ここから本文です

投稿コメント一覧 (1208コメント)

  • >>No. 2350

    いぶきさん

    ハタハタ館ね、知ってますよ~。
    五能線「あきた白神」駅の海岸寄りにありましたね。

    私は徒歩&電車の旅で五能線を二度利用しましてね、
    沿線付近には興味を引く場所があちこちにあり、
    徒歩の私はとても回りきれませんでした。

    >私としては、地元の人とお喋りしたいんだけどね。

    そうそう。
    やはり地元の人との交流があってこそ
    その地域の良さも味わいも人情も感じ取ることができますし、
    より旅の醍醐味もましますね。
    でも出会いはなかなかキッカケがないものです。

    でも、その白神ではいい出会いを経験されたんですね。
    旅の歓びが味わえてよかったですね。
    私もあやかりたいものです。

  • >>No. 2349

    ヒラざん

    >私はバイクに跨がっていれば満足する人なので(^^

    すると・・・・・・
    梅雨時など、駐まってるバイクにまたがってエンジンをかけ、
    ギヤは入れずにギャンギャンふかしては
    体を前後に揺さぶったりして愉しんでるのかなあ・・・・って、
    (それじゃあ遊園地で遊ぶ子供じゃあ・・・って?)

    そんなヒラさんの姿がマブタに浮かびました。
    ぐひひ。

  • >>No. 2348

    シルバさん

    >船って酔うし、景色は海だけだし、遅いし・・・・

    まったく同感です。
    デッキに出て海を眺めるのは最初の数十分だけ。
    あとは変わりばえしない景色に飽きて船内に戻りますけど、
    これまた変わりばえしないばかりか
    エンジン音・振動は大きけれど船は進まず・・・・です。
    海面をバイクで突っ走りたい衝動に駆られたりします。

    時間に制約があるときはレンタルもアリですね。

  • >>No. 2345

    ヒラさ~ん、東九フェリー(東京~徳島~北九州)を利用する手もありますよお~。

    ただ・・・・・東九フェリーなら二等室以外のほうがよろしいかと。
    と思ってサイトを調べてみたら、あ~ららららら~、
    いつの間にやら二等室(ザコ寝)がなくなって
    二等洋室となっていました。

    これならどんなものかわかりませんが、
    昔はエンジン音がけっこう うるさかったです。

    フェリーを利用するときは、目的地に着いて、
    いざ出発!というとき・・・・・・・・・・
    自分の愛車にまたがり、フェリーから陸地へ乗り出すときの雰囲気がいいですね。

  • やあ~、楽しい旅の話で盛り上がってますねえ。
    けっこうなことです。

    シルバさんもヒラさんも
    四国を通過する旅は再来年の予定なんですね?
    そうしたらまだ一年半はあるんでしょうから、
    それまでには再びバイク購入できるかな?
    できたら私も合流できるように頑張ります。

  • >>No. 2338

    シルバさんの案もいいですね。
    日数がそれほどとれないのなら
    たしかに現実的なプランかもしれませんね。

    帰路で神戸から岡山までバイクを返しに行くのが
    ちょっとシャクですけど・・・・。
    それならむしろ神戸でバイクを借りて
    陸路を岡山~尾道まで走るのはいかが?

    ちなみに・・・・・・・・
    私の場合、東京港から徳島までフェリーで行き、
    徳島から北上して海岸線(11号線)を走り、
    途中、「丹生」というところで左折して県道10号腺「さぬき東街道」をひた走り、
    瀬戸内大橋を経て岡山へ渡り、
    そのまま前述のように岡山~尾道と走って一泊し、
    尾道から尾道大橋を渡って「しまなみ海道」を四国の今治へと向かい、
    今治から海岸線を西へ少し走ったあたりで
    いぶきさん達と合流しました。

    あれこれ頭を捻りながらプランを立てるのも
    楽しいですし、
    これから・・・・秋の夜長には
    もってこいの時間つぶしなのかも?

  • >>No. 2334

    to ヒラさん

    >四国に住んでからかんがえます(゚д゚lll)

    それもイイかもぉ~~~♪

    そもそもお遍路を徒で回るとしたら、
    数ヶ月かかるのではないでしょうかね。
    ですから、一般的には遍路コースをいくつかに区切って
    何度かに分けて歩かれるそうですよ~。
    なかには数年かけて少しずつ歩かれる人もいるとか。

    四国に仮住まいでも構えられたらイイんですけどねえ。

  • >>No. 2335

    to いぶきさん

    >三崎までの道も走るの気持ちイイです。

    どこかのサイトで、メロディーラインは走るのが気持いい・・・てのを知りました。
    ただ、風の強い日には注意とも。
    細長い半島だけに海風が強いんでしょうね。

    >私は特に阿蘇周辺が好きです。

    別府港へ上陸したなら、
    やっぱり「やまなみハイウェイ」ですかね。

    私が四国から九州へ渡ったときも八幡浜→別府のコースをとったんですが、
    時間に余裕がなかったので、
    湯布院を経て「やまなみハイウェイ」というコースはとれませんでした。
    ですから尚更に今度は「やまなみハイウェイ」を経て熊本、そして天草というコースをとりたいです。

    でも、はたしていつの日になることやら・・・・・。

  • ヒラさんはバイクでお遍路?
    それもいいですよね~。

    でもアタシャ、
    お遍路は徒で行きたい気持もあいまって
    実際、迷うところです。



    シルバさん、
    四国から九州へのコースは三通りあります。

    八幡浜→別府 or 臼杵
    宿毛→佐伯
    三崎港(佐田岬)→佐賀関

    八幡浜→別府のコースは、港に到着後も船内で仮眠できるようになっている便もあります。
    ちなみにアタシャ興奮して眠れませんでしたが・・・。
    宿毛→佐伯の便も利用しましたが、特に可もなく不可もなく・・・でした。

    結果、三崎港(佐田岬)からフェリーで佐賀関へ行くのは如何ですか?
    フェリーは小さいですが、港までの佐田岬メロディーラインを走るのが楽しいのでは?
    佐賀関では名物の関サバを食べてもらい、
    ぐぅ~っと海岸線を南下して宮崎、日南を経て
    日南線の終点地でもある志布志へ。
    志布志から一気に東京行きのフェリーに乗る。

    ・・・・てのは如何です?

