ここから本文です

投稿コメント一覧 (1095コメント)

  • >>No. 1618616

    思わず笑ってしまった。 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    >削除したら、全てリセットされ、無かった事になるっておもてないやろな。
    >toranobakuhatsu 2018/07/08 04:13
    >さて削除終了 寝るか

    脳内お花畑のトラバカ爺さんはこんな卑怯な事を、ついに日常的にやり出したようですね。恥ずかしィー!!

    確認したら豪雨大災害でカープ戦中止やボランティアにネチネチと講釈だけタレていた、いつものクズ以下のアホ投稿が削除されていました。 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    やっぱり見事に恥ずかしィー!!

  • だいぶ落ち着いてきたし、今日明日は一ヶ月ぶりに休むつもりです。
    気分転換にオールスターでもと思ったけど、どうしてもそんな気持ちになれない。
    意外な初出場のメッセンジャーの投球や、糸原がどんな活躍するかたのしみだったんですけどねェー。 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    一昨日ロサリオは後半の成績がよほど良くならないと、2年契約で残留は難しい話になりそうと書いたんだけど、さっそく報知が記事を出しているね。
    残留させたら来年も3-4億必要だろうから、後半戦で最低10-15本で30-40打点は打たないと厳しそう。
    解雇したら違約金発生らしいけど、大金払った球団とスカウトはもちろん、使いこなせなかった現場首脳陣の責任ははっきりさせるべきでしょう。

    思えば昨年オフに実質争奪戦にならず、前のめりだったタイガースが大金払っての一本釣りだったので一抹の不安はあったんだけど、最低20本以上で70打点くらいは稼いでくれるんじゃないかと期待半分だったんですけどね。
    新外国人では破格のNO.1年俸で、12球団の野手ではディスパイネ・メヒア・ゲレーロに次ぐ高額外国人...。

    スカウトは何見てたんだろうって思うし、金本もVTRで確認しているはずなのにねェー。

  • >>No. 1618470

    >ロサリオは一にも二にも打球が上がるかどうかでしょう。
    >三打席三振しても後一打席スタンドに持っていける迫力が必要ですね。

    残された時間が少ないのもありますが、僕も1試合1発狙いでいいと思いますねェー。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
    ゴメスが解雇された年に似ているけど、期待された結果を出していない外国人に今さらあれもこれも求めるのは、それこそ金本の究極の責任転嫁で最低の前半戦総括コメントである「計算違い」の繰り返しとなるのが最悪ですからね。

    しかし、最近名指しの責任転嫁の選手批判が減ったように思いますけど、この前半戦総括「若手の計算違い」は自ら無能と白状したにも等しいのに、しゃあしゃあと言っちゃうのが金本の不浄の血筋を証明しているんじゃないかなァー?
    おっとこれは言い過ぎ、人種●別とかで青ポチ攻撃必至かな。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    >呼び名を元の読み方『ロザリオ』にしてみるのもいいかも知れませんね。

    気分転換やゲン担ぎはスポーツ選手には有効な場合がありますから、やってみる価値はあると思います。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    蛇足でーす。
    3年間続く金本の試合ごとのあまりに見苦しい選手批判と責任転嫁が減ったのは株主総会後からで、推測に過ぎませんけどフロントがメディアを通じたファンの批判殺到を認知し、危機感を持ったからだと思っています。
    なんらかの注意というか、もしくは解任をチラつかせた強い叱責をフロントがやったのなら、あまりにも遅すぎますが僕はフロントを指示しますね。

    金本はただの無能ではなく、絶対に指導者にしてはいけないタイプの卑劣な人間だと思っていますから。

  • 前半戦は成績はともかく豪雨被害の影響で3試合中止というやるせない形で終了ですね。
    タイガース後半の巻き返しに期待しています。

    後半戦の展望などまったく読めない2位以下の大混戦ですが、僕は二軍で復調気味のロサリオの再昇格に慎重な金本の真意不明なのが気になっています。

    2年契約と思い込んでいましたが、基本は1年契約で3.4億プラス出来高払い、2年目は契約権のオプション(たぶんロサリオ側かな)みたいですから、後半戦の成績と残留条件次第では放出もありうるのかも?
    よほどの猛打爆発じゃなければコストかかり過ぎで残留させない可能性が高いし、かりに来季に期待して残留させるにしても大幅減俸なんか提示しちゃうと交渉条件は難しいような気が...。

    最悪のシナリオは解雇した後に他のチームが1億以下の格安条件でかっさらっていき、そこでブレイクし活躍されることでしょうねェー。
    ロサリオの活躍次第の話ですけど大恥かかないようにしないとメンツ丸つぶれですねェー。

