ここから本文です

投稿コメント一覧 (789コメント)

  • >>No. 161

    【陰のMVP】

    後半戦が始まった途端、3連勝嶋した。

    則くんで勝ち、美馬さんで勝ち、古川くん(勝利投手はまっちゃん)で勝ちました。うれしいよお。(ノД`)・゜・。

    昨日は嶋さんも適時打。打率も上がってきています。

    何より、勝利してハーマンと何やら話ながらベンチに下がっていく時の、二人が醸し出す空気の麗しさ。
    かつてのラズナーとの世界を彷彿とさせられるような、美しい世界でした。

    一昨日の試合は嶋さんも大活躍してました。
    以下、河北新報の記事より。

    ~球はややそれたが、嶋が好捕し三走中村の本塁突入を阻んだ。嶋は『石川から多くは得点できない。リードは許せなかった」。~
    ~九回には3番手大谷から岡島、嶋、田中が3連続適時打で4得点。一気に6-1とリードを広げた。その伏線は五回の嶋の打席にあった。快投ペースの石川に13球投げさせ、消耗させた。石川は七回で降板に追い込まれ、ロッテは救援陣を投入せざるを得なかった。嶋は直前の2打者が計5球で打ち取られた分、奮起した。「自分の粘りがいい流れを呼んだのなら、うれしい」と謙遜した主将を、栗原打撃コーチは「陰のMVP」とたたえた。(金野正之)~

  • >>No. 804

    ワシボクさん、こんにちは!

    後半戦が始まりましたね!

    則くんで勝って、美馬さんでも勝ちましたね!

    ワシボクさんの御機嫌もさぞかしよろしいことでしょう!

    とは言うものの・・。

    >西日本豪雨。>思いがけず大変な災害になってしまいました。

    気象庁が「これまでに経験したことのないような大雨」とか、「重大な危険が差し迫った異常事態」とか言っていたのはニュースで見たのですが、
    その時は私も、こんな沢山の人々の命が失われるような大災害になるとは思ってもいませんでした。

    >自分だけは大丈夫

    正常性バイアス、というそうです。
    東日本大震災でもこの心理が働いて逃げ遅れてしまった人が沢山いるそうですね。
    テレビで息子が避難しよう!と言っているのに、床が汚れるのを気にしたり、テレビを2階に運んだりしている人がいました。
    でも、そういう人、多いでしょうね。私だって、さっと然るべき行動をとれるかどうか。

    >『逃げるは恥だが役に立つ』

    そのドラマ、見てなかったので知らないのですが、どうしてそういうタイトルなのかしら。

    >危険の目がある時はすぐに避難

    普段の訓練が大事ですね。

    >何でもない日常を過ごせることの幸せ

    何でもないようなことが幸せだったと思う♪

    イーグルスを応援できるという、ありがたい幸せ。

    >岩見
    >内田
    >和製大砲候補

    大砲は一日にしてならず。

    一昨日はアイランド島内くんが決勝打!そして昨日もホームラン!
    ブルーマウンテン青山さんも頼もしく。

    楽天イーグルスが麗しい都になれるよう、今日も応援頑張りましょう!

  • >>No. 160

    【嶋さん、前半戦の盗塁阻止率.365(7/12現在)】

    前半戦が終了したので、取り上げそびれていた河北新報の記事を。

    6/21朝刊。
    『嶋「復肩」』『3割上回る盗塁阻止率』『強肩で投手陣もり立てる』

    ~(略)14日の中日戦まで4試合連続で二盗塁を阻むなど盗塁阻止率は4割を上回る。リーグ戦を含む今季通算3割1分4厘と、一流の捕手の証とされる3割を超え投手陣をもり立てる。(略)先発古川の3勝目につなげた。(略)嶋は「岸がクィックで投げてくれた」と謙遜するものの、岸が続く高橋、モヤに連続四死球を与えただけに、嶋のこのプレーは光った。12日の中日戦の二盗阻止も価値があった。(略)嶋は、見逃した平田の体が邪魔になりなげにくい状況から素早くスローイング。滑り込んだ大島に、二塁に入った遊撃茂木が即座にタッチできるピンポイント早急となった。青山は「走者警戒より打者への制球を重視していたので助けられた」。ピンチの目を積んでくれた女房役に感謝した。(略)嶋は「若い時のような強い球は厳しいが、捕ってから速い動作で正確な球を投げる」ことを意識する。梨田前監督は「二塁側へしっかり踏み出して投げている。今までは1歩後ずさりしていた。この数十センチの差が大きい」と技術的な改善を指摘する。嶋の新人時代の恩師、野村元監督は「生涯一捕手」を掲げ、45歳まで現役だった。「二塁に球が投げられれば40歳をすぎても捕手ができる」が口癖だったが、33歳の嶋の今後の選手生活にとっても「復肩」は大きい。~

