ここから本文です

投稿コメント一覧 (71コメント)

  • 仮に明日の決算があまり芳しくなくても、夏休みを控えているし、漫画や映画は庶民にとっては贅沢品とは思えないので仮に下がってもホールドします。
    それに設立10周年というプラス要因もあり、期待しています。
    ロイターの5つ星を信じます。

  • 昨年迄、ホルダーして泣く泣くロストカットした。

    やっぱりシトロンの指摘は適切だったと思う。

    200万もする介護ロボットなんて、民間の老人ホームには買える分けがない。

    厚労省の医療介護の締め付けを考えれば、これから病院に老人ホームは淘汰されるって言うのに。

  • 最強の二人

    4〜5年前の映画です。
    脊髄損傷の資産家の映画です。
    HALがあればもっといい恋愛映画できたかもしれません。

    マザース市場というのは、産みの苦しみがあるのかもしれませんが、希望をあたえてくれる市場と思います。

    国民皆保険制度という世界一の日本の保険制度であるからこそできたCD。
    株は上下乱高下するものですが、日本人の技(旋盤工の匠にように)を見たもてもらおうじゃないですか。

    私はデイトレしませんが、長期保有者としてCDが苦痛にあえぐ患者さんへの「最強のメイドインジャパン」であると信じて投資しています。

    そのうち、シマノやしまむらなんて抜くほどの、そして配当もでるテンバーガーと思っています。

  • AIGとの提携~世界展開も視野に

    サイバーダイン側の期待も膨らむ。100カ国以上の国と地域で展開するAIGと手を組めば、HALを世界市場を相手に手掛けやすくなる。サイバーダインの山海社長は「保険事業は各国で調整が必要になる。AIGはそうした調整をすべてやり抜ける会社」と語る。

    FDA認可も一挙に早くなるかもしれませんね。

  • イマジン
    これから5年後、「あの時CD買っといて、良かったね。お陰様で住宅ローン完済できたね。子供達も立派に大学出れて良かったね」
    これから10年後、「CD買っといて、あんとき半分売ってローン返したけど、年金や老後の心配しなくて済んで良かったね」
    これから20年後、「CDの株があるから老人ホームに入っても、可愛いCDのロボットがあるからリハビリできてよかったね」

  • 例えは違うかもしれませんが、もしFDAに認可され軌道に乗り、黒字がでたら、シマノの株価のようになると信じています。
    シマノもかっては見向きもされませんでしたが、釣り具・自転車など、他に競合追従できない独断場ですよね。
    今はマザースで生まれたばかり、やっと2年経過し、子供で言えばよちよち歩きながらも前進しているじゃないですか。
    長い目でじっくり育てていくの株主の役目ではないでしょうか。
    あと何年かわかりませんけど、シトロンのことも忘れられ、「300円とかあんなこともあったんだよね。いまは30万になっちゃって買えないよね。信じてホールドしていて良かったね」という時代が来ることを信じてやみません。

  • 熊本地震で考えた。絶対という言葉、安全という言葉はありえない。
    博多駅の道路陥没を見ると日本のインフラはまだまだ未成熟と思った。
    APPLEだって最初はガレージから始まった。
    30年前にAPPLE IIを買った時に、携帯電話どころか今のIPHONEやスマホ市場なんて想像も出来なかった。
    思い返せば、パナソニック(松下電器)も最初は二股ソケット、ソニーはラジオから、ユニクロは古着から、しまむらは格安下着から始まった。
    外科医療が内視鏡手術に取って代わったのも想像できなかった。

    企業を支えそして育てるのは我々株主と思う。

  • 「オバマケア」が無くなることで、低迷していたヘルスケア部門は上昇トレンドになり、HALの認可も早くなるかもしれないと思う。
    HALはすでに製品化・実用化されているし、日本で公的保険認可を受け、ロボット大賞を取ったお墨付きを認めてほしいね。
    SQでいきなり黒字は無理と思うけど、アメリカ退役軍人の中には脊髄損傷患者も多いと思うし、ヘルスケア&ロボット市場は大きいものと思う。

  • 冷静になり、売り急がなければ、上がるまで待てば良いだけ。
    定期預金と思ってじっと待つ。
    果報は寝て待つ。

  • skew chartが11月に入り141まで上がったけど、今日は133まで下がった。
    良かった。

  • >346

    同感です。
    世界中が暗いニュースで覆われるなか、久々の明るい兆しが見えて嬉しいです。

  • 忍耐強く上がるまで待つ。
    定期預金しても金利はゼロに等しいから。
    少なくとも日本とドイツの公的認可を受け、工場も完成し、製品もこれから出荷されるのは間違いないのだから。

