ここから本文です

投稿コメント一覧 (29コメント)

  • ここで手放したらだめだよ、だめだめ!

  • ソフトバンクと業務提携、AI関連
    時価総額47億円
    仮に70億円としても株価は1,775円(8月上旬の第一四半期発表で越えると予想、その前にIR出ればブッ飛ぶが)
    では、なぜ下がるか?

    機関が安く欲しいから?

    今後も期待大! 握り締めるしかない!

  • こんなんだけど、怖くもなんともないよ。

  • 短期以外の方は、大口様のやり方に身を委ねるだけでオッケイ。

  • おめでとうございます!
    さらに、5月6月の売上が順調であれば、上方修正も?
    以下は私見です。

     上場企業の適時開示規約により、修正を行わなくてはいけない基準値の一つに「売上高で10%以上の増減があった場合」というのがあります。
     マークラインズの「平成30年12月期の連結業績予想(平成30年1月1日~平成30年12月31日」によると、「第2四半期(累計)の売上高は940(百万円)」とあります。
     ここで、5月7日に発表された「2018年12月期第1四半期の連結業績(2018年1月1日~2018年3月31日)」をみると、売上高は520(百万円)です。
     上方修正のためには、第2四半期(累計)の売上高が1,034(百万円)以上必要なので(※940(百万円)の110%は1,034(百万円))、4~6月の売上高が514(百万円)以上必要です。
     しかし、過去2年間の4~6月の売上高は、1~3月を下回っています。
    ※平成28年12月期第1四半期:342(百万円)、4~6月:336百万円(第2四半期累計が678(百万円)なので、678-342=336)、第1四半期に対して「98.2%」
    ※平成29年12月期第1四半期:404(百万円)、4~6月:398百万円(第2四半期累計が802(百万円)なので、802-404=398)、第1四半期に対して「98.5%」
     仮に、4~6月の売上高を、1~3月の売上高:520(百万円)の「98%」とすると、509(百万円)となり、520+509=1029、1034まで5(百万円)足りません。
     そこで、前期から開始したベンチマーキング関連事業が、平成29年12月期は1年間で12(百万円)でしたが、今年の1~3月では既に27(百万円)です。「平成29年12月期決算短信(連結)」の「P4(4)今後の見通し」の中で、個別にベンチマーキング関連事業についての記載がなく、1~3月の売上は会社としても想定外だったのでは?
     情報プラットホームの契約企業の間でベンチマーキング関連事業がさらに認知され、4月以降もある程度の売上があるものと推測して、4~6月の売上高を、1~3月の売上高:520(百万円)の「99%」とすると、514(百万円)となり、520+514=1,034(百万円)で、ジャスト10%の増! よって、6月の売上確定後に上方修正が出ると予想!

  • そうだ、握っているだけでいいんだ。
    心配なら板も掲示板も見るな。

  • 機関に勝つにはガチホしかないですよ。

  • >>No. 16

    5月末2,119円!

    5月の契約数発表が楽しみです。

  • 今日400枚追加して、合計700枚(平均取得単価1,666円)
    6月末までに2,000円になれば、利益230,000円!
    これくらいはいけるだろう!

    6月末は2,000円以上

    そう思う
    そう思わない

  • 銘柄に確信が持てないと、振るい落とされて微益か損切りで終わってしまう。

  • こんな株価で終わらないと確信しているからガチホ。
    銘柄に確信が持てないと、振るい落とされて損切りばっかで終わってしまう。

  • 離陸までに乗り遅れないようにと、平均取得価格1,272円・現物で200株買ってしまいました(涙)

    5月末の株価は1,500円以上

    そう思う
    そう思わない

  • 月次出ましたね。(7日に出るなんて言って、すいませんでした)

  • 昨年の4月分は第1四半期決算短信と同日(H29.5.8)に出てますので、今日出ると思います。

  • 第一四半期決算発表まで、あと1営業日です。(決算発表は5月7日の引け後)
    楽しみですが、過度の期待はしないようにしています。
    下記のように、業績は株価に反映されていると思います。必要なのは人気?
    上がったり下がったりしながら、じっくりと右肩上がりで上昇してほしい。

    ●平成29年5月8日(平成29年12月期 第1四半期決算短信)
     ・売上高:前年比(以下同様)、+18%
     ・営業利益:+21.2%
     ・経常利益:+37.2%
     ・前日終値:794円(H29.5.2)
     ・始値:808.7円
     ・終値:815円
     ・翌日始値:827.5円
     ・翌日終値:825円
     ・5月末:972.5円

