ここから本文です

投稿コメント一覧 (2288コメント)

  • 良かったですね!
    長い辛抱でしたが今日たまたま少しですが買い増しました
    驚きました
    ご褒美になって欲しいですね

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=HOOvKg5GFug

    ↑私が先日みた「LOVEかわさき」のyoutubuです
    3月にもやっていたみたいです(慶応大の岡野先生です)

    昨日は日テレ ニュースエブリディで細胞シートで鼻の細胞で聴力を
    治療するをやっていましたね

    ナノもセルもゆっくり上がってくれればよいと思っています

    ナノ 現在PTS 603円です

  • >696

    板があれますからこれで最後にします
    沢山のHNを持っているのね~

    私は何か謝罪をしていますか
    謝罪をするのは私ではないでしょう?

    ここにカキコをしている人が仲間というなら貴女の存在を知らなくて
    一緒になって買い煽っていた人もいました
    今でも貴女の別HNにレスする人がいる位ですからね
    皆 株主ですから株価が上がって欲しいのです

    ただ明らかに違う点があります
    今回 セル社でもやっていましたがHNを変えて沢山の板にナノ株の宣伝書き込みをし
    所謂イナゴと言われる人達を集めてました
    わざわざナノ掲示板にまで書き込みをして注意されていましたよね
    お蔭でセル社の内容も知らない人達が大勢集まり少し有名になりました
    私が知らないだけかもしれませんが仲間と言われる人はそんな事はしていなかったと思います

    確かに株価は驚く程上がりましたが何の結果も出していない会社は現在こんな状態です
    私もそうですがバイオ株は患者さんやそのご家族も期待されて買われています
    出来る事ならバイオ株ではやって欲しくないです 
    (有名になったせいか株価は下落していますが買残だけが増えています)
    多くの個人株主さんには失望と損益をだけが残りました
    株は90%の人が損をする仕組みになっているという事ですから
    そんなものなのかも知れません

    前にもいったかと思いますが
    株は売買するものですから売ることは悪い事ではありません
    黙って売れば良いのにどうして「売ってやったーっ」的に書き込むのかが理解できませんでした
    高値で売り抜けて優越感に浸りたいのか
    残った人達をバカにしたいのか、、、
    多分 自分は努力をして儲けたのだという
    自己満足の証にやるんじゃないかと思っています

    貴方の養分になると知ってか知らずか 貴女の登場を喜こびレスする人もいます
    この世界には貴女のような人を必要としている人がいるのも事実なのでしょうね

  • 初めてのナノ社の総会は人が集まらず電話でお誘いを受けました
    その時に会社の経営?について話があり私が発案者ではありませんが
    薬が出来るまでに化粧品をやったらどうかという話になりました
    丁度富士フィルムが化粧品を発売した後でした
    女性からは基礎化粧品、男性からは育毛剤という話になりましたがお金のないナノ社は
    富士のようにコマーシャルを打てるわけでなく(細々とラジオでやっていましたか?)
    多分当初は経営の足を引っ張っていたのではないかと想像します

    アルビオンとの話はナノ社存続にとって良かったと思っています
    独占契約を結んでいる訳ではないので?他にも売り込めば良いのにとは思っています

    個人的に思う事ですがナノ社は何の結果も出せていないのに激しい買い煽りにあい
    皆さんの知る所となり多くの株主にご迷惑を掛けてしまいました
    社長も株主も実力以上に評価されている事に気づかなかったのかも知れません

    6~7年前の株主総会で高齢の女性の方が社長に株価の下落に文句を言われて
    椅子を蹴って会場を後にされました
    その時の社長の対応には私も納得できませんでした
    総会は中々難しいものだと思いました
    東京での総会で無くなった事もあり以降 出席はしていません
    東京に事務所があるなら沢山の人が参加できるように昔のように
    東京での総会を考えていただきたいです

    今日たまたま見た「LOVEかわさき」というTVでキングスカイフロントの特集をやっていました
    国が威信を賭けてこれからの日本の成長を願い開発している所です

    h ttp://oto-design.raindrop.jp/pdf/tonomachi_panf.pdf

    2020年には羽田との連絡橋が出来ます
    今は交通が不便ですが橋が出来たら羽田から徒歩15分だそうです
    海外からのお客様を迎えるホテルも出来ているようでした

    8月1日には恒例の夏の科学イベントがあるそうです
    お近くの方はお子様と一緒に行ってみられたらいかがでしょうか?