  • トム・クルーズの「7月4日に生まれて」を見たら脊髄損傷患者の心の葛藤が分かるはずです。

  • >トモノ様

    まず、脊髄関連疾患では歩行不能の方々が殆どです。筋萎縮性側索症や神経筋関連難病の方々も殆ど自立歩行ができません。そのため多くの患者が褥瘡、尿路感染症、肺炎などで亡くなるケースが多いのです。
    重力に打ち勝って立位を取ること、それに寝返り・入浴などを含めば、多くのマンパワーを必要とし大変なリハビリの訓練なのです。
    平地歩行50Mは所謂脳卒中関連の歩行の目安ですが、HALを使えば平地歩行および階段昇降はパーフェクトに近いと思います。

  • >884様、885様

    どうも有り難うございます。私は医療関係者、ことにリハビリに関わってきましたが、8年前にHALのプロトタイプを見て、すごいな、、そう思いホルダしています。
    医薬品でも新薬開発に数十年、数百億円かかると言われています。
    脊髄損傷の患者さんを診療していて、気がおかしくなるほどの患者さんの苦悩に私は全く無力でした。

    一つの例えですが昔、私が医者になった35年前はコレステロールを下がる薬がありませんでした。
    学位はコレステロール関連で取得しました。
    実験でウサギを何百匹もサクリファイしましたので、今でもウサギを見ると顔をそむけたくなるます。
    恩師は福島県立医大出身でした。
    三共からメバロチンが出た時は目から鱗が出る思いでした。
    今では当たり前のように薬があるのをみて、医学の進歩についていくのだけで必死です。

    デイトレには向かない株かもしれませんが、日本とドイツが公的保険制度認可しただけでもすごいと思っています。

  • 教えてください

    信用売残が0ということは、どういうことなんでしょうか?
    信用買残は7,644,700なんですけど。

  • 実際にHALは稼働販売しているし、日本とドイツでは公的保険適応している。あとはFDA認可待ち。持久戦だけど、認可が降りたらテンバーガー間違いなしと想像するだけで1日を楽しんでいる。ゲームソフトと違って、人助けの会社だから夢がある。

  • メルクの対抗馬にこんな警告が出ました。

    □■ PMDAメディナビ ■□
    ━━━━━━━━━━━━━
    医薬品の安全対策に関する通知 発出のお知らせ (2016/10/24 配信)
    ━━━━━━━━━━━━━


    (平成28年10月24日 薬生安発1024第1、2、3号)
    ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤使用時の劇症1型糖尿病に関する周知について
    http://www.pmda.go.jp/files/000214658.pdf


    ■ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤(販売名:キイトルーダ点滴静注20mg、同点滴静注100mg)は、根治切除不能な悪性黒色腫を効能又は効果として承認されたところです。

    ■本剤は、ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤と同様の作用機序を有する医薬品であり、重大な副作用として1型糖尿病が添付文書に記載されているため、厚生労働省から本剤についても劇症1型糖尿病の発症について注意喚起されています。

    ■劇症1型糖尿病は、1週間前後以内にケトアシドーシスに陥るなど、急激に重篤化し、処置が遅れると致死的な転帰をたどるおそれがあります。本剤使用中に血糖値の上昇、もしくは糖尿病症状の出現を見た際には、劇症1型糖尿病の可能性を考慮し、早期発見や適切な治療を速やかに行うようお願いいたします。

    ■医療関係者の皆様におかれましては、患者又はご家族に対し、劇症1型糖尿病の可能性や注意すべき症状についてあらかじめ十分にご説明いただけますようお願いいたします。

  • ホルダーですが、シトロンの誹謗中傷にめげず、世界のお墨付きFDA認可まで忍耐と辛抱します。

  • 私は35年前に病理学で学位を取得しました。しかし癌の元になる幹細胞をやっつける発想は今まで皆無でした。薬はすべからく副作用がありますが、この点をクリアーできれば画期的と思います。一番はiPS細胞移植の際に応用できると思います。もしこの薬品が日の目を浴びたなら、癌検診もしくは今後主流になると思われる遺伝子検診でde novoから防止する方法が開発できると思います。世の中ではアンチ。エージングとかボケ防止とかありますが、遺伝子検診も含めると応用力が広く、日本の叡智の結集ではないでしょうか。10月のノーベル賞に期待するばかりです。

本文はここまでです このページの先頭へ