ここから本文です

投稿コメント一覧 (453コメント)

  • 日本の政治情勢、社会情勢、人心荒廃、もう日本国はどうしようもないほど全体が腐ってきている。

    ただ国民自体がその症状の深刻さに気が付いていないだけだ。
    メディアの殺人事件とか、芸能人がどうのこうの、とかに日本国全体の病状の進行状態に無頓着である。

    もし日本国民がこのように状態で、何も思わない思考停止で突き進んで行ったら、あと7、8年で日本国は危なくなること必定である。

    とにかく日本国民は暢気すぎる。先の戦争でも、まぁ、あの時は
    大本営発表と言うイカサマ報道で国民はまさか日本国が廃墟になるなんて、想像もしていなかったのだ。東京に空襲が来るなんて夢にも思わなかったのだ。

    最近の日本国のスポーツ団体にしろ、その周辺の人間の腐敗は目に余る、官僚の愛国心のなさ、政治家の愛国心の欠如、

    国民も大半の人達は日本国は万全だと言う認識だろうと思う。
    一番危ないのこんな認識の時が最大の危機なのだ。

    国民の大半の人達が、「これからの日本を何とかしなければ」、と危機感が高まっている時はそんなに心配する事は無い。

    なぜなら、国民自身が対策を考え、政治家も危機感を持ち、
    日本国が防衛意識を持つからだ。こんな時には危機は来ない。

    人間の病気も、安全意識があるときは大丈夫だ。
    一番怖いのは、無防備の時だ。何にも考えていない時だ。

    災害でも同じことが言える。今こそ日本国民が政治に対して、
    口を出す時である。行動を示す時である。我が国を事を真剣に考えているならば。。。。。。。。 

    日本国に対して大半の人達が、他人事感覚だったら日本国最大の危機が迫って来ることは必定だと俺は思う。

    今の安倍さんでいいのか ? 今の自民党政治でいいのか ?

    今の野党がこのような状態でいいのか ?

    国民が真剣に思考する時が今なのだ。毎日の生活も大切だが、
    その前に日本国の将来がもっと大事な事なのだ。

  • 昨日 テレビでノモンハン戦争を放映していた。

    見て感じたのは、日本人は全体的に考え方が甘いのが特徴である

    それと、責任を取らないのは今でも変わらない。

    もっとたちが悪いのは、上層部に対して勇気が無いと言うか、

    敢然と立ち向かう気迫が全然ない。つまり意気地なしという事だ

    これが日本国が壊滅に追い込まれた大きな原因であると俺は思った。

    今の日本の現状も当時と背景も時代も違うが構造は一つも変わっていないような気がしてならない。

    国民は相変わらず、民主主義の理解もしない、政治家まかせ、
    選挙はいい加減、他人事感覚、国家の事なんか、政治家が何とかするだろう、自分達は享楽、遊び、自分の事だけ、に生きている

    こんな国家だったら、いずれ衰退し、斜陽国家となって、外国の都合で利用され、切羽詰ったら暴れてお終い。。。。。。

    賢人もたくさんいるが、全体に占める割合はあまりにも少ない。

    一番大変なのは、今の30代、40代、50台の人達だ。
    これからこの人達の将来は、どうなるのだろうと思う。

    今さえ良ければいいと言うのはあまりにも愚者である。
    賢人は将来を展望する、未来を見ている。確り考える。

    賢人が増えてくることを祈るばかりである。

    安倍さんが次の総裁選に出るのか、今の自民党は戦前の大政翼賛会と同じに見えてくる。

  • 最近の日本国の人心荒廃は目に余る。度を過ぎている。

    日本ボクシング協会の会長の横暴、そしてその取り巻き連中、

    アメフトの監督とコーチのスポーツ軽視、暴力三昧。

    経済ではメーカーのイカサマ検査、などなどこれらは日本国民の氷山の一角である。

    まだまだ隠された物がどれだけあるか解らないぐらいに日本国の腐れ切った者が渦巻いているのが現状だと思う。

    これから想像すると、日本国の将来は惨憺たるものになるのは間違いない。まだ国民自身が気が付いていないだけだ。

    大半の国民はこれらの事は一部の者だけの問題で自分とは関係ないと他人事感覚なのだ。

    政治にしてもそうだ、安倍さんが森友、加計問題の放置、官僚の不祥事、政治家の馬鹿発言、日本人はいつからこんなテイタラクな人間が増えてきたのだろうか、これでは日本国に将来は無い。

