ここから本文です

投稿コメント一覧 (305コメント)

  • >>No. 517

    今まで色々と楽しく接してくれてホント有難うございます(^^)
    そうですね、「ときめもスレ」には私の知ってる話題の時は是非参加します、私も、貴殿のスレは楽しみにしていますので。

  • お久しぶりです(^^)
    このスレッド、改めて最初から見てみました。
    かなり自分が言いたいことが凝縮されてましたね・・かなりなんてもんじゃない程かも。
    なので、もうそろそろお開きでいいんじゃないかと感じてます。
    正直、単体ゲームスレではここまでのような気もしてますしw
    見てくださった皆さん、本当に有難うございました<(_ _)>

  • >>No. 513

    ・「小島洋子」

    この人物、かなり厄介な人物と思っています。
    まず、この洋子は橘あゆみと「探偵クラブ」なるサークル的な活動を高校時代にしています(それも高校1年です)。
    前の投稿でも言ってますし、事件後のあゆみの言動からしておそらくこの「探偵クラブ」、小島洋子が発起人と言っていいでしょう(正直なんら橘あゆみから事件やクラブの決定的な文言もありませんし)、そこに仲良しのあゆみが乗っかった的な事だったと思われます。

    だとしたらこの「小嶋洋子」、なぜ1年生の段階でこんなクラブを作ったのか? そして最終的にこの洋子は私らプレイヤーでも惑わされていた”鏡の中の浅川しのぶ”に辿り着いていたと思わせる行動が数点あります。
    これを日比野先生に問い詰めた事で洋子は殺されるわけですが、この「小島洋子」の推理眼というか、洞察眼というかは正直”主人公”はおろかおそらく空木俊介の上を行っていたと私は感じます。

    ~この「2」は「1」の前の作品です・・この「小島洋子」という希有な人物が居たからこそ(この経験があったからこそ)「1」で主人公はかなりの洞察力を発揮したとも思えるわけです。

    そんな主人公の推理眼を研ぎ澄ます原因となった「小島洋子」、この人物の事を後々掘り下げてみたいと思います、この子、どんな人だったのでしょう?? 妄想するに充分足りる人物です。

  • 「ファミ探2」についてなんですが

    私は結構「1」について深読みしてた投稿がありましたよね。
    この「2」をなんであまり深読みの題材として持ってこなかったかと言うと、”予想の範疇”の人物ばっかりだったからです。

    犯人の日比野しかり、浦辺校長しかり、金田五郎、橘あゆみ等々・・。
    「1」で言う熊田先生的な、「駒田先生」もバックボーンがそれなりにありますから「あぁ、こういった言動なんだろうな」って思いますし、正直、”謎”の人物がほとんどいません。
    ウラをかいてみたい、って人物が居ないって事で「1」より興味が削がれたのでしょうか? 「2」はみんながみんな想像通り(悲しい過去も含みますが)なバックボーンでしたから1>2だったかもしれませんねぇ・・。

    そんな私ですから「2」の中で妄想できるキャラはほとんどいません。
    正直、あの作品の中で画面に出てくるようなキャラは(田崎用務員とかでもかなり詳細まで想像つきますし)、いないですね。

    唯一、私の中で”謎”が膨らむのが、「小嶋洋子」のみかもしれません。
    私の考えの斜め上を行ってそうなキャラはこの人物しか「2」ではいないかもしれないですし。

    今度、この「小嶋洋子」じっくり妄想してみたいと思います、かなり厄介な人物だとは思いますがw

  • >>No. 511


    最後の20人目
    ・「三好志保」(神宮寺シリーズ)・・これも「未完のルポ」以降常連になってるキャラです。
    神宮寺シリーズで名パートナーとなっている「熊野参三」が居る新宿署の鑑識の女性なんですが、何と言うか趣向が突飛すぎて(鑑識ですから”解剖”とかそういった作品上アリアリの設定での突飛さ、って感じですw)、印象に残ってるんですよねぇ、それでいて美人さんですからそこも頭に残りますよw

    以上、こんな感じで”いいオンナ”(というより私の印象に残るADVゲームの女性って感じですがw)20選を挙げさせて頂きました、いやぁ、これでもかなり絞ったんですよww

