ここから本文です

投稿コメント一覧 (667コメント)

  • 【一年を切ったラグビーW杯
     おもてなし日本が始まる!
     スポーツ振興くじをおもてなしくじにするには
     老若男女が購入でき、スポーツの面白さを
     エスコートできる抽選結果方式の
     オールスポーツくじを導入することだ!?】
    -
    【ラグビーW杯「カモーン!ジャパーン!!」
     スポーツ振興くじ
    「カモーン!オールスポーツくじ」!!】

    2015年イギリスで開催されたラグビーW杯の
    日本代表と南アフリカ共和国代表戦
    多くの国民が劇的な勝利に酔いました

    さらにビックリしたことは、外国人の女性が
    日本代表のユニホームを着て熱狂的に応援
    していたことです
    日本代表の奥さんがスタンドで応援している
    と思っていましたら、現地の英国人が応援し
    ていたことをニュースで聞くと、日本人は
    嬉しくなりますね

    一方、盛り上がるラグビーW杯を応援するには
    サッカーくじでは無理なので
    ラグビー名がある「オールスポーツくじ」を
    創設して2019年、2020年と盛り上がって
    いければいいのではないかと思います
    -
    【2020年東京五輪を成功するには
     1年前のラグビーW杯日本開催を成功する
     ことでないか?
     サッカーしか盛り上がらないtotoより
     全スポーツが盛り上がる抽選結果方式の
     オールスポーツくじ創設すべきでないか?】
    -
    【2019年ラグビーW杯日本開催の盛上り度は
     日本代表が決勝トーナメント進出した場合
     スクランブル交差点で(DJポリスの言う
     こと聞いて)ハイタッチする姿が見られる
     かだ!?】

    2019年日本で開催するW杯で
    決勝トーナメントに進出できるかどうか
    だと思います

    ラグビーが盛り上がることができれば
    2020年の東京五輪・パラリンピックに繋がる
    と思います

    スポーツ振興くじを抽選式抽選結果方式の
    オールスポーツくじにすれば、さらに盛り
    上がると思います
    ---
    地方創生的には、日本海側に1つはあっても
    良かったのではないかと思います
    日本海側は、2002年のサッカーW杯開催地も
    あり食事も美味しい所があるので、経済的には
    日本海側に開催地あれば盛り上がったのではないか
    と思います
    --
    国内で、これだけ多くの自治体が参加する
    国際競技大会は2002年サッカーW杯開催以来です
    2020年東京五輪開催へのいい意味で
    スポーツ界が盛り上がる機会でないかと思い
    ます

  • 【総裁選、カツカレー食い逃げの話題より
     地方の不満票が多いことのほうが問題でないか?】

    東京一極集中是正の遅れが今後問題になりそうです
    -
    【与野党の総裁選や党首選は、そろそろ
     任期期間だけの政策でなく、日本の10年先
     30年先、50年先を見据えた政策を唱える
     リーダーが出てきて欲しい⁉】
    -
    【「人口減少」「地方と都市部の格差」
     「歪な選挙制度」「東京一極集中の危険性」
     などの将来的な日本の課題を解決する手段
     は、衆院憲法審査会で地方自治の権限拡充
     を提言された「道州制早期移行」でないか!】
    -
    地方の新聞記事には必ず人口減少問題が
    上がり、経済だけでなく財政面にも影響する
    ようになりました

    地方自治体は国が抜本的な施策をしてくれ
    ることを望んでいますが、一向に事が進んで
    いないことに不満を持っているのではないか
    と思います
    -
    【五輪後、株大暴落あるとしたら
     地方の人口減少によって
     地方の銀行・信用金庫の業績悪化により
     ローカル企業が経営破綻でドミノ式に
     崩れていくのでは?
     多くの国民が地方分権の遅れを心配!?】
    -
    【高度成長時代なら中央集権でよかったが
     日本が低成長・人口減少では、地方分権
     しなければ、日本全体が活力のない国に
     なるのではないか?
     政治家が10年、50年、100年先を見据えて
     道州制&省庁再編すべきでないか?】

    将来的に地方からドミノ方式で不況になり
    深刻な経済悪化のニュースが賑わうことになる
    のではないかと危惧しています
    早目に日本をバランスの良い国家にし
    国民が夢と活力を持って経済を成長すること
    が必要でないかと思います
    -
    【40道府県人口減少!
    50年後の日本の生産性人口4割減!!
    日本経済は成長どころか縮小になる!?
    「安心・安定」の日本社会を作るには
    バランスの良い国家にすることでないか?
    それには道州制&省庁再編を急ぐべきだ!
    省庁再編すれば、くじ一元化も可能になる!?】
    -
    【中央省庁職員がまた不祥事を起こした!?
     時代に逆行していることは、中央省庁が
     経年劣化している証拠でないか!?
     中央省庁再々編することが必至!?】
    -
    【省庁再編の一丁目一番地は
     文科労働省(仮称)にすることでないか?
     くじ改革の一丁目一番地は
     宝くじとスポーツ振興くじが一緒になる
     ことでないか?】

  • 【観光の訪日外国人減少やカジノ・万博誘致にも
     影響を受けそうな関空水没と北海道全停電!?
     バックアップが早い日本にしなければならない
     のでは?
     災害に影響を受ける試合結果方式のスポーツ振興
     くじも全国の老若男女が購入出来る抽選結果方式
     のくじにすればスポーツ振興くじもバックアップ
     も早い!】

    東京一極集中は、万が一、想定外の事態が起きると
    大変なことになることは改めて思いました。
    首都圏の場合は、人口が多いだけ、人災が起きる
    のではないかと思います。
    ---
    国や都は、積極的に防災対策だけでなく
    世界に売り込められる防災ビジネスを
    増大すべきだと思います。
    ピンチをチャンスに変えるべきだと
    思います。