    ・・試合後、見たシーンはしばらくは覚えているのですが、次々始まる新しい試合を観ているうちに段々忘れ。
    それでも12日の、投げにくい状況から行ったピンポイント送球は、鮮明に頭に残っています。
    梨田前監督も、嶋さんのこと、とてもよく見てくださっていて、ありがとうございました。

    そして、金野正之記者。ステキな記事をありがとうございました。

    私には、記録と共に、
    嶋さんにずっと捕手として活躍して欲しいという番記者の想い、をも感じとれました。

  • >>No. 802

    ワシボクさん、こんにちは。

    >返歌というより変化

    全ての事は、想いは、歌は、変化するものでございます。

    楽天も平石監督代行になってから、8勝8敗勝率5割になりました。

    そんな中、変わらないものも。

    それはワシボクさんの楽天愛(^o^)と、
    借金20という数字・・(^-^;

    ・・昨日は前半戦最後の試合というのに、ぱっとしませんでしたねえ。
    ペゲーロ、嶋さんをホームに返す、田中カー君の3ランがなければ、残念な試合になってしまうところでした。

    とはいえ、一昨日は山形で、やっと勝ってくれたのでね、よかったなあと。

    ところで。
    西日本豪雨の被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
    イーグルスもオリックスさんと共に、試合前の2日間、募金活動を行ったそうですね。
    協力してくださった山形の300人のファンの皆さん、ホームでの1500人の皆さん、ありがとうございました。
    私も何かの形で協力したいと考えています。

  • >>No. 159

    【今夜も期待する!】

    昨日、ようやく則くんで勝てました。
    と言っても、則くん自身は苦しい投球内容でした。
    昨日の勝利は野手のおかげ。
    それでも、今まで野手のせいで、と言いたくなるような敗戦も少なくなかったのですから、こういう勝利もあっていいのさ、たまには。
    則くんの決め球のフォークボールの切れが戻ってきたという朗報もあり。
    「いろんな思いがある中でしっかり投げてくれた。今日は勝ちが付いたことが一番」by平石監督。

    嶋さんも、2回と8回にヒットを放ち。アイランド(島内)くん、3ランありがとう。

    抑えはハーマン。
    ハーマンはこれで、11試合連続無失点で8セーブ目!
    「次の試合もゼロに抑えたい」byハーマン
    是非是非。

    次の試合となる今夜の試合。
    相手先発は雄星。
    私は雄星も大好きなんだけど、ずっとやられっぱなし故に今は余裕がないので、真剣に楽天の勝利を願います。

    そして、おまじないのお札として、前回の嶋さんの写真付き記事を添付嶋す。

    「(略)2死一、三塁で嶋が151キロの直球を右越えへ運ぶ2点2塁打。(略)」
    「(略)塩見は球団初の無安打無得点試合達成の期待が高まり始めた六回2死、(略)」

    そうだ、しおみんは前回、快挙は逃したけど、7回1失点の好投だったんだ。

    今夜も、期待する!

  • >>No. 800

    ワシボクさん、こんにちは。

    では私も、返歌の返歌を。にゃにゃにゃにゃにゃ~ん♪by猫ひろし

    なんで則くんで勝てないのかな。(/_;)古川くんも勝てなくなってきたけど。

    今年の夏は熱パか、と思えば涼しくなったり。

    楽天も、急に勝ちはじめたぞ、と思えばまた勝てなくなってきたし。

    >やはり打線でしょう。

    そうでしょう。何年も何年も、ず~とそればっか言ってるような気もしますが、打ってくれないことには。

    てなわけで、今朝の河北新報には、例のタナモギアイランドが取り上げられていましたが。

    私もアイランドのところが割と嫌ですが、
    なんで島内くんがアイランドなのかと言えば、嶋さんとの混同を避ける為、とのことですので、まあ、納得することに嶋す。
    とはいえ、アイランドと呼ばれる島内くんの心境や如何に。(^-^;

