ここから本文です

投稿コメント一覧 (4112コメント)

  • >>No. 1889

    2010年における住友金属鉱山の執行役員の講演内容です。
      ↓↓
     ニッケル資源には硫化鉱および酸化鉱があり、硫化鉱が6,200万t、酸化鉱が1億4,000 万tと言われている。
     しかしながら、現在生産されているニッケルは、そのソースの70%を硫化鉱の方に依存している。
     さらに酸化鉱は品位によってニッケルが2%以上のサプロライトと、1%程度のリモナイトに分けられ、この比は3対7であり、サプロライトについてはフェロニッケル原料として使用されているが、最大の鉱量を持つリモナイト──1億tほど存在している──については処理がほ
    とんど行われていない。
     すなわち、将来、このリモナイトを制する者は、ニッケル資源に関してはかなり先行できることが予想されるのである。

     低品位ニッケル酸化鉱は、輸出することができないため、ズリとして現地のストックパイルに長年貯蔵されていた。
     そこでこの低品位ニッケル酸化鉱の処理を検討・実行するプロジェクトが立ち上げられたのである。
     精製されるミックスサルファイドにはニッケルが57%、コバルトが4%濃縮されている。
     これを住友金属鉱山の新居浜ニッケル工場へ運び、最終的に99.99%の純度を持つ電気ニッケル年産1 万t、また99%の電気コバルト年産720tの生産を目指すプロジェクトである。
     要するに、1.2%少々のものから、最終的にはニッケルを99.99%まで精製するというチャレンジである。

      ↑↑
    住友金属鉱山のこのHPAL技術が、これからニッケルが逼迫する状況になった時の最大の武器になると思っています。
    これまでは、ニッケルの相場自体が安く、このHPAL技術の本当の出番はありませんでしたが
    EV材料の奪い合いになる将来、
    ニッケル、そしてコバルト資源において、これから住友金属鉱山が世界で圧倒的に優位に立つことができると見ています。

  • >>No. 1887

    こんにちは。お久しぶりですね。

    私が買っている大紀アルミや住友金鉱に限らず、これから非鉄金属株はどれか一つでも持っていたほうがいいかもしれませんね。UACJもいいですね。
    UACJはアルミニウムメーカーメジャーですから、欧米がこれから神戸製鋼からの納入を少なくしていった場合の代替需要として最有力でしょう。

    これから非鉄金属株がいいのは
    ①EVの拡大によって需要が増大する(コバルト、ニッケル、銅、リチウム、
                       軽量化としてのアルミニウム、など)
    ②中国の大気汚染対策として、これから工場稼働停止などが相次ぎ、非鉄金属相場が押し上げら れる
    ③世界各国の景気が上向いており、非鉄金属需要が増してくる
    ④コンフリクトフリーなどの倫理問題により、紛争地帯からの調達が難しくなる(特にコバルト など)

    これらのことから、EV材料の奪い合いになると思っていますので
    これからの時代、非鉄金属株は一つでも持っていたほうがいいとは思っています。

  • >>No. 1885

    おはようございます。
    経営数値では、営業利益率、経常利益率とも1%~3%が標準とされています。
    大紀アルミの17年3月期決算実績では
    営業利益率、経常利益率とも3.1%ですが。
    18年3月期予想、19年3月期予想とも、それより利益率は上がっています。

    それに
    第1四半期の今年4月~6月の3か月に比べ
    第2四半期の7月~9月の3か月は、アルミニウム価格が騰がっています。

    日刊産業新聞などの業界新聞によれば
    いまアルミ相場は最高値水準にありますが
    10月18日の中国共産党大会での方針でも中国が大気汚染対策のため
    これから冬季にかけて工場の停止などを強力に推し進めますので
    アルミ相場など金属相場は今後さらに高くなるようです。

    第1四半期実績でも、決算予想数値より20%くらい上振れていますが
    アルミ相場の高騰により、
    第1四半期より第2四半期
    第2四半期より第3四半期
    第3四半期より第4四半期と、業績予想より上振れる幅が大きくなると見ています。

  • >>No. 7186

    まりさん
    おはようございます。

    『幸福の条件』ですか。一時期話題になった映画ですね。
    私はまだ見てないので、そのうち見てみますね。
    題材があまり好みでなかったので少し敬遠していましたが
    いい映画であれば見ようと思います。

