ここから本文です

投稿コメント一覧 (4469コメント)

  • 太陽光発電を導入する公立小中校、全国で30%を突破 2018年12月12日

    文部科学省は公立学校施設における再生可能エネルギー関連設備の設置状況を公表した。2018年5月1日現在の公立の小中学校における太陽光発電設備の設置率は、2015年度の24.6%から、2018年度は31.0%に増加。停電時でも使用可能な機能を有している設備の割合は、2015年度の44.5%から、2018年度は58.6%に増えている。

    この流れは企業にも波及しそうですね?ヽ(^o^)丿

    現状信用売りで値を崩しているが!

    レノバにおいては海外での新規の事業に期待したいですね?

  • 太陽光の“発電事業者”による新団体「ASPEn」誕生、その設立の狙いとは?2018年12月10日

    再生可能エネルギーの主力電源化がうたわれる一方で、太陽光発電には社会との共生など新たな課題も顕在化してきている。こうしたなか、中小規模の発電事業者を中心とする全国組織「一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn/アスペン)」が誕生。発電事業者による組織を立ち上げた狙いとは? 設立シンポジウムの様子をレポートする。

    抜粋

    自由で開放された電力市場、広い地域で電力を融通しあう送電網、そういうものは必ずできてくる。そうなると、皆さんのやっている電力(太陽光発電)が最優先で、競争力のある電力として必ず選択されるようになる。日本はいま化石燃料を年間25兆円くらい輸入しているが、これがいらなくなる。25兆円の減税をするようなもので、経済効果はばく大なもの。勉強をすればするほど、皆さんのやろうとしていることが正解であると思えてならない

    12月2日からポーランド・カトヴィツェで開催されるCOP24関連銘柄にも注目です。日本ではレノバが環境関連の中心銘柄です。レノバだけが証券市場での唯一の再エネ専門会社です !ヽ(^o^)丿

  • レノバの最新ニュース 

    苅田バイオマス発電所新設工事 起工式開催 2018年11月29日

    10月29日(月)、突き抜けるような秋晴れの空のもと、株式会社レノバが参画する苅田バイオマスエナジー株式会社は、予定通りの11月の着工に向け、苅田バイオマス発電所新設工事の起工式を開催いたしました。

    抜粋

    会場を移して開催されました直会で、事業者である苅田バイオマスエナジーを代表して当社代表取締役CEO木南は、「本事業は、バイオマス専焼の発電所としては日本最大級であり、日本の再エネ導入を牽引する重要な事例となることを確信している。地元に貢献できる事業となるよう、苅田バイオマスエナジーのスポンサーである住友林業、ヴェオリア・ジャパン、九電みらいエナジー、三原グループおよび当社の5社が一丸となり、各社得意分野で力を出し合って、本事業開発を推進していきたい」と述べました。

  • 気候変動適応計画の閣議決定のニュースを知らなかった人は多いでしょうね?

  • 【日本】政府、気候変動適応計画を閣議決定。企業、国民にも適応への基本的役割を設定 2018/11/29

    日本政府は11月27日、気候変動適応法に基づく気候変動適応計画を閣議決定した。また環境省は同日、事前に9月19日から10月18日まで実施した気候変動適応計画案に対するパブリックコメントの結果も公表した。同法は、政府に対し気候変動適応計画を策定することを義務化。地方自治体に対しては、地域気候変動適応計画策定の努力義務を課している。

    同計画は、2017年11月に閣議決定された「気候変動の影響への適応計画」を考慮しつつ、気候変動適応に関する施策の目標、計画期間、関係者の基本的役割、基本戦略、進捗管理等、及び気候変動適応に関する各分野の施策を記したもの。分野としては、「農業、森林・林業、水産業」「水環境・水資源」「自然生態系」「自然災害・沿岸域」「健康」「産業・経済活動」「国民生活・都市生活」の7つを設定した。同計画は、今後概ね5年毎に施策を見直す。

    抜粋

    気候変動適応の情報基盤を整備し、地方公共団体等の技術的援助を行うものとして国立環境研究所を位置づけた。国立環境研究所は、12月1日に「気候変動適応センター」を設立する。実施に向けた省庁関連系では、「気候変動適応推進会議」を設け環境省が議長を務める。

    12月2日からポーランド・カトヴィツェで開催されるCOP24関連銘柄にも注目です。日本ではレノバが環境関連の中心銘柄です。レノバだけが証券市場での唯一の再エネ専門会社です !ヽ(^o^)丿

  • 英蘭シェル、脱「石油メジャー」 再生エネに年2200億円 2018/11/29 日本経済新聞 電子版

    英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが事業構造の転換を急いでいる。温暖化ガスの排出に厳しい目が向き、石油離れが進むと判断。太陽光や風力などの再生可能エネルギーに年間20億ドル(約2200億円)を投じる。再生エネルギー事業を統括する役員、マーテン・ヴェツェラー氏は日本経済新聞社の取材に「もはや石油メジャーではなく、電力などエネルギーのメジャーになる」と語った。

    石油メジャーのシェルも再生エネに方向転換ですね!

