ここから本文です

投稿コメント一覧 (833コメント)

  • >>No. 192

    【嶋さんの、イーグルスの笑顔のために】

    「僕はね。もちろん自分のためもあるんだが、このキャッチャーのために勝ちたい。このキャッチャーを何とか喜ばせたい。そう思えたときに、ピッチャーとして一人前になれたような気がするんだ」

    大野豊さんの言葉は、それからずっと、私の胸にありました。

    なので、堀内くんの質問に応えてマー君が「尊敬できる捕手に投げたい」と話したときに、
    ああ、そうなんだ、だからこそマー君は、一人前のピッチャーなんだ、と感じました。

    私がスレッドを立ち上げようとしていた時偶然聞いたこのセリフ。
    正に運命と感じ、迷わずスレッドタイトルの副題と致しました。

    私は若い頃、就職した会社の研修で「企業とは利潤追求のための組織」という主旨のことを教わり、ずっとモヤモヤしたものを感じていました。
    今、『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」水野和夫(集英社新書)を読み始めたのですが、その中に長年のモヤモヤを晴らしてくれる論を見つけました。利潤追求の企業が社会秩序を乱す。資本主義そのものの中に、単なる利潤追求を超えた可能性を見たり、本来、「倫理」が求められている領域があるはずだという指摘、です。経済界も政府も「愛・美・真」や「人間の生き方」を再認識しなければ資本主義に救いはありません。

    楽天も、これからも日本一を目指して精進するわけですが、そこに「愛・美・真」や「人間の生き方」についての意識がなければ、誰の為の優勝か、何の為の優勝か、得たいの知れないものになってしまいます。

    嶋さんは「誰かのために戦う人間は強い」と仰いました。
    元々は、大学時代の恩師である竹田監督が仰った言葉で、嶋さんがそれを強く覚えていてあの時言ったそうですね。

    闘いは自分の為でもあるが、それが誰かの為でもあれば、より強くなれる。より頑張ることができる。

    キャッチャーは、このピッチャーを勝たせたいと必死にリードする。
    ピッチャーは「このキャッチャーの為に勝ちたい」と必死に投げる。

    選手はファンを喜ばせる為に、全力で戦う。
    ファンは選手の喜ぶ姿を見たくて、全力で応援する。

    そのゴールが優勝ならば、それ以上の喜びはない。
    が、そうした選手たちを応援できること自体が喜びである。

    これからもずっと嶋さんと愉快な仲間達、即ち楽天を応援嶋す。

    掲示板の時代から11年間、ありがとうございました。

  • >>No. 856

    ワシボクさん、おはようございます!とうとう今年も今日で最後となってしまいました。

    ということは、このスレッドへの投稿も、これで最後ということですね。

    最後の投稿を、ワシボクさんに読んで頂けるのかどうかも分かりませんが、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

    始まりは、ワシボクさんが参加していたYahoo!掲示板のトピ『辛口に応援します』にあった「貧打」というタイトルのワシボクさんの投稿に、私が返信したことでしたね。
    その時は、まさかこんな長くお付き合いして頂けることになろうとは、夢にも思いませんでした。

    私が独立してからは、私の好奇心の赴くまま、あれやこれや、寄せ鍋状態のスレッドとなりましたが、
    どの話題にも、ついてきてくださるばかりではなく、高い識見を感じることが多々あり、タモリさんみたいだな、と感じることもしばしばでした。

    なかでも卓球の話題に至っては、運命さえ感じちゃいましたね。(笑)

    本当に感謝しています。そして、楽しかったです。

    ワシボクさんに返信する為に、本も読んだし、外食にも出かけました。(笑)
    楽天の応援にも、余計力が入ったような気がします。

    テキストリームは、私の日常にメリハリを与えてくれたように思います。
    今日で終わってしまうのは残念ですが、テキストリームにも感謝したいと思います。

    ワシボクさん、どうぞこれからもお元気で。
    いついつまでも、怒ったり笑ったりしながら、ずっと楽天イーグルスを応援していきましょう。

    それでは、さようなら。

  • >>No. 191

    【MAY】

    昔。いつも、私、あなたを喜ばせたい♪と、斉藤由貴というアイドルが透き通るような声で歌っていましたが。

    私は元々高校野球ファンで、プロ野球はほとんど見ていませんでした。
    駒大苫小牧の田中くんの、負けたときの立ち振る舞いに心奪われ。
    なので、この年も駒大苫小牧が普通に優勝していたら、もしかしたら私は、あれほどまでに田中くんにのめり込んでいなかったかもしれません。
    田中くんを追いかけ楽天ファンとなり。
    嶋さんに心惹かれるようになり。