    皆さんの中には賢者の人もたくさんいるだろう。

    「これでは日本国の将来が危ない、何とか日本国民を叱咤激励して、健全な国民が育つように、民主主義を健全なものにしなければ、」、

    と立ち上がる人が出ないとほんとに危機が訪れるのは間違いないと俺は思う。

    何かの本で日本人は勇気のない国民だと書いてあったことがあったのを思い出す。そしてその勇気のなさで惨事が起きて、莫大な損害を、又は犠牲を出してから後悔している。

    余りにも情けないと俺は思う。

  • 今回の米朝首脳会談は表向きは非常に成功したように見える。

    たしかにこれからはどういう風に展開するのかは解らない。

    しかし、何事でもそうであるが、山登りでも いっぺんに頂上に行く事は出来ないようなもので、交渉でも最初の第一歩は出会いからである。

    そしてその人柄とか、人望とかを観察するのが始まりである。

    確かに言えることは、トランプさんの言っていたが、喧嘩をするのは馬鹿でも出来る、その何倍の勇気と、根気が平和を作ることが出来る賢人なのだと。。。。

    とにかく去年までは、北朝鮮も窮鼠猫を噛むような状態で、何時韓国、日本、も壊滅状態の火の海にならないとも言えない状態だったのだ。それを思うとゾッとする。

    なんといっても平和より有難いものはない。毎日を安全に過ごせるほど大切なものはない。

    安倍さんは、「 圧力 」、「 圧力 」、一辺倒でそれしか能がないのかと思うほどオームじゃあるまいし二言目にはそれしか言わなかった。

    これからは、北朝鮮指導部が内政にどれだけ力を発揮して、国内に、国民に富を与えていくかが問われる。これからは北朝鮮の政治力が試されるのである。

    国内に産業を誘致し、国内の豊富にある資源を開発し、ミサイルとか核ではなく、産業で、経済で、発展するべきである。

    そうすれば、日本の企業も、北朝鮮に進出して利益を上げられる
    北朝鮮の雇用も生まれる。そうすれば軍事費に金をかけている暇は無くなる。

    結果的に、朝鮮半島の平和とアジアの安定が確保されるのである
    とにかく、確実に言えることは、戦争では一部の軍需産業者だけが利益を得るが、どちらでも被害を受けて得するものは無い。

    平和では、経済が活発になり、人々は働き、人の往来があり、
    良いことだらけである。

  • 2018/06/02 20:54

    >>No. 453985

    >>>>>>> この責任の大半は安倍がトップに成ってから出来事です。これからの庶民の若者が可哀想すぎます、では。<<<


    みなさん、今の日本の現状は表向きはモリカケ問題、などそれほど大きな問題ではないように見えますが、実はこれらの現象は、

    崖崩れの初期の現象なのです、初めは小さい亀裂から小さい石ころがポロポロと落ちてくるだけですが、しかし内部の地殻は

    少しずつエネルギーが溜まり、目を見張るような怒涛のような大きながけ崩れになるように、今の日本国民はあまりにも暢気すぎます。

    確かに庶民は何事もない今の生活に、毎日を送っていますが、
    先を予測する能力の持ち主は、今のままでは日本の国体を脅かす
    大変な事態になる事を危惧しているのは間違いないでしょう。

