ここから本文です

投稿コメント一覧 (129コメント)

  • >>No. 6546

    夢株さん
    お疲れ様です。3対1で「そう思う」が圧倒してますね。おそらくなともなガチホ組の皆さんの反応だと思います。大体今回の乱高下は上場話を餌に仕手筋が仕組んだ罠にイナゴさん達がはまってしまった悲劇で、高騰以前からのホルダーにして見れば、これまで夢株さんが度々アピールされてきた申請-上場-M&A-AI-海外拡大-業績アップなど、これから実際に形になって行くごとに株価も上がっていってやがて4桁だって実現できるだろうと、それも皆さんS高などなくてもいいから少しずつ上がっていってくれれば良いというものでしたよね。人間ですから、今回のような高騰が起きれば、そりゃ心も踊ってしまうのはやむを得ないことではありますが、損失出している訳でもありませんし、悪い夢を見たと思って、もう一度やり直しして参りましょう。今回の傷は深そうなので、一寸時間は掛かるかもしれませんが、基本ラインは何も変わっていませんので桜の咲くころまでにはきっとすっかり景色も変わってくることでしょう。

  • 目先組はどうぞ離れてください。
    毎日同じようなこと言って恐縮には思いますが、今朝の株探で、「前日に動いた銘柄 part2:アライドHD<6835> 154 +50値頃感の強さから短期資金の値幅取りの動き続く」と報道し、昨日までの「材料なし」の直接文言こそなくなりましたが、はやり毛が3本足りない記者の表現です。これでは「大した材料はないけど100円台という買いやすい価格で、はね方が良いから買われている」としか取れませんよね。だから、先導したレカムが下げた市場で連れ下げの動揺するのです。冗談じゃない。投資家を馬鹿にするもんじゃないよ。そんなことだけで連日出来高トップクラスで高騰が続く訳ないだろうが。本欄にでも良く目を通して正鵠をついたご意見に耳を貸してごらんよ。アライドテレシスの主戦場であるネットワーク市場に大きな転換期が来ていて、その新たな世代ではどこがスタープレイヤーになれるのかを真面目に分析してみる姿勢があるなら、こんな浅はかな表現は出来無い筈。「雌伏3年」という言葉があるけど、私個人は現在ネットワーク機器市場で世界的王者のシスコシステムズに負けず劣らずの企業にだってなれる可能性を秘めているとさえ思っています。2-3年ホールドしてごらんよ、3000円なんてもんじゃないですよ。恐らく5000円いや10000万円だって望めるかもしれないパワーを秘めていますよ。

  • ただいま、レカムとアライドテレシスで資産増幅中、いずれも長くボロ株扱いされてきた銘柄。信じて疑わずガチホで臨みようやく花開いてきました。そして、同様に今年のしんがりは3Dと決め、獲得資金を振り向けて全力買い増しで総仕上げというのが今日現在のシナリオ。お世話になった本欄マスターの方々と共に、やがて迎えるであろう黄金の日々を美酒で飾らせて頂きたく存じております。♫信じる心、必ず最後にガチが勝つ~♫

  • 大体ピッチ早すぎです!超短期の銭ゲバによる餓鬼道相場でガツガツしすぎ。材料なんか何もないとか、終わったとか品のないこと言ってる輩には早く退散してもらって本スレ汚して欲しくないです。
    午前中ホットすぎて、早めの昼食に”冷やし中華”を振舞ってくれたヘッジファンドさんの振る舞いは起こるべくして起こったこと。アライドにはこれから起こるファンダメンタルズの急改善を信じて疑わなかったガチホ諸氏には、とりあえず”勝つ丼”ランチでしょうか。少々の乱高下など予測の範囲です。デーンと構えて行きましょう。大体これまで100円以下というのがおかしいのです。やがてテンバガーを味わえる黄金の日がやってくることは疑いありませんので。

