ここから本文です

投稿コメント一覧 (159コメント)

  • IBLのヒトフィブリノゲン....

    ヒトフィブリノゲンは止血用として医薬品等へ利用されておりますが、現在の製品原料は
    ヒトの血液であるため、病原体の感染リスクを完全に排除することができておりません。そ
    こで、遺伝子組換えカイコによるヒトフィブリノゲンの生産を実現させ、感染リス
    クの無い安全なヒトフィブリノゲン......!!!!!

    ......¥10,000....¥100,000 .....?????????

  • 感染リスクの無い安全なヒトフィブリノゲン......!!!!!

    現在の製品原料は
    ヒトの血液であるため、病原体の感染リスクを完全に排除することができておりません。

    世界初の医薬品生産の実現を目指。。。。

  • 前橋研究所!!!!!
    ヒトフィブリノゲンをはじめとする組換えタンパク質シーズの開発を進め、遺伝
    子組換えカイコによる世界初の医薬品生産の実現を目指..........???????

  • IBLのヒトフィブリノゲン....

    ヒトフィブリノゲンは止血用として医薬品等へ利用されておりますが、現在の製品原料は
    ヒトの血液であるため、病原体の感染リスクを完全に排除することができておりません。そ
    こで、遺伝子組換えカイコによるヒトフィブリノゲンの生産を実現させ、感染リス
    クの無い安全なヒトフィブリノゲン......!!!!!

    国内の特許権および米国における特許権の成立.........!!!!!!!!!

  • ibl+lsii..muse-心筋梗塞を対象とした治験...共同研究を実施
    ibl...急性心筋梗塞の早期診断マーカ-日本国内特許が成立......!!!!!!

  • iblは、国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖
    鎖生物学研究グループ疾患糖鎖研究チームの北爪しのぶ副チームリーダーらお
    よび福島県立医科大学循環器内科(竹石恭知教授ら)との共同開発により、血
    管内皮細胞に発現するアミロイド前駆体タンパク質 770(以下「APP770」とい
    う)が急性心筋梗塞の早期診断マーカーになりえることを発見し、特許出願を
    行っておりましたが、この度、日本国内特許が成立いたしました....平成 29 年 3 月 23 日

  • ibl-muse!!!!
    株式会社生命科学インスティテュート(LSII)とMuse細胞を用いた再生
    医療事業に関して共同研究を実施........!!!!!!!

  • muse !!!!!

    腫瘍を形成する可能性が低いこと、一つのMuse細胞製剤で多くの疾患に適用可能なことなどのメリットがあります。

    生命科学インスティテュートでは、Muse 細胞製剤を用いた臨床試験を来年度から開始し、心筋梗塞を対象とした治験実施により有効性と安全性を確認したのち、さまざまな疾患を対象とした開発へ展開していく予定です...lsii hp...!!!!

  • 1.muse.....
    2.ips.......
    3.es.......
    ???????????????? muse......coming soon.......?????

  • 急性心筋梗塞のマーカー診断薬 + MUSE CELL치료제......!!!!!!!!!!

    A.....IBL+LSII(CLIO)...............IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており(2016.5)

    B.muse cell 候補となる抗体が取得でき、評価を進行中......(2016.11.17)

    C.....LSII(CLIO)........ Muse細胞製剤の開発.......??????? 2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象の臨床試験で人における安全性や有効性を確認した後に他の疾患にも臨床試験を広げる計画で、現在、対象疾患の選定を進めています(2017.3.14).......

    D......IBL ,国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖 鎖生物学研究グループ疾患糖鎖 .......研究チームおよび福島県立医科大学循環器内科との共同開発により 急性心筋梗塞の新規バイオマーカーに係る特許成立(2017.3.23)

    ......Muse細胞は多能性幹細胞であり、損傷部位に集積・生着し、組織特異的な細胞に分化する
    ことで、損傷を受けた組織の構造や機能を修復します...........

    ......一般の動物細胞での生産では糖鎖の基部にフコースが付加されます
    が、カイコの繭から回収した抗体の糖鎖にはフコースが付加されず、そのため、抗体の ADCC
    活性が飛躍的に上昇することを示してきました。

    ADCC 活性は、抗体が抗腫瘍作用やウイル
    ス感染細胞除去作用を発揮するために大変重要なメカニズムであり、高い ADCC 活性を有す
    る抗体を生産する技術は、癌や感染症の治療に用いられる抗体医薬品の有効性を高める手段
    として注目されています。

    IBL特許出願の米国 特許出願の米国における特許登録-ADCC 活性が増強された抗体....!!!!!!!!!!

  • 急性心筋梗塞のマーカー診断薬 + MUSE CELL치료제......!!!!!!!!!!

    A.....IBL+LSII(CLIO)...............IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており(2016.5)

    B.....LSII(CLIO)........ Muse細胞製剤の開発.......??????? 2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象の臨床試験で人における安全性や有効性を確認した後に他の疾患にも臨床試験を広げる計画で、現在、対象疾患の選定を進めています(2017.3.14).......

    C.....IBL ,国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖 鎖生物学研究グループ疾患糖鎖 .......研究チームおよび福島県立医科大学循環器内科との共同開発により 急性心筋梗塞の新規バイオマーカーに係る特許成立(2017.3.23)

  • 急性心筋梗塞のマーカー診断薬 + MUSE CELL치료제......!!!!!!!!!!

