ここから本文です

投稿コメント一覧 (270コメント)

  • <フラミンゴ>
    フラミンゴがフラメンコを踊った ・・・ OLE!・・・ OLE!

    そこへ鷺(サギ)がやって来て踊りに加わりオレー、オレー とやったら、何故かパトカーがやって来た。 (^^;)

  • >>No. 621

    同じく、10数年前の投稿文から・・・

    【再】 
    わんこそば

    犬用のそばと勘違いしている子供も多いのでは...

     ○登場生物:イヌ
        哺乳綱 Mammalia
        ネコ目(食肉目) Carnivora
        イヌ科 Canidae
      
            ^^;;;

  • 来年は戌年ということで、イヌに関する勘違いを・・・
    え~っと・・・・・・
    では 消えてしまった10数年前の投稿文から・・・(^^;)

    【再】
    諺シリーズ『犬も歩けば棒にあたる』

     子供の頃、いろはカルタの『犬も歩けば棒にあたる』を、「犬も散歩をすれば、その辺りに立て掛けてある棒や、地面に転がっている木や竹の棒切れに当たる(ぶつかる)こともある。外を出歩けば何かにぶつかることが多い...」くらいに思っていました。
     でも、本当は、棒を投げつけられたり、棒で叩かれることだと、後になって知りました。
    なまじっか、余計なことをすると災難に遭うという教訓。

    ~本来の意味~
    『犬も歩けば棒にあたる』とは、江戸時代、町の辻々に夜間自衛のため屋敷の番をする辻番がいて、怪しい者が通ると声をかけ、逃げると持っていた六尺棒を投げて足に絡ませ捕らえたそうです。
    うっかり出歩くと、犬にも棒が飛んできたのでしょう。

     しかし、近年では、「何もしないでじっとしているより、積極的に出れば、思わぬ幸運に出会う」という意味に使われることもあるそうです。
    どうやら今の時代の考え方に合わせて逆の解釈をしたのですね。

    ○登場生物:イヌ
        哺乳綱 Mammalia
        ネコ目(食肉目) Carnivora
        イヌ科 Canidae

  • >>No. 618

    <訂正> No. 618の下から1行目
     イノシシや鹿も害も減る ⇒ イノシシや鹿の害も減る

  • ★森林環境税???

    アホのアホによるアホのための行政!!!

    狭い日本列島は人口過密で、おまけにゴルフ場が多すぎる。
    地図を見れば一目瞭然。
    まずゴルフ場を半分以下に減らすこと。
    そこは宅地開発やゴミ処理施設などつくらず自然にもどすこと。
    そうすればイノシシや鹿の害も減る。

  • ★森林環境税???

    アホのアホによるアホのための行政!!!

    狭い日本列島は人口過密で、おまけにゴルフ場が多すぎる。
    地図を見れば一目瞭然。
    まずゴルフ場を半分以下に減らすこと。
    そこは宅地開発やゴミ処理施設などつくらず自然にもどすこと。
    そうすればイノシシや鹿も害も減る。

  • <関取>
    阿武咲:「あぶさき」かと思ったら『おうのしょう』だった。(^^;)
    阿 炎:「あえん」かと思ったら『あび』だった。(^^;)

  • >>No. 1017

    >日本滅亡の前兆
    >アホ官僚やアホ議員しかいない日本
    > 報道陣もアホばかり


    *選挙目当てに、支援、支援と大切な税金を、ばらまくアホ連中・・・

    *露「借金を繰り返し、返済の目途なく国債連発、おまけに賭博まで始めるバカ連中に、また例の如く領土問題を持ちかけて多額の支援を促そう!」

  • >>No. 979

    ???

    2013年12月~2014年1月の複数の投稿文から
    下記の語句が消えた。
    1週間前に見たときは1~2ヶ所程まだ残っていたが・・・

    それは
     Pick upコーナー
    という語句...

    これは、以前、Yahoo掲示板からTextreamに移行したときに消えてしまった
    投稿文の中から、特に掲示板に残したいものを抽出し、取り上げたものを
    項目別にまとめて「Pick upコーナー」として掲示したものです。

    【例】
    (N0.)979
    Pick upコーナー ←←←この部分が最近消えてしまった!!!

    題目:「いい加減で無責任」
    (2004/4/6~2005/8/31投稿) <1>

    ◆「いい加減で無責任」 2004/ 4/ 6 [No.46]

    ○交通事故や犯罪事件の発生件数(発生率)を、毎年少しでも減らしていく努力が必要である・・・・・・

  • >>No. 1022

    >ロボットと言っても、すべて人型にする必要は全くありません。
    >安価でしかも効率のよいのが一番ですね。

    箱型がいいですね。

  • 【スズメバチが発生しているため、この園路を通行止めにしています】

    ○ほぅー、ネットで囲っている。
      スズメバチで進めず! (^^;)
          
    [※ホーネット(hornet)、進めず]

  • >>No. 1022

    [再]
    Re:国民にとって最大の義務とは 2009/ 2/20 [No.678]