    まあ、打順を固定する、という平石監督の意志の表れ、と理解します。^^

    >三木谷さんのようなワンマンオーナーがいては

    はあ。(溜息)

    >イニエスタに32億もの年棒を払い

    なんだかなあ。

    サッカーも(私的に)終わり、これからは楽天の応援に専念するぞ。エイエイオー。

  • >>No. 798

    ワシボクさん、こんにちは。

    昨日は負けちゃったので、私の心も今日の天気みたいになっていますが。(^-^;

    >このペースでいけば

    そう、いけば。いければ良いんですが、難しいですよね。まずは借金を返さなければ。

    >打線が完全に復調したとは思えません。

    そもそも水ものですしね。
    昨夜は最後に銀ちゃんが気持ち良い一打で、完封を阻止してくれはしましたが。

    >若手からの信頼も厚い

    「この監督を胴上げしたい」という選手の想いが、勝利への原動力になりますものね。(^_-)-☆

    >アイランドのところが割と嫌

    なつなつなつなつここなっつ。

    >一見、人懐っこい立花社長

    今朝の河北新報には
    立花社長が、梨田さんが辞任した時に、
    球場にいた新聞記者と立花氏、違った立ち話をしただけで、テレビカメラを入れての正式な記者会見は開かなかったことについての
    番記者の不満が書いてありましたね。

    ああでも私は、立花さんに握手してもらったことがあるのでって←理由になっていませんが、
    流石の立花さんも、ショックで記者会見する余裕がなかったのかな、と。

    勿論、立花社長は優勝した時は、自分の戦力室を自慢していたというか、はしゃいじゃってた感もあるし、あったんだろうけど、
    低迷が始まっても引っ込みがつかなくなったのかなあ。

    そういう意味で責任重大だけど、なんというか、超絶板挟み、みたいな立場でいたし、いるんじゃないかな、と。

    というわけで、私の不満は三木谷オーナーへと向かうのでした。チャンチャン。

    今夜は則くん先発。
    絶対絶対勝ってくれよう。
    勝ってくれないと、泣いちゃうぞお。

  • >>No. 156

    【平石監督を応援嶋す】

    numさん、はじめまして。

    先日の新聞報道によると、麻生氏は「30代前半までの若い有権者層は一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部自民党だ」「インターネットや放送、通信を当たり前のように使いこなせる世代の自民党支持率が高い、ということが物凄く大事だ」等と言っていたそうですね。

    正に私はこの世代ではなく、活字世代であり、ネット等には疎い世代であります。

    >新聞、テレビの情報以外

    お勧めがありますか?
    因みに私には、私の価値観、というものが既にあって、それを基に情報の判断、選別を行っています。
    よく頑固だと言われます。
    勿論、新たに見聞きしたことに、影響を受けることはよくあります。
    今読んでいるのは、中野考次の『清貧の思想』です。

    >梨田さんは今回の件に関しては完全なる被害者でしたね。

    不思議なのは、梨田監督ともあろう人が、何故このような結末を迎えてしまったのか、ということです。

    勿論、ノムさんの様に自分を通そうとしても、権力者に気に入られなければ辞めさせられてしまいますが。

    穏やかないい人であるが故に、波風を立てたくはなかったのかな、とも思いますが、近鉄時代にはもっと凛として、自分の価値感を主張なさっていた人であるように聞いていました。
    長い物に巻かれる人だとは思っていなかったので・・。
    こういう形で去ることが、楽天を変える唯一の方法、とお考えになったのだとしたら、あまりにも悲しいです。

    anさん、はじめまして。力作ありがとうございます。

    しかし、残念ながら嶋さんが、ここを読むことはないと思いますよ。

    さて。
    平石監督代行になってから、急に勝ち始めました。
    勝率は8割超えです。

    なんなのいったい。
    うれしいんですよ、勿論。
    だけど、狐に包まれたような気もしています。

    どころで平石さんは、監督代行、という肩書ですが、私はこのまま、平石さんに監督になっていただきたい。

    もうすぐ夏が来るし、ずっと勝ち続けることは難しいとは思いますが、

    私は選手を見守るように、平石監督のことも見守り応援したい。

    何故なら平石さんは、いい人だから。

    まずは私の第一条件はクリアしている。

    あとは自分の信じるがままに、優勝を目指しながら、楽天を育てていって欲しいです。

  • >>No. 796

    ワシボクさん、こんにちは。

    >雨に濡れる花
    >憔悴した梨田監督の辞任

    言われてみれば、そんな感じもしますね・・。

    梨田監督が辞任した途端に2連勝、というのも皮肉な感じがしないでもありませんが、
    梨田さんが得体の知れない何かを掴んで、自分の身もろとも崖から飛び降りてくれたような気もします。