  • 候変動会議―パリ協定始動へ道筋を 11/29(木) 朝日新聞デジタル

    地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を2020年以降に始動させられるかどうか、重要な局面である。国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP〈コップ〉24)が来月2日、ポーランドで始まる。パリ協定は、産業革命からの気温上昇を2度未満、できれば1・5度未満に抑えることをめざす。すべての国が温室効果ガスの削減目標を示し、対策に取り組むことになっている。COP24では、発効ずみのこの協定を実際に動かすために、運用ルールを話し合う。国別の削減目標にどんな内容を盛り込むか。排出量をどう算定し、目標の達成度をいかにチェックするか。

    モーサテでも環境に関するニュースが取り挙げられていましたね、来週からはポーランド開かれるCOP24のニュースが多く取り挙げられそうです?ヽ(^o^)丿

  • 温室ガス30年に25%減必要 パリ協定目標達成で分析 2018/11/28 共同通信社

    今世紀末までの気温上昇を2度未満に抑えるパリ協定の目標達成には、2030年の世界の温室効果ガス排出量を17年と比べ25%削減する必要があるとの報告書を国連環境計画が27日、公表した。横ばいだった世界の排出量が17年は増加に転じたとみられ、このままではパリ協定の目標達成は極めて難しいと指摘している。

    12月2日からポーランドで開かれる国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議で排出削減目標の引き上げも議論される予定で、各国に地球温暖化対策の強化を呼び掛けた。

    20年に始まるパリ協定は産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1.5度に抑えることを目指す。

    12月2日からポーランド・カトヴィツェで開催されるCOP24、日本ではレノバが環境関連の主力銘柄です。レノバだけが証券市場での唯一の再エネ専門会社です 。レノバが上がれば他の環境関連銘柄にも波及して行くのではないでしょうか?ヽ(^o^)丿

  • 非FIT非化石証書」取引、初入札は20年5月に/制度検討作業部会 2018/11/27

    総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)制度検討作業部会(座長=横山明彦・東京大学大学院教授)は26日の会合で、日本卸電力取引所(JEPX)が運営する非化石価値取引市場での「非FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)非化石証書」の初オークションを2020年5月に行う方針を了承した。売り、買い入札とも複数事業者の参加が予想されるため、取引コストを減らす観点などから約定価格が一点で決まるシングルプライスオークションを採用する。次回以降、約定収入の使途などを議論する。

    電源の保有及び開発状況
    計210MWの大規模太陽光発電所5ヶ所を建設しており、2019年に連続的に運転開始を予定しています。

    「非FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)非化石証書」の初オークションは2020年5月
    レノバにおいては追い風になりそうですね?

  • 温暖化対策の難路(下) COP24「脱炭素」促す成果を

    12月2日から14日の日程で、国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)がポーランド・カトヴィツェで開催される。COP24では、2015年に採択された「パリ協定」を本格稼働させるための実施規則(ルールブック)に合意する予定だ。

    株式市場は万博関連銘柄で賑わっているが、12月2日からポーランド・カトヴィツェで開催されるCOP24関連銘柄にも注目です。日本ではレノバが環境関連の中心銘柄です。レノバだけが証券市場での唯一の再エネ専門会社です 。レノバが上がれば他の環境関連銘柄にも波及して行くのではないでしょうか?ヽ(^o^)丿

  • テレビニュース等では報道されていませんが、中東では大変な事になっていますよ!

    またしても雹嵐と大洪水を伴う悪天候に見舞われているサウジアラビアに出現した悪魔的な雲
    2018年11月26日

    この夏以降、アラビア半島が度重なる悪天候に見舞われていますが、11月22日頃から、おそらく今現在もだと思われますが、サウジアラビアで非常に荒れた天候が続いています。

    特に聖地とされるメッカ周辺では、大雨と雹嵐ににより大洪水に見舞われるという事態となっていて、もはや砂漠の国という感じではなくなっています。

    年々激しくなる異常気象、科学者は指摘しています。地球温暖化一定以上進むと人間の手によって押しとどめることが不可能に! 日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうです。レノバだけが証券市場での唯一の再エネ専門会社です 。

    11月23日 雹によって雪景色のようになったメッカ近郊

  • 今月末で自社株買いも終了!最後に上げて終わって欲しいですね?