    更に監督がノムさんだったことも、私にとっては幸いでした。
    ノムさんのコメントを日々目にするようになり。
    捕手というポジションに興味をひかれ、魅力を感じ。
    『野村ノート』を筆頭に野球関連、特に捕手関連の本を読み漁り。
    である時ある人に織田淳太郎の『捕手論』(光文社新書)を薦められ。
    薄い文庫本ではあったのですが、どんな厚い専門書に書いてあることも、この1冊に全てが集約されている様に感じられました。
    当時、テキストリームの前身だったYahoo!掲示板は、1週間だったかな、短い期間に投稿がないと消えていたので、私はオフシーズンにお気に入りのトピックが消えない様、この本の読書感想文を1章ずつ書いていたことがありました。

    その最後の章は「捕手とチームプレー」。
    野球は捕手ひとりでできるものではなく、投手との連携がなければ手腕を発揮することができず、野手との依存関係もなければ、チームを勝利に導くことはできません。
    「優勝チームに名捕手あり」は当然ですが、首脳陣、コーチングスタッフ、バッテリーコーチ、スコアラー等のチームプレーがあってこそ。

    では捕手とは何か。
    「実質的なプレー以外での人間的要素が、捕手に強く求められるのは事実だろう。」と筆者は語ります。
    ノムさんが「見てる人は見てるよ」と仰っていたのと同義です。
    先日、最優秀新人に選ばれた田中のカー君が、尊敬する選手を聞かれ、嶋さんと答えていましたが、投手ばかりでなく多くの選手が、嶋さんを見てくれているのだろうと感じます。

    この本の最後は、達川さんとバッテリーを組んだ大野豊さんの言葉で終わっています。

    「僕はね。もちろん自分のためもあるんだが、このキャッチャーのために勝ちたい。このキャッチャーを何とか喜ばせたい。そう思えたときに、ピッチャーとして一人前になれたような気がするんだ」

  • >>No. 854

    訂正。983番→853番

    いつまでたっても、ドジなわた~しねえ♪ 失礼しました。m(__)m

  • >>No. 852

    ワシボクさん、こんにちは。
    (983番消えてるけど、どうしたんだろ、私じゃないよ)。

    >Tリーグ 
    私もバタバタしているので、見送ることにしました。

    >張本
    実力もさることながら、顔がりりしく、カッコ良くなってきていて。(#^.^#)
    これからも文武両道、人間性にも磨きをかけ、卓球界のみならず、日本をリードしていって欲しいです。

    >雄星
    自分の息子が旅立つような思いです。心配で心配で・・(/ω\)でも英語で普通にあちらの人達と話しているのを見て、大丈夫そうだな、と思いました。・・思うことにしました。

    って、例によって、全然楽天の話をしていない私たちですが。

    クリスマスも終わり、ここでおしゃべりできるのもあとわずか。

    しましょう、楽天の話を!(笑)

    ヒジリがイーグルスアカデミーのコーチに就任しました。

    他に、森山コーチと石田悠紀子さん。

    悠紀子さん?女性名だ。2016年第7回WBSC女子野球ワールドカップ侍ジャパン女子代表ですって。
    なんと頼もしい。
    新しい時代が、切り開かれようとしているのを感じます。

    来年も、楽天イーグルスは日本一を目指して戦うわけですが、

    その一方で、こうして種を蒔くところから、地道に、先を見据えた長期的な戦略も、立てているのだな、と感心しました。
    企業としての社会貢献も兼ねながら。
    イーグルスだけでなく、プロ野球界全体の底上げも視野に入れ、ね。

    ・・今朝の河北新報の『声の交差点』に、
    「楽天に在籍した相手選手が試合に出れば声援を送る心遣いも見られました。厳しい戦いの中にも心安まる瞬間があったのです。」というファンの意見が載っていましたが、その様に自己評価しているファンもいるのだな、と改めて思いました。

    例えば岩隈さん。「巨人の優勝に貢献する為に云々」と言っているのをシラ~とした気持ちで聞いてしまいましたが、交流戦で岩隈さんが投げているのを見て、感情がストップしてしまうかもしれませんが、
    もし、楽天のユニホームを着て「岩隈さ~ん」と声援を送っている人を見たら、
    楽天が抑えられてもいいのか、とか、心の中で応援しろ、とか、どうしても応援したいのなら着替えろ、とかではなく、
    (この人は楽天のファンだけど、今も岩隈さんのことが大好きなんだな)と、その想いを温かく見守りたいと思います。気持ち、分かるので。雄星が好きだったから。^^

  • >>No. 190

    【太陽】

    バイタルネットさまからお返事を頂きました。

    後援会会長をしていることもあり、「イーグルスの顔でもある嶋選手とは、会社としても深いお付き合いをさせていただいております。」とのことです。

    若手社員を対象に講演会を開いてもらったりもしているそうです。
    ということは。
    学生の皆さん!
    バイタルネットに就職したら、嶋さんの講演会が聴けるかもしれないってことですよっ。(笑)