    ・・一昨日の河北新報の『狂った歯車』を読みました。
    記者さんには、「よく裏の話を書いてくれた」と、あっぱれ、を贈りたいと思います。

    >平石監督代行はまさに楽天のドラフト1期生という生え抜き

    監督代行経験のある佐藤コーチではなく、平石さんだったことが、個人的には嬉しいです。
    肩書に「代行」とあるのは、あくまで梨田監督の代行、という意味なのか、新監督が決まるまでの代行、という意味なのか分かりませんが、私はずっと平石さんでいい。

    もうこうなったら、平石さんのやりたいように、平石さんの信じるがままにやって欲しいですわ。

    >外人頼みのチーム編成を見直し、自らと同じ生え抜きを育成しながら立て直しを図ってほしい

    全く、同感です。それには時間も要るので、ファンも辛抱が要求されますね。

    まずは借金を返すことを目標に、1試合1試合、丁寧に誠実に戦ってくれることを期待します。

  • >>No. 43

    【梨田監督が好きでした。】

    タケローを捕手として備えさせ、実際にマスクを被せたり。
    最後となった試合で、嶋さんに代走を出したり。

    首を傾げたくなる采配もありましたが、
    私は梨田監督が好きでした。

    その梨田監督が辞任しました。

    「借金20というのはひどい数字。自分の中で責任を取るラインだった。本拠地で勝てないのも監督の責任。選手を伸ばす戦い方ができなかった。」

    ・・他の球団でできたことが、どうして楽天ではできなかったのでしょう。

    「シーズン途中で投げ出すことになるという気持ちはあったが、自分の中の区切りをつけ、立花社長に辞任を申し入れた。引き留められたが、僕の意志は強かった。最後は受け入れてもらった。」

    ・・選手やコーチは元より。試合前にベンチを訪れた三木谷オーナーにも言わずに。決断したのが試合後だったからかもしれないけど。
    麻生とか、最後まで職務を全うするのが責任の果たし方、等と、あっそう、とは言えない政治家の言動を多く目にするので、梨田監督の潔さは立派だとも思うけれど。

    「打線はつながりが悪く、点を取れなかった。失策や四球が絡む失点も多かった。」

    ・・成績が落ちてきたのは昨年の後半から。それなのに、オフにこれといった補強もしなかった。静かなオフだった。

    「星野さんが亡くなって、『絶対に勝たないといけない』という思いが、選手にプレッシャーになったのかもしれない。好機で金縛りのようになってしまい、のびのびとさせられなかったのは自分の責任。」

    ・・これは、私も感じていた。弔い合戦のような変な儀式をしたり。
    梨田監督の得意のダジャレも聞くことはなくなり。
    今年はお通夜のような顔をして過ごすようになるのかしらと危惧した。

    「借金20は決して監督だけではなく、私を含めたフロントも責任を痛感している」by立花社長

    ・・そうだよ。でも、フロントの方針や、差し出されたデータ分析等を受け入れてきたのは梨田監督その人なのだから、梨田監督が責任を取ることは筋が通っている。

    それでも。
    梨田監督は近鉄、日本ハムをリーグ優勝に導き、監督通算勝利数は歴代16位(800勝)という実績を持つ名将の一人。

    その梨田監督を、このような形で楽天から去らせてしまったことが、私は悲しい。

    (写真は、体重が10キロも減ってしまった梨田監督。)

  • >>No. 793

    ワシボクさん、こんにちは。

    そう、やりました!
    張本くん!
    もやりましたけど、

    昨日は楽天も、やりました!