    政治の良し悪しは、すべていつの時代でも、国民の能力にかかっています。国民の政治レベルにかかっているのです。

    悲惨な災難は、不幸な事態は、国民の自覚能力で避けられます。
    国民の中でこの日本の国をどれだけ思いやる人が多いか少ないかにかかっているのです。

    政治を他人事のように、考える人が多ければ多いほど、この国の瓦解は思ったほど早く来るのです。

    そして不幸が来てから人々は騒ぎ出すのです。それでは遅いのです。災難が来る前に未然に準備するのが賢人なのです。

  • 最近の日本の状況を見ていると、安倍政治の鏡に映った世相がよく表れている。

    アメフトで見られるように、何が何でもあれは酷い。確かにこれは安倍さんの責任ではないが、世相と言うものは政治と相対的に表れるのが真理である。

    「 つまり風が吹けば桶屋が儲かる 」、の例え話のように、一見 政治と世相はあまり関係ないように見えるが、実はいろいろと回り回って世相に反映するのである。

    逆に賢人政治が行われると、世の中が回り回って明るい話題、人々が生き生きとして活発な生活が生まれるのである。

    つまり政治とはそれほど重要なものなのである。一見我々の生活とは直接関係ないように見えるが、実は諸に響いてくるのである

    それゆえにこの民主主義と言うものに重要性が出てくるのだ。
    この民主主義の利点、は数えきれないほどある。

    しかし我々はその民主主義の利点を学校では習っていない。
    数学や国語と社会、理科、などは確かに習ったが、一番我々にとって重要な民主主義はほとんど習わない。

    この事は国家にとって一番不幸な事なのだ。なぜなら国民は主権と言うものを認識できないからだ。自分達がこの国家を形成している基だという事を自覚できないのだ。

    とどのつまりはこの事は一部の権力者たちだけの都合で政治が行われる危険性があるのだ。その典型がモリカケ問題であり、

    大企業優先、官僚公務員優先、政治家優先、労働貴族優先、
    医師会優先、など権力者優先の政治が行われたら、一般庶民はまぁ しいて言えば、生かさず殺さず扱いされるのだ。

    この俺の書き込みを読んでいる皆さん、我々主権を自覚して、
    政治に対して、もっともっと口を出しましょう、行動しましょう

    政治は他人事ではなく、自分事として、真剣に見ていきましょう

    安倍政治が悪い、政治家が悪いと言っていてはこの国は良くなりません。その政治家を選んだのは、間違いなく我々国民なのです

    つまり政治がよくなるのも悪くなるのも我々国民が選んだのです
    その事を心に刻んで、これからの政治を見ていきましょう。

  • 最近の政治状況を見ていると、日本人の精神の荒廃があまりにも酷い。

    官僚公務員の一般国民をまるで自分達の下僕扱いだ。

    意識が、もう特権階級のつもりなのだろう。下々の者たちよ。。

    と言う扱いだ。自衛隊の文書隠しも、国民の代表である政治家には報告するべきなのに、そもそもバカにしているから相手にもしていない。

    国民にもこの事は大きい責任がある。最近の国民は、政治に対して鈍感になってきている。どちらかと言えば他人事感覚なのだ。

    これが民主主義には一番の敵なのだ。これがあると、権力側はしてやったり、何をしても非難が来ない。これほど都合の良い事は無い。

    日本の民主主義が危機に入っている証拠である。
    こうなると、最近の安倍政権のように、側近、安倍周辺、が安倍さんを利用して、我が物顔に利権を得ようとする。それがモリカケ問題に象徴されている。

    韓国みたいに、群衆が大統領でもデモをして牢屋に入れるような国だったら、まだ救いがある。しかし日本では田中角栄以来、
    ほとんど見られない。

    安倍政権になってから、いろいろな悪法が成立して、少しずつ国民は権力側に縛りをかけられてきている。

    この事は将来、日本国民はその縛りから逃れられなくなってくるだろう。しかしその時は、時遅しで、法律ができた以上はその法律に縛られて、二進も三進もいかなくなるだろう。

    今こそ日本国民の政治に対する姿勢の重要性が問われている時はない。不安だけ思っていても何にもならない。

    政治に対して、声を上げて行こう。ブーイングをするのだ。
    理不尽な事に対して、行動する時が来たのだ。

    そうしないと、戦前の日本に舞い戻りだ。たくさんの犠牲者を出したあの戦争を繰り返してはいけないのだ。

    310万人の犠牲者を無駄死にと言わせないために。。。。。。

  • 今の日本の現状を見ると、将来の日本の危機を感じる。

    まず国を守るべき自衛隊幹部が、一国の総理大臣に対して文書を隠す、もしくは報告しない、これなどを見ると もうこの国はバラバラ、統率なんてものは無いという事が解る。

    これは国として一番危険極まりない事だ。あとあと、この付けは必ず国民の方にふりそそいでくることは間違いない。被害甚大になる事は必定である。

    次に、財務省の文書改ざんである。財務省と言えば国の財布を預かっている最重要部署だ。ここの職員全部とは言わないが、組織として、イカサマをやっていたという事だ。

    イカサマをやるという事は組織として、もう腐敗している事の証だ。この先、泥棒を雇っているようなものだ。信用できない。

    この事は将来、国の財政全般についてもどれだけ信用できるか、
    この上ない不安に陥る。ある時突然、国が破綻しました。と
    言われても、国民は何を言われているのかあっけにとられることも想定していなくてはならない、あまりにも酷い組織である。

