ここから本文です

投稿コメント一覧 (4088コメント)

  • >>No. 460

    >前年度の繰り越し分の売上と今年の契約分が懸かっています。これをおじゃんにするわけにはいけません!

    10のエタノール工場に10億ドルを投資

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://www.razon.com.mx/spip.php%3Farticle351128&prev=search

    Stephan Wittigは生産の潜在的な州がTamaulipas、San Luis Potosi、Veracruz、Colima、Nayarit、Michoacán、特に石油価格の低下の影響を受けたメキシコ南東部の地域、主にTabascoとCampecheであり、ソルガム、サトウキビ、スイートソルガムの栽培。

    タバスコでエタノール工場を計画 2017年5月2日 タマウリパスにはバイオ燃料工場があります

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://diariovisionmx.com/tamaulipas-contara-con-planta-de-biocombustibles/&prev=search

    Tamaulipasに続いてカンペチェにエタノール工場を建設!

    https://www.youtube.com/watch?v=-hDvGioTOrU

    この目的はカンペチェに設置する予定のエタノールプラントについて、スーパーソルガム工場の実証プロットを行うことであると語った。

    E10建設でスーパーソルガムのエタノール事業は現実の物となります!

    外部事業会社からの借入を検討しております!

    会社の運営資金に目途がつけば暴騰の可能性も秘めているのでは?

  • >平成29 年10 月における月末の当社、及び当社グループの各支払資金につきまして
    は、外部事業会社からの借入を検討しております。

    外部事業会社からの借入の検討において11月の初旬には何らかのIRが出るでしょうね?

    運営資金においては最悪な状況は回避できるのではないでしょうか?

    前年度の繰り越し分の売上と今年の契約分が懸かっています。これを

    おじゃんにするわけにはいけません!

    10のエタノール工場に10億ドルを投資

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://www.razon.com.mx/spip.php%3Farticle351128&prev=search

    同組織のステファン・ウィティヒ会長は、このようなインフラストラクチャーは、10億ドルの民間投資を意味するとしているが、植物を供給するために7億ドルの原材料の栽培も爆発させなければならないと語った。

    メキシコ全土でスーパーソルガムをメーンに栽培メキシコの農家と経済を活性化させる一大産業プロジェクトです。万が一の場合はメキシコの将来の経済にも悪影響を与える可能性もあります。

    合弁・資本業務提携等いろんな案を結集してこの難局を対処していただきたいです!

  • >>No. 122

    >資金ショート寸前でのお粗末な輸送ミスこのミスを二度と起こさない為にもどこかの大手と組むのが妥当かも?

    日本人はソルガム生産の技術的進歩をもたらす  08/06/2017

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=pt&u=http://www.faeal.org.br/info_detail.asp%3Fid%3D1588&prev=search

    EarthNote社が日本の大学と提携して開発したソルガムの遺伝子組換えで得られた技術的進歩は、ファエアルで開催された会議でAlagoasの農業部門の代表者に08年木曜日に発表された。

    抜粋

    ブラジルの豊田通商のマネージャーであり、EarthNote Japanを代表するRoberto Adaniya氏によると、同社はソルガム種子ハイブリダイゼーション技術を習得しており、各地域ごとに特定の品種を作ることが可能である。 "この場合、種子はブラジルにうまく適応するだろう。 州がサトウキビの作付けと砂糖とエタノール生産の歴史を持つため、アラゴアスを選んだと彼は宣言した。

    増資があるとすれば自営路線を貫き無名のファンドと組むのか?それともアースノートと組んでいる大手の豊田通商と組むか分かれそうですが?パイプがあるのだから株主としては豊田通商と組むのが妥当と判断するでしょうね?

    月末に資金ショートと考えるとなれば明日にも何らかのIRが出ても不思議ではありません?

  • >>No. 120

    俺はミー太郎さんこんにちは
    >ヤハリ、その筆頭はアースノートの仲立ちで豊田でしょう!恐らく(*^-^*)

    豊田通商ブラジルNovaAgri Infra-Estrutura de Armazenagem e Escoamento Agrícola S.A.の株式取得(子会社化)に関するお知らせ2015年01月30日

    http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/150130_002738.html

    今回、穀物の一大生産地であるブラジルにおいて穀物倉庫や鉄道積み替え施設、輸出ターミナル等の穀物インフラ事業を展開するNovaAgriの株式を取得し同社を完全子会社とする

