ここから本文です

投稿コメント一覧 (4402コメント)

  • >>No. 387

    国連国際防災戦略、過去20年間の自然災害経済損失325兆円。そのうち気候変動関連が77% 2018/10/18

    国連国際防災戦略(UNISDR)は10月10日、1998年から2017年までの自然災害による経済損失額をまとめた報告書を発表した。この20年の自然災害経済損失額は2兆9,080億米ドル(約325兆円)。そのうち気候変動による経済損失額は全体77%を占める2兆2,245億米ドル(約252兆円だった)。

    その前の20年間(1978年から1997年)は、自然災害経済損失額は1兆3,130億米ドル(約148兆円)、そのうち気候変動による経済損失額は全体の68%の8,950億米ドル(約100兆円)。これと比較すると、気候変動による経済損失額は151%増加したことがわかる。

    災害発生回数でみても、気候変動関連のものが全体91%を占める。洪水が43.4%、嵐が28.2%でこの2つで大半を占めている。国・地域別では、米国が9,448億米ドル(約106兆円)で最大。それに中国4,922億米ドル(約56兆円)、日本3,763億米ドル(約42兆円)、インド795億米ドル(約8.9兆円)、プエルトリコ715億米ドル(約8.0兆円)、ドイツ579億米ドル(約6.5兆円)、イタリア566億米ドル(約6.4兆円)、タイ524億米ドル(約5.9兆円)、フランス483億米ドル(約5.4兆円)、メキシコ465億米ドル(約5.2兆円)と続く。日本は東日本大震災によるものが2,280億米ドル(約26兆円)と全体の61%を占めた。

    気候変動関連のものが全体91%を占める。洪水が43.4%、嵐が28.2%でこの2つで大半を占めている。
    この異常事態どう読み取るか?生保のESG投資の基準がさらに厳しくなりそうですね?企業はそれに対応していかなければならない、レノバにおいては追い風になりそうです。

  • 過積載太陽光、蓄電池併設に条件/区分計量と非FIT、エネ庁が方針 2018/10/18

    経済産業省・資源エネルギー庁は、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)認定取得後、「過積載」の事業用太陽光に対して事後的に蓄電池を併設し、売電収入を増やすケースへの対処方針をまとた。想定するのは、パワーコンディショナー(PCS)によって日中カットされていた電気を蓄電池に貯め、夕方以降にシフトして逆潮流させる事例。区分計量を行った上で、非FITとしての売電を条件に併設を認める。近くパブリックコメント(意見募集)を実施する。必要な手続きが整い次第、速やかに施行する方針だ。今回、エネ庁が問題視したのは蓄電池を併設するケースだ。過積載の太陽光発電設備に事後的に蓄電池を併設することにより、それまで捨てられていた再生可能エネ電気を充電し、夕方以降に放電・逆潮流してFITによる売電収入を得る。

    九州電力の太陽光の一時停止での経済産業省・資源エネルギー庁の方針政策でしょう!

    レノバにおいては追い風になりそうですね?ヽ(^o^)丿

  • テレビニュースではあまり報道されませんが地球は大変な事になっています。

    アラビア半島のイエメンに史上3番目となるサイクロン・ルバンが上陸。「2日間で数年分の雨」が降り、壊滅的な大洪水に 2018年10月17日

    中東アラビア半島のイエメンに、10月14日、サイクロン「ルバン」が上陸し、ふだんはほとんどの雨の降らない砂漠の国にイエメンに、数年分と考えられる雨量を記録する大雨が降り、大変な洪水が引き起こされています。

    タイムリミットはまじかです。環境破壊のドミノ倒しで地球は壊滅です。差し迫った地球温暖化!時間はありません、日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうです?

