ここから本文です

投稿コメント一覧 (144コメント)

  • トルコ円が予定の場所まで到達したので追加しました。
    一応意識される位置なのだけれど留まった後下抜けるようでも28円台なら含み損でも耐える予定。
    利確位置は30台半ばを現時点では考えています。
    それにしても長いつきあいになりそうでリスク抱えるのは重いですね。。
    普段やらないトレードは慎重にならないといけなかった。

    まだ11月なのになぜかもう年末の気分になってます。
    今年は色々変わりました、メインをMint-mateからArch-i3wmにしましたし、
    処理関係はpython他からJuliaに書き直しました。
    DvorakからProgrammerDvorakに、vimからneovimに。
    MacOS9-DigitalPerformerからArch-Tracktionに(古いMacのHDDが壊れたので遂に引退)。
    気になっていて避けてたDeepLearningを学び始めました。
    そしてトレードのルールをなるべく底付近を狙うリスクを取るものに変えました。
    本当にダムが決壊したように一気に変えました、これが結果的に凄く良かったです。
    何か変えることは面倒で労力のかかる上に良くなるどころか悪くなるというリスクもありますけど、
    前々からこっちの方が良いと思っていて出来ないでいるものがあるのなら、
    思い切ってガラッと変えてみるのも良いのかもしれません。
    仮にそれ程変わらないとしても気分が変わるだけでも意外に大きい変化につながるかもしれない。
    マンネリで現状を変えたいけれどなかなか変えられない人は、
    触れる機会の多いものを変えることを考えてみても良いかもですよ。

    miraiさん、忙しそうで少し心配になります。
    睡眠時間をしっかり取って体調に気をつけて下さい。
    私もちゃんと寝ますw

  • >>No. 389

    どこで利確すべきか、悩みます。近くは8.423、8.526が候補なのですが、
    ガンガン上がるなら持ち続けるんですけどねw
    トルコみたいなことあり得るからね、、恐い恐い。

    米ドル円は111.88のラインで留まれれば上がりに転じる可能性もあると思う。

  • >>No. 382

    米ドル円は私が引いたラインの上に行ったり下に行ったりしてて、これがAIの損切りさせるシステムかと見てただけでした。
    111.88辺りまで下がってから113円の後半にあるラインに当たりに行く可能性も感じる、
    このまま上がるならまず8時間足転換線と雲の上に上がれるかですね。
    ただ最近米ドル円ちゃんと見てなかったので大体で書いてます、信用度低いですのでw

    南アフリカのポジションは一応理由もあって持ったけれど、
    行動に移したのはトルコでやられてムキになった部分もあったと思います。
    大体そういう行動は状況をさらに悪化させる事が多いので反省しなきゃいけないけれど、
    ただ含み益になっているので良しとしてますw、
    たぶん一度8.36は越えてくると思います。ただその後はどうなるか、
    どこかまでいって下抜ける可能性は結構あると思ってます。

    miraiさんのトルコの新しいスタンス参考にさせていただきますね。楽しみ。

  • まるで損するためにポジション持ったようになってしまった。。
    色々悩んだ結果、30円半ばで半分ポジション損切りしました。やっぱり下がりそうなポジションを持ち続けるのはね。。
    ただ、わざと落として損切りさせてから上げようというやり口の可能性も感じる。
    29.2円まで下げたら切った分の倍のポジション持って、下げずに上がったら様子見て追加する検討する方針です。
    ここ数年で一番最悪なポジション取りでしたよ。。普段やらないトレードはするものじゃないなと思いながらも、
    代わりに南アフリカランド円を8.2円で買いポジション持ちましたw
    利確は待って持っておきたい気持ちと早めに手放した方が良いという気持ちと悩みます。
    週足雲に跳ね返されるのは二度目なので底感あるけど、トルコの恐ろしさで痛い思いもしたので南アフリカも長く持っていたくない気持ちも大きい。
    長く持つなら最大で9.75、短く持つなら8.36か8.424。
    8.36は越えた後下がってこのラインにぶつかっても下抜けないならその後大きく上がるイメージ。
    そうなると一気に上に抜ける可能性あるけど南アフリカだからね、上がる形だったポンドとは違うからならないかも。
    ユーロ米ドルが今月も月足雲でヒゲ作って下がるかな、上がっても月足EMA200位までじゃないかな。

