ここから本文です

投稿コメント一覧 (1487コメント)

  • 折句 世紀の決戦

        トランプが切れるか懐柔策採るか
            世紀の決戦米韓会談

    「世紀の決戦」で・・・

        先鋒にいきり立つこと述べさせど
            決裂は避け戦果は先送り

     29日のトランプとムンジェインの首脳会談は興味津々である。多分会談は大荒れになるだろうが、ムンジェインは勝算があると思っているのだろう。露払いに行かせた補佐官は言いたい放題で米政府にショックを与えたが、米側はこれは大統領の意見ではないと聞き流したらしい。多分トランプは烈火のごとく怒った事だろう。そして29日は本チャンである。
     ムンジェインは要求をトーンダウンして、米政府の同意をとるつもりらしいが、米国も同盟解消の話までには至らないとみる。米国の本心は赤側に追いやることは国益に合致せず、それをムンジェインはよく承知しており、割引したところで妥結を狙う筈である。

  • 折句 政治意識

        国民はミーハー意識をまず捨てて
            政治の本質穿つ眼を

    「政治意識」で・・・

        政権が意図する政策自問して
            意思持ち選ぶ帰依する政党

     森友、加計騒動とは何だったのか、多数とは言わないが、国民の一部は、政権が悪事を働いたように見ている。野党の追及を煽るようなマスコミ報道をうのみにして、本質を理解していない。犯罪にはならない首相が口をきいたかどうかの一点を種に野党が執拗に食い下がるのは、現政権に対して悪い印象を与えるのが目的であることを理解せず、騙されてしまう。政権支持率が下がったのは、皮相的にしか見ていない国民がそれなりにいることを証明している。政治の根幹とは大きく分けて外交、国防、財政とその他である。国民はこれについて監視し発言すべきなのである。枝葉末節に拘らず、政治の本質を見誤ってはならないのである。政治とは国民の生殺与奪の力を持っていることを忘れてはならない。

  • 折句 夏至の候

        上り坂あらば下りもある自然
            太陽今日から衰退期に入る

    「夏至の候」で・・・

        下校時に茂る青草野辺で摘み
            子兎待つ家へ嬉しき日課

     丁度夏至の頃だったと思うが、子供の頃近所の農家の田の草取りを手伝ったことがある。当時は農薬など無いので、大変な労働だったと記憶している。只泥鰌も捕まえたのでそれが楽しかった。手伝いの褒美は泥鰌汁だった。それから当時の楽しみは子兎の飼育だったと、夏至にふと昔を思い出した。

  • 折句 水欲しい

        空梅雨に草木は水を欲しがれど
            どこ吹く風とトマトは豊作

    「水欲しい」で・・・

        南にはずっと前線ほっとかれ
            終いに消滅一大事なる

     降ってもお湿り程度の雨で、草木には足しにならぬと思うが、トマトだけはどんどん成長赤みが出てきた。理由がよく分からない。それにしても今日も晴天雲一つない青空で、農家さんは嘆いているだろうな。韓国は干ばつで大変らしい。万一梅雨前線が消滅なんてことになったら、一大事、そんなことは無いとおもうがね。

  • 折句 米韓会談

        米国の意図を見透かすムンジェイン
            泣き所それはFTA廃止

    「米韓会談」で・・・

        弁解の一番サードが勘所
            解決安保か団円未知数

     米国は韓国を離すつもりはない。血を流して確保した極東の砦をそうやすやす手放すはずがないとムンジェインは良く知っている。トランプの選挙前韓国が駐留費全部を払わなければ安保を解消し、米軍を撤退させるとの発言は、実行性はないとみている。サードの配備延期もそれを見透かしている。ただ一つの泣き所があるそれは米韓FTAの中止である。対中貿易ではその損失をカバーしきれない。如何にそれを回避するか、近々開かれる大統領同士の会談が見ものである。

  • 折句 空梅雨に

        空梅雨に国会閉じて日本晴れ
            雨待つ人の嘆き聴こえし

    「空梅雨に」で・・・

        絡んだが乱戦時間に潰えたり
            揺らぐ屋台に逃げ出すネズミ

     南太平洋高気圧が弱いため梅雨前線が北上せず空梅雨が続いていますが、今日など全くの青空で、農家はお困りのことだと思います。ただこのままで行く筈はなく、7月は雨で梅雨明けは遅れるでしょう。国会は閉会し、印象操作のグジグジ討論が消えたことで、野党は嘆いているでしょうが、私には晴れ晴れした空梅雨の心境です。