  • >>No. 1618215

    tigers2018さんおひさしぶり。
    当然でしょうけど怒ってらっしゃいますねェー!!♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    僕もあの二人は限りなくダブハンと疑っていますね。
    揚げ足とりと他人を貶めるためだけの卑怯さはほとんど同根でしょう。

    >こんなクソがいるから阪神ファンはバカにされる。

    お気持ちはわかりますがこんな書き方すると、せっかく正論を書いてこられたアナタも反発招きますよ。
    奴らはタイガースファンというより野球ファン失格の、特殊な異常人格と僕ははっきり区別していますからね。

  • ついにメジャーが日本の逸材の青田買いを始めたんでしょうか?
    地元大阪府出身の結城海斗投手が高校を経ずにロイヤルズとマイナー契約しましたね。

    甲子園出場も日本のプロも興味なし...、若干16歳の彼の果敢な挑戦にはエールを送りたいのですが、これって第二の大谷を探し日本のドラフトなんか完全無視のアメリカンファーストそのものじゃないかなァー?
    それと同時にデトロイト・タイガースの田澤が契約解除されましたが、確か彼はメジャー挑戦の時にモメたあげく「田澤ルール」で日本に帰りたくても2年間待たないと無理なはずです。
    このルールも高卒以上に適用なんで、結城獲得はメジャーのあくなき貪欲さには勝てっこない感じです。

    日本もセコイことにとらわれず選手の価値優先で、オープンに競争する腹を決め、育成なら日本が一番と証明する気概がないと根こそぎ持って行かれる可能性があるんじゃない?

    ところでタイガースは結城投手をマークしてたんでしょうかねェー?

  • 今日は久しぶりに年休を取り午前中は体調回復に使い、午後からはボランティアで出かけますが、ここ数週間続いた不安感による早起は変わらずです。

    ところでDENAがオリックスで干されていた伊藤光をトレードで取りましたね。
    打てる捕手だったのに福良監督に嫌われたなんて噂もチラホラあったようです。

    11年目でまだ29歳で14年のベストナインと実績十分ですから、2年前なら同じ関西のタイガースに欲しかったタイプじゃないかなァ~?
    タイガースは梅野を正捕手育成中だから手を出すのもちょっとタイミング的に無理な感じだけど(というより手を出したら我慢したのが水の泡)、やっぱりライバル球団の戦力補充は気になりますねェ~。

    リードや肩などのディフェスは未知なんで対戦してみないとわからないけど、まずタイガース投手陣は抑えるだけですね。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
    スコアラーは早めの対策練っておかないとね。

  • ボランティアや何やらで休日も早起きが続いています。
    地震に続き大雨被害と関西だけでなく日本中が大変な状況ですからね。
    タイガースは打撃が好調のようですからそろそろ投稿を考えていましたが、もうしばらくやることたくさんありそうなんで影ながらの応援にします。

    とはいえちょっとだけ。
    中止がなければ残り4試合で3勝1敗なら前半戦の勝率はちょうど5割ですから、特にマツダスタジアムでのカープ戦は大事ですね。
    ローテーションは1戦目が小野か才木、2戦目はメッセンジャーで、3戦目は小野・藤浪・高橋遥・馬場から誰が選ばれるか?

    とにかく3勝8敗と大負けしているカープに最低でも勝ち越さなといけません。
    カープ独走に貢献しているのがジャイアンツ・スワローズ、そしてタイガースなのですから気持ち的に納得できませんから。
    この3チームでカープに貯金17個も献上しているわけで、せめて半分ならカープは首位さえ危うい状況のはず。
    こんなのでCS出場してもうれしくないもんね。

    蛇足でーす!!
    どうでもいいけど脳内お花畑のトラバカ爺さん、途中だけチラッとやりとり読んだけど人として完全に終わってるね。
    もう、それ専門の病院の隔離病棟から投稿してるんじゃないかってイメージで、どんどん気味悪いのが悪化しているみたい。
    担当医もここまで異常な患者を抱えて大変なんじゃないかな?

