ここから本文です

投稿コメント一覧 (618コメント)

  • >>No. 386

    新規の空売りも入り易く、PERからみたらまだ割安、上昇期間からはそろそろ引上げ時とも思っていますが大幅安があればまだまだ買い対象で良いと自分は思っています。(3月30日 記)

    569円空売りは、現物渡しで決済、昨日は486円で指値買いしましたが、目先は完全な下落基調となり、1年以上続いた上昇の天井をつけた可能性もあると感じています。買いの戻り相場での利益出しは高値株価が瞬時の場合も多く、暫くの間、かなりの難しい短期的テクニック判断が必要、次の好材料が出現するまで突っ込み安値待ちの辛抱か休む時期とも思いだしました。

  • >>No. 380

    昨日は、569円で空売りしましたが、現物株を所有しています。相場に絶対は有りませんので、更に上昇して600円台乗せの新高値も想定、逆に相場全体の不安定さから来期の業績伸び悩み傾向から、目先下落もあり得るも想定して、売買判断に迷います。新規の空売りも入り易く、PERからみたらまだ割安、上昇期間からはそろそろ引上げ時とも思っていますが大幅安があればまだまだ買い対象で良いと自分は思っています。

  • どうやら今回の最終戦が来年3月後半から4月始め目標で前回相場(2012年~2014年)同様の1年以上継続シナリオの大相場が見えてきつつある様に思えます。(2016年10月1日 記)
    仕上げ相場の始まりになりそうですね。 (1月25日 記)

    昨年9月29日の上放れ、大商い3500万株強出来高の期日到来で底値より1年間以上お世話になりました、次の銘柄を物色します。

  • >>No. 362

    上昇した場合の朝方指値つなぎ売りで古河電気工業4190円が午後からの外出中に13時45分他1銘柄共に新たに約定していました。 配当権利落日も接近している為、安易の純空売りは避けていますが、史上最高値更新中ダウ平均の上昇について行きながら、下落への警戒対策も並行して今後ますます重要と思っています。(3月1日 記)

    3月に入ってからダウ平均の高止まりと下落傾向を見て、特に買いは慎重手控え気味ですが最近は20000ドル割れにならないか警戒しています。空売り株は配当落が接近して現物渡しで利益確定、四季報によれば来期も業績続伸、増配含みですので引き続き押し目買い待ちですが、まずはダウ平均の下落基調の心配が遠のき上昇基調転換による安心感が必要と思っています。

  • >>No. 314

    今期予想純利益125億円→160億円、1株益177.4円→227円に上方修正、最高値4030円でPER22.7倍→17.75倍に低下、上値余地がでてきました、今後も期待します。(2月6日 記)

    2月中の高値圏での膠着相場で持株のつなぎ売り主体から本日のトランプ演説中強含み相場展開を見て、4:6の売買比率を買戻し及び現物渡しして売り比率を一気に減少させる一方、上昇した場合の朝方指値つなぎ売りで古河電気工業4190円が午後からの外出中に13時45分他1銘柄共に新たに約定していました。 配当権利落日も接近している為、安易の純空売りは避けていますが、史上最高値更新中ダウ平均の上昇について行きながら、下落への警戒対策も並行して今後ますます重要と思っています。

  • >>No. 277

    ひと頃の市場PER相場は16倍でしたがトランプ相場もあって近頃は18倍の見通しも出て来ましたが、古河はすでに今期予想1株益のPER20倍も超えた割高水準、あくまで上昇相場について行きますが、いつでも利確準備態勢です。(1月28日 記)

    今期予想純利益125億円→160億円、1株益177.4円→227円に上方修正、最高値4030円でPER22.7倍→17.75倍に低下、上値余地がでてきました、今後も期待します。

  • >>No. 219

    更に10時41分3560円指値買増し約定、野村に期待して強気変更。(1月18日 記)

    過去のデータから最高値圏にあると思って、NISA枠を含めて一旦、全て3500円台で売却し3000円前後の押し目待ち態勢のもくろみも、押し目待ちに押し目なしを思わせる底堅い株価を見て、3400円台より再び買い直し、あれから1週間程で、あれよあれよの間に野村目標値4000円に迫ってきました。
    ひと頃の市場PER相場は16倍でしたがトランプ相場もあって近頃は18倍の見通しも出て来ましたが、古河はすでに今期予想1株益のPER20倍も超えた割高水準、あくまで上昇相場について行きますが、いつでも利確準備態勢です。

  • どうやら今回の最終戦が来年3月後半から4月始め目標で前回相場(
    2012年~2014年)同様の1年以上継続シナリオの大相場が見えてきつつある様に思えます。(2016年10月1日 記)

    仕上げ相場の始まりになりそうですね。

  • >>No. 218

    更に10時41分3560円指値買増し約定、野村に期待して強気変更。

  • >>No. 213

    全面安に近い中にあって逆行高、つなぎ売りの買い戻しを決断し野村に期待してみます。

  • 短期4回戦はつなぎ売りを交えて20円幅から50円幅で全て利確、値動きも少なくなり、もうどうでもよいのですが昨年から今年3~4月迄に天井値を期待している過去のコメント都合から430円から440円台で買い指値注文出す予定、出きるもよし、出来なくてもよしの心境です。

  • >>No. 205

    高値圏にあると思っているのですが、値動きの良さから、野村の目標株価も考慮して、もう一段高を期待して昨日購入してみましたが、やはり上値が重い感じから、とりあえず3550円で指値つなぎ売り10時47分約定、これで最低限3475円の買い玉の利益を確保、後は様子見から今後の値動き次第で対応て行くつもりです。

