ここから本文です

投稿コメント一覧 (3005コメント)

  • >>No. 1141

    マルさんのトピを汚してしまい、すみませんでした。
    しばらく自分の場所で過ごします。感謝しております。

  • >>No. 1116

    まるさん、お疲れさまでした。
    いろいろと大変でしたね。まるさんは人一倍気配りを
    なさる人ですから、お疲れだと思います。
    天候もよくないのでお気をつけてほしいです。まだら。

  • >>No. 1108

    マルサン。ご自分の居場所はなくさないでおいてください。
    あかとんぼさんも、私もお会いできなくなったら、すごく
    寂しいです。

    きっとどこかで、壊しきれたと思う人も、一人くらいは
    いるかもしれません。空気の読めない高齢ですから、仕方ない
    のですが、今まで面倒見てくれただけでも、ありがたいと
    思います。

    マルさん。あなたは何も悪くないのですから、ここで待っていて
    ください。私にはストレスはそうとう体にききすぎて、これは
    高齢者の常の姿です。また、お会いしたいです。ありがとう
    ございました。まだら。

  • >>No. 525

    ここもそろそろ終わりにしたいので、
    今日でこのトピは終わりにします。

    かんたろうさんありがとうございました。
    あなたは常識のある礼儀正しい人で穏やかに
    できて感謝しております。


    もう静かに本でも読んで過ごそうと思います。
    いつまでもご家族を大事に旅行や行楽をご家族と
    なさってくだいませ。

    ひと時でしたがいい時間をありがとうございました。

    穏やかな日々を送りたいですね。ご健康であって下さいませ。葉っぱ。

  • >>No. 1090

    はい。
     >みなさんいい方ばかりなのに……<
    そう思っておりました。わからないことだらけです。でも、
    終わってしまったのですから、解らないことだらけです。

    少し、重い気分ですが、日薬だとよく言うように、時間が治して
    くれると思います。
    マルさん ありがとうございます。

  • >>No. 1084

    マルさん。こんばんは。
     少し引きづって居ります。人のせいでなく私がわがまま
    だからです。そういうと偽善者と言われます。書きようが
    ないのです。
    でも、トピで惜しい人をなくしたことは確かです。
    気持ちを切り替えて、生きるしかないですね。
    すぐ、元気になるように、心がけます。ありがとうございます。
    気持ちが和みます。


    赤とんぼさん。
     ウルウルします。涙もろくてごめんなさいね。私の我儘から
    おかしな方向になりました。ただそれに尽きると思います。

     穏やかに平和に暮らしたいですが、なかなかそうもいかないも
    のです。動物といると癒されて忘れます。
    赤とんぼさんはご家族は近くにいらっすゃるのですか?私は
    娘が同じ屋敷の別棟におります。時々お話しさせてくださいね。

  • >>No. 1082

    マルさん。トンボさん。
     ススキにトンボですね。なごみます。この風景も
    心が和みます。

     拡大してその周りの風景まで、思い描けるような
    連想をしてしまいます。最近、気持ちに余裕がなくて
    マルさんの投稿あまり見ていませんでした。

     子供時代の同級生のお誕生会のお話までは拝見しましたが、
    あとは私の地方が大嵐がふきあれて、、、、。刈るばかりの稲穂が
    倒れてしまい、水につかったまま。気の毒です。

     
     北海道は台風とかは、よく、温帯低気圧に変わりましたと
    天気予報でやりますが、風が弱くなるだけで雨は残るのでしょうね。
    台風もダブルパンチな時もあったりで、予期せぬ出来事が多いです。
    お気をつけておすごしくださいませ。世の中には予期せぬ人災も
    ありますから。

  • >>No. 26

    人か獣に殺されるのでなく、寿命なら私は往生してあきらめると
    思います。生きられる方法があれば生きたいですが、だめなら寿命だと
    あきらめると思いますが、苦しむのと痛みは嫌ですから、だめなら
    体に悪いなんて躊躇しないで、モルヒネでも何でもやってほしいです。ただし、
    これは自分の場合だけで、人の寿命はその当人が決めることで、私は自分の
    時は、自分の意志で決めたいです。