    トルコがあの位置から下がっていって47%補填されて思ったよりも損が大きくないのですね。
    出来るだけ長く持つ方が良さそうですけど、ホント恐いです。
    南アフリカも持っていられるかな。。

  • 35台ですか、もう少し研究してみますね。
    この買いポジションを長く持つ覚悟でいます、これでポジション持つことに恐怖を感じる体質も治るかなw
    やっぱり上がる流れになるように見えるんですよね。コメントを参考にしながら期待して待ちます。
    トルコのついでに見ていた南アフリカランド円が週足の分厚い雲に当たったあとどうなるのか注目していました。
    リスク取り過ぎだから見てるだけですが。
    月足MA75近辺から月足一目雲下限までの9円前半から半ばまで行くのかなと思って見てましたけど、
    週足雲は下抜けない気がしますが上がるときは平気で突き抜けて行きましたしね。
    ポジション持ってないから自由にあれこれ考えられますけど、持っていたら本当に神頼みかもw
    売りで持っていれば週足雲に跳ね返されていくイメージ持ってしまうので私なら利確してしまいそうです。
    そう考えるとどちらかといえば買いが良いように思えてしまいますけど、
    このまま一気にドスンと落ちるかもしれない恐怖が。月足見たらね。。
    もう一度7円前半とかまで落ちてから10円台向かうとか有り得ちゃうから。
    そもそもずっとそろそろ底かなと思われて落ちに落ちてここまで来たわけだから、
    底を付けたとは限らないですね、6円台定着する未来はあるだろうか。
    まぁこれはトルコも同じですけどね。
    7円ではなくても8.0円付近まで下がる可能性は結構あると思う。
    ただ見てると9円後半から10円台のラインに乗せてくることは期待したくなります。
    来年前半に月足雲にぶつかっていく、これが比較的可能性が高めな無難な流れかな。
    月足雲を上に抜けられたら上がりそうです。

    私は分解して考えに考えていつまで経っても答えが出せずに終わっちゃうタイプかもしれない。
    石橋を叩いて結局渡らないで終わるw
    資金は流れるべき場所に流れるべくして流れているのだろうか。
    資金の移動が速度加速度的に常に把握出来れば失敗も少なくなりそうだとは漠然と考えたりします。
    分解して考えるのは取っ掛かりがないと難しいですね、ゆっくり考えてみます。

  • リーマントレードの方は休止中ということでこちらに書き込みます。
    ポンド豪ドルがまだ数週陽線になりそうですけど週足MA75に跳ね返されたことから、一旦決済してポンド関連のポジションは無くなりました。
    ユーロポンドが反発してある程度上がりそうですが、その後は戻ってくる可能性も高いので買いポジションは判断難しそう。
    他も見て色々考えたのですがまだポジションを取る判断が出来ない、とりあえずの一区切りなので、
    遂に決断しました。これはmirai_kingplay☆さんに報告しなきゃですね。
    トルコリラ円の買いポジションを持つことになりました。トルコリラーデビューです。
    期待出来るが恐ろしい長い戦いが始まるのだと思うと、やっぱり恐ろしいですがw
    理由は、引いたライン位置31.48に下がってきて当たったことでチャンス位置に来たと考えたから、
    ここが最後の下がりの底付近の可能性があるという判断です。
    現在地は週足転換線、MA21、スパンモデル雲上限、硬いのでもうここが底になって長期で上昇を期待しますよ。
    二時間足一目雲に抑えられていますが31.4台までかと思っていますから、31.37までに追加を仕掛けています。
    下には週足一目雲下限、下がってもこれは下抜けて確定しないと思っています。
    一番下がってしまって30.8辺りまで、ここまで下がるのは可能性あるとは思うのでここまで来てしまったら最後の追加をしますが、
    これより下がるなら危機感感じます、、ただ今の所の方針ではストップは29円より下にするつもりでいますが、覚悟のポジション保持出来るかな。。
    もう29円台にももう来ないのかもと思ってはいますけど、考えたくないけれどもこれまでの下がり方を見たらあるのかもしれません。
    利確決済位置をどう考えていますか?、候補としては45.6、期待するのは55.8、まさかの64.4。夢がありますね。
    上昇するなら一年くらいかけて急上がりするかもしれないと考えていますが、
    何年経っても今の位置に戻って来ない可能性もあると思っているのでずっと保持し続けるのも良いかもとも思うけれど、急落の恐怖もまた続いてしまう。
    上昇していくとしてどのような方針で考えていますか?
    逆指値のストップを設定していないのも気になります、スプレッド開いて損だけされるのもね。でもしておかないのもまた恐いし。
    また長文で失礼しました。