    政治が腐敗し、官僚も腐敗し、これでは民心も腐敗して、
    国家としては、最悪の事態も考えられる。大きな山崩れならぬ、国家崩れになる可能性も否定できなくなってきた。

    そして一番肝心なのは、国民がのほほんとしている事だ。
    国民がしっかり監視、又は抗議、などをしていればまだ救われる

    修正能力があるから、立ち治せる。しかし今の国民の状況を見ている限り、大半の人は、他人事感覚の人が多いように見受ける。

    日本人はえてしてノー天気の人が大半であるから事が起きた時に被害も甚大である。かっての東京空襲もそうだし、日独伊3国同盟があるから、満州は安全だと高をくくっていた軍部の浅はかさ

    これからの日本の国民の動向が日本国家の運命を決める。

  • 安倍さん、今の自分自身を総理大臣として恥ずかしくないのですか  ?

    貴方には、矜持と言うものがないのですか  ?

    これだけ、森友問題、加計学園問題、自衛隊の総理大臣としての統率力、財務省の文書改ざん問題、次々と出てくる不祥事。

    そのたびに発言の訂正、撤回、普通の神経の持ち主だったら、
    総辞職が当たり前の事ですよ。

    貴方には、恥と言うものが解らないほど質が落ちているのですか

    人間の資質には、「 恥 」、の解る人ほど高度な人間です。

    恥ずかしいという事が解らない人間は、動物以下です。

    昔の武士は、恥というものを一番嫌っていたものです。

    恥をかくくらいなら、切腹したぐらいです。

    それだけ恥と言うものを重く考えていたのです。

    貴方には、日本国の総理大臣として明らかに失格です。

    日本国の恥です。国民として恥ずかしいです。

    森友、加計、などこんな自分自身の問題で物議を醸しだしている、総理大臣をあまり見たことがありません。

    過去の総理大臣も私事で過ちを犯した人もいましたが、直ぐに辞職しています。

    俺は日本国民として、あまりにも情けない。
    自民党議員も情けない、こんなテイタラクな日本が情けない。

    国民も、韓国並みとは言わないが、せめてブーイングぐらい出してもらいたい。この国は貴方の国です。他人事ではないのです。

    何も言わなかったら、この国は間違いなく、崩れます。
    その時では遅いのです。崩れてからでは遅いのです。

  • 今の日本国を思うに非常に憂国の情に駆られる。

    自衛隊の日報隠しについて言えば、確実に自衛隊幹部は日本国および日本国民を愚ろうしているとしか思えない、いや間違いなく馬鹿にしているのことは間違いない。

    確かに自衛隊は兵器を持っているし、庶民は力では対抗しうることが出来ない、いざ自衛隊に抗議に行っても力で押しつぶされて何の抵抗も出来ないだろう。

    そして何より庶民が今の現状を軽く考えているとすれば、これほど恐ろしい事は無い。つまり何か事が起きた時にこの実力組織が牙を剥いた時に、庶民は為すがままになってしまう。

    もうその時はすでに遅しだ。国家はその実力組織の思うが儘になってそれに従わざるを得なくなるのだ。

    その典型が戦前の軍部の独走なのだ。時の政府は関東軍には何にも反対できなかった。つまり関東軍の独走になったのだ。

    そんな事は繰り返させてはいけない。こんなテイタラクな状態を放置している安倍内閣は、即刻退陣しなくてはならない。

    要するに政府の体をなしていないのだ。まるで他人事のような感覚なのだ。防衛大臣も手に紙を持って棒読みするだけだ。

    そして俺がいつも言う事なのだが、今の国民の意識があまりにも暢気すぎる、度を越している。ノー天気もほどほどにしないと、
    惨事が起きてからでは大変な国家の損失だ。

    山崩れは、初めは小さな石ころが落ちる事から始まる、そして山に亀裂が入り、そこから水が染み込んで割れてきて、徐々に進んできて、大きな山が怒号と共に、崩れて大きな惨事となるのだ。

    この自衛隊の日報隠しは、看過できない重大に事なのだ。
    テレビの前で、謝罪と再発防止なんて言っている場合ではないのだ。陸、空、幕僚長の即刻解任、及び退職を求める。

    そしてその最高責任者の安倍総理大臣の即時総辞職を求める。

  • 今回の貴乃花親方の降格について非常に腹立たしい思いでいる。

    俺は、一番悪いのは、日馬富士だ。この原点を今回ほとんど議論されていないのが腹立つ原因だ。

    その日馬富士には、引退したから、良いのか ?

