ここから本文です

投稿コメント一覧 (42コメント)

  • ノーポジ継続中。経済改革案が期待されランドは暴騰した。但し、実質経済は未だに回復が見られず。上がりきったところで再びSしたい。8.5後半。かなりきつい下げが来ると考える。南アフリカ政府としてはまだランドは高いと考えている筈。高いと経済回復がより厳しくなる。政策金利は今回は現状維持。サプライズは利下げ。可能性は低いが…あとまだ一部の噂に過ぎないが、ムーディーズが格下げに動くかも❗

  • 2018/07/11 01:07

    8.15でSした後、8.3で8.15の二倍S。平均8.25。欲張らず8.25で決済。手数料と僅かなマイナススワップで損失を押さえられた。ラッキーでした。ここまで上がれば上がりきって欲しい。8.4~8,5で再びS、

  • 二週間以上ノーポジだったが、8.15でS。8.2にタッチすれば追加Sの予定。南アフリカの経済状況からは買われ過ぎ。9日からの週で8.0割れを再び目指す展開か?

  • 10日以上ノーポジ状態。先週はユーロの連れ高でランドも上がった。ただ南アフリカの状態からはまだ下げ目線で良いと思う。8.1を越えたら売りを入れる予定。

  • 今週末の目標だった8.0は火曜日に達成。8.5sを7.95で利益確定。その後はノーポジで様子を見ている。来週前半の動きで今後の売り買いを決める予定。トルコの選挙、米中貿易戦争、南アフリカのPPI、貿易収支等、材料は沢山有る。もう一度下がるようであれば、かなり深い下げになりそう‼

  • 否決票が多いのは、買い方が苦しくなっている状態と推測する。未だに大きなストップロス、ロスカット、投げ売りは見られていない。必死に耐えている状況。海外勢が何処で投げるか?流石に8.0割れで…南アフリカ中銀が利上げを検討するのは7.7を切る辺りか?現状はまだ高いと考える。

  • 先週第二目標の8.2を一時的にではあるが下回った。証券会社の今後1~2ヶ月先の予想は7.7辺りが多い。まだ利上げを検討するレベルではなく、今後も下げを予想する。但し値動きが激しくなっているので、買いを入れて短期処分も有りか。あくまでも戻り売りが中心。今週末の目標は8.0。

  • 買い方のストップロスが8.4辺りに有ると思っていたが、買い方の今までの利益からストップロスを下げた人が多かったと想像する。8.2~8.0に設定し直したか?もう一下げでストップロス、ロスカット、投げ売りが大量に出るかも。

  • 売り目線で来たがやっと第一目標の8.5を割った。先週末、第二目標の8.0~8.2に近づいた。月曜日からが今後のランドの方向性を決めると思っている。戻すのか?もう一段下げて8割れを目指すのか?今まで期待感でランドはある程度高値を保っていたが、投資家の心理も変わりつつある。更に下げるようであれば、ランドの回復は暫く厳しいと考える。個人の考えとしては、南アフリカの経済回復は直ぐには難しいと思っており、下げ目線を続ける。

  • 今週も8.5~8.7前半の狭い範囲で動きそう。但し抜けるとすれば下。8.4辺りにはかなりのストップロスが控えていそうで、投げ売りが出て、そこに触れれば8.0~8.2位迄一気に行きそう。8.5代で買いも入れたいが慎重に❗むしろ8.7越えで売りが良いと思う。

  • 明日、米中の共同宣言を受けて市場がどう反応するか?先ずアジア時間で3銭以内の上昇に収まるか。16:00~18:00の欧州時間(ランド円が上がりやすい)の反応は?良い時のランドあればここまでで8銭位上がっていたがさてどうか?米中共同宣言と言っても具体的な金額は示されていない。明日は今後を占う上でも本当に大切な取引になる。値動きが激しくなっているので、アジア時間の様子を見て一時的に買いを入れる手も有りか。但し基本的には売り目線で行く。

  • 二日連続の大きな下げで8.5に近づいて来た。今後のポイントは先ず週明け月曜日。ここで戻すか、続落するか?下げれば8.5を割り込む動きになりそう。四月に新興国から多額の資金流出が見られた。GDPに対する経常収支がトルコ、アルゼンチンでマイナス5%以上、南アフリカはマイナス2.3%。そして南アフリカの失業率は26.7%で4人に1人以上が失業中。これでは経済の回復は直ぐには難しいだろう。来週の政策金利、S&Pの格付け次第では更なる下げも。(多分現状維持だが…)8.2~8.4迄の可能性に期待。