    >税を喰らって生きているアホをしっかりと監視し注意することである。
    >税を喰らって生きているアホに対する監視・注意(忠告)を怠ると、「○○の責任」とか言って、本人の知らぬ間に金(カネ・税)を盗られます。
    みなさん、くれぐれもアホへの監視・注意(忠告)を怠りなく。

    *アホな政治家やアホな官僚に対しても、その考え方、判断、行動などに異常、誤りを見つけた時は、しっかりと指摘し、忠告を与えましょう。

    *これは国民の権利であり、義務でもあるのです。

  • [再]
    国民にとって最大の義務とは 2008/ 2/ 2 [No.587]

    >税を喰らって生きているアホをしっかりと監視し注意することである。
    >税を喰らって生きているアホに対する監視・注意(忠告)を怠ると、「○○の責任」とか言って、本人の知らぬ間に金(カネ・税)を盗られます。
    >みなさん、くれぐれもアホへの監視・注意(忠告)を怠りなく。
    >しかし、この忙しい時に、四六時中アホを見張っているわけにもいかない。
    >そこで、まず、公務員をボランティア化して経費を大幅に節約し、次のステップであるロボット化へと進めよう。
    >ロボットと言っても、すべて人型にする必要は全くありません。
    >安価でしかも効率のよいのが一番ですね。

    *そして、丈夫で故障の少ない事が条件です。
     高い修理手当やメンテナンス手当を要求されたのでは困りますからね。

  • [サンゴ]
    28日午後3時、マリアナ諸島で台風15号「サンヴー(Sanvu)」が発生!
    「サンヴ―(Sanvu)」はマカオが用意した名前で、サンゴ(珊瑚)という意味です。

    ○サンヴー(Sanvu)はサンゴ(珊瑚)という意味、
     だから3×5=15で台風15号?・・・ (-_-;)

    ○サンゴの産卵時期は終わったのかな?
     珊瑚の産後・・・(^^;)

  • [オヤジ]
    よく地震・雷・火事・親父(おやじ)と言いますが、
    本当は地震・雷・火事・大山風(おおやまじ<台風>)です。

    おやまあ・・・・・ (^^;)

  • >>No. 656

    >葛籠の隙間から、ヒアリ(火蟻)がぞろぞろ這い出て来た!

    危険な外来生物「ヒアリ(火蟻)」を徹底的に駆除しょう!!!

    ヒアリ「ヒャー、助けて~~」

  • ★雷を呼ぶ怖~いカミナリチョウ!!??

    ○昨夕は、激しい雷雨で一時停電もありました。

    ○まだ小さな子供だった頃、知人が飛んでいるアゲハチョウを見て
    「あれはカミナリチョウだから、雷を呼ぶチョウ・・・
    もうじき雷がやって来るかも知れない! 」と言っていた。
    しかし、毎日普通に見かける蝶なので、にわかには信じられなかったが、
    でも、ちょっぴり不安になりました。(^_^;)

    ○ちなみに、カミナリチョウと呼ばれたのはナミアゲハ(並揚羽、学名:Papilio xuthus)
    です。
    だが、今でも私にはキアゲハ(黄揚羽・学名 Papilio machaon)とナミアゲハを区別しずらく、両者を混同しています。(^_^;)

  • >>No. 656

    >葛籠から大蛇が…

     <関連ニュ-ス???> (^^;)
    プラスチックケースの中にニシキヘビが・・・

    ※YAHOO! JAPANニュースから ↓↓

    ★<東山動植物園>逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
        7/26(水) 20:13配信 [毎日新聞]
    逃亡7カ月で倍以上の113センチに成長していたニシキヘビ=東山動植物園提供
     名古屋市千種区の東山動植物園から今年1月に逃げ出して生死不明のまま行方がわからなくなっていたカーペットニシキヘビが、逃亡した自然動物館バックヤードの飼育スペースに戻っているのを、26日午後、飼育職員が見つけた。逃亡当時、約50センチだった体長は倍以上の113センチに成長していた。

     同園の獣医は「逃亡当時は大騒ぎだった。来園者の皆さんにもご迷惑をかけたため、優しく『お帰り』とは言いづらい」と話している。

     ヘビが見つかったのは、飼育スペースで栽培している展示用植物のプラスチックケースの中。深さ14センチの水につかっていた。ニシキヘビは脱皮の際に水につかる習性があるという。

     同園によると、カーペットニシキヘビはオーストラリアなどの森林や草原に生息する毒のないヘビで、成長すると2~3メートルになる。敷地外に出たかどうかは不明。「逃亡してから数カ月は冬眠状態にあり、5月ごろから活動して、敷地周辺の昆虫やヤモリなどを食べていたのでは」と話している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000081-mai-soci

  • >>No. 655

    >葛籠から大蛇が…
    >寒くなった??

    寒いというより怖いです。(-_-;)
    ヒャー、助けて~
    しかも葛籠の隙間から、ヒアリ(火蟻)がぞろぞろ這い出て来た! (^^;)

本文はここまでです このページの先頭へ