    日本では、安楽死は認められていないので、痛みの強い場合は時間の間隔で
    あまり痛み止めも、二時間たたないとやってくれません。どうせ治らないのだから、
    苦しませなくてもいいものだと思いますが、ドクターも人の命まで操作はでき
    ませんから、規則どうりにに時間は我慢しなさいと言われます。まだ、二時間
    たたないのかと、患者さんは5分おきに催促されます。その身になったら辛いはずです。

    高齢になると痛みは鈍くなる人がいますが、夫は臨終の日まで痛みを訴えることは
    なく逝きました。それだけが救いでした。誰しも楽に見送りたいです。ご心労
    お察しいたします。

  • >>No. 26



    >生きていることだけが大前提となってしまったら、その人間はもはや「生の牢獄」に繋がれたも同じなのに。<

    難しい問題ですから、自分がそうなってみないと、本当のことはわかりませんが、私は白血病の疑いがあるといわれて、9日高熱が下がらないとき、胸骨に穴をあけられて、骨髄液を採取されました。往生するといいますが、肝が据わったように観念しました。じたばたしても9日熱が下がらないのだから、ただ事でないとあきらめました。

    連休が終わり院長先生が、出勤してきてカンファレンスの結果、コーチゾンの薬を試してみようということで、白い錠剤を一粒渡されました。その夜は奇跡のように良くねむれました。熱お下がっておりました。9日も下がらない熱が下がっていました。

    それまではもう覚悟ができていたので9日も高熱40近い熱でしたから、意識も失い、トイレが満員で、待つ間に倒れて、意識不明にもなりました。でも、往生して覚悟が決まると、死は恐ろしく思わなかったのです。地震や人に殺される恐怖と違いあきらめているからでしょうか。死というものは人によって感じ方は違うと思いますが、その時は死を受け入れたのか、絶望感はありませんでした。

    私の夫も安らかに苦しまずにいきました。ですから私は死を恐れませんが、怖いのは
    激痛に苦しむ若い人の2時間間おきの痛み止めが我慢できずに苦しむ姿です。
    悔いのないように誠心誠意尽くしたつもりでも、それでもつくしたりなかったのではと、自問自答をするときがあるものです。

    人生は振り返れば、悔いだらけのような気がします。悔いはどんなに尽くしても、もっとしてやれなかったかと、誠実に生きれば生きるほど悔いるものだと思います。
    残された時間をいきなりの事故や心不全などで いなくなる人もいるので、尽くせる時間があるだけ尽くせると思います。お大事になさってくださいませ。

  • >>No. 24

    ご沙汰いたしております。以前お邪魔致したまだらです。
    お父上様の宣告、あの頃はその予兆はなかったのですか?
    ガンってある日、他人事でなくなる時があるのですね。

    あなた様にも私にもそんな日が来るのか、来ないのかは未知数
    ですが、息子さんとしてはやり切れない思いですね。
    私も危機感で夫の時は三年くらいは生きた心地はしませんでした。

    でも、夫は鈍感な人なのか、痛みや苦しみもあまり感じなく50代から
    83歳まで寿命を全ういたしました。進行がん3期が嘘のように。
    誰もが必ず苦しみや痛みがあるとは限らないものかもしれません。

    わかっていて意識すれば、神経がいつもその辺にあるので見逃すくらいの
    かすかな痛みも感じてしまうのかもしれません。知らずに済むなら私は
    自分のことは知りたくない気持ちです。

    本当のことを知っていたほうがやり残すことがないからと言いますが、知って
    意識するより、私は自分のことは知りたくありません。

    だんだん弱ってゆくのですから、もしかしたら死ぬのでは?と、夫も口にしま
    したが、私は命の期限を教える勇気がなく、肺炎を起こしているのだから、した
    たかだから、よく食べて負けない体力をつけようね。綱引きと同じで引っ張られ
    ないように、食べたくなくとも食べられたら、食べて頑張ろうと酷なことを言い続けだましました。可哀想だけど余命が一か月ないなんて言いませんでした。

     綱引きと同じだから食べられたら食べて、体力つけて頑張ろうというと、うん と、素直にこっくりとうなずきました。余命が一か月ないなんて言いません。

     ナースの方が、お荷物が多すぎるから、少しおうちに持ち帰ってくださいねと、
    いわれた時も、夫はダウンの上着を自宅に帰るときとき、きて帰るから、それは置いてくれと、いうのです。涙があふれます。気が付かないように泣きました。だますほうも
    胸が痛みます。

