ここから本文です

投稿コメント一覧 (1357コメント)

  • コーセー首脳は海外市場で最も重要と成るのが、アリババグループのECと述べている。
    18年にはコーセーでは高級化粧品の「デコルテ」の旗艦店としてTモール店内に出店、Tモールの売上げ高を18年に前年から倍増させる。
    アリババが自ら直接取り扱うことで信頼性の向上に繋がり、中国でのEC市場が急拡大する一方で、アリババは調達から検品・物流まで品質管理に力を入れる。
    中国政府も全面的に推し進め化粧品にかんして関税を引き下げる方針だ、コーセーは高級化粧品として欧米や中国などでは人気が高く日本製として本物が購入できるとして消費者
    には無論として、輸出する側としてもかなりの恩恵が有る物と思う。

  • この頃の株価の動きが精彩がない、以前の様な押せば買われると言う事も無く成り、だらだら下げる事が多い様に思う。人気が剥がれたようで近寄りがたい。
    深追い厳禁か・・??

  • この手の銘柄の特徴は「考えているうちに株価は上昇」つまり「買いたい弱気」が起きたら負け、腰おすえて掛からないと何時も引かれる事に成るよ・・。

  • 此れくらいの上昇で驚いている場合じゃないよ・・まだまだ株価の居場所がちがって来るよ・・驚きはその時までとって置いたら、収益拡大が数字として表面化したらPER的に安いと気が付くだろうな・・・いつも言うけど「買い焦り」じゃない、自分的には「分割」はご褒美の様なもので・・基本的に収益拡大=増配=高株価の循環相場。

  • >>No. 138

    現状の西谷は中核となる駅ビルなど収客を目的とした大型建物が将来的に出来る様子も無いね、二俣川にしても西谷にしても開発が中途半端、もっと資本を投下しなければ・・・その点が東急との大きな違い・・・今が相鉄Hの勝負する時期と思うのだが・・・都心乗り入れに便乗する「商魂」を見たいものだ・・。

  • レーテイングとの乖離が非常に大きい、現状株価との差は何処からきているのか・・・その差681円にもなる。
    じょじょに現状との差を埋めて行くのかね・・・推奨する証券会社は力の無い企業なのか・・・理解に苦しむ動きを、するものだな、あす本日高値の2941円を超えて上昇するならレーテイングもまんざらじゃないと思うのだが、明日の動きが注目スベキか???

  • コーセーもついに「しわ改善化粧品に参入る」この秋美容液2種類発売、成分はビタミン配合、成分の安定性が高く、クリームや液体など様々な剤形の化粧品にも合わせられると言う事で9月にデパートなどで「10000円前後」で発売し10月にはドラッグストアなど量販店に「5000円前後」の中価格帯で発売する予定だ・・・これまでポーラ・資生堂などで「しわ改善化粧品」市場が占められていたものが9月からコーセーでも発売される。
    売り上げが伸びる要因となる。

  • 買いたい弱気がだいぶ居るみたいだね、一先ず最小単位くらい購入し動きをみてまた持ち株を増やすそれが無難・・・しかし動きが早いからその動きについてゆけるかが問題だが・・兎に角100株から・・。

  • まだまだ株価は4000円を超えてくるので売れないんですよ・・。

  • メルカリ上場まであと数日、日追うごとにメリカリ上場に対する高株価人気度が増している。
    公開時の410万株放出・・で得るユナイテッドの金額半端じゃない、また残り1050万株はメルカリ上場後、公開時の上限を超えれば比例してユナイテッドにも莫大な含み益として表面化する、むろんユナイテッドへの好材料と成り株価を押し上げる起爆剤となるな・・・。

  • 此れまでの単なる収益伸長、分割だけで買われてきた株価刺激材料も、それおも上回る好材料がちかじか数字として投資家の前に出てくる。
    ここ数日間の追い風となる又とない好材料、周知の如く「中国での動き」中国政府の化粧品に対する関税引き下げ、アリババグループの化粧品等の日本製品の直接買い付け、コーセーなど海外で高級化粧品としての認識が高い企業ほど受ける恩恵は計り知れないものが有る。
    このさき数年驚きの「収益増として、表に出てくる」いやがおうにも、この事を認識せざろうえない環境下に投資家わおかれるだろう。
    このさき株価上昇の起爆剤として受け入れなければならない事と成る。

  • この件に対する評価わこらから確実に数字としてでてくる、その根拠として「海外市場での開拓で、最も重要と成るのがアリババGのEC」であると、企業側としても述べている。
    企業として又とない絶好の好機、周知の如くインバウンドの観光客はおみあげや個人用と化粧品を主に目的として訪日すると言っても過言じゃない(少し言いすぎかも・・)何らかの過熱感を招くことにより中国国内での日本製の化粧品が偽物として出回るこに対する中国側としてもバックアップする所以である。
    アリババGやその他の中国ECが直接仕入れ直接購入者の手元に届けば偽物が中国国内で出回る可能性が低くなる恩恵が企業側にもあり中国政府側にもある。
    とくに日本の化粧品購入層は中国でわ高級層とされている、特に中国は世界でも購買層が著しく多い、そのECとからんで販売しようとする「日本の化粧品」は驚きの収益として数字で表れてくる日も近いと見て居る。

  • 5Gに対する協定が昨日「日本と中国」との間で結ばれた、ますます5Gに対する期待度が増す=協和エクシオの株価上昇。

  • アリババの日本商品直買いのニュースを今日目にしない投資家がいるだろうか、この重大材料にきずかない投資家は居ないと思うが・・・アリババは特に中国において日本の高級化粧品を取り扱い販路を拡大したい目論見が有り、日本の化粧品業界がさらに伸びる環境を手助けする事と成るだろう。
    コーセーは特に販路拡大し飛躍的な収益伸長して行くだろう・・・材料的に見て本日株価は24000円台に乗せてもおかしくない・・。

  • 得た資金でM&A、シナジー効果をえて収益を伸ばす展開を期待したい・・・多額の資金が得られるのだから、有効利用できる環境下で有る事は大きな材料、企業としての伸び白は拡大するばかりだ・・・先を考えたら残り1050万株から得る資金の使い道も気に成る。

  • 売れば買い戻し株価は非常に高い所で買い戻す事に成るよ、売買手数料も高株価だと往復で半端ない額と成る。
    もっと上で売れるのに何もこの水準で売る事も無いだろうにな・・・買い焦りじゃないよ・・真実だから・・。

  • いきなり大幅上昇したら今まで売りこんできた連中は「大慌てで高値買い戻し・・」に変わるだろうな・・・そのような株価切り返しの上昇軌道と慌てた様相をみてみたいよ!!

  • 当面PER60倍が目標となろう、35000円(増額含みとして)がはじき出される計算、分割も3年連続1~2分割かもね・・確かに投資家としては連続分割の方が魅力度を増すが・・・。

  • 株価も現在の倍以上に買われてくるよ・・メルカリ上場で1050万株の含み益がどこまで膨らむか現状では全然加味されていない、その点だけでも売られ過ぎである事わ分かると思う。
    売り物が消化されれば上下しながら株価も上昇して行くだろう。

  • 公開時に450万株売却し270億円手にする・・・これも公開時人気がでて以上に人気が出て株価も異常高に成る可能性の方が大きいと予想するがね・・・であれば今日の様に売られる理由が思いつかないのだが・・・また公開時に450万株市場に放出してもまだ残株1050万株もまだ「ュナイテッド」に残る。
    公開後に株価急上昇したなら含み資産が莫大な物と成る。

本文はここまでです このページの先頭へ