    岸くんだから。
    勝って当然といえば、当然だけど、8回無失点9Kで6勝目、というのは立派です。

    勝ってしまえば、三好くんのエラーも笑い話にできるし、

    負けてしまえば、則くんの熱投も、意味がないことのように(本人に)言われてしまうし・・。

    勝ち負けは大事だけれど、なんだか切ないですわ。

    実は昨日の試合は観れていなくて、ニュースで知っただけなんですが、嶋さんも活躍してくれたようなので、余は満足じゃ。

    >田中

    昨日は本塁に良い返球をしたそうですね。^^
    打つもの大事だし、守備も大事。ちょっとワクワクしますね。

    >「カックラキン大放送」

    ああ思い出した、それそれ!
    研ナオコとなんかやってましたよね。笑
    五郎さん、ほんとはやりたくなかったんですって。
    でも、やらないなら干す、みたいに脅されて、渋々やって。
    最終的にはやって良かったと思えたそうですけど。(*^^)v

    昔はパワハラみたいなことが、日常的に行われていましたね・・。
    今思うと、『巨人の星』も、ほんとヘンな漫画でした。でも当時はあれに感動してたんだよなあ。(子どもだったから)。

    写真は雨に濡れる花。
    ワシボクさんの気持ちが、少しでも和らぎますように。

  • >>No. 154

    【古川くんに拍手を】

    前回に続き、古川くんが勝利投手になり。島内くんと共にお立ち台に立ちました。

    ・・6四球と、内容は良くなかったんですけどね。
    「前半は無駄なボールが多かった」by古川くん
    というわけで球数が増え、6回途中で降板。

    それでもベンチに下がる古川くんには、観客から拍手が贈られました。

    ・・楽天ファンらしい、暖かい拍手。
    野球を知らないからじゃないんですよ。
    グラグラな制球力ではあったけれど、ピンチを凌ぎ、試合を作った。
    「自分のボールを信じ、攻めの気持ちで投げた」by古川くん
    その気持ちを感じ取る力が、楽天ファンにはあるのですよ。

    「変化球でストライクを稼げるようになった。後半はスライダーの精度も良くなった」by古川くん
    それを評価しての拍手ですよ。
    勿論拍手には、次回は今日以上に頑張れ、という激励の意味も込められています。

    「声援が力になったので、しっかり投げることができました。ありがとうございます」
    「チームの連敗を止めたということは喜ばしいことですが、自身の投球内容はしっかり反省していきたいと思います」by古川くん

    ・・嶋さんもお疲れさまでした。

    ところで。
    遅くなりましたけど、岸くん、5月度の日本生命月間MVP賞受賞、おめでとうございました!
    (その時点で)5試合で3勝負けなし、スミ1完封等2完封、防御率1.35の成績でした。

    ・・こんな良い投手がいて、チームは最下位なんだもんなあ。

    思えば、9日の則くんだって。
    嶋さんが先制スクイズで先取点をもたらすも・・。
    「勝てなかったので何の意味もない」by則くん

    ・・則くん、そんな風に言わないで。(´・ω・`)

    とはいえ、マジで貧打はどうにかしなくては。
    てなわけで、梨田監督、ペゲーロはじめ1軍メンバーを5人も入れ替える決断をし。
    その効果が早速昨日の試合に表われたとも。

    今夜の先発は近藤くん。
    前回バッテリーを組んだ山下捕手は下に行っちゃったから、嶋さんと組むことになるんだろうけど、

    っていうか、公示されてる捕手が嶋さんしかいないんですけどお。@_@

  • >>No. 790

    ワシボクさん、こんにちは。

    >渋めの五郎派

    五郎も好きでした。歌も好きでしたが、コメディアン?の五郎さんがお気に入りでした。
    ・・勿論、秀樹が一番好きだったんですけど、親と一緒に見るのは恥ずかしかった。
    その点、五郎なら安心して親と一緒に聞けましたからね。

    秀樹の歌、今聞くとすごい上手だなあ、と思うんですが、当時はよく分かりませんでした。
    バラエティー番組で、急に始まる秀樹の歌の世界への感情移入に、子供だった私には、ついていけない面があったのかも。
    でも今は、素晴らしいアーティストだったんだなあ、と思います。

    とはいえ、やっぱり
    「涙を拭いて僕と、歩いてゆこうよ♪」みたいなおとなしめな歌がお気に入りで、今でも口ずさんだりしています。

    ・・ひろみ郷はあんまり好きでなかったわ。

    >天職ともいうべき歌手という仕事に就けて良い人生だったのではないか

    そうですね。辛いことや嫌なことも沢山あったでしょうが、どれだけ多くの人を幸せにしてくれたことだろう、と感謝の気持ちでいっぱいです。

    ・・秀樹さん、リハビリする姿とかもテレビに晒し続けたわけですが、その理由を聞かれて、
    「もし僕が本当にスターであるならば、栄光と挫折の両方を見せてこそ本物なのだと思う」みたいなことを言っていました。
    病気が挫折なのかどうかは分かりませんが、カッコイイ姿だけでなく、リハビリに苦しむ姿までを見せてこそ本物。すざましい生き様だったと思います。