    10月15日 イエメンの大洪水の中で慣れない水中を進むラクダ

  • 太陽光発電の「出力制御」 これでも「主力化」なのか 毎日新聞2018年10月16日 

    九州電力が、一部の太陽光発電の事業者に対し一時的に発電を停止させる「出力制御」を実施した。太陽光の発電量が増えて需給バランスが崩れ、大規模停電(ブラックアウト)に陥るのを防ぐためだ。

    電気の需要と供給のバランスが崩れた時の怖さは、北海道のブラックアウトで示された通りだ。

    天候で発電量が左右される太陽光を受け入れている電力会社は通常、その発電量の変動に合わせて火力発電の出力を調整し、需給のバランスを取っている。

    しかし今回は、好天で発電量が増した半面、週末で需要が減ったため、火力の抑制に加え、余剰電気を揚水発電用や他の電力会社への供給に回しても調整し切れなかったという。

    太陽光の導入が急速に進んだ九電では、冷房需要が乏しくなる季節で、企業が休みになる週末に晴天になると出力制限が避けられなくなることは想定されていた。それにもかかわらず、制限を回避できなかった原因をしっかり検証する必要がある。

    原発もその一つだろう。九電は4基の原発を稼働している。政府のルールは、原発は出力調整が難しいとして太陽光の出力制限を優先させている。原発依存度低減という政策目標との整合性が問われそうだ。

    太陽光は九州や四国、風力は北海道や東北と、気象条件に恵まれた地域に立地が偏っている。一方、電気の大消費地は遠く離れた首都圏などの都市部である。再生可能エネルギーの導入が進んだ地域では今回と同様の制限が起きてもおかしくない。

    抜粋

    大容量の蓄電池や、余剰電力で水を分解し水素の形でためておく技術による解決も考えられるが、技術開発はまだ、採算が見合うレベルに達していない。

    政府は、エネルギー基本計画で再生エネを「主力電源化」する方針を打ち出した。再生エネによる電気を無駄にすることは国民感情としても抵抗がある。民間だけでは解決できない課題に主体的に取り組むべきだろう。

    国は再生エネを「主力電源化」とする!九州電力は再生エネを最優先にするべきではないでしょうか ?

    地球温暖化を防ぐために再エネには国民の税金が投入されているのですよ!

  • 地球温暖化の影響は想定より深刻、IPCCが警告 1.5℃上昇で状況は大幅に悪化、2030年には1.5℃に達する可能性も

    シリアの首都ダマスカス : 内戦による廃墟を洪水が襲った後の終末的な光景 2018年10月15日

    中東のニュースは全般として入手しにくいですが、中でも特にシリアやイラクに関してのニュースというのは、テロや紛争関係はともかく、気象情報などは、日本語ではもちろん、英語などの報道でもあまり取りあげられることがありません。なので、そのような地域で起きていることを知るには、たまに現地のアラビア語の気象ニュースを眺めるしかないのですが、最近、シリアの首都ダマスカスが非常に激しい暴風雨に襲われていたことを知りました。
    シリアは全土的に砂漠的な地域の国ですが、10月13日、シリアの首都ダマスカスが、大雨と、それによる洪水の発生で大きな被害を出したと伝えられていました。

    176年ぶりにスペインにハリケーンが上陸か。極めて異例のコースの進路のハリケーン「レスリー」が見せる「地球の変化」  2018/10/14

    「 1842年にスペインをハリケーンが襲った記録が残っている」

    とあり、実に 176年ぶりということになります。ハリケーンではない暴風雨にしても、2005年に 1度あっただけらしいですので、非常に珍しい気象の状況となるようです。

    タイムリミットはまじかです。環境破壊のドミノ倒しで地球は壊滅です。差し迫った地球温暖化!時間はありません、日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうです?

  • トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ 2018/10/14

    トヨタ自動車が先頃、次世代環境車を専門に担当する200人規模の社内組織「トヨタZEVファクトリー」を立ち上げたそうです。社内に分散していた開発、生産、事業など各部門の人材を新組織に集めて商品化のスピードを上げるのが狙いで、EV事業企画室を母体に新たにFCV(燃料電池車)開発や生産部門の人材も加え、開発から量産までを一貫して担当。新組織は成長戦略の具体化に向けた重要な位置付けとなり、日経新聞によると「先進技術開発カンパニー」の寺師茂樹副社長がトップを担当するそうです。

    米カリフォルニア州などでは、一定のZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)販売を義務付けており、トヨタは2020年を皮切りに世界で10車種以上のEVを販売する計画で、今後はFCVの商用車への車種拡大も含め、電動化を急ぐ考えのようです。

    その時は再生可能エネルギーに注目が集まるでしょね?ヽ(^o^)丿

    トヨタはスパークスに未来創生ファンドで100億円の融資をしています。5年後には2倍・3倍になって戻って来そうですね?ヽ(^o^)丿

  • トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ 2018/10/14

    トヨタ自動車が先頃、次世代環境車を専門に担当する200人規模の社内組織「トヨタZEVファクトリー」を立ち上げたそうです。社内に分散していた開発、生産、事業など各部門の人材を新組織に集めて商品化のスピードを上げるのが狙いで、EV事業企画室を母体に新たにFCV(燃料電池車)開発や生産部門の人材も加え、開発から量産までを一貫して担当。新組織は成長戦略の具体化に向けた重要な位置付けとなり、日経新聞によると「先進技術開発カンパニー」の寺師茂樹副社長がトップを担当するそうです。

    米カリフォルニア州などでは、一定のZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)販売を義務付けており、トヨタは2020年を皮切りに世界で10車種以上のEVを販売する計画で、今後はFCVの商用車への車種拡大も含め、電動化を急ぐ考えのようです。

    ガソリン燃料からEV自動車の時代に移行して行きそうですね!

    その時は再生可能エネルギーに注目が集まるでしょね?ヽ(^o^)丿

  • シンワワイズ、6-8月期(1Q)経常は赤字縮小で着地

    Shinwa Wise Holdings <2437> [JQ] が10月11日大引け後(15:30)に決算を発表。19年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常損益は1100万円の赤字(前年同期は1億6300万円の赤字)に赤字幅が縮小した。

    直近3ヵ月の実績である6-8月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-50.8%→-0.3%に急改善した。

  • 決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … エヌピーシー、シンワワイズ、ATAO (10月5日~11日発表分) 株探 2018/10/13

    決算で買われた銘柄! 上昇率ランキング―

    企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の水準から12日大引け現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキングした。

    No.1 エヌピーシー <6255>
    18年8月期の連結経常利益は前の期比8.0%減の4億5800万円になったが、19年8月期は前期比7.2%増の4億9100万円に伸びる見通しとなった。

  • ここのところ、暴風雨に関しての報道が多いですが、今現在、世界はちょっと異常な事態です。

    「地球の破壊の局面」を強く想起させる、アメリカ史上最強のハリケーンが描く地獄絵図
    2018年10月12日

    世界各地が暴風雨に見舞われる中、インドをサイクロン「ティトゥリ」が直撃
    2018/10/13

    フランス南部の地中海沿岸で「数時間で1ヶ月の雨量を超える豪雨」による洪水が発生
    2018/10/12

    地中海に浮かぶ有数の観光地であるスペインのマヨルカ島で前例のない激しい洪水が発生。死者行方不明者は20名以上に   2018/10/10

    イラン北部で過去数十年間で最大の雨量による黙示録的な洪水が発生  2018/10/09

    タイムリミットはまじかです。環境破壊のドミノ倒しで地球は壊滅です。差し迫った地球温暖化!時間はありません、日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうです?