    社長の持ち株を売るという行為も株価も褒められたものではないですが
    私はあと2年頑張ってみたいと思っています
    2020年という年は凄い年になりそうな気がします

  • ブルーマウンテンさんは全部売ったと言われたでしょう

    私は昨夜の件をリアルタイムで見ていなかったけど

    彼女は傷ついたと思うし自分がやっていることが
    褒められた事でない事も承知している

    よく気も付くし勉強もするし正攻法でやれば良いのにと
    思いますが
    分かっていてもそれが出来ないのが彼女の病気なんだと思います

    これ以上 板を荒らすのは止めてください

    そして深追いする事は止めてあげてください


  • ↓約束どおり探しておいたよ

    *******
    No.656

    とりあえず、株価2000円にな…


    2016/10/04 22:24


    とりあえず、株価2000円になったら戻ってきますね。

    しばし、お別れ



    ********

    シリウスさん  あっ違ったこの時は海好き好きさんだったわよね~

    貴方がカキコしたものに間違いないでしょう?
    約束どおり探しておいたよ
    案外簡単だったわ

    帰りがはやいのではないの まだ2000円にはなってないけど?
    セル社のhiromidesuとか結衣のHNでやっているように
    ナノ社が株安になるのを待っているのかな?

    あっ今はNyak ?
    mat***** かな?このHNでは大失敗したからね~
    器用にやっているハズなのに余りにもHNが多すぎて自分でも分からなくなるんだよね?
    流石にもう自分のカキコに○を大量に付けるのは用心しているのね~

    さてこれからナノ社3度目の儲けに乗り出すのね
    ナノ社もここの株主も甘く見られたもんだわ(溜息)
    まあお手柔らかにね

    私はナノとは株式上場の時からのお付き合い
    そう易々とは手放さない!
    岡野先生や片岡先生を信じています
    セルが500円を切った時も買い増しました
    会社に惚れた訳ではない
    ここの仕事に惚れたのです

    もう1度言っておきます
    貴女?も病気だから理解できると思うけど
    他にもイッパイ銘柄があるじゃない?
    前にもお願いしたと思うけど出来ればバイオ株で
    そのやり方は止めて欲しい
    バイオ株は患者さんも期待して待っているのです!

    と言っても無駄?

  • テッシュのマイウさんからお借りしました
    私が読むんだからもう皆様読まれたことと思います
    *****************************

    日刊工業新聞より
    深層断面/iPS実用化に弾み 再生医療、心疾患領域へ
    (2018/5/18 05:00)

    iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療がまた一歩、実用化に近付いた。大阪大学の沢芳樹教授らによるiPS細胞由来の心筋シートを心臓病患者に移植する臨床研究が厚生労働省から大筋認められた。2018年度中にも移植される。iPS細胞を使った臨床研究で、心疾患対象は世界初。今後、国内ではパーキンソン病など多くの臨床研究が予定されており、阪大の計画に寄せられる期待は大きい。(安川結野、斎藤弘和)

    心不全に適用―他家由来の細胞シート移植
    沢教授の研究で対象となるのは、血管の詰まりなどが原因で心臓の筋肉に血液が届かなくなる「虚血性心筋症」により、重症心不全となった患者。心不全は生活習慣病と関係しており、患者は国内で数万人と言われる。

    研究では、3人の患者に対し、自分の細胞ではない他家由来のiPS細胞から作った心筋細胞シートを心臓に移植する。移植した細胞は3カ月程度で脱落する。1年かけて患者の経過を観察し、主に安全性を評価する。