    最後、愛する奥様やお子様とご一緒だったこと、救われる思いがしました。

    >淳子押し

    きゃあ、私も淳子派でした。
    県北の街に住んでいたのですが、淳子ちゃんと同じ帽子が欲しくて、仙台の一番町の買い物通りにあった帽子専門店で、親に買ってもらった思い出があります。

    それでは今日はこの辺で。
    ・・何か忘れている話題があったような、なかったような。(笑)

  • >>No. 153

    【どういう状態であっても受け止める】

    交流戦、やっと勝ちました。

    古川くん、プロ初勝利、おめでとう!
    プロ初勝利が巨人戦なのは、球団史上初だそうで、楽天球団も新記録おめでとうございます。

    3回。嶋さんは四球で出塁して得点に貢献。もぎもぎホームランありがとう!
    4回には嶋さん、「よく止めた」と解説の原さんに褒められ。それにしてもウィーラーも超ファインプレーありがとう!!
    5回の古川くん、マギーを真っすぐで倒してのガッツポーズ、かっこよかった!
    8回。嶋さんは送りバンドで追加点に貢献。渋い。

    ヒーローインタビューで古川くんは「ホント、嶋さんのミットめがけて全力で腕ふるだけでした」と。

    梨田監督は「嶋もうまくリードしてくれたと思います」と。

    じぁあ勝てなかったときはうまくリードしてくれなかったのか、ということではなくて。

    常に努力が良い結果に結びつくとは限らないのが現実、というものあるわけで。

    良い結果が出た時に、梨田監督がこう一言、言葉を添えてくれるだけで、
    嶋さんの報われなかった努力や苦労が、この一言で救われるような気がするのでございます。

    「(古川は)気持ちが入っていた。角度のある直球を投げられていた」by嶋さん

    ・・古川くん、おめでとう。そしてありがとう。

    楽天は、交流戦に入ってから、全然勝てなかったわけですが。

    ・・解説の原さんが、巨人の4番打者へのエールとして、自分が巨人の4番だった時の話をしていました。

    「個人がチームが良い時も勿論悪い時も、どういう状態であっても受け止める。逃げも隠れもできないし。それに対して立ち向かう。そういう気持ちでいつもいました。打てなければあ~でもない、こ~でもないと。しかし自分自身が<これ>を守って受け止めて、自問自答しながら結果がどうあれ、という、そういうことは思っていました。」

    ・・今の楽天にも当てはまるように感じました。

    現在、交流戦は11位。ファンが温かいから成績が悪いのだ、と言う人がいるかもしれませんが、
    12位は野次の多い厳しいファンがいるので有名な阪神だぞ。(単に試合数の影響による数字ですが)。

    野次れば実力が上がるわけではないと私は思う。

    今は、結果がどうあれ、受け止める。
    そして応援する。

  • >>No. 788

    ワシボクさん、こんにちは。

    >秀樹

    最初、「天国の秀樹が感激するような試合を」、と書いたのですが、
    秀樹が楽天ファンかどうか分からないし、っていうか、おそらく広島ファンだろうし。

    でも、初の休場ライブやったくらい野球好きな人だから、もしかしたら観てくれてるかもしれないし。
    とか色々迷いつつ、無難に「『秀樹、感激』的な試合」と書き直しました。

    後で知ったのですが、秀樹は8年と10年に札幌ドームに来てYMCAを歌っていたんですね。

    で、札幌ドームではグランド整備中にヤングマンを流すのが恒例になってて、

    私が投稿した正にその夜、
    大型ビジョンには「西城秀樹さん、ありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。」と出たんだそうです。

    試合は3対0で楽天が勝ちましたけど、
    もしかして秀樹、天国で日ハムの応援していたかな。(笑)
    たとえそうだとしても、プロ野球そのものが好きな人であれば、