  • 折句 偏向報道

        マスコミの偏向報道驚愕す
            そのえげつなさここに極まれり

    「偏向報道」で・・・

        偏してる公平さ欠く報道を
            堂々とやる売れない誤報紙の

     一昨晩の5CHの偏向報道にはびっくりした。公共の電波を私物化し、よくここまで放送できるものかと呆れたものである。国会前の共謀罪法案反対集会を延々と流し、プロ市民の女の絶叫をバックに、有名な左傾評論家二人と、司会者の三人で、法案反対論議に終始した。一人ぐらい賛成論者を入れれば格好もついたが、全員反対論者なので、こんなことが許されるのかと、その偏向ぶりに呆れてスイッチを切ったものである。

  • 折句 共謀罪

        共謀罪反対集会金切り声
            上げるはプロの市民活動家

    「共謀罪」で・・・

        虚言弄し失う時間謀議せど
            最後は支持力生きし法案

     昨晩国会前の共謀罪法案反対集会で騒いでいた人たちを見ると、明らかに一握りの教条主義のプロ市民である。彼ら彼女らは与党のやることはすべて反対、先は憲法改正反対に繋がっている。国際情勢などどこ吹く風で、頭の中はお花畑、冷静な思考ができない人たちである。報道するマスコミもその偏向さは酷いものである。

  • 折句 ミス人事だ

        安部首相人事の最たる失敗は
            女性を起用防衛大臣

    「ミス人事だ」・・・

        見てくれも凄く重要人選に
            自国を護る大臣しておや

     小野寺や中谷等、防衛の専門家は存在するのに、なぜそれを外して女性の大臣を作ったのか?将来の後継者として、重要省庁を担当させたとの噂があるが、彼女にはサッチャーになれる素養も風格もない。外交、防衛、財政は三本の柱である。昨今の国際情勢からみて、国防は最も重要である。国会で追及されたら泣くような女性では外国からばかにされる。米国からも全く評価されていず、笑って喜ぶのは中韓だけである。軍人起用の米国を見習えと言いたい。

  • 折句 箍嵌めた

        韓国へ友好の使者と二階君
            箍を嵌められ本領無発揮

    「箍嵌めた」で・・・

        託された賀状親書を運ぶだけ
            面倒起こさず多言は無用と

     観光客の激減で困窮の隣国へ、助け船の代表として360人もの関係者を引き連れ訪問したが、日ごろの親中親韓姿勢に期待して、韓国閣僚から慰安婦合意の見直しについて提案されたが、安部、菅コンビに箍を嵌められていたせいで、迎合出来ず、かえって強硬発言をしたので、韓国ネットで叩かれていた。大体今の時季に友好の使者だなんて日本国民は支持していないだろうし、迎合発言がなかったことで、ほっとしているだろう。先きの中国訪問では勇み足の極みで国民から総スカン食ったから今回は自重したか。

  • 折句 読経なし

        チカヒラの軍門下ったアルトラは
            見透かすジョーカー読経がないと

    「読経なし」で・・・

        怒鳴られど恭順姿勢で嘘をつく
            名代の山師知るやアルトラ

     ジョーカーにもらった砂糖なんて体に良くないので、影響を調べてみるとアルトらがチカヒラに言ったら、砂糖が大嫌いなチカヒラは喜んで、別の甘いものをアルトらに贈った。それを聞いたジョーカーは大変怒った、でも所詮読経がないので手が打てない。実はアルトラはジョーカーの読経なしは読んでいたので、怖くはないと近々ジョーカーのところへ行くが、丸めて別なおいしいものを貰ってくる散弾をしている。

  • 折句 梅雨晴れ間

        空梅雨の晴れ間小鳥がやってきた
            何故と聞いても答えはピイチク

    「梅雨晴れ間」で・・・

        連れ立ちて悠々散歩し葉虫食み
            礼儀弁えまたねと飛びゆく

     晴日じゃないと小鳥が来ないと書いたが、今日は空梅雨の晴れ間で陽が射したら案の定小鳥が遊びに来た。小鳥に聞いてもしようがないが、賑やかなピイチクの合唱はいいものだね。

