ここから本文です

投稿コメント一覧 (2047コメント)

  • 若月 出場100試合(捕手のみ)で年俸1500万→2000万
    伊藤 出場103試合(捕手、内野)で年俸4700万→5500万

    ほぼシーズンを通して使われた「捕手」としては、若月のアップ額は小さいように思えます(アップ率では133%ですけど)。伊藤も800万アップであるが115%程度ですが、冷遇に見えた割には査定上は「若月>伊藤」に偏った感じはないですね。
    見方を変えると、レギュラーとして100試合出して500万しかアップしない捕手を使い続けた、あるいは100試合も捕手として出してもらったのに500万のアップしか査定されない働きだった。つまり、勝つための選手起用ではなかったと、今でも思います。伊藤が捕手起用を直訴したとか記事にありましたが、きちんと競争してレギュラーを掴んで欲しい。これは若月に対しても同じ思いです。
    ベンチの思惑で勝負度外視した選手起用はやめて欲しい。これは、両選手と言うよりベンチに言いたいこと。西名さんの記事に「ネットの書込みは読んでいた」ていのコメントがありましたが、結果が出てないのに何を言っても言い訳。やはりこの球団の課題はベンチとフロントだと言う結論に至ります。

  • 西が来季FA権取得…
    球団は全力で引き留めと記事にありますが、懲罰的な続投とか伊藤への冷遇とか、色々心情的にどうなんでしょうね。金銭的な条件も重要でしょうが、福良と鈴木の解任が最低必要条件になるような(笑)。
    気が早いけど、西の動向で今季の見えない疑問への答えが分かるような気がします。

  • 声をかけた以上、増井投手と大和選手が二人とも来てくれれば…と思っていましたが、優先順位としては平野投手の後任は絶対的必須事項だと強く思ってましたので、増井投手の確定報が待たれるところです。
    野手については監督がふらふらした起用をしないで、腰を据えてしっかり育成策を実行することが補強だと思います。一方でストッパーは育成しながらなんて悠長な話ではない、人的な補強は急務でした。
    あと、賛否はあると思いますが、前Gの村田選手は獲得しても良いのではないかと思います。年齢や守備位置など課題はありますが、打撃の実績を伴う内野手であり、プロとしての姿勢含めて選手層が薄いオリックスには必要なピースになると思うのですが。

  • とりあえず本日をもってモバイル会員は退会。試合経過メールの配信は遅いし、Emilyに罪はないけど呑気なイベントお知らせも神経逆撫で(笑)。最近はアプリで試合経過追えるし、月300円の付加価値は感じなくなった。ファンクラブも思案中、それもこれも優勝目指さぬ球団にお金は落とさない、一ファンができるせめてもの抵抗(笑)。

  • 西武の辻監督のオーナー報告「我々は優勝を目指している」、これ当たり前のことなんですが…球団社長が自ら「とりあえずAクラス」とのたまうチームのファンからすると、志高く羨ましいことだと思えてしまう。やはりトップの人選は大切、組織の上限がそこで決まると思う。

  • 雌雄を決する大一番、初回の先頭打者が四球で歩き、そこで送りバント以外の策が取れるのか。二番打者の成績もあるし相手投手の調子もあり、一概にどうとは言えないことは分かっている。ヒッティングの方がセオリーから外れているのかも知れない。
    しかし、甲子園と言う独特な舞台で、相手が先取点を取れば自ずと雰囲気はタイガースに傾いたと思うし、あるいは1点取ったところで相手の出鼻を挫く効果は薄い。甲子園と言う見えない敵とも戦う中で、1点にこだわらず結果3点をもぎ取ったラミレス采配とそれに応えた打線。福良オリックスでは絶対に見られないだろうな、と思った。

  • 福良淳一と言う監督が、今シーズンは来季に向けて試金石的な意思を持って采配を振るい、来季に向けて得るものがあり、自身の反省含めて来季に活かすのであれば、まだ希望は持てる。
    しかし、自身の采配に根拠のない自信を持ち続け、全ては監督様の目論むような結果を出さない選手に責任があると思っているのであれば、どんな補強をしようと来季の結果は容易に想像できる。上位3チームを越えることなどできないであろうし、ハムやロッテはしっかり建て直してくる土壌がある。すなわち、最下位に沈むと思う。

  • 近鉄のユニフォームすら着るのを嫌がる福良。このチームの歴史や応援するファンの気持ちをどう考えているのか。例え有能な指導者だったとしても、少なくともオリックスバファローズのユニフォームを着る資格など有していない、全くの不適格者だと私は思っています。

  • なまじクライマックスシリーズなんてルールがあるから「とりあえずAクラス」なんて低いハードルが設定される。オリックスの宮内オーナー、西名社長、この制度になってオリックスがファイナルステージに進んだことがない唯一の球団だとご存知なのだろうか?優勝から遠ざかっている、とかのレベルではないんですがね。球団を保有している意味は何なのですか?勝利に対する温度が、他球団はもとより自チームのファンとも離れ過ぎてる。球界の恥となる前に、組織風土を改めてるか球団を手放すか、本当真剣に考えて欲しいと思う。