    日本は世界に誇れる防災ビジネスを開発
    できる国だと思います。
    首都で震度6強以下ならビクともしない
    街作りと緊急車両や災害車両がスムーズに
    通れる交通対策ができる都市になって欲しい
    と思います。
    --
    【オールスポーツくじ】
    くじ方式  抽選式抽選結果方式
    くじ内容 スポーツ名、種目名等の抽選結果
         で当せんを決める
    商  品   スポケン、スポスクラッチ
           スポロト(週5回) 
    販売回数   スポケン 年52開催
           スポロト 年260開催
    キャリー   最高15億円(スポケン)
    天候地震影響 影響なし(配当左右されない)
    五輪期間  売上大幅に上がる
    誤審影響  抽選式なので関係しない
    八百長問題 抽選式なので関係しない
    ランダム  詳細な法整備を設ける
    (オール)      
    連続購入  10連続購入可能(一部除く)
    くじ結果  平日夜20時までに確定
         (結果は販売締め切り当日に決まる)
    当せん金額 スポケン 1口300円
         (1等7.5億円、キャリー15億円)
          スポロト 1口200円
         (1等5億円、キャリー10億円)
          ※( )の額は最高額
         スポジャンボ1口300円
          (1等7.5億円)
    売上額予測  年間2000億円以上
    国立競技場改築費助成金(10%)
    年間200億円以上 
    コスト予測  サッカーくじの1/2程度
    経済波及効果 全スポーツ、全地域に波及
    くじ会員制度スポーツフレンドカード(仮称)
        3種類(ブルー、グリーン、オレンジ)

  • 【日本の良さは
     美しい自然がある日本!
     皇室がある日本!
     老若男女・健常者だけでなく
     障がい者も頑張れる日本!】

    この良さをさらに深めるには
    道州制&省庁再々編していくべきでないかと
    思います。
    --
    【「人口減少」「地方と都市部の格差」
     「歪な選挙制度」「東京一極集中の危険性」
     などの将来的な日本の課題を解決する手段
     は、衆院憲法審査会で地方自治の権限拡充
     を提言された「道州制早期移行」でないか!】
    --
    地方では、新聞記事には必ず人口減少問題が
    上がり、経済だけでなく財政面にも影響する
    ようになりました。

    地方自治体は、国が抜本的な施策をしてくれ
    ることを望んでいますが、一向に事が進んで
    いないことに不満を持っているのではないか
    と思います。
    --
    【日本の借金1,000兆円を減らすには?
     道州制にして国や地方の行政を
    「国鉄からJR化」するしか方法が
     ないのでは?】

    例えが良くないかもしれないが、国の財政は
    「昔の国鉄状態」になっているのではないか
    と思います。
    ますます赤字体質が続き、国の借金が増える
    のではないかと思います。

    この状態を改善するには「自治体をJR化」
    することによって赤字を出さない自治体や
    コストの掛からない行政にすることが必要
    だと思います。

    さらに、中央省庁改革と再編が必要だと思います
    省庁再編できれば、くじ・公営競技一元化も
    可能になると思います。
    --
    【道州制での税収
     道州分は(現在国税としての直接税)
     所得税・法人税・贈与税・相続税等

     国税分は(現在国税としての)間接税
    (消費税一部は道州分)及び
     各道州からの「分担金(税)」】

    各道州からの「分担金(税)」の内訳案は
    安全保障税(仮称)・国土保全税(仮称)
    法務税(仮称)・農林水産税(仮称)
    外交税(仮称)・社会保障税(仮称)
    国民生活税(仮称)等
    ※分担金は各道州が歳入庁(国庫)へ納付する。
    --
    (地方分権)
    13の道州と東京・沖縄の特別州
    道州庁・道州議会設置、道州議員を選出

    道州で税収を徴収できる権限を持ち
    国には「分担金」として国庫(歳入庁)に
    納める方式を検討する。
    --
    【中央省庁再編移転案と推定経済効果】
    東京(霞が関) 内閣府、宮内庁他
    (内閣府合同庁舎に各省庁の国会答弁及び
     政府案作成チーム用フロアを設置する)

  • 【電信柱にしがみつかないで
     グランドスラム優勝にしがみついだ
     大坂なおみ選手おめでとう!!!
     テニスが注目される抽選結果式の
     スポーツ振興くじ創設を!】
    --
    スポーツ振興くじもオールスポーツ振興くじ
    にしていくことがベストでないかと思います。
    -
    オールスポーツ振興投票の実施等に関する
    法律案
    第1章 総則
    (目的)
    第一条 この法律は、オールスポーツの振興
    のために必要な資金を得るため
    オールスポーツ振興投票の実施等に関する
    事項を定め、もってオールスポーツの振興に
    寄与することを目的とする。
    (定義)
    第二条 この法律において
    「オールスポーツ振興投票」とは
    各種スポーツ競技のスポーツ名及び
    スポーツ種目名の抽選結果について
    あらかじめ発売されたオールスポーツ振興
    投票券によって投票させ、当該投票と
    これらの抽選の結果との合致の割合が
    省令で定める割合(以下 「合致の割合」という)
    に該当したオールスポーツ振興投票券を所有
    する者に対して、合致の割合ごとに一定の
    金額を払戻金として交付することをいう。
    途中及び以下省略
    第2章 オールスポーツ振興投票の対象と
    なる選択対象名称
    (選択名称名)
    第四条 オールスポーツ振興となる選択名称
    名は、各種スポーツ名及びスポーツ種目に
    おいては、各スポーツ団体の上部組織は、
    省庁が認めた法人の組織でなければならない
    上記の各種スポーツ名選択のスポーツ名は
    省庁に認められた法人の組織及び業務委託
    機関との委員会で決め、管轄大臣に報告
    しなければならない。
    スポーツ名及びスポーツ種目の名称は
    4年間変更しない。
    第3章 オールスポーツ振興投票の実施
    以下 省略
    --
    ●【抽選式ロトくじ】
    [スポーツ名(&種目)選択ロトくじ]
      ※スポーツ名(&種目)3~5つ選択くじ
     (平日毎日52週発売、260開催)
    --
    【抽選結果式のオールスポーツくじが
     低迷するスポーツ振興くじ売上を救う!?】
    --
    【スポーツ振興くじ売上約1割予想方式だが
     約9割は非予想方式?
     予想出来ないのなら
     選択肢はスポーツ名&種目でいいのでは?】
    --
    平日毎日抽選しているナンバーズの一日分の
    売上を見ましたら、サッカーくじ(13試合toto)
    の一開催分の売上より多いことを考えたほう
    がいいのではないかと思います。