    ま、そんな風に嶋さんに接している社員様曰く、
    「本当に彼はナイスガイですね。」
    そうでしょう、そうでしょうとも。(*^^)v

    『嶋基宏とゆかいな仲間たち大運動会』については、来年以降の動向はまだ分からないそうですが、
    その開催継続と、私が個人的にお願いした禁煙啓蒙に関する提案について、
    「関係部門としっかり検討していきたいと思います。」とのご回答を頂くことができました。
    期待したいと思います。

    さて、その嶋さん。
    一昨日は仙台市なかよし学園と東北大学病院に行かれました。

    「こういう(社会貢献活動)のは、自分がやりたいと思ってやらないと意味がない。(後輩達には)何かを感じてもらったり、響いてもらえばいいかなと思う。それは一人一人の意思だと思うので、強制することではないと思いますけど」by嶋さん

    そうは言っても。
    TVのキャスターも言ってましたが、
    会場に入った瞬間に子ども達の目が輝くような、そうした存在になれるのは、選ばれた数少ない人たち。

    嶋さんは、そうした、周りの人たちに光を与えることができる、数少ない太陽のひとつ。

    触れ合った人々を幸せにできる、オーラを持った、太陽。

    いつまでも私達多くの人々を照らし、温めてくださいますよう、
    そんな嶋さんで居てくださいますよう、願っています。

  • >>No. 850

    ワシボクさん、こんにちは。張本君が凄いことになりましたね!卓球グランドファイナルで最年少優勝しましたよ。どうしましょう。(;・∀・)

    >2月にゼビオアリーナ

    暮れも押し迫った12月28日ですね。会員はもっと早く買えるのかな。どうしましょう。(・ω・)

    >プロ化は当該スポーツ強化と人気拡大に絶大な効果

    きゃあきゃあ。ついこの間まで、地味だのなんだの言われていた卓球界。どんな未来が待っているのでしょう。^^

    >競技人口の拡大と国民的人気の定着を

    将棋界とかもそうですが、切っ掛けは一人のヒーローの出現だったりしますよね。
    卓球界における愛ちゃんが果たした役割というのは、本当に大きかったのだと今さらながらに思います。

    >通信手段

    おやまあ。嫌がらせとか来ていなければ良いですが。成りすましにも十分お気を付けください。
    私の方はTwitterをやっていますので、また探してください。(^_-)-☆

    こういうのは、警戒しながらも「信」がないとできないですね。

    先日、雄星くんが母校の中学生に「信」について話しているのをテレビで見ました。

    「信じるというのは、『人』に『言う』と書くじゃないですか。人に言うことで自信がつく。人に言うことで、夢を宣言することで、逃げられなくなる。是非、みんなもね、夢を宣言すること。そうすると、やらなきゃいけない環境になりますので、そこは凄く大事にして欲しいなと思います。」by雄星

    雄星くんも来年にはアメリカに行っちゃいますが、てか、もう行っちゃってますが、勿論、観たいのはサクセスストーリー。でも、上手くいっても行かなくても、雄星くんの「生き様」を見守り続けようと思っています。ファンとして。

  • >>No. 189

    四郎子さま

    今日は嶋さまの、お誕生日でございますわよ。\(^o^)/

    国民の祝日にすべきなんじゃないかと私なんか思っちゃてますわよ。(*^^)v

    >嶋と愉快な仲間たち、とても良いイベントだったようですよ。

    感謝祭より楽しかった、というファンも沢山いますね。

    あ~ほんと、行きたかったですね~。(*´ω`*)

    ネットにあげられた写真やら動画やらを頭の中でつなぎ合わせて再現しましたが、どうにもこうにも行きたかった!

    嶋さんもそうだけど、仲間たちの楽しそうな表情!好きだ好きだ大好きだあああ!

    そして、嶋さんから枡田さんへの花束贈呈。嶋さん、泣いてましたね。(ノД`)・゜・。

    >来年もお願いしたい

    嶋さんにお願い嶋しょう。私はバイタルネットにもお願いします。宣伝効果絶大だから、企業イメージ更に良くなって、優秀な人材が更に集まってくるから、やりましょう、やってください、みたいなお願いを会社にしてみます。(^_-)-☆

    >ケツが見えて来た

    いやん、えっち。(違)。これからですよ。まだまだですよ。
    だけど、何事にも終わりはあるので、それを意識して今日を頑張る、というのも大切かもしれませんね。
    ここも今月で終わりますけど、だからこそ、いち投稿入魂、です。(`・ω・´)