    12月から第2ステージへクリスマスプレゼントが用意されているかも

    知れませんね?ヽ(^o^)丿

  • 仮想電力発電所をクラウド運用 TIS、新電力などに提供 2018/11/25

    システム開発のTISは、太陽光発電や蓄電池、電気自動車(EV)などを一つの発電所のように統合する「仮想発電所(VPP)」の立ち上げを支援するサービスを始める。VPP事業を手掛けるアグリゲーター(節電仲介業者)向けに運用システムをクラウド形式で提供する。VPPに必要な機能をクラウドでまとめ、新電力などの企業が初期費用を抑えて導入しやすくした。

    レノバにおいては追い風になりそうですね?ヽ(^o^)丿

  • 二酸化炭素など温室効果ガスの濃度 観測史上最高に 2018年11月23日

    地球温暖化の原因となる二酸化炭素など3種類の温室効果ガスの世界の濃度が、去年、いずれも観測史上最も高くなったことがわかりました。WMO=世界気象機関は、主要な3種類の温室効果ガスの世界の平均濃度について、各国の気象当局や研究機関が観測した去年のデータを解析しました。

    それによりますと、二酸化炭素が405.5ppm、メタンが1859ppb、一酸化二窒素が329.9ppbと、いずれもおととしを上回り、世界各地で観測を始めた1984年以降、最も高くなりました。このうち、二酸化炭素と一酸化二窒素は1984年以降、毎年、増え続けています。

    解析に関わった気象庁は「大雨の頻度が増えるなど、地球温暖化による災害のリスクが高まっていると考えられ、引き続き、温暖化対策を進める必要がある」と話しています。

    大雨の頻度が増えるなど、地球温暖化による災害のリスクが高まっている、地球の未来はどうなるのでしょうか?脱炭素社会を加速させないと神話のノアの箱舟が現実に起こるかも知れませんね?

  • 温暖化が影響「米国で45兆円の被害」 2015年以降 11/24(土)

    米政府は23日、地球温暖化の米国への影響や対策の効果などをまとめた「国家気候評価書」を発表した。米国で温暖化に関連した山火事やハリケーンなどにより、2015年以降で4千億ドル(約45兆円)近くの被害が出たと指摘している。

    ニューヨーク・タイムズ紙などによると、評価書は、適切な対策が取られなかった場合、温暖化により2100年までには米国の国内総生産の最大10%の経済損失が生じるとした。これまで4年に1度改定され、トランプ政権では初めて。作成には政府や大学などの研究者が参加し、エネルギー省など13の政府機関も携わった。

    米国ではカリフォルニア州の山火事や、カリブ海やメキシコ湾岸のハリケーン被害などが相次ぐ。温暖化が進めば、渇水や洪水・高潮、山火事の頻度が増えたり、地域が広がったりする。評価書は対策として、温室効果ガスの排出に価格をつける炭素税などの導入や政府による排出規制、再生エネルギー研究への支援などをあげた。

    気候変動による世界での異常気象、地球温暖化はさらに加速しているものと思われます?2030年までにある程度の脱炭素化を目指さないと地球は壊滅です。科学者は指摘しています。地球温暖化一定以上進むと人間の手によって押しとどめることが不可能に! 日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうですね!

  • 2018/11/22 12:03

    Apple、iPhone XS/XRを減産予想で半導体関連銘柄は軒並み下落です。

    自動車銘柄もトランプ大統領の政策次第では大きな影響を受けそうです。

    そして2019年は世界景気は停滞か後退が予想されています。

    世界のビジネスマンが集結。グローバル企業の間では、省エネをビジネスにすることや、
    再生可能エネルギー100%を目指す動きが進んでいる。世界で脱炭素革命が起ころうとしてます。

    その中で生き残れるのは環境関連銘柄ではないでしょうか?

    レノバは日本の証券市場唯一の再エネ専門会社ですのでさらに注目されそうですね!

  • 太陽光発電設備、廃棄費用を外部積立に/エネ庁、売電収入から徴収 2018/11/22

    経済産業省・資源エネルギー庁は、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)買い取り期間終了後の太陽光発電設備の廃棄について、対応方針を固めた。発電事業者の売電収入から必要額を差し引き、第三者機関が源泉徴収方式で積み立てる。資金を安定的に確保し、社会的なコストを最小化させるとともに、将来的な設備への再投資を促すことで発生量自体の低減につなげる。

    FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)買い取り期間終了後の太陽光発電設備の廃棄について、対応方針を固めた

    FIT終了後、太陽光発電設備の廃棄が大量に出るのかな?廃棄が大量に出ればエヌ・ピー・シーおいては
    追い風になりそうですね?ヽ(^o^)丿

  • 地球温暖化の原因は100社にある?2018年11月20日 [産経新聞]