    他家のiPS細胞を移植した場合、細胞の生着維持に免疫抑制剤の投与が必要となる。厚労省の専門部会の審議では、免疫抑制剤の投与理由や、投与期間を患者に分かりやすい文言に改めるよう指示があったものの、これらが修正され厚労相に認められれば、いよいよ治療へと移る。

    ヒトiPS細胞は、07年に京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥教授が作成に成功した。当時、研究者の間では5年で治療に使える段階になるといわれていた。政府は3年で指針を定め、13年には関連法をつくるなど、臨床研究を行う土台作りを迅速に進めてきた。
    臨床研究に「国の理解」―安全性が主要評価項目

    iPS細胞の臨床研究を進める理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーは、「iPS細胞の臨床研究は、ルールの厳しくない国が勝つ。国も理解を示してくれたので、法整備ができた」と振り返る。文部科学省もiPS細胞を臨床応用するためのロードマップを作成し、重要課題として研究費を投入している。
    高橋プロジェクトリーダーのチームは17年、他家由来のiPS細胞から作製した細胞シートを、網膜の難病「加齢黄斑変性」の患者の目に移植する研究を始めた。実際の治療で自分の細胞ではなく、他家由来のiPS細胞を利用できれば、より早く移植用の細胞を作り、患者に提供できる。

    今回の阪大の臨床研究でも、他家由来の細胞を治療に使う。臨床研究では安全性が主要評価項目となっており、これが成功すれば、他人のiPS細胞を使った再生医療の道が大きく開ける。

    このビジョンを支えているのが、CiRAの「iPS細胞ストックプロジェクト」だ。良質なiPS細胞を作製・貯蔵し、治療に応じて提供できるシステムを構築中だ。

    阪大のように他家由来のiPS細胞を使った臨床研究が行われることについて、京大の山中教授は「心臓病にとどまらず、ほかのさまざまな疾患を対象としたプロジェクトでも、iPS細胞ストックを使えるよう、より良い細胞を十分に提供したい」とコメントしている。

    臨床研究、着実に拡大―質”問う視点が必要
    眼や心臓に続き、iPS細胞を使った臨床研究は着実に広がっている。京大の高橋淳教授らは、パーキンソン病の患者への臨床試験を18年度中に始めるため、申請を準備している。神経伝達物質であるドーパミンの基になる「ドーパミン神経前駆細胞」を脳に移植し、症状の改善を図る。同大では血液中の「血小板」が減少する患者を対象に、患者にiPS細胞由来の血小板を投与する計画もある。

    さらに慶應義塾大学の福田恵一教授らは、iPS細胞由来の高純度心筋細胞を心臓組織に注射で打ち込むという新手法を開発しており、心臓病患者への臨床研究を18年中にも開始する。

    iPS細胞を使った臨床研究は急速に進んでいるものの、現段階の研究計画や国の審議では、安全性に議論の焦点を特に当てている。今後、症例数が増えるに連れて、得られるデータ数も増え、安全性に関する知見が蓄積されていく。

    一方で、iPS細胞を使う再生医療が実用化されるには、臨床研究で患者への有効性を評価する段階まで引き上げる必要がある。安全でなければ使えないが、効果がなければ医療としての意味は失われる。

    臨床研究を準備する再生医療の研究者は、「有効性の根拠が薄い研究でも、iPS細胞を使った再生医療といえば飛びついてしまう。患者にとって意味のある治療法を発展させないといけない」と主張する。

    応用領域が拡大するiPS細胞を使った再生医療だが、実用化には、研究の“質”を議論する厳しい視点が必要だ。

    企業の動き活発
    iPS細胞をめぐる企業の動きも活発化している。第一三共と、阪大発ベンチャー企業であるクオリプスは、阪大の沢教授の研究成果を基に、iPS細胞由来心筋シートを4―5年後をめどに実用化したい考え。第一三共の中山譲治会長兼最高経営責任者は、「標準治療を変革する新薬創製の実現につながる」と期待を寄せる。