    ではまた。

    (写真はルーキー時代の嶋さん。
    嶋さん、お誕生日おめでとうございます。
    これからも、お茶目で可愛い、皆に愛される嶋さんでいてください。
    来年も再来年も、嶋さんのご活躍を願っています。)

  • >>No. 848

    ワシボクさん、こんにちは。

    >始祖であり象徴でもあった岩隈

    まさか、まさかね。
    ワシボクさんの心中、如何ばかりかと。(*_*)

    >本当にがっかりしました。

    やけ酒飲んでいたりしているのではないかと心配しております。(;・∀・)

    >球団社長以下、諸手を挙げて迎える体制を整えていると思っていた

    どうしたんでしょう。来てくれるはずだと思い込んで油断したのかな。
    まさか、年齢的なこと、怪我のことなどで、慎重になってしまったのかしら。
    「リハビリの最終段階にあるが、判断が難しかった。」by石井GM

    楽天は、年棒等、ドライに算定する傾向があり、礒部さん等はそれを「近鉄と違う」と評価していたりもしたのですが、会長決裁に必要な数字と、クマさんの自己評価額が合わなかったりしたのかしら。

    >岩隈は金で転ぶような男ではない

    私もそう思っています。
    報道によると、原監督が直々に電話して説得し、その熱意にクマさんが、ってことみたいですね。
    何しろ、原監督とクマさんは、WBCで共に戦っていますものね。
    その時の印象が、とても良かったのでしょう、きっと。

    「監督というより大将みたいな方で、見守ってくれているという感じがあったので、堂々と僕もWBCで自分のパフォーマンスをすることができた。原監督はチームを纏めるというか、全体を包み込むように見守る監督という印象です。」byクマさん

    あ~ん、この悔しさは、平石監督に晴らして頂きましょう。(`・ω・´)

    あと、石井GMですが、「球団の誠意は伝えたつもりだが、ご縁なので、仕方がない。」とも仰っていましたね。

    「たかが選手が、」と言ったどこかの誰かと違って、石井GMは選手に対しても、誰に対しても、丁寧な言葉使いで話されます。

    残念だけど、ご縁がなかった。そう思うしかありませんね。

    来年は、クマさんを見るたび、複雑な心境になってしまうとは思いますが、またご縁ができて、となるといいですね。

  • >>No. 845

    ワシボクさん、こんにちは。

    >始祖は

    高校野球は子どもの頃から見てはいたのですが、始祖となると、大越基さんかな。
    その後、仕事とか忙しくて観ていない期間もあって。2006年ある日の夕方、地方大会で二年生のヨッシーが先輩達に盛り立てられて東北高校と引き分け再試合をする特集番組を観たんです。で、今年はイケるかもしれないと期待したのですが、日大山形に敗れ。負けたら勝った方を応援する、という自分のルールに従い、日大山形を応援していました。相手はフラフラで、ボーっとした感じの祐ちゃんでした。決勝もルールに従い祐ちゃんを応援するつもりでしたが、駒大苫小牧とのあまりにも素晴らしい試合にどっちを応援するべきか分からなくなり。最後にマー君が空振りして負けが決まった時にフッと笑ったような顔、本間くんの背中に当てた優しい手にやられてしまい。あとはもうマー君!マー君!になりました。

    ヨッシーはマー君の一つ下になり。さらに二つ下に雄星がいるわけですが。
    中学生の雄星は、仙台育英のオープンスクールに来たことがあり、案内したのがヨッシーだった、という話を聞いたことがあります。後日「なんだよ、一緒にやれると思っていたのに」とヨッシーが。

    もし雄星が仙台育英に入学してヨッシーとダブルエースになっていたら、と夢みることもありますが、
    雄星は花巻東の「オール岩手」の方に魅力を感じてしまったのでしょうね。
    2009年の花巻東はノムさんも絶賛する素晴らしいチームとなりました。「楽天は花巻東を見習え」byノムさん
    春に準決勝で戦った利府高校も素晴らしく。夏の雄星は準決勝で・・後で肋骨折れていたことが判明するわけですが、「これが人生最後の試合になったっていいんだ」という、決して良い事だとは思いませんが、お金でも何でもないことに命を懸けようとする純粋さに泣けました。
    今朝のTVでもやっていましたが、雄星はプロ9年間で岩手で楽天と2試合戦い、楽天ファンからも声援が送られていました。そういう楽天ファンの姿を、浅村さんは観ていてくれたりしたのかな。だから楽天に来てくれたのかな。と個人的には思っています。
    雄星は地元の子どもを励ますために「ふるさと復興イベント」を発案、大谷くんに計画を打診します。大型バス20台分の費用を2人で折半して野球少年たちを招待したそうです。
    大谷くんもお金じゃないことで動く人ですよね。