  • >>No. 1124

    週足ADX(14)見ているとこの勢いなら75越えまで行くのかも?と思えてしまうのです。
    1.2なら越える気もしますけれども、月足で引き戻されるとも思ってしまうのでまた難しい位置ですが、
    この勢いで来ているのだから引き戻るにしても月足雲にある程度入って行って引き戻る方が自然ですよね。
    そう考えると越える可能性は結構あると思えます。そのまま雲に留まる可能性もあるし。
    でもここで買いポジションは恐くて持てない。ただ前の売りポジション利確した時に買いポジション持っておけば今結構な含み益なのに、
    その時も恐くて持てなかったのでこれはどの位置でもそう思ってしまいますね。。
    ユーロポンドもまだ下がらない感じですし、色々とチャンスはまだ先かなぁ。

  • >>No. 1113

    もう一度月足EMA200越えに行く事も有り得るとは思ってましたが、
    本当にそうなるのがユーロ米ドルなのでしょうね。
    でも来月は月足雲に引き戻されてヒゲになり陰線というのが私の予想です。
    ポンドは上がる方向になって来たので、ユーロも予想通りになるなら、
    ユーロポンドが下がる流れになるはずだけれど。
    ただここまでのユーロの上がり方見たらね。。
    数ヶ月雲に挑戦し続けて月足でヒゲが何本か出来るというのもありかもとも思えるけど、
    なかなか上へ抜けられない位置なので少なくともある程度は戻すだろうと思ってます。

  • そろそろポンド上がってユーロ下がる、ユーロポンドが下がる流れが始まったかな?
    という雰囲気になってきたのでポジション検討してます。
    注目するべき状況になったとみています。
    ポンドが上がりそうなので、ユーロ米ドルはよくわからないけれど上も固いし下がる気がしています。

  • 長文失礼しました。
    文字数の限界に挑戦しました、結果的にですがw
    削って最大文字数です。
    知識不足や読み違いもあるかもしれないし自信もあるわけではないので、
    おかしな点や使い方読み方が間違っている、これはこう使うべき等の指摘があればお願いします。
    これからも勉強させて頂きます。