  • 【ブラックアウトの可能性ある首都直下地震
     は「あらゆる想定外」が首都圏民を襲う!?
     一番の危惧は、大避難によって人災だけで
     なく、中央省庁が機能しなくなることで
     ないか?】

    関空の水没も凄かったけど、震度7の
    北海道胆振地方中東部地震の災害が甚大でした。

    今後全国の自治体はいろんな想定をしたほう
    がいいのではないかと思います。
    --
    【カジノだけでなく、2026年冬季五輪誘致
     にも影響を与えるかもしれない超巨大地震
     「M9級切迫」!?
     12月26日M9.1のスマトラ島沖地震を
     教訓に出来なかった日本!?】

    ニュースで、千島海溝沿いに起きる可能性が
    ある地震が今後30年以内に切迫している旨を
    伝えていました

    多くの犠牲者を出した東日本大震災、大震災
    が起きる前日、前々日の二日間の地震を注意
    していたなら、避難がもっと早かったのでは
    ないかと思います
    --
    【2011年
     3月9日M7.2「注意!」
     3月10日M6.6「警告!」
     3月11日M9.0「高台に逃げろ!!」
     道州制にしていたら、「釜石の奇跡」の
    ように多くの住民が助かったのでは
    ないか? 省庁再編していたら
    くじ一元化し、震災復興くじを即座に発売
    できたのではないか?】
    --
    【「国民の生命と財産を守る」ため
     行政の司令塔となる中央官庁が不測の事態
     で首都圏民の大避難起きた場合、機能でき
     なくなる可能性があるのではないか?
     将来的に省庁再編して、リニア新幹線
     沿線駅に各省移転したら?
     省庁再編できれば、くじ・公営競技
     一元化も可能になる!?】
    -
    【災害や地政学的リスク上、日本は大規模
     電源を持つより、地域、企業や家庭ごとの
     単独電源にシフトしていくべきでないか?
     日本経済を成長させるために水素を使った
     コーゼェネレーションシステムを普及して
     いくべきでないか!?】

    原発事故の際、計画停電を経験した国民は
    コーゼェネレーションシステムが日本に普及
    していたなら、電気に困ることはなかったと
    思った人は多かったと思います
    -
    【将来どう見ても東京一極集中は危険性が
    ある⁉】

    「自治体人口上限法」(仮称)を創設して
     東京都の人口を300万人地方に流出させ
     地方の人口増加を!?】

    首都直下地震や不測の事態に耐えることが
    できる適正人口にすべきでないか?

  • 【「ブルータス!お前もか?」
     混沌とするスポーツ界、共通することは、組織が
     世界的や国際的になっていないことでないか?】
    --
    【2020年東京五輪に向けて、そろそろ
     各スポーツ協会(団体)内の諸問題などの
     膿を出し切って、アスリートがメダルを
     獲れる体制を作って欲しい!
     スポーツ振興くじも助成金をバックアップ
     出来る抽選結果方式のオールスポーツくじ
     創設を検討すべきでないか?】

    早く2年後の東京五輪に向けて、明るい話題
    になれるよう改善して欲しいと思います。
    --
    2020年東京オリンピック・パラリンピックを
    成功するためにも、スポーツ振興くじの
    会員制度をサッカーくじ愛好者でなく
    五輪成功を願う人の輪で繋ぐ会員制度に
    変えていくべきだと思います。
    -
    サッカーくじファンを対象にした
    「Club toto」を解体して、
    五輪成功や オールスポーツ振興の
    願いを思っている人の輪を実現できる
    新たな会員制度を創設すべきだと思っています
    -
    私の案として、現行のClub totoから
    スポーツフレンドカード(仮称)
    へ移行していかなければならないと
    思います

    そこで、3種類の
    スポーツフレンドカード(仮称)
    を述べたいと思います

    【スポーツフレンドカード(ブルー)】
    JOCや日体協の
    各加盟スポーツ団体(日本連盟)
    都道府県のスポーツ連盟に所属に登録者
    (推定約1千万人)を対象に会員を募る
    【スポーツフレンドカード(グリーン)】
    パラリンピックや都道府県の
    身障者スポーツ連盟の関係者
    お年寄りのスポーツ連盟でスポーツを
    する人や関係者
    ジュニアスポーツ連盟の父兄や関係者
    NPO法人スポーツ連盟の
    スポーツをする人と関係者
    都道府県レクリエーションスポーツ連盟の
    スポーツをする人と関係者などの
    多くのスポーツをする人(推定約3千万人)
    を対象に会員を募る
    【スポーツフレンドカード(オレンジ)】
    一般のくじファン(推定約1千万人)を
    対象に会員を募る
    《ポイント、助成金プラス》
    スポーツフレンドカード
    (ブルー、グリーン、オレンジ)
    の購入者には、購入額に応じて
    ポイント付き、 景品が当たります
    さらに、スポーツフレンドカード
    (ブルー、グリーン)の購入者には
    申込みの際、加盟所属スポーツ団体及び
    都道府県所属団体に購入額に応じて
    助成金を上乗せします

  • 【巨大地震、スロースリップに気をつけろ!
     経済優先に考えていた首都東京
     都民の「生命と財産を守る」ことを
     優先にすべきでないか?
     省庁移転も考えるべきでないか?】
    ---
    【首都直下地震、南海トラフ地震に備える
     ことは常識だが、スマトラ島沖大地震後を
     見ると、M8以上の第2東日本大震災が
     起きる可能性もタブーにしないほうがいい
     のではないか?
     今日は「くじの日」、宝くじとスポーツ振興
     くじの一元化もタブーにしないほうがいい
     のではないか?】

    日本海溝沿いにまた地震が起きることも
    考える必要があると思います。
    国民の生命を守るという観点から「想定外」
    をなくすべきだと思います。
    ---
    「防災の日」の各紙朝刊は、関東大震災の
    記事から首都直下地震の記事が載っていました。

    万が一、この地震と噴火が一緒に起きた場合
    首都圏は甚大な被害と大混乱を生むと思います。

    マスコミと行政は、このことも同時に起きる
    可能性も考えて、すばやく対処できる体制
    築いてほしいと思います。
    ---
    大地震は予知が難しいとされていますが
    日本国中いつ起きても対応できるように
    しなければなりません。