  • 本日も株探で、前日に動いた銘柄 part2:アライドHD<6835> 104 +30
    「目立った材料なく、低位株に循環物色資金が向かう」とありますね。何て勉強不足、手抜き記事なんでしょうね。従来のネットワークシステムから転換期にあるSND市場は2018年爆発すると言われていてアライドがここに合わせてここ2年どんな開発と準備(東大・京大など産学連携含め)をしてきたか。その技術はどんなにすごいか。ITに縁のない人には良く分からないんでしょうね。単なる低位株人気なんかではありませんよ。
    ちなみにレカムは技術というより、営業戦略に潜在性があって人気化してます。

  • 夢株さん、何時に変わらぬ、レカムの成長可能性と株価もまだまだこんなものでは終わらないとの期待を持たせて頂ける朗報を投稿し続けて下さる姿に勇気づけられ感謝致しております。nnnyuさんが参謀とすれば、あなたはホルダー全員を元気づけ引っ張ってくださる応援団長。これからも宜しくお願いします。
    短期サヤ取りの動きが激しい今日この頃、出来高も半端でない状態が続いており、強弱入り乱れての投稿となっていますが、下がって欲しい否定論派も空売りで利益を上げるHFを除けば、結局は少しでも安く買って高く売りたい方々の筈。基本、この投稿欄は大きく育って欲しいと願うホルダーがその実現に向かって志を同じくする者どうし単なる神頼みでなく根拠ある情報を寄せ合い、いつか黄金の日を迎えるその時まで励ましあってレカムを支援して行く場であって欲しいと願っております。

  • ニュージーランド子会社からの配当受領含め、価値ある情報のサマリーありがとうございます。
    本日の株探「前日に動いた銘柄 part2」で、”アライドHD<6835> 104 +30 目立った材料なく、低位株に循環物色資金が向かう”という報告があり、材料がないとは何と浅はかな記者なんだ、これでは新規の投資家に間違ったサインを送ることになると思っておりました。
    アライドテレシスは、例えば4月の診療報酬改正に伴う今後の医療の根幹となる遠隔診療やサイバー攻撃で問題となっているセキュリティ対策などにおけるSDNインターネットワークシステムで最先端の技術・製品を提供する企業であり、国策のWIDEプロジェクトで産学連携している東大教授からも「アライドテレシス殿から優れた機器・ソフトウェアそして人的ご貢献をいただくことになりました。引き続きのご貢献と、PIX-IEのさらなる発展に向けた新たな連携を期待しています」との感謝の言葉を頂いているような将来性豊かな企業なのです。昨秋以来の新製品スイッチなどは爆発的な引き合いがあり、業績の急騰もあるのではないかと思ってもおります。たまたま低位株人気が背景にあって、投資家の再認識が起きているものと思っています。とんでもない急成長企業になりますよ、ここは。

  • 年明けからMRF残高13兆円弱(個人が証券口座に預けた資金を運用するマネー・リザーブ・ファンドと呼ばれる投信の残高)と言われる個人の待機資金が動き出しており、新興市場のテーマ株や一部の低位材料株に物色の矛先が向いているとのことで、こういう資金がレカムにも廻ってきているものと思われますが、現在予測できている材料を手がかりに上げてきた感がありますが、個々の材料が現実化すれば、まだまだこんなものではないと確信しておりますが、手元資金不足の為、本日一部利確しアライドテレシス(6835)に参戦しました。本日価格で4倍強購入出来ます。昨秋以来OpenFlow対応のスイッチ製品がドイツや米国のGoogleほか研究機関から高い評価を受け、最新ネットワークにおける技術力の認知が広がりつつあり、業績も急回復が期待できそうですし、これに昨今の低位株人気が後押しする格好で本銘柄に注目が集まり始めたのか、株価に火が付いてきた感があります。半年前当時まだ100円以下であったレカムがテイクオフした頃を思い出します。レカムの卒業を何時ごろに設定するかはまだ難しいところですが、次に手がける銘柄選びにはいられている方にはオススメです。早ければ本決算発表の2月前後に跳ねる可能性もありますが、半年ー1年後が楽しみな
    銘柄です。

