ここから本文です

投稿コメント一覧 (166コメント)

  • 探索的臨床試験.......??????

    臨床試験 第2番目の段階で、第Ⅰ相試験で安全性が確認された用量の範囲内で、同意を得た比較的少数の患者を対象とし、主に治験薬の安全性および有効性・用法・用量を調べるための試験。第Ⅲ相試験を実施する際の、安全性、用法(投与の仕方:投与回数、投与期間、投与間隔など)、用量(最も効果的な投与量)を設定する目的の場合が多い。その為、最初は少数例の患者に対して、低用量の投与から始め、徐々に患者数を増やし、投与期間を長くし、投与量を増やすことが多い。第Ⅱ相試験は「探索的臨床試験」とも呼ばれている.......

  • MUSE CELL....???????
    急性心筋梗塞を対象疾患とした Muse 細胞製品の LSII 探索的臨床試験開始...
    Muse細胞は腫瘍性の無い多能性幹細胞で幅広い組織修復能を持っており、様々な疾患への応用が期待されて....
    急性心筋梗塞を含む心疾患は日本人の死因の第二位であり、急性心筋梗塞はその約 20%を占める
    といわれています。

    IBLの抗体作製技術を活用し、
    Muse
    細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しております......!!!!!

  • MUSE CELL ?

    Muse細胞は成人から得られる腫瘍性の無い多能性幹細胞で幅広い組織修復能を持っており、様々な疾患への応用が期待されております.........

    腫瘍を作らないという安全面だけでなく、分化誘導もせずにそのまま生体内に投与するだけで組織修復細胞として働く簡便性にある..........

    ES細胞やiPS細胞を再生医療に用いる場合には、目的とする細胞に分化誘導し、さらに腫瘍化の危険を持つ未分化な細胞を除去するという2つの要件が前提となります.....

    しかしMuse細胞の場合、採取してきて体内に投与すれば障害部位を認識し、そこに生着して組織に応じた細胞に自発的に分化します.......

    IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており..........!!!!!!!!!!!!!!

    急性心筋梗塞の患者さんを対象の臨床試験で人における安全性や有効性を確認した後に他の疾患にも臨床試験を広げる計画で、対象疾患の選定を進めています.......

  • 急性心筋梗塞のマーカー診断薬 + MUSE CELL치료제......!!!!!!!!!!

    A.....IBL+LSII(CLIO)...............IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており(2016.5)

    B.....LSII(CLIO)2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象とした MUSE CELL 臨床試験を開始する計画
    (2017.3.14)

    D.....IBL ,国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖 鎖生物学研究グループ疾患糖鎖研究チームおよび福島県立医科大学循環器内科との共同開発により 急性心筋梗塞の新規バイオマーカーに係る特許成立(2017.3.23)

    E....LSII急性心筋梗塞の患者さんを対象とした MUSE CELL 臨床試験を開始 -2018.1.15

  • IBC,CONSENSUS BASE,IBEED....!!!!!

    IoT機器1台1台に専用チップ埋め込まなくていいのがどれくらいの材料かわからないのか
    しかも認証局が不要で電子証明システム、IoTセキュリティーにブロックチェーンを使用することが画期的だし特許申請済み
    IoTは個人情報絡むからセキュリティが課題だけどソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現できるのが超絶材料だから.........

    2020年には約 365 兆円、デバイス数で300億個になるといわれる IoT 市場 ...IoTセキュリティ独占する可能性...

  • IBC !!!!

    ほんとに独占技術なら....

    RIPPLE.....$29.90B
    LITECOIN......$16.40B
    IOTA.........$10.63B
    CARDANO..$7.26B
    IBC............$ ????????????

  • IBC IOT...SUPERPOWER TEAM !

    IBC + IBEED + CONSENSUS BASE +パクテラ・コンサルティング・ジャパン.....!!!!

    2020年には約 365 兆円、デバイス数で300億個になるといわれる IoT 市場 ...IoTセキュリティ独占する可能性....???

  • IBC..CONSENSUS BASE...IBEED....????????

    国内で最も古くからブロックチェーン技術の専門企業として事業展開するコンセンサス・ベイス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 志茂 博)は、ブロックチェーンのトークンを利用しICOを実施するために必要なコントラクト(ブロックチェーンで動作するプログラム)などを集約した『ICOパッケージ』を開発、11月より提供予定です。

    暗号通貨の有力情報サイトとして知られるCoinDeskの調べによると、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達総額は2017年1~3月期の3.3億ドルから4~6月期には8.0億ドルへと拡大し、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルによる投資額を上回りました........................2018 IBC....??????

  • IBC ソフトウェアだけで IoT セキュリティを実現する画期的なサービス... kusabiの実証実験!!!

    1.専用チップが不要 : kusabi(楔)™のデバイスプロビジョニングシステムで...............実現!!!!!

    2.認証局が不要 : kusabi(楔)™の電子証明システムで .......................................... 実現!!!!!

    3.マルウェア対策が不要 : kusabi(楔)™のホワイトリスト方式にて...........................(((実現予定)))!!!!!

  • IBC-IoTセキュリティを実現できるのが超絶材料!!!!!!

    IoT機器1台1台に専用チップ埋め込まなくていいのがどれくらいの材料かわからないのか
    しかも認証局が不要で電子証明システム、IoTセキュリティーにブロックチェーンを使用することが画期的だし特許申請済み.........