  • 今は余震もたいしたことなく、やっと落ちつきを取り戻しつつありますが、今も避難中の人達もいらしゃいますし、まだまだ油断はできません。
    2度目が本震だった熊本震災のことがありますし、インフラ復興もこれからが本番ですから。

    他県の自治体・企業・ボランティアの方々、そして自衛隊の皆さんの支援を経験し、一人が頑張るのじゃなくても希望さえあれば何とかやっていけるのが、日本という国民の素晴らしいところだとあらためて実感しました。
    被災された方々も辛抱強く気丈な心は健在です。

    タイガースと野球については気になりますが、普通の投稿に戻るにはもう少し時間が必要です。
    一瞬の最下位なんて気にせずとも、巻き返すチャンスはいくらでもありますよ!! ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

  • マンション出た瞬間に大揺れ、マジに怖かったァー。
    亡くなられたかたもいますし余震がまだ怖いです。
    4月の島根に始まり千葉から群馬そして今度は近畿地方、防災を意識しても限度があるからなんとかこれで収まってほしい。

    ここ数日間、残業なんか関係なしにフル稼働で心身共にクタクタで仕事にあたってきましたが、亡くなられた方(幼い命もありました)や怪我や家屋の実害を受けられた被災者の皆さんのことを思うと、疲れたなんて贅沢なこと言ってられません。
    インフラ復旧は僕が所属する国・自治体の役割なんですが、まだ相当な時間が必要です。
    でも各地から支援の申し出もあり、一日でも早い復旧に全力を尽くしています。

    これからも仕事は時間に関係なくフル稼働、休日はボランティアでもなんでもやるつもりですので、しばらくタイガースと野球から離れます。

  • 日本ハム戦で大炎上で救援失敗した尾仲を、もう一度チャンスを与え使ってほしかったですね。
    昨日なんか名誉挽回の絶好の展開だったのに、大事に戦力として育ててほしい谷川を勢いある相手打線にぶつけるとは。

    一軍に残しているのはこういうゲーム展開で尾仲が戦力になると期待しているからだと思いたいのですが、しょせんは外様のどうでもいい投手と見下しているイメージの方が強いのはよくないでしょう。

    僕は敗戦処理を地道に続け使っていけば、今年は無理でも来年は勝ち試合で使える投手と期待していますけどね。

  • 完敗というより惨敗ですよねェー。
    珍しく金本は大量失点した才木・谷川をかばうコメントを出していますが、オープン戦やファームの試合じゃない真剣勝負の公式戦で出すのはかえって白々しく聞こえます。

    捕手をほとんど経験のない長坂なのが問題で、まるで練習試合でもやってるのかと神経疑いますねェー。

    ひょっとして見苦しい責任転嫁の繰り返しに、ファンの批判が高まっていると耳に入ったのかもですが、結局は自分のスタメン選手起用のミスには触れない、ある意味巧妙な責任転嫁となっただけで、かえってタチが悪いんじゃないかなァー。

    セリーグで交流戦の勝ち越しはヤクルトだけで、ライバルチームが揃って苦戦したからという、意外な展開の漁夫の利でリーグ戦2位にいるだけです。
    現実は最下位ドラゴンズとはわずか2ゲーム差なんですから、捨てゲームなんかやってる場合じゃなくもっと危機感持たないとダメでしょう。

    奮闘している秋山を拙攻・拙守で足を引っ張り、2016年のブレイクに戻りつつある岩貞に勝ちを付けられず、復調の兆しを見せた藤浪も信頼せず、タフネスのメッセンジャー頼り。
    救援陣も今はベテラン藤川頼みですが、過去2年の内容からいつまで踏ん張れるかは時間の問題です。
    けっきょく残った信頼できる救援は桑原一人しかいません。

    岩崎・石崎を軽く扱ってきたツケを払う時が目の前では、去年の勝ちパターン崩壊の序曲になりそうで怖いですね。

  • 昨日の逆転勝利中谷と岩貞につきますねェー!! ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    一時の貧打はやや改善されたのですが、得点力はあいかわらず上がってきません。
    14日の日本ハム戦が象徴的で13安打で11得点の日本ハムに対し、11安打で3得点ですから。

    金本は個々が頑張らないとと言って責任を選手に負わせてきましたが、昨日も9安打で2点しか取れないのは明らかにベンチワークというか金本の筋肉脳采配が原因じゃないかなァー?
    交流戦最下位はなんとか回避できそうですが、リーグ戦が始まったら自慢の先発陣も研究されていますから、得点が増えないと厳しいと思います。

    未知数のナバーロ頼みだけでは絶対ダメで、ちゃんと得点できるパターンを確立しないとね。
    でも身体すべてが筋肉の金本じゃ永遠に無理と思う!! ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

  • ナバーロ契約決定みたい。
    なんか例年株主総会前の大批判を少しでも和らげるだけの為に、やってる感が強いですねェ-。
    でもタイガースの一員になるんですから全力で応援しますけどね。 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    ところで根本の原因はロサリオの期待ハズレなんですが、2年7-8億という巨額契約、1年目だけでも3.4億という内容をいまさらながら振り返ってみます。