    5億円の中から50万円の罰金を払ったから、
    それでいいのか ?

    そしてその被害者である、貴ノ岩、貴乃花親方、は協会のバッシングにあって酷い目に遭っている。

    どう考えてもおかしいだろう、 ?

    巷の噂では、日馬富士は伊勢浜部屋付きのコーチになっているという。これも俺は腹が立ってしようがない。

    当の一番糾弾されなくてはならない本人は、部屋付きとは言え、
    のうのうと生活している。

    方や、被害者である 貴ノ岩は怪我の影響もあって、8勝7敗でかろうじて乗り切ったが、親方は屈辱的な一番下の年寄になっている。

    一番のワルは、のうのうとして、その被害者は苦渋の淵におかれている。こんな理不尽な事は無い。

    最近、日本国はどうもすべてにおいて、人心の荒廃が目立つ。
    政治にしても、公文書を改ざんしたり、大企業の検査データの改ざんなどモラルの荒廃、どうして日本人はこんな国にしたのだろう。

    何が原因なのだろう  ?

    このままでは、日本国の斜陽は止まる事なしに進んでいくのは間違いない、と思う。その結果、被害を受けるのは日本国に住んでいる国民なのに。。。。。。

    今さえ良ければそれでいいのか  ?

  • 今回の朝日新聞による、前回報告の文書との違いがスクープされて、改めてジャーナリストの仕事がいかに重要かがこれほど解ったことはない。

    もしこれが無かったら野党もこれほど追求が出来なかっただろう。それを思うと恐ろしくなる。

    さて、これからが本番であるが俺が思うには、安倍さんは一刻も早く退陣するべきである。

    これ以上国家、国民に、迷惑をかけて
    ずるずると時間をかければ、どれほどの損失になるかは言わずとも明白である。

    もとはと言えば自民党にしても、党は何も過失はない、安倍さん自身の身から出た錆である。

    自分自身から出た問題である。他の人は何も落ち度がないのである。それなのに安倍さんは頑として退陣しない。

    あまりにも見苦しい。

    例え自分自身が仮に何も無くても、財務省しかり、昭江夫人しかり、自民党しかり、周りの人たちに多大な迷惑をかけている事は事実だ。

    その事をまず認識するべきだ。これだけでも総辞職に値する。検察も動いているし、これ以上恥をさらすべきではない。

    人間は引き際が一番大事だ。見苦しい引き時ほど醜いものは無い
    国会を、野党を、官僚を、そして一番肝心な国民をも騒ぎに巻き込んでいる。俺は思う、一刻も早く退陣するべきだ。

  • 最近の日本国を見ていると、非常に危険なものを感じる。

    政治では、森友問題で財務省の公務員の対応を見ているとこの人達が日本の財政を仕切っているのかと思うと、ほんとに危険を感じる。
    この人達は真剣に日本の国民及び国家の事を思っているのだろうかと。いやこの人達は昔の軍隊と同じで、組織を守る事、自分達の権力を守る事、だけを考えているのだとしか思えない。

    そして公務員特有の事なかれ主義、公務員を目指した若い頃の国家の為に、国民の為にという志が失われてしまっている。

    もうこうなっては、日本の官僚公務員主義国家は少しずつではあるが斜陽の道をまっしぐらに突き進んでいるのは間違いない。

    そして一番肝心な国民も、他人事のように毎日を送っていて、政治の事を一部の人を除いて我関せずと毎日を送っている。

    国家の一大事はこの国民の怠惰が一番危険な事なのだ。

    政治家とか官僚とかは主権者である国民が確りと監視していれば、どうにでも解決が出来るが、一番大事な、国家の土壌ともいえる、国民の心が荒廃していれば、もう救いようがない。

    戦後、いろいろな政治家、経済人、が苦労して築いた、蓄積してきた、財産が少しずつ、どぶに捨てるように無くなっていくのが気にかかってしようがない。

    特に気になるのが、製造現場のモラルの低下だ。日本は優秀な技術で、世界の模範となって、メイドインジャパンというブランドを誇りに思っていた。それが最近の経営者の怠惰でそれが脆くも崩れて来ている。

    この事は日本の基礎となる、土台となる、日本国民のだらしなさゆえの事である。これでは日本国は絶対に希望の持てる国にはならない。この事は断言できる。

    安倍さんも、日本の総理大臣としては人間が小さすぎる。
    心の広い、器の大きい、総理大臣の登場を願う。

  • 2018/02/27 09:39

    >>No. 382846

    >>>>>>> 似非ウヨども

    真の右翼の人達は、真に日本国を愛している人達です。

    日本国の事を真剣に思っている人達です。

    真の左翼の人も結局は同じ人達なのです。

    富士山に登るのに、右側から昇る人と、左側から昇る人の違いだけなのです。日本国を思うのは同じなのです。

    しかし今の右翼と称する人たちは、本当に日本国の事を真剣に憂いているのでしょうか ?