  • >>No. 510


    ・「山崎茜」(消えた後継者)・・この子はプレイ中どうも掴みどころのないキャラでしたが、前にも言ってますが、ああいった事情でしたら「あぁ、なるほどね」って思ってしまいますよね。

    ・「ロイヤルのママ」(ブルートレイン)・・これは前項で言っている通りです、あの切れ長の目元がいいオンナって感じです。

    ・「平田由貴子」(ポートピア)・・何て言うかあの当時の”スケバン”を地でいっている風貌に言動wまさに斉藤由貴とか南野陽子みたいなのを彷彿とさせますw いいキャラだったと思います。

    ・「夕日おこい」(ポートピア)・・これは”いいオンナ”ってのがピッタリな感じがしますw 場末のホステスではありますが、言動が常識人ですから印象には残りますよ。

    ・「石野礼子」(消えた後継者)・・これも前項で言っているように”私の中ではw”いいオンナですね。

    ・「小嶋洋子」(うしろに立つ少女)・・風貌自体は最早亡くなっている人物ですからその後の写真とかくらいしか分からないキャラなんですが、物語を追ってくにつれこの子の何と言うか得体の知れない感性というんでしょうかね、これに惹きつけられる部分はありますね、友人の橘あゆみもちょっとヒいてるくらいでしたから。。

    ・「葉山久子」(うしろに立つ少女)・・この葉山先生も私にとっては興味深いキャラではありました、”いいオンナ”って感じではありませんが、私にとっては気になる(虚言癖なども含めてw)、ある意味”いいオンナ”って思ってますw

    ・「御苑洋子」(神宮寺シリーズ)・・この人は挙げないわけにはいかないでょう、神宮寺の為に命の危険にまでさらされる場面が幾度となくあったのに。。この人はマジで幸せになって欲しいですよ。

    ・「天沼かすみ」「天沼まなみ」(神宮寺シリーズ)・・これは神宮寺の第5弾「未完のルポ」(私は体感してないんですが・・)から今まで登場しているキャラですが、私がプレイした「innocent black」で妙に印象に残っているので挙げます。 いわゆる「バーかすみ」の経営者の姉とその妹なのですが、なんか事件に疲れた時に寄りたくなるホッとする場であり、それでいてそれなりに品のある場であり・・本当にこんなバーがあるのなら私も行きたいくらいですw

  • >>No. 509

    さて、昨晩仕事終わりにADVのゲームの”いいオンナ”を自身の体感したのみでのキャラクターをピックアップしてたんですが(ホント暇人ですよねw)、・・・改めて列挙してみると魅力的なキャラが多い多いww

    ですので”ベスト10”ではなく、”ベスト20”にさせて下さい<(_ _)> それも順位付けるのもかなりの苦行なんでw ”20選”という事で了承頂ければ。

    ・ADVゲームいいオンナ20選

    ・「富野美沙子」(殺意の階層)・・これこの作品の最終犯罪者なのですが、かなりキツい(今で言うとイタい)女性として印象はありますね。
    いいオンナって感じではないですが、妙に印象に残るキャラでしたからあえて挙げてみました、何とか更生させたかったっていう心情もあるんで・・。

    ・「中山めぐみ」(オホーツクに消ゆ)・・これはヒロインの野村真紀子よりこのめぐみの方が印象に残った、っていう意味でです。
    そりゃあの奔放な性格ですし、まだ中坊だった私にとってあの風呂場でのシーンはビックリしましたからww

    ・「北条刑事」(ブルートレイン、スーパーエクスプレス)・・この西村京太郎シリーズで警視庁捜査一課の男くさい職場の中で華を添えるキャラでしたから印象には残りますよね。

    ・「野上公子」(スーパーエクスプレス)・・この作品の最初の被害者のシラノの女社長ですが、実況見分の場や、その後の写真などの印象が(ちょっとお高くとまった感じではありますが)、綺麗で印象に残ります。