  • 関東に居住しているので、シーズンはほぼビジター観戦になります。ビジターで勝利を収め気持ちよく二次会に参加し帰路につくとき、時折ホームチームを応援していた親子連れとすれ違います。贔屓チームのレプリカに身を包み応援グッズを持ったお父さんと男の子で交わされる会話
    お父さん「…負けちゃったね」
    男の子「うん、負けちゃったね…」
    このような光景を目にし耳にし、オリックスが勝利した喜びもありつつ、やはりホームチームはホームゲームで頑張らないと…と思ったりします。特にホームのデイゲームは親子連れの数が多いと思うし、子供さんのファンが喜ぶ、楽しかったと思えるゲーム内容を提供して欲しいと切に願います。よく言われる「監督や選手には1/143であっても、あるファンにとってはその年唯一の1試合かもしれない」、手抜きの試合があるとは思ってないし土日だけ頑張ればいい訳ではない。だけど、休日のホームのデイゲームはいつも以上に気合いを入れて頑張って欲しいと、オリックスを応援した親子を明るく家路につかせて欲しいと思います。

  • マレーロ、3三振だけどホームランと決勝打。4番はこれでいい、と思う。マレーロは絶対手放してはならない。そしてTがこの域に入ってくれればもっと勝てる。

  • いい試合(笑)、8回の攻撃はドキドキした(笑)。
    若手が打って、吉田が打って、マレーロ決める。いい試合だった。
    来年も性懲りもなくバファローズを応援するんだと覚悟した。麻薬みたい、簡単にはやめられないようです(笑)。

  • 引退寸前の元アイドルが試合を作り、売り出し中の若手が同点打、人気球団から移籍した苦労人が逆転打。オリックスのオリックスによるハムの為の試合。
    食卓でハムがメインを飾ることはほとんどないが、本日オリックスは、ハムステーキの横に添えられたパセリか、もしくはハムサンドを美味しくするマヨネーズに成り下がったと痛感した。

  • 他球団からは真偽はともかく着々と来季に向けた組閣の話題が出てくる。オリックスは本当に、プロ野球の監督やコーチから嫌われているんだろうな。内向きでやりにくい現場なんだろうな。誰もやりたくない現場、だから内々のお仲間で固まる。
    今までベンチの責任にされていたのを選手の責任に転換したと言う意味では、福良はなかなかのやり手じゃないか。腹黒さしか感じないけど。

  • 球団、フロントの志の低さ、ベンチの無能さ、来季も勝てる(CS進出できる)訳がない。否、勝てたら世の中間違ってると思う。何を訴えても馬耳東風、労力の無駄。この体制は、一年後も変わらずバカを晒しているに違いない。お茶を濁して勝てるほどプロ野球は甘くないはず、逆にそれを証明して欲しいと思う。

  • >>No. 168164

    福良が信任されてコーチがクビになるって、考えにくいですよね。よほど反目してない限りコーチも代わらんでしょう。なんてったって、よくやってる監督のスタッフなんですから、コーチもよくやってるという評価でしょう。節穴が節穴を信任し、その節穴が仲良しの節穴たちと楽しく目隠しゲームをやってるように感じます。

  • 僅差で捕手を代える、わざわざ伊藤に代打出す場面じゃなかったと思う。それと、5失点まで山岡引っ張るのはいかがなものかと思った。今日はもちろん打てない打席の問題だけど、選手交代にも「?」が桜吹雪のごとく舞い乱れてます。

  • シーズンでは楽天の方が上位だけど、ここにきて楽天に対する1勝は、楽天側からしたら2敗くらいに感じるかな。大人しくやられっ放しでシーズンを終えるよりずっといい、苦しめてやって欲しい(笑)。

  • >>No. 167990

    仮定の結果論、誰も分からないでしょ。打った吉田が讃えられる、それだけで十分だと思う。

  • 続投の福良が西名社長と1時間半も来季補強ポイントについて話し合ったらしいが、いなくなることが最大の補強であろう二人が補強について話し合うってホント滑稽なコントにしか思えない(笑)。挙句に「他球団は則本、雄星、千賀とか力勝負できる投手がいる。そういうのを作らないと」、ほらやっぱり選手のせいにしてる。采配や選手起用次第では、今年だって3位の可能性は十分あったのに。
    記事には「CS進出を厳命」とあるが、具体的な当落ラインが明確になったのは良い事。ただ、オリックスのシャチョさんは、熱心なファンは単なる勝敗ではなくベンチの勝負に対する姿勢や選手起用など根本的な部分に嫌気がさしていることに気づいていないようだ。節穴が節穴を選び、その節穴が方向音痴な采配を振るう…どんな補強をしても宝の持ち腐れになるような気がしてならない。

本文はここまでです このページの先頭へ