    私は、映画ではないのですが、DVD『聖者たちの食卓』を見ました。
    1日10万食の豆カレーを無料で提供しているインドの寺院の1日を取材したものです。
    毎日、貧しい人、飢餓状態にある人に職を提供しているのかと思ってディスクを買ってみたのですが、この寺院はシーク教の総本山らしく、お参りに来た人に無料で食事を提供しているようです。
    身なりも金持ちそうな人たちも多かったので、飢餓状態にある人たちへのボランティアではないようでした。
    期待外れでした。

  • >>No. 7184

    エルピさん
    こんばんは。

    映画『コンカッション』、調べましたら、興味深いテーマでした。
    アメリカ映画にありがちな、権力に一人の人が立ち向かうという図式の作品でしょうけど
    わかっていても感動しますね。
    ただ、確かに、私もなぜかウィル・スミスの作品には満足したことがないので
    そこがどう仕上がっているか、も見たいですね。

    近いうちに観たいと思います。

  • >>No. 992

    私も空海は好きですよ。
    日本史上最高の天才でしょうね。
    空海以上の天才は日本には現れていませんね。

    空海と日蓮は、仏法でこの世を本気で変えようとしました。
    空海はこの世を密厳浄土に、日蓮はこの世を仏国土にしようとしましたね。
    言葉は違いますが同じ方向性です。

    ただ、密教はバラモン教ですね。
    火をたく護摩は、ホーマーですしね。

  • >>No. 1883

    kojiさん
    おはようございます。

    いま、kojiさんの過去投稿を見てみましたが
    確かに8月にアルコニックスと大紀アルミを投稿されていますね。
    私はその頃は、時価総額200億円以下のEVの小型株ばかり持っていて
    東証1部株には興味がありませんでした。
    しかし、9月になるともう、EVのどこもここも上がりすぎて
    時価総額が大きくなってきましたので、持ち株を恩株にして
    一度、時価総額のマイルールを外してみたら、
    東証1部の古い企業にも、将来性が抜群の技術を持つところがあることに気づきました。

    例えば住友金属鉱山。
    ここを買う人は、金や銅やニッケルの市況が上がっているから買ってる人ばかりですが、
    私はここが世界で初めて実用化したHPAL技術に目を付けて買いました。
    これから、EV拡大によってニッケルが不足したときに
    低品位で誰も手を付けられないニッケル鉱山からも生産できるHPAL技術こそ
    住友金属鉱山を世界の非鉄メジャーとするものだと考えたからです。
    ちょうど、大きく調整して1800円(併合後では3600円)を割り込もうとしていたので大きく買い下がりました。

    大紀アルミニウムも、アルミニウム市況の上昇だけでなく
    ここが、再生アルミニウムの国内トップ企業、世界でもトップクラスの企業と技術であることから大きく買いました。
    ボーキサイトからアルミニウムを精製する新アルミは、膨大な電気代を消費しますし
    コストダウンの鍵を握るのは再生アルミだからです。

    住友金属鉱山のHPAL技術、再生アルミの大紀アルミ、
    どちらの技術もこれからどのように時代の中で飛躍するか楽しみですね。

  • 【2017年9月20日 時事通信社】

     欧州時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)では、アルミ相場が5年ぶり高値を付けた。
     中国アルミニウム(チャイナルコ)が2カ月前倒しで生産削減を行い、在庫の取り崩しが進むとの報道が支援材料となった。  
     中国当局による環境に関する取り締まりは、アルミ不足を招くという懸念は、アルミ相場を上昇させてきた。
     年初来でLMEアルミ相場は28%高となった。  
     アルミ3カ月物は、1046GMT時点で、3%高の1トン=2188.50ドル。一時2012年9月以来の高値2191.50ドルまで上昇した。
     アルミは3営業日続伸している。  
     ナティクシスのアナリスト、バーナード・ダーダー氏は「中国は冬場を控え、生産量を削減しようと努力している」と述べた。

