ここから本文です

投稿コメント一覧 (3871コメント)

  • 配当は出さざる得ないのでは。配当は持ち株会社の借金返済のために必須だし。
    どちらにしても摘みやな。

  • 2018/06/21 13:10


    はよ買っとけよ












    2018.06.21

    NEWS

    Salesforceコンサルティングサービスにおいて、⽇本最⼤の企業データベースを持つ株式会社ランドスケイプと業務提携






    ALL


    NEWS


    PRESS RELEASE


    IR


    メディア掲載






    「Salesforceコンサルティングサービス」を展開する株式会社セラク(東京都新宿区、代表取締役 宮崎⿓⼰、東証⼀部上場(証券コード6199)、以下「当社」)は、⽇本最⼤の企業データベースを持ち、Salesforceと連携する顧客データ統合ツール「uSonar」を提供する株式会社ランドスケイプ(東京都新宿区、代表取締役 福富七海、以下「ランドスケイプ社」)と業務提携を⾏うことを発表いたします。



    当社は「Salesforceコンサルティングサービス」を中⼼としたビジネスインテリジェンス事業を次世代の成⻑分野と位置づけ、コンサルティングと運⽤⽀援を専⾨的に⾏う技術者の増加と顧客の拡⼤に注⼒しております。

    ⼀⽅、ランドスケイプ社は独⾃に構築した⽇本最⼤のデータベース(企業情報820万拠点)を基にしたデータドリブンマーケティングを強みとしており、Salesforceと連携する顧客データ統合ツール「uSonar」を通じて、企業が持つ顧客データベースの正確性・可⽤性を⾼めることを実現しています。



    このような背景から、相互に独⾃の強みを持つ両社が共同で営業活動に取り組んでいくための業務提携を締結するに⾄りました。

    当社は、顧客のSalesforce環境における企業情報の正確性がSalesforce導⼊・定着の成功に直結することから、ランドスケイプ社サービス「uSonar」の販売パートナーとして積極的に販売協⼒を⾏っていきます。

    ランドスケイプ社は、顧客企業へのSalesforce導⼊・定着を強⼒に推進していくことが「uSonar」の更なる普及・拡⼤に繋がることから、当社の「Salesforceコンサルティングサービス」を顧客企業に提案し、共同での導⼊を図っていきます。



    当社は今回の業務提携を通じて、「Salesforceコンサルティングサービス」の価値を更に⾼めていくとともに、教育型IT⼈材育成企業として成⻑性・新規性が⾼いビジネスインテリジェンス分野の技術者創出を加速させ、更なるビジネス創出につなげてまいります。



    ■Salesforceコンサルティングサービスについて

    顧客管理(CRM)、営業管理(SFA)、マーケティングオートメーション(MA)プラットフォームとして⾼いシェアを持つSalesforce(Salesforce.com)のコンサルティングや運⽤⽀援を⾏うサービスです。

    定着・運⽤において重要な技術⼒とコミュニケーション⼒を兼ね備えた技術者が、オンサイト型(常駐型)、センター型でSalesforceの定着・運⽤を⽀援します。



    ■株式会社セラクについて

    株式会社セラクは、IT技術教育(⼈材育成)によりビジネスを創造し、社会の発展に貢献するIT企業です。

    主に、IT運⽤、ITソリューション、独⾃ITビジネス(農業IoTサービス、IoTプラットフォーム等)を⾏っています。

  • ここ数日で売りをこなしてるから今回の上げは強いよ。
    目指せ1500円!

  • もれているんかな。やばい情報が。。。

  • >>No. 31

    強気なんだったら5000円くらい目指して欲しい!

  • そろそろメルカリで設けた小金もちがくる!

  • ゆっくり1500円。

  • はよ5000円台で安定して。

  • 最後のやれやれ売りが終わって信用買いが整理されていたら
    あしたから2000円を目指す展開ですかね!

  • 実力的には2000円くらいは軽い。

  • 実力的には2000円くらいは軽い。

  • まあ、想定内の赤字。売り上げは増えているね。
    早く黒字化してほしい!


    2018年06月11日17時00分
    シャノン、上期経常が赤字拡大で着地・2-4月期も赤字拡大
     シャノン <3976> [東証M] が6月11日大引け後(17:00)に決算を発表。18年10月期第2四半期累計(17年11月-18年4月)の連結経常損益は5100万円の赤字(前年同期は4100万円の赤字)に赤字幅が拡大した。
     会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した5-10月期(下期)の連結経常損益は5700万円の黒字(前年同期は2100万円の赤字)に浮上する計算になる。
     直近3ヵ月の実績である2-4月期(2Q)の連結経常損益は1600万円の赤字(前年同期は1000万円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-1.8%→-4.3%に悪化した。

  • 2500円くらい行くでしょ!

  • 900超えたら青天井ですね!

  • はやく5000円台で定着してほしいが。。

  • 反転、上昇途中の押しは買いというけどな。

  • これってぷらっとに足りなかった営業力を日立システムズが補ってくれる話。
    やっと黒字化になりそう。みんな今売る人は疑心暗鬼なんだね。

    やれやれ戻り売りがあと20万株ほど出来たら、10000円目指せ!


    2018年06月06日13時06分

    ぷらっとホーム---ストップ高、日立システムズとの協業を発表

    ぷらっとホーム<6836>はストップ高。日立システムズと工場向けIoTソシューションの拡販で協力すると発表している。同社が提供するIoTデータマネジメント製品「OpenBlocks IDMアプライアンス」と、日立システムズが持つシステムインテグレーションや顧客サポートサービスを組み合わせ、製造業IoT市場に対し様々なソリューションの販売・提案を行っていくもよう。IoT関連銘柄としての位置づけが一段と高まる方向に。

  • No.97

    強く買いたい

    2018年06月06日09時5…

    2018/06/06 10:50

    2018年06月06日09時50分

    ぷらっとホームがS高、日立システムズとIoTソリューションの拡販で協力

     ぷらっとホーム<6836>がストップ高の4200円まで買われている。5日取引終了後、システム構築や運用・監視・保守事業などを手掛ける日立システムズ(東京都品川区)と工場向けIoTソシューションの拡販で協力すると発表しており、これが買い材料視されている。

     日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300カ所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス会社。今回の協力により、ぷらっとホームが提供するIoTデータマネジメント製品「OpenBlocks IDM アプライアンス」と、日立システムズが持つシステムインテグレーションや、機器の設定や設置、顧客サポートサービスを組み合わせ、工場をはじめとする製造業IoT市場に対し様々なソリューションの販売・提案を行っていくとしている。

本文はここまでです このページの先頭へ