    ●平成29年8月1日(平成29年12月期 第2四半期決算短信)
     ・売上高:+18.3%
     ・営業利益:+15.8%
     ・経常利益:+36.2%
     ・前日終値:948円(H29.7.31)
     ・始値:956円
     ・終値:915円
     ・翌日始値:885円
     ・翌日終値:933円
     ・8月末:866円

    ●平成29年11月2日(平成29年12月期 第3四半期決算短信)
     ・売上高:前年前期比、+15.8%
     ・営業利益:+11.5%
     ・経常利益:+25.1%
     ・前日終値:1,090円(H29.11.1)
     ・始値:1,094円
     ・終値:1,071円
     ・翌日始値:986円
     ・翌日終値:1,020円
     ・11月末:1,199円

    ●平成30年2月13日(平成29年12月期 決算短信)
     ・売上高:+17.3%
     ・営業利益:+17.1%
     ・経常利益:+24.6%
     ・前日終値:1,521円(H30.2.9)
     ・始値:1,540円
     ・終値:1,492円
     ・翌日始値:1,562円
     ・翌日終値:1,615円
     ・2月末:2,064円

  • こんな株価で終わらないと確信しているからガチホ。
    銘柄に確信が持てないと、振るい落とされて損切りばっかで終わってしまう。

  • マークラインズの悪材料で売られたのではないと思っています。
    シリア情勢などが落ち着いて地合いが良くなれば、あっさり戻すのではないでしょうか。
    業績は良いので、一時の上げ下げに狼狽せずにガッチリ握っているだけです。

  • テンバガー銘柄のポイントの一つとして、過去4期の売上高成長率が2倍(年間約20%成長)、というのがあったので、マークラインズについて調べてみました。

    ●連結業績(1/1~12/31)、売上高(百万円)、%(対前期増減率)
     ・H25.12月期、852、-
     ・H26.12月期、1053、23.5%
     ・H27.12月期、1232、16.9%
     ・H28.12月期、1432、16.2%
     ・H29.12月期、1680、17.3%
     →過去4年で売上高は1.97倍でした。※個人が調べた数値になりますので誤りがあるかもしれません。以下同様

     平成30年2月13日に発表された、平成30年12月期の連結業績予想(平成30年1月1日~平成30年12月31日)の通期売上高は2000(百万円)でしたので(対前期増減率19.0%)、その予想に基づくと、H26~30の売上高成長率は1.89倍となります。売上高だけみると、テンバガー候補に挙げている方がいることに納得です。

     また、営業利益率(営業利益÷売上高×100(%))の高い銘柄は、利益を獲得する能力が高いので、今後も持続的な成長が期待できるとのことで、マークラインズの営業利益率を調べてみました。

    ●期(1/1~12/31)、営業収益率、売上高(百万円)、営業利益(百万円)
     ・H25.12月期、25.47%、852、217
     ・H26.12月期、31.62%、1053、333
     ・H27.12月期、33.77%、1232、416
     ・H28.12月期、36.17%、1432、518
     ・H29.12月期、36.13%、1680、607
     →直近は30%を超えており、かせぎマークっていると言っても過言ではないでしょう。
      H30.12月期の営業利益は、746(百万円)と予想が出ているので、H30営業利益率は「37.3%」になります。

    ※H30.1.14のカブタン「輝ける高収益の中小型株、営業利益率“25%超”リスト[非製造業編] <成長株特集>」にもマークラインズはピックアップされていました。 

     肝心な株価ですが、上場時から何倍になっているのか、非常に気になるところです。分割もあったようです。
     ヤフーファイナンスによると、平成26年12月16日に始値3,510円・終値2,810円、スタートは3,510円として、以後上がったり下がったりを繰り返し、平成29年5月12日に「6月8日を基準日として、1株につき4株の割合をもって分割」を発表し、5/12の終値3,165円が6/5の終値3,980円まで上昇し、調整後の終値は995円に。
     今1,801円なので、1801-995=806円の値上がり。4株がそれぞれ806円値上がっているので、値上がり合計は806×4=3,224円。分割前の3,980円+3,224円=7,204円(分割前換算株価)でいいのでしょうか。
     スタートの3,510円が7,204円まで上昇し、約2.0524倍、まだ2倍?
     ※始値3,510円を4で割ればいいだけ? 3510÷4=877.5円(H26.12.16)→1801円:1801/877.5=2.0524
     または、ヤフーファイナンス、平成26年12月16日・調整後終値702.5円とあって、これはたぶん分割後換算だと思われ、これがスタートだとしても1,801円は2.563倍、いずれにしてもまだ3倍にもなっていないのですね。

     地合いは良くないですが、自動車産業の未来(今後は車の知能化・IoT化でしょうか)を考えるとき、できる会社はマークラインズを必要とし、マークラインズも株価も、もっともっと大きく成長すると信じています。

本文はここまでです このページの先頭へ