    大塚製薬と大塚製薬工場(徳島県鳴門市)は17年12月、バイオベンチャーのメガカリオン(京都市下京区)に10億円を出資した。メガカリオンは、献血由来の血液製剤の代替として、iPS細胞由来の血小板製剤の事業化を目指している。大塚製薬は抗血小板剤「プレタール」を創製するなど血小板研究の経験があり、出資で相乗効果が得られると判断した。

    iPS細胞は創薬支援にも有効だ。創薬の過程では動物実験を行うが、ここで有効性や安全性に問題が出た場合、ヒト対象の臨床試験に進まずに開発中止となる場合が多い。

    そこで患者由来のiPS細胞から病気特有の細胞をつくって動物の代わりに使えば、臨床試験を行う前からヒトにおける効果や副作用を予測しやすい。

    富士フイルムはこうした需要を見据え、15年5月に米セルラー・ダイナミクス・インターナショナルを買収。同社のiPS細胞由来分化細胞を創薬支援用途で提供する。マウスには効かないがヒトには効く薬が、動物実験で消えてしまう事例を減らせるか注目
    ********************

    終わりの箇所です
    想像ですが これってあの創薬の事ではないでしょうか?
    今出るのは上手すぎる話しですよね?

    先日のCMでも富士は自社を全面に出さず再生医療を後押ししていた
    CMのように感じました
    流石だなぁ~と感心しました

  • >>No. 192

    今週の週刊現代です
    ナノ株主なら皆さんよく知っている事がおおかたです
    巻頭10ページに渡り写真付で解りやすく紹介されています

    この時期のこれですから持ち込み記事かな?と
    疑ってしまいました

    ナノ医療イノベーションセンターへは2月かな
    清水先生の講演を伺いに行きました
    司会は珍しく片岡先生で驚きました

    片岡先生もご自分の会社を設立されましたよね?

  • これで女子医大でも色々な治験が始まるのかも知れませんね
    大いに期待したいです

    手始めは歯かも知れませんね?
    準備は進んでいると何処かで読みました

    眼についてはやはり西田先生でしょうか?
    高橋先生は正直あてにならない、、、
    いづれにしても早く進む事を願っています

    軟骨について週刊誌に片岡先生がインタビューで答えられていますが
    気になる事が書いてありました
    終わり頃です
    立ち読みしてみて下さい

  • 暫く放置していました
    気が付かないですみません!

    西田先生の情報ありがとうございました
    私が1番気をもむ案件です

    テッシュは動物における目の再生治療を始めました
    この治療がどういったものなのかは興味があります
    家のワンコも目の病気ですから獣医さんに聞いてみたのですが
    ご存じなかったです

    山中先生の記事は数年前のものですからやはり
    清水先生のお話の方が正解なのでしょうか?

    *これからも暫く放置の予定です


  •  山中教授のノーベル賞で日本の再生医療が活発化-巨大市場に成長へ
    教授は約4年前、自らの運命を永遠に変えることになる一本の電話を受けた。幹細胞生物学の研究でノーベル賞を受賞したという知らせだった。これをきっかけに日本の再生医療には大量の資金が流れ込んでおり、国内製薬業界はスピードの速い同分野で支配権を握ることを目指している。

      皮膚や軟骨の再生医療はすでに国内の患者に対して実施されている。角膜再生医療は2018年以降に実用化されると見込まれており、研究室で作製されている肝臓などの臓器も今後数年のうちに実用化が期待されている。

      山中教授の研究とその後続いた再生医療分野への投資を踏まえ、経済産業省は再生医療の国内市場規模が2020年に950億円になると試算。30年には国内市場規模はその約10倍の1兆円、世界市場規模は12兆円に達すると予測している。