    ↓(東日本大地震以前に出した案)
    日本は地震が多い国なので、バックアップが早い
    国にしないといけないのではないかと思います。

    道州制の場合の(万が一の)
    東京直下型地震の対応策として
    内閣府−緊急対策本部を設置。
    (地震で機能できない場合は大阪等に設置)
    安全保障省(仮称)−自衛隊の災害派遣を迅速に
              できる。
    国土保全省(仮称)−インフラを迅速に復旧する
              ことができる。
    国民生活省(仮称)−東京に生活物資を迅速に
              供給できる。
             東京の人に医療等を派遣できる。
             (他の道州へ医療)
             東京の人に子供たちへの教育を
             バックアップ。
    財政経済省(仮称)−機能不能の東京の金融経済を
             他の道州でバックアップできる。
    社会保障省(仮称)−東京の人への年金等の
              社会保障を迅速に出来る
              ようバックアップ。
    他の道州(11~13道州)−連携して復旧できるよう
                協力することができる。

  • 【抽選結果式のオールスポーツくじが
     低迷するスポーツ振興くじ売上を救う!?】
    ---
    【スポーツ振興くじ売上約1割予想方式だが
     約9割は非予想方式?
     予想出来ないのなら
     選択肢はスポーツ名&種目でいいのでは?】
    ---
    【週一回販売の試合結果方式の100円BIG
     より週5回販売の抽選結果方式の
     オールスポーツくじのほうが売上上がる!】

    ‘18 法律施行規則案(一)
    (合致の割合の種類)
    第1条 オールスポーツ振興投票の実施に
    関する法律(以下「法」という。)
    第二条の合致割合はオールスポーツ振興投票
    ごとに開催された抽選選択に対するそれぞれ
    の投票とその抽選選択の結果が合致した数を
    その抽選選択の結果の総数(以下「開催抽選
    結果数」という)で除した割合のうち
    次に掲げるものとする。
    「スポーツ名(種目)選択」項目
    一 十割(以下「一等」という)
    二 開催抽選結果数から一を減じた数を
     開催抽選結果数で除した割合(以下「二等」
     という)
    三 開催抽選結果数から二を減じた数を
     開催抽選結果数で除した割合(以下「三等」
     という)
    2.省略
    第2条 法六条の省庁令で定める年間の
    実施回数は
     週1回発売の場合、年間最高52回とする
     1週間においての最大5回発売の場合は
     年間最高260回とする。
     但し、1週間とは、週1回の場合
    くじ結果の翌日からくじ結果までの7日間
    をいい、1週間においての最大5回発売の
    場合は、5回を7日間以内で行うことをいう
    (選択名の指定等)
    以下 省略
    ---
    【ナンバーズ4の一日の売上
    サッカーくじ(13試合toto)一開催の売上を
    超える!】

    平日毎日抽選しているナンバーズの一日分の
    売上を見ましたら、サッカーくじ(13試合toto)
    の一開催分の売上より多いことを考えたほう
    がいいのではないかと思います。

    スポーツ振興くじの売上からもたらす助成金
    はスポーツ界の発展に寄与するものなので
    スポーツ振興くじの売上を創設時に設定した
    売上2000億円を超えるくじにしないと
    いけないので、もっと工夫した振興くじを
    考えるべきだと思います。

    それには、試合結果方式のくじは購買層が
    狭いくじになってしまうことや、いろいろな
    問題を生むこともあるので、老若男女の多く
    が購入してくれるくじに改善していったほう
    がいいと思います。

  • 【中央省庁障害者水増し問題
     行政が経年劣化している証拠でないか?
     首都圏を東京~大阪に見做して
     リニア中央新幹線沿線に省庁移転を
     検討すべきでないか?
     省庁再編出来れば、くじ・公営競技一元化
     も可能!?】
    ---
    (地方分権案)
    11~13の道州と東京・沖縄の特別州
    ---
    【中央省庁再編移転案】
    東京(霞が関) 内閣府、宮内庁他
    [リニア新駅]
    品川新駅(東京)   外務省
               財政経済省(仮称)
    相模原新駅(神奈川県) 法務&総務省
               社会保障省(仮称)
    甲府新駅(山梨県)  安全保障省(仮称)
               災害救援庁(仮称)
    飯田新駅(長野県)  林野庁(案)
    中津川新駅(岐阜県) 農水省(案)
    名古屋新駅(愛知県) 国土保全省(仮称)
    三重新駅(三重県)   気象庁(案)
    近畿新駅(奈良県)  文科労働省(仮称)
               文化庁(京都府設置済)
    大阪新駅(大阪府)  国民生活省(仮称)
               消費者庁
              (徳島県設置予定)
    ---
    【地方分権】
    道州制案
    北海道州(仮称) 北海道
    (道州庁 札幌市)
    北東北州(仮称)
     青森・秋田・岩手・宮城県
    (道州庁 東北リニア新幹線駅都市)
    南東北常磐州(仮称)
     山形・福島・栃木・茨城県
    (道州庁 東北リニア新幹線駅都市)
    関越州(仮称)埼玉・群馬・新潟県
    (道州庁 東北リニア新幹線駅都市)
    アクアライン州(仮称)千葉・神奈川県
    (道州庁 千葉県内都市)
    富士山アルプス州(仮称)
     山梨・長野・静岡県
    (道州庁 長野県or静岡県内都市)
    北陸美濃州(仮称)
     富山・石川・福井・岐阜県
    (道州庁 3~4県内都市)
    中部州(仮称)滋賀・愛知・三重県
    (道州庁 滋賀・三重県内都市)
    近畿州(仮称)大阪府・和歌山・奈良県
    (道州庁 和歌山県内都市)
    丹波州(仮称)京都府・兵庫・鳥取県
    (道州庁 西日本リニア新幹線駅都市)
    中国州(仮称)
     岡山・島根・広島・山口県
    (道州庁 西日本リニア新幹線駅都市)
    四国州(仮称)
     徳島・香川・高知・愛媛県
    (道州庁 4県内都市)
    北九州(仮称)
     長崎・佐賀・福岡・大分県
    (道州庁 4県内都市)
    南九州(仮称)熊本・宮崎・鹿児島県
    (道州庁 3県内都市)
    ※東京都と沖縄県は特別州

  • 【♪ミスター・サマータイムもびっくりの
     サマータイム導入⁉
     試合結果方式のtotoをびっくりさせるには
     抽選結果式のオールスポーツくじ導入を⁉】