    途中、日南の周辺では見所も味わいどころもたくさんありますし。

  • >>No. 2325

    シルバさん、
    一人旅でなくても、せいぜい2~3人ぐらいだったら
    つるんでも楽しいかもしれませんね。

    四国・九州あるいは北海道となると
    さすがに遠出ということで不安げになるかもしれませんが、
    なんの、なんの、逆にその孤独を愉しむ旅になると思いますよ。

    実行あるのみ!

  • >>No. 2323

    やあ、いぶきさん、お久しぶりですね。

    そうそう、あのときは楽しかったですよ。
    帰路がヨタヨタして港のほうに迷い込んだり大変でしたが。


    >原付ではなかなか遠出は難しいと思いますが、
     またどこかで再会出来るでしょうかね。

    さすがに原付では四国まで行く気になれませんが、
    そのうちに再びバイク購入することがあるかも・・・です。

  • >>No. 2321

    仏教に詳しいのは、
    お寺の機関紙を発行する仕事をしているからです。
    もう40年ちかくになりますか・・・・。

    あとは・・・神仏の世界って
    どこか大人のメルヘンチックなところがあったりして
    興味をひいたこともありますね。
    古事記などの神話も面白いし・・・・です。

    >神社への入場料のつもりです。

    これはいい心がけですね。
    見習わなくては。

  • >>No. 2317

    >「大六天神社」&「面足神社」
    の神様の役割はなんなんでしょうかネ(^^

    これは仏教で言うところの天界、その中に欲界というのがありまして、
    六つの世界があります。それらを六欲天とも言います。
    他化自在天というのはその中の最上の世界で、
    他人の幸福感、満足感というものを瞬時に自分のものとできる神様が住んでいます。
    その役割とかは記されておりません。

    役割と言えば、
    せいぜい天界のいちばん下にある下天に住む四天王
    持国天、広目天、増長天、そして多聞天(毘沙門天)らが
    仏様の守護神であることは知られています。

    何々の神様であるとか、
    何かに御利益があるとか、
    そういった話は聞きません。
    神道の神様たちとは違うのですね。

  • ヒラさん、シルバさん、バイク現役ご活躍でなによりです。

    神社の話が出たので、蛇足ながらひとこと。

    関東方面で見かける「大六天神社」あるいは「第六天神社」というのがあります。
    祭神が面白いことに他化自在天となっています。
    この神様は仏教界で伝えられている神様ですが、なぜか神社。
    神仏混淆の影響なのでしょうかね。

    千葉では「大六天」の表記が多いみたいです。
    祭神のからみで追記すると、『面足神社』もその系列。
    この神社、ご存じでしたか?
    ご存じない?
    だったら これって読めないでしょ?

    「おもたる」or「おもだる」と読みます。
    千葉方面に多い神社です。

    以上、蛇足で失礼いたしました。

  • >>No. 2282

    ヒラさん。
    私もそういったところを のんびり走るのが好きです。
    のどかな田園風景・・・・・・いいですねえ。
    成田のお饅頭よりもいいです。

  • >>No. 2281

    お~~~~っ、これはこれは。
    クサヤさんじゃありませんか。
    いやぁ~、お元気そうでなによりです。

    私がバイクを処分したせいで、
    残っている原付二種では遠出は無理。
    もっぱら近場専門です。

    こちらにお出かけになるときがあればお知らせください。
    最初にお会いした場所ならば原付二種で駆けつけます。

  • >>No. 2279

    >シーズン料金とはいえ ホテルに泊まれる!

    ほんと! キャンプのなんたるかをわかってないのでしょうかね。
    何を考えてるんでしょうね。
    何も考えてなかったりして・・・・・・。

  • >>No. 2277

    土気の「昭和の森」でキャンプですか、
    お孫さん一家と・・・それは楽しいひとときでしたね。

    写真を拝見しながら、Google マップを開いてみました。
    キャンプ地はフォレストロッジ付近だったのでしょうかね。

    雨に降られなかったのは「日頃の行い」が効いた?
    (ヒラさんのニンマリ顔が目に浮かぶなあ)

  • >>No. 2270

    あ゛~~~~~~っ!

    >No2047でご案内の、秋山の素朴な饅頭屋は発見出来ませんでしたぁ~
    と、云う事で 
    ゴンさんへのお土産は( ´ゝ`)無 です

    そうだったんだぁ~~~~!
    う~ん、じゃんね~ん。

    それにしてもヒラさん、
    お元気ですね~~。
    巷では夏バテしてる人が多いみたいですがぁ~。
    (ちなみにアタシャすこぶる元気であります)

    レポート、ありがとうございます。
    いつも楽しみにしてますからね~。

本文はここまでです このページの先頭へ