      富士フイルムホールディングスや武田薬品工業などの日本企業は、山中教授が発見した「万能」細胞と呼ばれるiPS細胞のバンク設立を進めているほか、同技術を利用した新たな治療を試すために今後数年間で臨床試験を計画している。パーキンソン病や糖尿病、脊髄損傷、心臓病などあらゆる疾患の患者がこれらの取り組みの対象となる。

      山中教授のノーベル賞受賞を受けて政府が承認ルールを緩和した結果、日本は再生医療製品を世界で最も速く実用化できる国の一つとなった。日本はそれ以降、世界から科学者や企業が集まる同分野の中心地となっている。多くの人や企業を引きつけているのは自国では不可能な実用化の速さだ。

      米国ではES(胚性幹)細胞を使った研究に対して、かねて倫理的・政治的論争が起きており、11年には同技術を利用していた数社が研究コストをめぐる懸念のために撤退した。対照的に山中氏のiPS細胞研究では成人の細胞を利用することが可能だ。

      バイオテクノロジー会社ヘリオスの鍵本忠尚社長は、日本はこの技術を前進させるために大胆な措置を講じたと話す。同社は幹細胞技術を用いた脳梗塞や失明の治療法の開発を進めている。同社長は、日本では経済大国の地位維持を後押しできる、革新的な企業が活躍する世界的な産業がしばらく現れていなかったが、再生医療がそうした産業になる可能性があると考えている、と述べた。

      山中教授が企業の関心を集めるのには時間がかかった。しかし、ノーベル賞受賞後は企業の態度が一変したと山中教授はインタビューで話した。同氏は昨年、武田とがんなどの疾患を対象とする10年間の共同研究契約を締結したことを発表した。

      富士フイルムや日立製作所もiPS細胞を利用した技術や製品に投資している。これに伴う最近の進展は、iPS細胞の新薬発見への応用だ。山中氏が研究段階では考えもしなかった用途だが、今ではiPS細胞が新薬開発を促進できるとして積極的に普及に努めている。

    原題:After the Nobel: A Stem Cell Crusader Awakens Vast New Market(抜粋)

      ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-28/O9GKLZ6JTSEN01

    ☆いくちゃんからお借りしました

    >角膜再生医療は2018年以降に実用化されると見込まれており、

    これって本当の事でしょうか?
    実用化となっています@@
    もしあるとしたら西田先生ですよね?
    シンポでの清水先生のお話では目は余り進んでいないと話されていて
    ガッカリしたのですが今はセルは眼はやってないのでしょうか?
    今年の総会は岡野先生が欠席だったのもあり全く話は聞きません
    網膜と角膜と分けて(?)考えているように海さんから前に
    伺いましたが気が揉める所です

  • 松村先生

    EPRからCAST療法へ

    EPR効果のコンセプトは抗がん剤デリバリーから遺伝子デリバリーまで、薬学、化学、マテリアル工学など広い分野で受け入れられていると考える。しかし、実際の臨床腫瘍の現場では必ずしも受け入れられていない。何より、DDS製剤そのものが臨床において主な治療法になりえていない。一言でいえば、基礎研究と臨床は異なる、ということであろうが、そんなに大雑把に言い切ってしまうようなことではなく。何故か、真剣に考え、方向性をただす時期にきている。我々は、ヒト臨床のがんと動物xenograftモデルの根本的な違いから、ヒト臨床のがんにおける豊富ながん間質がDDSの障壁となっていると結論づけ、Cancer Stromal Targeting (CAST)療法を提唱するにいたり、その具体的剤型の開発に成功した。

    第27回 製剤機械技術学会
    h ttp://www.seikiken.or.jp/taikai/program/index.html

    松村保広先生の論文(?)2014年
    h ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/29/1/29_39/_pdf