  • >>No. 176

    【この場を借りて】

    土曜日に行われる『嶋基宏とゆかいな仲間たち大運動会supported by バイタルネット』には、
    岸くん・則くん・直人さん・枡田さん・足立くん・カラシ―・カー君・内田くん・古川くん・堀内くん・村林くん・という面々が参加してくれるそうで。^^
    また、沢山の会社が協賛してくださっていることを嬉しく思います。
    その筆頭協賛会社について、僭越ながら少しばかり宣伝させて頂きます。

    株式会社バイタルネットは、仙台に本社を置く医療品卸売企業です。
    バイタルとは、生気に溢れているさま、活力に満ちたさま、の意味ですが、
    その名に恥じぬほど、社会貢献活動にも熱心な企業です。
    この度の嶋さんの大運動会への協賛も、その活動の一環なのかしら。
    硬式野球部もありますし、
    災害時における物資供給等にも心を配っています。
    NPO法人禁煙みやぎの会員会社でもあります。

    ・・ついでにタバコの話を少し。

    最近カナダで大麻が解禁されました。理由の一つとして財政難があるそうです。如何なる理由でもそんなものを政府が売ってはいけないと思うのですが。

    ところが日本では、大麻よりヘロインより依存性の高い薬物であるタバコが売られています。
    宣教師が鉄砲と一緒に伝えてしまったタバコですが、300年前には貝原益軒がその正体を見抜いてはいました。
    が100年前、時の政府が日露戦争の物資調達の為、専売にしてしまいました。
    以来、数々の戦争が終わっても売られ続け。
    ・・旧優生保護法という人権を踏みにじる法が、平成になってもありました。
    同じ様に(国民を依存症にし税金を絞るとる為の)タバコ事業法が平成が終わろうとしている今もあり続けています。
    合法だから安全、ではないのです。タバコ産業は「警告は書いているので、発症したらお客様の自己責任」と言うだけです。
    安定した税収入の為に始めた専売でしたが、今となってはタバコ由来の病気の医療や介護等の支出による社会負担の方が大きく、国民全体を苦しめています。

    世界は、厚生労働省は、宮城県は、仙台市は、喫煙者を減らす取り組みをしています。
    若者に最初の1本を吸わせない為の教育が大切ですが、
    喫煙者も、なんとか頑張って卒煙しなければいけません。
    ニコチン依存症は病気ですから治療が必要です。

    本人にも他人にも、健康被害を与える喫煙を、するべきではありません。

  • >>No. 843

    ワシボクさん、こんにちは。

    >浅村

    決まりましたね~。

    >チャレンジ精神の強さが決め手

    武士ですね~。男ですね~。(*´▽`*)

    >岩隈
    >日本の他球団には絶対行ってほしくありません。

    私もです。けれども・・。岩隈さん自身が、お金じゃなく、条件じゃなく、私たちには分からない何かの理由で他球団を選ぶというのなら、岩隈さんのお考えを尊重しなければいけないのかな、とも思います。

    岩隈さん、一昨日広瀬中学校で、いじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」の講義をしてくださっていましたね。
    岩隈さんが発起人で、東京とかでもなさっているそうですが、仙台の子ども達のことも忘れずに思い下さっていることに、感謝せずにはいられません。
    仮に他球団に行ったとしても、野球は勿論、それ以外のことでも私たちに夢や希望を与えてくださった岩隈さんから頂いたことへの感謝の気持ちが、消えることはありませんものね。
    とはいえ、ほわんとした感じの石井GMと、気負いのない感じの岩隈さんは、案外話が合って、楽天に来ていただけるだろうとは予想している私です。(^_-)-☆

    >ヨシノリ

    育英のヨッシーを追いかけて祐ちゃん、マー君、そして楽天と出会った私ですので、ヨッシーことヨシ君には特別な想いがあります。
    今朝の河北新報にも大きく載っていましたね。
    記事の中に、ダルから
    「ヤクルトを戦力外となった時に連絡をもらった」
    「一年でも長く頑張れという言葉をもらった」とありました。

    ダルって、良い時も<悪い時も>、こんな風に言葉をくれる人なんだな、と改めて思いました。

    >何は

    何はともあれ。来年が楽しみ。

    楽天というチームが、良い成績を残してくれることを期待します。

    と、同時に。

    それぞれの選手が、どんな『生きざま』を見せてくれるのか、とても楽しみです。

  • >>No. 186

    四郎子さま、こんにちは。

    >大きく動いてますね。

    人は見かけによらないと言っては失礼ですが、石井GM、なかなかやるもんだ、と感心しております。
    こういうほわっとした感じの人が実は仕事のできる人だったりするのが私的には理想です。