  • >>No. 666

    年初来高値448円を抜ければ大相場に期待です!(*^。^*)

  • 地球温暖化の影響は想定より深刻、IPCCが警告 2018.10.11
    1.5℃上昇で状況は大幅に悪化、2030年には1.5℃に達する可能性も

    世界の平均気温が産業革命前と比べて1.5℃上昇した場合、その影響と負担はこれまでの想定をはるかに超えるものになるだろうと、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が警告を発した。6000件におよぶ調査研究に基づいたこの「1.5℃の地球温暖化に関する特別報告書」は、韓国の仁川で開催されたIPCCの総会で10月8日に公表された。

    抜粋

    気温が上昇する幅は、早ければ今後11年以内に1.5℃に達する恐れがあり、二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減できなければ、20年以内に1.5℃上昇するのはほぼ確実だという。しかも、仮にCO2削減に今すぐに取り組み始めたとしても、1.5℃上昇の時期を遅らせることはできても、防ぐことはできないと予測している。

    前代未聞の努力が求められている

    今回IPCCが公表した特別報告書には、温暖化を1.5℃に抑えるさまざまな方策が列挙されている。どの方策においても、化石燃料の使用を15年以内に半減させ、30年以内にはほぼ完全にやめるという、前代未聞の努力が求められている。つまり、家庭や企業や工場でのガス・石油による暖房をやめ、ディーゼル車やガソリン車はなくなり、石炭・天然ガス発電所は閉鎖され、石油化学産業はすべてグリーンケミストリー(有害な物質をなるべく使わず、生み出しもしない化学産業)になり、鉄鋼・アルミ製造業をはじめとした重工業では炭素フリー燃料の使用、あるいはCO2回収・封じ込め技術を採用するといった具合だ。

    科学者が想定したよりも早い速度で地球温暖化が進行しているようですね?

    科学者は指摘しています。地球温暖化一定以上進むと人間の手によって押しとどめることが不可能に!制御不能になれば地球は壊滅です。

    日本ではレノバが地球温暖化関連の主力銘柄になりそうです?

  • NPC第2のテリロジーになるか?

  • 今日は日経次第だが戻り始めたら

    一気に上がりそうですね?

  • 経産省、再エネ接続要件も検証/系統の強靱性確保へ 2018/10/12

    経済産業省は、発電所や系統設備などの強靱性(レジリエンス)確保に向けた検討を本格化させる。相次ぐ自然災害を踏まえ、設備自体の強度のほか、電源配置の適切性や非常時の情報発信の在り方などを証。一方、北海道胆振東部地震では火力・水力に加え、自然変動型の再生可能エネルギーも周波数の乱れよって停止したことから、系統に接続する上でのルールについても合わせて検証していく考えだ。総合資源エネルギー調査会と産業構造審議会の合同ワーキンググループ(WG)で18日に議論を始める。政府はこれと並行して、電力をはじめ、重要インフラの緊急点検にも着手する。

    道北で風力向け送電網着工、世界最大720MWhの蓄電池を併設 2018/10/11

    北海道北部風力送電(北海道稚内市)は10月4日、北海道道北地区(稚内市、豊富町、幌延町、天塩町、中川町)で風力発電を連系するための送電線網の工事を開始した。 これは国の補助事業である「風力発電のための送電網整備の実証事業」の一環で、風力発電の大量導入に向けた系統制約の解消と安定的な電力供給を目指す。

    NYはハイテク株中心に続落ですが、レノバは世界が目指す脱炭素革命でこれからの活躍できる銘柄です。これからは環境関連銘柄に資金が流入するのではないでしょうか?ヽ(^o^)丿

  • 九州電力の電力の供給が需要を上回るのであれば石炭燃料で稼働している火力発電所を1基でも2基でも
    停止すればCO2の削減になると思うのだが?2030年には火力発電所は半減するでしょうね?

  • プラテンになって目立って下さい!少しでも知名度が上がりますよ!

    多くの人に知ってもらいたい企業!再生可能エネルギー会社のレノバ!

  • 強いですね!出来高も130万株越え!

    再生可能エネルギー関連株として大きく育ちそうですね?ヽ(^o^)丿

本文はここまでです このページの先頭へ