  • >>No. 1075

    テクニカル分析の表示も同じ、読み方も固定化してしまっていたので、
    始めた頃は色々試行錯誤して良い方法を模索していたのに忘れていたなと、
    初心に返ってmirai_kingplayさんの方針を参考にした考え方も含めて色々試行錯誤していました。
    普段でも欲張りなので色々見ているのですが、目にしていても読んでいなかったのも多いですし、
    数値を変えて比較して見てみると違った景色が見えてきて新しい発見もありました。
    移動平均線乖離率はよく見ますが、CCIは今まであんまり見てこなかったです、26や42なんかでは微妙に見えるけれども76で見るとまた見え方も変わりますね。
    STIはストキャスティクスですか?月足を見ると今月の終わりがまだわからないですが、今月か来月までの下降が落ち着いた後反発で上げていきそうに見えます。
    DMIなんか見ていると数ヶ月以内に上がっていきそうにも見えてきますね。
    2012年2月から9月と2016年秋頃から現在までのローソクも似ているのもあるだろう。
    でもローソクを見ると状況は違うなとも思う。
    一目はいつも気になるのは週足のねじれ、跳ね返っていくイメージが湧いてきます、これはどう考えれば良いのか。
    この週足雲下の位置はEMA200があって、これが上か下かの境目になり得る位置だと考えています。
    ギリギリの所にいると思っています、逆に下抜けなければ急上がりが期待できる、微妙で難しい位置です。
    普段使わないフィボナッチファンやペンタゴンチャートまで使いましたよ。意外とファンは意識しているかのように反発があって驚きました。
    色々見るとわからなくなるばかりでしたが、得られるものも多かったです。

    ローソクも似た形があったのを思い出したらそれと比べてしまうんですよね。
    例えば、米ドル円の短い足で8月11日15時ぐらいから12日6時の終わる位置までの形って、
    豪ドル米ドルの月足1997年から現在までの形に似ているなとか、見たことあると思うことは時々あります。
    どこで見たのか判明しないことも多いんですけど、その後同じように動くだろうかと楽しみになります。
    チャート見るのどれだけ好きなんだって話ですがw

    米ドル円はとりあえずは固いから簡単には下抜けないでしょう。固いところに当たったので反発上げが期待できる。
    週足EMA200、週足雲下、月足EMA200、固いの密集ですから。

  • >>No. 1069

    書き込みすぎになってしまったので少し控えようと思っていた所に気になるコメントがw
    その根拠というかどの様な点からそう考えられるのですか?
    私は上下しながら下げていくイメージで見ていました。
    ただここまでの動き見ていると当面上から下がって来ているラインと下から上がってきているラインの大きな三角の中での動きとなるかなという考えで、
    106前半のラインに当たれば跳ね返って結構上がるかもしれないと思っていますが、
    上がっても114円いかないくらいという流れで見ていました。
    かなり先になるか分からないですが最終的に下から上がってきているラインを下抜けてまた円高にされるのかな?と。
    自信があるわけではないです、だいたいその流れで動く可能性があるかと思えるくらいです。

    どうやらもう少し書き込みが続いてしまうみたいです、すいません。。

  • >>No. 1066

    米ドル円が下げていくので、
    円のものは買いで入れないし、米ドルのものもまた売りで入りにくかったので、
    ポンド円は米ドル円の動きとユーロポンドの上がりの限界を見てからですね。
    ユーロ米ドルの入り直しもとりあえず様子見にしてました。
    米ドル円は109.6近くのラインを下抜けて戻れそうにも見えないので、
    もう週足EMA200も下抜けて106円前半、下から上がって来ているラインまで行く気がしています。
    なのでその頃ポンド円は139円でしょうかね、下がっても週足一目雲は下抜けないと思ってます。
    気になる場面で書き込みをするかもしれないのでその時はよろしくお願いします。
    またこれまでのように役割を終えた書き込みはある程度経過した後消すことにします。

  • >>No. 1053

    米ドル円、ライン下抜け失敗で跳ね返されましたね、その後どうなるかな。
    そのタイミング見てユーロ米ドル一旦利確して再度は入れる所を探します。
    同時にポンド円を買いポジション持って様子見。
    米ドル円は110の後半まで上げないとライン上に上がれないので難しいと思う。
    おそらくある程度まで上がったら落ちてくるかも。
    ポンド円は142後半に下がってきているライン142前半に上がってきているラインがあって固めですが、
    今跳ね返されてますけど恐いポンドですからたぶん下に抜けようとはして来る気がするので引き戻して跳ね返せるかですね。
    下抜けるとまたいくつかポイントがありますけど、一番下げた場合139の半ば付近と思います。ここまで来ないとは思ってますけど。ポンドだしね。。
    週足で上げる条件が整ってきて、150越え期待して見てますけど、
    ポンドは恐い下げ何度も見てますから恐怖も半分です。