    更に、選手からみて兄貴みたいな存在の平石監督が、良い成績を残してくれることは、私の長年の望みであります。

    そうでないと・・。今年は日大アメフト部を始め、スポーツ界の様々な問題が表面化して問題になりました。
    ・・どうしても、消えることのない悪しき昭和の怨霊たち。
    何故ならそれらの価値感、思想で、結果を出してしまってきたから。肯定され、支持される根拠になってしまう。
    それを覆して新しい時代を切り開くには、新しい価値観を持った人たちが、新しいやり方で結果を出さなくてはいけません。私は来年、平石楽天を滅茶苦茶に応援嶋すよ。(*^^)v

    >浅村さん >投手陣 >嶋さん

    選手たちの生き生きとしたプレーが観たいですね。(^_-)-☆

    さて。『OH!バンデス』のメモの続きです。

    ○(帰宅してまず)TVを付けてスポーツニュースを見ることが多いです。他のチームの成績とか。(「ご家族で見られて意見交換などは?」)(笑)それはしないですけれど一人で見ています。(勉強のためにも)

    ○(釣り部は)10人位。結果を出しているのは銀次。僕も朝強いので結構行くがあまり釣れない。最高はブラックバス49cm位。

    ○試合前はうどんか蕎麦。勝ったら続け、負けたら代える。8連勝した時は毎日お昼にうどんを食べ続けた。

    ○(『料理コーナー』でおばけウィンナーナポリタンを試食。)ナポリタン大好き。

    ○(寝る時は)長袖長ズボンのパジャマ。(高校時代の体操着ではない。)

    ○岸のことはタカ、則はノリ。球場にいる時は2文字が呼びやすい。

    ○(岐阜のブランド柿『天下富舞』)初めて聞きました。(初競りで2個54万円)食べれないですね。

    ○(辰巳選手は)TVで見たことがあるが滅茶苦茶足が速い。(則弟)是非這い上がって欲しい。

    ○(どさくさ紛れに自分の入団時の映像を見せられ)「恥ずかしいですね。なんか無茶苦茶緊張しましたね、はい。(何を聞かれたか)全然覚えてないです。まさか自分が、というのがあったんで、そんな上位(3位)で、とは思っていなかったんで、もう兎に角緊張しました。」

  • >>No. 841

    ワシボクさん、こんにちは。

    >本当なら大変嬉しい

    本当でした!

    >条件で上回るSBより

    楽天はSBより8億少なかったのにねっ!

    >古巣で愛着があり、条件的にも楽天と同等のはずの西武より

    どうしちゃったんでしょう。

    >貧打貧打で負け続けた今年の楽天にとって救世主

    確かにわたくし、生え抜きびいきではありますが、人によります。(^_^;)
    それに、背に腹は代えられない!
    それにそれに、浅村さんの存在が、楽天打者達にも良い効果をもたらすみたいなこと、GMが仰ってました!
    浅村さまには遠慮なく、神様仏様浅村様と言われる程の主になっていただきましょう、ぞよ。

    >前を打つ打者の出塁で

    そうそう、塁に出なければ。ルイルイ♪

    >選手間の人間関係

    >石井GM
    5年一緒だったそうですね。テレビで石井さんのコメントを聞きました。
    GMだし年上なのに、浅村さんについて「どうしても来て頂きたいプレーヤー」とか「浅村選手からそういう言葉を頂けたのは」とか、敬語を使っているのが素敵だなあ、と思いました。

    >岸、直人

    光山コーチの存在も大きいらしいです。^^

    >ファンの気質、本拠地の印象

    今朝の河北春秋には、「負けても応援の声が消えず、敵の好プレーにも拍手が起こる球場の温かさを、浅村選手は感じたに違いない。」とありました。

    >楽天に来た選手はみんなこのチームが好きになっている

    いやあ~ん、しあわせ~。(*´▽`*)

    >浅村が楽天を選んで良かったと思えるよう、全力で応援します

    あたしだって!

    来年が更に楽しみになってきました!

    (写真は長野県朝日村のホームページより。朝日村は移住者歓迎。)

  • >>No. 184

    四郎子さま、こんにちは。(お久志ぶりになってしまいました。)

    >行けない

    それは残念。(>_<)

    >色々と嶋さんに負担の多いシーズンでしたが

    胃の痛くなるようなことが色々ありましたものね。観ているだけでも大変でしたから、当事者の嶋さんの心労や如何に。(-_-;)

    >来季は少しでも嶋さんの負担が減って攻守に活躍できれば良いな

    全くです。

    以下、『OH!バンデス』より。
    (四郎子さまもご覧になったそうですが、私の復習の意味でメモしますね。)

    「(2018年は)苦しかったですね。最下位というポジションにずっと居たんですけれども、それでも毎日球場に沢山の人が入ってくれた。毎日応援してくれるファンの方々が居たんで、兎に角、最後まで諦めないで戦うっていう、それは思って毎日一所懸命プレーしました。ファンの方々が居なかったら、気持ち折れていたかもしれないですね、途中で。」