    アナログ時代なら少しは分かるけど、電波時計など
    超デジタル時代に時間を早めることはリスクもあり
    万が一にも大規模停電を起こした場合、国民の批判
    が政府に向けられるのではないかと思います。

    一方、スポーツ振興くじも試合結果式では売上が
    上がらないので、抽選結果方式も検討したらいい
    のではないかと思います。
    -
    【ちょうど3年後、東京五輪開幕!
     新たな心配事は首都圏の水不足と
     大規模停電か!?
     スポーツ振興くじの心配事は、八百長の
     可能性もあるtoto拡大か!?】

    2020年夏も水不足があるかもしれないので
    今から対策を考えていかないとアタフタする
    のではないかと思います

    水泳競技に水不足だからプールに水を張れ
    ませんとは言うことはできないので
    貯水タンクの増強も必要になるのではないか
    と思います

    さらに、大規模停電に備えて、バックアップ
    も必要になるのではないかと思います
    --
    【3年後心配なのは、熱中症と豪雨対策か!?
     スポーツ振興くじは、試合結果方式の
     売上減か?】

    1964年の東京五輪は、10月開催でしたので
    暑さ対策は心配なかったのですが
    東京の梅雨明け後の7月下旬から9月上旬
    までは非常に暑く湿度もあるので、熱中症に
    なりやすく命の危険もあります

    さらに、秋なら極端な豪雨は少ないが
    夏は集中豪雨や雷雨もあり、気候上厳しい中
    五輪が開催されます

    選手や観戦客の安全のため、十分な対策を
    講じて欲しいと思います
    -
    やはり、5年後の東京五輪は、梅雨明け後開幕
    するので、日中の暑さは、選手だけなく
    観客にも非常に厳しいと思います

    ですので、熱中症対策を万全にしたほうが
    いいと思います
    -
    東京都は、2020年東京五輪を想定して
    熱中症対策を万全の措置をして欲しいと
    思います

    そうするには、日本のオールスポーツを注目
    でき、さらに、老若男女が楽しめて購入して
    くれるくじにすることが大事で、2020東京
    オリンピック・パラリンピックを成功する
    上で必要なことだと思います
    -
    スポーツ振興くじの売上、2,000億円超え
    るには、やはり、試合結果方式でなく
    抽選式抽選結果方式にすべきでないか?

  • 【将来どう見ても東京一極集中は危険性がある⁉
     中央省庁再編リニア沿線に移転を検討すべき
     でないか⁉】
    -
    「自治体人口上限法」(仮称)を創設して
     東京都の人口を300万人地方に流出させ
     地方の人口増加を!?】

    首都直下地震や不測の事態に耐えることが
    できる適正人口に
    -
    【リニアを使って地方分権を!】
    中央省庁を再編して、霞が関から
    リニア中央新幹線各沿線に移転する
    再編出来れば、デジタル庁創設や
    くじ・公営競技一元化も可能!

    【中央省庁再編移転案と推定経済効果】
    東京(霞が関) 内閣府、宮内庁他
    霞が関一帯を付加価値の高い商業ビルと
    電気自動車&自動運転の集積したエリアに
    する

    [リニア新駅一帯の経済効果]
    品川新駅(東京)   外務省
               財政経済省(仮称)
    羽田空港に近く国際金融エリア&統合型
    IR構想も可能になる

    相模原新駅(神奈川県) 法務&総務省
               社会保障省(仮称)
    横浜や八王子に通じて、法務と社会保障の
    エリアを形成できる

    甲府新駅(山梨県)  安全保障省(仮称)
             災害救援庁(仮称)創設
    日本列島の中心で安全保障の要になるエリア
    首都圏の内側にある警察と首都圏に接した
    エリアに省を置くことで国民に安心感
    を抱くことになる

    飯田新駅(長野県)  林野庁(案)

    中津川新駅(岐阜県) 農水省(案)

    名古屋新駅(愛知県) 国土保全省(仮称)

    三重新駅(三重県)   気象庁(案)

    近畿新駅(奈良県)  文科労働省(仮称)
              文化庁(京都府設置済)
    京都までのJRや私鉄を通じて、文部学術と
    労働行政の一大エリアにし経済効果も生まれる

    大阪新駅(大阪府)  国民生活省(仮称)
               消費者庁
              (徳島県設置予定)
    医療・介護・保育など国民生活全般の行政の
    一大エリアにし、経済効果を図る
    -
    リニア西日本新幹線を
    (大阪を起点にしないで)名古屋新駅から
    西日本地方の中心に向かって建設し
    途中駅に中部州(仮称)、丹波州(仮称)
    中国州(仮称)の道州庁を設置する案

    リニア東北新幹線を(東京を起点にしないで)
    甲府新駅から埼玉県を通って東北の中心に
    建設し、途中駅に関越州(仮称)
    南東北州(仮称)、東北州(仮称)の道州庁を
    設置する案

  • 【2020年自転車ロード競技
     富士山に向かって走れ!
     今後のスポーツ振興くじ創設
     オールスポーツ名の抽選結果式に乗れ!】

    2020年自転車ロード競技、招致が決定した際
    の案では、都内を走る計画から1都3県を
    走る案に変更され、ゴールは富士SW
    (スピードウェイ)に変更されました。
    世界中に美しい富士山が映し出され、
    視聴率もアップされると思います。
    ---
    【祝!2020年東京五輪自転車競技の
     一部会場に伊豆市開催が決まる!!
     自転車競技を注目させるには
     サッカーくじ(toto)では無理だ!?
     抽選結果方式のオールスポーツくじすれば
     老若男女が購入可!】
    ---
    【くじ案の内容】
    ●正式名称案
     「日本スポーツ振興各種スポーツ名
     (種目)選択くじ」
    ●毎週3~5回発売で、抽選式の
     通称「スポロト」くじ
     (スポーツ名(種目)選択くじ)
    ●一口200円、同一箇所10口まで購入可
     (1回最大1チケット10,000円)
    ●5〜10回まで連続購入可能、
     (コンピューターによる)ランダム可能
    ●マークシート等の選択名
     4〜8年間変更なし
    ☆抽選式の通称「スポロト」くじ
     (スポーツ名選択くじ)とは
    縦or横に書いたマークシートに
     購入者が34スポーツ名から
     3~5スポーツ名(種目)を選びます
    ◆等賞 省略
    ※スポーツ名一覧  
    (ポピュラーなスポーツ種目名
    34スポーツ案)

