ここから本文です

投稿コメント一覧 (3498コメント)

  • >>No. 163696

    >私は、1項2項削除でもかまわない、それには理由がある。それ既に前に言った。
    >しかし、アンタの案なるものには、何も書いてない。

    俺の案じゃないよ。 取り合えず、アンタに代わって書いたもの。

    >空白の条文を見せられても、アンタの意図は判らないからコメントはできない。
    >いきなり条文を見せても、ダメなんだと端から言っている。

    ここの「アンタ」も俺じゃない。「アンタの意図は分らない」の主語は貴方の条文案が
    公表されたときの読者だよ。意図、目的、理由も含めて条文に簡潔に書くのだよ。 分る?

    >>最新の9条改憲草案9条1項に「国権の発動としての戦争を放棄し」と書いてあるよ。

    >私の引用した意味を理解できないから、
    >私のコメントと関係の無いことを言うアホ。

    相手は俺じゃないよ。読者だよ。 意味を理解できるように条文を書けないのかね。

    >>私の改憲案は既に書いた。改憲の条文は不要。
    これも同じ。 一般読者に「(この掲示板に)既に書いた」と言ってもチンプンカンプン。
    条文というものは、それなりの自己完結が必要だね。分る?

    それと、アンタが書きそうな条文に難癖つけるアホがいたら、次のように返せば良い。

    追加
    第2章
    9条 武力の行使に際しては国連憲章と国際法を遵守しなければならない。
    (終わり)
    ただし、これは当たり前の常識。 先の三つの「簡単な条文案」に書き加える必要がない前提でもある。

    >好き嫌いという感情の問題ではない。
    ?????
    俺は感情大嫌い人間。
    もう一度言う。 ガタガタ言わずにアンタの条文見せてくれ。
    そうすれば、俺もガタガタ返す手間もなくなる。

    2項削除、自衛隊明記なし。 せいぜい一行で済むのじゃないかしら。 
    空白が楽だし一番だわ。 それも駄目なの? そんなこと仰らずお願いしたいわ。
    そろそろ終わりにしたいのよ。

  • >>No. 163694


    ともかく、ガタガタ言わずアンタの条文を見せてくれ。
    それに同意か否かは俺にとって重要でない。
    条文示すのはどうしても厭なのか?

  • >>No. 163692

    じゃあ自民党にも文句をいってくれ。
    最新の9条改憲草案9条1項に「国権の発動としての戦争を放棄し」と書いてあるよ。

    それと
    第2章 空白(2章は全部なし)はどう?
    貴方にとって一番スッキリ、問題ない。 違うか?

    平和主義の強調は前文でタップリ書けばよい。
    9条は国防や安全保障が専門だよ。

  • 追加

    第2章
    9条 武力の行使に際しては国連憲章と国際法を遵守しなければならない。
    (終わり)

    ただし、これは当たり前の常識。 先の三つの「簡単な条文案」に書き加える必要がない前提。

  • >9条1項は世界の殆どの国が批准している国連憲章と同じなのだから。
    勿論、無くても良い文言はあるが、在っても害は無い。

    >2項の存在こそが問題なのだ。

    >自衛隊或いは自衛軍、防衛軍でもそれを憲法に明記する必要はない。


    mys氏に代わって、とりあえず私メが書く

    1番簡単な案は

    第2章
    白紙(2章はなし)

    次に簡単なものは
    第2章
    9条 戦争を永久に放棄する。
    (終わり)

    その次に簡単なやつは
    第2章
    9条 国際紛争を解決する手段としての戦争を永久に放棄する。
    (終わり)

  • >>No. 163675

    >パリ不戦条約は英国その他による自衛権行使の戦争は放棄しない付帯条件付だよ。

    だから何?
    論点は、「不戦条は約100年間の幾多の戦争を防ぐことも止めることもできなかった」
    だよ。

    不戦条約については当初から、たとえば、大英帝国などの植民地政策の関係からも、大国から多くの異論があった。そんなことは俺も知っているし、Wiki でも見れば沢山あるよ。
    そのときの論点と関係ない土俵に引っ張って何かモノ言う癖があるわね。

    先日の俺の喩え話も同じ。 なぜ、刑法のレクチャーを長々と?
    分り難い方だね、貴方は?

    他にも多くあるが、いづれそのうち・・・

  • 9条改正が必要と考えておら方々への僭越なお願いですが、改正9条の条文案を書いて頂けないでしょうか?