    【2017年10月20日 時事通信社】

     欧州時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)では、ニッケル相場が6週間ぶり高値を付けた。
     この先市場の供給不足が拡大するとの見方に支えられた。
     一方で銅は最大の消費国・中国の需要の伸びに関する上向きな見方を背景に値上がりした。  
     国際ニッケル研究会(INSG)が18日発表した統計によると、8月の世界ニッケル市場は6700トンの供給不足となり、前月から不足幅が拡大した。
     一方、ブラジルのヴァーレによる7~9月期のニッケル生産は前年同期比4.3%減少した。  
     BMOキャピタル・マーケッツの商品調査責任者、コリン・ハミルトン氏によると、生産コストよりも供給不足見通しがニッケル相場を押し上げている。  
     中国経済の成長減速への懸念が減少していることが銅相場を支えている。
     ハミルトン氏は「中国の工業の状況は全般的にかなり良い」と述べた。  
     9月の中国鉱工業生産は前年同月比6.6%増と、予想を上回った。  
     ニッケル3カ月物相場は1016GMT(日本時間午後7時16分)時点で3.2%高の1トン=1万2110ドル。
     一時は9月8日以来の高値となる1万2165ドルを付けた。
     ニッケルは今週4%近く上伸している。  
     銅3カ月物は1.1%高の1トン=7040ドル。

  • 【2017年8月4日 日刊産業新聞】

     中国産アルミ二次合金のオファー価格(CIF・JAPAN)がトン100ドル以上急伸し、1840―1860ドルに水準を切り上げた。
     中国政府による環境規制強化の影響で、現地二次合金メーカーがダストの少ない高品位のゾルバ(ミックスメタル)を積極的に調達していることが背景にある。
     中国産の値上がりを受け、ロシア産二次合金相場も50ドル超値を上げるなど、二次合金市場全体に影響が広がっている。


    【2017年8月28日 日刊産業新聞】

     中国・国務院の23日の常務会議で李克強首相が電解アルミと火力発電所、建材の能力削減と減産に触れたことに市場が反応し、中国のアルミの先物価格が24―25日と上昇に転じた。
     中国政府は2016年開始の第13次5カ年計画の中で非鉄金属産業の改革を推進。今会議で李首相があらためて改革の実行を指示した。
     政府は冬季の電解アルミの大幅減産を計画しており、景気の回復傾向が続く中、アルミ相場は先物・現物とも強気を維持しそうだ。



    【2017年8月30日 日刊産業新聞】

     日本アルミニウム協会が29日発表した2017年上期(1―6月)のアルミ地金・一次加工品需要(アルミ総需要)は前年同期比4・5%増の212万2310トンで、暦年上期として2年連続で前年実績を上回った。
     自動車や電気・機械向けを中心に需要が伸びた。
     昨年不振だった建設向けも東京五輪・パラリンピック関連需要の立ち上がりなどを反映して前年比プラスに転じた。

  • >>No. 1878

    ヘリウムは今までは天然ガスの副産物のようなものでした。
    天然ガスは都市ガスに使われていて、原油とは違うものです。

    ところが、去年、タンザニアで大規模なヘリウムガス田が発見されました。
    今まで天然ガスの含有物とされてきましたが、
    これからはヘリウム独自のヘリウムガス田探査が始まるはずです。

    いずれにせよ、原油の需要が徐々に減っていくこととヘリウムは関係ないと思っています。

  • >>No. 7179

    dakaraさん
    おはようございます。

    映画『ドリーム』観てこられたのですね。
    私は観てないので何のコメントも出来ませんが、素晴らしい映画のようですね。

    また、気軽に投稿してくださいね。

  • >>No. 1871

    yumさん
    私は分散投資でなく集中投資しますので、投資しようとする銘柄は買う前に自分なりに徹底的に調べます。
    以前は個別銘柄掲示板で、調べたことを投稿していたのですが
    調べた材料を書いただけで買い煽りと捉える人が出てきましたので
    最近は調べたものの大部分は投稿していません。
    住友金鉱も大紀アルミも邪魔が入らなければ少しずつ書いていこうかとは思います。
    邪魔が入った時点でやめますが(笑)
    例えば、住友金鉱などは、全固体電池の製造方法の特許を持っていたりするのです。
    一つの会社を深く調べていくと、本当に面白いですよ。

  • >>No. 1873

    tyoさん、おはようございます。
    そうですね。
    これから長期的には、原油の依存度はどんどん下がっていくでしょうから
    塩ビやナイロンのような原油由来のものの再資源化だけに頼ってはいけませんね。

    そこはリファインバースも考えていて、炭素繊維などの高価格で原油由来でないものの再生技術開発をしていると思います。
    そのような新しい再生素材の開発成功のIRを待っているところですね。