    豊田通商とアースノートのブラジルにおいてのスーパーソルガムの説明会の動画

    http://www.tnh1.com.br/tnh1-tv/canal/alagoas-rural/single/video/faeal-apresentou-uma-variedade-de-sorgo-resistente-a-escassez-de-chuva/?cHash=b809d82035e19bcf7f6d115f6cf00b3b

    豊田通商は南米での種子の開拓アースノートは豊田通商の土地を利用しブラジル・メキシコでの種子を生産する為の土地の確保が目的ソルガムジャパンは豊田通商との提携でメキシコ・ブラジル・南米のスーパーソルガム種子の共同開拓が目的そう考えると豊田通商の資本提携もあるかもしれませんね?(*^。^*)

    隣の隣人と組めば一石三鳥の効果はある思うのですが?

  • アメリカ合衆国もスーパーソルガムに注目をしています!

    スーパーソルガム(研究・開発を目指しています)10/03/17

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.koenigequipment.com/industry-news/2017/10/super-sorghum&prev=search

    穀物ソルガムの生産者は、しばしば、劣等感が似ている行作物に劣っていることを嘆いている。 しかし、それは変わるところです。
    2016年、業界のリーダーは熱心に、穀物ソルガムの新しいフロンティアを探求し、開発するイニシアチブを開始しました。 カンザス州立大学(KSU)で新しく設立されたソルガム改善センターでは、ソルガム収量と市場を促進するための野心的な計画である「スーパーソルガム」と呼ばれています。

    抜粋

    「ソルガム収量を改善するための研究が必要であり、最終的には伝統的に4.6%の割引であったトウモロコシに対する価格割引を減らす必要がある」とShort博士は説明する。 「家畜飼料、エタノール、ヒト、ペットフードの機会を拡大すれば、消費需要の新たな扉を開くことができます。

    アメリカには負けられませんメキシコはスーパーソルガムの栽培で世界一を目指すでしょう!

    合弁・資本業務提携等いろんな案を衆知結集してこの難局を対処していただきたいです。

    会社の運営資金に目途がつけば暴騰の可能性もあるのでは?

  • おはようございます。

    フェルティランド・テレビ - 「 スーパーソルガムの農業経営」2017/10/02 に公開

    https://www.youtube.com/watch?v=r4ukscndFYU

    メキシコの農家の方はスーパーソルガムの種子に期待しています。

    金欠の為に来年の種子が確保が出来ないそのような事は通用しません!

    メキシコの農家の方は今すぐにも種子を必要としているのです。

    株主としては増資は嫌われるがメキシコの農家の方が待ち望んでいるのであれば

    即実施して期待に応えてほしいですね株価も増資は織り込んでいるでしょう?

    仮に○○通商と組めば安定株主として株を市場に放出しない可能性もあります。

    合弁・資本業務提携等いろんな案を衆知結集してこの難局を対処していただきたいです。

  • SORPER SORGO、メキシコでの成功例

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://www.tierrafertil.com.mx/super-sorgo-casos-de-exito-en-mexico/&prev=search

    2017年にメキシコのスーパーソルガムを栽培することは、もはや飼料産業にとって驚くべき農業の現実となる重要な約束ではなくなりました。
    日本の起業家であるEARTHNOTE社は、商業執行機関であるSuper SorghumMéxicoを通じて、スーパーソルゴの種子で国内市場での最初の年ではほとんどなかったが、メキシコの分野では成功のケースが増えている。
    メキシコ共和国のスーパーソルガム、農家、牧場経営者の養成を専門とする科学者の助けを借りて、彼らは懐疑的から驚きと不安から喜びへ。

    >、常連の方々が言われでいたけど、この難局を乗りきるには自力では無理だと思う。
    海千山千の海外の企業と伍していくには交渉力が大きな比重を占める。合弁、事業提携等で、いろんな衆知を結集した方がコストがかからず、リスクも軽減でき相乗効果も期待できると思う。

    現状企業存続する選択技がいろいろあります。

    メキシコではエタノールプラントの建設でスーパーソルガムの使用が見込まれます。スーパーソルガムで地域社会・農村部で経済を爆破させる可能性がありす。
    メキシコの農家の方はスーパーソルガムに大きな期待を持っています。この難局を打開してぜひ農家の方へ大きな夢と大きな喜びを与えて下さい。未来資源で世界の人々を幸せにするこれがソルガムジャパンの使命です。

  • 企業名が出ていないが私はこちらを信じますね!