    日本国民の財産である国有地をただ同然で自分の親しい人に譲り渡す、その事は国賊と言われても仕方のない行為です。

    その事は国民から見たら背徳行為です。たとえ総理大臣と言えどもです。

    本来なら、真の右翼の人達なら、この安倍さんの行為に対して怒るべき行為なのです。

    その事を今の右翼と称する人たちは、抗議をしたというニュースを聞きません。

    その事を皆さんはどう感じますか ? 自称右翼の皆さん  ?

    加計学園にしても同じことが言えます。

    県と市で総額、100億円、近い金が加計学園に支援金として使われるようです。これも市民県民の税金なのです。

    安倍さんと加計さんは若い時からの親友だそうです。

    これなんかは、ちょっとでも想像力の働く人なら、「 何かおかしいな ? 」、と思うはずです。

    今の日本人は、確かに生活も大事です、しかし一番その生活に直結する政治は、もっともっと大切な事です。

    真の民主主義とは、その一番大切な政治活動を国民が選挙とは別に、日頃 監視もしくは理不尽な事に対してブーイングをする事を言うのです。それをしないと政治が堕落してしまいます。

    その事に一番損失を受けるのは国民自身なのです。

  • いま日本国政治に対してすごく腹を立てている。

    今の安倍内閣政治に対して頭に来ている。

    今の日本国民の政治に対する姿勢に非常に危惧している。

    安倍さんはどこの誰に操られているのかは知らないが、戦前回帰に猛烈に突っ走っている。

    安保法制、秘密保護法、集団的自衛権、など戦前に戻りたい、と言う意思があまりにも酷い。

    おそらく、これは言うまでも無く財閥が復活した証拠である。
    戦前は財閥の思い通りの政治だった。

    労働者は財閥の奴隷のように働かされ、中小企業はその下請けとして子分のように有無を言わさず絶対服従で働かされていた。

    今、裁量労働制法案が国会に提出されようとしているが、これなどは何のことはない、戦前のように財閥が労働者を自由にロボットのように使い捨てにしようとしている法案に他ならない。

    このまま安倍政権が続けば、日本は間違いなく破滅の道に突き進むだろう。

    そして最近、安倍政権はメディア叩きも進んでいる。
    国会答弁で、「 読売新聞を読んだら私の真意が書いてあるから解りますよ、」、 と言って読売新聞を絶賛していた。

    そして朝日新聞に対して、いろいろと抗議しているのを最近は多くなっている。

    最近のNHKのテレビで 「 朝日新聞大阪支社襲撃 」、の番組を報道して、ある意味で一種の脅しをかけている。

    つまり言論封じの兆候があるのだ。じわりじわりと国民を縛りに掛け始めているのだ。

    それとモリカケ問題に象徴されるように、官僚の忖度で明らかになったように、官僚も財閥の言いなりになるように政治家に働きかけて、官僚を支配下に置くように仕向けているように俺は感じる。

    このままでは、今は確かに平穏のように見えてもじわりじわりと
    搦め手が作られているとしか思えない。

    確かに俺ら国民は毎日の生活に追われている事は間違いないが、
    しかし、自分らの子供や孫や愛人(あいじんではなく、あいびと)

    の為にはどうしても日本国の将来は健全な日本国でなくては、安心できない。政治は国民の将来を決する重大な機関であるのは間違いない。

    その為には、我々国民は常に政治から目を話してはいけない。
    そして、その政治に対して行動を起こさなくてはならない。

  • 今回の冬のオリンピックで、北と南の平和を求める外交は非常に好ましいと俺は思う。

    このまま北と南 両国が平和を追求の努力でいろいろと努力して最終的には朝鮮国がドイツと同じように南北統一になれば、これほど良い事は無い。

    とにかく一つの国が東西であれ、南北であれ分断されている事が不幸だ。もし日本国が南北に分断されていると思うとゾッとする

    少しでも早く朝鮮国が統一されることを願う。アメリカと日本国は核とミサイルを。。。。と言うが確かにそれは無い事に越したことはないが、それを言っていたら、未来永劫に分断のままだ。