    【インドアスポーツ名】順不同
    1.柔道2.バレーボール 3.バスケットボール
    4.レスリング5.卓球 6.水泳 7.バトミントン
    8.フィギュアスケート 9. アイスホッケー
    10.相撲 11.空手 12.剣道 13.ボクシング
    14.エアロビック 15.ボウリング
    16.カーリング 17.スカッシュ

    【アウトドアスポーツ名】順不同
    18.マラソン 19. サッカー  20.テニス
    21.野球 22.スキー 23.ラグビー
    24.レガッタ(ボート) 25.ゴルフ
    26.ソフトボール27.乗馬 28.アーチェリー
    29.ハイキング 30.サイクリング 31.綱引き
    32.クライミング 33.スケートボード
    34.サーフィン

    ●【抽選式ロトくじ】
    [スポーツ名(&種目)選択ロトくじ]
      ※スポーツ名(&種目)3~5つ選択くじ
     (平日毎日52週発売、260開催)

  • 【与野党の総裁選や党首選は、そろそろ
     任期期間だけの政策でなく、日本の10年先
     30年先、50年先を見据えた政策を唱える
     リーダーが出てきて欲しい⁉】
    --
    【「人口減少」「地方と都市部の格差」
     「歪な選挙制度」「東京一極集中の危険性」
     などの将来的な日本の課題を解決する手段
     は、衆院憲法審査会で地方自治の権限拡充
     を提言された「道州制早期移行」でないか!】
    --
    地方では、新聞記事には必ず人口減少問題が
    上がり、経済だけでなく財政面にも影響する
    ようになりました

    地方自治体は、国が抜本的な施策をしてくれ
    ることを望んでいますが、一向に事が進んで
    いないことに不満を持っているのではないか
    と思います
    --
    【日本の借金1,000兆円を減らすには?
     道州制にして国や地方の行政を
    「国鉄からJR化」するしか方法が
     ないのでは?】

    例えが良くないかもしれないが、国の財政は
    「昔の国鉄状態」になっているのではないか
    と思います
    ますます赤字体質が続き、国の借金が増える
    のではないかと思います

    この状態を改善するには「自治体をJR化」
    することによって赤字を出さない自治体や
    コストの掛からない行政にすることが必要
    だと思います

    さらに、中央省庁改革と再編が必要だと思います
    省庁再編できれば、くじ・公営競技一元化も
    可能になると思います
    --
    【道州制での税収
     道州分は(現在国税としての直接税)
     所得税・法人税・贈与税・相続税等

     国税分は(現在国税としての)間接税
    (消費税一部は道州分)及び
     各道州からの「分担金(税)」】

    各道州からの「分担金(税)」の内訳案は
    安全保障税(仮称)・国土保全税(仮称)
    法務税(仮称)・農林水産税(仮称)
    外交税(仮称)・社会保障税(仮称)
    国民生活税(仮称)等
    ※分担金は各道州が歳入庁(国庫)へ納付する
    -
    (地方分権)
    13の道州と東京・沖縄の特別州
    道州庁・道州議会設置、道州議員を選出

    道州で税収を徴収できる権限を持ち
    国には「分担金」として国庫(歳入庁)に
    納める方式を検討する
    -
    【中央省庁再編移転案と推定経済効果】
    東京(霞が関) 内閣府、宮内庁他
    (内閣府合同庁舎に各省庁の国会答弁及び
    政府案作成チーム用フロアを設置する)
    (緊急対応につき、安全保障・国土保全
    関連の大臣は内閣府に常駐させる)

  • 【ワイドショーなどで騒がれているニュース等は
     スポーツ団体が個人商店から株式会社に移行する
     過渡期でないか?
     スポーツ振興くじも購買層が狭い試合結果方式
     から購買層が広い抽選結果方式へ移行する
     過渡期でないか?】

    「くじは中止になりました」というくじ販売では
    長期的に見て厳しいのではないかと思います。
    センターは全国老若男女が購入してくれる幅広い
    購買層がある抽選結果方式をくじに取り入れること
    も必要でないかと思います。
    --
    【コンプライアンス欠如やモラル低下して
     いるのは選手だけでなく、監督やコーチも
     同じでないか?
     スポーツ庁は徹底的に膿を出すべき!】

    ニュースやワイドショーでやっている問題は
    氷山の一角か分からないが、この際、明らかに
    することが日本のスポーツ界にとって
    大事だと思います。
    --
    【2020年東京五輪に向けて、そろそろ
     各スポーツ協会(団体)内の諸問題などの
     膿を出し切って、アスリートがメダルを
     獲れる体制を作って欲しい!
     スポーツ振興くじも助成金をバックアップ
     出来る抽選結果方式のオールスポーツくじ
     創設を検討すべきでないか?】
    --
    【スポーツ振興くじの助成金、成績だけで
     決めていいのか?
     コンプライアンス欠如やモラル低下する
     スポーツ選手の問題の背景に、成績だけ
     の評価基準にしているからではないか?】
    --
    【totoアスリート助成金は、
     競技力向上のために使われるのであって、
     ギャンブル力向上のために使われるもの
     でない!】

    2020東京五輪にも影響するので
    一部の団体だけでなく、全競技団体へ
    もう一度指導したほうがいいのではないかと
    思います。
    --
    【紳士のスポーツであるテニス界に激震!
     このスポーツにも八百長疑惑!? 
     スポーツ振興くじのtoto拡大、とんでも
     ないのではないか?もう抽選結果方式で
     行うべきでないか!?】

    センターやスポーツ議連はtoto拡大を考えず
    に抽選式抽選結果方式のスポーツ振興くじを
    検討したほうが国民も納得するのではないか
    と思います。
    ---
    国民やくじファンも、2020年の東京五輪に
    間に合えば、抽選式抽選結果方式のくじでも
    いいと思っているのに違いないと思うので、
    さっさと抽選式のスポーツ振興くじを発売
    すればいいのではないかと思います。