    過去10年で1年目で3億以上を新外国人野手に使った例は、僕の知る限りはこの2件だけじゃないかな。

    2014年のユーキリス(楽天) 3億 1年で退団
    2016年のギャレット(巨人) 3億 2年で退団

    共にメジャー実績十分な高額でしか取れない選手。

    逆に他の日本で成功し今も在籍中の主な外国人野手の初年度の年俸。

    2011年のバレンティン(ヤクルト) 6500万
    2012年のエルドレッド(広島) 1840万
    2013年のロペス(元巨人) 8000万
    2014年のメヒア(西武) 3600万
    2014年のディスパイネ(元ロッテ) 7000万
    2015年のレアード(日本ハム) 6000万
    2015年のウィラー(楽天) 5000万
    2016年のビジエド(中日) 1.7億
    2017年のゲレーロ(元中日) 1.5億

    ビジエド・ゲレーロは複数チームの獲得競争の結果1億超えとなった選手ですが、それでも2億以下なんですよねェー。

    これからみてもロサリオの初年度年俸がいかに破格かわかりますよねェー。(しかも複数年契約)

    新外国人獲得は基本ウィンターミィーティングまでが勝負で、それにはその年と直近2-3年の内容をいかに把握できているかが大事です。
    ここで40人ロースターから外れそうな30歳前後(できれば20代)の、ポテンシャルがありハングリー精神を持ち、日本の野球への適正力や、性格とか素行まで調べた選手とどれだけコンタクトを取れているかが、スカウトの力量差じゃないかなァー。

    メジャーはドラフト前に全選手に適正検査を義務付けていると聞きますが、そのデーターが入手できるかどうかは在米スカウトのコネと能力次第でしょう。
    こんな基本的なことちゃんとやってるのかなァー?

    タイガースフロントは常時調査していると言い訳しますが、それは結果を見たら言い訳なのは一目瞭然、半端すぎて真実味がないですね。

  • 藤浪今季初勝利おめでとう!! ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
    焦る必要はないからこの積み重ねで復活してくれー!!

    僕は2016年の仙台での完封劇で、「藤浪発言」の意味を取り上げました。
    ホームの甲子園で投げたくないと言ったも同然のコメントを危惧したのです。
    当時は「そんなの憶測に過ぎない」とか「まったく関係ない」とかの反論が多かったのを覚えています。

    しかし、その後に例の懲罰投球があり、そこから藤浪は本来の姿を見失い落ちて行きはじめました。
    もちろんこれは僕の想像の範囲なんですが、実に嫌な予感があったのには違いありません。

    藤浪のメンタルを叩き潰し続けた金本の責任が一番大きいのですが、それはこの「仙台コメント」の意味を理解できなかったことが、筋肉でできた脳ミソ監督金本の愚かを象徴していると思いますねェー。

  • 昨日の場面で秋山続投はありえないですねェー!!
    毎度のエラーや拙守や拙攻に必死で耐えて頑張っている、タイガースの大事な大黒柱に対する仕打ちはひど過ぎると思う。
    尾仲の名誉挽回チャンスを与えてもよかったし、昇格した伊藤和を試してもよかったケースです。

    なんか2016年の藤浪の懲罰登板を思いだしちゃいましたねェー。

    秋山がワーストの自責点8で落ち込まないことを願うしかないでしょう。

  • >>No. 1602111

    蛇足でーす!!  ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    ついでですが、08年前の2年間のタイガースのドラフト野手は見事に全滅でした。現役はロッテにFA補償で移った高濱だけ。

    カープは06年の會澤(同0回で1回)、08年の丸(同6回で5回)、安部(同1回で0回)、松山(同0回で3回)と今の主力が4人いて延べ16回ですから、ここがタイガースとの決定的な差ですね。

    DENAも06年の梶谷(同4回で5回)、引退しましたが下園も1度だけ規定打席到達していますから、延べ10回となります。

    タイガースは野手が育たないから外国人とFAとメジャー復帰組頼りの13年間という構図がはっきりしています。
    07年は内野手の新井貴
    10年は捕手の藤井
    12年は捕手の日高
    13年は内野手の西岡(メジャーから復帰)
    13年は外野手の福留(メジャーから復帰)
    16年は外野手の糸井