     貴方もどう対処なさるのか、つらいところですが、親子ですからお父様の気性で説明やうそのほうがいいかはわかると思います。書いていても涙があふれます。うちの夫は病には無知なほうでしたから、私の言うことは素直に信じてくれましたが、今でも思い出すと涙があふれます。

     どうぞ心残りでなくなさって上げてくださいませ。

  • >>No. 1055

    マルさん。あかとんぼさん。
     今晩は。
    確かに腹が立ちますね。多忙に紛れて芸能人はお子さんのしつけが
    できないのでしょうか?よくあることですよね。
    お金だけ豊富に与えて、そのお金で取り巻きの友人に、ちゃやほやされて
    バカ息子にした、そんな芸能人の息子さんが昔もおりましたね。

     お金だけ豊富に与えて、放置していたらいい方向には いかなおほうが
    多いに決まっておりますよ。犬だって餌だけ与えて しつけもしなかったら、
    何をやらかすかわかりませんからね。

     親がしっかりしていれば、加山雄三さんや石原さんなどは常識があり立派
    ですもの。
    親の責任でないといいますが、育った環境やしつけは親だと思います。
    あとはその子供の性格で親に恥をかかすような、理性のない人格になるならないは
    その子の性格もありますよね。
     
     どんな時でも、親が悲しむと思うと、やけになりたく暴走したくも、理性が
    必ず自分を抑えられるはずですが、人に寄り切りだから、事件は起こるので
    しょうが。なんだか、自然界も大荒れだし、雨も風も東日本災害から暴走して
    茨城でも、堤防決壊で外国までニュースで大変な暴走時代でした。

     温暖化の影響も大きいと聞きますが、風も雨も雷もすごさが増していて、未来が
    あやぶまれそうな気がします。皆さんのところは安全の多いところでしょうか。
    我が家は水害や土砂の心配はなさそうですが、竜巻が来ればわからないところです。

     お邪魔させていただきました。ありがとうございました。まだら。

  • >>No. 1049

    まるさん。こんにちは。

    >今日は孫の14歳の誕生日<

    おめでとうございます。素直で健康に成長なさるのが
    一番ですね。

    家族の楽しみはたくさんあって、うれしいことですね。
    お孫さんって気持ちの余裕があって、我が子より良く
    相手ができて可愛いものです。

    わが子の時には私の場合は働くことと、若さで気持ちに余裕が
    なかった気持ちです。それに若いときは孫に対するような
    気持ちの余裕がなかった気がします。不完全な母親でしたから。まだら。

  • >>No. 1045

    誤字訂正です。ごめんなさい。

    >最後まで、面倒みられないで<

  • >>No. 1044

    まるさん。
     ビーグルは19年も生きるのですか?我が家の二匹のビーグルも
    同じでしょうに。最後まで面戸みられないで私が先かもしれません。

     でも、娘がいるから、引き受けてもらうといいことですから、19年でも
    よしとすることができそうです。

     でも、もう生き物は増やしたり、捨て猫などを心を鬼にして通り過ぎないと、
    我が家の娘の新築は壁もふすまもびりびりです。
    猫部屋は別に作るべきと痛感します。どこもここもびりびりで、ふすまは開けて
    しまうし、ドアは飛び上がり開けてしまいます。器用すぎて犬とはわけが違います。

     もう、これで生き物は犬も猫も2匹くらいにして、亡くなったら少しは楽な
    日々もほしいからと、提案しています。全然、旅行ができない過去がありすぎ
    ました。犬やヤギと違い 、器用すぎてふすまもどこも開けてしまうし、安全なのが
    冷蔵庫だけでまだあけられませんが。疲れました。

  • >>No. 1042

    マルさん。あかとんぼさん。こんばんは。
    北海道は台風は大丈夫でしたか?今回は被害が大きかったと思いますが。
    嫌な時代になりました。すべてが大型になり怖い時代ですね。

    >今でも犬の理想型はシェパードです<
    確かに雄姿で格好がいいです。でも、65歳過ぎたら大型や中型は
    やめるように専門家から反対されました。ケガのもとだからと。

