分かると思うがな。

  • 折句 思う壺

        スワップの継続条件今判明
            統帥権で米軍追い出し

    「思う壺」で・・・

        脅されてもう降参と裏切る米
            次はサードの防備撤去に

     ここ数日前から戦時統帥権返還の話が出ていたが、これが韓中スワップの延長条件だったのだな。統帥権を返還させたら米軍の韓国駐留の意味がなくなる。つまり中国とムンジェインは取引したわけだ。そしてこれはTHAAD撤去にもつながる。ムンジェインの親北、親中の基本政策に合致しているわけだ。結局米軍撤退を主張する中国の思惑通りになった。ただ米国がこれを素直に呑むかわ甚だ疑問で、そうやすやすと韓国を手放す筈がない。ひと悶着ありそうだ。

  • 折句 売国紙

        某新聞世論調査を悪用し
            続投反対大幅増加と

    「売国紙」で・・・

        万事みな意のまま世論を口実に
            繰り返す自説熾烈にキャンペーン

     何としても安部さんを引きずり降ろしたい某新聞社は、まるで外国の代弁をするように、アンチ安部キャンペーンを繰り広げている。外国の意向に沿って自国の政権を攻撃するのは売国行為ではないのか?国民は良く勉強して流言に惑わせられぬよう新聞を監視するべきと考える。

  • 折句 時季外れ

        時季外れ人騒がせな台風が
            選挙妨害するかしないか

    「時季外れ」で・・・

        神力で嫌いな台風排除する
            ずっと張り出せ烈々高気圧

     台風が発生し北上しているが、日本列島を襲うのは間違いないらしいが、選挙の日は避けてもらいたいものだ。今のところ予想進路を見ると22日には列島には達しないようなので、選挙管理委員会はひとまず安心のところだろう。日本南部の高気圧が強ければいいのにね。

  • 折句 調査電話

        あちこちから選挙調査の電話来る
            世論形成悪用恐る

    「調査電話」で・・・

        一寸待て浮き浮き答えは差し控え
            伝聞調査に我は非協力

     異なる調査会社から三度も選挙動向調査の電話が入った。一度は答えたが,あとは切った。世論形成の悪用を恐れたのである。以後は一切応じないことにした。ところが今日また一本かかってきた。それを切ったら今度は左右の政党から二本勧誘の電話が来た。両方とも入れますよと答えておいた。(笑)

  • 折句 冬ごもり

        秋梅雨の寒さに驚き虫たちも
            歌を忘れて冬ごもり始む

    「冬ごもり」で・・・

        風流に湯の香に浸る郷の夜
            紅葉ちらほら里落は晩秋
     
     一昨日は半そでで外出、帰宅後クーラーを入れたのに、昨日は長袖にジャンバーでも寒さを覚え、ストーブに火を入れました。犬もケージに電熱暖房を入れ、我が家は冬支度が完了しました。例年は11月後半から暖房を使いますが、今年は寒さが速すぎるようです。

  • 折句 勉強せよ

        ミサイルとロケットの違い知らずして
            制裁わめく某国人たち

    「勉強せよ」で・・・

        弁ずれば拒否反応はうざすぎる
            正確な理解よく勉強を

     日本の衛星打ち上げの度に、北のミサイルは問題にして日本の衛星打ち上げロケットは問題なしとはおかしい、制裁すべしと某国人が喚いているが、ミサイルとロケットは違うことを理解していない。弾道ミサイルは大気圏再突入対策がされているが、衛星打ち上げロケットは大気圏で焼却する。エンジンは同じだが、ロケットそのものをミサイルにはできない。批判する前にちょっと技術を勉強してほしいものだ。

  • 折句 世界遺産

        世界遺産やっぱり商売のためと知る
            誘致に血眼さもしき商魂

    「世界遺産」で・・・

        先人が稼いだ場所を遺産とし
            今は金ずるさんざ利用す

     先日富岡製紙場に行ってきたが、観光バスが続々押し掛け、見学者で大盛況であった。小生も一部を見物したが、疲れて飽きてしまい、観客や誘導員たちを眺めていた。係員はボランティアなのか仕事なのかは分からないが、お金稼ぎに喜々とした感じだった。正直言って入場料は高いし、説明料金は別とか、金取主義に徹していたような印象だった。あれでは世界遺産の格が下がるね。

  • 折句 神無月

        神無月神様出雲へご出張
              結婚差配の不調が気がかり

    「神無月」で・・・

        関心が無いのか結婚つまらんか
              今日日の若者神様苦労す 

     もう十月か、月日の経つのは速いもんだ、と神様は仰いますが、神様は歳をとらぬので気が楽です。ところで縁結びの神様は出雲へ向かいましたが、最近若者の結婚離れには困っているらしい。なかなかアレンジがうまくいかず、少子化を心配しています。是非頑張っていいカップルを作ってやってください。