    ・「イリス・ハート」(横浜港)・・これは最初の殺害事件の日之出の婚約者「エバ」よりも画面に大写しでイリスの画像が出てきた事による印象の高さ、でしょうか。 

    ・「綾城ユリ」(消えた後継者)・・これは散々w語っていますからね。

    ・「キャサリン」(京都龍の寺)・・これは山村美紗シリーズでの主人公のサポート役になっている女性ですが、なにしろ色んなトコに気が利く気が利くwこの人ホントに日本女性じゃないのか?って程の気配りで印象に残りました。

    ・「尾澤菜美子」「尾澤美那子」(京都龍の寺)・・これも上記の龍の寺のキャラですが、奔放なキャラの養女「菜美子」とおしとやかな養女「美那子」の分かり易いくらいの対象さと、ホントは「美那子」の方が闇を抱えてるってのが面白かったですね。

  • >>No. 508

    本年もよろしくお願い致します<(_ _)>

    >かんた”し”むしょの秘書さんですねー
    あのドット絵に秘められた大人の魅力といいますか

    これは同感ですね(^^)
    何と言うかあの”切れ長”の目元がいいオンナって感じですよねw
    私独断ですが、二次元の女性で「この人いいオンナ」って思うのの指標が私の場合はそういった”切れ長”の目元なんですよ。
    「ファミ探」の石野礼子もそうなんですが、「ブルートレイン」のロイヤルのママさんとかああいった感じが”THEいいオンナ”って思ってしまうんですよねぇw

    今度、自身が体感した作品限定になりますが(当たり前ですよねw)、”ADVゲームのいいオンナ”ベスト10とかやってみたいと思いますw

    実際どんな感じなのか今のトコロ見当も付きませんがwちょっと整理して挙げてみたいと思いますので<(_ _)>

  • ・「男と女」・・

    これはこのスレとは全くカンケーの無い話なんですが、すみません<(_ _)>
    子供の頃にゲームをやっていて、それで女の子もゲームやってるってのがあっての話なんですが、「やっぱ男と女って趣向が違うんだな」ってのありませんでしたか?

    そういうのの典型が私の場合、ACGの中でアリアリだったんです。
    別にSLG、ADV、RPGとかでもありましたが、突筆すると、っていう事ですね。

    そのACGで感覚が”違うなぁ~~”ってのがあったのの最初が「魔界村」をプレイしてる時でした、結構男の子の間では人気の作品でしたから、家に来る女の子にも薦めてやらせたもんですが、全く男の子とは違って興味の度合いが違うんですよ、あんまりというか全く興味が無いのがチラ見でも分かるんです。
    ・・・ん~~~・・困ったな・・・”ゲームは大好き”って言ってたから連れてきたのに、全然乗ってこないじゃん・・”
    こんな感じでいましたが、ふと、その女の子が言うワードが入ってくるわけです、「ピョンピョン跳ねるのってさ~~」・・・・・・・

    ・・・ん??ぴょんぴょん跳ねる?? ・・・・「マイティボンジャックじゃね?」ってなりますよね?
    幸い所有してましたから、「これの方が面白いかもしれんよ?」ってな感じで彼女にやらせたら楽しく遊んでくれましたww
    ・・・・・・・・こういう何て言うか男と女の関係ってそこらのスケベな話じゃなく、ヘンなトコにも色々あるんだなって思いましたよ、当時ww

  • ちょっと視点を変えて、主人公(プレイヤー)に対しての恋心も含めた”気になる度合い”で女性キャストを見ていきましょうか。
    当然私の私見ですからあしからず(評点は5段階評価です)。

    ・橘あゆみ かなり気になってると思います、前述したように「2」では言わずもがな、「1」でもそんな感じの言動が多々ありますし=”はアリアリでしたので=評点5

    ・春日あずさ ここは作品の言動を見てとれば自ずと分かります、要は主人公に対してカネの工面の対象になりえるか? そこだけです=評点1

    ・綾城香 ここは結構難題ですが、言動だけでの判断ですと、上記のあずさと同様、香も息子アキラにそのほとんどの神経がいっていたと思われます=評点1

    ・綾城ユリ これは作品の中では最早亡くなっている人物ですが、その後の物語からすると=評点5+αでしょうか。

    ・山崎茜 正直この茜、主人公自体に好意を持っていたか嫌悪を持っていたか、で言うと”嫌悪”でしょう。
    自分自身の”犯罪”を暴こうと必死な主人公に好意は持つはずがありませんし(その後は分かりませんが)=評点0.5