    説明は無くても結構ですが、説明文は条文から少し切り離して書いてください。

    下は言い出しっぺの私が書いた三つのサンプル(A,B、C)です。 

    この板の読者として参考と勉強になります。 とくに、ここの常連の皆様には
    期待しています。 宜しくお願いします。


    A 第2章 国防と安全保障
    第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力の行使を永久に放棄する。
    ただし、海外を含む国民の生命、財産、基本的人権が他国の武力攻撃により脅かされる事態においては、この限りではない。

    B 第2章 国防
    第9条 
    1項
    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する。
    海外を含む国民の生命、財産、基本的人権が他国の武力攻撃により脅かされる事態においては、国権の発動として自衛権の行使は妨げられない。
    2項 
    上記に備えて内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を設置する。
    国防軍の行動規範は国際連合憲章と国際法に基づくものとし、国防軍の運用については法律で定めるものとする。

    C 第2章 国防
    第9条
    国権の発動として自衛権の行使のために内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を設置する。 国防軍の行動・運用は国際連合憲章第2条4項、51条を遵守した法律で定めるものとする。


    <説明>
    A では国連憲章や国際法の言葉はありません。 憲章2条4項および51条(個別的、集団的自衛権)は常識なので割愛。 1928年制定のパリ不戦条約は理想であって、近代では歴史的価値だけです。 実際、パリ条約から現在に至るまで数多くの戦争を止めることはできなかった。 もし仮に今、世界でパリ不戦条約が守られるのならば、9条も自衛隊も要りません。 言い換えれば、今の9条の本質はパリ不戦条約そのものです。
    AとBの冒頭に有る「日本国民は・・・希求・・」は作文の「お飾り」のようなものでカットできます。 前文にも似たような文章があります。

  • 貴方も好きな喩え話なんだけどなぁ。

    >自己又は他人の権利を防衛するため、

    自己だけとは何処にも言ってないよ。
    ブログで引用した貴殿の発言には他にも多くの質問がある。
    でも、論点すり替えや、捻じ曲げ引用レスが多いので、ここの掲示板への投稿は後で不愉快になる。まぁ、連休明けにでも纏めてリストアップしようと思っている。

  • https://twitter.com/pruning101/status/984775055564353536

    9条改正私案
    1項 国権の発動としての自衛権の行使以外の戦争を放棄する。
    2項 なし

    喩えると
    9条
    1項 人権の発動としての正当防衛の行使以外の暴力を放棄する。
    2項 なし

    正当防衛なら与党も野党も国民も反対する人はいないと思う。

  • そうですね。
    野党6党は国会審議を拒否の構え。
    憲法改正の草案や原案についても
    野党からの発表は聞いていません。

    野党はこの国を良くしようと本当に考えているのか? さっぱり分りません。
    自民以外の各党もそれぞれの草案を憲法審査会に提出すべきです。
    現憲法のままで良いと主張するのならば、現憲法をそのままコピペして
    審査会のテーブルに出せば良い(旧仮名は修正)。
    それも資料のひとつとなります。

    民主主義の真っ当な手続きではないでしょうか?

  • 長い間、事故が機密扱いだった理由は
    非核三原則違反(佐藤ーニクソン密談)がバレルことを避けたことも大きい。

    それでも、地元で事故の噂は広まり「沖縄に核を持ち込むな!」という
    反対運動が激しく起こった。

    それで、米国は沖縄核基地の閉鎖に追い込まれた。
    ただし、必要時には施設自体は使用できるように保持準備しておくことが条件。

    なお、米軍はミサイル演習場を北富士に移転し、
    そこで陸自の砲兵隊と共同使用している。
    その辺り一帯は立ち入り禁止。
    しかし、大きな音が一日中遠くからも聞こえる。
    その音は大砲や迫撃砲のものでない。 
    自分も近くで聞いたが、シュルシュルと長く続き消えていく音、着弾音ははっきりしない。
    短距離対空ミサイルまたはロケット砲の感じ。

    御殿場周辺の住民は、かつて沖縄で事故を起こしたときのように核弾頭付き
    ではないかと疑っている。

    私は、有事の際、今の日本を守ってくれるのは米軍だけだから、
    米軍・自衛隊の北富士共同運用は良いことだと思っている。 
    沖縄や福島のヒューマンエラー再発の危険がなければ、非核三原則の撤廃にも反対しない。

  • >>No. 163611

    仰る通りです。
    しかし、中国から見れば、それがヒューマンエラーだったことは知らない。
    当時は緊張状態。 アメリカが先制を仕掛けてきたと考えて当然。
    ソ連と緊急相談して、「それならこっちも」とヒューマンエラー無しの
    本物の核反撃→3次世界大戦。

  • http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10628?page=2
    沖縄朝鮮戦争時: 若い米兵のヒューマンエラーで危うく世界のお終わりだった。

  • >>No. 163600

    もっとも、核燃料(放射性ウラン、プロトニウム)の空中飛散は有りえる。 
    だが微量だから福島原発事故に比べれば、被害はあっても桁違いに軽微。

  • 事故で核爆発は原理的に起こり得ません。
    キーワードは爆縮。
    テクノロジーの歴史上、もっとも困難な技術だった。
    花火の火薬とは違います。
    北朝鮮の核弾頭ミサイルを破壊して打ち落としても核爆発は起こりません。
    「爆縮」でぐぐると分るよ。

本文はここまでです このページの先頭へ