    1.専用チップが不要:kusabiのデバイスプロビジョニングシステムで実現
    2.認証局が不要:kusabiの電子証明システムで実現
    3.マルウェア対策が不要:kusabiのホワイトリスト方式にて実現(

    BLOCKCHAIN SECURITY SESTEM....2020年には約 365 兆円、デバイス数で300億個になるといわれる IoT 市場...!!!!!!!!

  • 専門会社コンセンサス・ベイスとIBC子会社iBeed(非連結)が業務・資本提携....!!!!!!

  • IBC-BLOCKCHAIN SECURITY SYSTEM!!!!!!

    1.kusabi(楔)モデルでは、日本 IBM のコンサルティング・サービスである IBM Cloud Garage for
    Blockchain を通じて、先進のソフトウェア技術を活用し、IoT デバイス向けセキュリティの課題を
    解決することで.....

    2.2020 年には約 365 兆円、デバイス数で 300 億個になるといわれる IoT 市場の急激な
    拡大により、IoT デバイスに対するセキュリティ対策は喫緊の課題であるといえます.......

  • 量子コンピュータの関係性!!!!!!!

    HARDWARE.......エヌエフ回路(6864),ykt(2693),構造計画(4748)

    SOFTWARE.......構造計画(4748),日本ラッド(4736)
    ...............??????????

  • BIG BANG !!!!

    さまざまな分野でブレークスルーを起こす!!!!!!!!!!

    今回、日本から公開されるニューラルネットワーク型2000ビット、400万結合マシンは、これまでの限界を30倍以上拡大した、2000ビットまでの「組み合わせ最適化問題」を解くことができる。同マシンを用いることで、創薬におけるリード最適化、無線通信における実時間リソース最適化、圧縮センシングにおけるスパース推定、機械学習におけるボルツマンサンプリング、そのほか、スケジューリング、ハードウェア検証、ソフトウェア検証など、さまざまな分野でブレークスルーを起こすことが期待される.........????????

  • HARDWARE OR SOFTWARE.......??????????

  • 量子コンピュータ...アプリケーション開発のプラットフォームを実現 ...??????

    .....今回のQNNクラウドシステムの公開は、将来QNN計算装置を使ったアプリケーション開発のプラットフォームを実現するための最初の一歩ですが、同時に重要な一歩であり、このシステムを通してアプリケーション開発の更なる加速を図ります..............!!!!!!!!

  • 量子コンピュータ...アプリケーション開発のプラットフォームを実現 ....

    NTTは2017年11月20日、光ファイバーなどを用いた非ノイマン型計算システム「Quantum Neural Network(QNN)」を24時間稼働させることに成功し、同月27日からオンラインで、誰にでも無償で利用可能にすると発表した。内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の下、国立情報学研究所(NII)や理化学研究所と共同開発した。

     QNNは、いわゆるイジング(Ising)マシンの一種である。イジングマシンは、互いに磁界を及ぼす多数のスピンから成り、外部磁界などとの関係から、各スピンの向きがどのようになるかを調べる物理実験モデルである。このイジングマシンは理論上は、古典的コンピューターが扱うほとんどの問題を解くことができる。特に、ある制約条件の基に、最適な組み合わせを調べる「組み合わせ最適化問題」に対して非常に有用できることが知られている。

    .....今回のQNNクラウドシステムの公開は、将来QNN計算装置を使ったアプリケーション開発のプラットフォームを実現するための最初の一歩ですが、同時に重要な一歩であり、このシステムを通してアプリケーション開発の更なる加速を図ります..............!!!!!!!!

  • 急性心筋梗塞のマーカー診断薬 + MUSE CELL치료제......!!!!!!!!!!

    A.....IBL+LSII(CLIO)...............IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており(2016.5)

    B.....LSII(CLIO)........ Muse細胞製剤の開発.......??????? 2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象の臨床試験で人における安全性や有効性を確認した後に他の疾患にも臨床試験を広げる計画で、現在、対象疾患の選定を進めています(2017.3.14).......

    C.....IBL ,国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖 鎖生物学研究グループ疾患糖鎖 .......研究チームおよび福島県立医科大学循環器内科との共同開発により 急性心筋梗塞の新規バイオマーカーに係る特許成立(2017.3.23)

  • 急性心筋梗塞のマーカー診断薬 + MUSE CELL치료제......!!!!!!!!!!

    A.....IBL+LSII(CLIO)...............IBLの抗体作製技術を活用し、Muse 細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しており(2016.5)

    B.....LSII(CLIO)2017年度中に急性心筋梗塞の患者さんを対象とした MUSE CELL 臨床試験を開始する計画
    (2017.3.14)

    D.....IBL ,国立研究開発法人理化学研究所グローバル研究クラスタシステム糖 鎖生物学研究グループ疾患糖鎖研究チームおよび福島県立医科大学循環器内科との共同開発により 急性心筋梗塞の新規バイオマーカーに係る特許成立(2017.3.23)

  • MUSE CELL....???????

    Muse細胞は腫瘍性の無い多能性幹細胞で幅広い組織修復能を持っており、様々な疾患への応用が期待されて....

    IBLの抗体作製技術を活用し、
    Muse
    細胞の分離・精製等に関わる抗体の作製は、順調に進行しております......!!!!!

本文はここまでです このページの先頭へ