    カラシ―の好投やペゲーロのホームランを楽しんでくれたに違いない!と私は信じています。

    >塩見

    昨日の試合は観られなかったのですが、先発の役割を果たしたそうですね。
    勝ち投手は青山さんでしたし、交流戦前の試合で勝利できたのは気分が良いですね。(^_-)-☆

  • >>No. 152

    【「自分で考えてしなきゃいけない」】

    嶋さんが小学生の頃、落合選手のプレーを楽しみに球場に行っていた、という話を聞いてから、
    私は落合さんにも興味を持ち、本を読んだり講演会に行ったり、もしてきたのですが。

    今、世間を騒がせている日大アメフト部の問題について、落合さんが落合さんらしいことを仰っていました。

    「(自分の)現役時代、『何があったって相手をやっつけて勝たないといけない』というミーティングをする監督は沢山いた。『中心選手の頭を狙ってぶつけて退場させて、明日から出て来られないようにすれば勝てる』っていうような話は沢山ありましたよ。でも、これは20年前の話だから。それを今の時代に持ち出したら、それは世の中誰も許しませんよ。」

    「ただ、学生だから、自分の考えよりも監督がこう言っているんだから従わなきゃいけないと(考えたのだろう)。それが何十年も続いてきているのだろう。」

    ・・日大だけではないのかもしれない。政治の世界でも、一般の会社でも、そういうことは、今の時代にもあるのかもしれない。
    だから、忖度とか、空気を読め、とか、日本独特の不思議な風習が、平成も終わろうとしているこの時代にも、蔓延っているのかもしれない。

    「今日が切っ掛けで学生もやはり『自分で考えてしなきゃいけない』と。いい教訓として残ってくれればいい」by落合さん

    さて楽天。

    岸・カラシ―・則、と3連勝したものの、3連敗し。(-_-メ)

    そして連敗ストッパーとなった岸大魔神。
    昨日は5度目の連敗阻止。無四球完投!
    「真っすぐ、カーブ、チェンジアップ全てが良い。文句をつけようのない出来」by嶋さん
    いやいや、「序盤は微妙だった。中盤から良くなった」と岸くん。
    岸くんは、実力は勿論だけど、マイペースな感じが良いのかな。

    続く今夜の先発はカラシ―。
    前回は、「球が高めに浮いた。調子は良くなかった」というカラシ―を、
    「カーブの制球は最初から良かった。低めに集めるように心掛けた」という嶋さん。

    「直球が速く見えるようにうまくリードしてくれた」by梨田監督

    今夜も期待したい!

  • >>No. 786

    ワシボクさん、こんにちは!

    昨日は楽天、サヨナラ勝ちですよ!

    >イーグルスもようやく持ち直してきたようです。

    まあ、明けない夜はないから。(^_-)-☆

    >V字回復

    いやあ、まだまだ左の線の方が、長いVですから。

    はっ。(;・∀・) 
    たぶん、片方がネガになると、もう片方がポジになるっていう法則があるんだわ、きっと。
    だから、私がポジで居られるのは、ある意味ワシボクさんのおかげなのかも。

    >美馬

    流石の私も、ポジになれる要素を捜せないでいます。
    今度こそ、今度こそ、と思って応援しているうちにシーズン終わってしまったりしませんよね。(-""-)

    今夜の先発は辛島くんですね。
    昨日に続く、「秀樹、感激!」的な試合を期待してます。( `ー´)ノ

  • >>No. 151

    【4連勝】

    急に勝ち始めました。

    まずは5月8日。河北新報の見出しは『岸 執念の勝利』『エースの面目躍如』『7回無失点圧巻3勝目』。
    右指から出血するも続投を志願した岸くん。
    「やっと勝てた。とにかく勝てて良かった」by岸くん
    嶋さんも一息つけたことでしょう。

    次は11日、辛島くん。「辛島奮闘』『楽天2度目の連勝』『6回2失点』。
    辛島くんはこれまでも、防御率2.56と安定していたのですが、ようやく。
    「個人の勝ちは気にしない。野手の皆さんのおかげで勝てました」「これからもチームが勝てる投球をしていく」byカラシ―

    また、梨田監督は、まっちゃんとハーマンの配置を逆にしたことについて、「あと二つで100セーブだが、松井に状態を上げて欲しいという思いがあった。ショック療法。良くなれば戻す」と。