    「(岸は)クール、冷静に思っている人が多いと思いますが、ハートはかなり投手陣の中ではトップクラスに熱いです。あと、滅茶苦茶負けず嫌いです。兎に角、何でも応えてくれるので、僕もリードしていて楽しいかなと思います。」

    「(則は)皆さんも知っている通り素晴らしいピッチャーです。年齢も若いですけど、気持ちで相手に向かっていくタイプなんで、何だろう、気持ちが入った時には誰も打てないかなっていう風に、じゃあ毎日気持ち入れろって(笑)思うんですけど、やっぱコンディションもあったりとか色々あるので、そんな中、最後まで1年間粘り強く投げたなと思います。開幕とか節目節目の時は凄くアドレナリン出て、ちょっと話しかけにくい感じもありますね。そういう時は、僕はちょっと冷静に、一歩引いて、とは思っています。」

    「(来季は)監督、GMが代わり、チームとしても新しく変わろうとしている年だと思うので、僕もそれに乗り遅れないようにね、もう1個レベルを上げて来シーズン臨みたいなと思います。今までのを続けていても、また同じ成績しか出ないのでね、どんどん新しいこともそうですし、もう1個、上のレベルに行く為には追い込んでいかなくてはいけないと思うんで、レベルアップしたいなと思います。」

    「(秋季練習は)非常に明るく、その中に厳しさをもってできているかなと思います。シーズン中にできない練習を、今やっていますね。頑張ります。」

  • >>No. 838

    ワシボクさん、こんにちは。

    >選手が客席に座ったことに驚き

    大会の主旨を、選手の皆さんも理解してくださっていたのでしょうね。
    そうした個々の選手を含めた卓球界のご尽力の一つ一つが、裾野の拡大につながり今日の、
    そして未来の卓球界の隆盛に繋がっていくのだろうと思いました。

    >野球の話題

    そうそう。とはいえ楽天の話題が無さすぎて。
    暇なので自作のブルーレイ『2018年度楽天イーグルスベスト』を観て楽しんでいました。

    ・・まあ、秋季練習の話題とかありますね。
    今年は野手と投手別れて練習しているそうですが。なんででしょ。
    仙台は寒いから、暖かくて晴れの日が多い倉敷で練習することになったはずなのにね。
    若手中心の野手17人が倉敷で練習しているとのことですが、石原くんが早々に太ももを怪我したそうで。うう~ん。
    あと、タケローが捕手練習しているところを今朝の『ウォッチン宮城』で見ました。
    外野が混んできたから再び捕手に転向、とのことですが・・。

    伊藤智仁コーチが指導しているところも見ました。
    「伊藤智仁」は私的に伝説の投手ですので、不思議な感じがしました。
    勿論、期待は大きいです。

  • >>No. 182

    四郎子さま、こんにちは。

    >反論しなくて正解ですよ。

    悟りを開くまで何年もかかりました。(^_^;)
    テキストリームがYahoo!掲示板だった時代には、当時の人気トピのトピ主様に「ナコさん、鈍感力ですよ」とアドバイスを頂いたこともありました。
    しかし、私にはこれが難しかったので、粛々と自分の想いや考えを記する、今のスタイルに変えました。

    >リード論は目玉焼き

    四郎子さまは、面白いことを仰っいますね。^^
    誰もが「私ならこうする」というのがあって、他人が自分と同じ考えや行動をとらないと不満に思うところはありますね。リードについても生半可な知識がある人ほど(俺ならこうするのに、嶋は俺の考えと違うリードをしたから打たれたのだ)と、思い込むのかもしれません。
    でも、どんなに経験がある人でも、所詮はアマチュアですし、プロである嶋さんの想いや考えには遠く及ばないはずなんですよね。
    だけど、知ったかぶりをして優越感に浸りたいとか、
    自分のストレス解消のためにデスりたいからデスる人とか、色んな人がいるように感じられます。
    そういうのに振り回されたり、感情を害されたりするのは止めることにしました。それが私の悟りです。

    あ、あと10分で、「嶋基宏とゆかいな仲間たち大運動会2018supported by バイタルネット」のチケットがEチケで販売開始になりますね!
    四郎子さまは行かれますか?
    私は行けないので、是非行って、お話聞かせてください。(^_-)-☆
    先ずはチケットゲット、頑張ってくださいませ!!

  • >>No. 835

    ワシボクさん、おばんです。

    >平野と一緒に撮った写真があるなんてっ!
    >お嬢さん、ナイスですっ!

