ここから本文です

投稿コメント一覧 (7273コメント)

  • >>No. 434

    ペソと円くらい区別しなよね。ごっちゃだよ。

    それからね;-
    固定費も大してかからないような寡占的事業ってのは、少なくとも年間ベースなら赤字には普通ならないよ。当たり外れが少々大きくたってね。
    今年度も大手パチ企業のパチ事業ってそれなりに利益を出すだろうね。
    普通、こういう市況の場合、叩き売りで採算性が極端に落ちるもんだけど、逆にパチは値上げしているかもよ。そういう市場なんだよね。
    安くしたって台数が増えないんだったら、値上げした方がいいんじゃない。それができるのがパチなんだよね。

  • >>No. 448

    だから、okamaniの土地を第三者に売って、ホテルなんかを建てても、税の恩恵は受けられないんだから、okamaniが自分でホテルなんかをバカスカ建てると、メリットが大きいんだよね。
    売却じゃ50万円/㎥の価値しかなくとも、okamani自身でやれば税の優遇があるんだから、それ以上の価値を土地から生み出すことができるんだよね。

  • >>No. 431

    カジノ事業は法人税無税だよ。
    「開業後4年間は法人税免除かつ5年目以降も軽減税率適用」ってのは、ホテル事業のほうだね。ホテル事業まで無税にしちゃうと、一般のホテルに対して競争優位になってしまっちゃうんでね。

    『フィリピン経済特区庁(PEZA)への経済特区登録申請も行っておりましたが、今般フィリピン大統 領の承認に基づいて、正式に経済特区(ツーリズム・エコゾーン)に認定されました。これに基づき、カジノ事 業においては、ゲーミング税(ハイローラー向け売上については15%、マスマーケット向け売上については25%) の支払いにより、法人税が免除され、またカジノ以外のホテル・飲食・小売等の事業においても、当初 4年間の 法人税の免除と 5年目以降の軽減税率の適用が認められることとなります。また、建設工事にかかる付加価値税 (通常 12%)や建設機材、運営機材等の輸入税および付加価値税も免除されることとなります。これらの優遇 税制の適用もあり、経済特区内の当社グループのカジノ・ホテルリゾートプロジェクトにおいて、高い収益性が 期待されます。 』

    それから、カジノ事業に関して、gaming税を減額して、その分を法人税に振り替えて法人税を払っている様に見せかけることも認められているんだよね。法人税率が低いと、法人税の高い国に配当を払った場合、税の控除が受けられないからかな。日本ではそんなことする必要はないけどね。

  • >>No. 369

    金がバカスカ入ってくると、バカスカ株主還元するか、バカスカとカジノ作るかのどっちかなんだよね。マレーシアのgentingなんて後者かな。バカスカcasino作って、つには斜陽のvegasに8,000億円かけてカジノ建設だもね。勝算ってあるのかね。
    金の使いみちに困って、過当競争の真っただ中に無理やり参入するより、株主還元に励めってんだよね。

  • >>No. 371

    rtaさんて、私(rka)と1文字ちがいなんだね。なにかのご縁でしょう。よろしくね。

  • >>No. 365

    答え返していいの?

    ではお言葉に甘えて;-
    sankyoは150円配してる立派な会社だよ。悪く言ってはあかんよ。仰るとおりだけど。
    それはさておき;-
    ユニバは500円配くらいしないと、金の使いみちに困ることになるんじゃないの。
    カジノ企業って、ほったらかしてると金がバカスカ貯まっちゃうし、どんどん配当して債務超過になってこそいっちょ前のカジノ企業と言えるよね。借金すればいいんだからね。okamaniが数年後、いったい幾らの金を生み出すかってね。毎年500億じゃすまないかもよ。ほんと使いみちに困っちゃうよね。貯まる前に使っちゃうに限るよ。steveはエロかったよね。配当バカスカして、債務超過にしてからwynn palaceやbostonの50憶ドルの投資を決行したんだから。まさにカジノ経営者の鏡だよ。

  • >>No. 361

    マカオはカジノライセンスを1社から6社に増やしてから急成長し出したんですよね。或る程度の参入を認めることも必要なのかも。ただ、フィリピンの場合、新規にカジノを認めるにしても既存企業優先でしょうね。ただ、新設するより、tableやslotの増設を認可することで十分市場拡大に対応できるかもね。新設はresorts worls westsidecityで当面打ち切りかな? solaireなんかはケソンシティーなんかに建設する意向も持っているようですが。