    03/27/2018 ソルガム トン タマウリパス メキシコ

    04/07/2018 ソルガムミロ 1000トンバルク JALISCO メキシコ

    出典:SNIIM国家情報・市場統合システム

    1000tは来期の1Qなる可能性もあるが1Qから3Qはソルガムの

    売上げがないのだから良いのではないか!

    タマウリパスはトン数は分からないが遅れがなければ今期に売上げが計上出来る

    のではないでしょうか?(*^。^*)

  • 来年再来年はスーパーソルガムの種子の受注は間違いなく増加します!

    メキシコにおける10のエタノールプラントの建設 2017年6月18日

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&prev=search&rurl=translate.google.co.jp&sl=es&sp=nmt4&u=http://lajornadasanluis.com.mx/economia/impulsan-construccion-10-plantas-etanol-mexico/&usg=ALkJrhhmlafzKXljFNfyWhCgmBYLF_kuLw

    「毎年、この投資は現場に戻ってくるでしょう。私たちはその投資を維持して原材料を保有しなければなりません。 私たちは全国的に多くのパートナーを探していますが、米国やブラジルを中心に多くの外国人が興味を持っています。

    Notimexとのインタビューで、彼は、このプロジェクトは、エネルギー、経済、農業の事務局に既に提示されていると説明し、後者では、彼らが栽培する400万ヘクタールを廃止すると述べた。

    「これらの土地を注入して生産するためには、地域社会でよく見られ、農村部で経済を爆破させる可能性があり、移行を止めることさえあります。これは、バイオ燃料 "と述べた。

    Stephan Wittigは生産の潜在的な州がTamaulipas、San Luis Potosi、Veracruz、Colima、Nayarit、Michoacán、特にメキシコ南東部、石油価格の下落の影響を受けた地域、主にTabascoとCampecheであると説明し、ソルガム、サトウキビ、スイートソルガムの栽培。

    ミスの連続!来年再来年を考えれば今の現状では1社では対応は出来ないでしょうね?

  • >気づいたら♡ ( ^^) _旦~~  トヨ〇ツウショウが大株主になってたりして♪

    豊田通商ブラジルNovaAgri Infra-Estrutura de Armazenagem e Escoamento Agrícola S.A.の株式取得(子会社化)に関するお知らせ2015年01月30日

    http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/150130_002738.html

    株式の取得の理由

    当社は、食料事業を重点分野と位置付けており、1968年に穀物サイロ事業を創業し現在は日本国内4拠点で穀物サイロ事業を展開するなど、同事業における長年の経験と日本国内における取り扱い数量トップクラスのノウハウを強みとしています。今回、穀物の一大生産地であるブラジルにおいて穀物倉庫や鉄道積み替え施設、輸出ターミナル等の穀物インフラ事業を展開するNovaAgriの株式を取得し同社を完全子会社とすることで、穀物集荷をはじめとする顧客サービスを強化し、川上から川下にいたるサプライチェーンの確立に取り組み、穀物の安定供給ならびに同分野における更なる事業の拡大を目指してまいります。

    豊田通商とアースノートのブラジルにおいてのスーパーソルガムの説明会の動画

    http://www.tnh1.com.br/tnh1-tv/canal/alagoas-rural/single/video/faeal-apresentou-uma-variedade-de-sorgo-resistente-a-escassez-de-chuva/?cHash=b809d82035e19bcf7f6d115f6cf00b3b

    200円以下での買い板の厚さ何か材料があるのかな?

  • >メキシコ合衆国ではスーパーソルガムが只今推進中です!

    Tamaulipasは、ソルガムに基づくバイオ燃料工場を持つ

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://enreynosa.com/2017/07/23/tamaulipas-contara-con-planta-de-biocombustibles-a-base-de-sorgo/&prev=search

    最初の75mdpが供給されたプロジェクトは、1日当たり350,000リットルのバイオ燃料の生産を可能にする。 それはガソリンの輸入に代わるもので、毎年10億ペソを節約する。

    2017年7月21日

    シウダード・ビクトリア、タマウリパス.-今後数ヶ月で、最初のタマウリパス・ソルガムベースのエタノールプラントの建設は、1日当たり350,000リットルのバイオ燃料を生産し、毎年304,000トンの穀物を処理する能力を持つ、ヴァッレ・エルモソの自治体で始まる第2段階で450千の潜在能力を有する。

    彼のツアーの木曜日、FranciscoGarcíaCabeza de Vaca知事と農業、家畜、農村開発、漁業と食品(SAGARPA)のJose Calzada Rovirosaは、SociedadAnónimaPromotora deInversiónに設立された農業起業家と会見した(SAPI)。

    売りたい人は早く売って楽になりましょうね!