  • 昨日遅くて掲示板が読めなかった
    返事はしたよ

    たぶん素の性格はよく気の付く
    優しい人なんだろうな~と思っておく

    ここへのカキコは最後じゃなかったの?
    約束は守ってね

  • 順調さん

    いつもありがとうございます
    昨日 初めて富士フィルムのCM見ました
    セル社のコマーシャルかと思いました
    あのシャーレ(?)に入った軟骨の写真 何処かでみたように思うのですが、、、
    さすが富士フィルムですね 良いCMだと思います

    >最初のPDが3月迄に提供完了していれば、1Q中に1億円の売上が計上されている筈だが、
    そのIRは特に無いので不明である。

    私も台湾の件が前倒しになっていると話していたのでヒョットしたらと思ったけど
    ゆうさんに諭されました(;'∀')
    ここがそんな甘い会社ではないというのは身に染みて知っているはずなのにね
    ---------------------------------------
    ももちゃん

    >審議会のメンバーに理研の高橋政代氏が入っている、 彼女はセルや澤教授とはライバルの競争相手

    知らなかった
    高橋先生は初回セルのシートを使って自家で良い結果をだしたはず
    ところが2回目の他家を使った治療をゼラチンでやって1名の結果が良くなかった

    初回セルのシートで上手くいったのに何故 ゼラチンに変えたのか意味が分からない
    と思っていたんだけどライバルなの?
    でも高橋氏は一応 失敗した時のコメントではセルシードへのフォローは
    されていました セルのシートは定着も良いのにね

    やはり西田先生に期待するしかないのかしら~
    加齢黄斑は患者数が多いしもっと研究者が増えてもいいと思うのですが
    中々 進まないね~
    ここもIPS細胞のGOが出たらと 期待をしているのですがね

    大和先生はご活躍の場が減って寂しいです


    海さん

    ありがとうございます
    日本ではバイオベンチャーは中々育たないですね
    アメリカではバイオ関連株は人気があると聞いています
    出来れば寄付に対しても税の免除などがあれば良いのですがね
    伊藤レポート2.0ありがとうございます
    読ませていただきます

  • しろ様

    レスが遅くなってごめんなさい
    掲示板は色々な人が色々な思惑でカキコしています
    くれぐれも甘い言葉に惑わされないでください

    辛口のコメントにも真実があります
    利確も大事です

    セルシードは良い会社です
    私も何時かは利確しますが
    全部売らないで子供達に残しておくつもりです

    楽しい連休をお過ごしください

  • 順調さん
    詳しい説明ありがとうございます
    私は両社の講演に伺い セルシードを選びました
    例え大怪我であっても私はセルシードを選びます

    富士の社長は尊敬できる立派な方だと思います
    味方にすれば心強いし 敵にしたら油断できない人物です
    こことの関係はこれからどうなるのか株主として注目しています

    *********

    ももちゃん
    相変わらずの昼行燈やね~^^
    ももちゃんと海さんがもっともセルに詳しいというのは
    ここの古い人達は知ってます

    スゥェーデンとは長いお付き合いになります
    すでに規模は小さいけどセルの支社もあるし
    培養設備もあったはず研究者も台湾と一緒で数名送りだしていたしね
    上皮シートの治験も終わっているはず
    ヨーロッパの認可も降りたし いつIRが出ても
    良いはずなんですがね~

    安倍総理への批判はあるけど
    セルやバイオの為に良く働いでくださると思っています
    これからの世界の経済は癌(バイオ)を制した国が潤うのだと思います
    セルは個性的で世界唯一です
    安倍総理はこれからの国の繁栄の為にセル(バイオ)に期待されているのだと
    思います

    倫理問題については各国の事情もあるでしょうし
    それを利用した反対勢力の妨害もあります
    ももちゃんこの辺り何か良い情報を持っているのかと
    思っているんだけど^^

    心臓のIPS細胞治験が審議継続になった事は大変残念です
    これで数例の治験も当分お預けかしら?
    この時期の1か月は大きいね
    一番残念なのは患者さんですね!

    >ガンの治療にも効果があるのではないか

    これどういう事かな?
    初めて聞く
    ナノじゃなくセルなの?