  • 今週はドルランドの下落により、ランド円が急騰した。チャートからは8.2~8.9の範囲の相場でその上限に来ている。ここから買い上げるのはかなりきつく、買い手は厳しいと思う。南アフリカの指標も良くなく、GDPも悪化しそう。来週16日の失業率にも注目。その後は24日の政策金利、25日のS&Pの格付け発表と続く。今週上げすぎた分、来週何処まで下げるか。何時8.5迄行っても不思議ではない状況と考える。(かなり下げの時期が遅れている)ドル高基調が続く限りランド円は下げる可能性大。

  • ラマポーザは発言からもランド安へ誘導したい筈では?介入は無いと思う(今は資金を使っている場合ではない)が有るとすればランド売りの介入だと思う。状況から明日は一時上げたとしても、下げに転じると思う。上値は重たい。朝の動きを見て一部買いを入れその日の内に処分するかも。

  • 先週末の上げには参った。ドル安、円安によるランド高。決してランドが買われた訳ではない。調整が入った状況。8.66で両建てにして8.745で処分。その後8.725に少し下げて終了。現在含み損発生中。今週上げると困る状態。予想は下に行くと思う。株式はセルメイだし、南アフリカの状況は依然として改善していない。8.5を目指して下落し、下回るなら8.2~8.3へ。

  • 再度Sしました。Sした理由は先程も書いたがドルランドのチャートの形が昨年のゴールデンウィークに似てきて悪い事、そして南アフリカの最大国営企業の電力会社であるエスコムが格付けBB-になりジャンクになった事。経済界に与えるダメージはかなり大きい。ここ一週間位で8.2~8.3迄下落すると思う。因みに野村證券の予想は7.9~8.0。結果はどうか?

  • 8.58で一度利益確定して良かった。戻すと思ったがここまで戻すとは。もう一度Sの予定。今待機中。外国人はランド円は見ていない。ドルランドのチャートを見ているとランドはまだ下に行くと思う。8.4代は普通に出ると思う。更に悪条件が出れば8.2位を目指すか?

  • 国営南アフリカ航空の資本注入問題。直ぐに必要との事。(金融機関と財務省と打ち合わせをした)南アフリカでは国営企業の赤字解消は難しい。日本ではNTT,JR,JT等民営化出来て成功した。それは言うまでもなく資産売却(土地、株式)があったから。南アフリカではその受け皿も無いであろう!何度も書いているが、そろそろランドは下落すると思う。崩れ始めたら一気に行くと考える。

  • まず南アフリカ。1000億ドルの投資を集う為、特命チームを結成。期待が高まりランド高になっている。一方、ゴードンは国営企業の赤字問題の改善案を未公表。期限だった四週間を越え既に五週間経過。良い案が有ればとっくに公表されているはず。中途半端な状態で公表をすれば1000億ドルの投資にも影響が出るのでダンマリを決めているのか?民間企業であれば日本のゴーンのように人員整理を実行し人件費削減で立て直せるのだが…国営では人件費削減は難しい。支出削減が無理なら収入増加だが、国営電力会社なら電気代の大幅な値上げ。これも国民の大反対で無理。1000億ドルの投資を当てても一時的な解決にしかならず、根本的な改善にはならない。何か改善案が有るなら教えて欲しい。次に北朝鮮。色々発言して平和に向かうように見えている。しかし忘れないで欲しい。今までの北朝鮮の裏切りを。確かに北朝鮮は譲歩しているが、時間稼ぎと交渉で色々な物を得ようとする魂胆か?核も新たには作らないと言っているだけで、既に保有している核は廃棄せず。全く解決したとは思えない。相場は投資家の期待や思い込みで動くので明日上がる可能性も有るが、内容的にはヨコヨコと考える。5月の利下げ観測が出ている事や南アフリカの状況を分析知れば、本当は下げに向かうはず。南アフリカに対する期待が失望に変わった時、急落、暴落に繋がると思う。今月末からゴールデンウィーク辺りが一つのポイント。(8.0~8.5)

  • 明朝8.5~8.65スタートか?その後が問題。ヨコヨコで行くのか、徐々に戻すのか?米英仏露の動きは?ミサイルは今回だけの発表だが、アメリカ副大統領が化学兵器を再び使う恐れがあれば再度攻撃するとのコメント。一方南アフリカからの発表は無し。ゴーダンも改善案(先週が期限だった)が出ていればとっくに公表しているはず。南アフリカ全体でも発表は何も無い。本当に改善案は無いと見る。今週何も発信しなければランドは下落すると思う。

本文はここまでです このページの先頭へ