  • >>No. 354

    ここって、昔から株価は大暴れじゃないの。

    それから、ここがカジノ事業へ進出したってのは2000年のことだよね。vegasのvalvine lamoreに50%出資したのが始まりだし。2002年にはこれをwynnに現物出資し、wynnに関わることになったし。それにそもそも、casino向けのslot machineを手掛けていたし。10年ほど前にこれは分社化して岡田さんに引き取ってもらったけどね。slotの工場ってフィリピンに有るんだよね。okamaniの20数km南に行ったとこだよ。

    ユニバのカジノとの関りって、けっこう長いんだよね。

  • >>No. 351

    業績はどんどん改善していくんじゃないの。マニラのカジノって2年もすれば益転して、その後は止まるところを知らず利益がふくらむんじゃないの。

    solaire純利益
    15年 ▲2,377百万ペソ
    16年 +3,460
    17年 +6,269
    18年 +10,000 (q3累計+7,066)

    てな感じだね。

  • >>No. 351

    カジノが儲かっている訳じゃないよ。ベガスなんてcaesarsが破綻したのを見ても分かるように悲惨だよね。マカオも売上は数年前のやっと8割水準に戻ったのは良いとして、次々に巨大なカジノが開業しちゃ、どうもこうもないよね。ランニングコストも上がっているし、高率のgame税も課されているしね。シンガポールもジリ貧だよ。

    でも、game税が安く、ランニングコストも低けりゃ儲かるんだよね。客は国際的に移動するしね。さっきも記載したけど、solaireの18q1の純利益率が33.7%だったんだけど、その内に40%を超えちゃうんじゃないのかな。儲かる条件を備えたところは儲かっちゃうんだよね。マニラは客にコンプを奮発する余裕が大きいしね。

  • >>No. 342

    情報って、持ってないよりもは、持っていた方が良いんじゃないの。
    アホにはそんなことさえ理解できないだろうけど。

  • >>No. 338

    カジノライセンスの取得って、簡単じゃないよ。無知か。
    数に制限があるしね。カジノ新設が10年も20年も無い国って多いかもよ。

    ライセンス権の価値って安くはないね。okamaniのライセンス権って1000億単位の価値を持っているんじゃないかな。

  • >>No. 322

    データみてから言ったらどうなのかな。
    パイが同じならば、奪い合いでしょうね。でもマニラって急速にカジノ市場が拡大しているんだよね。集積効果って言えるかもね。例えば、ジャンケットにしたって、カジノ集積があれば、本腰を入れて拠点を設置し易いんだよね。VIP casinoを1つ開くより、3つ4つと開設できれば本腰が入るんじゃないの。SUN CITYなんてベイエリアにいくつVIP CASINOを開設したかご存知かな。ジャンケットが活動するにはある程度のcasino集積が必要なんだよね。その集積が出来ているのは、マカオとマニラだけなんだよ。それに、特に海外からの一般客もカジノ集積があった方が集客力が高いんじゃないのかな。マカオにカジノ客が集まるのも集積効果じゃないのかな。

    それとね、マニラって、マカオに比べてgame税が安いんだよね。おまけに人件費はべら棒に安いし、建設費なんかも安いし、競争力が高いんだよね。更に言えば、ジャンケットはマカオから逃げ出しているんだよ。マカオのカジノが十分な条件をジャンケットに提示できないんだよね。game税が39%でランニングコストが高けりゃ無理もないんだけどね。逃げ出すか廃業するかって状況なんだよね。マカオじゃ半分くらいは廃業したんじゃないかな。

    マニラベイエリアのこんな急速な伸びって、外人客によるところが大きいかもしれないけど、現地人客も急速にのびているようだね。

    solaireの成長は今後も長く続きそうだよ。そして、数年でokamaniはsolaireの1.5倍程度の売上は期待できるはずだね。とんでもない売上になっているだろうね。純利益率も冗談のような率じゃないかな。

    manila bay area ggr
    14年 30,869百万ペソ
    15年 45,939
    16年 63,449
    17年 81,377

    パイが拡大しているんだよ。そして、奪われるはずの方も売り上げを高い率でなばしているんだよね。そんなことも知らずにヘボな投稿してんのかな。

  • >>No. 309

    パチはダメかどうかはしらないけど、株価が1株純資産割れなんてのは、ユニバくらいかな。

    平和   株価2,632円(1株純資産2,294円)
    SANKYO 4,410(4,080)
    セガサミ 1,663(1,239)
    ユニバ  3,885(4,818)