    そうです。確かにあの雄姿に憧れます。賢くて本当に悧巧な犬です。
    ですが知識がなくヒラリアで死なせてしまい、娘は獣医師になりました。
    今は、やぶ蚊でそんな病で死なせなくなりました。

    娘はブルテリアと言う犬種をかわいがっております。ごっつい顔のカバの
    ような風貌です。私はずっとミニ、ダックスでした。。これも利口です。

    マルさんは喘息があるから生き物は無理なのでしょうね。チワワのお話は
    旦那様のご実家のことでしょうか。まだら。

  • >>No. 1040

    マルさん。トンボさん。
     この時期は夏の疲れが出てくる時期ですね。夏の終わるころは
    お体が疲れていますから、夏の風邪は長引く場合がありますから、
    お大事になさってほしいです。

     私も昔風邪をこじらせて、気管支炎にまでしてしまった経験が
    ありました。あれ以来冬よりも夏の風邪には気を付けるようになりました。
    なぜか暑さで体が弱っていたのか、長引きました。
    まだ、冬の風邪のほうが楽な気がいたします。

     おふた方もご用心なさってくださいね。

     私の日課には生き物とのスキンシップがあります。なでなでがみな好きなのです。
    語りかけながら、どの子にも背中を撫でて上げます。生き物を飼うようになると免疫力が高まって元気になれるのです。逆療法みたいな生き方です。

     猫と語りスキンシップで犬と散歩で、ヤギとは会話となでてあげます。鶴の一声で
    飛んできます。でも、疲れているときはしんどいです。
    転ばされて、第一腰椎を骨折したときはギブスからコルセットが取れるまで半年はかかりました。降り曲がらずギブスですから大変です。今は水洗ですから手が届かなくとも
    何とかなりますが、脇の下から、太ももまでギブスだと降り曲がりません。

     そんな思いで二週間は痛みで眠れなかったのに、何も知らずのどかな顔です。暴走で道路に出たら事故になるので,ひきづられながら、車に体当たりで暴走を止めたからです。

     でも彼女はすました顔で何も知りません。怒るわけにいきません。今はつながないで
    広い運動場付きの、フィンスで広い運動場が二か所あるので安心です。でも、私の第一腰椎はつぶれたままです。移動の時は二人係で綱を引きます。バカちからがありすぎて転ばされたり、激突は三回は経験しています。二人係で移動はしております。生き物は
    怖いです。雄犬と出会うと犬の散歩で田んぼに落とされたり、川に落とされる時もあり、雄犬は遭遇すると危険です。覚悟がないとミニ、ダックスかチワワが、いいかもしれません。

     昔はセパードを飼いましたが、利口ですから暴走も事故もありません。悲しいかな
    無知でヒラリアで死なせました。娘が獣医の道に進んだのもそんな悲しいことを防ぎないのを見ているからです。まだら。

  • >>No. 2299

    皆さん。おはようございます。
    懐かしい地名が出てきて、同級生を思い出したまし。この人と
    もう一人がクラスに委員長と副を交代でしていた人で、つい去年まで
    地元の大学に勤務していた人ですが、溝が鯉のおよく流れになった
    ところ、場所名が重い出せませんが、あんこのおいしい食べ物を
    いただえたり、あまりにあの近辺をたくさんたくさん、見せていただきました。

    山口県は遠すぎてめったに会えずご自分の身内の葬式でもない限り、もう
    茨城までくるのは、ご高齢だし無理になりました。本当に近くにいたら
    力になってくれて、いい同窓会ができるのですが、田舎に残った男性がたは
    先に立って同窓会を作ったり書いたりが苦手でパソコンはやりませんので、
    負担が全部まわってきます。

    今まではそういったクラス委員と副委員の二人の男性が、横浜と山口で活躍
    してくれましたので楽しみがあり、よく横浜のデパートでお茶を飲んだり、横浜も
    案内していただきました。

    おとといの夜は庭園美術館のテレビがあり、これはこれでネットの人に案内
    されていきましたが、この人は美術館が好きな人で良くあちこち歩きました。
    こうした思い出が、きっと走馬灯のように動けなくなった時の老境をたくさんの思い出が、豊かにしてくれて追憶の世界も豊かにしてくれると信じています。個々の場のの人たちやまるさんなどが、記憶に残る人たちです。思い出づくりってすごく意味があることです。まだら。