  • Tecnicas de muestreo para forrajes en super sorgo
    Inicia: 24/05/2017

    http://portal.ucol.mx/capacitacion/Tecnicas_de_muestreo_para_forrajes_.htm

    Técnicas Reunidas

    http://www.tecnicasreunidas.es/en/

    メキシコ合衆国ではスーパーソルガムは只今推進中です!

  • >商社と組めばメキシコまでの輸送問題は起こらなかったと
    思うが?サプライズ増資を待っていますよ!

    ソルガムジャパンと密接な関係のあるアースノートのブラジル進出です。
    TECHNOLOGY の日本は、ソルガム生産の技術進歩をもたらします 。

    豊田通商とアースノートのブラジルにおいての説明会の動画

    http://www.tnh1.com.br/tnh1-tv/canal/alagoas-rural/single/video/faeal-apresentou-uma-variedade-de-sorgo-resistente-a-escassez-de-chuva/?cHash=b809d82035e19bcf7f6d115f6cf00b3b

    豊田通商は南米での種子の開拓アースノートは豊田通商の土地を利用しブラジル・メキシコでの種子を生産する為の土地の確保が目的ソルガムジャパンは豊田通商との提携でメキシコ・ブラジル・南米のスーパーソルガム種子の共同開拓が目的そう考えると豊田通商の資本提携もあるかもしれませんね?(*^。^*)

  • >スパソルは1日5㎝の成長が、目に見える こっちでしょう。

    Sorgo forragero gigante

    https://www.youtube.com/watch?v=9nJu1n1Auj4

    いよいよですね!あとは松茸です。

  • このたびのメキシコ大地震で亡くなられた方々におきましては、ご冥福を
    お祈り申し上げます。
    被災された方々におきましては、心よりお見舞い申し上げます。
    これからの救命活動でより多くの人命が救われますようにお祈り申し上げます。

  • >700万ヘクタール、種子7万トンくらい売れば10000円くらい行くはず
    みたいな皮算用

    10のエタノール工場に10億ドルを投資

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://www.razon.com.mx/spip.php%3Farticle351128&prev=search

    同組織のステファン・ウィティヒ会長は、このようなインフラストラクチャーは、10億ドルの民間投資を意味するとしているが、植物を供給するために7億ドルの原材料の栽培も爆発させなければならないと語った。

    Notimexとのインタビューで、彼は、このプロジェクトはエネルギー、経済、農業の事務局に既に提示されており、後者は耕作400万ヘクタールを持っていると述べ、廃止されたと説明した。

    重要 彼は、このプロジェクトはエネルギー、経済、農業の事務局に既に提示されており、後者は耕作400万ヘクタールを持っていると述べ、廃止されたと説明した。

    2019年度はどうなるのか?2018年~2019年にはメキシコではエタノールの生産が始まります。種子の増産が予想されます。種子の生産は10000t~20000tが予想されると思います?

    ソルガムからスーパーソルへの置き換えが進めば5年以内には5000円~6000円台に株価も上昇すると思われます?(*^。^*)

    今期黒字になればの話ですが?来期は銀行からの借り入れも予想されそうですね?(*^。^*)

  • DOFは、Tamaulipanプロデューサーの目標所得への補助インセンティブを発行します

    国家政府 お問い合わせ| 2017年9月14日

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://www.buenosdiastamaulipas.com/gobierno-del-estado/publica-el-dof-el-incentivo-complementario-al-ingreso-objetivo-para-productores-tamaulipecos&prev=search

    Cdビクトリア .-農業、畜産、農村開発、漁業、食品(SAGARPA)のジョゼ・カルザダ・ロビローザ(Boskarza Rovirosa)長官とのフランシスコ・ガルシア・カベザ・ヴァカ(FranciscoGarcíaCabeza de Vaca)総裁による努力の結果、連邦官報(DOF)Tamaulipasの生産者のためのOI 2016-2017農業サイクルの所得に対する補完インセンティブ目標。

    文書は他の州を設定しているが、トウモロコシにおける50万3000トンの許可された量はタマウリパスとチワワに対応している。 ソルガムの場合、認可された量は2百万382千トンであり、認可された企業の約90%に相当し、10%はその他の国のものである。

    文書は他の州にも設定しているそですね補助金制度はスーパーソルガムにおいては追い風になりそうです!