    A.....IBL+LSII(CLIO)...............IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており(2016.5)

    B.....LSII(CLIO)2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象とした MUSE CELL 臨床試験を開始する計画
    (2017.3.14)

    D.....IBL ,国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖 鎖生物学研究グループ疾患糖鎖研究チームおよび福島県立医科大学循環器内科との共同開発により 急性心筋梗塞の新規バイオマーカーに係る特許成立(2017.3.23)

  • MUSE CELL....???????

    Muse細胞は腫瘍性の無い多能性幹細胞で幅広い組織修復能を持っており、様々な疾患への応用が期待されて....

    IBLの抗体作製技術を活用し、
    Muse
    細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しております......!!!!!

  • LSII (CLIO).....2017.3.14

    Muse細胞製剤の開発.......???????

    2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象の臨床試験で人における安全性や有効性を確認した後に他の疾患にも臨床試験を広げる計画で、現在、対象疾患の選定を進めています.......

  • MUSE CELL ?

    Muse細胞は成人から得られる腫瘍性の無い多能性幹細胞で幅広い組織修復能を持っており、様々な疾患への応用が期待されております.........

    腫瘍を作らないという安全面だけでなく、分化誘導もせずにそのまま生体内に投与するだけで組織修復細胞として働く簡便性にある..........

    ES細胞やiPS細胞を再生医療に用いる場合には、目的とする細胞に分化誘導し、さらに腫瘍化の危険を持つ未分化な細胞を除去するという2つの要件が前提となります.....

    しかしMuse細胞の場合、採取してきて体内に投与すれば障害部位を認識し、そこに生着して組織に応じた細胞に自発的に分化します.......

    IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており..........!!!!!!!!!!!!!!

  • IBL....GMP対応のパイロットプラントである「前橋研究所」が 完成!!!!!!

    世界で初めて........遺伝子組換えカイコが産出する繭から、
    医薬品原料に使用可能なレベルの高品質な有用タンパク質を安定的に生産する........??????

  • IBLの特許!!!!!

    IBLがカイコで生産した抗体に、公益財団法人野口研究所が開発した糖鎖リモ
    デリング技術を適用することで、

    糖鎖が均一化された抗体を生産することに成功しています。

    一般に、糖タンパク質に付加されている糖鎖の構造は不均一であり、品質管理等の観点か
    ら、糖鎖の構造を均一化する技術の開発が望まれております。

    本共同研究により、糖鎖を均
    一化した抗体等を生産する基盤技術を確立することができました。

    また、IBLは、カイコで生産する抗体の糖鎖にはコアフコースが含まれないことを発見し
    ておりますが、このコアフコースがない抗体に糖鎖リモデリング技術を施すことにより、高
    い ADCC 活性を発揮する機能的な糖鎖に均一化した抗体の生産が可能であることも示すこと
    ができました。

    IBLの米国特許商標庁での特許登録は、

    本技術の独自性および産業上の有用性が評価され
    た結果であり、

    今後、IBLが遺伝子組換えカイコによるタンパク質生産事業を発展させるた
    めに重要な知的財産権になると考えております.......以上.....REMINDING!!!!!!!!!

  • IBL特許...抗体が抗腫瘍作用やウイルス感染細胞除去作用

    遺伝子組換えカイコ(トランスジェニックカイコ)を用いて
    各種有用タンパク質の生産を試みてきましたが、カイコの繭に生産させたタンパク質には、

    特徴的な構造を有した糖鎖が付加される場合があることを明らかにしてきました。特に、抗
    体(IgG)においては、

    一般の動物細胞での生産では糖鎖の基部にフコースが付加されます
    が、カイコの繭から回収した抗体の糖鎖にはフコースが付加されず、そのため、抗体の ADCC
    活性が飛躍的に上昇することを示してきました。

    ADCC 活性は、抗体が抗腫瘍作用やウイル
    ス感染細胞除去作用を発揮するために大変重要なメカニズムであり、高い ADCC 活性を有す
    る抗体を生産する技術は、癌や感染症の治療に用いられる抗体医薬品の有効性を高める手段
    として注目されています。

    IBL特許権は、ADCC 活性が増強された抗体をカイコにて生産する方法を含む「カイコを用
    いた糖鎖構造に特徴を有する蛋白質の製造方法」に関するものであり、IBLが遺伝子組換え
    カイコによる抗体医薬品の開発・製造を実現させるために..............

    極めて重要な知的財産権になる
    と考えております...... REMINDING !!!!!!!!

  • IBL + LSII---MUSE CELL...!!!!!!

    Muse細胞は多能性幹細胞であり、損傷部位に集積・生着し、組織特異的な細胞に分化する
    ことで、損傷を受けた組織の構造や機能を修復します。IBLの抗体作製技術を活用し、Muse
    細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しております。

  • 1.step.....muse cell 候補となる抗体が取得でき、評価を進行中......

    2.step.....抗体が取得でき、採用決定.......

    3.step.....株価の評価....????????.....1,0000?...10,000?...100,000?...1,000,000?.........

本文はここまでです このページの先頭へ