  • レカムホルダーですが、一部利確し今日参戦しました。昨秋以来OpenFlow対応のスイッチ製品がドイツや米国のGoogleほか研究機関から高い評価を受け、最新ネットワークにおける技術力の認知が広がりつつあり、業績も急回復が期待できそうですし、これに昨今の低位株人気が後押しする格好で本銘柄に注目が集まり始めたのか、株価に火が付いてきた感があります。半年前当時まだ100円以下であったレカムがテイクオフした頃を思い出します。私と同じように、レカム後の銘柄選びに入っている投資家は少なからずいるはずですし、投資スタイルも将来有望な底値買い狙いが結構いましたので、そこで儲けた資金が次にこちらに移って来る可能性も高いと見ています。早ければ2月の決算発表までに跳ねるかもしれませんが、本格高騰ということでは半年ー1年後を楽しみにしています。

  • HFの毎度同じ手口の芸のなさに皆さん気がついたということですよ。

  • HFの手口に踊らされて連れション売りする投資家への警鐘です。

  • 本日もHFのルーチンワーカー「2時から男」の売り作業開始です。やや遅めの登場ですが。どうせ5分前に買い戻しを入れて本日の利確納めするんでしょう。しかし、毎度手口が同じで芸がないねー。

  • この投稿、気になって翻訳ソフトにかけてみました。nnnyu さん、おかしいところ
    訂正して頂けますか?

    私はビジネスプロセスのアウトソーシング業界の背景を伝えるだけです。魅力についてはあなた自身で確認できます。 中国のサービスアウトソーシング市場は今後10年間で黄金期に入り、サービスアウトソーシングの年間平均成長率は54%。インドは、オフショアアウトソーシングの規模だけで世界第2位を獲得しました。
    長春は中国のサービスアウトソーシングモデル都市になる。長春のハイテク赉カードハーモニー長春
    Mengniu Jun氏が語るには、ビジネスプロセスアウトソーシングのアセンブリソフトウェアの自動化を提供しているということです。

  • 現地事情に精通しているnnnyuさんが、過日“中国では上場申請時は必ず特定指導機関の輔導という指導を受け、上場に向けた社内構造改革や手続きを進めなければなりません”とコメントされてました。今回の上場準備に向けた役員異動は、正にこの輔導に基づくレカム側の対応策と推測され、いよいよ申請実現に近づいたとの思惑が、昨日の高騰につながった訳ですが、所詮はまだそれだけの思惑材料、はしゃぎすぎではないかなと案じておりましたところ、休み明けで戻ってきた外資HFが早速これを餌に踊らせた1日となった感があります。特に「2時から男」は年が改まっても相変わらずで、2時の245円を合図にゴングの鐘が鳴り、断続的に200万株程売りを浴びせ、2時50分226円で撃ち方止めで、一転買い戻しに廻り3時に230円で33万株の買いで本日のリング終了。以前との違いは1円単位の一買い二遣りが10円単位となり、儲けの幅がぐっと広がったこと。マイ転の陰線とはならなかったことは幸いでしたが、この先もこのハゲタカ共と付き合って行かねばならないのでしょうね。我々ガチホ組はこのような目先の乱高下に惑わされることなく、申請―上場―上場資金でM&A―業績UPといった確かな足取りを追ってテンバーガーを実現させて行けば良いだけのこと。デーンと構えて行きましょう。

  • 昨日はクリスマス休暇に入る外資イタチに最後屁をかまされた展開だったと思ってます。最後の1時間の約300万株がそれを象徴。それまで147-148円の横横の流れが、突如2時の鐘を合図に2時半まで売りまくり、2時半の140円を底に一転買い戻しに廻り143円で締めくくって一儲け、今年もおつかれさんでしたで帰宅。狼狽して投げたホルダーにはお気の毒。でも来週は彼らは休みに入っていませんし、蓋らしきものも見えませんので29日の大納会までは平静に(?)再上昇してくれるのではないでしょうか。