    将来は普通のソルガムからスーパーソルガムへ置き換えが進むでしょうね!

    いよいよハリスコ州の1000トンの契約が月末~10月初めにIRで出るか?

    空売りの動向にも注目です?(*^。^*)

  • カンペチェ
    日本企業が生産者を養子にするソーゴム養殖場のプロジェクトを発表

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=es&u=http://www.reporte24.com.mx/campeche/empresa-japonesa-presenta-proyecto-de-sorgo-forrajero-a-productores-pecuarios/&prev=search

    カンペチェは5万トンのソルガムを生産し、スーパーソルガムの樹立は、1ヘクタール当たり最大300トンで、現在は1ヘクタール当たり50トンの600パーセントを生産することができます。農家、畜産、農村開発、漁業および食品事務局(SAGARPA)のDr. Cruz Alberto UcHernándezは、州の家畜のための食糧不足の問題を解決するサトウキビについて述べた。

    抜粋

    川本由紀夫(メキシコのスーパーソルガム・デ・メキシコ代表)は、40の地域のメキシコでは、ヘリコプターのように優れた成果をあげてスーパーソルガムを栽培しており、ヘリコプターには300トン/ヘクタールさらに、低コストで生産し、牛の飼養のために高い収量を得ることができる。

    SAGARPAの代表であるCruz Alberto UcHernández博士は、「このスーパーソルガムのこのプロジェクト」は18カ国で評価されており、数年前にテストされたハリスコ州のメキシコで評価されています。研究者。 私たちは3週間前カンペチェに到着し、この品種で得られた成果についていくつかの情報を提供しました。

    カンペチェにエタノール工場を建設!2017/08/15

    https://www.youtube.com/watch?v=-hDvGioTOrU

    この目的はカンペチェに設置する予定のエタノールプラントについて、スーパーソルガム工場の実証プロットを行うことであると語った。

    ハリスコ州の1000トンの契約が月末か10月初めには出るでしょうね?

    カンペチェのニュースから推測すれば1000トンの契約が不履行になるとは考えられないが?

    四季報も1000tの契約がまとまればがらりと変わるでしょうね?(*^。^*)

  • ハリスコ州の1000トンの契約が月末か10月初めには出るでしょうね?

    それに標準を合わせて徐々に上昇して来ると思われますが?

    社員に給料が払えない状況を考慮すればその前に増資もあるかも知れません?

    良い増資と悪い増資がありますから注意した方が良いですね!

    仮に豊田通商と組めば安定株主として株を市場に放出しない可能性もあります。

    ソルガムジャパンの信頼度はかなり上がると思われます。

    これから月末にかけてどのような展開になるのか楽しみです?(*^。^*)

  • スーパーソルガム、サトウキビに代わる代替

    農業ハリスコ州で実験

    http://agroamigo.mx/el-super-sorgo-una-alternativa-para-sustituir-la-cana/

    Ahualulco市場、ジャル。サトウキビ生産者の収益性の低下に直面しては、緩和するために、代替の検索で歩く彼女の厳しい市場で他の作物で。選択肢の一つは、その最適な状態で、この草の様々な家畜用ヘクタールあたりの牧草地の135トンを生産して、約5メートルの高飼料となり、スーパーソルガムと呼ばれる優れた視点を提供しました中の穀物に加えて。
    彼らは、この作物を研究していると述べたAhualulco市場の市長、ジェラルド・ギザー・マシアス、調達のために17カ国で推進してきた日本企業の昇進の下で数年を。
    では 、この点について、ハリスコ州の農業委員会の会長、オティーイオ・ヴァルデス・コレア、そのような卵の生産者や肉などの穀物の大規模な消費者は、この草とそれらの特殊性飼料の特性の非常に認識していることを言いました彼らの栄養指標と風味の穀物が家畜や家禽のためにそれを口に合うようにします。

    抜粋

    彼は巨大なソルガムの結果は、その費用便益比で説得力のある場合は、ハリスコ州は、彼らが他の製品のマーケティングのためのより魅力的となっているため、近年では減少してきたこの穀物の生産を再活性化できることを付け加えました。

    5000tの契約もまもなくでしょうね?(*^。^*)

    今期は来期の種子の資金を確保するために利益は微々たるものであろうが来期の運営資金を確保出来れば

    来期からは大幅増益が見込まれるのではないでしょうか?

    万が一増資となれば豊田通商も絡んで来るでしょうね?(*^。^*)

本文はここまでです このページの先頭へ