    アルミニウムはこれからEV転換で自動車軽量化が待ったなしになり大きく伸びますので
    住金もいいと思います。
    私は、アルミニウムの中でもアルミニウム二次合金地金、つまり再生アルミニウムが環境問題や資源循環の観点から脚光を浴びると見ていますので、大紀アルミにしていますが。

  • >>No. 1872

    owlさん
    おはようございます。

    『鉄からアルミ』は大きな流れです。
    テスラSのように、自動車はオールアルミボディにすべきですね。
    全部の車がオールアルミボディになると劇的にコストが安くなります。
    廃車したらそのボディを溶かしてそのまま新車のアルミボディにすることができるからです。
    アルミは無限にリサイクルできる金属なので、資源循環の理想的な形ができます。
    最終的には、アルミのリサイクル循環によって、ボーキサイトからアルミを作ることを極限まで減らすのが理想ですね。

    アルミはコストが高いので、さすがに今は高級車にしか使われていませんが
    EV転換によって、アルミの使用率はこれから格段に高くなっていきます。

    そして、資源循環は日本の得意な分野でもあり、高度な技術を持っています。

    いま、日本を代表する企業たちの不正が次々と明るみに出ていますが
    このまま日本が凋落しないためにも
    今まであまりその存在を認められてなかった企業や技術を応援したいものです。

  • 住友金属鉱山に関しては
    私は、この会社のHPAL技術が、これからの時代において
    住友金鉱を世界の非鉄メジャーに押し上げてくれる切り札になると見て投資してます。

    世界のEV大転換により、コバルトもニッケルも大きく需要が伸びて
    今後、世界で絶対的に不足する予想が出ています。
    新規の高品位の鉱山はほとんどなくなっているのが実情です。
    そのような状況で、低品位ニッケル酸化鉱から高純度ニッケルを生成する技術を持つ住友金鉱はこれから世界で圧倒的に有利になります。

    EV大転換によってニッケル、コバルトが逼迫することが確実な中で
    最大の鉱量を持つリモナイト(1億tほど存在)については処理がほとんど行われていません。このリモナイトを制する者は、ニッケル資源を制するでしょうね。

    この切り札を持つ住友金属鉱山が世界の非鉄メジャーとなると考えています。

  • >>No. 1868

    こんにちは。
    そうなんですよね。
    私はこれは書かないでおこうと思っていましたが
    上方修正は期待できると思っています。

    といいますのも、30年3月期第1四半期の実績と30年3月期第2四半期業績予想、通期業績予想を見比べても、営業利益、経常利益、純利益とも20%くらい上振れています。
    第1四半期でさえそのように好調ですから
    第2第3第4四半期と伸び率も大きくなってくると見てます。
    年内に完成する予定のインドネシア第2溶解工場は第4四半期には寄与するでしょうし
    アルミニウム価格は上昇してます。
    缶コーヒーのアルミ化で日本のアルミ缶需要も伸びていますし、新興国でのアルミ缶も大幅に増加しています。
    何より今年の夏に世界中がEVに方向転換したのですから、鉄からアルミにシフトしていく傾向が強くなっています。
    通期の決算数字を非常に期待しています。

  • >>No. 1862

    ③の『PERでも割安な企業』は
    大紀アルミの来期予想1株益は、91.8円です。
    今日の始値が806円ですから、PERは8.8倍ですね。

    ④の『直近の業績が絶好調な企業』は
    四季報にあるように
    【最高益】自動車メーカー向け中心に拡大続く。
         タイやインドネシアなどの海外工場の増産と採算改善も貢献。
         増産メリット満喫。
         営業益大幅続伸。連続増配。

    四季報の文字が躍ってますね。
    業績は現在も絶好調ですが、これからさらに大きく飛躍すると思っています。


    ⑤の『しかし、株価は25日移動線の下にある企業』
    今日の始値は806円で、25日移動線は832円くらいでした。


    ですから
    ①世界でEVが拡大すると業績が大きく伸びる企業
    ②資源循環など環境に注力して高度な技術を持っている企業
    ③PERでも割安な企業
    ④直近の業績が絶好調な企業
    ⑤しかし、株価は25日移動線の下にある企業