  • 今朝500万株あった売り板総数が、引けでは200万株まで減少してました。今日までに買い残整理が進み、ホルダーが入れ替わっていてくれれば、本格スタート開始。明日は年初来高値も期待できそうですし、近々上場申請IRが後を追って出るようなことになれば、大納会まではレカム祭りが続くこともありえますよね。目先だけでも一体どこまで上がることかと期待で鳥肌が立ちます。久々に声高らかに歌えます。"♫信じる心、必ず最後にガチが勝つ~♫”

  • >>No. 921

    これまでの中古物件仕入再生販売は地方中心でしたが、ニトリが目指すリフォームビジネスは店舗所在地を見ればわかりますが、首都圏はじめ住宅数でトップ10に入る都道府県が中心となり、全国6000万戸のうちここに5000万戸が集中しているのです。カチタスは業界トップと言ってもせいぜい年間4000戸の中古販売でしたが、このニトリとの新たなリフォームのジョイントビジネスはたちまち売上倍増が期待できる新境地となる筈です。

  • ニトリがカチタスと組んで本格的にリフォームビジネスに乗り出す背景の1つに、現在7兆円程度で横ばいのリフォーム市場を、国が昨年「住生活基本計画」の見直しによって、2025年には12兆円とほぼ倍増させたい政策があると思っています。約6000万戸ある住宅ストックのうち、耐震性、省エネ性、バリアフリー性のいずれかが不十分な住宅が3000万~4000万戸あるとされ、中古住宅の価値が低下せずに、次世代へと継承される仕組みを目指したリフォームの促進を進めるため、消費者が安心して改修ができるような相談体制や「事業者団体登録制度」、インスペクション、住宅瑕疵保険、履歴管理、住宅金融など、リフォームを後押しする税制や金利ほか優遇制度対策がこれからどんどん出てくることも計算に入れてのことと思われます。これに新たに民泊需要に基づく法整備も加わります。
    ニトリの約500店舗が、仮に1ヶ月に1件抑え目に500万円のリフォームが獲得できたとすると年間では300億となり、カチタスは売上倍増となります。現在と同程度の利益率が確保出来たとすると、2018年度末の一株利益は260円にはね上がる見込みとなり、PER20倍でみて5200円が期待されることになります。前回投稿で、今期一株利益130円、PER20倍で2600円とし、ニトリとの取り組みが評価されれば30倍の3900円も期待出来るとしていましたが、本分析により訂正させて頂きます。
    これからいよいよ騰勢を強めて行くことと思われますが、時には、本日のような「おしめり」の一休みも必要かと思われます。

  • 以前にも述べたことがありますが、ここの経営者に欠如している課題の1つに、マーケティング戦略に根ざしたIR努力があります。一般投資家や市場への訴求力を大事に思う心があるなら、そういうインパクトあるメッセージはHPへの記載やメディアへの投げ込みなど、もっと積極的に発信すべきで、株探でも取り上げられるくらいになるべきなのです。なのにどうして一言もふれないのでしょう。yynさんからの今回の投稿がなければ知る由もありません。おそらく一部業界関係者が知っていた程度でしょうから株価への影響も限定的となり、本欄でも「何で上がったの」という疑問程度で終わってしまうのです。この点につきましても、3D当局に抗議の意思を表明します。

  • 其のとおりです。夏の終わり頃セミさんも年内にはと示唆されてましたので、新年に向け、局面打開の希望の星第一号で、歯槽骨製造承認と契約金550百万円のニュースが流れるのを首を長くして待っておりましたが、年越しになりそうな状況にあっても何ら進捗へのコメントもなく、「いまだ経過観察中」だとよくもぬけぬけと言えたものだとあきれております。進まないのは金が切れたからと思っていましたが、新しい資金提供者も現れてますので、米国の関係者にロビー活動でも何でも促進に向けた血のにじむ努力を見せてみろと言いたい思いです。IRも最低、何にも見えて来ません。Q2売上はへこむし、年度内韓国の5000万程度ちらつかせても市場は反応しませんよ。「経営者よ、お前たち何チンタラチンタラやってんだ、その罪重いぞ、お白洲で百叩きされたいか」こんな大人気ないことも言いたくなります。

本文はここまでです このページの先頭へ