    この間に金本・新井貴の流出引きとめと鳥谷FAの大型契約がありましたから、さらに若手野手が経験を積む機会は少なくなってしまった。

    2年に1度CSでいいから、せめて5年に1回優勝と日本一のチームにするには、やっぱりスカウト充実でドラフトを成功させ、育成できるコーチや環境整備が早道だと思いますねェー。

    今から5年後優勝目標として、梅野・陽川(32歳)・原口(31歳)・高山・中谷・糸原・江越・(30歳)・北條(29歳)・大山(28歳)・植田(27歳)と、しっかり育てれば脂ののった生抜き野手でレギュラーを固めれそうなんだけどなァー。

    今年のオフも丸・浅村・中田なんかのFA獲得の噂が出ているけど、ここはぐっと我慢してやめて欲しいな。 ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

  • >>No. 1602108

    続きでーす!!  ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
    よりはっきりするように他のチームと比較してみます。

    王者カープには菊池(規定打数到達5回で二桁本塁打4回)・鈴木誠(同2回と2回)・田中(同3回と1回)のリーグを代表する現主力と、一時大砲候補だった堂林(同1回と1回)も1度だけですがクリアしています。
    そして14年ドライチの野間がブレイクの兆し、15年5位の西川も控えています。

    達成者は4人ですが内容がタイガースとは違い過ぎで、規定打数到達延べ11回、二桁本塁打延べ8回ですからねェー。

    新興著しいDENAにはこれもリーグを代表する強打者の筒香(同4回と同6回)・宮崎(同1回と3回)に加え、桑原(同2回と2回)・倉本(同2回と0回)そしてルーキー神里なんかがレギュラー候補が目白押し。
    今は2軍ですが荒波も2年連続で規定打席クリアの経験があります。
    達成者は5人ですがカープと同じく内容がタイガースとは違い過ぎで、規定打数到達延べ11回、二桁本塁打延べ11回ですからねェー。

    本塁打はPFなんかもあるので一概にはいえないとしても、一度レギュラーつかむとほとんど定着しているのが一番大きな差ですね。

    つまりこれが11年間続いているわけですから、やはりスカウトと育成に問題ありでしょうねェー。

    カープもAクラス到達まで5年かかり優勝は8年後ですから、タイガースはよほど腰をすえてやらないとね。

  • 今日は年休なんで家でゆっくり中、そこで少し数字的なことを調べてみました。

    昨日は活躍しましたがなかなか伸びない若手野手達、過去のドラフトから主力に育った選手を考えてみます。

    1位は競争入札ですが2位以降は完全ウィーバーとなった2008年からの11年間とします。
    理由は戦力均衡の基本に戻り、カープなんかが戦力を着々と整え始め常勝チームへの変わった時期とほぼ一致するからです。(理想は完全ウェーバーですけど)

    まず、規定打数に達した選手とその時の打率・本塁打・打点で、二桁本塁打を延べに入れます。

    上本(08年・3位)
    14年 打率0.276 本塁打7本 打点38
    15年 打率0.253 本塁打4本 打点31
    17年 打率0.284 本塁打9本 打点38

    中谷(10年・3位)
    17年 打率0.241 本塁打20本 打点61

    高山(15年・1位)
    16年 打率0.275 本塁打8本 打点65

    たった3人延べ6回だけです。

    次に、規定打数未満だが本塁打二桁に達した選手と、その時の打率・本塁打・打点。

    原口(09年・6位)
    16年 打率0.299 本塁打11本 打点49

    最後に、規定打数未満だが400打席以上の選手と、その時の打率・本塁打・打点。

    北條(12年・2位)
    16年 打率0.273 本塁打5本 打点33

    原口・北條も合格点としても11年間でわずか5人延べ7回だけ、しかも高山・中谷・北條・原口はたった1年1回限りで、現在伸びが止まった状態ですね。
    実質的に合格ラインは今のところ上本ただ一人じゃないかなァー。

  • 交流戦2試合中止ですよねェー。
    ということは4日間の予備日が2日なくなり、リーグ戦はいきなり中1日で突入ってことです。
    苦手なカープに続きビジターでお客さんのDENA、そして交流戦絶好調のスワローズと神宮で対戦ですね。

    福留・糸井は体力的に不安があるし、ますます先発投手陣に負担がかかりそう。
    逆に主力先発のメセンジャーを2度使える交流戦残り8試合、5勝3敗でちょうど勝率5割になりますから、なんとしても頑張ってほしいです。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

    まずメッセンジャーで1勝ですから、残り7試合で目標最低ラインまで4勝3敗となりました。
    カープ次第ですが4ゲーム差以内につめたいところでーす!! ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

本文はここまでです このページの先頭へ