    癌で失った臓器を再生するのかな?
    それは私も考える でも治療だよね?
    臓器まるごと再生の研究なら分かるんだけどね

    初めて聞く肝臓の事もだけど
    我々の予想はあたった事が無い
    こことのお付き合いは忍耐あるのみですね

  • ありがとうございます
    そうだったんだ

    国立成育医療研究センターがセル社と何かをやっているのは
    知っていたけど肝臓だったんだ@@
    私は赤ちゃんの心臓再生の方だとばかり思っていました
    肝臓も心臓と一緒で大人の移植は無理なのね?

    今までも講演会では肝臓の話は聞くけど何処で何をやっているのかは
    全く分からなかった!
    私達が知らないだけで色々な病気があるのね
    ES細胞ね~
    最終的には倫理的な問題になるのでしょうが、、、
    この辺りも岡野先生は相当詰められたのではないでしょうか?
    だから今回の発表となったのでは?

    知らんけど~@@
    ---------------
    慶応病院のIPS細胞関連のページ凄いね
    驚いたw
    やはり岡野先生(慶応)は鉄板だね
    病院も生き残りをかけた戦国時代に突入なのか
    何処も1番が取りたいものね
    慶応病院VS東京女子医大?
    お互い切磋琢磨して患者さんの為に良い結果を出して欲しいね

  • >>No. 130

    そうでしたか
    野党議員ね たぶんそんな感じでしょうね

    癌センターは慶応病院系列だったのかな?
    癌研は東大?かな?
    間違いだったら訂正してください

    >昨年から社外取締役に就任した堀田氏
    成程そうでしたか
    調べてみます

    医学界はマダマダ古いです
    既得権を手放さない
    ありがとうございました

    ***************
    あらっ お客様はいるけど同じ人ばかりですね
    あらしでしょうか?

  • 昔医学界のドンと言われた武見会長がいましたよね?
    国会議員になったのかな?
    慶応大学ですよね?

    数十年前(?)早稲田が医学部を作る申請を出したのだけど
    何処からかの反対が強くて諦めたと聞いたことがあります
    結局早稲田はスポーツ科(?)が出来たのかな?

    これって単なる噂?
    それとも今流行の忖度?

  • 妄想さん
    いつもありがとうございます
    阪大が審議継続で慶応が動物治験無しでGOというのが
    納得できない

    慶応は昔から官僚との繋がりも強いしね~(想像だけど)
    良い方向に進む事を期待します


  • たぶん今分かるだけでセル掲示板に3つありますね
    1人は良い人もう一人はヒール役かな?そのほかに
    賛同する人数名
    他の板にもあるからその数は分からない
    儲ける為とはいえ凄いですね

    儲ける事を否定している訳ではありません
    その人は多分上手ではないのでしょうね?
    上手い人はそんなことしなくておシッカリ儲けていますからね

    それとも人を騙す事に快感を得る性格の人かな?
    分からない人を良い人を演じて自分の養分にするので
    板は荒れます

    昨日 流石に自分でも慌てたのか操作を間違えて
    他の人に突っ込まれてましたね
    HNは同じなのにね~

    その人は何台もPCを操り自分には〇をイッパイつけ
    嫌いな人には×を付けます
    掲示板で○の多い人は注意です

    ******

    阪大のIPS細胞心筋の審議継続は酷い!
    (慶応は昔から官僚との繋がりも強いと聞きます)
    どうして慶応は動物実験なしで治験OKなのに

    阪大は審議継続なの?悪意を感じます
    心筋はアラブの王族も治療に来ているのに
    なんか忖度があったのかな?

    この結果がセルのこれからの方向性が示せる大事なことなのに
    これが上手くいくと一気に色々な案件が進むと思っていました
    私が黒字よりも期待していた事です
    誰がセルとは関係ないと言ったの?
    掲示板の書き込みには注意です!

本文はここまでです このページの先頭へ