  • 折句 小鳥来ぬ

        晴日しか遊びに来ない小鳥たち
            囀り聴けぬ梅雨は寂しき

    「小鳥来ぬ」で・・・

        小ぬか雨鳥は眺めて離巣せず
            ここは晴待ち濡るるを避ける

     庭に小鳥が遊びに来て、ピイチク囀っているのを聴くのは楽しいものである。何時も思うのだが何故雨ならいざ知らず曇り日をも避け、晴日にしか来ないのか不思議である。

  • 折句 足竦む 

        右を見て左を見ても渡れない
            足がすくんで立ち往生

    「足竦む」で・・・

        飴舐めて品(しな)がいいから好きといい
            食らえと砂糖を無下に断われず

     制裁を緩めてどうする如何すると迫る国あらば、お前の指図は受けんよ、来たら説教するぞという国に挟まれてにっちもさっちも行かなくなって立ち往生のムンさんも大変だね。正に、あちら立てればこちらが立たず双方立たずば北立てる。のかな。

  • 折句 梅雨に入る

        梅雨入りの予報違わず旬の雨
            コンビニ店頭笠並べおり

    「梅雨に入る」で・・・

        次は吾優雅に紫陽花賑やかに
            今は盛りと類呼び開花

     西から関東まで梅雨に入ったと報道されたが、これから一か月半農家は喜び、都会人は憂鬱な日々となる。梅雨になると小学生の頃教室から眺めた雨を思い出す。小生雨嫌いになった発端がそれらしい。外は小ぬか雨、近所の学校の紫陽花は今が盛りと咲いている。

  • 折句 印象操作

        森友も加計も印象操作ゆえ
            何れ反動野党にブーメラン

    「印象操作」で・・・

        因果とは将来応報相応に失う支持率左傾政党

     両件とも首相が便宜を図ったと追及しているが、例えそうであっても犯罪ではなく、安部氏の印象下落を目的としているわけで、国民はもう飽き飽きしており、その反動が出てきている。野党の支持率が明らかに低下しだした。野党はブーメランに慌てるようになるだろ

  • 折句 喧嘩優先

        韓国のサッカー選手になる基準
            技量に優先喧嘩の強さ

    「喧嘩優先」で・・・

        険悪な関係競技に誘引し
            腕づく暴力先行競技に

     韓国ではどのスポーツ競技もですが、特にサッカー選手になれるのは、球技の優劣ではなく偏狭的愛国心と喧嘩が強くなければなりません。旭日旗を観れば頭に血が上り、慰安婦を思い出しては日本選手を殴りたくなる衝動が起きるのが選手になる条件です。もう怖いので韓国との競技は拒否しましょう。

  • 折句 利己主義

        自分さえ良ければあとはどうでもいい
            利己主義政策何れは破綻

    「利己主義」で・・・

        利だけ追い孤立選んで知る失政
            夢は幻想義なき政策
     
     地球温暖化対策パリ協定から米国は離脱したが、国際協調なんてへったくれだ、のトランプ利己主義政策面目躍如である。但し次の大統領選挙まで実質的には脱退できないので,実害はないとのこと。トランプが任期を全うしたとしても次期は無いと思うし、ロシアンゲートを抱えた以上全うできるかも疑問である。韓国の二の舞になるかもね。

  • 折句 独善添削

        横柄な梅沢夏井のバラエティ
            独善添削俳人苦虫

    「独善添削」で・・・

        毒舌で全国区に転身し
            盛りの俳人癖は独善

     以前も指摘したが、夏井先生の添削は的を射たものも多々あるが、少々技巧に走りすぎのきらいがある。作者の直感や素朴さを台無しにすることがままある。また元句をばらばらにするので句が別物になってしまい、作者の作句意図が消えてしまい夏井の句になってしまう。昨日(6/1)の番組で博多華丸の句を最低ランクと決めつけ、添削したが凡句になってしまった。華丸も怪訝そうな顔をしていたが、世の俳人たちも眉をしかめているかもしれない。プレパトは真面目な俳句番組ではなく、俳句を利用したバラエティであり、夏井先生を俳人としてではなくお笑い芸人と見れば、腹も立たぬか。

  • 折句 ツートラック

        都合のいいツートラックなどまやかしで
            そんな外交国民許さず

    「ツートラック」で・・・

        都合よく上手く日本を取り込んで
            楽勝経済空想の世界

     隣国は日本との関係はツートラック外交で行きたいと言ってる。経済と政治を切り離した外交をツートラック外交と言うらしいが、そんな勝手な論理は全くまやかしである。人の付き合いだって、いがみ合っていたら相互扶助なんてできる筈がない。反日は置いといて経済はうまくやりましょうなんて所詮無理な話である。国家が反日を国是としている限り、正常な国家関係は成立しないと日本政府は公言すべきである。

本文はここまでです このページの先頭へ