    選挙は予想通り最初は上げてきたので一番上までを利確して、後は恐いから見ていて、ほぼ決まった後の急落で途中から乗って少し利益取った位でしたね。
    動きが恐すぎてスキャルピングとか無理だったですw
    見ていたのは良い経験でした、1分足のチャート記念に撮りましたよw

  • >>No. 1051

    水平線上抜けチャレンジ凄すぎですね。。でも固いから何とか。。
    このまま上なら中途半端な位置からの上げで腑に落ちない感じだし。
    早く落ちてほしいね、見てるだけで疲れるよw
    米ドル円ライン下抜け、そろそろ下げて109円台定着しても良い頃かも?
    ポンドはライン位置まで落ちたら買いポジション考えます。

  • >>No. 1049

    ユーロポンドはどのくらい上行けるのか見ている段階でそのうち期待できる状況になるかもしれないなと。
    ユーロ米ドルが三割くらい下げるとしたら意識する位置は、1.1516の週足転換線、
    1.147付近の固めのライン、ここは下抜けるのは難しいと思うので当たれば結構跳ね返るかもと考えてます。
    ここまで来たなら利確はもちろんですが買いポジションも考えます。
    仮に下抜けするのだとしてもその前にある程度跳ね返って当然ですから。
    ここは意識していた利確の最大位置で期待はしたいけれど、
    そこまで落ちてくれれば良いんですけどねw

  • >>No. 1047

    おはようございます。
    ユーロ米ドルは戻ってこないで下げてくれれば一番良いですよね。
    この前書いた水平線の上にきて下に割りそうもなく落ちないで安定してしまったら、
    厳しいと思いますがそうでないうちは売りポジション持ったままにしておいて利確位置探すので良いかも。
    私が注目しているのはユーロポンドです、ライン越えしているのですが、
    上が固いので再度下に割ってくる可能性があるかも? まだわかりませんが。
    そのうちユーロ落ちてポンド上がる流れが来る事期待して見てます。
    ライン上でグダグダ動くだけの可能性もあるから。注目している段階です。
    そうなると待てば下に割ってくる可能性高いかもしれないけど、
    長くかかるなら美味しいとは言えないしね。

  • >>No. 1045

    そうですね、今の位置週足で元の位置に戻っただけではあるし。
    週足のEMA200に当たるまでは行って欲しいけれど、
    妥協して1.16半ば近くの上がってくるラインまでか。
    もっと下げを期待したいところだけど、
    ここまでの上がり方を見たら月足で髭になるだけの可能性もあると思うから、
    待ってたら戻ってくるかもね、ただその場合意味ある位置に当たってからと思うので、
    注視しつつ納得できる位置まで待つことにする。

  • ユーロ米ドルは変に壁に引っ付いていた事と(わざとだった?)
    雇用統計の下げ効果で一気にライン下抜けしましたね。
    そのおかげで早く下抜けしたのかも。
    トルコ円もライン位置まで戻しましたし、寝不足も解消されそうですねw
    ユーロは手動で追加出来ましたし、書き込んでおいて違ってたら迷惑かけちゃうのでホッとしましたw
    どこまで下げるか楽しみですね。
    こっちも応援してますので頑張って下さい。

  • >>No. 1039

    こんな壁に張り付いて剥がれない状態は予想外。少しは跳ね返っておかしくないはずなのに。
    ここで長く踏みとどまれれば下げるだろうけど、下げてもこの急上がりを支えてきたラインが上がってきたから下抜けられるかが勝負になる。
    この急上がりのままこの壁を上抜けていくなら強すぎ。
    来週入っても壁の下に留まっているなら下げの可能性高くなるけど厳しいか。
    この前の上げで指値かかってたら合わせてタイミング見て微損でも逃げて様子見なんですけど。
    上も固いので悩む所。

    雇用統計、上下してた分下げなら大きく下げそうな気もするから余計に恐いです。

本文はここまでです このページの先頭へ