  • 【省庁再々編が現実化!
     省庁再々編されれば
     くじ・公営競技一元化が可能‼】

    中央省庁職員による汚職などのニュースや新聞記事
    を見ると、省庁が経年劣化しているのではないかと
    国民はそう思っていると思います。
    ---
    [中央省庁改革案]
    ・内閣府
    「主計庁」創設(国の予算編成等)
    「歳入庁」創設(税と社会保険料等を一元的
     に徴収)
    (主計庁&歳入庁を一緒にする案)
    「主計・歳入庁」(仮称)
    「振興助成庁」創設(くじ・公営競技一元化に
     より助成金・補助金業務)
     消費者庁は国民生活省(仮称)を創設し
     その省の外局に移管させる。

    ・財政経済省(仮称)
    組織改正した財務省と経済産業省を統合させ
    財政経済省(仮称)にする。

    ・厚生労働省
    社会保障省(仮称)と国民生活省(仮称)
    に分割する。
    ※厚生労働省の労働部門は文科省に加える。
    社会保障省に日本年金機構・GPIFを
    組み入れる。
    ※社会保険料徴収は内閣府の「歳入庁」に
    移譲させる。

    ・文科労働省(仮称)
    文科省に(厚労省の)労働部門を加える。

    ・安全保障省(仮称)
    防衛省を軸に海上保安庁など加える
    「災害救援庁」(仮称)を創設し
    消防庁などと連携を図る。

    ・国土保全省(仮称)
    国土交通省に環境省や林野庁など加える。
    (海上保安庁は安全保障省に移管)
    特殊法人「日本理財機構」(仮称)を財務省
    から引き受ける。
    ---
    【中央省庁再編移転案】
    東京(霞が関) 内閣府、宮内庁他
    「金融庁」「主計庁」「歳入庁」は合同庁舎

    [リニア新駅に各省移転案]
    品川新駅(東京)   外務省
               財政経済省(仮称)
    ※合同庁舎にする

    相模原新駅(神奈川県) 法務&総務省
               社会保障省(仮称)
    ※合同庁舎にする

    甲府新駅(山梨県)  安全保障省(仮称)

    飯田新駅(長野県)  林野庁(案)など

    中津川新駅(岐阜県) 農水省など

    名古屋新駅(愛知県) 国土保全省(仮称)

    三重新駅(三重県)   気象庁(案)

    近畿新駅(奈良県)  文科労働省(仮称)
              文化庁(京都府設置済)

    大阪新駅(大阪府)  国民生活省(仮称)
    ---
    [財務省抜本的リニューアル案]
    理財局→特殊法人「日本理財機構」(仮称)
    創設
    外局の国税庁→内閣府外局の「歳入庁」移管

  • 【2020年東京五輪は異常気象&台風上陸などの
     対策をもっと綿密に講じる必要が出てきた!
     スポーツ振興くじも試合中止による
     「くじは中止になりました」だけで簡単に
     言われることは面白くないのではないか?
     くじファンは抽選結果方式に切り替えることを
     望んでいるのでは?】
    -
    【3年後の明日は五輪閉会式
     台風列島縦断もありうるので
     交通機関のバックアップと
     スポーツ振興くじのバックアップくじも
     必要でないか?】

    五輪開催中でも台風が来る可能性もあるので
    常にいろんなことを想定して、成功を考える
    べきだと思います
    -
    【観測史上初の東北地方への台風上陸!
     異常気象の日本、空港のバックアップと
     震災等で発売停止になる試合結果方式の
     totoのバックアップとして、常に発売
     できる抽選結果方式のスポーツ振興くじ
     が必要なのでは!?】
    -
    【2020東京五輪成功には
     羽田&成田空港のバックアップと
     スポーツ振興くじのバックアップを!】
    -
    センターは試合結果方式で行うサッカーくじ
    (toto)では無理があるので、抽選結果方式
    のくじを創設してバックアップのくじにした
    ほうがいいのではないかと思います
    -
    2020年も首都圏を直撃する台風が来た場合
    羽田や成田の空港が運航を中止する場合も
    起きて来ると思います

    羽田や成田のバックアップとして
    下記の空港を2020年までに充実すべきだと
    思います
    関西国際空港(新幹線駅までのアクセスを
    さらに良くする)
    中部国際空港(新幹線駅までのアクセスを
    さらに良くする)
    大阪国際空港(新幹線駅までのアクセスを
    さらに良くする)
    小牧空港(新幹線駅までのアクセスを
    さらに良くする)
    新潟空港(新幹線駅までのアクセスを
    さらに良くする)
    富士山静岡空港
    (空港直下に新幹線新駅を建設する)

    東京五輪成功のためスポーツ振興
    くじのバックアップも必要だと思います。
    万が一totoの拡大で海外サッカーの試合で
    八百長が起きた場合、日本の試合対象の
    サッカーくじ(toto)も法律で販売中止
    される可能性もあります

    そうしたことがないようにスポーツ振興
    くじのバックアップも考えて、年中連続定期
    販売できオールスポーツが注目できる
    抽選式抽選結果方式のオールスポーツ振興
    くじを創設していかなければならないと
    思います

  • 【「災害省」より「安全保障省(仮称)」!?
     現実的省庁なら「災害救援庁」を創設すべき
     でないか?】

    総裁選の争点になるかもしれないとニュースにあり
    ましたが、国民的には「地方の人口減少対策」を
    争点にして欲しいと思います。
    ---
    【首都直下地震や不測の事態で
     行政は犠牲者を出さずに避難させる
     ことが出来るのか?
     国民の命を守るためには、中央省庁を
     分散する必要があるのでは?】

    今後、都民が大避難するようなことが
    起きた場合、慌てて車両等で逃げること
    によって人災が起きるのでは?
    ---
    東京(霞が関) 内閣府、宮内庁他
    警察が首都を守り、避難誘導

    [リニア新駅に各省移転案及び災害行政]
    品川新駅(東京)   外務省
               財政経済省(仮称)
    警察が首都を守り、避難誘導

    相模原新駅(神奈川県) 法務&総務省
               社会保障省(仮称)
    消防庁が大混乱の都内から離れた位置に
    あることで的確に指揮できる。

    甲府新駅(山梨県)  安全保障省(仮称)
    「災害救援庁」(仮称)を創設すれば
    大混乱の首都圏から離れた位置にあること
    で的確に指揮できる。