  • >>No. 2295

    eityan

    お客様をお迎えする準備で多忙な一日が過ぎて、今日はその本番の日でしょうか。
    おもてなしの心が、奥様の作られるお料理が、また次のきずなを約束されることでしょう。

     私も近かったら娘たちとお邪魔したいところですが、あまりにも遠すぎて残念です。
    私は遠出は同級生のいる山口まで行き、錦帯橋やすごい鍾乳洞を見せていただきました。誰しもが感動して、こんな旅行は初めてだとすごく感動したのを覚えております。
    もうあれから10年以上が過ぎてしまい、その同級生も実家の身内や親族の不幸があったり以外は遠すぎてこられないということです。

     eichanの住んでいられるところが どの辺かも想像がつきません。案外メイさんは
    近いのではないでしょうか。いろいろ想像するだけで豊かな気分になれる投稿で、
    eityanの温かいお人柄がわかるような気がいたします。

     お料理の先生なのでしょうね。、何でもできる奥様を選ばれた,eichanも幸せですね。
    私などは体の弱い夫でしたから、外の仕事は私で男性の仕事が私の受け持ちでした。
    だから今も年のうち半分以上が外の雑用が多くて、中のことは手抜きが多いです。
    あるがゆえに赤字を生む負の財産ってご存知でしょうか?過疎の地では放置された
    大藪が増えております。貰い手もない土地のことです。

     ご夫婦で好きなことを趣味やお仕事に出来ることは一番幸せなことだと思います。
                             まだら。

  • >>No. 2288

    eichan
     いつも活躍しながら、なにかは必ずやっていられて、手抜きのない
    行動力すごいと思います。頭が下がります。

     私は草刈機のインジンがかからなかった出来事以来、手作業が効きすぎて
    ギブアップなまま、仕方なくて慣れないながらも娘が少しやったようです。
    かわいそうにやらせたくないから、頑張ってきたのにこの体たらくはこたえます。

     昔の人は草取りを手元の見えない、朝の4時前から手探りで草を取ったと、
    子供の時に聞きました。みな幽霊のようにふらふらしてばてていた人は見かけた
    時代に子供だった私です。eichanは宮沢賢治みたいにいろいろできる環境にいられて
    人生が楽しいでしょうね。土を耕したり音楽に興じたり趣味が豊かですから。

     たぶん私は年だから苦痛なのだと思います。2年前までは頑張れて、丈夫をほめられるのは嬉しいくらい、今も体に痛みがないからです。でも、夕べ読んだ本で痛みを感じないのは、認知症の場合もあると書いてあったので、手放しで喜べません。
    知らない間にあざができていたり、昔からどこかにぶっつけたことは今始まる前からですが。認知症意識しすぎだと思うほど、周りやテレビがやりすぎですね。

  • 皆さん。今、投稿始めたら画面が変わり、書き込み中の投稿が
    流れてしまいました。無意識にどこかに触れているのでしょうか?
    睡眠不足で今日は全然寝ていませんから、錯覚でどこかに触れたり
    しない保証がありません。

    メイさんのお花、三度も色が変わりました。まるで手品のように。
    私は今日は不眠で寝ていませんので誤字や脱字が多くなりそうです。

    自己暗示にかかりやすい私は、いいことはすぐまねます。イチロウ選手の
    カレーを食べる習慣を知り、まねて何年になるでしょうか。自己暗示なのか
    知りませんが、ずっと健康です。カレーは漢方の中にもあるものが入っていて
    体にいいことは前から聞いていたので、まじめにやっております。

     ここまで来たら丈夫が一番だからです。健康あっての人生ですから、丈夫に
    なれることなら一生懸命テレビも本も読むと思います。娘たちに苦労を掛け
    ないためにです。自分のためでなく娘たちに苦労を掛けたくないからです。

     今日は不眠で目がすっきりしません。。頭の中でアブラゼミが鳴いています。
    メイさんもえいちやんもお元気でね。

     BOZIさん。静かですけど、季節のまたがり、うまく越せましたかしら?私は
    越せたはずなのに不眠に取りつかれ引きづっています。この時期はイヤーな時期
    ですからうまく乗り越えたいですね。まだら。

本文はここまでです このページの先頭へ