ここから本文です

投稿コメント一覧 (134コメント)

  • 母親と兄のねじまがった概念とは私は嫁いだので嫁ぎ先の人間で実家とは縁が切れて血族関係はないという考え方なんですよ。変わってるよね~

  • 望子さん元気でしょうか?体調くずされていませんか?だんまりさん、餃子食べてエネルギーためてください。
    餃子はにんにくの匂いのことですか?まぁ~確かに・・昨日餃子たべたよ~~!臭いよ~と叫んで予防線を張りましょう。そうか、孤高の人っていうのね?(笑)ニラいいみたいですよね、体に。

    母親と兄ね~母親は長男に引っ付くとはいうものの、なんで私を憎むかわかりません、まさに、憎悪の念ですよ。兄は浪人し、結婚したときだって家を建て替えてもらい、結婚式、披露宴、新婚旅行だて車だって金出してもらってるはずなのに、兄さんは一人で全額だしたと、はぁ!?ありえねぇ~話だよ、ありえない!そんな金ないでしょう~なぜそんなウソを私につくのかわかりません。なぜそんなに擁護するのかわかりません。母は私を利用しようと嘘を重ねてきたからもう人間として信用できません。兄は?くたばれです!マザコン!母が死んだときまた同じ横領をするはずだから、先手を打つつもりです。さもなくば、対話を飛ばして訴訟にもちこむか。不当利得返還請求の権利はありますから。今回だって、費用と時間を考えないとして、徹底抗戦を覚悟するなら兄さんと母の住む不動産を売らざるを得ない状況に追い込んで苦しめることも可能ではあった。

  • 餃子!大好き!美味しいですね~なんで食べたくなるんだろ?また餃子つくろ~~もちもちの皮売ってるんだよ、業務用の。明治屋とかにもある。

  • 望子さん、だんまりさん、こんにちわ
    蒸し暑いのが好きではないので、この寒さは苦になりません。雪ももう解けてなくなってしまいました。
    昔は雪がふかふかに積もって景色が綺麗だったのに。。。あんな風に雪はもう東京では降らないんでしょうね。
    相続の件、地味な調査を積み重ね、何度か兄、母と対話の時間を取りました。母は兄べったりで擁護するんですよ、可愛いんでしょ、男だし、だからって遺言書を破るのはおかしいと私もきつく詰め寄りましたよ。兄に不動産、車、現金すべて渡し独占させたい母は過去の留学などを持ち出し、かかった金額がどうのと言いますが、それはパパの言葉ではないです、母の個人的感情ですよといいました。不公平もはなはだしい!

    結果私は遺言書通りのわずかな金額をようやく受け取ることになりましたよ、それでも不公平。バカ野郎ども!罰当たりめ。長男というだけでこれだけご加護をもらえるなんて、自滅したら本当のあほですよ。

    今回の話で決着がつかなければ裁判にもっていくつもりでしたが、さすがに向こうも裁判は嫌なんでしょうね。一銭も払う気なかったくせに譲歩したのも私の態度、話の内容でやばいと感じたのかもしれません。

    写真のコーヒークリームはもっと細めで見た目のよさげな小さい高さ7cmくらいで直径4cmかな?のグラスを100均でみつけたんで、買いました。今度はそれを使ってみようと思います。やはり入れ物って大事ね。

    色んな料理つくってみるのも楽しいし、悪い気分を取り去ってくれます。あの病的なうそつきの母と兄!信じられないですよ。罰当たり!

  • できた!なんだ、これはコーヒークリームで初めて作ったんですが、コーヒ-で作るクリームにダークチョコのふたをつくり、そのうえにはピスタチオとアプリコットがのっています。すごく深い味わいです。作るのにすごく手間かかるんですが美味しいです。見た目はなんかさえないんですが、旦那もおいしい~と言ってくれました。おとなの味!