    上の子は女の子なんですが、バドミントンをちょこっと。
    卓球をやっていたのは下の子で、男の子でございますです。m(_ _)m

    でね!でね!もっと自慢して良い?
    現在世界ランキング1位の、朱雨玲の直筆サインを、彼は持っているのですよ!

    ワシボクさんとすれ違っていたかもしれないあの日、あの会場で、彼は眼の前で書いていただいたそうです。どうだ、凄いでしょ。(*^^)v

    その朱雨玲を。なんと伊藤美誠ちゃんが、昨日のITTFワールドツアー・スウェーデンオープンで破って優勝!(;・∀・)
    恐るべし、伊藤美誠ちゃん!
    アイラブアイラブフォレバモア♪ゴーゴー卓球娘。ちがった、それはオーロラ三人娘。

    >ドラフト
    >石井GMが

    三木谷さんの人脈の広さにはカンシンしますが、ふり幅の大きさにもカンシンしてしまいます。おっと、別にGMをドラフトでとったわけではありませんでした。

    吉田くんは・・野茂、野茂、みたいに、吉田、吉田、になるかと思ってたので、どこにも指名されなかったのには驚きました。
    でもNHKの根尾昂、根尾、根尾、根尾昂が面白くて。耳に焼き付いちゃった。

    吉田くんには楽天に来て欲しかったですが、育成上手なハムに決まってホッとしているところもあります。
    自分の贔屓のチームの育成手腕に不安を覚えるなんて情けないことではありますが、オーナーの方針がコロコロ変わったりするのを見てるとね。
    その点、ハムさんはぶれない、というか、腰が据わっているように感じられます。
    ドラフトでも、その年、一番良い選手を指名する、という方針をぶらさない。

    楽天は、やっぱりチーム事情を考えて野手、としたのでしょうが、根尾と言って?いたのに確率を考えたのか藤原くんに。それを外しての辰巳くんですからね。
    結果的に大卒野手、即ち即戦力の打者がとれたってことで喜んで良いんだとは思いますが、最下位のメリット?が活かせなかったような印象は私にもありました。
    コメントも、高卒選手の初々しい生真面目さと違い・・ま、それが大卒の余裕ってことで良いんですけど。
    そのうち、良い所がみえてくれば、情もわき、応援したい気持ちになってくるとは思います。

    なにはともあれ、活躍してもらわなければなりません。即戦力としてね。

  • >>No. 834

    aisさん、はじめまして。
    ヒジリが戦力外になってしまいました。
    オコエには活躍してもらわなければなりませんね。

  • >>No. 180

    四郎子さん、おばんです。

    「きし」「しま」って名字で呼び合っているのかと思っていたので、まさかの「タカ」に萌えました。( *´艸`)

    >太田さん

    よく知らないのでまだ情が湧いてこないのでね。
    シーサーや下妻くんが戦力外になったのはショックでしたし、
    気持ちとしては足立くん、堀内くん、山下くんを応援したい気持ちの方が強いです。

    >その宣言をして失速してしまった人

    私としても、あんまりいい感じはしないし、しなかったです。
    若者は、謙虚である方が美しいですね。胸に秘めたる闘志はあったとしても。

    >嶋さんを安心させるように頑張ってくれるとありがたい

    怪我をおして、痛みに耐えてまでマスクを被らなければならない姿を見るのは辛いですしね。優秀な捕手がチームに沢山いることは大切です。

    >リード関連に関しては、私的には結果論だと思うので、ネットで語られるリード論は正直良い感じはしませんね。

    全くです。

    ですが私はかつて、これが非常に気になった時期がありました。
    元々凝り性なこともあり、理論武装の為にノムさんの本を始め、捕手論、リード論読みまくり、書棚が野球関連の本で埋まったことがありました。
    で、ネットで語られるリード論にも一々反論したい衝動にかられたのですが、如何せん、実際にマスクを被ってボールを受けたことがないわけで、そこは引け目を感じていました。
    ノムさんは嶋さんを「続けの嶋」と揶揄したことがありましたね。今もかな。
    だけど私はある時、昔、谷繁さんがノムさんに「続けの谷繁」と言われていたことを知り、
    谷繁さんを信奉する嶋さんが続けの嶋であることは、当然のことではないか、と思う様になりました。

    その頃、ベースボールマガジンで、伊東勤さんが嶋さんの配球解説を読み。続ける一球、一球に、捕手の思いや考えがあることも知りました。

    いつだったか嶋さんが古田さんに続ける時の球数を聞いていたことがあったのですが、古田さんは「2球」と答えていたような。

    ただそれは、どちらが正しいとか間違っているではなく。
    嶋さんはノムさんの教え子ではあるけれど、谷繁さんを継承している部分もあるのかなと。

    それからは、
    嶋さんが、考えて、配球したのなら、それが正解、
    と思うようになりました。

本文はここまでです このページの先頭へ