  • 崔真淑さんファンですが昨年テレビ東京かBSジャパンかは不明ですが本銘柄取り上げコメントしているのを見てから注目し1300円台で購入しましたが、その後下落、900円台で買い増し、本日一部1300円で指値売却出来ました。比較的新しい銘柄は分かりませんので紹介してもらってよかったです。

  • 天井値付けてから2週陰線足の調整に入っても短期移動平均線を上回る底堅い値動きが続くのを見て、本日は朝寄付き前3475円指値買い注文を出したら12時57分約定し、今年初めての株所有者となりました。
    ダウの20000ドル手前での重い動き、東京市場全体の調整も近いと思って警戒はして積極的な買いは控え気味なのですが、値動きの良さから値下がりもあり得るのを覚悟しながら打診買いを入れてみました。

  • マレーシア関係を除いた業績そのものは、それ程の悪さでもないし、日本一の銀行もついていますし、空売りの多さから悪材料出尽くしとして仕手株に育つ可能性もありそうで、まずは月曜日寄付き株価下落幅動向を見てから次の行動を決めたいです。(1月30日 記)

    寄付き200円前後で有れば持株一旦損切するつもりでしたが、寄付き前段階でストップ安気配を見て買い意向に変更、161円指値買いの約定で持株の買値平均が100円台となった為、損切も中止としました。
    素人考えながら、本年中頃には大幅高となる場面が有りえると思っています。楽しみにしています。

    そう思う15
    そう思わない51 (2016-2-1 記)

    そう思わないが圧倒的に多いですね、しかし昨年の大底時のコメントもそう思わないが3倍強でした。
    現実は5月13日ストップ高まで上昇、予想通りの展開となりました。
    自分の相場観に従って行動するだけです。

  • 今日3回目の短期戦は、2〜3日前より440円台で指値買い待ちしてましたが456円に指値変更したところ13時48分16秒約定しました。(12月21日 記)

    昨年の大納会に前場の寄付き437円で438円指値買い増しが約定、そして本日459円指値つなぎ売りが10時42分約定、これで上記456円買い分に459円現物渡しすると、3回目の短期戦は、高値買い分を損する事無く実質437円の安い買値とすることが出来ました。つなぎ売りは、思わぬ暴落に備えると同時に、後でいろいろな対応が出来ますので基本的に利確はワンクッションおくのが自分のやりかたです。

  • >>No. 165

    長期上昇に入った可能性もないとは言えないので、そのへんから長い目で期待ということでしょうか。(12月19日 記)


    昨年末売却済みで現在は手持ち株有りませんが、新年早々購入した会社四季報最新号(昨年12月16日発売済を忘れていました)来期予想では増益幅拡大、増配期待も新たに記載されていましたので、トランプ相場の山高ければ谷深しの調整場面が東京市場に必ずあると思っていますので、今年も2800円~3000円の押し目場面迄あわてずに辛抱強く買い待ち姿勢で望みたいです。

  • 思惑通りに行かず、その後大幅の上値が有り6ヶ月以内に
    売り値までとても下がる株価では無い処まで上昇して
    しまったら、此処で止む無く現渡しです。 
    これが繋ぎの本道です。

    利益が出てる場合は、旨いか下手の違いで利確の多少の違いはありますが損は出てないのですから特にマイナス問題は生じませんが、問題は思惑通りに行かなかった場合です。
    本株を例にして見ます。2月12日130円の底値を付け前後で現物購入したとします。仮に5月12日に上放れ50%も買値より上昇したのでつなぎ売りしてみました。本道通りにしたら11月12日(土)11日の株価は451〜425円期日が来たので現物渡しとなります。現物で50%の利益65円が出ていますが、つなぎ売りで(195-425)最低で230円の損失が出てしまいます。売り上がり方式したら更に損失の上乗せの可能性もあり、この株での資産は1/2から1/3以下となってしまいます。
    これがつなぎの本道でしょうか。

  • ただ言いたかったのは、現渡しをする場合が多いなら、
    現物処分と同じですね!! 
    繋ぎを行う必要が無いと言いたかったのです。

    所有株を売る場合、空売りが出来ない銘柄を除いて、売り時と思った時にほとんどをまずは空売り(つなぎ売り)をかけますが、更に上昇してしまった時に買い株を早く売り過ぎたという悔いを残さない為です。高値圏で売れたと確認すれば、現物渡ししますし、上値がまだあると感じた場合は、信用売りを損切して所有株を次の考えられる天井圏迄所有していけます。
    天井値など誰も分かりませんので、つなぎ売りを行う必要は大いにあると思っていますが、信用売の利用の仕方、考え方が違うのかもしれません。

  • >45
    >空売りでのまずは最低限利益確保を優先させました。

    余計なおせっかいですが、株を持っていて、
    利益確定のために信用で売るのは「空売り」 
    とは言いません。つなぎ売り というのです。

    以前にも、他の投稿欄で上記の様に指摘されたことがありますが、50年ほど前には、配当取り名義書き換え申請手続きの為、1週間程は、売ることが出来ませんでした。その時、証券会社で、つなぎ売りという方法で売ることが出来ますと聞いたことが有りますが、現在は、配当落後当日でも売りが出来ますので、その必要がありません。
    純然たる空売りと、現物株を持っていながらの信用売りでは、その後の株価変動に対する応用囲が広がり意味合いが違いますので、理解しやすいのではと思って使い分けています。

本文はここまでです このページの先頭へ