  • 折句 愚かなり

        乱射事件それでも規制が出来ぬとは
            力に頼る愚かな国民

    「愚かなり」で・・・

        おぞましい論より力金と銃
            長き悪弊理解に苦しむ

     ラスベガスでは58人が死亡する大惨事になったが、それでも銃規制は出来ぬだろう。西部劇時代と現代を同じと考える国民性がある限り、銃規制は無理だろう。包丁は人も殺せるが、料理のためのものだ。しかし銃は人を殺すためだけにある。フルオートの軍用銃が野放しとは、近代国家とは言えない。愚かな国としか言いようがない。

  • 折句 大野心家

        小池君首相の椅子が目的で
            読みの通りに天下は回ると

    「大野心家」で・・・

        大博打今にチャンスがやって来る
            新党伸びたら必ず椅子取る

     東京都知事になることは首相へのステップと前から認識していたのだろう。安部さんは稲田に期待したので防衛大臣にしたが、器ではなかったのでこけてしまった。今のところ小池は筋書き通りに進んでいるので、最近発言に遠慮がなくなったようだ。今度の選挙である程度勝って、自民と手を結んで憲法改正を進めたら、何れ首相の座を獲得するだろう。只、今なったばかりの都知事を止めて衆議院に鞍替えすれば、無責任と言われ新党は伸びないだろうから、ここは次の衆議院選挙を狙うのではないか? 何れにしてもすごい女性である。

  • 折句 政治ショー

        希望の党民進議員の隠れ蓑
            アホな国民また騙される

    「政治ショー」で・・・

        世界一意識に欠ける自治能力
            所詮ミーハー上辺で判断

     小池氏の顔で成り立っている希望の党に、民進議員が皆なだれ込む。こんなバカげた政治にはあきれ果てる。国民は清新さを求めているなんてマスコミは言うが、要するに党首は有象無象でも数を集めれば成功、議員は陣笠就職にかけて、政策もへったくれもない。国民はムードに流され、投票する。日本国民の政治意識は情けないものだ。救いは小池氏が亡国思想ではないこと。

  • 折句 金木犀

        夕闇に湯上り女人の香に惹かれ
            金木犀の前を行き来す

    「金木犀」で・・・

        禁断の盲目の恋苦に満ちて
            世界は二人いざ逃避行 
       
     金木犀のシーズンになりましたね。あの香りは他の花にはない独特の香りで、一瞬美人が横を通り過ぎたような感じがします。いい香りです。折句は駆け落ちでした。

  • 折句 変わり易い

        変わり易し女心と秋の空
            何が悲しいしくしく雨に

    「変わり易い」で・・・

        垣根越し我をとらえて流目す
            優しく匂う粋香木犀

     晴天は三日と続かず、今日は雨模様。夏と秋の気候がせめぎあっているので、天気がコロコロ変わるのだろうな。天高く馬肥えるの秋はあと半月お預けなのだね。

  • 折句 秋本番に

        虫の声やや細り来て秋本番
            夜風ひんやり寂しさ誘う

    「秋本番に」で・・・

        温めし今日のお酒は本醸造
            晩酌に添う煮物は自家物

     彼岸になったら急に気温が下がり、寒くて夜中に目を覚まし慌てて布団を掛けた。気のせいか虫たちの声も弱々しくなったようである。これから秋はどんどん深まって行くのだろう、晩酌が美味い季節である。

  • 折句 口喧嘩

        口喧嘩昂じりゃ手が出る足も出る
            国の喧嘩も筋書き同じ

    「口喧嘩」で・・・

        国滅び地上から消える原爆で
            加減はせずに生きのね止める

     ジョンウンとトランプが罵り合っているが、北は太平洋で水爆実験をすると言い出した。全く危険である。こんなことになったら米国は黙っていない。殴り合いになったら周辺国を巻き込み、被害に遭うのは東アジアであり、米国本土は無傷だろう。太平洋戦争と同じである。米国は日韓の被害を考え、原水爆を使うだろうから、北は間違いなく消滅するだろう。日本は如何したらいいのか、9条教信者は今何を考えているのだろうか。

  • 折句 秋雨が 

        役目終え佇む案山子に秋雨が
            中秋の田舎は寂しき風情

    「秋雨が」で・・・

        鮮やかに菊花と競い咲く紅は
            冥花ともいい飾る墓所を

     今日はお彼岸、生憎の雨で墓参する人たちは大変ですね。私どもの墓地は遠方につき、月末に泊りがけで墓参することにしましたが、墓参りも大変です。

  • 折句 彼岸花咲き

        彼岸花紅き唇連想す
            老いて益々赤が際立ち

    「彼岸花咲き」で・・・

        日影伸び鴈渡り来る晩秋に
            眺め佳き里咲き競う菊

     ご婦人は年をとるほど赤が際立つ口紅を差すようだが、あれは逆効果じゃないのかな、老いた肌に合うのは淡い色がいいと思うがな。余計なおせっかいかな。彼岸花を見るとそんなことが連想される。折句は時季先走りでした。

本文はここまでです このページの先頭へ