    ・藤宮雪子 ここも「和人」命な雪子ですから言動からも”いい人”くらいなもんでしょう=評点3

    ・石野礼子 直属の上司(それもかなり慕っている)”黒幕”神田弁護士の部下なわけですから、そこをイヤみったらしく突いてくるガキ(主人公)にはかなりの嫌悪はあったと思います=評点0(事件後は分かりませんがw)

    ・山本元子 これは言わずもがな、自身が存命の時に”愛”を捧げて血縁も無い主人公を中学生まで育てた時点で=評点5

    ・山本さわ子 元子の娘なわけですから主人公とは多少絡みはあるんでしょうが、元子の逸話より、というか実際に主人公と会った時点での会話に愛はありますが、事前の元子との接点に比べると温度差はあります=評点4

    主人公との関係はこんな感じでしょうかね?
    当然私見ですよw

  • >>No. 501

    >主人公がやけどの跡を自分の目で見つけたシーンで流れたBGMも加えて6BGMとしてたところですがね。

    これ、通常フィールドBGMのスローVerでしたよね?
    いいトコみてますねぇ~w 言われて「ああっ確かに!」って感じですよ。

    >でも、このBGM、『ファミ探2 ~うしろに立つ少女~』では、美術の駒田先生の反応に呆れた主人公が、「捜査止める」コマンドを実行した直後にも流れ

    !!そうでした、正直その指摘が無かったら(あの当時は感じてたんでしょうが)、現在の私では全く気が付きませんでしたよ。
    おぉ~~ちょっと感動w

  • >>No. 499

    お久しぶりです、返信ありがとうございます(^^)
    本年もよろしくお願い致します。

    「5選」としましたが、当然他にも好きなBGMはありますよね、私もこの事を思いついて「結構ありそうだなぁ・・なんせ好きな作品だし・・」なんて感じだったのですが、意外や意外すんなりとこの5BGMに落ち着きましたw

    その後ちょっと考えてもみたんですが、全く私はこの5BGMで変わりませんねw

    >(※なお、丸付き数字は機種依存文字なので、カッコ入り数字に差し替えさせていただきました)

    あっ、そうなんですね、これは失礼いたしました。 私基本PCでしか打ってなくてスマホではあんまり見たり開いたりしてなかったんで分からなかったです(T_T)w
    これからは()とかで対応します、有難うございます<(_ _)>

  • さて新年一発目の「消えた後継者」ネタですが
    私自身の独断で
    ・「消えた後継者」BGM5選

    これを挙げてみたいと思います。
    それでは
    ①「タイトルコール」・・これは青画面での通常タイトルコールのBGMというより、冒頭で天地が主人公を助けて、あゆみと海上の崖で再会し、その後主人公が自分の名前を思い出した”後”の「赤画面」タイトルコールの場面ですね、これはグっとくるBGMです。
    ②「通常のフィールドテーマ」・・要は明神駅や大里市などのなんの変哲もない場面でのBGMです、これが何回聴いても味があって大好きなんですよ。
    ③「完治、二郎、あずさが殺害された後に”明神駅”に赴いた時のBGM」・・この時点でキクによる死人蘇り伝説の信ぴょう性が色濃くなり、村人が発狂寸前にまでなってる中でのこのBGMは印象に残りますね・・。
    ④「山本もと子のアパートで主人公の素性が明かされる時のBGM」・・これは言わずもがな、しんみりしてしまいますよ・・。
    ⑤「エンディング」・・これはこのスレでも何回も言ってるように私の初恋の人ユリを初めてプレイヤー(私)が目にする時ですし、徐々に暮れていく画面と相まって珠玉の名シーンだと勝手に思ってますね。

  • 新年明けましておめでとうございます<(_ _)>
    今年も「ファミ探」中心で発信していきます、ただ最近多くなってきたちょっと的ハズレな投稿もちょいちょいしていきますwのでそこは容赦頂ければと。
    本年もよろしくお願い致します。

  • >>No. 544

    明けましておめでとうございます(^^)
    今年もよろしくお願い致します(^^)

  • >>No. 495

    では皆さん、よい御年を。
    おいっ、勝手に撮るんじゃねぇ!