    割安かどうかはさて置くとして、上がる時も下がる時もオーバーシュートしてくれるって言うのは、ユニバの最大の魅力かな。更には将来が楽しみであるってこともね。じゃないと保有する価値は無いかも。
    昨年もそうだったけど、3,000円割れでせっせと売ってくれた方って多かったんじゃないかな。そういう方がいるからこそここって面白いんだよね。
    思ったより大きく下がり、思ったよりも大きく上がるって、やりようによっては、これほど面白いことはないんだよね。あくまで、それを前提に対処するならだけど。

  • >>No. 301

    決算が悪かったと、新参者さん達は思うんだろうね。
    一見悪かったとしても、okamaniに対する期待が更に高まったんじゃないのかな。

    vipはそもそも変動が大きいってのは当たり前のことだしね。むしろ安定成長のmassの動向がポイントなんだよね。フィリピンカジノが如何に有望かって、再確認できたんじゃないかな。
    例えば、solaireのmassって、開業以来前四半期ベースでプラス成長を21四半期連続で続けているんだよね。開業後2年くらいは当然として(但し、開業当初の詳細は不明だけど)、codの開業、okamaniの開業があってもほとんど影響が無かったどころか、好調を保ち続けてきたんだよ。

    solaire mass(table+slot) ggr
    16q1 4,429百万ペソ
    16q2 4,675
    16q3 5,141
    16q4 5,484
    17q1 5,524
    17q2 5,874
    17q3 6,107
    17q4 6,303
    18q1 6,586
    18q2 7,669(前四半期比+16.4%)
    18q3 7,729(+0.8%)

    成長率は後発のCODやOKAMANIにはかなり劣るけど、年率20%超の成長が続いているのを見ると、OKAMANIも5年経っても20%を期待できるかもってね。

    ちなみに、OKAMANIのMASSは
    18Q1 2,975
    18Q2 3,350(前四半期比+12.6%)
    18Q3 3,918(+17.0%)

    ともあれ、マニラ・ベイエリアのカジノは予想以上に好調なんだよね。OKAMANIは四半期ベースで2桁成長が期待しても良さそうですし、数年後も年率20%成長を期待できるかもよ。

    OKAMANI開業により共食いの心配もあったけど、現在までのところ逆に集積化による集客力向上やジャンケットの活動本格化なんかのプラス面の方が顕著になって来ているんだよね。それがわかっってだけで十分でしょ。

    それから、SOLAIREって、18Q1の純利益率って、33.7%だったんだよね。ど窯で利益率を向上させられるのかって見ものなんだけど、それって数年後にはOKAMANIもSOLAIREと競っていたりしてね。

  • >>No. 285

    私の場合はね、上がろうが下がろうがそれなりにホールドしてるよ。
    ただね、下がったら買い、上がったら売るけどね。
    基準は、例えば上限の保有額(100として)ってのがあって、それを超したら売り、下限の保有額(70)を下回ったら買うっていうやり方だよ。現状では3,065円を割ったら追加購入、4,390円を超えたら売却だよ。

    値動きが良い株に対する基本的な手法じゃないかな。あんたさんには分かんないだろうけどね。
    ちなみに、この手法が如何に効果的かってのを、ユニバでシミュレーションしてご覧。株式投資に関し覚醒するよ。

    多かれ少なかれ、ここの長期ホルダーってのはね、安い時に買い、高くなったら売るってのを繰り返してきたんじゃないかな。そして、かなりパフォーマンスが高いんじゃないのかな。2匹目、3匹目どころか、5匹目、6匹目くらいのドジョウさんをとっ捕まえてるかもね。

    単純に上がる銘柄なんて、大して面白くないし、大してパフォーマンスが良いわけじゃないんだよね。ここのように大きく上がったり下がったりしてくれる銘柄ほど、パフォーマンスは高いんだよね。アホでもそのくらいの知ってるかな。
    ともあれ、私の手法で過去10年間くらいのタームでシミュレーションしてみたらいかが。目が覚めるよ。

  • >>No. 178

    ショックね。
    カジノビジネスを理解できなきゃショックかもね。

    okamaniのq3のカジノ業績って、上出来じゃないのかな?
    特に限界利益率(75%)の高いmassの売上は期待以上だしね。vip(限界利益率35%程度?)は、q2に特殊要因が有ったってことでしょうし。
    ともあれ、q3というフィリピンカジノの閑散期において、大きな特殊要因が剥げ落ちてもsolaireやcodより落ち込みが少なくて、シェアを伸ばしたってのは上出来じゃないのかな。

本文はここまでです このページの先頭へ