  • 写真をアップしたいのにできない。

  • スマホのアプリには辞書や電車の乗継を教えてくれたり、私の場合だと、レシピとかさまざまなアプリがあり便利です。ヤマト宅急便、佐川さんのアプリは宅配便の時間変更なんかもできます。スーパーの配達のアプリもありますよ。だんまりさんに必要なアプリもきっとあると思います。天気とか雨雲レーダーとか。
    はまりますよね?≧(´▽`)≦

    あのね、ある意味これからの兄さん一族+母の人生展開が興味深い、どう転落するか・・・楽しみ
    私は人殺しをするほど馬鹿ではない。私の人生の方がず~っと価値があるから。あいつらは勝った!とホクホクしているでしょう。でもどうだろね?なんか変化があったらあここに報告にきます。

  • だんまりさん、相続は円滑ではなく兄さんとその息子どもの独占勝ちですよ。信じられないくらい悪意に満ちています、母も加担してパパの預貯金を横領しました。遺言があるので相続人の執行人と一任されていて、貯金の払い戻し、引出は合法ではあるけど独占しろとは書いてありません。私の遺留分減殺請求をするなら弁護士やとってやってみろってなもんでしょう・・・遺留分は本来の相続分の半分になってしまうので損です、それに弁護士費用を払えばさらに損。不当利益円環請求ができますが、横領である証明をこちらが弁護士としないといけません。要するにカードと通帳、暗証番号を管理している母と兄が結託して自由にお金が引き出せすでに預金残高ゼロになっていてこちらは手を出しようがありません。祖父が死んだ時から兄とその息子どもは不動産、現金、車すべてをゲットできるように養子縁組をし計画的に私を不利な状況にするべく画策してきていたんです。話し合いの機会をもっても向うさんは怖いものなんぞありません、のらりくらし知らん顔。信じられません。パパの納骨はボイコットします。心をつくしてきたけど、裏切られた人にこれ以上礼を尽くす必要はないと思ったからです。なんの恨みがあるのかさえ私にはわかりません。単んに金に目がくらみ欲張ったんだと思う。何人かの弁護士に相談したけど、結論から言えば私は見捨てられていて、兄さんは一銭も私に金を渡す気なんかないよ、でした。

    家族ってなんだったんだ??とあきれて涙さえでません。一体どんな気持ちで私をみていたのか?私の親切心や真面目さを内心バカにしていたんだろうと。地獄へ落ちればいいと思っています。天罰くらっても私は笑ってやりますよ。本当、地獄へ全員落ちればいい。私はパパにも心をつくした。それは誰のためとかではなく、真に私がしたい、と思う真心をつくしたんです。でもそれを欺く野郎どもはその罰をくらって当然だと思います。私にやましさなんかないです。パパの口座の金を総なめにして自分の口座に振り込んだんでしょう、相続の執行人でありながら遺産目録もいい加減、経過報告も言わなければなにもしない。バカですよ。

  • もちこさん、だんまりさん
    なんだかんだで長くつづいているこの掲示板、今年もいつでも立ち寄れる場として寄らせてください。宜しくお願いします。

  • 望子さん、だんまりさん
    みなさん「相続」たるもの経験されているんですね。うちは「億」を分割するのはないけど、でもお金はお金だし、合法に分割してもらう当然の権利があると思います。
    銀行をまわり名寄せをし、取引履歴なるものを地味に取り寄せ驚きの事実もみえてきました。要するに母と兄がカードや通帳をもっていることをいいことに現金を連日引き出している記録を見ました。どこの支店からいつ、何時にとみえてきます。そして銀行によっては2年前に全額引出とか驚きです。これらの事実を話させるべく、お話し合いの場(事情徴収?)を持ち母と話ました、いろいろな質問にのらりくらり、年寄りを武器に涙目、お涙ちょうだい戦術を組み合わせ、同情を得ようとする、質問に違う答えをする、とぼける、しかし私の留学事の費用など自身の都合のいことははっきりと主張する、巧みですよ。私、だまされませんから!
    次回は兄と対話時間をもちます。