    飯田新駅(長野県)  林野庁(案)など

    中津川新駅(岐阜県) 農水省?など

    名古屋新駅(愛知県) 国土保全省(仮称)
    インフラ復旧を首都圏被災状態では復旧する
    ことが出来ないので東京から離れた位置に
    あることで的確に指揮できる。

    三重新駅(三重県)   気象庁(案)

    近畿新駅(奈良県)  文科労働省(仮称)
              文化庁(京都府設置済)

    大阪新駅(大阪府)  国民生活省(仮称)
               消費者庁
    ---
    【「国民の生命と財産を守る」ため
     行政の司令塔となる中央官庁が不測の事態
     で首都圏民の大避難起きた場合、機能でき
     なくなる可能性があるのではないか?
     将来的に省庁再編して、リニア新幹線
     沿線駅に各省移転したら?
     省庁再編できれば、くじ・公営競技
     一元化も可能になる!?】
    ---
    【立川断層帯が熊本地震と同じように
     活断層活発化した場合、広域防災基地は
     機能できないのでは?】
    ---
    省庁職員が首都直下地震で被災して省へ
    出勤できない状態が起きれば、災害派遣だけ
    でなく国の安全保障にも影響するのでは
    ないかと思います。

  • 【カジノIR法案成立!
     どうなる全国各自治体誘致!?】

    とうとうカジノIR法案が成立しましたが
    今後、誘致している自治体の思惑と違う結果
    が出るのではないかと思います

    というのは、日本はパチンコ産業が発展して
    いるので、訪日外国人だけでなく、日本人客
    も考えている自治体は「捕らぬ狸の皮算用」
    になる可能性がかなり高いのではないかと
    思います
    -
    来月からIR法案審議に入る予定のようですが
    今後、誘致している各IRが最終的にどこに
    決まるかだと思います

    北海道のIRは、まず1ヵ所に絞らないと
    難しいと思います
    1ヵ所に絞ることが出来ても
    1年間コンスタントに集客できるのかも
    課題だと思います

    長崎が誘致しているIRは、欧州の某国を真似た
    テーマパークを想定しているようです
    このテーマパーク、外国旅行者から見た場合
    ここでカジノをしに来たいのかが課題だと
    思います
    -
    【ギャンブルの賛否も大事かも知れないが
     カジノIR誘致の自治体、運営維持できる
     自治体少ないのでは?
     国会はIR運営維持出来るのかも議論
     すべきでないか?】
    -
    【カジノIRで経営維持できる自治体は、
     東京・横浜連合IRと大阪・神戸連合IR、
    (手を挙げていない)福岡・北九州連合IR
     の3つでないか?
     他の自治体は、狭いIRで苦戦するのでは
     ないか?
     他の自治体は、道州制&省庁再編して
     カジノに頼らない産業と観光を考えるべき
     省庁再編すれば、くじ・公営競技一元化で
     地域振興できるのでは?】

    近くに24時間空港と大型客船が停泊できる
    港、外国人が泊まれる高級ホテルなど充実
    しているIRでなければ維持できないのでは
    ないかと思います
    -
    世界のカジノで一番売上を上げているマカオ
    だが、近隣に高級ホテルが立ち並ぶ香港が
    あることが大きいのではないかと思います

    東京・横浜連合の統合型&“総合型”のIRに
    しないと将来的に観光客を呼べないのでは
    ないかと思います

    大阪も人工島に斬新なIRを作ろうとして
    いますが、これだけで安心できないと思います
    大阪・神戸連合の統合型&“総合型”のIRに
    しないと長期的に観光客を呼べないのでは
    ないかと思います

    長崎・佐世保市のIRもテーマパークに宿泊
    する客だけで考えているとしたら、長期的に
    見て厳しいのではないかと思います

  • 【カジノIR実施法案成立!
    「カジノで楽しい時間をお金で買う」目的の
     訪日外国人をターゲットするのなら
     理解できるが「金儲け」目的の客だけに
     なるのなら、少し検討すべきでないか?】

    サッカーくじ(toto)創設時と同じになる
    可能性がかなり高いのではないかと思います
    ギャンブルの賛否ばかりの議論で、スポーツ
    振興くじに試合結果方式で本当に良かったか
    ということも議論すべきでなかったかと思います
    --
    【「週3回/月10回」日本人客入場制限の
     議論も大事だが、健全なディーラーを
     養成できるのかも議論するべきでないか?
     スポーツ振興くじ売上拡大議論も大事だが
     健全なくじ創設できるのかも議論すべき!】

    カジノ法案を進める上で、ギャンブルに
    対しての議論も大事だが、運営面の議論の
    中で見落としている点として、健全な
    ディーラーを養成できるのかも議論すべきで
    ないかと思います
    -
    【サッカーくじ(toto)法案の二の舞に
     なりかねないカジノ法案、ギャンブルに
     対しての議論も大事だが、集客力を
     見違う可能性があり!?】

    サッカーくじ(toto)法案創設時
    ギャンブルに対しての議論ばかりで
    スポーツ振興くじに、果たしてtotoで
    良かったのかをもっと議論すべきで
    あったと思います
    -
    【カジノIR法案、統合型だけでは厳しい
    のでは!?統合型&“総合型”にしないと
    破綻する自治体も出るのではないか?
    スポーツ振興くじの売上、サッカーくじ
    (toto)だけでは厳しいのでは?
    試合結果方式のtoto&抽選結果方式の
    オールスポーツくじの“総合型”にしないと
    大幅に売上UPできないのでは?】

    東京・横浜連合の統合型&“総合型”のIRに
    しないと将来的に観光客を呼べないのでは
    ないかと思います

    大阪も人工島に斬新なIRを作ろうとして
    いますが、これだけで安心できないと思います
    大阪・神戸連合の統合型&“総合型”のIRに
    しないと長期的に観光客を呼べないのでは
    ないかと思います

    問題なのは
    北海道の誘致している自治体のIRだけで
    集客することは、将来的に破綻する危惧も
    あります
    長崎・佐世保市のIRもテーマパークに宿泊
    する客だけで考えているとしたら、長期的に
    見て厳しいのではないかと思います

    大事なことは、さらに“総合型”のIRに
    すべきでないかと思います

本文はここまでです このページの先頭へ