    欧米はもちろん、日本でも昨今、竜巻が発生したり、これまでの常識では考えられなかった異常気象が頻発(ひんぱつ)。そして、こうした異常気象の原因の一つは地球温暖化なのですが、未だに特定業界のために、地球温暖化を否定する連中がいるのも事実です。

    抜粋

    IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が設立された1988年以降、地球上に排出された温室効果ガスの71%は、全世界のたった100社によって排出されていたことが判明したとしています。ちなみに88年から2016年までに、この100社が排出したCO2の総量は9230億トンになるといいます。

    抜粋

    気象学者たちはこれまでから、地球の平均気温が2℃以上上昇すれば、大規模な(生物の)種の絶滅といった壊滅的で取り返しのつかない変化を世界の天候や生態系にもたらす可能性があると訴えてきました。

    しかし今回の報告書によると、これから28年にわたり、88年から2017年までと同じペースで各国が化石燃料を採掘・利用し続ければ、今世紀末までに地球の平均気温は2℃どころか4℃も上昇し、種の絶滅や世界的な食糧不足という致命的な状況をもたらす可能性があると警告しています。

    抜粋

    米国の有名な環境保護団体「シエラ・クラブ」のエグゼクティブ・ディレクター、マイケル・ブルン氏は「(様々な企業に投資する)投資家は化石燃料から脱却すべきだ」と断言。

    さらに、投資家が化石燃料を扱う企業に肩入れすることについて「道徳的に危険なだけでなく、経済的に危険である。世界は加速度的なペースで化石燃料からクリーンエネルギーへと移行しており、化石燃料を扱う企業への投資を続けていた企業は、時間の経過と共に、そうした投資がますます危険なものになるだろう」と警告しました。われわれ日本人も、年々激しくなる異常気象に対し「しゃあないなー」と諦めるのではなく、官民一体となって何らかの対策を講じる時期に来ていると思います。

    科学者は指摘しています。地球温暖化一定以上進むと人間の手によって押しとどめることが不可能に! 日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうです?

  • COP24、来月2日にポーランドで開幕 2018/11/20

    パリ協定、運用ルール交渉本格化へ

    2020年以降の温室効果ガス排出削減の枠組みであるパリ協定の実施指針(運用ルール)策定に向けた交渉が本格化する。12月2日、国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)がポーランドのカトビツェで開幕する。温室効果ガス削減目標(NDC)の進捗確認の仕組みや途上国への資金支援を巡り、着地点を見いだせるかが焦点だ。気候変動問題に詳しい専門家は交渉の行方について、「決裂させたい国はなく、何らかの合意はする」とみる一方、「どれほど中身が詰まったものになるかは別の話」と指摘している。

    COP24が近づくにつれて関連銘柄が物色されそです?ヽ(^o^)丿

    レノバは日本の証券市場唯一の再エネ専門会社ですのでさらに注目されそうですね!

  • >レノバがJPXの取材うけてる💡これですね!

    上場会社トップインタビュー「創」株式会社レノバ 2018/11/19

    日本の証券市場唯一の再エネ専門会社

    皆さんは、日本のエネルギー自給率をご存知だろうか。日本の自給率はわずか8%。なんと92%を輸入でまかなっている。そのほとんどが石炭、原油、天然ガスといった化石燃料で、それらの埋蔵量が尽きるのはそれほど遠い将来のことではないといわれている。

    そこで人類の頼みは水力、風力、太陽光、バイオマスの再生可能エネルギーだ。CO2削減とも相まって、各国は再エネへの転換に力を入れている。日本も同様だと言いたいところだが、「日本の政策は10年遅れている」と株式会社レノバ 代表取締役社長 CEOの木南陽介さんは語る。

    抜粋

    木南さん率いる株式会社レノバは、現時点で日本の証券市場に上場している唯一の再生可能エネルギー発電の専門会社だ。売上数兆円の再エネ企業がしのぎを削る欧米に比べると寂しい限りだが、それゆえにレノバにかかる期待は大きい。昨今、世界的に「ESG」「SDGs」*2への注目が高まるなか、2017年2月にマザーズ上場、2018年2月に東証一部銘柄に指定されたニューフェースに、機関投資家、個人投資家、銀行や生命保険会社、開発を進める地元の人々まで応援団が増え続けている。

    日本の証券市場唯一の再エネ専門会社ですレノバブランドが炸裂しそうですね?

    株価も外部環境で悪化しているがレノバにおいては先高期待が期待出来そうですね?ヽ(^o^)丿

本文はここまでです このページの先頭へ