    そして何より怖いのは、衝突である。そうなれば双方ともに莫大な被害が出ることは間違いない。どれだけの被害が出るか思っただけでも恐ろしい。

    核とミサイルを。。。と念仏のように言っていても物事の解決にはならない。核を放棄しろと言うなら、

    まず中国、ロシア、イスラエル、パキスタン、インド、イギリス、フランス、等の核を放棄するのが筋である。

    自分達は良くて、北朝鮮だけ放棄しろとはおかしいと思う。

    自分達の核は自国を防衛のために持つと言う。どうもアメリカの銃規制と同じ理屈だ。自己防衛のために銃を所持しても良いと言う。

    それなら北朝鮮の言い分も自国を守るために持っているという理屈に文句を言えないだろう。

    とにかく今回は平和のための第一歩だ。いろいろと紆余曲折があるだろうが、平和が一番だ。

    都市の破壊、数百万の死者、経済の疲弊、とにかく戦争はろくなことにならない。儲かるのは死の商人だけだ。

    俺は今回の北と南の接触は非常に好ましいと思う。
    理想論かもしれないが、直ぐに統一でなくても友好関係を維持して欲しい。

  • 今回の日馬富士の傷害事件に関して、略式起訴で罰金が50万円になるらしい。こんな暴力大事件を起こした本人がたったの50万円  ?

    こんな軽い刑罰だったら、ちょっとした金持ちだったら50万円さえ払えば、人の頭かち割っても50万円払えば良いという判例になる。

    今回の日馬富士の退職金は推定、2億円だと伝えられている。
    そのほか今までの蓄えなどを集めると数億円になるだろう。

    日馬富士にとってはそろそろ峠を越えた限界も見えてきたし、
    数億円貰って、悠々自適の生活が待っている事だろう。

    はっきり言って、日馬富士の刑は軽すぎる。本人にとっては痛くもかゆくもないだろう。今回の主役の犯罪人なのに。

    そしてメディアも被害者である貴ノ岩の親方である貴乃花に非難、もしくは注目を集中させている。これはどう見てもおかしい

    一番糾弾されなければならないのは、日馬富士だ。引退したから責任をとったとは言えない。たった50万円で責任をとった ?

    退職金 2億円は没収なら話はまだ分かるが、。。。。。。
    貴ノ岩にしろ、貴乃花親方にしろ、被害者として大変な被害だ。

    これは俺の推測だが、日馬富士は建前は立派な事を言っているが
    どうも建前と行動がおかしい。穿った見方かもしれないが。

    稀勢の里に致命的な怪我を負わせた一番も日馬富士だ。

    裏で白鵬の援護射撃をしているように見える。その裏の裏を知っている貴乃花親方が、その辺の事情を話したくても話せない苦しさがあるのではないだろうか。どうもそんな気がしてならない。