  • 最近地球惑星さん投稿頂けないですね(T_T)
    なんか寂しいです。
    年の瀬ですし、今年中になんか投稿頂けたら嬉しいです(^^)
    マジでなんでもいいです、年の瀬ですからw

  • >>No. 491

    >これは10年ぐらい前に「ツインファミコン 完動品」というものを
    ヤフオクで仕入れたブツでして
    >そもそも、そんな高級品を当時持っていませんでしたから

    wwなるほど、そうですよね、当時ツインファミコンって確か¥32000くらいの値段でしたもんね、これは当時としてはかなりの高額ですよねぇ(昨今のハードでもそういった価格帯ありますし)。
    考えてみれば、当時のFC¥14800+ディスク¥15000よりちょっと高価格帯でしたからそれこそ金持ちの子じゃないと持てない品だったのかもしれませんね。

    >ツインファミコンはシャープが当時持っていた「ファミコン」という商標を
    任天堂に譲る見返りに発売が許されたものらしいですね

    これ私は子供時代には全く分からなくって、大人になったある段階で(なんのきっかけだったかも分からないのですが)知ったので興味深かった記憶がありますね。
    シャープが電子レンジみたいなのをファミコン発売前に登録商標していたのは、”調理器具”みたいなジャンルでファミリーコンベクション=「ファミコン」・・あぁなるほどねって思える経緯ですが、そこで任天堂の「ファミリーコンピュータ」が発売されてから数か月経った時点で、”娯楽用品対象”で再び「ファミコン」をシャープが申請・・
    ここが面白いですよね、電子レンジとしての「ファミコン」じゃないのか? 娯楽品にも商標つけるのか? 任天堂に難癖つけてシャープどーした??  なんて感じもしますが、実際に当時再登録したのは「ファミコン
    (FAMICON)」なわけで・・・
    任天堂としての英字略とするとファミリーコンピュータですから「FAMICOM」。
    シャープのレンジを対象とするとファミリーコンベクションですから「FAMICON」・・

    ここらへんのビミョーな駆け引きも多少はあったんでしょうがw結構興味をそそられる逸話ではありますよね。

  • >>No. 489

    >いい時代だったと思います。誰の顔にも笑顔があった
    笑顔のない私にはピーチ姫を救う資格すらないのでしょうか

    くぅ~身につまされます、私も現在はそんな感じですよ(T_T)
    でも私の中で「いい時代だった」って感じるのは放課後のみです、学校やら公な場所では正直記憶から消えている部分が沢山あります。
    唯一記憶が鮮明なのが”放課後”=ゲームやったり友人と街に出掛けたり、家族との思い出だったり・・
    学校での思い出はほとんど無くなっています(全く、ってわけでは無いですが)。
    それ程つまらなかったのでしょう、特に”先生”という存在は幼小中高大と全て消したいくらいの存在でしたね、何と言うかな・・一言で表すと”センスがない”って事でしょうか。

    と、ちょっと話が脱線しましたが、私も大人になってから「スーパーマリオ」や「バンゲリングベイ」等再度プレイした事はあります、確かに貴殿と同様の心境でしたよw
    あれだけ燃えたのに何なんでしょうね? ただ、その感覚と違って唯一再プレイでも面白く出来たのがADVというジャンルでした、このジャンルだけは内容もそうですが、当時の世相なんかも表わしてる描写なんかもあったりして興味深いですよ。

    しかし貴殿はツインファミコンがまだ起動するんですねwちょっと羨ましいですよ。
    私はディスクシステムでの購入でしたから(巷のユーザーでも有名な程耐久性の悪い機体w)、ものの数年でブッ壊れましたw
    ちなみにそのツインファミコンでディスクソフトもいまだに読み取る事が出来るんですか? そうだったとしたらかなり貴重な品かもしれませんね(^^)

本文はここまでです このページの先頭へ