    連日の現金引き出し、横領事実は一切いいません。私は一切を知らないふりで対話しています。不動産を売るというのは法的に難しいです。母達も馬鹿ではないのでうまく対策をとっていますよ。だから現金を公明正大、公平に分けるはずなんですが、思うに、私には一切よこす気はないと思います。これじゃ~遺言書とおりじゃないじゃん

    だんまりさん、理不尽で不公平な扱いを受けたんですね・・だんまりさんの自尊心を踏みにじる行為です。だんまりさんにも当然の権利があるんですよ。孤独はみな孤独だよ。。家族といても孤独だよ、だんまりさんには懐深い優しさがある、人としての暖かさが感じられます。だれも奪えないだんまりさん魂がね。でもさ、それだけじゃ不十分ですよね。金の件戦えばよかったのに。。。私はできることやってみます、どこまで戦えるか・・下痢ぎみなんですよ~も~~

  • だんまりさんの相続がゼロってのはおかしいですよね・・・バカにしているし、だんまりさんの自尊心を踏みにじる行為だと思います。私は無料弁護士相談も利用しました。同一相談は一回しか利用できないんですよ、でも勉強になりますし、弁護士を見るチャンスにもなります。遺留分侵害ですよ。私もどこまでできるかわかりません、こんなの初めてだし、でもできることやってみます。母が死んだらまた兄さん一族が同じことをくり返すはずなので要注意なんです。

    ほたるのひかり終わった・・・はぁ~~

  • だんまりさんはお姉さんとでしたか・・・なんかね~家族なのにと思いますが家族でありながら金になるとちがうんですよ。うちは兄と母です、同居しているか手を組めます。

    私は一人、銀行を回り過去の現金の出し入れ履歴を取り寄せて調べています。なぜなら、人は嘘をつくからです。だから私は裏を取るべく証拠を集めます。その間、兄母から事務処理状況と資産目録を請求しました。兄母からもらって内容はおおざっぱでした。だから細かなデーターは金融機関の資料のほうが絶対的に正確なので比較し嘘を浮き彫りにしていきます。

    父が生きていた頃(認知症がでてきたころ)から死亡前日から死後もATMからまとまった金額を引き出しています。これって横領でしょ~詐欺ですよ。でも証拠集めをしている事実を兄母は知りません。それでいい、まだ時間かかるけど資料をそろえ、まとめ、弁護士に依頼することを視野に入れています。いくつか回っています。よさそうな弁護士さんに依頼したいです。
    銀行の人も調べればばれることをなんでするんだ?とあきれていました。顧問弁護士たいて遺留分をわざわざ侵害する分割をするなんて愚かだと。ですよね~

    嫌な年末ですよ、でもだんまりさん、望子さんとこの場でこんなに長い期間お付き合いできたこと、たわいないお話しができることに感謝しています。ありがとう!

    今年が終わる!だんまりさん、望子さんまた来年も宜しくお願いします!石川さゆりさん、津軽海峡冬景色がうまいね~~演歌興味ないのに、聞き惚れる!

  • だんまりさん・・・お金の問題も大事なんです。もっと大事なのは家族だと思っていた人達から裏切られたということです。それははずせません。本当になにを考えなんで私を差別扱いするのか?という理解できない扱いです。だれもそんな裏切りを喜ぶ人はいないと思います。
    情けない感覚です。なぜ?なぜ?という思いと憎しみです。
    でも私はね、父に対しても私の良心にもとづいて行動してきました。親切にしようとかそんな思いつめた恩に着せるような行為ではなく、純粋に私がしたいことをパパにしてきました。
    母親はそんな(親切)する必要ないといいますが、私はそうは思いません。天がいて罰を受けるなら母であり、兄一族だと思っています。そう母にも言いました。