    事実は小説よりも奇なりと言う。この相撲界には表とは裏腹に、どす黒い、何かがあるように思えてならない。

    最近の貴乃花の鴈とした態度に、昔の武士の美を見た。
    最近こんなに美しい男 (顔とか容姿ではない) を久しぶりに見た

    男は自分の信念をもっている男は美しい。最近の日本人には珍しい。こんな男には、女は手鍋下げてもついていくだろう。

    政治の世界でも、経済界でも、労働界でも、この凛とした人材が少なくなっているように思えてならない。

    忖度する人間ばかりが増えて来ているように思えてならない。
    こんな日本国だったら、今はどうにかもっても、将来は悲惨な事が待ち受けているかもしれない。

  • >>No. 1592

    >>>>>>> その前に相撲協会という立場に身を置いてる事を忘れてはいけないだろう <<<<<<<<<<


    最近はどうもこの事件の方向が核心から離れて来ているように思う。

    枝葉の部分をいろいろとあぁでもない、こぅでもない、と話すのは解るとしても、この事件の本質はあくまで傷害事件なのだ。

    日馬富士が犯人であり、貴ノ岩が被害者であるという事だ。

    日本国が法治国家である限り、日馬富士は刑に服する義務があり、貴ノ岩は損害賠償を受ける権利があるという事だ。

    最近の報道などは、被害者である貴ノ岩とその親方である貴乃花が、沈黙を理由に悪者扱いされている事に対して俺は非常に腹が立つ。

    日本の組織の悪いところは、まず組織に属する人は組織に服従すべしと言う慣習があるところだ。

    だから、社会にとって必要な内部告発でも、例えばワルの企業だったらまず組織に報告して、企業に都合の悪い報告の場合は、そこで潰してしまう。

    日本の改革が遅れているのは、その内部告発者が潰されて結局はいつまでも同じことが繰り返されてしまうのだ。

    まず組織ありきなのだ。社会全体の良き事が無視されてしまう。
    人間の組織はまずこの社会全体の利益が優先されるべきなのだ。

    日本の場合は社会全体の利益よりも、個々の組織が優先される。
    だから、「 お前はどこの人間なのだ !!  まず会社に従え、」となる。

    俺は思う、環境にしろ、政治にしろ、皆の利益こそが一番優先されることなのだ。今回の相撲の件も、まず相撲を愛する全国のファン、が一番なのだ。

    暴力を許容するような相撲は誰も望まないのだ。ましてその力士を送り出す両親はそんな暴力容認の場所には絶対に入れたくないだろう。

    この問題の原点は暴力追放なのだ。この事を忘れてはいけない。

  • >>No. 1011

    >>>>> 出来の悪い新入りはぶっ飛ばして行儀を教える、という世界、そこには「暴力はダメだ」という前提などありません。>>>>> どちらが重いか確かめつつ、法を順守したり破ったり・・・交通信号が赤でも、まったくクルマの気配がなければ歩行者は横切ってもいいんだよ。


    貴方には何を言っても無駄かもしれません。

    ああ言えば上祐みたいなところがあります。

    しかしこの掲示板は誰でも見ても良いのでから一寸言いたいのです。あなたの言っている事は、暴力を肯定しているとしか思えません。力士も一市民です、社会構成員です。

    社会の一員であれば、日本国の法律を厳重に守る義務があるのです。もしその法律を犯した場合は刑に服することになるのです。

    交通信号が赤なら、止まる義務があるのです。車の気配がないから渡っても良いというのは法律に違反することぐらい子供でも解ります。子供でも解るのをあなたは違反しても良いと言う。

    車の気配がないと言うのは、自分だけの判断です。
    車はどこから来るかも解らないのです、自分がすべてわかるのではないのです。もしその為に事故になったら自分は負傷しても自業自得ですが、その人を引いた人は責任を取らされます。

    赤信号で渡る奴がいるとは思いもしません。前方不確認として加害者になるのです。貴方の意見はもう自分だけの事しか考えていないのです。

    成熟した社会人は、社会のルールを守るのです。
    もしあなたのように車が来ていないからと言って赤信号で渡る人が続出したら、必ず事故は何倍も増加します。

    その為の社会のコストは増大します。社会の損失になるからです
    あなたの言っている事は、はっきり言って目茶苦茶です。

    まるで中学生の主張のようです。成熟した大人とはとても思えません。

  • >>No. 352954

    >>>> 瀬戸内海で起こってしまったら日本は滅んでしまいます。

    俺もそう思います。

    今の日本人で、原発事故が起きる事を想定している人はほんの少数ではないでしょうか。ほとんどの人はそんな簡単に起きるものではないとタカをくくっている人が大半だと思います。

    日本人はどうして日本全体の事を考えないのでしょうか。
    国家の利益を思わないのでしょうか。今、現在自分の事しか頭にないのです。

    戦前の事でも、陸軍の安泰だけを考えた軍部。

    財閥の利益だけを考えた旧財閥(三井、三菱、住友、安田 他)

    官僚も国家の利益より自分達の利権のみ追い求めた。

    その結果は見ての通り、日本国は廃墟になり、国民は塗炭の苦しみに明け暮れ、国家は破滅状態になってしまった。

    原発再稼働にしても、国民の関心が無い事をいい事に電力会社は、また日本原電に巣食う天下り官僚たち、原発利権に絡む財界

    これらのつまり日本の権力側の思うとおりに事は進んでいる。
    これらの人達はまず日本国家の事など上の空、とにかく自分達の利権のみ、他の事はほんとに考えない。

    おそらくあなたの言うとおり、もし原発事故がいったん起きると、それも福島のような水蒸気爆発ではなく、臨界爆発が起きたら、日本はおろか、日本国周辺国家も壊滅的な事故になるだろう

    日本全国民がその恐ろしさを、早く認識して全国民が原発廃止に向けて進んでくれることを願うしかない。

本文はここまでです このページの先頭へ