    その次は12日、則くん。『則本真骨頂』『強気の投球でわずか1安打 今季初完封』『上昇気流にチーム乗せる』。
    「この2試合はふがいなかった。チームが勝てる投球ができてよかった」by則くん

    8回に胸を押さえ、口が「やばい」と動いたように見えた時は心配しましたが、過呼吸発作を起こしたらしく。

    「よくあることですけど、ここまでになったのは初めて」by則くん

    ・・よくあることだったの?(@_@)

    「肘や肩、背中のアクシデントがあったかと心配したが、過呼吸のようだった。俺は無呼吸だけどね」by梨田監督

    ・・ははは。って引きつり笑いをしてる場合ではないかも。無呼吸って寝ている時に息が止まる、無呼吸症候群なんですか、監督!心配なんですけど。
    話戻して則くん。
    過呼吸って、すごいストレスと戦いながら投げてくれてるってことだよね。(´・ω・`)ガムガム。ありがとう、則くん。
    勝ったら嬉しいのは当たり前だけど、どんな時でも、一生懸命投げてくれて、ありがとうって気持ちで応援しているよ。嶋さんにもね。

    昨日は制球難で3階で降板してしまった藤平くんに代わり、青山さんが勝利投手に!
    『楽天に勢い4連勝』『踏ん張る救援陣』『青山と久保 ピンチ救う』『2番手青山初白星』。
    「早めに準備していた。一球一球丁寧に投げられた」
    「(藤平とは)何か縁があるのかも。1失点と頑張った藤平からうまく引き継げてよかった」by青山さん

    「非常にいい勝ち方ができた。仙台でも勝ちたい」by梨田監督

  • >>No. 784

    ワシボクさん、こんにちは!

    昨日はイーグルス、素晴らしい試合をみせてくれましたね!

    岸くんは、前回の隅一での完封勝ち、も痺れましたが、
    昨日の中5日での7回3安打無四球、無失点も素晴らしかったです!

    これで岸くんの防御率は1.60で、パ・リーグトップの成績だそうですね!

    ウィーラーも寒さに負けず、ホームランを打ってくれたし、

    嶋さんは見事に刺してくれたし(きゃあきゃあ)、

    今江さんも2点適時打、
    今季初出場のヒジリーも、攻守にしぶい働きをみせてくれました!

    そして、自力V復活です!( `ー´)ノ

    ここから楽天、V字回復しますよ!エイエイオー! V(*^▽^*)V

  • >>No. 150

    【明るく楽しく】

    楽天は、早くも自力優勝の可能性が無くなってしまいました。

    今年は優勝を期待する声も多かったのに、どうしてこんなことに・・。

    子どもの日。エースの則くんまでも・・。嶋さんが反撃の狼煙を上げたものの・・。

    「試合を作れず申し訳ない」by則くん

    「球が高めに浮いていた」by佐藤コーチ

    「西武に(勝ちたい)気持ちが入り過ぎた部分もある」by梨田監督

    その則くんの後にマウンドに上がったのは、支配下登録されたばかりのベテラン・久保さんでした。

    「やっと開幕を迎えられた感じ。秋山に一発は打たれたが、全体として持てる力は出せた。」
    「自分のできることをしっかりやりたい。チームの勝利に貢献できるよう全力で頑張る。」

    今日のd・meneニュースには安部ちはる氏が、久保さんの記事を載せてくれていました。
    それによると久保さんは、
    「首位にいた昨年と比べると少し元気がないような感じはしますし、練習に対してまじめ過ぎたりね」
    「過去は取り戻せないし、考えたからってうまくいくわけじゃない。まあだから野球は楽しいんですけどね。そのうち上がってくると思うし、まだ先は長いので。」
    「僕の場合は野球ができるだけでも楽しいので」と話していたそうです。

    ・・ひと月前。ひろみちお兄さんがラジオで
    「今年の楽天は星野さんのこともあって、やらなければ、という気持ちで体に力が入り過ぎていると思う。もっと野球を楽しまないと」
    と言っていたとか。

    成績が悪いと、暗くなるのは当たり前なことではあるのですが、野球は本来、プレーするのも応援するもの、楽しいものであるはず。

    ず~とお通夜のような空気のまま、シーズンが終わらないで欲しい。

    笑う門には福きたる。勝利の神もきっと来る。

    明るさを取り戻し、まずは選手達に、野球を楽しんで欲しいと願う。

本文はここまでです このページの先頭へ