    の5条件を満たしていると考えました。

  • >>No. 1862

    ②の『資源循環など環境に注力して高度な技術を持つ企業』ですが
    大紀アルミニウム工業所のホームページにはこうあります。

    『自動車のボディやエンジン部、カメラ等の光学機器、家電製品、住宅資材など、くらしのあらゆる場面で使用されるアルミ合金。その個々の化学成分が、使用される製品に応じて微妙に異なっているのは、言うまでもありません。
     大紀は、こうしたきめ細かいニーズに着実に応えてきました。原料であるそれぞれのアルミスクラップの特性を活かしつつ、有効成分である各種金属をppm単位の配合で添加した上で溶解・製錬し、実に多彩なアルミ合金を創出してきたのです。
     鋳造性に、耐蝕性に、耐衝撃性に、優れるもの。切削性に、引張強度に、耐圧性に特長をもつもの…。アルミニウムを土台としながらも、アルミニウムとはひと味もふた味も違う金属へと生まれ変わる、その誕生の現場にこそ、私たちの培ってきた技術があります。
     1922年(大11)の創業以来、大紀は、アルミ合金業界の先駆者たる実績と技術力を伸長させてきました。製品力の高さは、国内はもちろん海外でも高評価を受け、世界のベンチマーク(指標・基準)として位置づけられるほどになっています。
     加工され、最終消費材へと姿を変えた製品には、大紀の〈DIK〉マークを見ることはできません。でも、私たちが生み出した数々のアルミ合金は、世界各地で花開いているのです。』

  • >>No. 1862

    ①の『世界でEVが拡大すると業績が大きく伸びる企業』ですが
    こういう記事があります。
      ※※※※※
     ベンツCクラスは大型化と軽量化を両立し、ボディーのアルミ使用率が約50%と高いアルミ化率が特徴だ。400万円台の価格帯で常識を覆すようなアルミ化率だ。
     これまで50%を超えるアルミ化率を持つ車種は1000万円超の超高級車が中心。今後Cクラス並みに車体の半分がアルミになる時代が来るかもしれない。
     自動車全体へのアルミの使用量は年々増加傾向にある。
     日本アルミニウム協会の調べでは自動車1台当たりのアルミの使用量は約160キログラム。全体の1割強でアルミが使われている計算だ。ただ従来はエンジンブロックなどダイカストや鋳造品が中心。フードやドアなどパネル材にどこまで採用されるかがテーマだ。
     単純にパネル材を軟鋼からアルミに置き換えれば重さは半分程度になる。これまで鋼材を高強度化し薄肉化して軽量化してきたが、「鋼板を使いこなすことによる軽量化はそろそろ限界に来ている」(関係者)。
     パネル材のアルミ化は燃費規制が厳しい欧州で先行していたが、米国の企業平均燃費(CAFE)規制が段階的に強化され、素材そのものが軽いアルミが注目されている。
     アルミのコストは鉄の数倍と言われる。原料となる地金が高く、素材コストを劇的に安くするのは難しい。アルミ缶のようにリサイクルを普及させ、新地金の使用量を減らせられるかがコスト低減のカギだ。
      地球温暖化対策で車体軽量化は待ったなしだ。ただ軽量化素材であるアルミを使うかは結局は軽量化とコストとのバランス。高級車や大衆車、軽自動車。またハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)など車種に合わせて鉄とアルミの使用比率は分かれ、多様な構造となるのが現実的だ。
     米国での自動車パネル用アルミ板材の需要は2020年に現在の10倍に拡大するという試算がある。
      ※※※※※

    テスラSはオールアルミボディですね。
    EVにシフトすればするほど、車のアルミ使用率は上がります。
    そして、この記事にもあるように、今後は『リサイクルを普及させ、新地金の使用量を減らせられるかがコスト低減のカギ』となります。

  • >>No. 1860

    18日に投稿した『いま買い集めている最中のD』というのが
    世界トップクラスのアルミニウム二次合金メーカーの
    5702 大紀アルミニウム工業所 です。

    ①世界でEVが拡大すると業績が大きく伸びる企業
    ②資源循環など環境に注力して高度な技術を持っている企業
    ③PERでも割安な企業
    ④直近の業績が絶好調な企業
    ⑤しかし、株価は25日移動線の下にある企業

    の5条件を満たしていると考えています。

    そして、9月29日に
    『どれもこれも大きく上がりすぎていますので、私は今は、逆に時価総額1兆円以上もある会社を大きく買い始めています』と書いた銘柄Sはもうおわかりでしょうけど
    5713 住友金属鉱山  です。

    どの国、どのメーカーがこれから自動車の覇権を握るとしても
    最も確からしい未来は、EV材料の大幅な需要増であるからです。

本文はここまでです このページの先頭へ