    私は私ができる合法なことをして自分の取り分を主張するつもりです。だから、だんまりさん、金が云々じゃないんですよ~わかってください。

  • もちこさん、だんまりさん、こんにちわ
    今年もあと数日ですね。私は風邪をひきかけたんですが、薬を早めに飲んでどうやら大丈夫そうです。頭位変換性めまいは私の持病でもあります。ただ頻繁には起こりませんが過去に何回か経験しました。夜寝てるときに突然部屋が回転しだして本当に怖い感覚ですが。耳鼻科で薬もらって家に置いてあります。長引いたりはしないんですが、嫌です。頭位変換性めまいは耳の障害。薬飲めば軽減されますよ、きっと。

    父が他界してあまりうれしくはないですが、もっと嫌なのは母と兄ちゃんが結託してパパの口座の金を引き出しているのがわかったこと。遺書はあって兄ちゃんにすべて有利になる内容でした。なんの説明もなく、時間だけながれていくのでこちらから遺書を開示しろだの、言わないと何もしません。私は無料弁護士相談を利用しながら各銀行を回り名寄せをしてうらを取っています。家族ってこんなんだったんだとむかつきます。でもね、悪さすると必ず墓穴を掘るんだよね~罰があたるっていうか。その時はざま~みろです。兄ちゃんの子供二人は養子縁組されていて私の取り分は当然すくなくなり、結果兄ちゃん達が得をするシナリオです。
    あいつら~破滅だな!

  • 伴侶に先立れ一人暮らしの老人・・・身近な話ですね。3年後には女の二人に一人は50代以上になるとか・・老後も楽しみより、不安や心配ばかりで。自分の入院時を考えて準備しているだけでも立派ですよ。私も同じようにする。いつかは旦那は先立つ。あるいは私が先に。でもさ、かといってあまり近所の人に家の出入りを自由にされても不用心だしなぁ~怖いでしょ。私は一人になったらどうしよ、老人ホームかな。。。墓場への前奏曲??歩行器つけても、杖ついても一人がんばってる!そんな人同士助け合えたり、励ましあったり、お話しあいてしたりできたらいいです。

    兄ちゃんとは仲悪くないですが金の問題でどうなるかまだ分かりません。なにも相続の詳しい説明をされないので、私は私で、できることをやったり、調べたりしています。でないと質問さえできないでしょ?勉強かたがたやっています。どうせ家督制度の乗っ取るので兄ちゃんがいいとこ取りになるでしょう。

  • 91歳までお母様は生きられたんですね?すごい!大往生ですよね。父親の認知症の進行具合から家族は本当に大変ですから施設の力を借りるのは仕方ないと思います。家族が倒れては意味ないですから。母と兄は父の存在が邪魔であったとは思います。施設はいいけど金かかるしって。でもその金は誰が稼いだか?パパですよ!誰のおかげで今自宅に住んでいられるのか?母にも聞きたいです。かかりつけの医師に施設に入ってからパパに笑顔がでてきたって話したそうですが、え??うそですよ。施設にはいって「俺にここで死ねっていうのか?俺の私物は捨てたのか?俺はなにがなんでも帰宅する」って言ってたし、施設で暴れ、どうやったら壊れるのか、壊れたくずかご!それで施設からママは呼び出されたんですよ。暴力性を抑える投薬はいくらでもありますよ。ぐったりしてしまうんです、その方が扱いやすいし。
    「ロボトミー」って聞いたことありませんか?第二次大戦実際に行われ日本でも 70年代まで行われていたという恐ろしい手術です。前頭葉摘出手術。廃人化するんです。そんな手術をしたわけではないけど、今なら投薬がある。

    話変わって、弁護士の無料相談へいってみました。長男がすべてを相続して私を丸め込むつもりでしょうねと。いわいる家督制度というやつです、ふるいね~土地を守りたいためにするんでしょ。

    駅を歩くとパパを探してしまう。パパに似た人見るとはっとする。まさか居るわけないのに、もしかしたら・・・なんて(^_^.)パパはいつも私の見方だった。重要な話はパパが理解してくれる、ママではない。

  • 東京オリンピックまで生きていたいと言っていたパパ、自分の異変にきづいていたはず。私物を片付け始め、泣き崩れたと聞いている。奇異な行動、言動が顕著になり投薬でコントロールも難しい。脳梗塞から復活して施設へいれられたけど、自宅へ帰りたいと暴れたそう、職員への暴力など。母と叔父(私でなはい)が施設へ出向きなにか言われたんでしょう、以後パパの様子は一変して廃人のようになって。おとなしくなり、徐々に口数も少なくなり、歩けなくなり、食欲もなくなり、滑舌も悪くなり、傾眠傾向になり、誤嚥性肺炎、脳梗塞となり呼吸困難へと。自分は見放されたと、二度と自宅へは戻れないとわかったんだろうなと思うと、つらいね。自分もやがてそうなると思っているよ。

  • 望子さん、だんまりさん、暖かいお言葉ありがとうございます。
    父は85歳でした。悪くないけどまだまだ生きていたっていい年齢です。母は変わっていて、兄一家べったりでね、あの人は自分の都合で人を差別化するひとなんですよ、自分にメリットのある人=兄一族を選ぶ、そうゆう人です。寂しくさえなさそうです。葬儀の後の食欲!私が残す食べ物なで食べるのであきれました。兄夫婦もビールがんがん飲んで、翌日も外食!私の目には不謹慎であるとさえ思えました。相続が発生しているはずなのに今だなんの連絡もありません。信じられないです。パパが居なくなれば施設への費用もなくなるし、ほっとしているんでしょうか。。。
    今日はパパが夢にでました!リアルに。パパは何故か前かがみで大泣きしていました。「最後に○○に逢えて本当に良かった」って言ってた。それだけでした。
    介護施設は綺麗なジジババ捨て山だよね・・誰も生きて帰ることはないんだから。
    一日体が重く疲れている感じ、実際疲れていないはずなのに・・・もうあの介護施設へ行って部屋の扉を開けてもパパは居ないんだよね。。どんどん小さくなって細くなって、食べなくなって、パパもっと食べないと・・って言っても食べない、食べられないんだ。あ~やばいなって感じたのは10月だった。人間食べないとだめだよ、年取ったら少し太ってないと、そんな風に感じた。

  • 望子さん、まだ64歳?まだまだ若いです。確かに転倒はよくないと思います。わんちゃんなら、小型犬とかだめでしょうか。望子さんの愛情をまた他のわんちゃんと御縁があって結ばれるといいです。

  • 望子さん、だんまりさん、こんにちわ。文化の日の今月3日夜ついにパパ力尽きました。1日に施設で意識が無いようで病院に救急搬送されたときはすでに心肺停止だったそうですが、搬送先病院での処置でなんとか人口的に心肺を復活させて約2日肺炎と戦いましたが3日病院から電話があったんですが、その数分後呼吸が止まったようです。ですから私達家族は間に合いませんでした。

    1日救急搬送されたとき急いで病院へ向かいました。人工呼吸器に取り囲まれパパつらそうでした。時々脚を動かすので強そうに見えました。できれば人工呼吸器をはずしても呼吸ができるようになればと願いましたが、医師をそれはかなり難しいですと。

    パパが死ぬ前に私は施設に行ってたのでその時、私の名前を間違えずに小さな声で2回発音できたのでそれが最後の言葉ですね。その名前にぶれはなかった。寝てても施設に行けばパパに逢えるのと、もうそこにすら居ないのとは違いますね。。。この世にいないんだから。
    生前、パパは「俺は死んでもスピリットになって娘を守るんだから」って言っていたけど、もう忘れているかな。。私のそばにいるような気がするんだ。。。苦しみから解放されて、大好きな自宅に戻れたと思う。はぁ~パパいなくなっちゃった。

本文はここまでです このページの先頭へ